2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【競争】 仁義泣きARB戦争! 【激化】

1 :猿痰:2006/08/08(火) 23:57:44
万有:ロサルタン
武田:カンデサルタン
ノバルティス:バルサルタン
アステラス:テルミサルタン
三共・興和:オルメサルタン
塩野義・大日本住友:イルベサルタン
しのぎを削るARB戦争!残るのはどこだ! 
決め手は、価格か? MRの好みか? 降圧力か? なんだ!


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 00:17:52
オルメ今後の展望
  07.3予 08.3予 09.3予 10.3予 11.3予 12.3予
国内420   580   740   900   1060  1220
海外972   1223 1472  1720   1968  2216
計1392   1803 2212  2602   3028  3436
(某アナリスト 2006年2/17フラッシュ)

これって本当に達成可能?Sさん!


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 00:14:40
武田の勝ちじゃね〜の?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 00:19:19
>>2
単位はウォンですか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 00:21:40
>>4
単位は円です。
平成12年3月には1220円ほど国内で売れると。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 00:28:59
ARB戦争に?猿痰は入っていいのですか、入れたらちくりますよ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 00:39:37
路さるですか?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 22:43:32
テルミサルタンはベーリンガーのだよ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 22:49:01
イルベももうすぐ出てくるし・・・

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 22:49:51
ロサルタン・カンデサルタンの追加された適応症無意味 でも計画UP↑


11 :ACE:2006/08/21(月) 23:14:59
で、ARBどれがいいのさぁ? どれでもいいけど今は、レニベースのゾロがコストパフォーマンスに優れてるし!

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 23:53:04
○○調査と銘打って
Drにたくさん金配ったメーカーの勝ちになります。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 17:52:17


14 :PMS:2006/08/22(火) 19:13:45
万有:ロサルタン
武田:カンデサルタン
ノバルティス:バルサルタン
アステラス:テルミサルタン
三共・興和:オルメサルタン

〇〇〇調査やってますか? 調査費用は1例おいくら? 
うちにも来てよ!


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 13:46:12
イルベサルタンに一票!!

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 14:01:31
バルサルタンに一票!!

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 14:29:51
間違えてオ○コサテーと言ってしまった私・・・恥ずかしい!!しゅみません。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 14:32:15
間違えてオメ○サセテーと言ってしまった私・・・・恥ずかしい!!しゅみまえん。
興和さん。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 14:57:57
バルサンに一票

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 20:46:12
現金問屋の相場、どれくらい?


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 21:03:53
どれも一緒やろ


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 21:07:44
オルメ・ディオは、安いよ! 

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 23:46:44
ARBが束になってかかっても、Ca拮抗薬にまだ勝てない。 で、FA?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 02:13:32

誰も、そんな事を語っていないから・・どうでもいいの。カルは!!!どのARBと併用させたら
いいのか?考えな、おバカ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 05:05:02
>>23
とっくにARBが勝ってるよ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 07:59:35
>>23
2005年度ですでに薬価ベースでARBが抜いたよ

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 10:36:57
まあ悪い薬ではないが
売れすぎや
やっぱブロプレスが強いんではないのか?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 11:02:49
イルベサルタンって事はないだろう
もう既にある程度市場が出来上がっているから

先行するブロプレス、ディオバンが有利
全国に三共の系列卸があり、第一と組むオルメがどこまで伸ばせるかかな
オルメに関してはエビデンスの数の少なさが気になるが

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 15:51:58
多くの医師にEBM必要ない!必要なのは値引き!接待!機動力!

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 16:11:29
1000ゲット
−−−−−−−−−− 終了 −−−−−−−−−−−




31 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/08/27(日) 20:52:42
マ○○きもちいー

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 02:38:11
ミカルディス、オルメテックが比較的「、佳いね」。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 23:40:45
どれも同じ。
ついでにうちの担当のMRはどんぐりの背くらべ。
 
こうなると、後はメーカーのブランド力と信頼力。
ということで、うちではカンデ&テルミ
 
いけてるMRがいれば一発でひっくり返るんだがなぁ

34 :-COOH:2006/08/31(木) 01:47:07
ダブルチェーンドメインって何? 

35 :部外者:2006/08/31(木) 01:50:22
降圧降下ではオルメが一番と思います。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 02:47:50
>>35
賛狂のMR以外でそう思ってる人いないみたいです


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 02:54:03
三○は言い過ぎですね、そんなに降圧効果は変わりませんね〜。
ちょっとォ○眼は臭いね〜。コンプライアンスは低下します。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 23:22:31
オルメに切り替えたとたん患者からの苦情が殺到。臭すぎる。
うちのボス、激怒。
 
薬剤部のからは「臭いですよ〜 やめといたほうが、、」と薬審前にご助言いただいたのに、、
いったこっちゃない。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 14:51:44
臭いのがイイ!!


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 17:56:30
「オルメティクの三共です」って、いい加減にしろよ馬鹿!

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 19:18:43
言えてるよねォ○○てっクってアメリカのF○Aから警告出てなかった?データが怪しいという事で!
この事実知りませんか?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 22:56:52
海外って今でもACE-iがARBより売れてるの? 
ノバルティスのレニン拮抗薬?なんか治験やってる新薬って前評判は、ど〜なん?
ファイザーのアルドステロン拮抗薬ってど〜なん?
高血圧治療剤の未来予想図を教えてたもれ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 02:32:18
得プレ根論だろ?
猿元教授も大絶賛らしい。

φがこれで息を吹き返すのが癪だな・・・。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 02:55:45
カルブロッ子ちゃんとオルメマンのあまりのチープさに吹いた
痛すぎるよ


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 08:26:24
>>42

米ではACEの方が売れています
理由は保険制度によるところが大きいようです
低所得者層では保険に加入してない人の割合が高く低薬価の薬が処方されるようです


46 :ナショナッルタスクフォース:2006/09/09(土) 10:53:56
大合併後のRP:カンデ→きやすめ患者?テルミ→DM? オルメ→十勝?
ps:ノバルティスのレニン拮抗薬→ADRでちとやばいかも。    

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 11:09:07
ど素人の皆さんが・・・恥かしくもなく・・・まぁ・・・聞きかじりの
知ったかを・・・pu

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 12:45:14
ニューロタンと利尿薬の合剤が出ればそれが最強でしょう(降圧は)

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 18:10:44
オルメ→十勝 ワロス

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 18:21:19
ニューロタンと利尿薬の合剤→ニューロタン単剤で効かないの自社海老伝巣。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 20:25:25
JIKEI HEART でデオバンがブロ抜きますよ。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 21:16:38
>>51
そんなしょぼいの出されても…

53 :医局員A:2006/09/09(土) 21:55:48
慈計ハートは寄付金の成果ざんす。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 23:26:46
ノバうざい。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 12:33:33
英会話のノバ〜♯♭

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 14:31:31
ディオはもう海老いりませんからオルメの海老持ってきて下さい><
嘘つき海老だけ持ってきても採用させられません><


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 18:12:07
>>56
確かに
あのプロトコールみるとほんとにショボ
日本の恥だから海外では紹介しないでほすい

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 18:18:59
でも、何だかんだで売れるんだろなあ・・・。
うちのはエビ無しです、はい。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 18:43:03
?老フライ定職如何ですか?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 18:50:30
>>57

君にプロトコールが分かるのかな?うん!プロトコールってどのように組まれていまれてい
るか知っていますか?ちみー

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 22:32:49
>>57
貴方は日本の中でも有数な偉大な石ですか?それとも?老のない製薬会社の方ですか?
批判だけするのは簡単です。勘弁して下さいな!それなら
自分でスタディ組んで下さい。文句、批判はスタディ組んで実施して発表してからにしてね!
しかも、海外の学会で発表ね!ww 日本の恥?どのへんが?大体、日本にEBMと言われる程のスタディ
なんて、ほとんど存在しないのに、何処が恥な訳?貴方が率先して日本発のEBMを発表してよ!!
出来ないのに人の批判だけは止めましょうね!よろよろww



62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 00:08:21
自らの非力さを常に感じつつ、
些細なことでマジに怒っている
市販後臨床試験担当者がいるスレは
 
 
ここですか?(笑
 
 
まぁだれも日本発のEBMなんて期待してないし、無理だから、安心しろ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 00:12:17
Caにしろ

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 00:58:30
減塩しろ

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 01:13:43
運動しろ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/09/11(月) 01:59:57
断食しろ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 23:24:12
>>62
まあ、東洋人を対象としたEBMが大切な事すら分からない人の意見として聞いておきます。
ぷっ!(笑)

68 :私ミカよ:2006/09/11(月) 23:27:49
しかし有名どころDrは皆絶賛しとるなあ。
これはヤバい。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 23:43:22
>>67
ノバ社員乙

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 00:00:34
ブロ&ディオは販売力+エビデンスやからな
この二強は変わらないでしょ?

71 :私テルミよ:2006/09/12(火) 00:25:12
ディオは、落ち目やろ テルミは、絶賛の嵐・・・ 


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 00:29:48
ACEで十分だな

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 00:35:23
だから利尿剤だってば

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 00:40:13
オルメは?  臭いけど

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 05:43:46
CCB

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 05:51:15
カルビスケンいいよ。意外と

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 06:15:55
>>67
遺伝や生活習慣の問題もあるから日本人のデータは意味があると思う。
にしても字形ハートはちょっと酷い希ガス

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 10:13:25
>>77
ヒドイとは?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 21:53:20
>>77
確かにね、色々と言いたい事は沢山あると思います。けどね、日本の石は日本人のEBMを求めます
よね〜、賛否両論はあると思いますが、やっぱり先頭をきって実施した勇気は認めるべきかと考
えるのですが、如何ですか?批判は何時でも誰にでもできます。日本の医療の中で海外と同様の
プロトコールを組でEBMを出す事は難しいですもんね〜、それも踏まえて>>69
君、この業界の方?  まあ〜どうでもいいので・・・・・可愛そう、可愛そう!かわうそ

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 00:57:00
武田もなんか出すらしいが
ISHかな
んごいの?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 08:04:50
血圧なんて減塩で十分

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 16:10:48
加齢しなければよくね?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 17:19:46
■ 高血圧治療薬の話題-レニン阻害薬、アルドステロン拮抗薬

84 :戦争勃発:2006/09/13(水) 23:16:43
しばらくスタチンの仁義無き戦いが続きますのでARB戦争は、一時休戦してね。φより

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 23:29:33
インデラールが一番効く

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 00:04:01
クレストールって凄まじい効果らしいね。
りぴトールやられるのかな?
ヤラレタラ、
ゼネカが塩野義買収するのかな?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 00:35:22
メバロチンVSリピトールVSリバロでOK?


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 19:41:32
リピトールVSリバロVSクレストール
だろ

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 10:01:25
ローコールは!!www

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 10:21:06
セル田は?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/09/16(土) 16:03:57
ゼチアはまだ?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 16:58:23
ロレルコ

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 17:17:24
>>88

何だかんだ言っても軽症はメバロチン

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 19:43:48
オルメってなんで乳臭いの?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 23:36:50
確かに臭いね〜おる目は!産京ももう少し考えないとね。MRは臭いとか言わないのは、ちょっと
狡いね!

