2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の正式国名を考えよう

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 13:56:59 ID:DhpK1GJi
前に石原氏がやっていたが何かいい国名考えてくれ。

http://www.sensenfukoku.net/invite/name_b.html
> 1 日本皇国 
> 2 大日本帝国 
> 3 アメリカ合衆国日本州

http://www.sensenfukoku.net/invite/name.html
> 正式な国名にはその国の政治体制などが反映されています。たとえばアメリカは
> アメリカ合衆国(United States of America)、ブラジルはブラジル連邦共和国
> (Federative Republic of Brazil )、パキスタンはパキスタン・イスラム共和国
> (Islamic Republic of Pakistan)など英文の固有名詞以外の語を含む複数単語で
> 構成された国名が存在します。
>
> しかし日本は日本国(Japan)のみで、このような国・地域は日本を含めて22しか
> 存在しません。米国務省の世界の独立国の名称を扱ったサイト(Independent States
> in the World)では、ほとんどの国がShort-form nameという一般的に使われる短い名称
> とLong-form nameというその国の政治体制などが反映された長い国名を持っています。
> しかし日本にはLong-form nameが存在しません。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 14:00:31 ID:SiW0nWpA
大日本帝国じゃアレだから日本皇国でいいんでないの。

3 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/10/01(土) 14:39:35 ID:TrjpLzWv
アメリカ合州国 連邦政府直轄 日本経済特区
アメリカ合州国 連邦政府直轄 日本軍事基地

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 14:55:50 ID:w1cFfuE8
神国日本でいいんじゃないの

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 15:00:59 ID:amoVSGLG
日本共和国が一番オーソドックスでは。
日本合衆国    日本連邦

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 15:34:03 ID:JFj2y+6U
これから道州制が導入されるのだし、おまけに世界で唯一エンペラーが現存する国だ。
だからここは日本連邦帝国というのもよかろう

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 15:37:07 ID:0ejLYlY+
北日本日本民主主義共和国&大日民国でいいべ?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 15:38:35 ID:oLSeEySN
大日本帝国>アジアの人々がビビるぢゃないかw

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 15:39:23 ID:iTGHEaV6
天照大神之日本国

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 16:17:56 ID:c1um1DcT
神国

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 16:48:22 ID:ADFoga2F
アメリカ領日本国

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 17:30:59 ID:TFfTXd24
アメリカ軍中東拠点支部

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 20:36:45 ID:2MdyLw/9
大日本宇都宮帝国

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 20:49:01 ID:NejDmlGe
日本売国ノンポリシー特殊国

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 21:38:06 ID:C1wwDj61
つうか普通に日本皇国がいいと思うな。

大日本帝国と違って、大げささも感じないし。漢字四文字で語感もいいし。

英語表記は エンペラー オブ ジャパン になるのかな?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 22:22:33 ID:3Edq4a3k
大東京帝国

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/01(土) 22:36:31 ID:jZ84uV5l
>>15
何故『皇』をもちいる

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 04:05:54 ID:r5qf4KgE
日本でいいぢゃん?
他の国の正式名称は知らないけど
チリとかパリとか日本とか、日本式で現すと2文字になって文章の文字数が減って
印刷するときにインクの量が減って経済的である

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 04:11:43 ID:r5qf4KgE
日本
日本
日本\(^o^)/
日本(笑)

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 04:16:21 ID:6kkwQBNl
今のシンプルな「日本国」がいいなぁ。。
体制よりも、国の物理的形状(日本列島ってやつ?)の方が重要だし。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 05:09:28 ID:dYHb3dHY
日本脳内西側先進文明国

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 05:16:05 ID:uosigF7E
大日本帝国でいい。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 05:30:18 ID:cSfvYWGI
倭国

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 07:21:18 ID:5h+yHqQi
不沈空母

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 07:30:06 ID:3AxWZz7a
豊田

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 08:30:38 ID:0Cbrw171
普通に日本帝国で。えんぺらーいるし

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 09:48:49 ID:436boBdb
連合王国=UK、合衆国(連合政府?)=US、アラブ首長国連邦(中国語では連合大公国らしい)=UAEみたいに、
日本連合帝国or日本帝国連邦=(UEJ)。
地方政府を作って道州制にして、沖縄は尚氏の末裔を王にして、連合帝国のもとで琉球王国再興。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 10:02:52 ID:WnweOF8W
ねずみの国

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 13:04:29 ID:0rEixE5g
連邦制は嫌だ。中央政府の強さが、古来からの日本が強国であった秘訣。
日本皇国が一番シンプルで適切でカッコイイ。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 13:12:05 ID:ZyIlujWE
アメリカ合衆国日本州に一票。
この名前が一番迫力があって強そうだな、実際その通りだし今の皇室には何の力もない。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 13:43:41 ID:dYHb3dHY
第二本低国

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 13:52:12 ID:laiknVva

 日本全国

33 :32:2005/10/02(日) 13:56:14 ID:laiknVva
うわ(涙涙涙
↑スペース入れて目立たそうとしてるような書き込みになっちゃった(涙
恥ずかしいから>>32 の書き込み忘れて。マジで(涙涙

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 13:57:19 ID:J9NeplwB
100年後には
「中華人民共和国 東海省」とかになってて、
大和民族は民族浄化されてる希ガス(((( ;゚Д゚))))

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 14:01:13 ID:ung2vpM5
日本はトソンでいいだろ

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 14:07:39 ID:IaL1Rx98
GOLDEN MONKEYS REP

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 14:19:43 ID:jugxKBU+
日本連邦共和国でいいんじゃない?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 14:31:33 ID:uP5/r1qn
「さいたま」ってのはどうだろう?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 14:55:40 ID:7XDEk0xW
別に「日本国」で十分なような。

>>29
いや、でも戦国時代とか江戸時代とかは?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 14:57:56 ID:FhYS1/Xd
イルボン

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 14:58:50 ID:4N6avpvY
「国家ってなんですか?意味わかりません」がこの国の正式名称にふさわしいと思います。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 15:31:07 ID:YCu44Aa9
なんかの本でもともと日本はジツポンて昔は発音してたんじゃな
いかってのを見た、日(ジツ)本(ホン)。だからヨーロッパとか
に名前が知れ渡った時にジパング?だったけそんな発音になったら
しい。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 16:08:24 ID:QSIZg/bl
というより、「日本」を中国語で発音すると、日は「リー、どちらかというとジーに聞こえる」、本は「ペンpen、またはベンben」に聞こえる。
だからjapan。



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 16:42:09 ID:0rEixE5g
>>39
あの時代に外国に攻められてたらやばかったな。
飛鳥時代は国がまとまってたから朝鮮半島情勢(新羅・百済・高句麗)に干渉し続けた。
平安時代は国がまとまってたから渤海は日本にも朝貢した。
鎌倉時代は国がまとまってたから元寇を防いだ。
明治時代は国がまとまってたから大国を相手に善戦し続けた。
小国は弱く、大国は強い。国家の分裂は断固阻止すべきである。


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 17:16:24 ID:28mCwZE2
1・日本帝釈天国

2・天照大神之国

先祖に感謝する事を忘れぬ為にはこの名前が相応しい。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 17:37:33 ID:jQXNIHmK
日本皇国(にほんおうこく)でいい。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 18:16:26 ID:Win+DOtm
日本皇国(にほんこうこく)じゃないとやだ。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 18:24:49 ID:jQXNIHmK
>>47
「皇国」の皇は、天皇の皇だってことはわかるよね?
皇帝の皇ではないから、「おうこく」にするのがスジだと思うが。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 18:45:43 ID:b76Utnvr
ジパング

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 18:50:49 ID:iJ28Amvw
小泉ジャパン

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 18:51:50 ID:iJ28Amvw
小泉ジャパン

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 19:19:21 ID:jQXNIHmK
「小泉ジャパン」は政権の名前であっても国名ではない。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 20:47:50 ID:8wc7hxDA
>>47のIDがWinだから
日本皇国(にほんこうこく)
でいいよ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 21:42:11 ID:ayr9XPmh
大八島国オオヤシマノクニ

大倭豊秋津島オオヤマトトヨアキヅシマ(本州)

江戸時代の文献には、日本は「大極楽国」といってよい緯度にあり云々

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 22:50:36 ID:QSIZg/bl
日本は、日の生まれるもと、本、の地方の意。フェニキア人が自分の土地から見て、西方の、日の沈む地方をEreb(エレブ、ヨーロッパの語源)、東方の日の出る地方をAsu(アス、アジアの語源)と呼んだ。それを受けて古代ギリシャでは東の地方を漠然とアジアと呼び、
はっきりと方角を意識した言葉としてはアナトリア(日の生まれる土地、いまのトルコのアジア側)。勿論呼ばれる地方は、自分の国を、日の沈む国、日の生まれる国なんて呼ばない。なぜなら、1日中真っ暗か、焦熱地獄。
 日本は中国から見ての呼称という説があるが、いずれにしろ、方角に根ざした「地方名、土地名」で国名とは云いにくい。ヨーロッパが地方名の如し。
ヤマトを、大和でなく(余計な意味がつく)かな表示として、下にしかるべき、形式名をつけては?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/02(日) 23:43:25 ID:rRwWCt6Z
大日本連邦天照大神帝国

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/03(月) 01:08:04 ID:n9gcSS+5
>>55
ヤマト(山門)はミナト(水門)に対する言葉で奈良の呼称です。
それが日本全体を表す言葉になってここまできた。
元の元を言うならやはりシキシマやヤシマ、アキツシマがよいのでは。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/03(月) 07:35:28 ID:szn9uuZR
今世紀中に消える国の名前なんて、どーでもいーですよ(w

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/03(月) 10:15:48 ID:TK+FFZgf
 
 >>57,  >>55ですけど、シキシマ、ヤシマ、アキツシマ、いずれも「島」がつき、列島japanの状態をよくあらわしています。
賛成です。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/03(月) 10:28:45 ID:yPo3ehG1
日本の芳名って扶桑だよな

倭、ヤマト、後何かある?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/03(月) 10:57:09 ID:8IPeDHyx
彩の国

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/03(月) 11:06:51 ID:RNsWXAgY
大日本皇誠国または亜米利加付属漢委奴犬國 かな

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/03(月) 11:08:05 ID:TK+FFZgf
漢字由来の命名は、「漢字固有の意味」を持つことにならないか?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/03(月) 11:15:09 ID:rD6xI8vL
大日本帝国でいいよ。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/03(月) 11:16:42 ID:TK+FFZgf
漢字を使って中国にとりこまれる?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/04(火) 01:21:34 ID:lKFyaYcb
大日本皇領


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 05:31:39 ID:Ftnw7ixP
>>48

こう‐こく〔クワウ‐〕【皇国】
大辞林でも 「こうこく」 を検索する


--------------------------------------------------------------------------------

天皇の統治する国。日本の称として用いられた。すめらみくに。


>>47ですが、皇帝ではなく天皇でも「こうこく」でいいんじゃないの?

日本皇御国(にほんすめらみくに)でもかっこいいかも。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 05:46:57 ID:XxlkcJWR
単純に「日本神国」でいいだろう

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 07:12:26 ID:H4LWOe7/
日本は神の国であるなんて言ったらまたオランダ人がデモ行進するぞ。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 08:06:34 ID:JHMK079t
首都の駅前でラリッた中毒どもがウロつく国の連中に、
ぎゃあぎゃあ騒がれる覚えはない。
インドネシア人に謝れと言われたら謝るが、オランダ人には謝らん。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 08:10:04 ID:RDvtcnFH
漢字はデジタル性に欠けるからIT時代には厳しいのではないか
PC板で議論してるらしい

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 11:22:50 ID:KajOh/UZ
>>71
ゆえに日本語を仮名書きかローマ字表記にしろとでも?

そういうことを言い出すのは大抵、愚人か変人の類ですけどね。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 12:09:43 ID:Ft3W1lu8
>>72
>>55,>>59 ですが、漢字の「皇」の字は、古代中国の支配体制の象徴である象形漢字体系で、意味はちゃんと決められていて、中国人から視れば、その体制に従属したものとして感じられると思う。
 輝いた大きな鉞の刃を下にしておいたシンボルを「王」の字の上部に、加えた状態だそうだ。この字は始皇帝(帝はみかど)、王の王の始め、として用いられたのは周知。


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 12:20:14 ID:Ft3W1lu8
>>73に追加;
 「神」の字も中国人は、自国のすばらしさを誇って「神州」と使うし、人工衛星も「神舟」でなかった?
漢字を国名に使うのは、漢字体系が完璧な支配体制と結びついて出来上がっているだけに、避けたほうがbetterと思う。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 12:29:06 ID:Ft3W1lu8
漢字「日本」も>>55で述べた理由で避けたほうがよい。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 12:53:00 ID:T6/ItzS6
日本会社主義人民共和国

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 12:58:33 ID:TIemMe0H
島人共和国

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 20:15:29 ID:6kaQE8na
敗戦国

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 21:20:32 ID:B+5MBhdj
トンボ国


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 21:49:35 ID:SmeanfnK
ポリネシア語源的には、やまとは やま・と → 大きな・太陽 だから、
日本をにほんと言おうと、ひのもとと言おうと、意味は一緒だよ。

あとね、大倭豊秋津島オオヤマトトヨアキヅシマ(本州)だけど、
アキツってのはとんぼのことらしい。つは津で、津波の津。
字義から察すると、古代日本の秋は、とんぼが津波のように飛んでたみたいだね。

稲穂輝く夕暮れに、赤とんぼの大群が飛び回る。なんと美しい光景か・・・ちょっと赤すぎるがw

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 21:52:22 ID:Ft3W1lu8
>>76-79 しっかりしてくれ、シキシマ、ヤシマ、アキツシマなどあるやんか!

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/05(水) 23:42:27 ID:Vb6eXTPs
もなー帝国

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/06(木) 06:03:57 ID:PV+mxmtM
りっぽん

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/06(木) 08:42:13 ID:tkAS3Wk2
おさわりパブ日本

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/06(木) 15:29:42 ID:LRLrR4Gq
>>76
それを言うなら、場所・主義・誰が主体か・政体として、

 日本会社主義老人既得権者皇国

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/09(日) 19:38:28 ID:T9jMoc9d
政体問題について
 日本版神話主義的ネオコンを解体するために
http://www.bekkoame.ne.jp/tw/hibana/h287_1.html

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/09(日) 19:41:50 ID:T9jMoc9d
立憲君主制(立憲君主国 から転送)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

立憲君主制(りっけんくんしゅせい)とは、世襲あるいは選挙制の君主を元首とする
君主制をとるが、君主がもつ権力が憲法によって制限されている政体をいう。⇔絶対君主制

イギリスが代表的な例である。日本の政体も立憲君主制の一例とされることがある。
政府見解(昭和48年6月28日参議院内閣委員会、政府委員吉國一郎内閣法制局長官答弁)では
日本を「立憲君主制と言っても差し支えないであろう」としている。ヨーロッパにおいては、主に英国を中心とした北欧が多い。

一方、日本国憲法上、天皇は国政に関する権能を全く有さず、したがって、君主の権力が憲法に制限されている
という状態にはなく、憲法は全くの共和制を採用しているとする憲法学説も存在する。
そもそもがこのタイプに該当する国が日本とスウェーデンしかなく、類型化するには国の数が少なすぎるのである。

南欧では、1975年に立憲君主制に戻ったスペインを除いて、イタリア、バルカンなどファシスト政権を歓迎した為、
第二次世界大戦後、次々に追放され共和制となっている。


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/11(火) 09:54:19 ID:i9mDReH+
漢字ってのはアルファベットと同じだよ。
誰もアルファベットを見てギリシャの思想云々なんて言わない。
支那文学が中国文学と言い換えられたように、現在の政治上の理由でしかない。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/13(木) 16:42:45 ID:82N9konp
>>88
象形文字(たとえば漢字)と表音文字(たとえばアルファベット)の違いを勉強すること。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/13(木) 17:02:40 ID:82N9konp

 因みに、象形文字は表意文字でもある。
 
表意文字の漢字は、1字1語(1意味)を原則としているので、また表語文字とも呼ばれる。

ここで問題にしているのは、漢字の一字一字の意味の差異を与える象形的network(漢字はその各nodeに位置する)が、支配体制化されているということ。

なお、文字の歴史から云えば、表音文字が、その融通性ゆえより上位にあるといわれる。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/13(木) 17:08:15 ID:82N9konp
なお、中国では、その意味で、漢字の表音化を簡易化によって試みているように見える。
日本語の漢字併用システムはどうするのかな?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/13(木) 17:37:12 ID:E6Y8BMmX
日本は日本国で良いんだよ(笑)
ただJapanじゃなくてState of Nihonてちゃんと日本語に敬意を払った表記にすべき
Japanは通り名で、正式名称はNihon。これが筋ってもんだろ?


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/13(木) 19:27:43 ID:82N9konp
 
 国名のような重要な名前は、できたら、なにか古来からの根拠のある名前(「日本」は中国による呼称という学説、極最近どこかで見た、探してるけど見つからない)

にしたいと思うものだから。

漢字の共有に抵抗(>>55,>>73)がなければ、それはそれでよいとは思うけど。



94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/13(木) 19:56:37 ID:5cTqRXm8
>>92
NihonじゃなくてNipponが正式名称だろ

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/13(木) 20:01:57 ID:gjQjOIom
Japanじゃねーのかよ!

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/13(木) 20:46:55 ID:TjPB6lY0
大日本皇国

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/13(木) 20:52:53 ID:pwcYawNc
>>24
不沈イージス

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/13(木) 21:14:21 ID:vkJp2gtl
天臭帝国

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/13(木) 23:52:29 ID:95Ieqmq4
そもそも「日本」ってのは王朝の名前だからね。
「アケメネス朝ペルシア」の「アケメネス」に相当する。
したがって、
日本朝大八島国
だとか何とかがよいのだ。。。。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 00:02:38 ID:WTP76+RV
地名は秋津島。
国名は日本。
王朝は大和朝。
民族は倭人。

101 :おにぎり:2005/10/14(金) 00:06:08 ID:ly+aHJsT
九州わんわん王国

102 :おにぎり:2005/10/14(金) 00:06:55 ID:ly+aHJsT
邪馬台国でもいい

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 00:21:00 ID:XzuJ32/j


中華民主主義人民共和国
倭国省

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 00:34:38 ID:t9wa8hVT
>>103
シナの名称も変えたいの?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 00:47:50 ID:Q8viWShV
挑戦的貧民主義極貧共和国=北朝鮮

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 00:50:25 ID:4nv8XE5l
>>105
いやぁ、案外、シャブのうりあげやらなんやらで、全国民がウハウハなのかもしれんぞ。
貧乏そうにしてるのは、ただの演技だったりしてさ・・・

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 00:53:10 ID:Q8viWShV
そうだな!$の造幣局も有るらしいし

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 00:55:18 ID:ac1GdTt0
黄金の国ジパング

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 01:04:18 ID:kOsWvxk/
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ニポーン

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 01:21:12 ID:TIaGhiRN
日本ソープ天国

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 02:49:58 ID:FLr0oKne
エキゾチック ジャパーン

112 :D:2005/10/14(金) 03:10:48 ID:5wSnOdtj
王朝名としては、カムヤマト朝と呼ぶらしい。
小学生時代に何かの本で見かけて覚えていた名称だから信憑性は保障できんが。

国名としては現存する唯一の帝国なのだから大日本帝国でよかろう。
英語表記はThe Empireで通用させるようにしよう。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 04:34:22 ID:dajcjf5F
大日本帝国諸島

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 11:34:04 ID:jGlIZTLV
>>15
これって
「インペリアル・オブ・ジャパン」
じゃないの?

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 12:04:32 ID:m2gUfcJq
大英帝国が「The British Empire」、ローマ帝国が「The Roman Empire」なんだから
日本皇国は「The Japanese Empire」だろ。


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 12:21:26 ID:1h16+9Rf
チャンコロ曰く、小国日本

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 22:03:04 ID:x8Xfo237
小日本帝国

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 22:12:28 ID:sQgpgZ2l
ジパング

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 22:13:57 ID:tiOaDx1T
大米帝国属日本

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 22:52:51 ID:GisWpScC
JAPANって漆器でしょ?
CHINAって陶器でしょ?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/14(金) 22:54:16 ID:0ACSOzWF
ジャペーン・ザ・プラチナ梅干しワールド

122 :Ecc:2005/10/14(金) 22:58:49 ID:/YV8P6lC
ニホン、ジャポン(ジャポネ)すべて中国の地方による発音の違い。
日はニチと、元日のジツ。本はホンとポン。
秦を支那、チャイナと同じ。
私としては、大和がいい。
たたなづくあおがき、やまとし、麗し。


123 :イタリア研究会:2005/10/14(金) 23:00:09 ID:x+zKNaXX
日本は共和国じゃない。
だから、日本民国、日本共和国 はおかしい。

結局、日本皇国 しかないってのが俺の考え。でも、英訳がEMPIREなので、
あまりに聞こえが悪い

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/15(土) 00:08:45 ID:TsnUiPFr
東方日不落帝国!! どう?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/15(土) 01:07:57 ID:hNByM1c7
大日本資本主義帝国

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/15(土) 10:33:26 ID:TpedHcep
EMPIREの聞こえが悪いと感じる奴の方がおかしい。
日本が国際儀礼上KINGDOMよりも格式が上の君主国であるEMPIREだったら何が悪い?
ちなみに現時点でEMPIREの格式を認められている国家は日本だけであり、他の国は全て日本よりも格下扱いだ。
それが不満なのかね?

127 :イタリア研究会:2005/10/15(土) 14:26:07 ID:FRp5eRb9
EMPIREだと、皇国ではなく、「帝国」って思われるっしょ?
天皇には、「帝」という字は使われてないし、大日本帝国の復活ではなく、あくまでも
「皇国」なのだ、って主張した方が、世界の理解を得やすいのではないかな?

自分は日本の独立以上に、天皇制を護持することが重要と考えるぐらいの天皇制支持派
だけど、「皇国」と「帝国」では、聞く人の心象が全く違うと思うよ。

皇国に当てはまる英単語がないのが痛いとこ。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/15(土) 14:41:19 ID:Bmk7VbmR
エイジオブエンパイア

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/15(土) 14:48:32 ID:cM/tFxQl
日本国民国

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/15(土) 16:23:30 ID:057ndTXl
日本はイデオロギーやシステムに寄らず自然のままに成立する、世界でも稀な国家。それはNationというよりもFamilyに近い。
Familyを表すのは姓であるが、それが「日本」であるに過ぎない。
従って、正式名称など不要。「日本国」が最も今の日本の国体を現している。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/15(土) 17:30:55 ID:hHRcvc8e
東アジアお財布自治区

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/15(土) 17:49:45 ID:TXi0aS2U
>>127
「帝国」もそんなに悪い響きじゃないと思うけどな。
アホな左派が帝国主義と連想するからだと思うが、
そんなアホ左翼に配慮する必要もないと思うが。

皇国の英訳は、CELESTIAL EMPIRE が適当ではなかろうか?

