2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【アスベスト】中皮腫の労災認定【厚生労働省】

1 :名無電力14001:2005/11/26(土) 08:38:20
いきなりお堅い話で申し訳無いが、現在身内のアスベストによる労災認定の
申請を行っているところ。
その人はあるとき腹部の膨満感を訴え、大阪市内の大規模病院である某「K病院」に入院し
検査したら原因不明ながらも腹膜中皮腫の疑いが濃厚との診断結果であった。
その後別の病院に転院し治療を試みたが入院後約3ヵ月後に亡くなった。
死亡診断書の病名は「腹膜中皮腫」であった。
今年に入り元の勤務先にその旨を伝えたら是非労災を申請してほしいと言われたのでそうしたが、
実は国の労災認定が伝えられているのとは大違いで非常に難しい。
手続きの一つとして、関わった病院すべてで当時の診断結果をレポートする義務があるのだが、
その内容が「中皮腫」という事であれば国はその病院に膨大なデータを提出させ、病院に多大な
負担を強いるのである。
その為、当初「中皮腫の疑いが濃厚である」と診断した某K病院は、掌を返したように「癌性腹膜炎の疑いが濃厚」
というレポートを提出した。これは明らかに責任を回避し手続きの煩雑さを嫌ったもの、さらに穿った見方をすれば国が既に各病院に極力労災認定に結びつく報告をさせないような圧力をかけたものと推測される。
これで労災の認定は限りなく難しくなってしまった。

次のステップとしては、仮に中皮腫で亡くなったというレポートが上がって来ても、
厚生労働省の労災認定の諮問会での認定が「中皮腫でない疑いが無い」事が条件となり、実質ほとんどのケースで労災が認定されるケースは稀になる。

通常中皮腫は極めて発見が難しいので、大半の中皮腫患者は末期の「肺癌」などと診断され、手術不可能としてそのまま無くなるケースがいままで大半であった。
たまたま行った病院が優秀で「中皮腫」と診断されても、上記の様な手続きを経る内に労災認定はほぼ不可能となる。

厚生労働大臣が代わり、国の財源不足に対応すべく労災の認定のハードルを極めて高くしている。
お役人のやりそうな事だが、その前に「中皮腫患者に対応すべく認定を媛和」という発表と全く逆の事をしているのは正直言って納得行かない。

皆様にこの現状を知って頂きたくスレを立てました。




2 :名無電力14001:2005/11/26(土) 20:09:59
2

3 :名無電力14001:2005/11/26(土) 20:33:09
3木二郎

4 :名無電力14001:2005/12/08(木) 00:04:26
age

5 :名無電力14001:2005/12/29(木) 17:17:55


6 :名無電力14001:2005/12/29(木) 23:42:21
>>1
アスベストのNPOとかに相談してみた方がいいんじゃないかな。
詳しい弁護士とか

7 :名無電力14001:2006/01/14(土) 14:52:11
あげ

8 :名無電力14001:2006/01/18(水) 04:01:30
加湿器危険 水道水にアスベスト http://www.rondan.co.jp/html/mail/0510/051024-2.html

9 :名無電力14001:2006/02/16(木) 09:47:43
アスベストなんてなくなっちまえ

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)