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 00:30:11
FDAから折る目にでた警告ってなに?誰か教えて。
国内ではそんな話は出ていないけど。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 01:03:55
>>96
他のARBと比べて降圧効果が強いっていうな
根拠に欠ける
ってやつかな?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 01:13:02
乳混入とかw ゴメン

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 04:44:08
-OH -COOH

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 05:02:48
>>97
やっぱり、そんな情報があるのですか?三京もずるいですな〜、データ捏造ですね!!
でも、日本では公表してませんね。一度、三京のMRに聞いてみますね!!

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 06:08:52
カンデサルタンは値引きしないのにポイントを還元してくれるの?
現在薬価10点につき200ポイント。
誰か仕組みおせーて。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 09:09:48
三京だけ吊るすのはフェアじゃないよ
蛮勇も尿酸のうさんくさいデータを使うなってFDAから警告受けてるだろ
尿酸についてはプロモーションしちゃいけないことになってるのに

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 14:50:23
鹿島などがリベート9億円 工場建設で武田薬品側に

 製薬大手「武田薬品工業」(大阪市)が発注した工場建設工事を
受注したゼネコン大手「鹿島」(東京)など数社が平成15、16年
ごろ、総額約9億円に上るリベートを武田薬品側に支払っていたことが
4日、東京国税局の税務調査で分かった。
 国税局は、鹿島などが受注の謝礼などとして支払ったもので、
課税対象の交際費に当たると認定、鹿島などに対し所得隠しを指摘した。
追徴税額は重加算税を含め数億円に上るとみられる。

 関係者によると、鹿島は、武田薬品の光工場(山口県光市)の
建設工事を約100億円で受注、下請けに「新菱冷熱工業」(東京)
など数社が入った。この際、鹿島や新菱冷熱工業など数社は、
武田薬品の元役員が関係する複数の建設関連会社に受注額の数%を
業務委託費や外注費として支払っていた。

 ところが、税務調査で建設関連会社との間で業務委託などの実態が
ないことが判明。国税局はリベートに当たると判断した。

 また複数の建設関連会社はリベート収入を累積赤字(欠損金)と
相殺していたが、国税局は、実態のない債務を計上しているとして
赤字を認めず、20億円を超す申告漏れを指摘した。

 光工場は武田薬品の国内最重要拠点。15年以降、生産体制の整備を
進め、神奈川県の湘南工場を今年3月閉鎖、医療用医薬品の生産を
光工場に移した。鹿島はこれに伴う工事を受注した。

 鹿島は「税務についてはお答えできない」とし、武田薬品は
「正確な情報を把握できておらず、コメントできる状態ではない。
必要な調査はする」としている。

104 :RASは嫌い:2006/09/22(金) 04:46:33
風呂プレスの売り子さん、この板立ち上げといて放置プレイ?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 20:59:43
売り子が放置でも売れるんで・・・  系列卸様のお陰です。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 15:30:21
hk

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 18:44:01
オルメはCaブロッカーと併せて安売りしているみたいですね。山峡のせこい
やり方。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 18:52:58
小生、循環器専門医で高血圧治療ガイドライン作製やオルメテックの
開発治験にも関わったものです(現在は単なる開業医です)。オルメ
サルタンは、治験段階でも降圧に関して高い有効率(80%超える)
を持っており、血圧を下げる目的においても、現在NO.1ドラッグとさ
れているノルバスク(アムロジピン)と比べても遜色ありません。従
って、単剤でも降圧および臓器保護効果を十分に期待することができ
大いに期待できるARBと言えるでしょう。今後は大規模臨床試験によ
るEBMの構築が肝要とはなりますが、個人的な印象では最新で最終も
ARBとしてNO.1ARBの座に着くことになるだろうと思います(もう、
新しいARBは開発されないでしょうから)。Ca拮抗薬のカルブロック
は心拍数を減らすと言った効果(理由は不明)があり、心保護効果が
期待されるところですが、ジヒドロピリジン系のCa拮抗薬(アダラー
トCRなど)であり薬剤相互作用などの点、EBMがないことなどからノ
ルバスク(アムロジピン)を追い越すことは難しいでしょう。従って、
併用療法が必要な患者さんのゴールデンスタンダードはオルメテック
とノルバスクとの併用になるものと考えられます。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 19:01:56
>>108
馬鹿

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 19:10:17
>>108
突っ込みどころ満載だね
どれだけ釣れるかな?ぷぷぷ

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 19:36:13
>108
うん 的ははずしてない

112 :研究所:2006/09/24(日) 02:00:52
PPT阻害剤が出てくるまでの仁義泣きARB戦争!!

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 02:06:22
CASE‐J、慈恵ハートは興味ある
イルベサルタンの糖尿病性腎症は正直不安

オルメ?まずはFDAに警告されないレベルのエビデンスを出してから言いなさい


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 09:33:11
>>113
同系統の薬剤なんだからオルメにも多剤のエビデンスを当てはめていいのでは?

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 12:43:55
オルメサルタン=オヤジノクサイタン

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 15:14:08
>>114
三凶の狡いプロモーションの典型ですね。ね、三凶さん。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 15:47:21
PPT阻害剤ってどんなやつ?

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 18:57:48
んじゃロー○ールも同系統ということでメバロの海老を当てはめることにします。
海老が同じならメバロには勝てそう。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 19:04:04
要はみんな一緒なの?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 19:32:28
>>119
売る製品によってプロモーションを変えるのですよ。
例えば

目場路:海老のある製品が良い。メバロの海老は他剤には適用出来ない。水溶性は安全。
利場路:海老の充実しているスタチン製剤のひとつ。作用が強く従来の海老を上回る効果が期待出来る。
     水溶性でなくても安全性に問題は無い。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:02:13
真実を教えたるわ。
血圧なんぞ、何でもいいから下がりゃいい。
薬使うより、減量すればいい。
蝦伝巣なんて。www
何で誰も気づかないのかなぁ?
講師結晶もだよ。
5kg減量したらあっという間に基準値だよ!

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 21:40:58
>>121
天才現る

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:56:16
>>121
そこで減るしあ茶の出番ですよ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 01:01:02
2006. 9. 25
米の降圧薬処方、やはり利尿薬が最多
心臓専門医はβ遮断薬処方多い、1993〜2004年の降圧薬処方動向から

米国における降圧薬処方の動向と、処方に影響を与える要因について考察した論文が、9月18日付で
Hypertension誌電子版に掲載された。米スタンフォード大のJun Ma氏らが報告したもの。大規模臨床試験
やガイドラインの影響は、思いのほか軽微であるようだ。今回用いられたデータは、米国保険統計センター
が実施している全国外来医療調査(NAMCS)と全国病院外来医療調査(NHAMCS)の結果である。
まず受診回数を見ると、合併症を有さない高血圧患者は2004年時点で3960万人。1993年の2980万人から
33%増加した。降圧薬処方率は1993年が74%、2004年が70%で、実質的な変化はないという。
降圧薬処方の概要だが、1993年には、最も処方数が多かったのはカルシウム(Ca)拮抗薬(44%)と
アンジオテンシン転換酵素(ACE)阻害薬(36%)、次いで利尿薬(34%)だった。Ca拮抗薬、ACE阻害薬は
一時的な増減はあるものの、2004年時点でも30〜40%の処方率を占めている。利尿薬は2004年時点、
最も処方率の高い降圧薬となっていた(50%)。アンジオテンシン2受容体拮抗薬は米国でも急増しているが、
2004年の全降圧薬処方数に占める割合は23%にとどまっている。

筆者らは、降圧薬処方に影響を与える要因を、以下のように考察している。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 01:01:33
まず、エビデンス(臨床試験)やエビデンス・ベースのガイドラインの影響力は「一過性」のようだ。合併症を
伴わない高血圧に対し利尿薬とβ遮断薬を推奨した「米国高血圧ガイドラインJNC 6」が1997年11月に公表
されると、ACE阻害薬の処方率は1997年の42%から1999年には30%まで低下するが、2000年にはほぼ40%
まで回復している。Ca拮抗薬も同様で、1998年の42%が2000年には29%まで減少するが、2001年には40%
近くまで持ち直した。また、2002年12月に「利尿薬による心血管系イベント抑制作用がCa拮抗薬、ACE阻害薬
と少なくとも同等である」とするALLHATの結果が報告されると翌年、利尿薬の処方率は2002年の43%から53%
へ急増した。しかし、翌2004年には早くも50%への減少傾向を示している。

これらのデータなどから、降圧薬処方の決定は当然EBMだけではなく、降圧薬の販売努力、医療保険会社など
による制限、あるいは薬剤の価格などが複雑に影響し合った結果であろうと筆者らは考察している。また、
過去およそ20年間の処方動向を総括し「主要降圧薬の処方割合に大きな変化はない」と結論した。

興味深かったのは、心臓専門医によるβ遮断薬処方率が、一般内科医、一般医や家族医に比べて著明に
高い点である。冠動脈疾患などの合併症がない高血圧患者が対象であるにもかかわらず、1993〜2004年の間,
心臓専門医では40%、β遮断薬処方率が高かった。

英国の高血圧ガイドラインでは本年すでに第一選択薬から外されたβ遮断薬を、米国の心臓専門医が頻用している
──。この点はどう評価されるべきだろう。参考になるデータの一つは、本検討とは若干対象が異なるが、
臨床試験ASCOT-BPLAの最新解析である。

ASCOT-BPLAではβ遮断薬ベースの降圧治療とCa拮抗薬ベースの降圧治療が比較されたが、2×2デザインで
同時にスタチンとプラセボの比較も行われている。そこで、ASCOT-LLAのプラセボ群のみで比較(スタチンと降圧薬
の相互作用を除外)すると、1次評価項目の主要冠動脈イベント発生率はβ遮断薬群9.0%で、Ca拮抗薬群の9.8%
に比べ減少傾向を示していた(2006年の欧州高血圧学会にて報告)。結果論だが,専門医の選択がEBMにかなって
いたということだろうか。

本論文の原題は、「Changes in Antihypertensive Prescribing During US Outpatient Visits for Uncomplicated
Hypertension Between 1993 and 2004」


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 01:25:10
ようはアメリカで利尿薬が使われ、推奨されてるのは安くて医療経済に負担をかけにくいからでしょ??だからJSHだってアメリカのガイドラインはもとにしなかったじゃん。みんなそんなこと知ってるよぉ。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 01:31:11
>>126
そそ
貧乏人が利尿剤を使い、ちょっとお金に余裕のある人はCa拮抗薬を使い
お金持ちはARBという図式だね。
お金が無いけど良い医療を受けたいというわがままな人の為に
大規模スタディが存在する現実。
というか貧乏人の屍の上に成り立つエビデンス。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 01:40:25
127さん         ちょっとストレートすぎますぜ。もうちょっとやわらかくやわらかく。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 03:49:56
声優CD売上雑談・予想スレ73
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/voice/1158560129/

シャイニング・ウィンド 第4章
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1155557962/

逆転優勝、信じてます!水樹奈々 その115
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/voiceactor/1158676842/

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 10:50:55
ハイロタン売れるかね?

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 21:04:31
>>130
解答: 売れない!

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 21:16:48
>131
Why?