>>130
それもそうだが、君主の称号から帝国や皇国にするのも自然でしょ?
帝国皇国王国って、イデオロギーとは関係ないのでは。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/15(土) 19:17:52 ID:ZRRw3fUv
>>132
「帝国」に悪い印象持ってる人がいるのは、
左翼も少しは関係あるけど、一番の理由は
昔は「覇権主義」を「帝国主義」と呼んでたからだろうな。
外国のことなんか気にせず勝手に名乗るのが一番いいと思うけど。

ちなみに、CELESTIAL EMPIRE だと中華帝国の意味になるらしい。



134 :イタリア研究会:2005/10/16(日) 12:41:35 ID:VhMOmBDI
皇国と帝国ではやはり違う。
天皇と皇帝が違うように。

帝国っていうと、中華やら、ナポレオン下のフランスとか、あまりいいイメージがない。
帝国主義もそうだが。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/16(日) 13:21:42 ID:Z/C7x+yM
肉便国

米国極東委任統治国

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/16(日) 13:36:06 ID:PRmWjoUW
鬼畜侵略国家

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/16(日) 18:29:56 ID:ZUZkYDnq
皇国なのか、帝国なのか、共和国なのか、分るはずなど無い。
大東亜共栄圏の考えなら、「日本連邦」がいいのかもしれない。
そもそも日本にそういう分類を当てはめるのがとても難しいというのに以下の例を挙げてみよう。

鄭成功が、日本に援助を求めたことがある。
「日本国王、上将軍、長崎王」の3者に対して貢物を贈った。
徳川幕府は悩んだ。日本国王とは誰のことかと。
上将軍の衣のほうが日本国王より立派なのは何故か。
もしも日本国王が徳川様のことなら、上将軍とは老中のことなのか。
分らなくなったので、鄭成功にお返事書いた。

「日本国王って誰ですか?ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ」

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/16(日) 19:33:17 ID:UeYFn0KQ
今時は「共和国」や「連邦」の方がよっぽど聞こえが悪い訳だが。
伝統と気品が伴う帝国よりも安っぽくて雑魚臭い。

139 :蔵信芳樹:2005/10/16(日) 20:59:55 ID:/Xk9nA7k
天皇を皇帝・王と見るならば、日本帝国・日本王国が正しい。
立憲君主国でもそうだ。イギリスはちゃんと王国と名乗っている。
帝国は絶対王政を連想させるが、そうではないだろう。
天皇を神道の最高司祭・教皇(法王)と見るならば、日本皇国が正しい。
私は日本皇国を支持する。
それが戦略的右翼の結論だ。
http://ameblo.jp/kuranobu/


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/16(日) 22:14:55 ID:n9jEKrBI
王国は絶対ダメ
emperorの価値を下げるようなことは許すべからず
もちろん共和国など論外

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/16(日) 23:21:49 ID:Rw8oazRc
日本国でいいよ   英語表記はNipponで 

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 00:16:56 ID:LxQjvX/4
皇国というのは分類の一例に過ぎない帝国とは異なり、日本を殊更特別視する文学的表現みたいなもんだ。
正式名称で皇国なんていうのは痛い。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 00:26:07 ID:4IJ1DYCp
無冠の帝王でいいじゃん。
宗教にもイデオロギーにも政体にも依存しない、単純な固有名詞を
そのまま名乗って「日本」が一番かっこいいと思うが。
そもそも合衆国でも共和国でも連邦でも帝国でも王国でもないしね。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 00:37:19 ID:LxQjvX/4
れっきとした帝国なのだが。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 00:46:58 ID:znNXL5B/
君主国の君主は、国際儀礼上の慣習で格付けされている。
その最上位が皇帝(エンペラー)で、現在は日本の天皇だけが認められている。
19世紀ごろには皇帝がゴロゴロ居たが、21世紀現在では日本以外の皇帝は全滅した。
皇帝を君主とする国が帝国であり、皇帝よりも格下の国王(キング)などの君主国とは区別される。
例えばイギリスはインド皇帝を継承していた時期には国際儀礼上で皇帝として扱われていたが、
インドが独立して一介のイギリス王に戻った現在は国王として扱われている。
このように、帝国を失った君主がその後も皇帝と呼ばれる事は無い。
天皇は、彼の帝国を失ってはいないと考えられているので、現在も皇帝と呼ばれているのだ。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 01:02:24 ID:dcRSu2Wl
ふ〜ん…なんか天皇ってかっこいいな、響きが。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 01:22:06 ID:1nA+gp+p
神聖もてもて帝国

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 02:23:47 ID:znNXL5B/
現在の国際情勢から見ると、今後は皇帝の格式を認められる君主が増える見込みが皆無に近い。
天皇家が皇帝でなくなれば、おそらくその後皇帝も帝国も出現しなくなるだろう。
日本は最後の帝国として、その伝統を後世に伝えなくてはなるまい。
国際儀礼では帝国が最上位の国家として他の君主国や共和国よりも格上として扱われているが、
一度止めてしまったら二度と取り戻せない地位だからね。
日本人は帝国臣民である事をもっと誇りに思うべき。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 02:42:00 ID:FpXvlUWN
観光業界で働いている人なら感じてると思うけど、外人観光客ってやたら皇居あたりに行きたがるよね。
日本人の感覚ではデカいお堀と石垣くらいしか見えないから何が楽しいのかピンと来ないんだけど、
外人さんに言わせると、あの中に今や世界でただ一人になった皇帝が居るという事実がファンタスティックなんだそうな。
日本人が思っている以上に、皇帝の地位は諸外国から意識されているよ。
反日国家が日王とか言いたがるのも劣等感の現われでしょうね。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 03:02:04 ID:FpXvlUWN
あと、帝国という名称に悪印象を抱く人が多いのはいくつかの要因が指摘されているようですが、
ハリウッド映画などで悪役の国家が登場する際に帝国として描かれている場合が多いからでもありますね。
これはアメリカの建国以来の国策で、民主主義マンセーの為に共和国=正義、君主国=悪という印象操作をしているんだそうです。
実際には共和国の方が大虐殺を始めたりして圧倒的に凶悪なんですけどね。
アメリカだって先住民2000万人を殺戮しただけでは飽き足らず、日本の民間人を何十万人も焼き殺してますし邪悪にも程があるw


151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 03:34:30 ID:v9mIMi02
第一位 中華人民共和国(共和国)6000万人の自国民、その他多数の他国民。
・・・20世紀後半になっても人肉市場が実在した食人族。

第二位 アメリカ合衆国(共和国)2000万人の先住民、その他多数の他国民。
・・・一握りの資本家が貧困層を侵略の尖兵にして経済侵略戦争の真っ最中。

第三位 ソビエト社会主義共和国連邦(共和国)2000万人の自国民、その他多数の他国民。
・・・人の命を何とも思わない邪教国。虐殺とは言えないが戦場では2人で1丁の小銃しか配備せずに突撃を強要したりして余計な死者が続出。

第四位 ドイツ第三帝国(共和国w)600万人のユダヤ人、その他の自国民や他国民
・・・ただし、近年は虐殺犠牲者の数がソ連の捏造という疑惑が膨らんでいる。

第五位 民主カンボジア(共和国)330万人の自国民
・・・親中派の独裁者が自国民を品種改良する為に国民を虐殺し、中国からの大規模移民を奨励。

番外 朝鮮民主主義人民共和国(共和国)自国を「共和国」と自称する共和国の中の共和国。 虐殺数不明。
・・・事実上虐殺同然といえるが、独裁者の素人考えによる農業政策の失敗で数百万人の餓死。その他多数の自国民が政治犯として死亡。

君主国にこんなキチガイじみた規模の虐殺をする国は無い。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 03:55:02 ID:va/0R7iO
>>148>>150
帝権と王権の区別がついていない!
 政治学のイロハも分かってない幼稚な脳味噌。
 

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 04:01:38 ID:kQG7ejmd
政治学のイロハというのが本当かどうかは知らんけど、
君がそう思うなら帝権と王権の区別の仕方くらい解説してから罵倒したまえ。
まさかとは思うが、アカの世迷言を持ち出したりはするなよ。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 04:13:22 ID:ue6zwDqJ
帝権と王権に相違点がある事は皇帝と国王の格差の由来なんだろうけど、
国際儀礼における君主国の格付けの最上位が帝国だという事実には変わりない。
近年の例ではカンボジアが共和国から君主国に変わって王国となったけど、君主はあくまで国王扱い。
皇帝としての格式は認められていない。
それが王国と帝国の格差なんだよ。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 04:18:56 ID:ue6zwDqJ
>>152
どうした?
お前さんは政治学のイロハも解説できない程度に幼稚な脳みそなのか?
早く帝権と王権の区別について教えてくれよ。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 04:24:46 ID:XI1VzE2D
>>152 さあさあ!どうしたどうしたぁ!?

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 04:25:34 ID:72Tgq/UD
ジーコジャパン

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 04:32:50 ID:va/0R7iO
>>155
やっぱり分かっていないんだ!
 どっひぇー、

高校の教科書を読みな。幼稚園児くん

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 04:38:33 ID:ue6zwDqJ
悪いが中卒なんだ。
政治学のイロハならば解説してみせろよ。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 04:43:30 ID:ue6zwDqJ
ちなみに今、「帝権 王権」で検索してみたが、違いについての説明は見当たらないな。
同義語として扱ってる解説すら見受けられた。
本当に政治学のイロハなのか?

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 04:53:07 ID:fFp5VE/E
>>158
君は>>148>>150に対して「帝権と王権の区別がついていない」と指摘しているけど、
区別がついていると>>148>>150の意見がどう誤りだといえるのか?
そこまで説明しないと納得しようがないだろ。
まずは区別についての解説、そしてその知識に立脚してどこがどう誤りなのかをちゃんと明記しなきゃ。
今のままでは何の説明にもなってないから単なる捨て台詞に過ぎないよ。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 04:56:16 ID:va/0R7iO
政治学は統治形態を区別することから始まるのよ。

帝国と王国の違いで調べてみたら、、、

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 04:59:44 ID:fFp5VE/E
それなら帝国と王国の違いを解説しる。
何故説明を拒む?
政治学のイロハで、高校の教科書程度の知識を出し惜しむ理由が分からん。


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 05:11:55 ID:va/0R7iO
ヒント、戦前の大日本帝国と現在の日本は、統治形態がどう変わったのでしょう?

中卒なら中学校の教科書を引っ張り出し、穴の開くほど読みましょう。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 05:12:39 ID:UMb0xiy6
つまり、ID:va/0R7iOは知ったかだったってことだな

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 05:15:57 ID:xb9Py0R1
>>164
戦前も戦後のいずれも、皇帝を君主としている立憲君主制という統治形態に変わりないね。
それが何のヒントなの?
訳の分からんヒントはどうでもいいから、政治学のイロハを解説してよ。


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 05:20:35 ID:xb9Py0R1
>>165
そろそろ戦後民主主義教育で日教組から変な洗脳を受けた被害者の化けの皮が剥がれてくるんじゃないかな?

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 05:30:18 ID:Pzp3KWsn
自称中卒にまんまと釣られたバカサヨが鑑賞できるスレはここでつか?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 05:32:17 ID:xb9Py0R1
これから釣るところです。
お静かに。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 05:40:39 ID:va/0R7iO
>戦前も戦後のいずれも、皇帝を君主としている立憲君主制という統治形態に変わりないね。

こういうマヌケな認識では高校には入れなかったのも無理ないね。

「国体護持」という言葉で守られた体裁と、引き替えに取られたものの区別が付かないとは、、、

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 05:41:30 ID:xb9Py0R1
おーい、ウンとかスンとか言えよ。
政治学のイロハである帝権と王権の区別、
帝権と王権を区別する為に知っておくべき帝国と王国の違いを早く解説しる。
的外れなヒントなんか要らんから、核心を早く明かしてくれよ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 05:43:35 ID:xb9Py0R1
あ、居たか。
でも相変わらず捨て台詞だけで解説になってないな。

国体護持だか何だか知らないが、戦前も戦後も日本は皇帝を君主とする立憲君主国だよ。
その認識が違うと言いたければ、何故違うのかを具体的に説明しなよ。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 05:54:37 ID:lCy0Gi+T
>「国体護持」という言葉で守られた体裁と、引き替えに取られたものの区別が付かないとは、、、

それからさあ・・・こういう意味不明な文章はどうにかならないかね。
国体護持という言葉で守られた体裁というのは具体的に何を指し示しているの?
文脈から察するに国際儀礼の慣習で日本に認められている帝国という格式の事なのかな?
それについては現在でも健在なんだけど。

それから、「その体裁と引き替えに取られたもの」?
何を言っているのか全く伝わってないんですが。
悪文にも程がある。


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 06:11:08 ID:88QpRNcu
戦前
統治形態→立憲君主制
君主の地位→皇帝

戦後
統治形態→立憲君主制
君主の地位→皇帝

だよな。
天皇は戦前からずっと皇帝(エンペラー)なんだし。

まさか、現行憲法では天皇が君主と明記されていないから君主ではないとかいう類の寝言を言いたかったのかな?
そんな事を口走る奴というのは、9条の条文を根拠として自衛隊が軍隊ではないと思い込んでるドリーマーなのかな?

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 06:14:29 ID:va/0R7iO
>>173
お、いいぞ!いい線行ってる!

>それから、「その体裁と引き替えに取られたもの」?
>何を言っているのか全く伝わってないんですが。
>悪文にも程がある。

自分で答えを出しかけているぞ!
「引き替えに取られたもの」

天皇は敗戦によって、どんな権力を失った?
その失った力の中に答えがあるぞ!

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 06:20:19 ID:88QpRNcu
天皇に権力なんか無いんだよ。
平安時代あたりからは。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 06:24:06 ID:88QpRNcu
で、的外れな寝言はそろそろ切り上げて、早く政治学のイロハを解説しろよ。
何時間待たせる気だね?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 06:30:43 ID:88QpRNcu
統治形態も国際儀礼上の格式も日本は帝国、天皇は皇帝であり、戦前も戦後もその状態は基本的に変わっていない。
で、それに対する反論はいつまで待っても説明されずに的外れな与太話ばかりを延々と続ける。
どういうつもりかね?
お前がどんな屁理屈をひねり出そうとしても、現実に天皇は世界中からエンペラー(皇帝)と呼ばれているぞ。
世界でただ一人な。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 06:44:15 ID:88QpRNcu
もしかして憲法に権力があると書いてあったら皇帝で、特にそんな条文がなかったら皇帝じゃないという風にでも勘違いしていたのかな?
だとしたらえらく単純な奴だな。
条文と現実は一致しないもんだよ。
高校教育を鼻にかけるくらいお利口さんなら自衛隊を見て現実というものに気づけ。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 07:43:42 ID:b+p3RHez
最高権威と実権の分離こそが日本社会の特徴であり、日本の君主制が世界で最も長続きしている理由でもあるというのにな。
世界史を見渡しても、権威と権力を兼備した君主制は例外なく短命に終わる。

日本では実質的に天皇家が実権を掌握していた時期が極めて短期に留まり、
長い年月の殆どの期間は摂政、関白以下の臣下が天皇の臣下としての立場を維持しながら実権を継承した。
しかもそれは次々に実権を掌握した者が制度上の部下に実権を預けていくという傾向がある。

天皇から実権を預かった摂政、関白による政治(摂関政治)の末期には制度上の下位どころかそもそも規定外の臨時職にすぎない令外官の征夷大将軍に実権が移行し、
征夷大将軍の政治機構(いわゆる幕府)が実権を掌握すると制度上のトップである将軍から執権、あるいは老中といった部下に実権が移行して将軍は天皇同様に単なる権威を持った存在に過ぎなくなる。
諸外国では往々にして実権を掌握した者が形骸化した権威を打倒して自らが権威を兼ね備えようとするものだが、
それが君主制の伝統そのものさえ短命に終わらせる結果を招いた。

権威とは時間の経過に比例して強化され続けていく価値だが、
権力というのはそれを持つ人物の実力の衰えに伴って別な誰かに移行し続ける運命だからだ。

権威と権力を分離するという叡智を早くから得ていた日本では君主制が世界で最も長期にわたって生き永らえ、
諸外国は天皇家の王朝の長い伝統に敬意を表して君主の最高位である皇帝として認めている。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 08:10:04 ID:tcxgrcpf
東京裁判の記録映像で、被告の東條元首相が自分の発言の揚げ足を取られて
「それは天皇の命令に従ったという事ですか?」みたいな質問をされたら、
すかさず「自分の判断です」という風に前言を訂正したシーンがあったのを思い出した。
誰が見ても天皇を庇う為に自分の命を犠牲にして責任を背負おうとしているのが明らかなやり取りだった。
当時の俺は ID:va/0R7iO程度の思考力しか持たない青二才で天皇制なんか無くなれば良いと思っていたアホだったけど、
アレには泣けた。

182 :外野:2005/10/17(月) 08:16:20 ID:MIkIR+8+
このスレ見ていると50年位前力道山が殺されたのを見ていたのを思い出す。(USAkkarano,okurimono noTVde)
要するにやっらはただの自己万足はんだろうか?金の亡者なのか?
すみません、中南海の吸い過ぎかな?



183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 08:19:35 ID:tcxgrcpf
朝鮮人は空気を読めないアホが多いからな。
力道山も怒らせてはいけない相手を怒らせたりしたんだろう。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 08:31:21 ID:TGi9kiT/
アメリカに占領されて、いったん滅びた国だからな。
新生ふじやま国がいい。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 08:34:29 ID:tcxgrcpf
滅んでないよ。
アメリカの公的機関のHPでも紀元前660年建国として日本を紹介しているよ。
因みに同じHPで大韓民国は、1948年建国となっている。
分かる?


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 08:40:24 ID:YwJniGJ2
日本が帝国じゃないだの一度滅んだだのと、
次々に意味不明な事を口走って日本の権威を貶めるのに必死な連中だな。

187 :外野:2005/10/17(月) 08:40:54 ID:MIkIR+8+
ところで少林寺の人何処へ行ったのかな?もう少しやさしくなれんの?

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 09:55:01 ID:rMAnemay
紀元前660年建国って、今では日本の学者も支持しない皇国史観を全面採用ですか。
流石にアメリカは帝国に対する敬意の示し方を弁えている。
神聖なる帝国から1948年に独立を果たした某新興共和国もそういう礼節を学んで欲しい。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 11:54:45 ID:MIkIR+8+
少林寺の人へ
ずいぶん前だけど少林寺にも派閥があるの?後から来た者のいじめがあり
本人はいじめられるほうも悪いんだと言って空手に行ったぞ

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 13:14:18 ID:TyD1Sgaj
つーかさ、日本って名前いつ頃誰が決めたの?

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 13:23:34 ID:Pzp3KWsn
オレオレ

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 14:06:21 ID:rBxNisCE
昔からの呼び名「蓬莱」を・・

PC変換で書けますが、素で書けません・・


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 14:11:26 ID:o3Y/pVA/
http://www.geocities.jp/ryu_kashin/mov/nhk-1989.wmv
http://www.geocities.jp/ryu_kashin/mov/ww2.mp3
http://www.geocities.jp/pawapuro2203/hukuoka_seihouoki3.wmv
http://arch.asahi.com/special/nuclear/flash/north_korea.swf
http://beatlesx1.tripod.com/beatles_movie_page.htm
http://beatlesx1.tripod.com/Can't%20Buy%20Me%20Love.zip

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 16:12:44 ID:tAciSJCJ
昔はエチオピアにもemperorがいたのに、何で無くしちゃったんだろうな。勿体無い。
英国もアメリカでは最上級の待遇を受けてるんだから、帝国にしちゃえばいいのに。


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 16:56:55 ID:Pzp3KWsn
エチオピアではアカのバカが無造作に現人神を殺害。日本よりも古い帝室の伝統がそこでゲームオーバー。
今ではどこにでもありそうな一介の貧困共和国。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 17:10:42 ID:Pzp3KWsn
皇帝には「文明圏の代表」という性格も伴うので、
単なる英国王ごときがそのままで皇帝を自称しても黙殺されるのが国際儀礼の習わし。

因みに君主が公式の場で皇帝として扱われている日本の場合は、日本一ヶ国が独立した一つの文明圏として認識されているという事実の裏付けでもある訳だね。
今朝早くに帝権と王権がどうのこうのとアヤフヤなレスばかり書いていた人は、変な教育のせいで天皇に帝権が無いと錯覚していたのだと思われ。
つまり実を言うと日本に帝権はあるんだよ。
日本では決して天皇を裏切らない臣下が実権を委任されているので、
一見すると天皇が帝権を持ってないかのように見えてるだけで。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 21:42:37 ID:cu+StokQ
もういいじゃん、大日本帝国で(´A`)

そんなことより、みんなで教育勅語唱和しようぜ

朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ
我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ
此レ我ガ國軆ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ
博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ徳器ヲ成就シ進テ
公益ヲ廣ノ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重ジ國法ニ遵ヒ
一旦緩急アレハ義勇公ニ奉ジ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ
是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラズ又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラン
斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所
之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ挙挙服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ
明治二十三年十月三十日
   御名御璽

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 21:56:28 ID:y/VeKX/F
株式会社日本( JAPAN.co..ltd )

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 22:36:07 ID:q97MQxa/
皇帝と天皇の違いが分からないEmpireを避けたいのなら
EmperorでなくてTennoを基準にした国体を表す単語を作ってしまえば良いんではなかろうか。
意味あるのかどうか知らんけど。


200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 23:20:46 ID:Pzp3KWsn
国際儀礼に天皇と皇帝の区別など無い。
君主の格付けなんて外国との関係の中でしか意味が無いんだから、
日本人にしか通用しない意味不明な分類にこだわるのは単なる自己満足に過ぎない。
皇国と同じで単なる雅称。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 23:28:16 ID:Pzp3KWsn
因みにシナ文明圏では「皇帝」は地上世界の支配者を意味し、「天皇」は天上界を支配する神を意味するという相違点がある。
しかし国際儀礼上の区分であるエンペラーの訳語を皇帝とする慣例から、
日本の君主は国際的に皇帝として扱われて現在に到る。
その意味において天皇は正真正銘の皇帝なのだ。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/17(月) 23:40:25 ID:HHyPcU2T
やはり、アマテラス様の国なのですから、AKD(アマテラス・キングダム・ディメンス)
という事で……。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 00:01:05 ID:XLuGbjxv
日本は確かにJapanというが、外国では日本帝国として定着しているよ。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 00:16:51 ID:M/DoMEci
大日本皇国で Kingdom of Japan でいいじゃん。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 01:27:53 ID:qHQlc3ie
大日本皇国ならそれはそれで英語の適訳は
Great Nippon EmpireとかEmpire of Great NipponとかImperial Great Nippon
あたりかと。

っていうかせめて他称でしかないJapanはやめよーぜ、と言いたい。


206 :ぷっしゅ:2005/10/18(火) 02:07:35 ID:6WYO+Qq2
ガイアwithヂャポン

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 02:42:58 ID:M/DoMEci
う〜ん…(´〜`;)やっぱ皇国じゃどうしても Empire か…帝国主義みたいなんだよね…

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 06:10:18 ID:ObGNRwWm
Japan っていうのはどっからでてきたの?
由来をおしえて。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 08:03:04 ID:yZo4S0x9
汚い国日本

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 08:49:33 ID:HgSnfaeX
↑チョンシナは書き込むな

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 09:00:35 ID:Mbz+ihgi
第日本低国

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 09:02:41 ID:HgSnfaeX
↑とっとと日本からでろや^^

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 09:08:30 ID:Aa/itzYx
おまいらはkingdomはemqpireよりも格下だっつー事がまだ理解できないのか。
帝国の事を王国扱いするのは、国際法でも宣戦布告されて当然の非礼に該当するんだぞ。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 09:27:29 ID:Aa/itzYx
元朝頃のシナでは日本と書いてジッポン、もしくはそれに近い発音だったと考えられている。
それを聞いたマルコポーロがヨーロッパにジパングと紹介。
イギリスでは更に訛ってジャッペーンに。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 09:34:47 ID:Mbz+ihgi
ソープ天国 日本低国

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 09:44:36 ID:kAK/k5Rz
日ちゃんねる

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 10:00:28 ID:Aa/itzYx
何だか知らんが歴史の浅い新興共和国の人間が世界唯一の帝国に嫉妬して悔しがってるようだな。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 11:28:02 ID:TZm3bZJ7
ちばらき

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 13:04:39 ID:xv1Ne6/Q
神世日本皇国で言んじゃね?


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 13:15:47 ID:yZo4S0x9
日本人が尊敬するのは(天臭)何ですか?