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 19:36:14
ARBにはCCBより優位なエビあるのにもかかわらず、
日本ではCCBのシェア依然高し・・・
諸々の理由あるが、ARB間比較で潰し合うよりCCBのシェアをもっと食わねばいかんよ。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 18:55:32
ARBのエビは心不全が多い。心筋梗塞はむしろ発症率増加、、なんていうデータ出たからCCBメーカーは差別化しまくり。

CCBのエビは心筋梗塞、高血圧が多い。→先生、高血圧・心筋梗塞発症抑制には当社のCCBを、、。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 23:20:50
申し上げにくいけど、もう少し勉強したら?エビ語るならちゃんと読んでからにしようね。どうせまわりの人間の受け売りだろうね。ハァ

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 16:54:23
>>133
蛮勇がARB導入における戦略を誤まった。
もっとも製品のポテンシャルが低杉だからしかたないのだが・・・

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 17:53:57
ハァ

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 22:26:58
>>135
134だが、、、、、???

和訳のエビは確かに最近読んでないわ。
反対に聞くがモマエは発表論文とデザイン論文の相違点までチェック出来る能力あるの?

解釈の相違はあるだろうがELITE-TU,Val-HeFT,VALIANT,CHARMなどは心不全〜死に近いエビ
Syst-Eur,NICS-EH,INSIGHTなどはcaの高血圧のエビ
PREVENT,CAPARES,ALLHATなどがcaの冠動脈疾患のエビ。ARBで近いのはVALUE,LIFEくらいだろ。
そしてVALUEは降圧効果で負けてるし、LIFEは対象が高齢者でβ。エビに入らん。
 
言っておくが2次エンドポイントの一部を拡大解釈して、ARBに心筋梗塞発症抑制効果があるとかいうなよ。
恥ずかしいから。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 23:43:36
>>138
全く分かってないのね!もう少し勉強しまっしょ・・・・。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 00:20:22
ELITE-Vってあったけ?それとVALIANTって心不全だったけ?MIじゃなかった?それと、LIFE、VALUEって冠動脈
疾患のEBMなの?高血圧じゃないの?
本当に知っているの?>>138

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 00:21:11
134よ。話をすり替えるな。もとはBMJで必死に差別化してるって話だろ?時代や背景や併用薬剤の違うメタ解析で必死に…

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 00:25:39
>>134 もまえの中途半端さをみんなが露呈してくれてるよ。会社が論文を和訳してくれるほど親切なんだから、感謝してちゃんとディスカッションしておいで。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 11:09:42
もっと、言ってやれ、言ってやれ!

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 21:18:07
通りがかりの者だが、139〜14まで全然具体的でないね。

大体140のELITEVって何?文章読めるの?

VALIANTの主要評価項目が何かではなく、結果として何処に良かったかにフォーカスして文献読めば
MIではなく心不全のEBMなのは明らか。

VALUEは「バルサルタンとアムロの降圧効果が同等ならイベント抑制効果は、、、」から始まる。
これが「高血圧のEBM」?評価項目はイベント抑制だろ?そしてエビなし、、、笑える。

138のほうが勉強してるな、勝ち。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 21:19:25
訂正

×139〜14
○139〜143



146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 21:27:09
、、、の打ち方やら?やらお前さんは特徴的過ぎるわい(w
データまで自演せんようにな。



147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 21:32:00
>>146
、、、やら?はどうでもいい
中身で勝負しろ

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 21:49:51
>>144 
138だが少し意見が違う

EBMは基本的にスポンサー会社がその薬剤に有利と思われる点を評価項目に入れる。
近い将来発表されるCase-Jなどその典型。(面白いから読んでみ)
基本的にデザイン論文には主要評価項目の設定理由が読み取れるものが多い。
しかしARBメーカーのMRはデザイン論文をほとんど読まない。漏れに言わせればアフォに近い。
だからあえてその話を前面に出した。
ELITE-TUをVと勘違いするのはかわいい。
それより、そのEBM作成時の歴史的観点と発表時の相違を理解してほしい。

試しに問題を出してみる。簡単な問題だが若いMRは答えが曖昧だろう。

問1:Syst-Eurを発表したスターセン自身はこのEBMをどの様に位置づけているか?

本当にエビに詳しいなら答えてみな、回答は1つじゃないよ。
(スターセン先生本人に直接聞いた回答はそのうちカキコする)

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 00:07:08
ニートが何を言ってんだか‥‥

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 08:02:52
138はほんとのアフォだな。言われてることの意味が全然わかってない。モマエのエビの解釈なんてどうでもいいの。石と話し合っていろんな解釈聞いてそれに柔軟に対応するのが仕事。意地になるとこ間違ってるよ。( -_-)

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 00:41:21
>>144
EBMは主要評価項目が一番大切ではないのか?それからELITEV、分かるわ、T、Uとわけて書け、
それくらい知ってるわ!ELITE UはAHAで生発表見てましたから!それから、VALULEに関しては
降圧がどれくらいイベント発生に関与する?ではないのか?
もう一度、貴殿の書いた文面みてみな矛盾してるよ。読み方が!VALIANTは主要評価項目で評価
せず、VALUEは主要評価項目ですか?
まあ〜、もうどうでもいいです。文句あるなら、あんたが自分で大規模臨床試験して、論文
発表してみなよ。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 01:04:57
取り敢えずお前が『句読点の付け方を分からないぐらい馬鹿』という事は理解した

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 20:39:37
>>152
はいはい、どうもありがとさんさん。おばかちゃま様。ご忠告ありがとうね。国語の勉強しよう〜っと!
おはかちゃまも臨床試験宜しくね!ま〜、出来たらの話だけど。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 21:55:47
>>148
おい、お前は偉そうに何をいいたいんだよ
スターセン先生の意見wとかどうでもいいから
お前の意見をを言え
いちいち反応みてんじゃねえよ


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 20:10:50
どうせ2-3剤併用するんだ ちびーっとしか変わらない降圧力をウダウダ言うより
ノルバスク並の半減期を持つものを出してくれ
という訳で今のところレニベースゾロを分2で使ってる
カルデナリンゾロも捨てがたい

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 10:57:34
とりあえず>>153=論外のアフォってことでFA?


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 11:48:06
>>156 鉄板

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 18:38:58
漏れのチンコでガチンコ勝負じゃ!

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 21:17:43
結局、どの薬が一番いいの?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 21:31:29
個人的にはブロプレスがいいように見えるね

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 21:40:44
どうして?

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 21:52:28
ARBメーカーじゃないんだけどね
やっぱ武田やからかな
先生達の評判もいいと思うよ
降圧効果+持続性のバランスがいいみたいね
EBMも一番まともみたいだし


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 21:53:08
いっぱい飲まされたからだろ?

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 22:04:06
ブロプレスとディオバンの一騎打ち
EBMはニューロタンも多いけどね

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 22:04:39
TROPHY、SCOPE、E-COST、LIFE、RENAAL、IDNT
CASE-J、ACCESS、MOSES、VALIANT、ARCH-J
CHARM・・・・・

ARBの宣伝マンさん わかりやすく解説してください。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 22:11:41
アレキサンダーラグタイムバンド。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 22:13:16
そのARBじゃなくて。。。。
お薬のARB

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 22:54:28
山峡が開発中のオルメとアムロジピンの合剤ってどうよ。

かなり脅威かい?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 23:11:39
アムロジピンも特許切れるからね

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 23:37:39
ARBセールスマン 各スタディーについて解説してくださいね。
やっぱ、接待勝負の商品なんですか?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 01:54:41
自分で勉強すれば・・・
いずれお世話になるんだし・・・

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 02:10:58
ARBメーカーの社内勉強会行って、ARBメーカーの作ったスライド使って
講義して20万貰って、コース料理食って帰りました。
ありがとうね。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 02:16:44
こちらこそ お忙しい中ありがとうございました。

174 :某卸MS:2006/10/07(土) 06:06:45
>>172
この前3番目のARBのMRさんが企画した勉強会に同席しました。
全部MRさんが作ったスライドだそうです。
もしかしたら同じ勉強会ですか?

私が出た勉強会には複数の先生方が出席されていました。
一言しかコメントしかしない先生もいましたが全員に講演謝礼を渡していました。
お金持ってるんですね。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 08:43:36
そんなちょっとした金でディオ版使えば安いもんだよ
ちょっと金掴ませたらシッポフリフリ


176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 22:11:59
シェア20プロで等分しようや

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 00:13:15
ディオバンは正直売りたくねえな
ポテンシャル低すぎ
特徴なさすぎ

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 02:12:00
オルメやミカルディスよりは売りやすい

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 07:00:17
オルメやミカルは良いね!
ブロやディオは金一封付くから仕方なく・・・

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 10:59:21
金かよー…

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 12:17:16
TROPHY、SCOPE、E-COST、LIFE、RENAAL、IDNT
CASE-J、ACCESS、MOSES、VALIANT、ARCH-J
CHARM・・・・・

ARBの宣伝マンさん わかりやすく解説してください。


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:19:39
>>181
ググレカス

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:52:47
金一封
ブロ=ディオ>オルメ>ミカル
ニュー=¥0

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:58:08
接待とCBしか知らないMRに大規模スタディーの意味なんて
解説できるわけないか。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 03:11:42
やっぱ美香でしょ。メタボ患者に気持ち的に使い易い。宣伝丸呑みしすぎ?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 05:11:11
しすぎ

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 21:03:44
ミカはデータなさすぎ
ひどい宣伝だな

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 23:06:48
おるめもでしょ

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 23:17:35
国際高血圧学会でなんか発表ありますか?

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 23:30:48
国内外ののエビデンス。だから何?
巣他チンもARBもCA拮抗薬も寿命延ばしているのだろか。(5年延ばしたからどうなの)
薬で最大の発明は、種類に関係なく抗生剤ですよ。
細菌等に勝てなかった人間が勝てるようにしたのだから。
はっきりいって生活習慣病の薬は、医療費の無駄以外の何者でもない。
と厚労省の方が言ってました。
ARBでもめているのは、今のうちですよ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 03:08:27
ISH ISH ISH ISH ISH ISH
ISH ISH ISH ISH ISH ISH
ISH ISH ISH ISH ISH ISH 

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 12:41:56
>>190
無駄なわけないだろが。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 12:45:49
>>190
スタチン ARB CaBで延命…んなこと考えてるヤツいるのかよ…泣ける

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 14:15:50
延命ってかリスク低下だな

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 14:32:37
臓器保護

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 15:05:35
ARBメーカーではないのだが
各製品のシェアっていくらなの?

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 21:28:19
ブロプレスが最強

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 20:59:55
カンデ:バル:ロサルタン:テルミ:オルメで4:3:1.5:1:0.5くらいじゃなかろうか。オルメサルタンもっとあるかも。合剤出たらどうなるかねー。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 21:27:20
いるべも出るし
激しい脳

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 21:50:15
合剤はあまり影響なかろ
オルメの合併は大きいと思う
ミカルディスにいつ追い付くか?
イルベはモノはいいね
P友がどこまで売るか

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 22:14:11
所詮、折る目は安売りばい 薬価改訂後は、価格でとらんし伸び悩みたい。
イルベは、いまさらよかろうもん  ノバからレニン拮抗剤でるし、そっちが売れるっちゃ

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 22:54:10
レニン阻害薬はやっとフェイズVでしょ?いつ出るの??体内への吸収も数%でしょ???ってことは個体差がすごいんじゃないの????2%吸収の薬剤が3%吸収されちゃうのって大変じゃない?

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 00:58:20
レニン阻害薬はよく知らないが1.5倍程度ならプロドラッグのが固体差はすごいだろ

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 01:59:00
ARBって何がプロドラック?

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 02:25:11
EXP3174

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 18:40:12
日本じゃまだ先さ


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:29:11
いるべって本当にでるの?

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:47:18
そりゃ出るよ

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:59:39
何回も臨床試験やりなおしてるのに?

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:25:36
ブロプレス最高
接待が最高

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:49:24
TROPHY、SCOPE、E-COST、LIFE、RENAAL、IDNT
CASE-J、ACCESS、MOSES、VALIANT、ARCH-J
CHARM・・・・・

ARBの宣伝マンさん わかりやすく解説してください。



212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 07:42:39
平たく言うと「ブロプレスがいい」って事だよ

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 19:04:53
純粋に降圧効果としてはどれが一番強いのだろうか…わしの印象としてはブロプレスかミカルディスなんだが…

214 :名無しさん@お腹いっぱい。::2006/10/18(水) 19:42:19
三共は居辺を標的に折目を出した。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:25:39
>>213

ディオバン

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:40:18
>>212 
興味ある報告がありました。
http://www.tokyo-kinikai.com/toukatsu/ifou/pdf/p47-p48.pdf

降圧効果の比較では、コクランライブラリーでは調査中。
それ以外のレビューでは、ニューロタン50mg=ディオバン80mg=
ブロプレス8mg=Irbesartan150mgで同等。

でも各社の回答は、みな自社が優れているとの回答。
でも裏づけの文献はごくわずか。

特にディオバンの論文提出はなかったとのこと。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:46:44
ハイリスク高血圧患者を対象にARBバルサルタンとCa拮抗薬アムロジピンの予後改善効果を
比較した大規模臨床試験VALUE(Valsartan Antihypertensive Long-term Use Evaluation)
ってどうですか?

効果同等ならもうすぐ出てくるアムロジピンの後発品で十分だと思うのですが?

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:47:55
CASE-Jはっぴょう

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:55:12
医学誌「Lancet」12月10日号に掲載された、英ロンドン大学(UCL)臨床薬理センター
上級講師のRaymond MacAllister博士の論文はおもしろいよ。

「血圧をうまくコントロールすることができればどのような降圧薬を用いてもよい」
との結論。

ACE阻害薬など比較的高価な降圧薬の方が腎疾患の予防効果が格別に高いと
言われてきたが、その主張を覆す新たな研究結果が報告なんだな。

現行の治療ガイドラインでは、腎疾患を伴う高血圧患者の第一選択薬として、
ACE阻害薬とARBの使用が勧められている。今回MacAllister博士らは、腎疾患を
伴う高血圧患者の第一選択薬としてのACE阻害薬およびARBの使用に関する
研究報告をレビューし、腎疾患の進展に対するクラス別の降圧薬の効果を評価した
臨床試験127件を検討した。その結果、糖尿病性腎疾患を予防するにあたり、
ACE阻害薬およびARBはいずれもその他の降圧薬と効果は同等であることがわかり、
非糖尿病性腎疾患の患者では効果が高いかどうか明らかにされなかったんだな。

古くから用いられている降圧薬の方が、医療機関にとって費用対効果の高い
治療選択肢となりうるかも? ね。


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 20:58:57
利尿薬には、塩分を多く摂取する人やアフリカ系米国人に良く効くといった効果の個体差がある
って言われてるけど、ALLHATでも利尿薬でいいって結論だし。
本当は、やたら高い降圧剤はいらないのかもね。 でも、それじゃあ接待してもらえんしね。 w

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:02:06
やっぱりオルメですよ。

18歳以上の高血圧患者で安静時の拡張期血圧が100mmHgから115mmHgの患者約578例を、
無作為にオルメサルタン(20mg)、ロサルタン(50mg)、バルサルタン(80mg)、イルベサルタン(150mg)
の投与群に割付け、8週間投与の二重盲険にて試験を実施。投与開始時血圧は、155-157/104 mmHg。
いずれも有意な降圧を示し、特にオルメサルタンでの降圧度が高かった。

Oparil S, et al. Comparative efficacy of olmesartan, losartan, valsartan, and irbesartan in the control
of essential hypertension. J Clin Hypertens (Greenwich). 2001;3:283-91.

接待もまかしとき!!


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:17:09
CASE-J 日本人の高血圧症を対象としたカンデサルタンとアムロジピンの比較試験。

2001年9月の登録開始から16ヵ月後の2002年12月までに,4,728例が登録されランダム化。
65歳以上の高齢者が約半数。また,糖尿病合併例が過去の大規模臨床試験よりも多く
含まれているのが特徴的。
3年以上と長期にわたってフォローしているにもかかわらず,脱落例はほとんどなく,
継続率は97%。

さて、もうすぐ発表だっけ?

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 23:24:41
>>222
継続率97%が逆に怪しく感じるのだが・・・

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 23:27:15
>>223
追跡率な

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 06:32:33
ダイクロトライド(ヒドロクロロチアジド:万有)

高血圧患者の生命予後を改善(4つのRCTのメタアナリシスで低用量の、利尿剤が死亡率を低下)し、
脳卒中や心筋梗塞、心不全を著明に予防した。脳卒中0.66(0.55-0.78)、冠疾患0.72(0.61-0.85)、
うっ血性心不全0.58(0.44-0.76) 、総死亡0.90(0.81-0.99) 。

過剰な塩分をとり勝ちの日本の高血圧患者にはさらに有利なはず。コレステロールの多少の上昇は
なんら危険因子とはならず、逆に生命予後に好都合。
しかも安価である。日本では使用頻度少ない。もっと使用されてよい薬剤。

ただし、25mg錠は高齢者にとっては過剰であるので、12.5mg錠の開発がされることが望ましい
(一応割線つきであるので、その点は可とする)


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 17:52:23
福岡行ってきた人
CASE-J発表どうだった?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:10:04
高血圧症治療薬ブロプレスRの大規模臨床試験「CASE-J」の成績発表について

今回の試験により、主に次の3点が明らかになりました。
心血管系イベント発症抑制に対し、ブロプレスはアムロジピンと同程度の抑制効果が認められました
(発症率は両群とも5.7%)。<主要評価項目>
全死亡に対しては有意ではないものの、ブロプレスはアムロジピンと比較して全死亡リスクを15%減少
させました。特に肥満度の高い患者層でブロプレスはアムロジピンと比較してそのリスクを49%減少
させました(p=0.045)。<副次評価項目>
糖尿病の新規発症に対し、ブロプレスはアムロジピンと比較して新規発症リスクを36%減少させました
(p=0.030)。さらに、肥満度が高くなるほどブロプレス群はアムロジピン群と比較してより顕著に糖尿病
の新規発症を抑制しました。

http://www.takeda.co.jp/press/06101901j.htm


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:33:59
慢性心不全患者を対象にしたカンデサルタンの大規模臨床試験CHARMプログラムの結果について
―慢性心不全治療に大きな進歩、死亡率・入院率の低下をARBとして初めて科学的に証明―

CHARM(Candesartan in Heart failure : Assessment of Reduction in Mortality and morbidity:
カンデサルタンの心不全患者の死亡率・入院率に対するプラセボ比較試験)プログラムにおいて、
慢性心不全に対するカンデサルタンの有用性が明らかになりました。

カンデサルタンは、従来の治療薬との併用において、慢性心不全における心血管死<*注1>および
心不全の悪化による入院を減少させることを明らかにした唯一かつ最初のアンジオテンシンU受容体
拮抗薬(ARB)です。


http://www.takeda.co.jp/press/03083101j.htm


229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:37:18
でも、βブロッカーを先行させた方がいいんでしょ?

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:40:42
βブロッカーは、「突然死」が有意に減少してるよね。
特に「突然死」は、ACE阻害薬を用いた大規模試験に
おいても有意な減少が認められた試験は少ないし。
そのあたりはどんな結果になったの?


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:41:08
>>227
>発症率は両群とも5.7%

ここがポイントですな

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:11:09
結局、ARBは ACE-Iよりもいい薬と信じているおめでたい循環器内科医も多いようだが、
実は心不全の治療でARBがACE-I にはっきり勝ったためしはないよな。
ACE-I よりも,より強力にR-A系を抑制すると当初大いにもてはやされたARBが、
登場から20年以上もたったカプトプリルに歯が立たねえ。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:16:04
ELITE-II、Val-HeFTで慢性心不全でACE-I に勝てないと見ると、急性心筋梗塞後の心不全で
勝負したOPTIMAAL、VALIANTやっぱりだめで,ついには,ACE阻害薬には勝てないと諦め、
勝てそうなアムロジピン相手に勝ちに行ったはずのVALUEでさえも,勝てなかった。
(というより,心筋梗塞,脳卒中のイベントでは,アムロジピンにはっきり負けている)

結局、今回も同等でした。


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:26:41
「欧州心臓病学会(ESC) 慢性心不全ガイドライン」

薬物治療のうちβ遮断薬に関しては、ここ数年の間に行なわれた大規模臨床試験のエビデンスを
踏まえて再評価が行なわれた。その結果、安定した軽症・中等症・重症心不全(虚血・非虚血を問わない)
や左室機能低下例に対する投与は、禁忌がない場合、従来治療に併用する形の有用性が改めて
確認された(推奨クラスI、エビデンスレベルA)。
β遮断薬が入院を減少させ、心機能を改善することも明記されている(推奨クラスI、エビデンスレベルA)。
急性心筋梗塞後に症状の有無にかかわらず、ACE 阻害薬と併用することの有用性もうたわれている
(推奨クラスI、エビデンスレベル B)。
また、エビデンスに基づいて、Bisoprolol、Carvedilol、Metoprolol succinate(徐放錠)、Nebivolol
(本邦未発売)の4剤だけがガイドラインで推奨された(推奨クラスI、エビデンスレベルA)。
Metoprolol tartrate (普通錠)は推奨されていない。このうち日本で心不全の保険適応が取れているのは
Carvedilolだけ。なお、今回の学会では大規模臨床試験CIBIS-IIIで、ACE 阻害薬(Enalapril )とβ遮断薬
(Bisoprolol)のどちらを先に投与しても予後は変わらないという初めてのエビデンスが得られたことから、
ACE 阻害薬などの従来治療にβ遮断薬を併用するという形での勧告の是非は、次回の改訂の焦点と
なりそうだ。一方、ARB は大規模臨床試験のエビデンスにより、今回のガイドラインで大きな市民権を得る
に至った。有症状でACE 阻害薬に忍容性がない場合のARB 投与による予後改善、急性心筋梗塞後心不全
におけるACE 阻害薬との同等性(いずれも推奨クラスI、エビデンスレベルB)、ACE 阻害薬とARB 併用
による予後改善(推奨クラスIIa、エビデンスレベルB)や心不全入院の減少(推奨クラスI、エビデンスレベルA)
などが明記されている。しかし、ARB の慢性心不全に対する大規模臨床試験に基づくエビデンスは、
ガイドライン作成時点ではCandesartan とValsartan に限定されているにもかかわらず、β遮断薬のように
薬剤名は限定されていない。



235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 00:12:52
ところでミカルディスのデータってないのですか?