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 13:21:14 ID:Dncqbt9Y
日本でいいじゃないか?
沖縄と、北海道は、独立してもいいや、税金無駄に投入してるから。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 13:41:54 ID:n5+GQgsp
北海道が独立すれば、ロシアの脅威が本州のすぐ側まで迫る。
沖縄が独立すれば、支那海軍が太平洋をウヨウヨすることになる。
大和、沖縄、アイヌ、ウィルタ、ニブヒの五族共和で日本皇国。


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 13:52:27 ID:rQDvlM6z
日本国内の反日勢力と2チャンネルという犯罪者生産装置

http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=lobby&vi=1129546534

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 14:05:32 ID:WDkNHVzQ
日本の本名は「豊葦原(とよあしはら)」です。



嘘だと思ったら、ぐぐりなさい!!!!

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 14:20:01 ID:Aa/itzYx
大日本帝国で一体何が不満なんだ?今時反日史観に染まってる訳?

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 14:26:41 ID:WEQ0OP2Y
大日本民栄帝国

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 16:04:44 ID:2rBN5oWA
太平洋連邦

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 16:27:53 ID:98XVTfTE
日本帝国で良い。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 20:11:30 ID:b/e9gNQA
シンプルに日本国
`∧_∧
(ミ~日~)
(⊃  )⊃[●]
| ||
(__)_)
ジャーパンです。

230 :愛国者:2005/10/18(火) 22:32:35 ID:gnnv515G
教育勅語復活してくれ

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 23:06:01 ID:25qlHmAS
ニポーン!(・∀・)

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 23:19:04 ID:yZo4S0x9
天臭が治める似翻

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/18(火) 23:20:21 ID:squzBfcb
ザパン

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 01:31:36 ID:oFE+Rl2X
>>199
>EmperorでなくてTennoを基準にした国体を表す単語を作ってしまえば良いんではなかろうか。
>意味あるのかどうか知らんけど。

いい事言うね。
天皇と皇帝の違いについては無限ループに陥りそうだからひとまず置いておいて、
Emperorと天皇では明確な違いがある。
EmperorにせよKingにせよ、国民の信任により神から統治権を賜った“人間”であるのに対し、
天皇すなわち神(現人神)だったわけだから。
だからEmperorもKingも、もし臣民の信任が得られなければその地位を失い、新たな皇帝または
王がたつわけだが、天皇は神聖にして侵すべからずだったもんな。
この点については中国の歴代皇帝にもあてはまる。
だから日本や中国でいう天皇または皇帝とEmperorでは決定的な違いがあると言わざるを得ない。
しかしながら、今上天皇は人間であり、だからといってEmperorのように統治権を持っている
わけでもない。このへんが難しいところだね。


235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 02:07:53 ID:dA92rQJ7
古代なり中世から文民統制のようなものが確立してた日本独自の権力構造だからなぁ。
法王ともなんかちゃうし。

まぁ、正式呼称はTennoなんですよって外務省なりが告知するのはいいとしても
諸国がEmperorとして敬意をもってくれてるうちは違っててもEmperorとして持ち上げてもらってて損はないと思う。
っていうか、変に違う違うとか言ってると欧米人は混乱しまくるだろうし、
どこぞの半島人は「やっぱり日王ニダ」とか言い出すから。


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 03:10:04 ID:vURyaVm0
全世界の国家から公式にエンペラーとして認められている実例が現時点では日本の君主だけなのだから、
日本の君主である天皇こそが現代社会におけるエンペラーの典型なんだよ。
そしてエンペラーの漢語訳が皇帝なのだから、天皇は正真正銘の皇帝としか考えようがないの。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 04:02:09 ID:swGvJdE5
超大日本帝国

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 05:34:04 ID:J+eXpNp7
>>202
おいおいw
皇帝直属騎士団F.E.M.C付きでか?w

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 07:04:12 ID:rHk951CE
法王とイギリス王家と玉璽を足して神様が八百万以上増えた感じで、
それなりに宗教に寛容でやたらと学者肌な公家さんってのが天皇家に
近い印象かな?って、既に外国人には意味不明な代物な気が・・・

実権者であった期間がかなり少ないというか、ほんとに認証者なんだよな。
国体は天皇だけど実勢は大抵別にあるという、相互協力あっての存在。
なんとも表し難い。

自分を担ぎ上げ様とする若手将校のクーデターを逆に近衛軍で鎮圧して
政府を守るとか言い出すし・・・

王ならもっと自分で政府を振り回すもんだから、王ではないのは確かなんだよな。
どっちかといえば法王が近いんだが、かなり昔から複数の宗教が並立しちゃってるし・・・
古代の王をまとめた人だけど、始皇帝みたいな皇帝って感じとはちょっと違うし。

従来の言葉で表現するより、天皇用に新語作った方が早いかもなあ。

うま味って味覚だって海外には無い考え方だった訳だし。


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 09:32:38 ID:A4vFotnC
大阪民国

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 10:07:16 ID:MrEtHrGP
大阪人民共和国
*社民党一党独裁国家

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 12:28:01 ID:YiY8foYA
このスレに、皇帝権を規定できる人がいないのが問題だ

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 13:59:42 ID:vURyaVm0
それなら確か一人は居る筈なんだがな。
そいつが言うには、帝権と王権を区別する事は政治学のイロハなのだそうだ。
イロハなら中卒の俺様にも分かるように解説すれば良さそうなもんだが、
結局そいつの言動は意味不明なはぐらかしで終始していたのが謎と言えば謎だったな。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 14:13:42 ID:4VPXstKb
神聖大日本帝国

に決定だ

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 14:25:34 ID:8KNUrajE
中華人民共和国極東省
になるか
アメリカ合衆国極東領
になるか
どっちかだろ

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 14:39:58 ID:vURyaVm0
君主制が早々と破綻した新興共和国の連中にはそう思えるのかも知れないが、
そもそも日本人は古い伝統を後世に活かし続ける能力に関して君達共和国民ごとき雑魚とは格段に違うのだよ。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 15:09:57 ID:FBkvc1JD
ぽこちん帝国

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 15:13:16 ID:vURyaVm0
そんなんで何か面白い事を書いたつもりなのかな?

小学生並の感覚だな

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 15:24:43 ID:SiAyFFrX
天皇は「天皇」であり、
他国にある「なんかのようなもの」、
「なんかと同じもの」ではない。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 15:29:49 ID:SiAyFFrX
日本国も「日本国」であり、
日本人が日本人の考えでつけた国名なのであって
外人のために付けた名前ではないし
外人のために、あるいは外人の流儀でつけるものでもない。

251 :Ansel:2005/10/19(水) 15:33:30 ID:3dE+yqlG
神?的倭人shit帝国

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 15:37:40 ID:vURyaVm0
諸外国にとって、日本における君主制の特徴や性質なんて問題は基本的にどうでも良い話なんだよ。
その国々にとって日本との外交が重要課題であり、
諸国が国際儀礼の慣習に従って天皇の事を現存する唯一の皇帝として扱っているのであれば、
敢えてその慣例を破る事自体が無謀な冒険に過ぎないだけ。
なにしろ皇帝の事を格下である国王として扱っただけでも宣戦布告の正当な理由になるというのが国際法の秩序というものだからだ。

日本に対してあれだけ無礼な支那や韓国といった未開国でさえも、公式の場では天皇を必ず皇帝として扱っているという事実の意味するところを理解しる。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 16:12:13 ID:iy4NJcL5
つまり、今の世の中で皇帝といったらあの人を指し示す言葉。
過去に滅亡した数多の皇帝たちとの相違点は、天皇が皇帝ではない事の証拠にならない。
現実に全世界の諸国が公式に日本の君主を皇帝として認めているという事実こそが、現存する帝権の所以だ。
天皇が過去の皇帝たちとどう異なろうとも、
国際的には「へー。日本の皇帝というのはそういう存在なんだね」という話になるだけだ。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 16:45:27 ID:qoR0bwB7
米国政府機関の公式HPで日本の事をBC660年、神武天皇が建国したとしているという事実はどういう事なのか。
始めに指摘しておくと、これは単なる手違いではない。
同じHPが大韓民国を1948年建国として扱っている事から考えれば、明らかに意図的に皇国史観を採用している事が読み取れる。
米国では日本以上に歴史研究が活発なので、本当にBC660年に神武天皇が日本を建国したなどと認識している訳がない。
米国政府にとって重要なのは、日本という古代帝国の神話を公式の場で尊重する姿勢を示す事だと分かる。
弱小共和国が宣伝しているウリナラ半万年の檀君神話は完全ボツにされているのだから。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 16:47:47 ID:fgKSrYd4
国連の常任理事国が中華台北→中華人民共和国にできたんだから
中華日本と改名し、中国から常任理事国の権利を奪う。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 16:55:50 ID:c4pn4WUt
いまどき中華なんてダセーだろ
その辺の馬の骨が皇帝の座を血まみれになって奪い合ってた野蛮な中華文明圏と、神々が嘉する神州日本を混同するな。
支那の皇帝は所詮実権を手放せないパワーエリートに過ぎないが、
太陽神の子孫である日本の皇帝は、その存在自体が貴いブラッドエリートなのだ。

257 :ゆお ◆O/ZsJG5Vx2 :2005/10/19(水) 18:18:08 ID:TMfnUK7x
THE☆日本simple2000

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 20:37:02 ID:dA92rQJ7
>>254
別にチョンの肩持つわけではないけど
それは半万年の歴史をCIAが否定してる証明ではなくて
基本的に檀君王朝と韓国は別な国として扱ってるからだろ。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 21:35:45 ID:D3pjmUW3
帝国臣民に対して新興国民が抱いている劣等感を刺激して遊んでるだけだよ。
日本の名称なんかに固執して変な造語を連発している奴等には良い薬だ。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 21:46:36 ID:/cIFBJ57
西アメリカ共和国

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 21:52:19 ID:zdFzGX1H
音としてのヤマト。
こしかないでしょ。
日本は中国の文字を使った音読み。
ガイシュツだろうけど。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 22:03:26 ID:D3pjmUW3
>>260を見ると、いつの間にか

帝国>共和国

という価値観が形成されている気配だな。

国際儀礼のヒエラルキーとしてはそれで正解なんだけどさ。
日本が唯一の帝国というのが悔しいんだろうなw

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 23:00:11 ID:kMvai9cn
ヤパーン

ネットウヨは全員死ね。
ていうか自分がまともな人間になってから口ききな。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/19(水) 23:42:11 ID:D3pjmUW3
反日勢力にマトモな人間なんて居る訳無いだろ。


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 00:33:17 ID:Jp36848N
>>253
>現実に全世界の諸国が公式に日本の君主を皇帝として認めているという事実こそが、現存する帝権の所以だ。

全世界の諸国が公式に認めいてる(かどうか別として)皇帝とその対訳とされるEmperorの概念
そのものが違うんだよ。
例えば「カノッサの屈辱」などで検索してみればいい。明確な違いがわかると思うから。


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 00:43:12 ID:9pS1yju1
>>253
 言いたいことが分からん。もっとシンプルな言い回ししようよ。


267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 04:53:57 ID:DBZXx2Rb
違う違うと連呼する癖に、何日待っても相違点を具体的に指摘出来ない人が居るね。
実は違いなんて無いんだろうな

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 05:13:17 ID:DBZXx2Rb
エンペラーの概念そのものが違うなんつったって、日本でエンペラーというのは諸外国と同様に君主の最上格である皇帝を差し示す名詞である事実に変わりないしな。
かつて天皇以外にエンペラーと呼ばれていた他の君主達は、結局21世紀を迎えるまでに全滅した。
いわば失敗例と言える。
唯一生き残った成功例の天皇家とは色々と相違点もあった事だろうが、
それは天皇がエンペラーである事実を否定する根拠ではない。
現実に天皇は全世界の国々から公式にエンペラーとして認められている以上、天皇はエンペラーの実例に他ならないのだ。
カノッサもへったくれもない。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 05:39:03 ID:O3xCG+W8
皇帝
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%B8%9D

帝国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E5%9B%BD

大日本帝国
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%B8%9D%E5%9B%BD

ノートン1世
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B31%E4%B8%96

熊沢寛道
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E6%B2%A2%E5%AF%9B%E9%81%93

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 08:24:19 ID:ji0JcJu1
日本の天皇を皇帝だなんて言ったら真っ先に中国人に笑われる。

次に、ヨーロッパに笑われる。

最期にアメリカに同情される。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 10:08:10 ID:DBZXx2Rb
笑われないよ
天皇を皇帝として扱っているのは、彼等だ。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 10:21:04 ID:PEESPCxt
>現実に天皇は全世界の国々から公式にエンペラーとして認められている以上、
>天皇はエンペラーの実例に他ならないのだ。

日本帝国でいいじゃないの? それが一番自然だしね。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 11:49:28 ID:jPPR+1HS
宇宙そのものである

アスラ(和名:阿修羅・あしゅら)王国

ってのはどうだい?

大日如来、マハーヴィローシャナも推奨しる

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 12:11:53 ID:/yANvlPE
日本竹島首長国連邦

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 12:34:29 ID:rQqk8dc8
「第二次世界大戦敗戦国である日本」

「第二次世界大戦戦勝国でありアジアの全てに責任を持つ中国」

「第二次世界大戦で旧日本軍を撃破し朝鮮半島から駆逐した準戦勝国である韓国」


276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 12:49:14 ID:Rb9F2J9b
海外に知人・友人が多くおりますが、
そのほとんどが、日本とは・・・
桜の花、富士山、歴史、そして天皇陛下とそのご家族。
そして正義感のもっともレベルの高い(強い)民族。
そんな風に思われているのです。又言われております。
嘘だと思われる方がいらっしゃるのなら、まず英語などの
外国語を勉強し、メッセンジャーで会話してみればすぐに
わかります。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 12:52:10 ID:hN7/jRiH
日本国及び大阪民国及び鳥取民主主義共和国

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 15:28:23 ID:DBZXx2Rb
日本だけが認められている帝国の格式に嫉妬した共和国民どもが必死だな。
君主制の伝統を長く守り続ける事が出来るのは、日本のように高度な国民性が不可欠なのだ。
共和制なんて代物は、所詮君主制の維持、発展に失敗した愚劣国家が体裁を繕う為に頼るイミテーション程度のシステムに過ぎない。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 16:11:29 ID:5Pn00f40
日本皇国が一番いいと思うよ。

台湾とか含めるんなら大日本連合皇国とか大日本及台湾連合皇国もあるけど、
そのためには台湾が天皇制を受け入れることが必須。
無理なら無理に一緒にする必要なし。

ただ、それ以前に天皇制が終焉しそうな法律ができそうってのみんな
認識してるのかね?

女系天皇容認という伝統破壊する法律が。。。


280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 18:57:56 ID:9hhpmUsK
【大日本連邦】
(首都) 東京
(元首) 天皇陛下

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 19:20:22 ID:oh2ojMO8
大韓民国

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 19:37:44 ID:Omu5kcw1
ニフォン国

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 21:38:20 ID:8KFZNjPv
謝罪国

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 22:42:56 ID:UaHNmAUo
女帝誕生ってのも見てみたいな

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 23:02:19 ID:Jp36848N
>>267
駄々っ子だな。何が何でも認めないぞという意気込みが感じられる。
まずは>>234に対する反芻を挙げよ。

>>268
>かつて天皇以外にエンペラーと呼ばれていた他の君主達は、結局21世紀を迎えるまでに全滅した。
>いわば失敗例と言える。
なぜ「全滅」(お前の語彙力貧しいなw)し得たのか?
そしてなぜ、日本の歴代の権力者達は天皇を全滅wさせることができなかったのか?
駄々をこねないで「カノッサの屈辱」について少し調べてみなさい。
天皇=Emperorの概念では理解できない点に気付くと思うから。
それと>>269がせっかくリンク先を貼り付けてくれたんだから読むくらいしろよ。
どう見てもあれはお前宛てだぞw

>唯一生き残った成功例の天皇家とは色々と相違点もあった事だろうが、
つまり相違点あることは認めるわけだな。
ならばその相違点とやらを列挙してくれ。


286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/20(木) 23:45:42 ID:Jp36848N
>>268
ちゃんと読めよw

ttp://en.wikipedia.org/wiki/Emperor#Japan

ttp://es.wikipedia.org/wiki/Emperador

>Aunque con frecuencia se llame emperadores a los líderes de ciertos
>grandes imperios, por asociación con éstos, lo cierto es que los comúnmente
>llamados Emperadores de China o Japón no lo son en el sentido estricto,

つまり、「日本や中国の権力者達は便宜的にEmperador=Emperorと呼ばれることが多々あるが、
正確な意味で同じではない。」と言っている。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 00:23:24 ID:ELhs2yx8
女性天皇でも別に…皇族の遺伝子が伝わりさえすればいいんでしょ?…ただそうなると天皇の配偶者を何と呼ぶのか…

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 00:25:05 ID:S7tImFd9
日本で十分だよ。
国家がある限りは。国家が無くなったら、その時は本当の民族の力が実在であるか試される時。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 00:28:42 ID:2gnKhGuu
パチンコ民国

サラ金民国

HENTAI民国





290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 00:39:35 ID:RTAzUe5G
神武天皇の男系の血統が途絶えるなら、
女帝に愛新覚羅一族の男子を婿養子にして繋げて行きたい。
かくして日満帝国が誕生するのだ。


291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 00:47:00 ID:XNXb1vG0
>>287
「皇配殿下」って呼ぶらしい。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E5%B8%9D

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 01:31:53 ID:ELhs2yx8
>>291
なるほど…情報ありがとうございます。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 01:46:41 ID:spR6mxr3
四方を海に囲まれてるんだし

「日本海洋皇国」って言うのは?もちろ日本海に
かけてるわけなんだけど


294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 03:02:09 ID:S7o2UiD/
「皇国」というのは特に日本だけを指し示す代名詞。
つまり日本以外の国を皇国とは言わない。
関白太政大臣経験者の唐名を太閤というが、太閤と言えば豊臣秀吉ただ一人を指し示すのと同じ。

結果的に日本だけが現存する事態となったに過ぎない「帝国」とは異なり、
日本皇国などという珍名は無教養丸出し。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 07:24:57 ID:L6ZzCgIm
>「皇配殿下」
交配とか聞こえてちょっとエロス

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 14:00:11 ID:BP+lmd2r
王武(おうぶ) 倭王の名にちなんで

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 14:14:04 ID:2in08jRK
アメリカ属領、独立したら独立島嶼連盟。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 14:50:13 ID:T+cs2SId
朝日新聞

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 14:51:50 ID:ZuYYYBYt
>>287
伝統とは何かと考えていたときに、古くから連綿と継続したもので、
それに多くの人が価値があると感じたとき、それが伝統である、と思う。

科学的な根拠なんてものはいらない。
世界最古の木造建築物である法隆寺なんて科学的に見れば、ただ
木でできた古い建造物なだけだ。しかしみんなが伝統を感じている。

天皇の伝統の根幹を成すものは、万世一系、つまり男系に継承してき
たという歴史なのだ。
それをやめるってことは、伝統も何もない、法律上の日本の象徴を作る
ってことだ。

天皇制廃止ってのは、法隆寺に例えれば燃やして捨ててしまうことだろうし、
女系天皇容認ってのは、法隆寺を鉄筋コンクリートに作り変えることだろう。

そんなものに価値が感じられるのだろうか?

歴史を知らない人の認識ですら、女帝は容認、しかし長子優先より長男
優先を好むのようだ。

実はこの一般的な感覚こそ、まさにこれまでの伝統通り万世一系なのである。
基本は男系男子に継がせるのだが、その男子が小さかったりした場合に
一時的に男系女子が継ぐことがあった。しかしその次は必ず男系男子に継が
せていた。これが歴史であり伝統なのである。

決っして女系男子や女系女子がこれまで天皇家を継いだことはない。

女系天皇が誕生すれば、これまでの 2600年(実質1400年)の天皇家の歴史
の終焉なのだ。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 17:40:31 ID:IYm6M3Vx
日本最強国

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 18:07:18 ID:KlKOluvt
煮補ん国

302 :2005年も貧乏で愚かな奴隷である日本人:2005/10/21(金) 18:08:36 ID:KKsE9EZR
日本人は全体として、自己の民主化に必要な教育に欠けており、さらに真の宗教心にも欠けており、
そのため一方の極端から他方の極端へと揺れやすい。日本人の封建的特徴の一つは、
進んで人に従おうとする性格にあり、日本人はアメリカ人のように自分で考える訓練を受けていない。
例えば労働者の状況を見れば、彼らは自分本位に権利ばかりに注意を集中し、本分と義務について考えていない。
平均的日本人は、自分の親戚はその利益を追求すべき友人とみなし、
他の人間はその利益を考慮するに値しない敵と考えている。
http://zenkyoto68.tripod.com/CourtneyWhitney1.htm
日本人の間には宗教心が欠如している。私は神道を宗教とは考えていない。
それは儀式に過ぎず、合衆国では甚だ過大評価されてきたと考えている。
神道と超国家主義を同一視していた復員兵とその他の者は、しっかりと結びつく傾向を持っているので、依然として危険な面がある。
政府は、信教の自由に関する命令を厳守する立場にあり、
現在彼らを取り締まる手段を持っていないために、こうした状況は危険だ。
神道を奉じる分子とその同調者は反米的なので警戒を要すると考えている。
私にに仕えていた者が恩給の受け取りも現在停止されているので不安を募らせている。


303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 19:20:31 ID:S7o2UiD/
いかにも邪教徒らしい偏見だな
切支丹ほど排他的で凶悪なカルトは存在しない

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 19:26:13 ID:QxeMmpPk
大日本連邦公国

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 19:28:01 ID:S7o2UiD/
>>286
ずいぶんもの分かりの悪い奴だな
違う違うと喚いてるだけでは違いの説明になってないよ

傍目には違うと喚く連中が居るという事しか分からん。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 19:53:18 ID:S7o2UiD/
因みに>>234の指摘は天皇が皇帝ではない事の論拠になっていない。
既に滅び去った他の皇帝たちと、現存する唯一の皇帝となった天皇の相違点を書いてあるだけだ。
今の世界で天皇だけが皇帝と呼ばれているのかについて全く説明出来てないからな。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 20:14:35 ID:oSDUI/8T
天皇を撃て

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 20:18:54 ID:S7o2UiD/
携帯からなので連続カキコになるがあしからず

>>285-286の人は何を勘違いしているのかというと、かつて存在した皇帝たちの間にある相違点を根拠に、
手前勝手な物差しで「アイツは皇帝、そいつは皇帝じゃない…」という風に決めつけてるだけなんだよ。

「日本の天皇や支那の皇帝は便宜上エンペラーと呼ばれているが厳密には違う」なんて言い出す時点で的外れ。
emperorというのは皇帝を意味する名詞なので、天皇や支那の皇帝は厳密な意味でemperorそのものなんだよ。
「支那の皇帝は西洋のemperorとは相違点があるので、厳密には皇帝ではない」なんてほざいたらアホ扱いされるだけだ。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 21:48:41 ID:WW7j2FBt
>>307
    へ          へ|\ へ     √ ̄|        へ
   ( レ⌒)  |\   ( |\)| |/~|  ノ ,__√    /7 ∠、 \ .  丶\      _ __
|\_/  /へ_ \)   | |   | |∠  | |__   | /   !  |     | |_〜、  レ' レ'
\_./| |/   \     .| |( ̄  _) |     )  | |    i  |  へ_,/    ノ   ,へ
  /  / ̄~ヽ ヽ.   | | フ  ヽ、 ノ √| |   ! レノ  |  !. \_  ー ̄_,ー~'  )
 / /| |   | |   | |( ノ| |`、) i ノ  | |   \_ノ  ノ /    フ ! (~~_,,,,/ノ/
 | |  | |   / /    | | .  し'  ノ ノ   | |       / /     | |   ̄
 \\ノ |  / /      | |___∠-".   | |      ノ /       ノ |  /(
  \_ノ_/ /     (____)     し'      ノ/      / /  | 〜-,,,__
     ∠-''~                        ノ/         (_ノ   〜ー、、__)

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 21:54:24 ID:yrkwXtQt
日本事勿れ主義共和国

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/21(金) 21:56:22 ID:VNsp20fp
http://efurima.com/cgibin/click1.cgi?ID=kiss

312 :奥村サトル:2005/10/21(金) 22:03:22 ID:3t26aLbe
うはwwwwwwwwwwwwwおkwwwwwwwwwwwwww

おめえらみんなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

テラモリスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

━━━━ヽ(゚∀。 )ノ━━━━!!━━━━ヽ(゚∀。 )ノ━━━━!!wwwwwwwっうぇえええええwwwwwww

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 00:56:05 ID:F3d5OBst
それぞれの君主にどんな相違点があるのかは基本的に関係ない。

公式の場で君主の最上格を意味する皇帝として扱われる存在を、皇帝として認識しない理由が無い。

君主の地位なんてものは本質的に、他人が認めるかどうかに価値の全てがかかっているからだ。
全世界の国々が公式に皇帝として扱う唯一の人物である日本の天皇は、
既に全滅した他の皇帝達と何が異なるかに関係なく厳密な意味で皇帝なのだ。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 01:51:10 ID:FJhX1xVc
まぁ、西洋だ中国だ言ってるけどインカとかも帝国なわけだしな。
複数国を統治する権力者はみんなEmperorなのだろう。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 01:57:28 ID:F3d5OBst
かつて日本各地を武蔵国、相模国…と区分していた事や、皇族を親王、内親王などと呼ぶ事なんかも、
天皇をあくまで国王ではなく皇帝として扱う為に採用された方法の例と言える。
カノッサの屈辱云々の故事はそういった日本の伝統を否定して天皇が皇帝ではない事を証明する訳でもない以上、
的外れな寝言に過ぎない。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 03:28:32 ID:oeAWZrck
>>315
とりあえず落ち着けよ。
お前が英語やスペイン語を理解できるなんてハナから思ってないから。
あれは単なる意地悪でしたことだ。そんなに怒るな。

あのリンク先には、Emperador(=Emperor)は、天皇や中国の皇帝を表す意味では無いと
書いてある。

>emperorというのは皇帝を意味する名詞なので
つまりお前のこの主張自体を否定している。「違う」と書いてあるのだ。
お前がどんなに関係ないと喚こうが「Emperor=天皇ではない」とはっきり書いてあるのだよ。

便宜上の訳として使われていたとしても、概念が違う言葉ってのはたくさんある。
外国語ではどうしても言い表すことのできない日本語、そしてまたその逆も然り。
外国語のひとつでも勉強すればわかることなんだがな。
それと、お前は「関係ない」「的外れ」という以外に反論する術を持っていないのか?
IDが変わっても一発で同一人物と特定できるぞ。
少しは客観的な資料を提示するなりして反論してみろよ。
そもそもお前が認めるか認めないかなんて問題外なんだからさ。

ひょっとしてお前は、俺が皇帝>天皇でありEmperorの称号はふさわしくないと主張している
と勘違いしているのだろうか?それならばお前の必死さにも合点がいく。

最後に、せめて提示された資料に目を通すことくらいはしなさい。
「既に全滅した他の皇帝達」と言っているが、天皇がEmperorと呼ばれ始めた頃は、
ドイツ帝国もロシア帝国も健在だったんだぞ。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 03:37:46 ID:F3d5OBst
いつまでも何を勘違いしてるんだ?
俺は冷静にカノッサ云々の寝言が的外れだと指摘してるんだよ。

お前は英和辞典という書物を知らないと見えるが、一度emperorの項目を読んで見ろよ。
お前がどれだけ意味不明なへ理屈を持ち出してもエンペラーが皇帝である事実を否定する事は出来ない。

それとも英和、和英辞書の出版社全てにお前のヘ理屈を投書して
「…という根拠によりemperorの項目を皇帝と訳す記述を訂正しる」と訴えるかね?
愚劣過ぎる

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 03:46:26 ID:F3d5OBst
ああ、それから英文を読める事が自慢なら、Emperor Akihitoで検索をかけて出て来た文を読んでみろ。

世界広しといえども天皇をemperorと認めないのはお前やお前程度に無学な奴だけだよ。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 04:12:47 ID:F3d5OBst
つまり俺の論旨は極めて明快だ

1・英和辞典、和英辞典の全てが「emperor=皇帝」と訳している事実があり異論は無い
2・今上天皇は海外でも公式に「Emperor Akihito」と呼ばれている現実がある。
(現在では他の君主家とは異なり日本の君主だけがemperorとして扱われている。)

上記の2点を根拠に天皇を皇帝、あるいはエンペラーだと指摘しているのだ。
お前はそういう現実から目を背けて訳の分からん珍説に騙されたんだよ。
カノッサがどうしたって?
反論があるなら聞いてやるからさっさと具体的に俺の指摘を否定する根拠を書けよ。
お前が得意げに繰り返しているのは、意味不明で恣意的な判定基準を持ち出して天皇が皇帝と認められている現実から耳を塞いだ電波説の引用だけじゃんかよ。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 04:23:15 ID:oeAWZrck
>>317
>お前は英和辞典という書物を知らないと見えるが、一度emperorの項目を読んで見ろよ。
>お前がどれだけ意味不明なへ理屈を持ち出してもエンペラーが皇帝である事実を否定する事は出来ない。
マジっすか!?
俺の提示したリンク先によると「Emperorは天皇を表す意でないと」書いてあるのだが、
それが意味不明な屁理屈ですか・・・
それと、「皇帝の訳としてEmperorが使用されている」という事実については前述のとおり。
それを踏まえた上で「同意ではないと」書かれているのだよ。

>>318
検索してみたけど、一体何が言いたいの?
せめて該当個所くらい明示してくれないとこちらとしてはコメントのしようがない。

それと、宿題を忘れているぞ。
お前は「現在存在しない歴代の皇帝など関係ない」としているが、天皇の対訳として
Emperorが使われはじめた頃は、ドイツ帝国もロシア帝国も存在していた。
何度でも言うが、提示された資料にはきちんと目を通すこと。

>世界広しといえども天皇をemperorと認めないのはお前やお前程度に無学な奴だけだよ。
そのとおり。世界は広いぞ。お前も見たほうが良い。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 05:12:17 ID:F3d5OBst
変なリンク先の世迷言を無批判に信じる前に、
まずは英和辞典を引く事だな。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 05:22:05 ID:F3d5OBst
それからドイツやロシアの皇帝が居たから何だと言いたいのかサッパリ分からんな。

天皇が世界的に皇帝として扱われ始めたのは19世紀末からだが、当時は世界中に皇帝がゴロゴロ居た時代だ。
日露戦争後になると天皇を皇帝として扱わない国家は存在しなくなって現在に到る訳だが、
ドイツやロシアも含めて日本を除く皇帝達は20世紀中に全滅した。
日本の君主が皇帝扱いされ始めた頃に他の皇帝が居た事実は、
別に天皇が皇帝ではないという寝言を証明するような根拠でも何でもない。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 05:36:27 ID:F3d5OBst
で、お前は自慢の英語力で「Emperor Akihito」を検索した結果、
今上天皇が全世界の国々から公式にemperorとして認められている現実さえ気付かなかったのかね?
お前が皇帝=エンペラーだと気付いたなら、天皇がエンペラーである事に気付かないのは謎だな。
意味不明な珍説を鵜呑みにするしか能が無ければ、せっかくの英語力も宝の持ち腐れだ。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 09:21:27 ID:8qhu8V92
アホだねえ、ネット右翼って。
学歴コンプレックスの塊じゃないの
どうして、皇帝権の無い現在の天皇がエンペラーなの?
どうして溥儀が、ラストエンペラーなの?
皇帝は単なる称号だと思っているの?
現在の天皇には皇帝としての内実は何一つないでしょう?

暴走族やモーテルみたいに、エンペラーっていう言葉の響きだけが欲しい幼稚園児たち!

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 09:38:49 ID:1lAeYrcR
>>324
モーテルとは、また古風なww

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 09:40:45 ID:Lg1qfUgM
>>324
>どうして、皇帝権の無い現在の天皇がエンペラーなの?
>どうして溥儀が、ラストエンペラーなの?
>皇帝は単なる称号だと思っているの?
>現在の天皇には皇帝としての内実は何一つないでしょう?

ごめん、オレ素直に吹いた。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 10:50:38 ID:F3d5OBst
本質的に君主という存在は、他者がその地位を認めるかどうかに価値の全てが左右される。
ノートンやボカサみたいな馬の骨がいくら皇帝を自称しても、諸外国は彼等を皇帝とは認めない。
皇帝の地位とはその位重いのだ。
内実のない皇帝が全世界の国々から皇帝と認められる事などありえない。
実際に全世界の国家が公式に皇帝と認めている君主であるという現実こそ天皇の地位が内実を伴っている証拠に他ならないのだよ。
それが現在唯一実在する皇帝権というものだ。
君主制が早々と破綻した共和国の反日勢力どもというのは最上位の国家を意味する帝国の格式に対してコンプレックスが丸出しだな。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 11:28:15 ID:8qhu8V92
そんなに学歴のないことさらけ出さんでもいいよ。
みんな判ってるよ。
大丈夫だよ、何も心配いらないよ。あんたの頭の中でのみ、天皇は皇帝だよ。


329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 11:32:09 ID:Lg1qfUgM
>>327
この前東大の教授の人にそれ聞いてみたけど、
素直にお前さんの意見と同じだ。

東大教授と同じ意見持つって、お前さんは一体何者だ?w

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 14:05:23 ID:F3d5OBst
論理的に完璧な正論に学歴など関係ないのだよ

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 15:34:23 ID:oeAWZrck
>>320
中卒の>>327にそんな難しい話はわからないと思われ。
英和辞典ってwwww

>>320は、>>327が繰り返し言っている「全滅した歴代の皇帝など関係ない」
に対し、同時期に現存した明治天皇とドイツ帝国やロシア帝国の皇帝との違いを
>>234で説明している。

カノッサの屈辱についても、軍事や政治のみならず、宗教までも司る天皇が
教皇にごときに「破門しないでくだちゃい」なんてお願いすることが有り得んと
言っているわけだ。
>>320は天皇をエンペラー如きと同列に扱うなと言いたいのだろうが、
エンペラー!うぇwwwつぉwwwうへwwwの>>327の学力では理解できんだろうよ。
客観的に見て、資料を提示し論理的に話を進めているのは>>320
ただ悲しいかな、無教養のネットウヨに>>320の理論を理解しろというのはちと酷かと。

>>327
お前卒業していないのに中卒なんて言っちゃダメだぞ。現役と言いなさい。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 15:48:33 ID:F3d5OBst
西洋諸国の君主と日本の君主の相違点をいくら列挙しても、
日本の君主が皇帝ではない事の説明になってないというのが分からんのかね。
日本の君主の事は、公式に全世界の国々が皇帝として認めている現実から目を逸らすな。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 16:11:28 ID:KbSEbImN
天皇は司祭として、宗教法人である靖国神社に帰属させたらいいんじゃないか?
天皇制にこだわらない方がいいよ。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 16:19:29 ID:KbSEbImN
憲法第3条「天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。」

天皇の行為、発言は内閣の意思であり、内閣の意思は国民の意思である。
ゆえに、天皇の行為、発言は国民の意思である。

そうだな。




335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 16:32:02 ID:F3d5OBst
カノッサ君の主張は、自分が勝手に決めつけた判断基準(厳密にはどこかの世間知らずが考えついた与太話の受け売りだが)を根拠に、
現実の国際社会で公式に皇帝扱いされてる君主の事を「俺の考えによるとソイツは皇帝じゃない!皇帝というのは本来◯◯である筈なんだよぅ〜」
と喚いているだけに過ぎない。

君主という地位の本質が他者からの承認に立脚する価値である以上、
不勉強なカノッサ君の妄想する判定基準などまったく問題ではないのだ。

現実に全世界の諸外国が天皇の事を皇帝と呼び、皇帝として扱っている。
それが皇帝である証拠なのだ。

皇帝志望者がいくら一人で自称しても、それだけでは皇帝になれない。
しかし、全世界の国々が公式に皇帝と認めた奴は、まぎれもなく皇帝なんだよ。

全世界の国家権力による保証があっても、とある君主を皇帝たらしめるには不十分だと仮定するなら、
どこかのアホが恣意的に認定する以外の方法では誰も皇帝にはなれないという話になってしまうからな。

従ってカノッサ君が天皇の事を皇帝ではないと言いたければ、
天皇が世界の国々から皇帝として認められてなどいない事を証明するしかない。
カノッサだのドイツだのは的外れなんだ

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 16:50:43 ID:F3d5OBst
さて、そこでカノッサ君には意味不明な与太話を止めていただき、本質的な議論を始めてもらう。
とはいえ誰かと異なり詭弁に走る必要も無いので論点は極めて明快だ。
すなわち、「カノッサ君は天皇が全世界の国家から公式に皇帝扱いされている事実を認識しているか否か?」だ。

あるいは、「天皇が公式には皇帝として認められていないと判断した根拠は?」でも構わん。
勘違いしないで欲しいのはカノッサ君が採用している意味不明な物差しではなく、
全世界の国家権力が天皇の事をどう扱っているのかについて存念を有体に述べてみたまえ。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 18:17:34 ID:Lg1qfUgM
別に天皇は皇帝でも皇帝じゃなくてもどっちでも良いような気がしてきた。
天皇は天皇だし。もっと言えば天皇陛下か。

古来より国家の象徴であり、日本の宗教において重要なポジションを占める天皇を、
皇帝とは異質と考えるのもまあ分かる気がする。

>>336
そういう場合はまず自分の存念を有体に述べてみたまへ。と思ってしまふ

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 18:21:08 ID:gCoY1Tl2
ジャポニカ学習帳

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 18:26:13 ID:F3d5OBst
俺の意見は既に書いてあるのだがね。
つまり、全世界の国家権力は天皇を皇帝として認めているのだよ。

英語ではEmperor Akihito(=明仁皇帝)と呼ばれている人物こそ、今上天皇の事なんだよ。
どこの国でもemperorの称号は皇帝として認めた君主に対してしか使わないものだ。
こんな事は国際儀礼のイロハなんだから、よく覚えておくんだな。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 19:08:25 ID:F3d5OBst
ところで、>>320>>331のやり取りはどこかが変だな。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 19:35:14 ID:krPZ6Cm2
日本語―天皇
中国語―皇帝
英語―Emperor
スペイン語―Emperador
ドイツ語―Kaiser

外国のemperorを天皇と訳したくないから
皇帝という外国の単語に訳してるだけで、
天皇を英語にすれば間違いなくemperor。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 20:11:00 ID:A6MXJp/q


 United Islands Imperial of Japan

 皇国および列島諸島連合国 日本

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 20:25:37 ID:F3d5OBst
今や現存している帝国が日本だけなので、
頭文字を大文字にしたThe Empireで日本の意味に出来るぞ。
官職名だった「太閤」や「黄門」が今では特定の個人を表す固有名詞と化したのと似たようなもんだ。
どこぞの共和国みたいに箔を付けたつもりで長ったらしい国名にするセンスは幼稚だ。
theと大文字だけで日本の意味になる方がクールだろ

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 20:44:02 ID:KbSEbImN
天皇とemperorの違いがわからんウヨはやっぱりバカだった。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 20:52:32 ID:AVal3ijT
↑この人の意見は「字が違う」の延長。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 20:59:05 ID:F3d5OBst
負け惜しみの捨て台詞はもう要らんよ
飽くまでも違うと強弁するなら違いとやらを説明しろ。
今、公式の場で皇帝emperorと呼ばれている唯一の君主が皇帝emperorではないなどという詭弁の繰り返しに終始するのでなければ拝聴しよう。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 21:06:38 ID:F3d5OBst
それから先程の質問に答えろ
全世界の国家が天皇の事を公式にemperorと認めている事は知っているか?

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 21:25:58 ID:KbSEbImN

ヒント:欧米人がemperorと言ったとき、なにを認識しているか?


349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 21:29:00 ID:F3d5OBst
ヒントは要らん
意見を述べろ

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 22:00:28 ID:z3Rwi87L
日本民族による人類帝国
大和民族によるでも可

主権の主体が日本人で、それが建設した帝国。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 22:20:11 ID:F3d5OBst
複数の国家を糾合して成立する帝国には多民族国家という側面がある。
特に帝国を大躍進させた原動力を担ったのがいわゆる薩長、
則ち民族で言えば隼人と朝鮮人だという事実を忘れてはならない。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 22:33:43 ID:AVal3ijT
レッテルを貼って民族を意識させることは
現陛下の本意ではありません。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 22:46:23 ID:AVal3ijT
日本は日本国でいいの。そういう国なの。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 23:24:55 ID:F3d5OBst
天皇の本意を勝手に騙るな。
お前はエスパーかよ

355 :337:2005/10/22(土) 23:41:19 ID:Lg1qfUgM
>>339
「世界が認めているという事実」っていってソースがなかったから分からんかった。
でも確かに「Emperor Akihito」でググると検索してみると14万出てくるな。
「Tenno Akihito」の場合は911件しかないのに。

っつうわけでF3d5OBstの勝ち。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 23:50:57 ID:sB7MrtqV
>353
だよね。
nihon nippon japan こんだけ呼称あるんだもん、十分だよ。
国旗の美しさは世界一だよね。


357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 23:58:20 ID:F3d5OBst
欧米人はエンペラーと言えば今上天皇を思い浮かべているんだろうな

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 00:19:58 ID:HpnX1ce7
さて、ここで今後の日本の未来を予測してみよう。

(1) いわゆるニートやフリーターの増加が依然として継続する。
(2) 団塊世代の退職ラッシュ、及び (1) に伴う国内生産力の崩落。
(3) 少数の非力な若者が多数の無能な老人を支えるという、極めて脆弱な国家体制の確立。
(4) 中国の台頭、及び国内の無能な政治家による国際的地位の下落。
(5) ゆとり教育世代の押し上がりによって、尚もニート・フリーターの指数関数的増加。
(6) 所詮、国内でしか通用しない学歴を依然として追わされる改・ゆとり教育世代。
(7) 老人の死滅、及び連続的な台風の上陸による農業の衰退。
(8) トドメの関東大震災・東海大地震の連続コンボ発動。


結論:

日本は四半世紀以内に死亡確実wwwwwwwwwwwww

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 00:52:52 ID:6LL8hjTf
サザンクロス

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 00:54:12 ID:TEncICkm
カノッサ君は俺なんだが、F3d5OBstは自分の意見に反論する者をすべて同一人物
としか考えられないようだ。
ちなみに俺は昨日書きこみしてないからね。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 00:59:16 ID:zQ2tRO9W
豊葦原瑞穂

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 01:06:47 ID:qb9nymyn
それが共和国民の願望かね
そういう考えの浅はかさが奴らの君主制を短命に終わらせたんだな。

まあ、古代から帝国の長い伝統を育む日本人の資質というものを、今後の日本で繰り広げられる大改革を良く見て勉強するんだな。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 01:07:36 ID:TEncICkm
>欧米人はエンペラーと言えば今上天皇を思い浮かべているんだろうな

お前中卒で外国語もできないのになんでそんなに言いきれるんだよw
スペイン語でEl Emperadorと書いた場合はアルフォンソVIIを指す。

そしてスペイン語の権威であるReal Academiaのスペイン語辞書では、
Emperador=「ローマ帝国の最高位」とある。
ちなみにこの辞書は、スペインを始め中南米のスペイン語学者等が編纂にあたり、
「Real Academiaの辞書に書かれている言葉は全てスペイン語。
書いていない言葉はスペイン語ではない」と言われている。
欧米人がEmperorと聞いて今上天皇を思い浮かべるわけないだろw

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 01:24:31 ID:TEncICkm
ヨーロッパで栄華を極めたローマ帝国の皇帝達を差し置いて今上天皇ってw
あり得ねぇwww

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 01:51:32 ID:qb9nymyn
天皇が皇帝か否かという議論の論点は
「天皇を皇帝と認めているのは誰なのか?」という問題に尽きる。
それにも関わらず揃いも揃ってカノッサ云々の的外れな故事に拘泥する馬鹿が湧いたら、
十把一からげで「カノッサ君」扱いだわな

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 02:00:02 ID:TEncICkm
質問は全部スルーですか?

ttp://tanakanews.com/991119uchida.htm

>そもそも「天皇というファンタジー」を正確に理解していなかった明治の
>元勲たちが、本来「教皇(Pope)」と訳すべき天皇に、近代化のための非常手段
>とはいえ、西欧の「皇帝(Emperor)」の役割を負わせ、明治が終わっても
>明治憲法を改正しなかったことが、あの悲惨な大戦を引き起こしたと考えるべきだ。

ttp://ss7.inet-osaka.or.jp/~asami/Tennou.html
>英語の"the Emperor"に正確に対応する日本語は「皇帝」である。「天皇」に正確に
>対応する英単語が存在しないので日本政府は「天皇」を英語で"the Emperor"と翻訳している。
>しかし、これは不適当である。

天皇の呼称については上記の他、色々と諸説があるのですよ。
天皇がEmperorと呼称されているのは紛れも無い事実。
俺はそれを踏まえた上で「天皇=Emperor」ではないと言っているのだよ。
第一呼称されているからイコールなのだと言ってしまったら、
なんでチャールス「皇」太子と呼ばれているのか説明がつかない。
親は王でも息子は皇帝の子か?

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 02:05:25 ID:TEncICkm
明日早いので今日はここまで。

第一お前は何を根拠に全世界が認めていると言っているのだ?
俺が貼り付けたリンク先も権威あるスペイン語辞書も認めてないぞ?
「呼んでいる」だけ。そして諸外国は天皇を皇帝として扱っているのでは
なく、皇帝の同位として扱っているのだよ。

ところで、このスレでお前が主観以外で客観的資料を提示したことが
あっただろうか?

それと、お前少しは寝ろよw

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 02:07:05 ID:L4oE1bF1
あさみ、、、。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 02:12:01 ID:L4oE1bF1
呼称の問題でなくて、
同格として扱っていることをもって
天皇=Emperorだと言っているんじゃ?


370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 02:14:53 ID:ZeRdZXC5
米国極東委任統治国

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 02:36:35 ID:qb9nymyn
どうもカノッサ君はピントがズレてるな。
天皇が皇帝ではないと言いたければ、天皇が外国から皇帝として認められてなどいない事を証明しなきゃならないが、
それ以外の余計な議論は無用だ。
どうして関係ない話ばかりして肝心な事をやらないんだ?

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 02:43:22 ID:qb9nymyn
それから俺の睡眠なんて心配するな。
俺の睡眠はナポレオン式だ。
俺はこの板の皇帝なので睡眠も皇帝式でとっている。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 03:09:53 ID:sLQjMc/2
>>36
英語圏では天皇の呼称の性質上「天皇は皇帝として認知されている」し、
スペイン語圏では同じく呼称の性質上「天皇は皇帝とは認知されていない」
だから、世界の公用語である英語でそのような表現がされているのならば、
少なくとも「天皇は皇帝である」は外れてはいないと思う。

で、「Emperador Akihito」で検索しても4,210件出てくるだけど、
これらはスペイン語とは違う言語なの?