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 00:54:21
ミカルディスとオルメはほとんどありません ><

海老がないのでフォーカスしているのが「薬物半減期」と「ダブルチェーン」

それらが降圧効果と確実に関連するという海老は怪しいものしかありません


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 07:26:36
ブロプレス大規模臨床試験 アムロジピンと主要評価項目で有意差なし

ARBブロプレス(武田薬品工業)とCa拮抗薬アムロジピン(ファイザーのノル
バスク/大日本住友製薬のアムロジン)の心血管系イベント発症抑制効果は同
程度―。日本人のハイリスク高血圧症患者4728人を対象に両剤の有効性を比較
した大規模臨床試験「CASE-J」でこんな結果が出た。国際高血圧学会(福岡市、
10月15日〜19日)で報告された。

「CASE-J」は、日本高血圧学会の後援を受けCASE-J研究会主導で日本全国600
人以上の医師が参加し、01年9月から05年12月まで実施された。主要評価項目
の心血管系イベント(突然死、脳血管障害、心疾患、腎障害、血管障害のうち、
最も早期に発症したイベント)でブロプレスとアムロジピンで有意差は出なか
った。

この結果を受け、武田薬品は糖尿病の新規発症抑制でブロプレスがアムロジピ
ンを上回る効果を示したことを強調。ただ、糖尿病の新規発症は主要評価項目
や副次評価項目ではなく、試験の中で確認できたものとしている。

一方、ファイザーは「降圧治療の目的は、心血管イベントの発症抑制あるいは
遅延と考えられる。本試験ではアムロジピンの早期からの優れた降圧が初期イ
ベント抑制に貢献していることが示唆された」とした。


238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 13:29:38
つまり高い金出してブロプレス使うぐらいならノルバスクを使えって事だな

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 00:25:23
でも正直自分で飲むならブロプレスかなあ
DMとか嫌じゃん
腎のことを考えてもな

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 14:05:36
>糖尿病の新規発症抑制

これって別にエンドポイントに設定されてないから信憑性はない。


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 14:08:01
>でも正直自分で飲むならブロプレスかなあ
>DMとか嫌じゃん
>腎のことを考えてもな

普通飲むかぁ?
不健全な体なのね〜・・・

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 14:26:25
ミカルディスとオルメの海老って何があるの?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 21:41:07
日本人の日本人のためのエビデンス
CASE-J http://www.case-j.com/index2.html

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 22:51:09
合剤がでたな(利尿剤+ARB)
武田がまたもや2番煎じか\\\/

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 23:10:20
なんかニューロタンの場合利尿剤をかましてやっとまともな降圧効果って感じ
合剤だと利尿剤の量を調整できないしな‥‥

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 15:39:31
CASE−Jでたね
口ばっかりのARBとは違うって事だ
特にオルメ・ミカルはダメダメだな


247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:04:28
合剤売れそう?

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 18:14:07
オルメとアムロの合剤も今Sが臨床やってるけど。こっちは評判はどうよ。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 22:27:26
ミカルディスのエビデンスって何があります?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 00:31:39
>>246

おいおいおい‥‥
CASE‐JはARB使うなって海老じゃん
ブロプレス使う意味がないって事だよ

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 02:06:54
>>250
んじゃお前利尿剤のゾロだけ使え

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 04:24:22
>>246
馬鹿だなぁ

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 10:15:58
>>251

アホか!ノルバスクを使うよ


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:49:09
のるばすく!

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 22:58:15
アムロ!

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:04:09
日本初の高血圧介入大規模試験JIKEI HEART報告
従来治療へのバルサルタン追加投与で高血圧患者の予後が有意に改善

The JIKEI HEART Studyの対象は、カルシウム(Ca)拮抗薬やアンジオテンシン転換酵素(ACE)阻害薬
を含む従来治療を受けている虚血性心疾患または心不全を伴う日本人高血圧患者(22〜79歳:平均65歳)。
約33%に虚血性心疾患、11%に心不全の合併が認められた。
同試験では、従来治療にアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)のバルサルタン(平均75mg/日)を
追加投与したバルサルタン群(1541例)と、バルサルタンを含めたいかなるARBも使用せずに従来治療を
続行した従来治療群(1540例)に対象を無作為に割り付けて予後に与える影響が検討された。
試験デザインはPROBE法(前向き・無作為化・オープン・エンドポイント非開示)。試験開始時には両群ともに
67%にCa拮抗薬、35%にACE阻害薬、32%にβ遮断薬などが投与されていた。従来治療群ではこれらの
薬剤の増量(非使用の場合は新規選択)により降圧が試みられた。同試験は、極めて臨床に近い形で
組まれた試験といえる。
プライマリーエンドポイントは脳卒中、初発および再発のTIAや急性心筋梗塞、心不全や狭心症の新規
発症および増悪、大動脈瘤解離、下肢動脈閉塞、透析への移行、血漿クレアチニン値の2倍化。
高血圧は一連の心血管系疾患の発症・進展に深く関与することから、このような複合心血管エンドポイント
が設定された。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:04:40
同試験は、試験開始時における両群の血圧値が139/81mmHgと、これまで世界で行なわれた高血圧
大規模臨床試験の中で最も低い血圧値からの介入となった。それにもかかわらずARBバルサルタン群では
131/77mmHg、非ARB群132/78mmHgという、やはりこれまでの高血圧大規模臨床試験(腎障害を伴う高血圧
臨床試験を除く)では得られなかった降圧が達成された。そして、到達血圧値に両群間で有意差がなかった
ことから、血圧差による影響を排除した形で両群間の予後を比較することが可能となった。
試験は追跡3年を越えた時点で、バルサルタン群の利益が明白であることから、データ安全モニタリング委員会
(DSMB)の勧告により早期終了となった。ARBバルサルタン群では従来治療群よりもプライマリーエンドポイントが
39%、脳卒中(新規および再発)が40%、入院を要する心不全が46%、入院を要する狭心症が65%、大動脈
瘤解離が81%、各々有意に減少するとの、これまでの欧米におけるバルサルタン大規模臨床試験を大きく上回る
エビデンスが得られた。急性心筋梗塞に関しては両群間で有意差はなかった。
The JIKEI HEART Studyで得られた欧米をしのぐ成績は、我が国のきめ細かな医療体制下で、120人の心臓
専門医(東京慈恵医大循環器内科とその関連病院)によって試験が実施されたことが好影響を与えた可能性
がある。いずれにせよ、「Ca拮抗薬やACE阻害薬の増量よりも、ARBバルサルタンを上乗せした方が日本人
高血圧患者の予後を良い方向に導く」という同試験のメッセージは、臨床現場に大きなインパクトを与えそうだ。



258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:08:44
ACE 阻害薬 vs ARB の比較試験  

ARB ロサルタンと ACE 阻害薬カプトプリルとを比較した ELITE 試験では 48 週間の治療で,
ARB の死亡リスクの減少効果が ACE 阻害薬に比して 46%大きいことが示された。
しかし,この試験はもともと忍容性を比較する目的で行われたものであったので,改めて総死亡
をエンドポイントとした大規模試験 ELITE II が行われた。この試験には 3159 例という多くの症例
が組み入れられたが,ハザード比は 1.13 でロサルタンがカプトプリルに勝ることは証明されなかった。
ELITE II では noninferiority を検証するパワーはなかったが,ACE 阻害薬はプラセボに勝ることが
確実に証明されているので,ロサルタンとプラセボを間接的に比較することは可能である
(imputed placebo analysis)。この解析でも,ロサルタン 50 mg 1 日 1 回投与がプラセボに勝ることは
証明されなかった。急性心筋梗塞のハイリスク患者 5477 例を対象にして行われた OPTIMAAL 試験
でも,カプトプリル 150 mg に対するロサルタン 50 mg の優位性は証明されなかった。  


259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:11:20
ARB と ACE 阻害薬の併用療法  

Valsartan Heart Failure Trial(Val−HeFT)では,ACE 阻害薬と ARB バルサルタンを併用すれば
死亡率がさらに低下するのではないかという仮説は証明されなかったが,もう一つの複合エンドポイント
(死亡,心不全による入院,4 時間以上の静脈内点滴療法,心停止で救命処置)は有意に改善した
ことが示された。一方,二つのサブ解析によって,改善度がもっとも大きいのは ACE 阻害薬による治療
を受けていない群(7%)であることと,β遮断薬がすでに投与されている群では,バルサルタンの投与に
よってかえって死亡率が増加することが示された。FDA(米国食品医薬品局)は ACE 阻害薬に忍容性
のない患者にバルサルタンを使用することは認可したが,ガイドラインでは「トリプル治療(ACE 阻害薬,
β遮断薬,および ARB の併用)」が禁止されている。

The Candesartan in Heart Failure:Assessment of Reduction in Mortality and Morbidity(CHARM)試験は
3 群の患者群により構成された。CHARM−Added 試験では,ACE 阻害薬により治療を受けている患者
(半数以上はβ遮断薬も服用中)をプラセボ群とカンデサルタン群に割り付け,約 3 年間の追跡が行われた。
この期間中に心血管系の原因による死亡と,心不全の増悪による入院を複合したエンドポイントには,
実薬群で 15%の有意な減少が示された。カンデサルタンの有効性はベースラインでトリプル治療が行われて
いても変わりがなかった。



260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:13:20
ACE 阻害薬に忍容性のない患者におけるプラセボと ARB の比較試験

CHARM−Alternative 試験は,ACE 阻害薬に忍容性のなかった患者 2028 例を対象にした試験である。
この群では心血管系の原因による死亡と心不全の増悪による入院のリスクは,カンデサルタンによって
23%と有意でさらに著明な改善がみられた。カンデサルタンの有効性は,過去の臨床試験で認められた
心不全と左室機能障害を有する患者に対する ACE 阻害薬の効果に匹敵することが示唆された。
わが国においても ACE 阻害薬を服用していない患者を対象にして,カンデサルタンの無作為二重盲検
プラセボ対照試験(ARCH−J 試験)が行われた。305 例の患者をカンデサルタン 8 mg 1 日 1 回投与群
とプラセボ群に割り付け,6 ヵ月間の経過が観察された。投与量は CHARM 試験の 1/4 であったが,
心不全の進行と治療薬の増量・追加を複合したエンドポイントには,実薬群で有意な改善がみられた。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:14:54
心不全治療における ARB の位置付け  

ACE 阻害薬と ARB の効果を直接的に比較した唯一の臨床試験 ELITE II では,ARB の用量が
少なすぎたのではないかという懸念もあるが,ARB の優位性は証明されなかった。これに対して
ACE 阻害薬に関しては,前述のごとく年余にわたる経験の中で確固たる有効性が証明されているので,
RAS 抑制のための第一選択薬は ACE 阻害薬と考えられる。ACE 阻害薬に忍容性のない患者に
対してのみ,ARB は有用な代替薬となりうる。
リモデリングの改善に関して Val−HeFT 試験では,バックグラウンド治療として ACE 阻害薬と
β遮断薬が併用されている患者では,新たに ARB を追加してもさらに有効性が増強することはなかったが,
RESOLVD 試験では逆にトリプル治療がリモデリングの改善にもっとも有効であったことが報告されている。
この点に関して,CHARM−Added 試験の成績も同様で,トリプル治療が心不全患者の予後を改善する
ことが明らかである。この試験は登録された患者数も多く,追跡期間も長いため,十分なパワーをもって
左室機能障害を伴う心不全で標準治療で症状が改善しない患者には,ARB を追加するほうが良いことを
示すものといえる。



262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:28:41
アムロだな

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:36:17
モーニングサージにミカルディス!!