そもそも、天皇という固有の名称をどう表現するかという問題であって、
「天皇は天皇であり、日本の皇帝である」であながち間違ってねえって事で良いんじゃねーの?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 03:12:18 ID:sLQjMc/2
>>36ってw>>367だしソーリー

で、日本の正式名称はやっぱ日本皇国でいいんじゃね?
英語表記の時は勿論「皇帝」に適応して。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 14:01:03 ID:TEncICkm
>>373
英語でもスペイン語でも皇帝及び天皇はEmperor(Emperador)と呼ばれている。
しかし両者とも一貫しているのは、一般的にEmperor(Emperador)として表現されているが、
性質上同じものではないということ。だからこそ俺は英語とスペイン語両方のリンク先
を提示した。両者とも一般的な呼称として認めているのだから、検索して数千件出てくるのは
至極当たり前。>>372が「英語で検索してみろ」と言っているが、検索結果の件数をもって一体
何を証明できると言うのか?悪いが俺にはその価値判断基準が理解できない。
そして俺がスペイン語の記述を特に取り上げているのは、よりラテン語の原型をとどめて
いるから。スペイン語のみが天皇をEmperadorと異質のものとしているのではなく、英語に
おいても同様なのだよ。
なぜなら、欧米人にとってEmperorとはローマ帝国及びその系譜を継ぐ諸帝国の皇帝であって、
天皇とは彼等にとってのEmperorのようなものという認識に過ぎないからだ。

おそらく>>372は、>>134あたりでの「天皇は皇帝なのか」とか「天皇と皇帝はどちらが偉いのか」
などの議論から進歩していないようだ。
俺の最初の書きこみは>>234であり、>>199に対し一提案としておもしろいと言ったに過ぎない。
そして俺は、一番最初に「天皇=皇帝かどうかについて議論する気は無い」という旨を言ってある。
俺にとってその議論はまったくのナンセンスであり、>>373の言うとおり、
>「天皇は天皇であり、日本の皇帝である」であながち間違ってねえって事で良いんじゃねーの?
で良いと思うし、そもそも俺はそのようなことをまったく問題としていない。
問題は>>372は欧米人のEmperorの概念が理解できず、俺が皇帝とEmperorを使い分けていると
いうことに気付いていないのだ。すなわち、彼にとって天皇=Emperorの否定は、天皇=皇帝の
否定であってそれに異を唱える者を同一人物として認識してしまっている。



376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 14:15:28 ID:+oyPysfU
修羅の国

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 14:41:59 ID:TEncICkm
そして俺が問題としているのは一点のみ。
欧米人にとってEmperorとはローマ帝国及びその系譜を継ぐ諸帝国の皇帝であって、
天皇とは彼等にとってのEmperorのようなものという認識に過ぎないということ。
彼等にはこのEmperorという概念があって始めてその同様の存在と見られる天皇を
Emperorと呼ぶことができるのだ。
だから「欧米人がEmperorと聞いて思い浮かべるのは今上天皇」などという考えは
まったくの事実誤認というより他ない。
彼の愛読書である英和辞典を調べれば「Emperor(皇帝)」とされているわけだが、
一体それになんの意味があるのだろうか?
皇帝と聞いて日本人が思い浮かべるそれと、Emperorと聞いて欧米人が思い浮かべるそれとは
まったく異質のものなのだから。

そして、俺がこの点にこだわるのはイギリスの大学院に在籍していたときの出来事が発端。
あるイギリス人が国際法の講義で天皇の戦争犯罪について意見した。
彼女に言わせれば、なぜ昭和天皇を裁判にかけて処刑しなかったのか理解できないとのこと。
これは、歴史問題も絡むが、そもそもトピズレになってしまうので俺は以下の点から反論した。

「西洋のEmperorの概念を以って日本の天皇を同じ存在とすることができない。
天皇とは文化であり歴史であり信仰である。人々を裁く法なるものが存在した場合、
Emperorはその制定者であろうが、天皇すなわち法である。
国際法であろうがなんであろうが、制定主体である天皇を法や信仰を以って裁くなどということは
日本の文明に対する最大の挑戦であり、日本人として断固容認することができない。」

歴史上EmperorやKingが処刑された例は多々あるが、今後何万年経とうとも外国が日本を
征服し、「第2次大戦の象徴である天皇を裁判にかけ処刑しろ」などということはあってはならない。
「裁判にかける」「処刑する」などとという発想自体が否定されるべきであろう。
件のイギリス人にとっては、Emperorといえども所詮は神に与えられた位に過ぎず、
法の制定者といえども法を犯せば罪に問われる。そして神の意志に背くことがあれば
その地位を失い、君主としてその文明に君臨することができないのである。


378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 15:13:57 ID:PcvPTd47
二本

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 16:59:18 ID:qb9nymyn
カノッサ君の理屈によれば、スペイン語圏でEmperador Akihito(=明仁皇帝)と呼ばれている君主は皇帝ではないと認識されているという話か?
そんな寝言を真に受けるようでは、せっかくのスペイン語力も百害あって一利無しだね。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 17:11:19 ID:qb9nymyn
カノッサ君が勘違いしているのは、欧米の皇帝と日本の皇帝の相違点を挙げて「だから天皇は皇帝じゃないんだよ」と喚いているだけ。
もしもemperorがローマ皇帝、もしくはその帝冠を継承したもの限定の称号だと仮定するなら、
「emperorのようなもの」をemperorと呼ぶ筈がない。
ローマ皇帝限定というのはそういう事だ。

現存する君主の中でローマ帝国とは無縁の天皇だけがemperorと呼ばれている現状から目を逸らして、
訳の分からんオレ様定義で区別するなや。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 18:18:44 ID:TEncICkm
>カノッサ君が勘違いしているのは、欧米の皇帝と日本の皇帝の相違点を挙げて「だから天皇は皇帝じゃないんだよ」
>と喚いているだけ。
そして君が勘違いしているのは、俺が「だから天皇は皇帝じゃないんだよ」と言っているように考えていること。
繰り返しになるがそれは俺はそこを論点としていないし一度たりともそのような発言はしていない。
どうしてもそこを問題としたいのであれば、俺は君の相手ではないのだよ。
これが君の唯一の拠り所だけに、俺がそう言ってくれないと困るのだろうが、残念ながら俺と君では話の次元が違う様だ。
そして、失礼だが君はだいぶ学歴コンプレックスが過ぎるようだ。
外国の大学院や外国語について触れた点は、単に概念の違いを説明する過程で使用しただけのことだから
あまり神経質にならんで欲しい。
英語でもスペイン語でも、Emperor(Emperor)という言葉はあくまで欧米の概念に基づくもの。
そして英語でもスペイン語でも天皇をEmperor(Emperador)と呼称することを認めた上で
「異質のもの」としている。
さらに注釈として別途「Mikado」という言葉が用いられる。
この概念の違いは、歴史は文化に由来するものであり、俺や君がいくら喚こうがどうしようもない。
したがって、「天皇が皇帝であるか否か」という問題とはまったく無関係。
そして、「欧米人がEmperorと聞いて今上天皇を思い浮かべる」というのは事実誤認なわけだ。
日本人が天皇(皇帝)と聞いて今上天皇を思い浮かべるとも言えるかもしれないし、
欧米人がTennoもしくはMikadoと聞いて今上天皇を思い浮かべることがあるかもしれない。



382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 18:20:21 ID:TEncICkm
>カノッサ君の理屈によれば、スペイン語圏でEmperador Akihito(=明仁皇帝)と呼ばれている
>君主は皇帝ではないと認識されているという話か?

この点についても勘違いしているようだが、まず最初に、「俺の理屈ではない」こと。
そして、天皇が皇帝ではないと認識されているのではなく、Emperadorと天皇では概念が違う
と述べていること。くどいようだが天皇が皇帝であるか否かの議論を君とした覚えは無いし今後も有り得ない。
君はEmperorの概念がわからないから、「天皇=皇帝」であるかという問題と「天皇=Emperor」
についての論点の区別がつけられないのだよ。
単に英語を自慢するためにEmperorと皇帝の使い分けをしているわけではない。
学歴コンプレックスに過ぎる君には難しいかもしれんが、なんとかこの違いを理解してもらえないかね。
それとも天皇は皇帝であるか否かについて話したいのであれば、誰か他の者としてほしい。


383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 18:32:05 ID:HvWrjMDD
>天皇は皇帝であるか否か

この区別は簡単。

皇帝は、条件さえ満たせば「誰でも」なれる。
天皇は、天照大神の子孫「しか」なれない。

皇帝の条件?
権力の保持とその正当化だよ。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 18:33:45 ID:qb9nymyn
英和辞典の常識にさえ挑戦してエンペラーが皇帝ではないと喚いているだろ。
君の思い込みとは裏腹にエンペラーというのは何もローマ皇帝限定の称号なんかではない。
皇帝一般を意味する英語だ。
訳の分からんオレ様定義で天皇をエンペラーではないと喚くのは、皇帝ではないと喚いている事なんだよ。
現に世界の君主達の中でローマ皇帝と無縁の天皇だけがエンペラーと呼ばれている現実がある。
カノッサ君の定義は間違いなのだよ。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 18:39:54 ID:HvWrjMDD
>>383の補足。
実際の歴史をみればわかるだろ。
中国歴代王朝の君主はもちろん、アウグストゥスもカール大帝も
ナポレオンも、はては「中央アフリカ皇帝ボカサT世」まで、
権力を握ってかつそれを正当化してのち、皇帝になっている。

しかして天皇は、天照の子孫以外の者がなったことはない。
戦後占領期の「熊沢天皇」だって、南朝の子孫を自称してた。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 18:42:47 ID:qb9nymyn
それは他所様と日本の皇帝の相違点を挙げているだけだな

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 18:50:38 ID:L4oE1bF1
正統性だからね。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 19:00:28 ID:TEncICkm
さて、お友達が出てきてくれたみたいだから、「天皇=皇帝」問題はそちらの方と。
君は英和辞典信奉者のようだが、生憎俺は言葉を調べる時、英和辞典などで調べた後
英英辞典で調べることにしている。
例えば同じ「金髪」でも各国概念が違うのだよ。そして色の概念も違う。
南ヨーロッパで金髪と言われていても、北欧ではそれを金髪とは言わないということが
あるから。

こんなジョークがある。
あるイタリア人が、ドイツで引ったくりに遭った。
彼は警察に「金髪で大柄の男」と言った。
後日犯人が別件で捕まったのだが、犯人は栗色の毛にドイツ人にしては小柄。
警察はそのイタリア人の件とは別ものと判断し、不起訴処分となったとさ。

そして君は英和辞典を片手に「金髪大柄のこいつだ!」と訴えるわけだ。

俺が触れているのはエンペラーではなくEmperorだ。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 19:11:57 ID:qb9nymyn
ちなみにボカサは皇帝になってないよ。
他の国は一つとして彼の皇帝位を認めなかったから単なる自称に留まった。

外国から認められていないのに自称だけで皇帝になれる訳ではない。
因みに天皇が始めて国際的に皇帝として認められるようになったのは、
従来から国際的に皇帝として認められていた清朝皇帝が公式に天皇を自分と対等の君主として認めて以来の話。
このように、国際的に皇帝と認められる為には他の皇帝による承認が不可欠だとするのが現在における国際儀礼のルール。

それでボカサ君もかつて朝鮮王を皇帝扱いした日本なら気前が良さそうだと思ったのか、日本に自分を皇帝として認めるよう打診してきたが、
日本は拒絶したという話だ。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 19:16:16 ID:L4oE1bF1
一般的に、
権力の完全な掌握と、
神話と結びつくような正統性によって
皇帝がうまれるでしょ。

国民の共有する神話が違えば皇帝の意味するものも変わるでしょ。

他の国の「皇帝」を自国の「皇帝」と同格に扱うことはあっても
両方を同じものであると考えるとは思えないよ。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 19:16:36 ID:qb9nymyn
エンペラーとはemperorの日本語表記に過ぎないので意味に違いなど無い。
「綴り方が違うから別な概念だ」みたいな寝言に逃げるなよ。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 19:18:38 ID:w9Q+RPBh
>>391
外国語と世界史の教育受けてないでしょ。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 19:18:52 ID:qb9nymyn
皇帝というのは君主の格式なので、同格ならその他の相違点に関わりなく「同じ」なんだよ。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 19:20:34 ID:qb9nymyn
エンペラーが皇帝ではないといった馬鹿げた教育を施された事は無いな。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 19:25:04 ID:L4oE1bF1
格式が同じでも、
それぞれの国民にとっては、
違うものを指すと思うよ。



396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 19:27:40 ID:qb9nymyn
今のemperor(=、emperador、エンペラー、皇帝)は天皇だけだよ。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 19:39:23 ID:sLQjMc/2
395が今良い事言った。
TEncICkmとしてみたら、
日本の天皇は他国の皇帝とは違う要素を持っているからこそ、
たとえemperorと表記されていても、
「皇帝に近い存在であってそのように表記されるが正確には違う」って言いたいのか?

どのぐらいの差があるのかは知らないけど、TEncICkmが「西洋の皇帝」と一くくりにするモノの中にも、
「天皇」と「皇帝」程度の差がある皇帝は普通にいるんじゃね?
オレはよう知らんけど。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 19:57:18 ID:sLQjMc/2
で、実際インターネット上で天皇の英訳としてemperorが一般的に使われてるって事は
天皇=emperorって用法は完全に正しくないにせよ、間違ってないんじゃない?

で、言語を翻訳する際は「最も意味の近い別の言葉」への置き換えが定式(な筈)だし、
天皇がemperorではないって事は、征夷大将軍はgeneralじゃないし、
正義はjusticeじゃないって言ってるようなもんじゃねーの?

だから日本の国名が日本皇国になるならemperorって単語を使う事になるだろうし、
それは教皇とかの表現とかよりも適してるんじゃね?

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 20:03:52 ID:qb9nymyn
いや、今でも実際は天皇=emperorだから。
他のエンペラー達との相違点なんて無関係。
国際儀礼の慣例で皇帝の格式を認められた君主が正真正銘の皇帝(=エンペラー、emperor、emperador)なのだよ

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 20:53:45 ID:TEncICkm
>外国から認められていないのに自称だけで皇帝になれる訳ではない。
>因みに天皇が始めて国際的に皇帝として認められるようになったのは、
>従来から国際的に皇帝として認められていた清朝皇帝が公式に天皇を自分と対等の君主として認めて以来の話。
>このように、国際的に皇帝と認められる為には他の皇帝による承認が不可欠だとするのが現在における国際儀礼のルール。

さすがに妄言が過ぎますな・・・
君の論拠を裏付けるソースをついぞ見たことがない。
できればリンク先または書籍名だけでも教えてもらえないかな?


401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 20:59:12 ID:qb9nymyn
国際儀礼には不文律が少なくないんだよ。
真偽を確かめたければ外務省の知り合いにでもコッソリ聞けば?

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 21:05:52 ID:CElZVPvf
日の本
日本連邦皇国

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 21:08:01 ID:TEncICkm
みなさん聞きました?
不文律ですってw

国際儀礼のルールブックを出せと言っているのではなく、その主張を裏付ける
学説なり諸説なりの客観的ソースでいいんだよ。
言い出したのは君なんだからさ、外務省などといわずにこっそり教えてくれよ。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 21:19:49 ID:jG+dAEEh
ほらよ。
http://www2.aia.pref.aichi.jp/kikaku/j/sonota/kokusaigirei.html

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 21:42:12 ID:w9Q+RPBh
欧米人に天皇がエンペラーと呼ばれて自尊心をくすぐられるウヨが馬鹿
である理由。

欧米人にとって立憲君主制の起源はローマ帝国。
君主の上、あるいは起源がEmperor.

では、現在欧米人が天皇を唯一のエンペラーと呼ぶからといって、日本の
愛国者は自尊心をくすぐられていいのか?

実は今の天皇制は、決して日本をイギリスのような立憲君主制にさせない
ためのGHQによる見事な仕掛けなのだ。
なぜそうしたか?
天皇が君主のようにふるまった場合、イギリスの王室と違って影響力が甚
大だからである。
だから天皇が契約による自由な君主にさせないで、自由を奪い、ただの象
徴に押し込めておくシステムが今の天皇制なんだ。

だから呼び名も歴史用語に過ぎない現実との接点をもたないEmperorなわけ。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 21:42:55 ID:TEncICkm
>>404って>>401
なんかIDが違うんですけど。
まさかこれがソースってことはないと思うが…
ごめん。こればかりは笑いが止まらない。

>>401によると、
・天皇が始めて国際的に皇帝と認められるようになったのは、清朝皇帝が公式に天皇を自分と
 対等の君主として認めて以来の話
・国際的に皇帝と認められる為には他の皇帝による承認が不可欠であり、それが現在における
 国際儀礼のルール

なのだそうだ。
だからその論拠となる学説なり諸説なりソースを出して欲しいのですけど…


407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 21:59:44 ID:jG+dAEEh
ああ、リンク先を間違えた。
悪いが自分で検索して探してくれ。


408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/23(日) 22:10:12 ID:qb9nymyn
他の皇帝とは異なり天皇家だけが長続きしている理由は、
実権を振り回さない知恵があったからだよ。
権力にしがみつく君主は次々に出現する他の実力者達との権力闘争に巻き込まれ、
いずれは誰かに負けて玉座から引きずり降ろされる。
天皇家は古代よりそういう権力闘争から自ら遠ざかる事で長い伝統を維持し、
その成果として世界最高の権威となったのだ。
そんな事も理解できない反日勢力の方が馬鹿なんだよ。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 03:18:31 ID:M/2W+z4E
ten-nouが皇帝という、名誉的な尊称で呼ばれていることの意味が解っていないね。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 08:41:05 ID:aLXkdaOf
( ゚д゚)ポカーン>>405


411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 09:54:48 ID:xHAwrRep
>因みに天皇が始めて国際的に皇帝として認められるようになったのは、
>従来から国際的に皇帝として認められていた清朝皇帝が公式に天皇を自分と対等の君主として認めて以来の話。
これって本当?
事実なら清もなかなか親切だな


412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 10:09:35 ID:oQdB1zHr
中国様の許可を得たんですか?
得てないでしょ?

岡山人民共和国(・∀・)イイ!

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 10:51:35 ID:kLKPIysa
征台の役の停戦交渉で交わされた文書において天皇を大日本皇帝、清の方を大清皇帝と記して対等の君主である事を強調した。
国際的に天皇が皇帝として扱われた最初の一件となる。
だから明治初期から天皇は皇帝。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 10:59:18 ID:z8D23sAv
とりあえず天皇=皇帝でFA?

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 11:15:59 ID:kLKPIysa
許可というよりこんな感じ

李鴻章「アンタが日本の外務卿ね。とりあえず陛下に挨拶する時には三回土下座してね。」
副島種臣「断る。英国公使は立礼で良いそうだが、何で大日本皇帝の名代としてやって来たオレが清皇帝に土下座しなきゃならないんだよ。」
李「そっ…それは、英国人は東洋の礼儀を知らない野蛮人だから仕方なく…」
副島「天皇は清帝の友人として問題解決の為にオレを代理に立てて北京に派遣した。名代のオレが土下座すれば天皇が土下座した事になる。
友人に3回土下座させるのが東洋の礼儀だと?寝ぼけるなよ」
李「しっ…失礼しました!立礼で充分ですっ!」
てな経緯。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 19:36:06 ID:xHAwrRep
>>415
副島とやらはなかなかの切れ者だな。
今の無能外務省だったら何も考えずに言うとおりにしそうだ。


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 19:45:57 ID:X/leML3U
しなくて良いことをちゃんと断れるってのは必要だよな
勿論必要なら低姿勢になるべきだが
無礼な輩にそんなものは不要でしょう

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 20:34:36 ID:kLKPIysa
日本の君主が皇帝(=emperor)ではないなどと喚く奴らは、東洋の礼儀どころか西洋の礼儀も英語も世界史も知らない野蛮人という訳。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 21:12:56 ID:M/2W+z4E
>>418
だから、オメーのいう天皇の皇帝権って、何なんだよ!
箇条書きにして書いてみな!

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 21:15:42 ID:1jzp0Wpf
権威は押し付けるものではない。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 21:24:08 ID:XPH2OEPY
ヤマト

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 21:24:11 ID:kLKPIysa
皇帝権云々はオレが言い出し始めたタームではないのだが、
何故唐突にそんなもんをオレが箇条書きしなくてはならないんだ?

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 21:37:49 ID:kLKPIysa
天皇の権威というのは周囲がおのずから認めるに至ったものだ。

天皇家よりも歴史が浅い新参者の君主どもが古株である天皇家の権威を軽視すれば、
自分自身の地位まで軽んじられる事態に甘んじなくてはならなくなる。
新入りの君主家としては、自分の玉座に箔をつける為にも格上の天皇にはそれなりの敬意を払う必要があるのだ。
それは君主制の維持に失敗した共和国で君主のパチモンとして用意される大統領にとっても事情は同じ。
国際儀礼の席次では君主の代用品に過ぎない大統領は君主よりも下座を指定される慣例だ。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 21:52:04 ID:1jzp0Wpf
どうして大統領を持つ国を下に見るような書き込みをするの?

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 22:13:57 ID:kLKPIysa
国としての格式が君主国よりも低いからな。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 22:31:00 ID:1jzp0Wpf
そういわれた国の国民がどう思うか、
考えが至りませんか?

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 22:31:54 ID:1jzp0Wpf
思いが至りませんか?

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 22:35:29 ID:kLKPIysa
君主制の維持にしくじった自分達の愚劣な先祖を恨めば?

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 22:43:32 ID:1jzp0Wpf
まるで天皇家の「権威」にしか興味がないようですね。


430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 22:51:23 ID:TsBaps1E
さて、カノッサ君がやってきたわけだが。

ID:kLKPIysaへ
・天皇が始めて国際的に皇帝と認められるようになったのは、清朝皇帝が公式に天皇を自分と
 対等の君主として認めて以来の話
・国際的に皇帝と認められる為には他の皇帝による承認が不可欠であり、それが現在における
 国際儀礼のルール

自身の発言の論拠を提示してください。
学説なり諸説なり客観的なソースを出してくださいと言っているのだよ。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 22:58:35 ID:TsBaps1E
例えばこういうことを言うのだよ。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87

>なお、これらの扱いはあくまで外交儀礼上かつ相対的なものであって、現実の国際社会の様々な
>局面においてまで、一部で喧伝される「日本国天皇が世界中で最も地位が高い・権限がある」等々
>のことを示すものではない。



432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 23:16:00 ID:kLKPIysa
wikiの電波を鵜呑みにする前に、中公新書「台湾出兵」くらいは読んで来いよ。
あいにくこっちは携帯なんでリンク先のコピペはできないんだ。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 23:20:31 ID:kLKPIysa
それからオレは別に天皇の権威にしか興味が無い訳ではない
自分達のダメさ加減を自覚できない共和国民どもの逆恨みに一々耳を貸す気にならないだけだ。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 23:27:08 ID:TsBaps1E
wikipediaに事実誤認があれば、別の論拠を以って反芻を挙げれば良いだけの話。
間違いがあっても不思議ではないし、wikipediaが唯一絶対なわけでもない。
反論となる客観的な論拠を挙げよ。
俺が求めている資料はリンク先でなければならないなどと一言も言っていませんが?
客観的資料を提示してくださいと言っているのだよ。
己の発言の論拠だよ。それとも論拠はありませんかな?

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 23:33:03 ID:kLKPIysa
天皇がエンペラーと呼ばれている現実は、エンペラーが別にローマ皇帝専用の称号なんかではない事を示す証拠だという事もまだ理解できないのかね?
アホちゃうか?

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 23:59:48 ID:TsBaps1E
>>435
ソースを提示できない者の典型例になりつつあるな。
余計な言葉は要らないから、己の発言の論拠を示してください。

俺は繰り返し述べてきたが、>>435は自身の発言の論拠たるものを一度として提示していない。
提示していないと言うより、彼の発言には論拠など無いのである。
にもかかわらず、「常識」「世界が公式に」「国際儀礼のルール」などと述べているが、
これを一般的に「妄言」と言う。
論拠が無いのであれば、「自分は〜と思う」「〜かもしれない」と断っておけば良いものを、
言うに事欠いて「国際儀礼のルール」だそうな。
俺は自分が論点としない点についてはこのような妄言が過ぎようともスルーしてきたが、
他の論客達には是非彼の発言の裏付けというものを行って欲しい。
例えば別件ではあるが、
>ちなみにボカサは皇帝になってないよ。
>他の国は一つとして彼の皇帝位を認めなかったから単なる自称に留まった。
と述べているが、その理由である「国際的に皇帝と認められる為には他の皇帝
による承認が不可欠であり、それが現在における国際儀礼のルール」の論拠を挙げる
ことができないのである。
彼がこのスレで唯一立証できたと言えるものは、「英和辞典にemperorの対訳として
皇帝と“書かれている”」の一点のみではなかろうか?
>>435は、もし己の発言の論拠となるものが挙げられないのなら、その旨を明らかにし、
以後妄言を慎むことだな。

もう何度目になるかわからんが、己の発言の論拠を提示してください。






437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 00:22:42 ID:Gm3X9Oha
勝利宣言か
青い奴だな
エンペラーとemperorが違う式の詭弁をほざくアホ相手に一々新書程度の基礎知識をコピペして反論する暇人など居ないよ。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 00:30:50 ID:GVe2s4be
>>437
おやおや。
当初の勢いはどこへやら・・・?
一日中様々な時間に書きこむほどの時間があるのに、己の発言の論拠を提示する
時間はありませんか?
「新書程度の基礎知識」とは何を言いたいのかさっぱりだが、つまり「論拠はある」と
理解してよろしいか?
それは心強い。

・天皇が始めて国際的に皇帝と認められるようになったのは、清朝皇帝が公式に天皇を自分と
 対等の君主として認めて以来の話
・国際的に皇帝と認められる為には他の皇帝による承認が不可欠であり、それが現在における
 国際儀礼のルール

論拠を提示してください。よろしくお願いします。




439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 00:39:26 ID:Gm3X9Oha
先日からオレは携帯から書いてるというのに、執拗にソースソースと喚くのはこっちが貼れない事につけこんでるだけだろ
しかもお前が要求してるソースなるものは、日頃から新書や辞書を読んでる奴なら常識みたいな話ばかりだ。
そんなもんに一々ソースを求めるような奴が議論に真実を追求していると見なす理由がない。
だからこっちは携帯で構わないんだよ。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 00:47:09 ID:7wVhTf1B
天皇家は「日本国」の「天皇家」だからこそ権威と正統性があるので、
わざわざ「エンペラー」などと言わなくても良いのよ。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 00:51:42 ID:Gm3X9Oha
君主の格式は外国相手の問題だから、時として英語表現が要るんだよ。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 00:56:09 ID:GVe2s4be
>>439
>日頃から新書や辞書を読んでる奴なら常識みたいな話ばかりだ。
ほう、新書や辞書に君の発言を裏付ける論拠があるわけか。
すると、なぜ>>407で「リンク先」を間違えたのか…?
>>407は別人ですか?
しかし>>432で携帯だから「リンク先」のコピペができないと言っている…
いやはや…

>>323
>で、お前は自慢の英語力で「Emperor Akihito」を検索した結果、
検索はできるんだね。

そもそも、書籍であるならば携帯であろうとも該当個所を抜粋し、著者名、書籍名及び
該当ページを書けば良いのでは?

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 00:58:15 ID:Gm3X9Oha
本心から真偽を確かめたければ、ぐだぐだ言わずに中公新書くらい読めよ。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 01:05:22 ID:Gm3X9Oha
Emperor Akihitoのヒット数が膨大な数になる事なら昔から世間の常識だよ。
自称留学経験者が今まで知らないはずがない。
お前は自分の詭弁を補強する為に敢えて不都合な話をトボケているのか、
どこかで嘘をついているという事だ。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 01:07:41 ID:GVe2s4be
>>443
中央公論新社が発行している新書のうちのどれかに君の発言の論拠があるということで
よろしいか?
それでは著者名、書籍名そして該当個所を明示してください。
辞書についてもお願いします。
リンク先も忘れちゃいけませんよ。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 01:12:12 ID:Gm3X9Oha
手元には携帯しか無いんだよ。
事実に興味があるなら自力で探せば?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 02:10:27 ID:GVe2s4be
長いので数回に分けるがご勘弁を。

君はその書籍を読んだのだろ?常識であると認識するほどに複数回も。
だからその著者と書籍名、そして該当個所を教えてくれと言っているのだ。
「××社、○○著、△△という本の何ページ何行から何行まで」
辞書については辞書名と該当語句。
リンク先についても読んだのであろう?
君が携帯しか持っていないことと何の関係がある?


448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 02:11:12 ID:GVe2s4be
もし、論拠が無いのであれば、己の発言を撤回し訂正すればよい。
そして今後「〜と思う」「〜かもしれない」と、あくまで己の私見である旨
を述べれば良い。
無いなら無いと言ってくれれば俺もそれ以上追求する気は無いよ。
誓って言うが、「逃亡した」だの「論破された」などと君を罵る意図はまったくない。
それはあまりにみっともないし無意味だ。
俺は単に他人の意見を聞きたいだけなのだよ。君を説得するつもりも論破するつもりも
無い。だから君も他人を侮辱したり真っ向から否定するのではなく、他者の意見
も尊重して欲しい。「日本の正式国名を考えよう」と言っているのだから、様々な意見が
あって良いはずだ。


449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 02:11:48 ID:GVe2s4be
そしてその中で俺が言いたいのは、欧米人の概念を以って天皇をEmperorとしてしまうことに
俺は異を唱えるということであり、理由は>>377のとおり。
俺は天皇を戴く日本を誇りに思うし、今後もその伝統と格式を守って欲しいと思っている。
しかしそれは他国に対して優越感を持つためではないし、他国を卑下するためのもの
でもない。
俺自身>>444を馬鹿にするような発言をしたことを認めるし、それは失言であり申し訳ない
と思う。
今後>>444が他の論客や他国を馬鹿にするようなことを言わない限り、俺はこれ以上
君にソースの提示を求めることはしない。


450 :これで最後:2005/10/25(火) 02:12:32 ID:GVe2s4be
しかし覚えておいて欲しいのは、物事を一般論や常識、あるいは公式見解などとして
語る場合、当然の如くその論拠を求められるし、論拠にも必ずと言ってよいほど諸説や異説がある。
それらを踏まえた上での議論は大いに結構だと思うし、そうであって欲しい。
そして俺はそれらを研究することを生業としており、「たかが2ちゃん」と言われようが
研究材料を集めるためには非常に有意義な掲示板なのである。
ただし、職業柄Emperorと天皇の概念の違いはどうしても譲れない点であったということを
理解して欲しい。

申し訳ないが、特に主だった反論が無い限り、今後はしばらくROMさせてもらう。
毎日文章を書きこむのは正直時間的にきつい。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 03:49:57 ID:Gm3X9Oha
悪い事をやっていたと自ら認めたのは大変殊勝な限りだ。
以後は2度とあんな卑劣な真似はするなよ。

さて、本のタイトルなら既に書いてある。
興味があるなら探して読むといい。ここに書いた俺の意見に裏付けが有るのか無いのかは読めば分かる。
つーか仮にも本職の端くれなら関連しそうな新書のタイトル位は手当たり次第に網羅すべきだ。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 09:28:32 ID:2n0cpZXh
>451は、まったく旧来の信条右翼そのものだ。理論的なところは全く無い。

>>450に質問したいのだが、もし質問に興味を持ったら取り上げて欲しい。
興味が無かったら無視して結構。

>>職業柄Emperorと天皇の概念の違いはどうしても譲れない

ここに、少し拘ってみたい。
明治憲法下の天皇と、現憲法下の天皇の違いを権力論の側から裁断すると、
明治憲法下の天皇はエンペラーとして、現憲法下の天皇はキングとして分類される。
これは、日本の天皇の歴史的特殊性を全く無視した粗雑な議論にみえるかもしれないが、
近代国家というフレームを纏った明治期以降の日本を分析する場合、欧米の政治概念を用いる以外
他に、どんな方法が有るとお考えか?
日本の特殊な習俗や民族性や権力様態を、西洋の概念に移し替えることに、些かなりとも違和感を感じるのは判るが、
天皇はエンペラーとは違うという場合の、その言葉同士の偏差を欧米人に説明する場合、丸山真男の無責任体系論以外、貴方は、どんな説明をお持ちか?







453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 11:56:25 ID:Gm3X9Oha
理論的な所が無い訳じゃなくて、
君の粗雑な教養水準では俺の指摘を理解できてないだけだよ。

天皇、もしくは日本の朝廷が古来より支那皇帝の真似をして一介のキングに留まらない「王の中の王」すなわちエンペラーとして扱われる事を志向しているのは明白だ。

年号という習慣を例にとる。
皇帝とは天の子であり、諸国の王たちを含め全世界の支配者だと規定(妄想)するのが支那皇帝の特徴である訳だが、
年号の制定とは単に空間のみならず、時間までもが皇帝の支配下にあるという考えを示す制度だ。
東洋のエンペラーにはそういう権威も備わっている必要があるが故に、支那皇帝と対等たらんと志向する君主は独自に年号を決める必要に迫られ、
あるいはシナ皇帝に臣下として忠節を誓う為に独自の年号を廃してシナの年号を使い続けた朝鮮半島の君主たちのような例も実在した。
それ以外にも東洋のエンペラーに欠かせない「夷」の存在を必要とした日本の朝廷は、熊襲、蝦夷、隼人などを夷として規定していた。

因みにこの命名は陸(熊)、海(海老)、空(隼)の動物から採ってあらゆる空間の全生命体を象徴する。

東洋的な基準に照らしても、天皇はキングではなくエンペラーだったんだよ。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 16:37:30 ID:Gm3X9Oha
それにしても明治憲法の天皇がエンペラーで現憲法の天皇がキングだという発想はツッコミ所が幾つもあるな。
最初に厳しい現実を指摘しておくが、明治憲法であるか新憲法であるかに関わりなく、
天皇には過去数百年来実権など無いというのが実態だ。
「天皇には実権があるんだってば!」と条文に明記されているか否かという問題は、実際に天皇が実権を掌握しているか否かとは別次元の問題だ。
従って明治憲法施行後も実権を持っていない点では戦後と寸分変わらない天皇が憲法の記述に影響されてエンペラーになってみたりキングになってみたりした事実など無い。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 17:29:49 ID:Syb2uL4C
インペリアル オブ ジャパンでいーじゃん。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 17:38:38 ID:Gm3X9Oha
これらの事実から分かるのは、とある君主が果たしてエンペラーであるのか否かという問題は、
彼が帝国内の実権を掌握しているか否かとは直接関係ないという事だ。
明治憲法施行以前の日本は公式にいうと大宝律令以来、天皇を専制君主として規定する律令国家だった。
ところが実際に天皇が実権を握る事は極めて稀であり、
そればかりか律令に規定されていない臨時職(令外官)に過ぎない征夷大将軍指揮下の軍事機構が実権を行使して帝国を統治する状態が日常と化していた。
天智天皇のような実力者は割とすぐに消されちゃう(しかも消された事さえ伏せられる)のが日本社会の裏ルールなんだよ。
つまり、実権の在り処は天皇がエンペラーか否かという問題とは関係ないし、
憲法や律令の条文と実権の在り処も実際には関係ないという事だ。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 19:08:04 ID:7wVhTf1B

共和国を馬鹿にしてた人と同一人物?


458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 19:08:36 ID:Y+VKL0TZ
戦争責任が問われない元首はもはや元首に値しない。
そんなのはエンペラーみたいなもんだろ。
満州のエンペラーはちゃんと責任とらされたけどな。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 19:18:47 ID:7wVhTf1B
戦争責任とは何?
戦争をした責任?
戦争に負けた責任?


460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 19:20:22 ID:7wVhTf1B
ここに関係ないか、。  
やっぱり、日本国がいいです。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 19:40:21 ID:8mUTguym
>>460,
スペインも、正式に、スペイン(SPAIN、ESPANA)、国であることを特に示す必要のある時は、スペイン国またはエスパーニャ国(エスタード.エスパニョール)。政体も日本に似てる。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 19:43:23 ID:buAWrUMB
もう日本国でいいだろww過去レス見てただけで頭痛くなった・・・

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 20:09:08 ID:Y+VKL0TZ
天皇はエンペラーであって君主ではないことが理解できた。
日本には、政治に関わらない象徴がいるだけで、君主がいない。
つまり日本は共和国なんだよ。

「日本共和国」

これでいんじゃない?


464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 20:20:25 ID:bvs1e+e6
>>455
Imperialは形容詞だからEmpireかな…

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 20:32:23 ID:7wVhTf1B
自分にとって都合のいい主張を受け入れただけでは?


466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 20:36:42 ID:7wVhTf1B
何をどういおうと、
天皇は天皇であり、
日本の歴史そのものだとおもう。


467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 20:41:09 ID:8mUTguym
天皇の神性が否定されたにもかかわらず、日本のemperor-worship(君主崇拝)は残っている。これらのことに対して、
共和制はその対極にあり、日本には共和制名称は乖離しているのでは。アキツシマなどではいけないのかな。
@スペイン王国からスペインに正式名称が変わった経緯、調べてみたら。

468 :ドコの国でしょうか?:2005/10/25(火) 21:07:13 ID:yk4cEItr
ヒント
@中国・韓国人に対し、大量虐殺,強姦,強盗,略奪,放火などの蛮行の限りを尽くした国。
A借金超大国である。総額500兆円であり、赤ん坊から死にそうな年寄りまで国民一人当たり300万以上の借金。
B学力低下で頭が悪い国である。身体もヒョロヒョロ。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 22:07:12 ID:JabAzz+Z
反日教育で腐れた脳みその中にしか存在してない国

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 22:30:44 ID:Gm3X9Oha
エンペラーというのは、色々なタイプが存在する元首の中で最高の格式を持つ存在なんだよ。
今ではエンペラーの格式を持つのが日本の元首だけしか居ない。
戦争責任を問われるかどうかは関係ない。
日本の元首の場合は昔から実権の所在と切り離された権威だけの存在なので、
実権を持つ者とは異なり責任など負わないというだけだ。
太陽は人類のやる事に責任を負わない。
エンペラーが実権や責任を兼備した存在だと思い込んでる馬鹿どもにでも分かりやすく例えたらそんな感じだ。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 22:56:25 ID:Gm3X9Oha
それから、天皇が神性を否定された事実は無い。

正確に言えば、「自分は人間だ」と発言した「神性を持つ君主」が居たに過ぎない。

生物学的には取り立てて能力や形質が異なる訳でもないホモ・サピエンスの一個体に過ぎない今上天皇やその父親も、
何故、全世界の国家権力から特別な血統として扱われているのかを良く考える事だ。
天皇家の血統に対して何らかの呪術的な価値を認めなければ有り得ない特別視に他ならない。
それが今も天皇にまつわる神性なんだよ。

472 :愛国者:2005/10/25(火) 23:32:08 ID:BfwsXJxm
大東亜国

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 23:34:17 ID:VQmUyHW/
一番説得力があるのはID:Gm3X9Ohaだな。
この人が中卒だって?w


474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 23:47:35 ID:mAQxv0Ek
73 名前:名無しさん@6周年 :2005/10/25(火) 23:31:15 ID:5PKfryH40
コピペスマソ。協力求むw

工作員活躍中=日本の危機
【皇室】「女性天皇容認」で、全会一致…皇室典範有識者会議★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1130249573/


475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/25(火) 23:58:05 ID:RbQvPhiG
東朝鮮

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 00:06:48 ID:LDHphlHH
「知ったことではない」の声が大きくなれば消えてしまう
傲慢な考え方だ。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 00:08:15 ID:LDHphlHH
天皇の権威を間接的に貶めている。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 00:13:02 ID:0rnHcx4K
Gm3X9Ohaの中の人は古株の某コテっぽいな
このスレにもちょっと書き込んでたし。
低学歴を自称したりソースを出さない所が似てるんだよな

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 00:16:06 ID:duWQzx9o
emperor worshipや王政と共和政体は、思想的には、かって敵対関係にあった。だから日本に共和国は無理。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 00:18:35 ID:f4ShTpP2
>>476-477
唐突に何を言ってるのか分からないんだけど?

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:00:48 ID:blhCbY3I
>>452

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:07:50 ID:blhCbY3I
ごめんミスったw
>>452
俺は>>450じゃないけどその話は興味ある。
たぶん君は博識なのだと思うけど、難しくて他の奴等にはわかりづらいかと。
これで>>450が現れて二人でどんどん議論を進められたら俺にはちんぷんかんぷんだ。
>>450の話も難しかったがGm3X9Ohaが議論のレベルを下げてくれたおかげで理解できた。
できればもう少し噛み砕いた文章にしてくれると助かるのだが。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:12:30 ID:blhCbY3I
しかし昨日のは傑作だったな

「ソースを提示してください」
「け、携帯だから・・・」
「ソースですよ?携帯でもできるでしょう?」
「新書や辞書だよ!」
「書籍なのですか?それでは著者名と書籍名を」
「だ、だから携帯なの!」

無様に論破されたのに>>450が去った後態度が豹変するGm3X9Ohaがウケルwwwwww


484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:21:42 ID:wsNW6aDx
そんなに悔しがるなよ。
反論があるなら具体的に書けば良い。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:24:47 ID:3JEqJ5Al
>>452といったら
>明治憲法下の天皇はエンペラーとして、現憲法下の天皇はキングとして分類される。
みたいな電波を飛ばしてるんですが?
実は本人降臨か?w

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:33:43 ID:blhCbY3I
「権力論の側から裁断すると」が読めないらしい。
けけけけ携帯だからな?wwwww


487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:40:18 ID:wsNW6aDx
俺の指摘に対して具体的に反論できずに人格の中傷に終始してれば、いつもの馬鹿だな。
いつも同じ所でつまづいてるから同一人物と見破られる。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:42:23 ID:wsNW6aDx
裁断?
国語辞典も無かったのか?

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:44:07 ID:blhCbY3I
携帯だからソース出せませんなんて始めて聞いたよwwwwww


490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:44:26 ID:vOkYmRej
そういえば昨日の人も反芻とか変な誤用が目立ったな。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:48:19 ID:blhCbY3I
>>452が降臨するまで待てばいいじゃんw
そしてお前はそれまでに存在しないソースを探す
しかしお前の携帯って本の名前も漢字変換できないのか?wwwww



492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:48:22 ID:wsNW6aDx
こちらは出先の暇つぶしだからな。
だいたい辞書や新書の記述程度の情報に一々ソース要求なんかしてるのは議論を頓挫させるのが目的としか思えないね。
特に昨日は携帯だと断ってるのを知りながら執拗に要求していたから悪質だ。
単なるサボタージュじゃん。

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:49:50 ID:blhCbY3I
一日中暇つぶしか?wwwww
本の名前も漢字変換できない携帯で?www

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:50:04 ID:wsNW6aDx
タイトルはこのスレで教えてやった筈だが、揃いも揃って見落としてるのか?

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 01:53:01 ID:vOkYmRej
432:名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/24(月) 23:16:00 ID:kLKPIysa
wikiの電波を鵜呑みにする前に、中公新書「台湾出兵」くらいは読んで来いよ。
あいにくこっちは携帯なんでリンク先のコピペはできないんだ。


何故か「全員が」見落としてますなw

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 02:05:59 ID:wsNW6aDx
威勢良く言い掛かりをつけていた事に詫び一つ無くいきなりダンマリかね。
クズが。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 19:15:28 ID:31L5vRGn
日暮里

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 20:26:26 ID:35XWcFqY
>>468
http://tool-3.net/?id=kanakana&pn=3

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 20:49:44 ID:wsNW6aDx
天皇が皇帝か否かという問題に権力の所在など関係ないという俺の指摘に反論を試みる人はもう居ないのかい?

天皇がエンペラーかどうかという問題についても英和辞典を引くだけですぐに解決する。
エンペラーの項目では大抵「皇帝、帝王、天皇」と和訳され、
場合によって[史]ローマ皇帝と付記されているものもあるというに過ぎない。
つまりエンペラーをローマ皇帝専用の称号と認識するのは間違いだという訳だ。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 22:02:45 ID:JH8an3tS
500get

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 22:54:42 ID:duWQzx9o
カエサル?

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 23:29:05 ID:blhCbY3I
お前自演してんじゃねえよ。バレバレだぞw
しかしなるほどなるほど。中公新書「台湾出兵」に載っているんだな?
該当ベージは?
お前まさか俺がその本読み終わるまで時間稼ぎしようとしてるんじゃないだろうな?w
どうせ「一通り読めば著者がそのように言っていると理解できない奴は馬鹿」とか言って
逃げるんだろ?
とりあえず該当ページを言えよ。「〜ページに書いてある」って書くだけなんだから
携帯でもできるだろ?逃げるなよ。

その前に確認しておくが、
「天皇が始めて国際的に皇帝と認められるようになったのは、清朝皇帝が公式に天皇を自分と
対等の君主として認めて以来の話であり、国際的に皇帝と認められる為には他の皇帝による
承認が不可欠であり、それが現在における 国際儀礼のルール」と書いてあるんだろうな?

お前がソースを出せないのは周知の事実だが、お前が言ったんだから逃げるなよw
そしてそのことをお前の辞書にも書いてあるんだな?辞書名とキーワードを言えよ。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 23:44:46 ID:blhCbY3I
英和辞典で調べただけで解決するなら学問なんて要らねえわな
お前みたいな奴がいるから学歴差別が無くならないんだよ
俺なんて受験のとき、英和辞典使ってもどうしても意味がわからない文章とかあったけどな
あのときは「これが概念の違いというやつか」なんて考えたけど、お前はそんな経験も
したことないんだよなあ


504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/26(水) 23:46:39 ID:blhCbY3I
中卒で一日中2ちゃんで自分の思い込みを垂れ流す生活かあ
一体なんのために生きているんだろ?

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 00:44:47 ID:Qgt5XPQD
くだらない中傷を連発する暇があるなら教えてやった本くらいはさっさと読め。

お前には教養というものが不足している。

俺の指摘した事実に何か反論があるなら具体的に書けよ。

この間からお前のレスは的外れな誹謗中傷ばかりで反論らしい反論が全く見当たらないぞ。
クズ野郎が。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 00:49:45 ID:ibIazO8K
>>503
っていうか、そういうのは英々辞典で調べるんだけど。
勉強じゃなく学問で英語扱ってたんなら普通に持ってて当たり前のもんなんだが・・・。
・・・ぶっちゃけ受験英語しかやったことないっしょ。


507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 00:56:32 ID:Qgt5XPQD
エンペラーがローマ皇帝専用の称号だという仮説が正しければ、全ての英和辞典には「ローマ皇帝」という訳しか記述されず、
それに加えて今上天皇を意味する英語がEmperor Akihitoと表記される筈も無い。

そんなのは小学生でも分かる道理であって、いちいち自演するまでもない。

自演しなきゃならなかったのはお前の方だろ。
みんな同じミスをしてるからバレバレだったしな。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 01:02:38 ID:Qgt5XPQD
余談だが英和辞典の多くにはtzarもしくはczarという項目がある(無い辞書も結構あるので要注意)
これはロシア皇帝を意味するツァーリが英語化したもので、ロシア皇帝と訳されている。
エンペラーがローマ皇帝専用の訳が無いだろ。

509 :国道774号線:2005/10/27(木) 01:04:28 ID:5eWo6HKG
ださいたま

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 01:17:04 ID:Qgt5XPQD
へんじがない…
ただのしかばねのようだ…

無学な癖に学歴自慢を始めても恥をかくのは自分自身だぞ。
人様に反論の一つもしたければ、日頃から辞書や新書程度は一通りちゃんと読んでおけ。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 01:47:15 ID:Snk1Td32
天皇、皇帝は共にemperorと訳されてはいるが、
日本の天皇と中国の皇帝の場合、天皇は天皇、皇帝は皇帝のまま。
これを天皇=皇帝とするかどうかだが、

同じでいいんじゃね?