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 23:44:47
テルミサルタンに脂質代謝の改善効果、PPARγ活性化作用が他ARBの5倍

スウェーデンのストックホルムで開催された第27回欧州心臓病学会(ESC)4日目の9月6日、降圧薬の
アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)のひとつ「テルミサルタン」に、脂質代謝に関与するPPARγを
強く活性化し、メタボリックシンドロームを改善する可能性があると、米国カリフォルニア大学教授の
T.Kurtz氏が発表した。
以前から、ARBやアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬は、他の種類の降圧薬と比較すると、
心血管疾患の合併や糖尿病の発症を抑制するなどとする報告があった。だが、同じクラスの薬剤間で
作用に明らかな差があったとの報告は珍しい。
これは、細胞レベル(in vitro)の実験で、現在米国で使用されている7種類のARBを5μmol/Lずつ
加えて細胞を培養し、脂質代謝で重要な働きを担うPeroxisome Proliferator Activated Receptor(PPAR)γ
の活性を調べたもの。PPARには、ほかにαやβなどいくつかの種類があるが、PPARγは、活性化が
血糖値の改善に関与しているとみられ、注目されている。
実験の結果、テルミサルタンは、ほかのARBに比べ、約5倍ものPPARγ活性化作用があったという。
この特異性は、テルミサルタンの化学構造がほかのARBと異なり、PPARγに働きかけて血糖値を下げる
糖尿病治療薬であるピオグリタゾンと似ているためとみられている。
高血圧の患者は、血圧以外にも糖尿病や高コレステロール血症など、複数の生活習慣病を抱えた人が多い。
1つの薬剤で複数の効果が得られれば、多くの薬を飲むわずらわしさから解放される可能性もある。
T.Kurtz氏は、「テルミサルタンにみられる脂質代謝の改善効果によって、糖尿病や心血管疾患の発症をどの
程度抑えられるか、世界規模で大規模な臨床試験を進めているところだ」と結んだ。この臨床試験は2008年
にもまとまる見込み。今後の試験の行方に注目が集まりそうだ。


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 00:17:19
アホか!?
PPARγが薬理活性を与える濃度考えろよ

こんなの米国でプロモーションやってたら間違いなくFDAから警告くる
つまりは限りなく眉唾

ノルバスクの壁は厚いなぁwwwARB厨ども


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 05:01:56
世界規模で大規模な臨床試験

この試験費を練りだすため我々MRはどれだけ
苦労させられているのかと思うと・・・

殆どの大規模臨床試験(3000人・5年)で約125億円近い
経費が発生し、これが経営を圧迫していくという
デススパイラルを生むということを 総ての製薬会社は
考えて欲しい。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 14:22:57
降圧にまさる臓器保護無し!!!どんな文献や海老をだしても此処が執着地点ナリ

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:19:01
OSCAR-Studyって評判どう?

http://www.oscar-study.jp/method.html

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:47:36
オルメサルタンは降圧効果が優れています!

この試験は、アンジオテンシンII受容体拮抗剤(ARB)であるオルメサルタンとすでに市販されている
代表的なARBであるロサルタン・バルサルタン・イルベサルタン(いずれも一般名)との間で降圧効果
を比較するために行なわれたものであります。

試験の結果、8週間後の血圧降下は、オルメサルタン群で平均11.5mmHg、ロサルタン群で平均8.2mmHg、
バルサルタン群で平均7.9mmHg、イルベサルタン群で平均9.9mmHgであり、オルメサルタンが他剤より
有意に優れていることが示されました。安全性では有意な差は見られませんでした。

http://www.sankyo.co.jp/company/release/2001/0524.html


270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:57:47
J-RHYTHMU Study 

高血圧合併発作性心房細動を対象としたアンジオテンシンII受容体拮抗薬と
カルシウム拮抗薬の臨床効果に関する多施設共同無作為化比較試験

カンデサルタンとアムロジピン比較試験やってるよ

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:48:26
>>269

論文掲載誌とインパクトファクターは?

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:06:20
「アンジオテンシンU拮抗薬(AU拮抗薬)で降圧不十分な2型糖尿病を伴う高血圧症患者
に対するカルシウム拮抗薬追加併用群とAU拮抗薬増量群の無作為割付比較試験」

Amlodipine versus angiotensin II receptor blocker;
Control of blood pressure evaluation trial in diabetics (ADVANCED-J)

http://www.evidence.jp/advanced-j/


273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:13:42
テルミサルタンの薬理学的特性としては、生体利用率が高く、活性体として投与されていることから、
肝代謝酵素の個体差にも影響を受けづらく、こうした性格は、本薬剤の有効率の高さ、言い換えれば、
効果の確実性につながっております。
また本薬剤は、100%肝排泄による代謝を受けることも特徴的です。近年、腎障害の進行阻止に
アンジオテンシンII受容体拮抗薬が幅広く用いられるようになりました。
そこにおいては、腎機能障害者においても薬物体内動態に影響を及ぼさず、100%肝排泄型の
テルミサルタンは安全性という観点からも特に注目されています。



安全性が高く、早朝高血圧に効果の高い血中半減期の長いミカルディスです!!

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:28:57
どれも一緒だよ。
何使ったって一緒。
売る気があるかどうかだけだ。


275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:33:21
VALUE試験の結果からすればやっぱりアムロジピンの優位性は崩せまい。
そもそもAII受容体拮抗薬の臓器保護を対象にデザインされたもので、
はじめからCa拮抗薬アムロジピンには分が悪い試験。
二次エンドポイントである心筋梗塞(MI)の解析において、アムロジピン群
に有意に発症が少なかった(p=0.02)。また、狭心症の発症において、
バルサルタン群が9.3%、アムロジピン群が6.4%という差異が生じてしまった。
日本人ならこのような傾向が出ても、冠スパズムの関連で理解できたが、
欧米人でのこの数値の差はなぜなのか?

対象患者群の約9割が白人だったわけで、すでに欧米人において心臓に
対するエビデンスを有するバルサルタン群と、そうではないアムロジピンが
同等のイベント抑制効果を発揮できたのですから、民族間の冠動脈疾患
発症機序の違いなどよりも、「速やかで厳格な血圧コントロールの力」が
重要ってことの証明。

やっぱ、アムロに勝る降圧剤はなし!!!



276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:43:18
REAL VALUE試験の単剤同士の比較結果はどうよ?

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:15:53
高齢者高血圧患者におけるAII受容体拮抗薬の心血管合併症予防効果を検討した
最初の大規模臨床試験がSCOPE試験。

AII受容体拮抗薬カンデサルタンとプラセボを比較したところ,一次エンドポイントで
ある心血管イベントに有意差はなかった。

二次エンドポイントの非致死的脳卒中は抑制され,その点が強調されている。
一次エンドポイントで良好な結果が出なかった場合に二次エンドポイントの結果を
強調することはよく行われることである。


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:17:37
LIFE試験は,心電図上左室肥大を認める高血圧患者における心血管イベント予防効果
においてAII受容体拮抗薬ロサルタンとβ遮断薬アテノロールを比較した試験である。

一次エンドポイントの発症は,ロサルタン群の方が有意に少ないという結果であったが,
元来,本試験の対象者のような高齢者ではβ遮断薬の有効性は少ないとされていることや,
利尿薬の併用がロサルタン群の方が多かった結果ではないか,などの批判もある。



279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:20:16
高齢心不全患者を対象にAII受容体拮抗薬を検討したトライアルとしては,ELITE試験がある。
心不全例への有効性が証明されている標準的なACE阻害薬カプトプリルと,1997年当時上市
されて間もない期待の星だったAII受容体拮抗薬ロサルタンを比較した試験である。

一次エンドポイントは腎機能障害で,安全性を検討した試験であった。その結果,一次エンドポイント
に有意差はないものの,二次エンドポイントの総死亡と総入院でロサルタンのほうが有意に優れている
という結果が出た。

当時AII受容体拮抗薬はたいへん期待されており,従来のACE阻害薬よりも優れているという理論の
裏づけがとれたということで,基礎研究者を中心に評価する声が相次いだのである。
そしてその後,心不全でもっとも重要とされる生存率を一次エンドポイントにして追跡期間を倍に延長し,
症例数も4倍にしてELITE-II試験が実施された。しかしながらその結果は,死亡および突然死に関して
差がないというものであった。この一連の試験は,症例数は十分でなくてはならないこと,試験の仮説
および一次エンドポイントが何であるかを見極めることが非常に重要であることを教えてくれた。

急性心筋梗塞後の心不全高リスク例でロサルタンとカプトプリルを比較したOPTIMAAL試験では,
カプトプリルのほうが一次エンドポイントである全死亡率が低かったが有意差はなかった。

また,有意差はないもののカプトプリルのほうが突然死も少ないという結果であった。心不全に限って
いえば,AII受容体拮抗薬はACE阻害薬を上回るものではないことがしだいに明らかになってきた。



280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:23:55
>>273
お前‥‥もしかして売れないMR?
ACEとARBの作用する場所の違い分かってる?
ACEは血液RASでARBは組織RAS
半減期だけで持続性が決まらないのは理解できています?

ウチでその宣伝なら絶対に使わない


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:36:55
VALUE(Valsartan Antihypertensive Long-term Use Evaluation)試験

一次エンドポイント:心死亡または心イベント初発までの時間。

心臓突然死,致死的心筋梗塞(MI),PTCAあるいはCABG施行中あるいは
施行後の死亡,心不全死,剖検時に確認できた最近発症のMIによる死亡,
入院を要する心不全,非致死的MI,MI予防の緊急手技。

二次エンドポイント:心筋梗塞,心不全,脳卒中など。

降圧効果は,全観察期間(平均4.2年)を通じてアムロジピン群で有意に大きく,
とくに両群の差は治療開始後早期に著明であった(バルサルタン群との血圧差:
1ヵ月後4.0/2.1mmHg,1年後1.5/1.3mmHg)。

一次エンドポイントの発生は,バルサルタン群810例,アムロジピン群789例で
両群間に有意差は認められなかった(p=0.49)。

二次エンドポイントでは,心筋梗塞はバルサルタン群で有意に多かった(p=0.02)。
心不全はバルサルタン群で,脳卒中はアムロジピン群で発症率が低い傾向にあった。
観察項目であった新規糖尿病発症はバルサルタン群で有意に少なかった(p<0.0001)。

この試験の患者背景として驚く点は,糖尿病患者が30%以上含まれていた
こと。また,冠動脈疾患既往患者が45〜46%含まれていたということは,
ほとんどが冠動脈疾患患者といえ,狭心症や動脈硬化の進んだ患者といえる。
このような患者に接した場合,われわれが最も注意することは,なによりも
心筋梗塞を発症させないという点であり,新規糖尿病発症はそれよりも
後の段階での問題といえる。

観察項目ってエンドポイントでもないから本当はいらないよね!




282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:57:14
バルサルタンが高血圧患者の心房細動の一次予防に有用
VALUE試験のサブ解析より

サブ解析ばっかりだね。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:32:26
今日のまとめ

CASEーJ、VALUEはサブ解析
ブロプレス、ディオバンは疑って使え!

ミカルディス、オルメテックは信用に足るエビデンスがない!
今のところは使う理由が全くない



結論:ノルバスク最強!

これだからARB厨は‥‥

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:17:49
>>280        おでもばかだがだおじえて。一番良いARBは組織RASを抑制できなきゃいけないから、一番組織移行性が高い薬剤ってこと?

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 05:04:12
どれも一緒だよ。
何使ったって一緒。
売る気があるかどうかだけだ。





286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 07:46:03
>>281
組織ATレセプターからの薬物乖離半減期が長ければいいってこと?
ミカルディスが一番長いかと?

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 08:39:12
半減期の長いテルミサルタンが理論的には、一番いいかもね。
でも、エビデンスがない。 エビデンスが出るころには、ロサルタン
のぞろ品が出るので、欧米では売れないでしょうね。
後発組の悲哀だね。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 13:34:17
takedaさん、教えて
case-jで糖尿病新規発症が前もってその他のエンドポイントに追加された・・・と書いてあるけど
コクランやべスエビ、トライアルデータベース等どこを探しても追加の記載が無い。
いつ追加されたの?

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 13:39:01
もう一つ教えて
主要評価項目が同等でもトレンドは見たい。その他項目はむしろどうでも良い。
脳・心・腎などそれぞれの主要評価項目のカプランマイヤーは何故紹介しないの?
担当MRさんからは全然回答ないし・・・

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 16:22:08
>>289

すみません
有為差どころかトレンドでもポジティブな結果が出ませんでした ><
無理矢理解釈したのがBMIです
でも天下の▲のエビデンスですから使ってくれますよね、センセ(はあと)


291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 20:45:21
>>289
武田がやった試験じゃないんだよ
データは京大がもってる
つーか必死だな

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 21:29:05
いや正確には京都大学EBMセンターが実施。
でもセンターに武田は全額資金提供している。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 21:31:56
case-jは1例登録すると5万円
5年で25万円
管理用にパソコンもらったり施設もアリ



294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 22:10:22
飲ませ食わせするより安上がり?

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 22:18:46
んで、ミカルディスって何が取り柄なの?

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 23:06:49
慈恵ハートって開発費いくら掛かってるの?

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 00:00:56
>>291
▲がやった試験でなく詳細不明なのに、何でブロプレスとノルバスクの降圧効果は同じと言えるんでしょうか?

ノルバスクの方がブロプレスより降圧効果は有為に高ようにも見えるのですが‥‥有為差検定はしてるのでしょうか?
NSの文字が見当たりません

▲必死過ぎ ><

どう見てもノルバスクの勝です
本当にありがとうございました


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 01:17:58
アム○ジンでもいいやんか!
勝ち負けばかり言うなや〜。決めるのはおいしゃさま。でもφは自ら仕掛けないね!漁夫の利
狙いで、狡いね!結果をみて文句ばかり言うな。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 07:41:48
勝ち負けばかりを言うのは▲さんです ><

『CASE‐Jは▲にとってネガティブな試験』なんだからプロモーションしなければいいのに

それを後付けサブ解析で無理矢理に有為差見つけて差別化するから反撃食らうんじゃん



300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 07:44:50
>>293
うそを書くな
それは訴えられるぞ

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 07:47:42
ノルバスク対ブロプレス
こんな危険な試験をやる意味って△にあったのか?
併用でいいねっていう世の中で




302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 16:36:21
>>300
嘘じゃないよ。参加医師に直接聞いた話だよ。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 18:30:14
>>293
1例5万は相場っしょ、PC贈呈はともかく

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 16:57:21
>>302
1例5万の調査料はいい、PC贈呈のほうだよ
直接聞いたんだよな?
その医師に

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 19:37:35
何ムキになってるんだ?
どうせ貸与って形を取ってんだろ?
スタディが終わったなら返却が筋なんだろうが、忙しいとかサブ解析の為のデータ保存とか色々と言い訳は用意しているだろう
まっ、CASEーJ自体は「いきなりサブ解析」なんだけどなwww


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 22:48:41
EBMセンターがPC贈呈すると何かまずいことでもあるの?
5年使えば原価償却期間も過ぎてそうだし

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 23:07:16
そのEBMセンターに△から金が流れてなければ道義的には全く問題ないよ


308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 01:09:46
>>296
奨学寄付や講演謝礼、技術指導料、監修料、原稿料など
かなり広範囲に突っ込んだとしたら恐ろしい額が動いたのでは?
一番美味しい思いをしたのは誰?

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 19:25:33
>>308
望月さんじゃね?
でも落ち目のディオ様でやったのが失敗だったか…

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 17:45:26
ARBなんてどれ使っても一緒だよ。 各社から便宜受けておいしい思いすれば
いいのさ。 これはこのエビデンスがあるからとか適当に理由つけている
内にARBみんな採用しちゃった。 満遍なく使って満遍なくカモル。 これが
俺のやり方。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:36:00
>>310
天才現る

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 18:27:35
ミカルディスのエビデンスって何がありますか?

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 19:21:34
いろんなお店にご招待できます。 
これが明日照らすのエビデンス。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 19:29:40
半減期 これが美香様唯一の海老

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 22:23:24
2006年10月27日
降圧剤ニューロタンRの国内大規模観察研究「J-HEALTH」
第21回 国際高血圧学会で最終解析結果発表

10月15日から19日まで福岡で開催された第21回 国際高血圧学会で、万有製薬株式会社
(本社:東京、社長:平手 晴彦)の降圧剤ニューロタンRを用いた国内大規模観察研究
「J-HEALTH(Japan Hypertension Evaluation with AIIA Losartan Therapy) 」の最終解析
結果が発表され、Late-Breaking and Clinical Up-dateでも大きく取り上げられました。
3万例を超える日本人高血圧患者を平均3年にわたり観察した結果、ニューロタンR長期投与
の安全性、良好な血圧コントロール、尿酸低下効果などが確認されました。また、家庭血圧
と随時血圧の関連性についても検討されました。

http://www.banyu.co.jp/content/corporate/newsroom/2006/products_1027.html



316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 22:34:40
VALIANT(Valsartan In Acute MyocArdial INfarction Trial)

●目 的
心筋梗塞(MI)後の管理では、心不全発症の予防が重要である。心筋梗塞後患者の
予後改善効果を検討したこれまでの大規模臨床試験によって、カプトプリルなどの
ACE阻害薬の有効性が確立してきた。しかし、アンジオテンシンII受容体ブロッカー
(ARB)の心筋梗塞後患者に対する予後改善効果、さらにはACE阻害薬とARBの
併用効果については十分な検討がない。 そこで、VALIANT(Valsartan In Acute
MyocArdial INfarction Trial )では、MI後のハイリスク患者を対象に、ARBとACE
阻害薬の単独投与、併用投与を行い、MIの予後改善効果を検討することを目的
として設計された。

http://www.valiant.jp/result.html

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 23:19:44
ミカルディスって何か有用性が証明されたデータあるんですか?

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 18:01:28
ミカルディスRの長期投与試験、糖尿病性腎症の進展抑制に新たな知見を示す
- DETAIL試験の結果が医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に掲載 -
2004年11月1日  英国/ロンドン

このほど、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(通称:サルタン)であるミカルディスRについて
実施された、高血圧を合併した2型糖尿病性腎症の進展抑制に関する重要な長期投与試験
の結果が、医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(NEJM)」に掲載されました。
ミカルディスRはサルタンとして初めて、5年以上の長期にわたり糸球体濾過量(GFR)の低下を
抑制し、糖尿病性腎症患者における長期腎保護作用を示しました。

http://www.boehringer-ingelheim.co.jp/news/p-release/04_1108.html




319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 20:42:18
慶大・猿田名誉教授 CASE-J試験、降圧剤選択の新エビデンス

慶応義塾大学の猿田享男名誉教授は10月23日に都内で講演し、福岡の国際高血
圧学会で発表されたARBブロプレス(カンデサルタン)の大規模臨床試験「CAS
E-J」の結果を受け、「肥満や糖尿病、腎疾患などの患者背景を考慮して降圧
剤を選択することで、患者の予後をより改善する可能性が明らかになった」と
ブロプレスを評価した。今後の治療薬の選択に関して「これまでアムロジピン
を長期間使用していた患者で、血圧が高いだけなら継続して使用していいので
はないか。ただし、臓器保護や年齢を考慮するなら、少量ずつARBとの併用を
薦めるし、効果的だと思う」との見方を示した。

同試験はハイリスク高血圧症患者で心血管系イベントの発症、死亡の抑制効果
などをARBとカルシウム拮抗剤で比較(ブロプレスとアムロジピンのHead-to-H
ead試験)した。講演は武田薬品工業が開いたセミナーで行われた。

猿田氏は、ブロプレスがアムロジピンと比較して、BMI(ボディマス指数)高
値例で全死亡や、糖尿病新規発症を半減させたこと、70歳以上の腎イベントの
発生を抑制した点を強調。「有意差は出なかったが、カンデサルタンは時間を
追うごとに心血管イベントの抑制効果が認められた。この成績を持って、医療
現場の先生方は自信を持って治療をしていただきたい」と語った。

さらに「2000年に高血圧ガイドラインを作成した時はエビデンスがなかった」
と述べ、今回の試験結果を踏まえ日本高血圧学会として早期にGLを改定したい
意向を示した。


320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 22:06:51
まあいろいろ批判はあるけどARBくらいケチケチせんとちょっと入れとけってか


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:52:04
いい薬が売れるとはかぎらんね。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 19:29:42
オルメが売れる理由がわからん、接待が得意なメーカーだから
売れるのか、まさか効果がいいなんてARBで差が出るとは思えない。
不思議だな。


323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 22:03:59
>>322
結構下がるんじゃね?
印象だけかも知れんが
ブロプレスかオルメテックがいいって聞くね

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 18:44:02
オルメはすぐ下がるからつかう
ディオは安いから
ニューロは一応糖尿病性腎症の適応あるから
後の2剤は変わらない
ブロはMRが嫌いだから使わない

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 23:28:28
やってもやってもエビデンスが出ないARBに高い薬価が付いたままなのはどうなの?
総薬剤費の5%以上ARBなんじゃない?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 00:12:53
>>325
まあまあ程度のエビは出てるんじゃないの?
ACEを超えてないからだめってことか?
あんまり硬いこと言わずに適度に使えよ

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 00:28:27
>>326
むしろCa拮抗薬さえ超えられない現実
ノルバスク/アムロジン並の薬価でいいよ

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 00:39:51
>>325
エビデンスは10年後に出ます。冗談じゃなくて臓器保護作用だからw

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 14:16:08
オルメは切れがよい印象。オルメとブロがベース。ニューロはMRの熱心さで置いてるのみ。不足分には利尿剤ちょいとかまして様子みて あとはCABで調節。CABはノルバかアテレクもしくは合併症や腎機能の具合でランデル。基本はこれでいいか?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 14:47:42
いいわけないだろwww
どんな藪だよ

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 01:20:52
いまだニューロとかディオを一生懸命使う意味がわからない。
みじかいし弱いし・・・・今はブロ、ミカメイン。
これが普通じゃない?