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 01:54:16 ID:Qgt5XPQD
中華思想における皇帝の概念と、国際儀礼における君主の格式の一例である皇帝の概念は異なる。

ローマ帝国のエンペラーと国際儀礼における君主の格式の一例であるエンペラーの概念が異なるのと同じ。
カノッサ君や彼のエピゴーネンは、前者と後者を混同するというミスを犯している訳。

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 02:07:56 ID:Qgt5XPQD
中華思想における皇帝をA

国際儀礼における皇帝をa

ローマ皇帝を意味する称号の英語読みであるエンペラーをB

国際儀礼におけるエンペラーをb

とすると、

A≠a
A≠b
a≠B
a≡b

となる。
天皇の場合はaとbに該当する訳だ。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 02:16:41 ID:ykgkAcgZ
お前時間稼ぎしないでページを教えろよ。書いてあるんだろ?
ページだよページ。
無いからそうやって俺が本を読み終わるまでにこのスレ消化しようとしてるんだろ?
本の名前だけ言って「読め」っていうのはソースの提示になるのか?
該当個所の抜粋ぐらいするもんだろ?
本を読めとだけ言って「読めばそう書いてあることがわかる」と逃げるんだろ?
見え見えだ。

お前が携帯がどうのこうのとか言って逃げようとするから、抜粋はいいから該当個所を
教えろってんだ。読んでくるからさ。なんでソースの提示一つでこんなに時間が
かかるんだよ。

>>506
だから「受験のとき」って書いたでしょ?ちゃんと読んだ?
お前の言うとおり英々辞典で調べるのが普通でしょ?
だけど中卒君は英和辞典に書いてあるから正しいと言っているんだよ。
概念が違うからその言葉を母国語としている国の辞書を使うのって「常識」だよね?
普通英々辞典で調べるよね?

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 02:18:11 ID:Qgt5XPQD
おっと書き漏らした
おまけにむしろ
A≒a
A≠B
A≒b
a≒B
a≡b
B≒b
とすべきか。
要はaとbが同じだという事を理解する事が出来るかどうかだ。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 02:20:26 ID:Qgt5XPQD
減らず口を叩く暇があるなら、新書の1冊や2冊くらいさっさと読めよ。
反論が無いなら黙ってろクズ

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 02:27:28 ID:ykgkAcgZ
おーい中卒君
やっぱり普通英々辞典で調べるそうだ。
それからロシア皇帝って思いっきりローマ帝国の系譜を引き継いでいるじゃんwww
ニコライ2世はヴィルヘルム2世の甥だぞwww

ったく、明日こそはお前のソースを拝見できると思っていたのによ。
また明日来るから、ほんといい加減提示してくれよ。




518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 02:31:59 ID:Qgt5XPQD
詭弁だな。
ロシア皇帝がローマ皇帝の継承者であるからといっても、czar/tzarの和訳がローマ皇帝になる事は無い。
emperorの称号がローマ皇帝専用だと考える理由は依然として無いんだよ。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 02:42:27 ID:Qgt5XPQD
ロシア皇帝(ツァーリ)を意味する英語czar/tzar(いずれもツァーと発音)をCとすると、
A≠C
B≒C
a≒C
b≒C
a≡b

となる訳だな。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 02:48:10 ID:Snk1Td32
imperatorやCaesarがローマの皇帝じゃね?
emperorにはもっと幅がある。

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 04:19:40 ID:Qgt5XPQD
まあ、英単語のemperorにローマ皇帝の意味しか認めないなんてのは珍しい症例だわな。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 05:11:28 ID:Snk1Td32
いや待て、天皇って王じゃねえの?
天皇が王の上の皇帝だとしたら、王って誰よ。いねえじゃん。

まあでもemperor扱いでいいんだけどねw

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 07:29:36 ID:Qgt5XPQD
日本という帝国が形成されていった過程を振り返ると、キング的な意味合いにおける王は存在感に乏しい。
しかし居なかった訳では無い。
古くは蝦夷や熊襲、隼人、アイヌの長たちは大和に征服され併合された少数民族のキングと言えるし、
百済滅亡時に亡命して天皇の臣下となり、新たに百済王の氏を下賜された旧百済王族は百済のキングの末裔だ。
他には琉球や李氏朝鮮が併合後に日本の華族に加わったが、彼等も元はキングだ。

日本では様々な民族を統べる数多のキング達が続々と帝国の一角に加えられていったが、
彼等もまた天皇と同じく実権から切り離された存在と変わり果て、
律令や大日本帝国憲法などによる中央集権化の流れの中で形式すら消滅するケースが殆どだった。

しかし天皇が今挙げたような多様な民族を糾合した政権の君主である事実には変わりない。
従って権力論的に言えば(w日本の君主についてはキングではなくエンペラーに分類するのが妥当と言える。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 09:06:25 ID:qMNNz+bW
>>523 ローマ皇帝のキング達とは?

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 09:46:06 ID:Qgt5XPQD
今の文脈でいうなら、属領の異民族政権という所だな

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 21:39:22 ID:hDB/4U4P
天皇=皇帝>国王
違うの?

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 22:30:48 ID:ibIazO8K
>>520
なんか辞書君2名がまた沸きそうでアレだが・・・

imperatorは共和制ローマの軍最高指揮権限所持者のこと。
常設役職ではないし(そもそも役職名でもない)複数師団の場合には複数名いたりもする。

帝政ローマの皇帝を明示的に示す場合ははImperator Caesarなんたらって書くと思う。

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 22:42:23 ID:Qgt5XPQD
ようやくエンペラーがローマ皇帝限定の称号なんかではないという現実に気付けたのかな?

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/27(木) 23:45:53 ID:Snk1Td32
>>527
そうそうwそれがローマの皇帝だよなw
辞書に載ってた気がするよw
で、emperorとなると今度は世界中に複数名いたりもするわけかw

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/28(金) 00:55:14 ID:9olQq+iJ
今のエンペラーは天皇一人だけだよ。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/28(金) 01:32:51 ID:w/xzVyQH
えっ?溥儀がラスト・エンペラじゃなかったの?

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/28(金) 01:42:22 ID:9olQq+iJ
シナのラストエンペラーはそいつだけど、
日本のエンペラーは健在なんだよ。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/28(金) 03:09:08 ID:72HkuwPr
たしか>>530の言うとおりだったと思うよ。

ついでに、大学で見つけたドイツ?の雑誌が
数巻に亘って表紙にヒトラーや昭和天皇を使ってたから
見てみたんだけど...(たぶん戦後60年ってことで特集だと思う、ドイツ語読めないので見ただけです)
そこにはカイザー裕仁って書いてあったのは読み取れたね。

たしか、アメリカは天皇陛下をローマ法王などと同じように
最高クラスの国賓として迎えられる数少ない人のひとりですよね?
大統領自らが空港まで出迎えに行くってやつでしたっけ?

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/28(金) 12:24:36 ID:p6vOFYm/
ハイレセラシエ エチオピア皇帝の時は?

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/28(金) 17:15:35 ID:9olQq+iJ
彼はエチオピアのラストエンペラーだ。
エチオピア皇帝は日本よりも古い伝統を誇っていた為に、諸外国も皇帝の格式を認めていた。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/28(金) 21:38:13 ID:B55+LnD6
イギリスはどうなの?

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/28(金) 22:40:50 ID:fVhSroMy
>>533
 昭和天皇が御訪欧の際に、アラスカのアンカレッジに飛行機が
 給油のため(当時はソ連が存在していた)立ち寄った際に
 ニクソン大統領はアンカレッジまで出迎えにいったよ。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 00:45:16 ID:8n5LPqVS
イギリスのキングはモンゴル帝国の皇帝(注・ローマとは無関係w)である大ハーンを継承したムガル帝国から皇帝位を奪い、
インドにイギリス人の帝国を築いた。
インドがイギリスの支配から独立するまでの間、イギリスの君主は国際儀礼上エンペラーの格式を世界から認められていたが、
この格式はあくまでモンゴル帝国に由来するのでくれぐれも勘違いしないよう一部のスレ住人には重ねて強調しておく。

余談だがインドの帝国を失った現在、イギリスの君主を皇帝としては扱わない。
イギリスの君主エリザベス2世については、所詮キングの女性形であるクイーンの称号で呼ばれるのが通例だ。

エンペラーの称号は「エンペラーみたいなもの」には認められていないというのが世界の現実。

例え先代がエンペラーの格式であっても、現在の君主が帝国を失ってしまったのでは関係ないという事がイギリスの例で明らかに分かる。

つまり、天皇が現在エンペラーとして認められているという事は、
天皇が「エンペラーのようなもの」ではない事を意味し、
日本が今でも帝国である事を示しているのだ。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 02:34:33 ID:Z0RLMefZ
>583
サンクス、でも、さらなる疑問。
皇帝位ってどうすれば得られるの?
>535のエチオピアみたいに古い伝統?モンゴル帝国はどうやって得たの?
イギリスは奪う以外は得られなかったの?

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 04:12:40 ID:d5jTp2v2
英国は実質帝国で国王も実質皇帝だと思うんだが、ヨーロッパだといろいろとしがらみがあるようで・・・

要は、ぶっちゃけ皇帝は(ローマ法王のお許し貰えば)誰でも成りなきゃ成れるが、
王は血筋ないとダメので(というかkingは厳密には支配者を意味するのではなくて血筋を表している単語)
とか、英国王室はカトリックじゃなくて国教会だとか・・・
なんかいろいろヨーロッパ独特の事情があるみたい。



541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 05:10:45 ID:8n5LPqVS
キングの地位を血統の高貴さと関連づけ、反対にエンペラーの地位を権力闘争の勝利者としての性格と関連づける観念は実際にある。
いわばブラッドエリートがキングで、パワーエリートがエンペラーという訳だ。
プロイセンがドイツ語圏の小国を統合してドイツ帝国を作った際、プロイセン王はカイザー(エンペラーを意味するドイツ語)の称号を名乗るのを始め嫌がった理由もそこにある。
それでも結局カイザーとなったのは、国際的にはキングよりもエンペラーの方が格上だと理解したからだろう。
そして特に西欧ではエンペラーの事を「文明圏の代表者」と見なす価値観もある。
同じ西欧圏でエンペラーが何人も居るのはおかしいという訳だ。

英国王がエンペラーと呼ばれていたのは西欧ではなくインドの皇帝だったからだというのもそこに理由がある。

まあ、今となってはインドも西欧も皇帝は居なくなったので

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 05:25:34 ID:8n5LPqVS
おっと、つい途中で送信してしまった

今の西欧では皇帝位が空いているから一応は連合王国の女酋長であるエリザベス2世が皇帝と認められても良さそうなものだが、
西欧の伝統ではローマ法王が認めない者は皇帝になれないのだろう。
法王と喧嘩して別な宗派を作った事が今になって裏目に出たのかもね。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 08:03:24 ID:8n5LPqVS
さて、皇帝として認められる為の条件は何なのかという問題だが、
これは皇帝が文明圏の代表という意味を体現した存在として扱われている事から一様な基準がある訳ではない。
例えば皇帝の語源となった支那皇帝の例なら「易姓革命」と呼ばれるストーリーに従って帝位を得た君主とその後継者が皇帝だと言える。

易姓とは姓名の姓が変更されるという意味であり、
悪行を重ねて徳を失った皇帝は天の命令で別な誰かに皇帝の地位を奪われる運命にあるというフィクションだ。
天の命令は絶対であるが故に、どこの馬の骨が新たな皇帝になっても基本的に問題ない。
その時、新たな皇帝の姓が変わるので易姓革命という。

支那皇帝は何度も易姓革命を繰り返し、その辺にいくらでも居そうなホームレスや田舎ヤクザといった馬の骨が皇帝になった例も有名だ。
つまり支那皇帝は各王朝の初代がパワーエリートであり、
その子孫は徳を失って易姓革命が発生する時までブラッドエリートとして帝位を継承する。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 09:46:21 ID:3g2tRGUz
英国は西欧から脱退して他の文化圏を名乗り、
宗教も中身は殆ど同じでも名前だけキリスト教をやめて他の宗教に変えれば
emperorとして認められるってこと?


545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 13:15:31 ID:Z0RLMefZ
なるほどサンクス。イギリスはブリテン島内の小国を統一したにせよ、
欧州ではほぼその島内でしか存在していない王国。
そのイギリスが他欧州諸国に大英帝国と認めさせるためには
他文明圏の既存帝国であるムガール帝国に求める以外はなかったわけか。


546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 15:17:57 ID:ApM1Rt0k
 日の丸帝国

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 16:09:04 ID:LTRrIGbB
近代以降の慣習では、伝統的に皇帝として認められた君主が同意しない限りと、
いくら皇帝を自称しても無視される。

ローマ法王が異教徒の皇帝の保証人を引き受ける筋合いはないので、
今後英国王が皇帝となるには天皇の同意が不可欠。
逆に天皇が保証すれば空前絶無後の情けなさで歴史にその名を轟かせた朝鮮王でさえ皇帝になれる。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 17:09:08 ID:a1Q5pPWH
糞尿

549 :女系天皇に反対します http://www.geocities.jp/banseikkei/:2005/10/29(土) 17:21:37 ID:/5mbJOmF
お箸の国

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/29(土) 17:50:13 ID:MiPixYT4
>>539
モンゴル帝国は、以前の遼王朝(契丹)のように、中原を制したから皇帝になれた。
ちなみに、中国で漢民族以外で最初に皇帝に即位したのは、五胡十六国時代の前趙の劉淵。
民族は匈奴。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 00:35:06 ID:iCcosAJy
>>550
イギリスと同様に既存の帝国を支配することでの皇帝位か。

結局皇帝位を得るには、ローマ、中国(易姓革命)の流れを汲むか、
その皇帝またはローマ法王の承認を得るか、
あるいは既存の帝国をさらに支配するか、ということか。

フランスだけは例外か?

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 00:39:06 ID:GrP7pua2
ローマ帝国の流れを汲んだ皇帝ってどこ?
ロシア帝国、オーストリア=ハンガリー帝国、ドイツ帝国あたりはそうなんだよね?


553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 00:53:36 ID:6sgbKHGk
包茎天国

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 01:02:11 ID:Rwebm7BM
メキシコのかっての皇帝は?

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 04:13:23 ID:P8+Irel9
そーいや昔はエチオピアにも皇帝がいたぞ。ハイレ・セラシェだっけ?

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 04:17:29 ID:vj6hLlGu
日本皇国だよなやっぱ。
で、インペリアル オブ ニッポン だよな。
ジャパンは不可。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 11:10:37 ID:mTdfTm8x
大東亜皇国

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 12:42:17 ID:iCcosAJy
ドイツとオーストリア・ハンガリーとメキシコは法王承認の神聖ローマから。ロシアはローマから。
エチオピア忘れてたけど、あそこは古い伝統でいいの?それとも、
キリスト教布教あるいはイギリス、イタリア、法王あたりがからんでの皇位争奪?教えて偉い人。

モンゴル帝国の場合は拡大した行政制度上、必要に迫られ自国制度として発生したハーンを、
ローマのエンペラー、中国の皇帝と並び、モンゴルのハーンと考えてもいいか。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 16:05:09 ID:k1Dbp3w/
他国の皇帝による承認を必要とする事もなく、伝統的に外国から王国より格上である帝国の君主として認められていたタイプの皇帝を仮にe1型と名付け、
近代以降の国際儀礼で確立した「他の皇帝による承認」を根拠として諸外国から皇帝として扱われる事になった君主をe2型と分類してみる。

e1型の皇帝というのは他の皇帝以外の存在(権力もしくは権威)によって承認された経緯がある訳だ。

属国や属領の領主などから皇帝として認められていた支那歴代王朝やローマ帝国、
モンゴル帝国の君主はe1であり、
ローマ法王から戴冠された西欧の皇帝は「西ローマ皇帝の継承者」という権威である事から同じくe1型となる。

因みにモンゴルの大ハーンというのは中央アジア草原地帯で暮らす諸勢力の間で伝統的に形成された慣習法を指すヤサに基づき、
草原の諸勢力が一介のハーン(汗、王)に留まらない大ハーン(可汗、皇帝)であると認定した事で生まれた地位だ。

したがって支那歴代王朝を継承したから初めて皇帝になった訳ではない。
モンゴル皇帝は、支配下の一部分を占める支那という地域の皇帝を兼任していただけ。
支那からモンゴル皇帝が追放された後、支那では元ホームレスの男が皇帝になった。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 16:30:44 ID:k1Dbp3w/
モンゴル皇帝である大ハーンはチンギス・ハーンの血統を前提条件とするブラッドエリートとなってはいたが、
単にそれだけではなくヤサに基づきクリルタイ(大集会)という諸民族の最高会議で承認される必要が伴うパワーエリートでもあった。

支那皇帝の座を失った後、元朝皇帝の子孫がクリルタイで大ハーンと承認される慣例も消滅したが、
ティムールがチンギス・ハーンの血を引く女と結婚してからは彼の子孫がモンゴル皇帝の権威を継承したティムール皇帝として認められ、
ティムール帝国が弱体化して崩壊すると、ラストエンペラーであるバーブルがトコロテン式にインドに侵攻して亡命政権を新たにインドの帝国として確立した。
これがムガル帝国であり、
イギリスに借金のカタとして帝位を差し押さえられるまで存続した。

現在インドは共和国に格下げされたのでインド皇帝位は空位だが、
そもそも権威の基盤がヤサとクリルタイである事を考慮すると、
今後中央アジア諸国がヤサに基づきクリルタイでチンギスハーンの末裔を新たに大ハーンに承認する可能性は皆無と言えない。
余談だがティムール皇帝を首都サマルカンドから叩き出したウズベク族は、チンギス・ハーンの長男ジュチの末裔だ

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 18:06:37 ID:/iTnoyE2
まだ日本皇国なんて言ってる馬鹿が居るのか。

「皇国」は「太閤」や「黄門」と同じで特定の対象を指し示す雅称だと言ってるだろ。

日本以外に「皇国」がある事を前提にした「日本皇国」なんてネーミングは皇国に対する侮辱だ。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 18:52:39 ID:Rwebm7BM
三皇(三皇五帝)の一人天皇(てんほわん)。てんほわん(天皇)は唐の高宗の時代から,中国皇帝の尊称、別称となったそうだ。日本では天武の時代に、君主の称号として和名のすめらみことに、この皇帝の別称を称号として当てた。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 19:03:08 ID:Rwebm7BM
なお、皇なる象形文字はking of king。三皇の残りの二人は、地皇(てぃーほわん)、人皇(れんほわん)とか。

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 19:05:38 ID:Rwebm7BM
高宗は、人皇でなくあえて天皇を僭称したわけ。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 19:22:19 ID:k1Dbp3w/
字面の意味に捕われてると天皇はエンペラーじゃない式の寝言に陥るぞ。
肝心なのはその君主が諸外国からどう扱われているのかという問題であって、
帝国の外に出ない臣民にとっては皇帝と呼ばれているか天皇と呼ばれているかなんてどうでもいい話だ。

字面の意味さえ皇帝よりも凄けりゃ皇帝以上に凄い君主になれる訳ではない。

もしもそんな事で君主の格づけが変動するのであれば、
君主たちは競って凄そうな称号に改変しあう「称号のインフレ」になるだけ。
各国の君主たちが必死になって、オレは大天皇だとか何だとオレなんて超天皇だとか馬鹿げた事ばかり言ってたらせっかくの権威も台なしだ。
だから天皇=皇帝=エンペラーという事で良いんだよ。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 19:49:36 ID:Rwebm7BM
>>565,

それじゃ皇国は?皇は字面からいえば、king of kings。それに国を付けた皇国、まさか、その国の国民がひとりひとり皇帝からなっているとはいえない(自己撞着)。したがって、王国中の王国。そすると、「肝心なのは君主が諸外国からどう扱われているか」
という問題」となると、各国の了解が前提?それが無ければ、自称皇帝(袁世凱(中国)、ノートン一世(アメリカ)、ボガサ(アフリカ)、熊沢寛道(自称天皇))と同じで、なんとなく軽蔑されて国がかわいそうってことにならないかな?

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:00:02 ID:Rwebm7BM
>>465
それと、いま現在、「〜帝国」と名乗っている国はどこの国?

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:00:55 ID:Rwebm7BM
>>565の間違い

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:02:29 ID:9+YtI+iz
今ディスカバリーチャンネルの戦艦大和の最後の特集番組を見ていて感動
して涙してしまった。
やっぱ「大和」だよ.

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:08:39 ID:k1Dbp3w/
皇国なんて文学的表現は日本人同士が内輪で使っていれば良い。
「皇国は帝国じゃない」式の理屈は「天皇はエンペラーじゃない」と同じ誤謬に陥ってる。

外国人に対しては「帝国」と言えば日本を意味する。
現時点で帝国は日本だけしか残ってないからね。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:13:53 ID:Rwebm7BM
ふーん、そうか、公式的には「〜帝国」は現存しないということ?
そしたら、いまあえて、日本国を帝国称号に改称するについては、あらためて各国の了解が前提とはならないの?

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:16:22 ID:Rwebm7BM
ないしは皇国に改称するについて?

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:17:44 ID:k1Dbp3w/
天皇は今の時点で国際的に唯一の皇帝として認められているから、
日本が自国を帝国と付けて呼ぶ事に今更外国の承諾など無用。
元々帝国なんだから。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:19:55 ID:Rwebm7BM
公式の国名改称のことを云ってんだけど。それとも、ずーっと「自称皇帝」型でいくということ?

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:22:25 ID:k1Dbp3w/
皇国と改称しても、帝国との違いが字面で判別出来るのは漢字文化圏だけ。
国際的には寸分変わらずエンパイア。
漢字文化圏で皇国と言えば日本の代名詞。
代名詞を正式国名に採用するのは無教養丸出しでみっともない。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:25:45 ID:k1Dbp3w/
天皇は自称皇帝ではなく、先ほどの分類で言えばe2型に分類される。
明治時代までの天皇は自称皇帝に過ぎなかったが、
維新後の外交によって他国の皇帝が天皇を皇帝と認めるに至った。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:32:56 ID:Rwebm7BM
それじゃ、自称皇帝型(日本帝国、皇国)はそのまま置いておいて、公式称号はいまのまま、「日本」、ないしは「日本国」でいくということ?漢字表現の場合だけど。
それと用事が入った、席外す。回答、書いておいて。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:40:57 ID:k1Dbp3w/
「日本皇国」「皇国」は別に自称皇帝を意味しないよ。
天皇の事を皇帝よりも格上だという思想を反映しているのであれば、
いわば「自称超皇帝型」の名称だな。
さっき書いた称号のインフレの実例という訳だ。

君主の格式の中で最高位である皇帝が天皇一人だけとなった現在、
日本人が率先して称号のインフレを引き起こそうとするのは愚劣の極み。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 20:46:15 ID:k1Dbp3w/
そして「日本帝国」は日本という帝国の体制を明記しているだけ。

ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカならユナイテッド・ステイツの箇所に当たる分類に過ぎない。
今の天皇は単なる自称皇帝ではないので、
日本帝国は自称皇帝型でも何でもない。

580 :大阪人 ◆zCu.5JLPJA :2005/10/30(日) 21:47:03 ID:C5G24/iF
豊葦原瑞穂国が正式名称だと思っていたが

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 21:50:02 ID:PkZPNv58
大和
扶桑
敷島

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 23:28:43 ID:Rwebm7BM
>>565さん
@皇帝≡天皇なる称号の必須条件たる国際認知は、日本天皇の称号については認められているので、この称号は「自称皇帝」型でない。これは明白。
A一方、国名は?元首が「自称皇帝型」で無ければ、公式国名も自動的に「大日本帝国、または皇国」となって、その呼称が自動的に国際認知される? 
 ちょっと無茶な論理に思えるけど。
1)なぜなら、「大日本帝国」から、わざわざ公式名称として「日本、または日本国」に変え、それが存在し続けている。
2)それに公式に国際認知されていない大日本帝国=皇国なる「国名」は、「国際認知」が、あらためて一層要請される性格の国名ように思えるのに。なぜなら、国名が国名だけに(King of kingsたる国)。
B国内向けだけに、元首が自称皇帝型で無い理由で、国際認知なしに、あえて「大日本帝国」を自称することは、たとえ国内だけであっても、国名としての、いわゆる「自称皇帝」型のパタンに堕すること
になるのでは( あくまで国名としてのカテゴリーとしてですよ)の疑問なんですよ。カテゴリー錯誤の問題。 もっとも、字面にばかりとらわれるそんな論理は、と一蹴するのであれば何おか云わんやです。
Cこの際、「大日本帝国、または皇国」に正式に改称して、改めて国際認知を得るというなら、論理は通る。でも、教えていただいたように、世界にいま「〜帝国」の名称が一国も無いということなので、
それはそれで国際認知に大きなバリアがあるのと違う?