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 01:40:59
併用すりゃいいじゃん
単独じゃあ限界あるっしょ
高いとかお前が金払うわけじゃないから気にスンナ


333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 11:09:36
>>332
確かにそうかもな
併用しとくと何かといいことあるかも


334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 11:27:46
ノバの評価はディオバンのみ

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 15:31:44
併用といえば合剤のプロミネントの評価はどうなの?
一般販売来月だけどもう使ってるって人いないの?
利尿剤じゃ糖尿病患者に使えないから、市場は半分になるわけだけど利用価値あるの?
ニューロタン採用先から切り替えとしてもかなり小さいと思うんだけど。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 16:23:10
プロミネントじゃなくてプレミネント。
添付文書の用法・用量の欄には「本剤は高血圧治療の第一選択薬として用いない」
とはっきり記載されている。
新患に1stで使うと間違いなく保険査定くらうから、2nd以降の薬。
大体ロサルタン自体降圧効果が低いんだから、最初から他のARB使うのが道理。
本邦初の合剤という意義だけ。売れやせんって。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 16:42:31
ニューロタンより高いだろうから190円台ぐらい?
それならブロプレスやディオバンやミカルディスに利尿剤乗せた方が安くてよく効くと思う
ディオバンならノルバスク5mgと併用しても190円台
プリミネントのメリットが見えない
せいぜい一錠で飲める手軽さ、コンプライアンスぐらいか

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 19:19:42
しかし、いつも先陣きるね目流区さん!後発に経費使わせて、自社は経費使わず市場の伸びに引っ張られて売上げ増!
こんな戦略もありやね!かしこい!社員の給料低く出来て、これぞ米国型経営!

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 14:57:40
うっせえハゲ

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 17:12:26
ハゲは薬のんで治るの?

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 17:59:30
>>336          あんたのとこの保険審査は患者が初診かどうかまでみてるんだぁ。厳しいねぇ。にゅーろはどれくらい糖尿病性腎症できられてるんだろ?きられたことないなぁ

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 18:43:03
>患者が初診かどうかまでみてるんだぁ
ちょお〜、一目瞭然でしょ?糖尿病性腎症はHbA1cとCcr(Scr)の値があれOK

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 07:41:47
ACE阻害薬は動脈硬化患者にも有益
アテローム血栓症動脈硬化症患者の心血管イベントや総死亡を減らす

アンジオテンシン転換酵素(ACE)阻害薬の投与が、心不全や左室収縮機能不全(LVSD)など、重症の
心血管疾患患者の有病率と死亡率を低減することは既に確かめられているが、新たに、アテローム性
動脈硬化症患者に対しても、総死亡や心血管イベントを減らすことが、3件の無作為割付試験の系統的
レビューで確かめられた。カナダLaval大学のGilles R Dagenais氏らの研究成果で、詳細はLancet誌に
報告された。

研究の対象としたのは、HOPE(Heart Outcomes Prevention Evaluation)、EUROPA(European trial on
Reduction Of cardiac events with Perindopril among patients with stable coronary Artery disease)、
PEACE(Prevention of Events with ACE inhibition)という3件の大規模な臨床試験。いずれも、アテ
ローム性動脈硬化は見られるが、心不全やLVSDの既往がない安定した状態の患者に、ACE阻害薬
または偽薬を投与して、総死亡と心血管アウトカムを追跡したもの。それぞれの試験で用いられたACE
阻害薬は、ラミプリル、ペリンドプリルと、トランドラプリル。被験者の総計は2万9805人。ACE阻害薬
(1万4913人)または偽薬(1万4892人)に無作為に割り付け、平均約4.5年間追跡した。

著者らは、これら中等度リスク患者を対象とする分析結果を、ハイリスク患者(心不全またはLVSDの
患者)を対象とした5件の大規模試験(SAVE、AIRE、TRACE、SOLVD-P、SOLVD-T)の結果と照らし
合わせた分析も実施した。5件の試験の追跡期間の平均は約3年間だった。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 07:43:12
HOPE、EUROPA、PEACE試験のデータを合わせると、ACE阻害薬はあらゆる原因による死亡率を有意
に減少させた(ACE阻害薬群7.8%、偽薬群8.9%、オッズ比0.86、P=0.0004)。ハイリスク患者を対象とした
5件の試験では、ACE阻害薬群の死亡率は23.0%、偽薬群は26.8%で、オッズ比0.80(P<0.0001)だった。
中等度リスク者対象の3件、ハイリスク者対象5件の試験結果を合わせると、オッズ比は0.83(P<0.0001)
となった。

非致死的心筋梗塞では、それぞれ5.3%と6.4%に発生、オッズ比は0.82(P=0.0001)、5件の試験では
6.3%と8.1%で、オッズ比0.77(P=0.0001)。合わせると0.80(0.74-0.87、P<0.0001)。

全脳卒中は2.2%と2.8%、オッズ比0.77(P=0.0004)、5件の試験では有意差は見られなかった
(3.7%と3.9%、0.96、P=0.6297)。合わせるとオッズ比0.84で有意となった(P=0.0022)。

心不全による入院は2.1%と2.7%、オッズ比0.77(P=0.0007)。5件の試験では0.66(P<0.0001)。
合わせると0.70(P<0.0001)。

冠動脈バイパス術(CABG)は6.0%と6.9%に行われ、オッズ比は0.87(P=0.0036)。5件の試験では差は
非有意(オッズ比0.89、P=0.166)。が、全体では0.88(P=0.0013)で有意差が認められた。

経皮的冠動脈インターベンション(PCI)には有意差はなかった(7.4%と7.6%、0.97、P=0.481)。
5件の試験では0.70(P=0.0253)で有意だったが、合わせると、0.95(P=0.2017)で非有意となった。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 07:44:10
心血管死亡、非致死的心筋梗塞、脳卒中からなる複合エンドポイントは、ACE阻害薬群の1599人(10.7%)、
偽薬群の1910人(12.8%)に発生、オッズ比は0.82(P<0.0001)だった。絶対リスク減少が2.1%ということは、
4.5年間の治療で1人の患者に複合エンドポイントのいずれかが発生することを予防するためには、48人に
治療を行う必要があること(1000人にACE阻害薬を投与すれば28人がこれらの発生から免れること)を意味する。

5件の臨床試験については、心血管死亡がアウトカム評価指標になっていなかったため、代わりに総死亡を
組み込んだ複合エンドポイントを評価したところ、オッズ比は0.79(P<0.0001)、絶対リスク減少は4.9%、3年間
の追跡期間に1人の患者のイベント発生を予防するためには20人に治療を行う必要があること(1000人では
50人がイベントを免れること)が示された。

得られた結果は、心不全またはLVSDではないアテローム性動脈硬化症患者においても、ACE阻害薬は
重篤な心血管イベントを減らすことを示唆した。著者らは、ACE阻害薬の利益は、アテローム性動脈硬化症
患者からハイリスク者まで幅広い患者に及ぶことから、血管疾患を抱える患者全員に対して、忍容性が続く
限り、ACE阻害薬の投与を考慮すべきだ、と述べている。

本論文の原題は「Angiotensin-converting-enzyme inhibitors in stablevascular disease without left
ventricular systolicdysfunction or heart failure」。


346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 09:22:43
他鍋必死だなw

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 16:25:12
はげ

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 23:19:19
>>346
これでタナトリルを売ろうと思ってるの?
すごいね
売れそう

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 00:15:40
海老伝酢は、仕掛けたほうが、十中八九勝ちます。


350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 08:44:35
>>348
ARBに対して
「棚トリルは咳が出るところが良いところです!」

ACEに対して
「棚トリルは咳が出ないところが良いところです!」

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 23:10:35
>>349
ディオバンはほとんど負けてるんじゃね?
しょぼいね

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 23:12:49
まぁ海老がないARBメーカーが必死なわけだがwww

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 22:28:30
目留句さん!いくら新薬でもノーガードすぎよ!たまには、飯くらい食わせないと!
ブロやっつけたいけど、いつもARB諸氏はBをやっちゃいましょう。ばかり!面白くないよ!


354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 06:32:21
>>353
俺のとこのも同じだよ
他社誹謗ばかりでウンザリ

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 20:56:09
どれ使ってもたいしてかわんねー
3種類まででいいよ


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 09:12:32
>>355
同感
4剤目以降は薬価を低く収載すればいいのにね
無駄な治験は減るし医療費節約にもなるし

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 10:27:28
>>355
日本初のARB合剤が今日発売になりました。
他のARBで効果不十分な場合は是非ご検討下さい。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 10:35:35
>>357

製品情報概要の中身えらく変わってるな
捏造データは掲載取り止めですか?
あと有為差ついてるの載せようね

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 19:46:54
桑島大先生が断言してますよ、「ARB合剤を決して最初から使用しないように」と。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 21:08:45
バソユウに接待してもらってないからだろ?

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 23:45:53
あの〜 結局のところミカルディスって何かエビデンスあるんですか?

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 03:23:15
無い。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 08:07:05
ねぇよwwwwwww

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 13:40:41
ARBは海老じゃなくて気合で売るもんだろwwwww

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 16:59:14
ARBは接待とゲンナマで売るもんだよ。 
ゲンナマってCBじゃないよ。
講師料だよ。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 17:13:36
ARBメーカーみんな金ばら撒いてるんじゃねえの?
やべえな、日本も

AP
Researcher Pleads Guilty to Taking Fees
Friday December 8, 12:10 pm ET
By Alex Dominguez, Associated Press Writer

NIH Researcher Pleads Guilty to Charge of Improperly Taking $285K in Consulting Fees

BALTIMORE (AP) -- A government researcher pleaded guilty Friday to misdemeanor conflict
of interest for taking $285,000 in consulting fees from pharmaceutical giant Pfizer Inc. for work
that improperly overlapped his official duties.

http://biz.yahoo.com/ap/061208/research_ethics.html?.v=4


367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 17:03:41
んで ミカルディスのエビデンスって何があるの?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 20:47:16
てるみ去る痰

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:44:05
伸びてるからね、大変やね。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 00:40:56
ミカルディスのエビデンスって何がありますか?

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 00:54:17
半減期。あとはクラスエフェクト

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 01:01:56
激しい接待

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 20:35:11
PPARγ活性化。。。

高血圧の臨床に影響あるの?え?アステラ巣さんよ!

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 02:08:43
ARBの海老なんざ全部クラスエフェクトだろ?
いつまでんなもんに騙されてニューロやらディオやらブロ使いまくってんだよ。
気に入ったMRのつかえば、それでなんも問題なしだ。
俺は明日照らすが好きだからミカなだけ。もし担当交代になったら、その次に好きなのやつのを使えばいいだけ。
みんな本気で海老でえらんでんのか?

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 02:31:27

と海老の全くないあステらす製薬MRの>>374が申しております


376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 02:36:07

と、売るもんがなくて無理やり蝦作りあげるノバMRの>>375が申しております

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 10:31:10
>>376
安価も使えんのか‥‥
そりゃ海老出せんわ


378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 12:26:18
ディオバンは値段の安さしか取り柄がない
ブロプレスもディオバンと似たようなもんだ

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 14:42:22
ブロプレスのエビ
武田が売っているARBですw

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 16:44:23
ミカを売ってるのはステらす製薬だけじゃないのに・・・なんか寂しい

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 20:12:03
MR力だぜ!ARB!

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 23:21:45
>>368
ビソルボンとどっちが効く?

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:50:56
んで ミカルディスのエビデンスって何があるのですか?

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 08:09:55
ステらす製薬哀れ

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 14:41:29
ノバルティスよりまし

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 18:10:22
>>383

半減期

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 18:58:09
>>383
営業力

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:48:03
領収書改ざん

98 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)