とりあえずお返事。
明日早いので寝ます。ほな又明日ね。


583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/30(日) 23:50:01 ID:mTdfTm8x
大東亜神国

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 01:40:00 ID:BuSWQSb/
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国
The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

イギリスのノーマルな表記(長いけど)を参考にし、
天皇が皇帝であることを踏まえ、あくまでシンプルに表記。
Long-form nameは当然英語表記で。

日本皇国
Imperial of Nippon

「皇国」は皇帝の日本での称号(天皇)表記をしているに過ぎない。
仮に帝国では日本名が使用されずに不自然になる。
例えば、ロシア帝国やドイツ帝国が自国語で表記せずに英語表記しているに近しい。
「Nippon」はJapanの語源であり、より正確な表記。
Japan表記では中国訛りかイタリア訛りをそのまま表記していることとなり不自然。

理屈ではこうだろうけど、とても嫌だ。
Long-form nameはこれでいいとしても、せめて和文は「日本国」のままがいい。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 02:01:54 ID:uMwmcV2n
とりあえず...前に大学で見つけた古い地図
Empire of Japan だった気がするけど... Imperial だったかな?(´Д`;)
やっぱり Japan ではなく Nippon のがいいのかな?

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 02:52:41 ID:SRgKNehr
UK(ユーケイ)とか US(ユーエス) は英文法に取り込まれた時に美しい音だよ。

UK の場合、You=「貴方(あなた)」という音と、
アルファベット十一番目のK… kingdom=「王国」 のKであり、
king=「王」のKであり、チェスやトランプではキングの記号であり、
黄金では純金含有度を示す単位であるkarat=カラットの略記であり、
経済学では資本(キャピタル)の略号であり、
三つ並べばクー・クラックス・クランであり、
「ゴッドファーザー」という作品ではケイはマフィアのボスの女である…
という簡単明瞭な組み合わせだ。

US は、読み方を変えれば「私たち」という意味にもなる。

つまり、略称一つとってもイギリスやアメリカはよく考えられた優れたセンスを持っている。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 03:44:48 ID:5moDq56A




   「 豊 ニ ダ 原 瑞 穂 の 国 」






588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 04:30:00 ID:IYHJmuhN
> 三つ並べばクー・クラックス・クランであり、
>「ゴッドファーザー」という作品ではケイはマフィアのボスの女である…

面白い。でもKillのKって意味もあったりして。
USは、ASSとも読めてしまう事実を、ヤンキーはひた隠しにする。
自分らは散々いろんな人種を糞ミソに言う癖にね。自分らがボロクソ言われると傷つくんだとさw。

繊細だことw。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 05:02:07 ID:BuSWQSb/
現イギリスの前身はイギリス連邦〈The Commonwealth of Nations〉であり、
kingdomを目指したわけではなく、国の変化による偶然性が強いと思われる。
また日本にしても「日出ずる国、日の本」といった、優れたセンスを持つ国名である。
もし、その国名の意味さえも英訳させてしまった場合、

Empire of the rising sun

という、かなり美しい国名になる。これはいいかも。

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 05:41:31 ID:SEppLEML
ようやくみんなの意見が的確なポイントを押さえるようになって来た。
さて、大日本帝国に改称するという事が国際的な認知を要するという指摘だが、
基本的な考え方はそれで正解。
どこかの馬の骨を君主の最高位である皇帝として扱う為には、
他の皇帝なりクリルタイなりローマ法王といった別な権威が欠かせない。
帝国とは君主が皇帝である国の謂だから、単なる自称だけでは帝国たりえない。

但し現在の慣例では日本の君主の事を皇帝と認めさせるというハードルは既にクリアされている。

インドを失ったイギリスが皇帝から格下げにされた例で明白なように、
日本が帝国と認められていないにも関わらず天皇がエンペラーの称号で呼ばれるという事は有り得ない。

つまり、日本が日本帝国もしくは大日本帝国を名乗る事はイギリスがキングダムを名乗るのと同様に問題ない。
ついでに言っておくと帝国や王国、大公国などといった名称は君主のランキングを明示する部分であり、
この部分を皇国と改変する事にこだわるのは「天皇≠皇帝」もしくは「天皇>皇帝」という見解を示す事になる。
それは皇帝が君主の中で最高格の存在であると見なす世間の常識を無意味に否定するばかりでナンセンス

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 05:57:12 ID:awxynPz/
日本・大阪共和国

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 06:08:33 ID:SEppLEML
付け加えると英語での君主のランキングとは別に該当する国での称号を英語化して呼ぶという例はある。
コーカンド汗国の君主はハーンなので、英語のキングダムに翻訳せずにカナーテと表現したり、

通称ブハーラー汗国の君主はハーンと呼ばれるよりもアミールもしくはエミール(首長、藩王という和訳される)の称号の方がよく使われていたので、
それを英語化してエミレイトと呼んだりする。

日本の君主が将軍と誤解されていた頃にはショーグネイトと呼ばれていた事もある。

その考え方であくまでも帝国ではなく皇国なんだと言い張る気なら、
君主が皇帝である事を意味するインペリアルやエンパイアは使うなよな。
テンノーネイトでも何でも良いから帝国と混同されない名詞を考案しる。
ちなみに現在の国際儀礼では、ハーンはキング相当、
大ハーンは皇帝相当、

アミール(首長)はキングより一段格下の君主としてランキングされている。
実例が現存するのはアミール(アラブ首長国連邦)だけだが。

それで皇国、すなわちテンノーネイト(仮)はエンパイアと一体何が異なるのかね?
名前の字面だけか?

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 07:49:30 ID:nTyk0UB6
どうでしょう

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 08:48:58 ID:thZcY4Zb
石原のサイトを見た感じではウヨ厨が集団投稿しているようだな

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 09:08:55 ID:SEppLEML
国名における帝国や王国、共和国といった部分は国家の概要を表すので、
敢えて通りの良い呼び方を忌避するのは無意味だ。
せっかく日本は最高の格式である帝国として認められているのだから、
素直に帝国と名乗っていた方が良かろう。
日本文化に疎い英語圏の蛮族どもにはエンパイアと言わなきゃ通じないよ。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 11:07:05 ID:M6c9j2w9
大日本亜細亜平和主義国でいいんでねw

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 11:11:43 ID:SEppLEML
日本はアジアではなく、日本という文明圏らしいぞ

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 12:29:27 ID:1A8Y/BdS
英語名なんて別に何でもいいような気がするんだがねえ。
国を作るときにはその国の国名を当該国の言語のみならず英語でも併記して提出する必要がある、
とかいうんならともかく。
それぞれの国で適当に訳語をつけるんだろうから、(悪意を持って命名されるんでもなければ)好きに
させておけばいい。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 13:06:53 ID:GEV/ycDW
大日本神国

600 :kkkk:2005/10/31(月) 18:20:12 ID:arLNmlKF
Sanitary Towel Nation
一番いい

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 18:29:38 ID:SEppLEML
そんな名前では朝鮮あたりの未開国と混同される虞があるので却下だ。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 19:10:44 ID:YajOTexg
オレ様はにほんてんのおうだ!下品なお前ら認めないでもオレ様はにほんてんのおうだ!

これは外国から認められていないのに自称だけで皇帝になれる訳です。君たちどう思いますか?

603 :蔵信芳樹:2005/10/31(月) 20:04:32 ID:KFgumXaV
天皇はエンペラーではない。ポープなのだ。
なんならネーミングを天皇から法皇に変えてもいいぞ。
それが戦略的右翼の結論だ。
http://ameblo.jp/kuranobu/

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 20:23:06 ID:X/YPptAG
大東京帝国

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 21:29:58 ID:BuSWQSb/
「皇国」「Nippon」は、あくまで主体性の問題。
皇帝位に自国独自の称号が存在するのであれば、自国の国号にその称号を使用するのが自然。
しかも、既に天皇が皇帝であることを世界が承認しているのであれば、尚更、
あえて世界スタンダードの「帝国」と修正する利点を何処にも感じ得ない。
独自の称号が何も無いのならともかく、日本国民の誰もが天皇と呼ぶ最中では、
正式名称であるが故、「皇国」と、主体性を重んじるべきである。
「Japan」と「Nippon」についても同じことがいえる。
主体性を重んじ、日本人が使用する「Nippon」を国号とすべき。
ただし帝国の英表記「Imperial」や「Empire」などの場合は、
現在日本で使用されている独自の名称は無く、さらに英語圏用の表記であることから、
主体性よりは解り安さを重視したまでで、ご指摘の通りテンノーネイト(仮)を開発するのは理屈として納得。

繰り返すが、あくまでこれは理屈としての見解で、心の底から字面的にも「皇国」はイヤだ。

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 21:38:18 ID:seKbOSTy
阿呆鳥共和国


607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/31(月) 22:17:56 ID:seUlmi2U
厳密には共和制と民主制は違う。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 01:12:36 ID:N3mNoEB3
東朝鮮

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 01:17:09 ID:3f3+G15R
長州力国

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 01:59:59 ID:oSDv+Xf8
外国人がどう呼ぼうと、そいつらの勝手。
日本人がネーデルランドをオランダ、グレートブリ(ryをイギリスと呼んでるように
外国人が「にっぽん」をJapanと呼ぶのは構わない。
天皇を、皇帝と同様にEmperorと訳すのも、皇国をEmpireと訳すのも問題ない。


611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 03:31:21 ID:6F+BPlz+
皇国というのは日本の皇帝を特別扱いした雅称だ。
わざわざ正式名称として雅称を使うのは痛い。

雅称というのは誉め讃える為の呼び方であって文学的表現に過ぎない。
それを公式の場で持ち出すのがどれだけみっともない事なのか自覚できないのかね。

例えば北朝鮮の雅称の一例を挙げると「地上の楽園」というものが有名だ。
もしもある日、北朝鮮が「今後はウリナラの正式名称を朝鮮民主主義人民地上の楽園共和国に改称します」と発表したらどう思う?
日本皇国というのはそれと同じ愚に陥ってるんだよ。
日本は帝国なんだから素直に帝国と表記すれば良いじゃないか。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 03:46:01 ID:6F+BPlz+
ちょと間違えた
「朝鮮民主主義人民地上の楽園共和国」の所を
「朝鮮民主主義人民地上の楽園国」に訂正。

その意味が分かるか?
共和国という学術的な分類を示す箇所が「地上の楽園国」なる奇怪な名称に置き換えられている訳。

帝国というのは国家の体制や格式を表す学術的なタームだが、
皇国はそれと全く異質な種類の名詞なのだ。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 09:58:42 ID:KWjiZH6H
女帝を安易に認めさせない!!
このままでは日本はおかしくなってしまいます!

こんにちは。皇室アンチからの出張です。
オフ会の開催を目指しております。ご賛同よろしくお願いします。

http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1130587602/

*池沼天皇阻止
*仮病サボリM子の早期離婚
*ヅラ殿下の更迭
*太平洋戦争大虐殺総責任者の息子夫婦による謝罪
*性欲まみれの次男夫婦の皇室離脱

私たちアンチの力を見せてやりましょう!!

http://s03.2log.net/home/dosukoi

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 11:15:39 ID:1PUktMam
>>611
中国人は、日本の天皇に、そんなに悪い感じはもっていない。むしろ親しいという感じか(ケ小平はむしろ尊敬していた)。 
それにも拘らず、かれらが、日本の天皇―「てんほゎん」を発音するとき、なんとなく、「滑稽感」をその口裏に感じる理由が最近わかった。
それは彼らの、てんほわん(天皇)にたいする歴史認識にあるようだ。

すなわち、かって唐代の高宗が、三皇五帝の最高位(天皇・地皇・人皇)の天皇(てんほわん)、天地人の全宇宙の最高位、を、人間なる「皇帝」の別称の一つ、尊称、
として、あえて「僭称」した。
日本は、天武が、この、むしろ僭称をあえて本称として日本の君主(すめらみこと)の称号にあてた。すなわち、日本の天皇(てんのう)。

かれらが、日本天皇をその本称でよぶとき、別称、ないしは僭称を使わざるを得ない、そのカテゴリー錯誤的違和感、および字義の無学さ、がその滑稽感の原因ではないかと思う。


615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 11:34:35 ID:1PUktMam
その滑稽感を誘う原因

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 16:14:44 ID:+LOS0SJC
キミは本当に
歴史認識が好きだな。


617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 18:30:06 ID:6F+BPlz+
そこまで字面の意味に拘泥する事こそが無学さ、無教養さの表れなんだという事をどうして支那人は理解できないのかね。

今の世の中では天皇という名詞が日本の君主を指し示す事実を認められずに自分達の神話を絶対視するばかりでは、
結局「天皇はエンペラーじゃない」式の観念論と同じく机上の空論に堕する。

つくづく駄目な連中だな。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 19:16:27 ID:6F+BPlz+
ついでに少し脱線して字面の話をすると、
そもそも皇帝という名称は戦国時代を終わらせて支那の諸国を統一した秦王の政という馬の骨が、
「王よりも凄そうな呼び方は何か無いもんかな?」と考えて採用した造語だ。
そいつは最初に皇帝という称号を採用して自称したから始皇帝と呼ばれている。
始皇帝が易姓革命を行う以前の支那王朝の国号は周(因みに周王室の姓は姫)であり、
そもそも周の君主だけしか王を名乗るべきでは無いという価値観がかつては存在していた。
ところが春秋時代に入ると弱体化した姫家を差し置いて楚の君主が楚王を自称したのを皮切りに称号のインフレが始まり、
戦国時代には諸国の君主が片っ端から王を自称してどこにでもありふれた称号と成り果ててしまった。
それでも楚王は王を自称する為に最初は「楚は辺境であり中華(周の支配下)ではない」という口実を必要とした。

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 19:23:54 ID:tbPCzcyp
山ア

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 19:26:12 ID:6F+BPlz+
戦乱の時代を経てすっかり有り難みが失せた「王」に替えて、
秦王政が三皇五帝の神話から「皇帝」という称号を「王よりも格上の君主」として使い始めた。
皇帝とは三皇五帝に匹敵するという意味だ。

従って三皇の一人に過ぎない天皇を名乗る君主が皇帝と名乗る君主よりも格上だと考える理由は字面の上から言っても無いのだ。

支那人は勝手に何かを勘違いして日本の君主にコンプレックスを感じているようだが、
無教養丸出しで実に滑稽な事だ。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 19:49:42 ID:MsjZqV0/
皇の理由
天皇の字に王も帝もはいってないから。

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 20:16:46 ID:Gxdz8nCv
天皇を意味する英単語のとしてに確立した最初の例はMikadoだが、
いうまでもなく日本語の「みかど」を語源としている。
国語辞典を引いてミカドがどんな漢字の読みかをいっぺん調べてみろよ。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 20:40:23 ID:1PUktMam
「皇」の字は、普通の「王」の字の上に、鉞の刃を下に向けた形がのっていて、King ofkins、王の王、の意味だそうだ。
そして、三皇の天皇(てんほわん)は天界での King of kings, 地皇(てぃーほわん)は自然界での King of kings、人皇(れんほわん)は人間界での King of kings.

 それに相当する五帝の意味を教えてけれ。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 21:05:51 ID:1PUktMam
ごめん、Wikpediaにあった。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 21:12:50 ID:f3ivPtyn
日本民主主義人民連邦皇国

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 21:13:57 ID:5NvaxR5r
邪魔する奴は指先一つでダウンさ共和国

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 21:29:14 ID:1PUktMam
>>620 それじゃ 高宗皇帝が、なぜわざわざ天皇という称号を、皇帝の別称、尊称として用いたの?

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 21:45:55 ID:SG9RagLM
当時の支那では、皇帝の称号だけではなく従来のタームを別な造語に替える事が流行っていたんだよ。
年号を伝統的な2文字から4文字にしてみたり、漢字も新しい文字を創出する事が目立った。
一例を挙げると国(國)という漢字も、圀という字に変更してみたりしていた。
この時期に作られた漢字を則天文字というが、その名の通りこれらの意味不明な変更は全て武則天(則天武后)の趣味だ。


629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 21:50:32 ID:SG9RagLM
ところで皇国にこだわってる人は、帝という漢字の読み方は調べたか?
帝と書いてミカドと読む事、そして諸外国が日本の君主をミカドと呼ぶ事は国語辞典と英和辞典を読むだけで分かる筈だ。


630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 21:56:26 ID:1PUktMam
ありがとうございます、>>628さん。結局、天皇と皇帝の称号的な関係なんですけど、その当時、「皇帝」の称号は本称として残していて、「天皇」は単なる別称(この場合尊称?)として、皇帝の付属的な形容語だったのでしょうか?
それとも、「皇帝」の称号を廃止して、「天皇」に改称してしまったのでしょうか?

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 22:03:11 ID:SG9RagLM
日本では君主の称号が天皇に定まったのは明治以降のこと。
それまでは治天下大王、大王、皇帝、帝(みかど)などなど、色々な呼び方が並存していた。
明治時代の条約文書などでも大日本皇帝、大日本帝国皇帝としている場合がある。
天皇という呼び方自体は唐(武則天が国号を周に改めた時期を含む)の真似だから歴史は古い。
この時期には年号も唐(周)を真似て日本でも4文字にしていた事もある。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 22:14:48 ID:1PUktMam

>>631さん、
「天皇」称号が、付属的な称号(たとえば皇帝の)で、君主の本称そのものに用いるのは、カテゴリー錯誤的な意味合い(たとえば滑稽な)が生じないかを気にしてきたのですが、仰ることを伺っていると
称号に関する事実はそんなこととは無関係に進行して云った様子が良くわかった様に思います。この解釈でよろしいでしょうか?

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 22:39:26 ID:MsjZqV0/
>>622
一般人、ましてや外人はそんなそんなややこしいこと考えねえから大丈夫だよ。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 22:57:39 ID:SG9RagLM
エンペラーの語源も、元々はローマ帝国における軍事の最高責任者から来ている。
これは色々な意味で日本での征夷大将軍に似たポジションであり、
字面にこだわるならば皇帝よりも将軍と和訳する方が適切なくらいだ。

予断だがモンゴルの大ハーンを継承したムガル皇帝の称号をパードシャーというが、
これはイスラム社会でパディシャー、またはパシャという称号と語源を同じくする。

ところがこれがオスマン帝国の場合では、パシャというのは次官以上の文官と将官クラス以上の軍人の称号となる。
オスマン帝国では皇帝はスルタンという。

このように皇帝にまつわる称号は所変われば品変わるの諺どおりで、
国や時代が変われば一介の将軍だったりキングよりも格上の君主だったりする。

三皇五帝に匹敵する存在として考え出された「皇帝」よりも、三皇の一例に過ぎない「天皇」の方が格上だと思った支那皇帝が居たりもしたし、
それを真似た支那以外の皇帝だけが現在の世界で唯一皇帝の格式を認められていたりする。

字面の意味だけを気にしていれば色々と奇妙な現象が生じている訳だが、
肝心なのは問題の君主が諸外国からどのように扱われているのかという一点だけだ。

「天皇」が僭称だなんてほざくのは、単に支那の神話世界を真に受けてるだけなので愚劣の極み。


635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 23:02:56 ID:SG9RagLM
それから日本の君主については様々な呼び方が伝統的に並存していたというのが現実。
「天皇には帝の文字が無いから帝国ではなく皇国」なんてのは天皇の事を帝と書いてミカドと読み、
それが西洋世界で天皇を指し示す最初の英単語の語源となった事も知らない寝言。
無知無学にも程がある。


636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 23:04:44 ID:1PUktMam
了解

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 23:21:05 ID:1PUktMam
でも、>>630の疑問がどちらかだったかは当時(唐代)の膨大な文献ですでにわかっていそうに思うけど、だれか、知っている人?

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 23:27:59 ID:E4jNs60Q
では帝の時代の国号でも考えるとするか

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 23:32:43 ID:SG9RagLM
武則天が伝統的な称号や名称を改正して回る解称マニアだったのは支那史の常識だよ。
始皇帝以来の伝統である皇帝の称号まで天皇と変えたり、国号も唐から周に変えたりした事でも明らかだ。
当時の支那では「天皇」の方が皇帝よりも有難味のあるネーミングだった事は間違いない。
語源を知っていれば天皇>皇帝という格差など生じない筈なのだが、
実際には現代でも韓国人が天皇を日王と呼ぶ際、「皇帝よりも尊大な天皇なんて称号は容認できない」
みたいな意見を目にする事が多い。
無論それは無教養さから来た寝言に過ぎない訳だが、
漢字文化圏では天皇>皇帝と見なす人間も多いのだろう。
その意味では日本の皇帝は上手い称号を採用したもんだ。


640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 23:34:33 ID:SG9RagLM
何だよ解称って。
改称の間違いな。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/01(火) 23:43:23 ID:JwY/IEPw
>>639
あんた本当に中卒?
博識杉w

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 13:55:27 ID:/TvIynxo
>>358
帝が正式名の時代なら帝国だなw

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 14:35:08 ID:OLGqRMAD
名詞の字面ばかりを見て右往左往してるとそういう勘違いに陥る。

帝国かどうかを判定する基準は、君主が国外の権力、権威から皇帝として認められているのかどうかだけだ。

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 18:22:37 ID:xnYDkVZz
惑星べジータ

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 18:29:01 ID:2yZmf+AG
アメリカ帝国日本自治国。
国王、OO(天皇陛下のなまえ)

今の中国の伸びを考えたら、ASEANや台湾もその中にはいっていた方が
安全かも。侵略されたら大変。今の反日教育は日本侵略への序曲
でしょう。マスコミはすでに侵略されているし、多くの文化人や
共産党、社民党、民主党の一部は、エージェント。

ただし、核武装以外の軍備は、自国できちんと持つ。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 19:44:05 ID:Qc88BHQL
アメリカ如きは所詮何の変哲も無い共和国の一例に過ぎない。

今はまんまと帝国を出し抜いて調子に乗っているようだが、いつまでもそんな真似はさせておかん。
結局は虐殺と歴史歪曲しか能が無い共和国民風情に天皇の御陵威を脅かす事など出来ないのだよ。

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 19:50:43 ID:xnYDkVZz
天皇家がアングロサクソン並みのルックスになれば
いいのに・・・

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 20:04:12 ID:3/8DCGxP
日本A片國

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 21:41:58 ID:hdf+D8/2
>>647
皇太子の家がこのまま皇位を継承していけば無理だけど、
秋篠宮家が皇位継承家になれば美形な皇室になるぞ。


650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 21:48:08 ID:RWFvk1Tv
葦原の中つ国

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 21:55:18 ID:+/9CbFfP
邪馬台国


652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 22:28:09 ID:mcL6vE6s
>>643
日本国の君主は皇帝かどうかを判定する基準が世界であったとしても、
その事実を踏まえ、どう国号に表現していくかは日本が決めることだよ。
日本国皇帝が天皇と称している以上、それを国号に表す場合、
皇帝の意味を込めた「皇国」と準ずるのが当たり前。
同時に天皇を「帝」なり「皇帝」に改称するんなら「帝国」で納得するがね。
何の理由も無く帝国とするには乱暴すぎだな。
もし、天皇という名称のままあえて帝国というのなら、
そこには何かしら納得のいくの「理由」が必要とされるわけだが、
その「理由」とは一体何かね?

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 22:35:30 ID:Qc88BHQL
それについては何度も説明してるんだが、
君にとってはかなり難しい話だったようだな。

日本が帝国であるという事実と、日本の君主を示す称号の字面は直接関係無いという事だけ覚えておけば良いよ。

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 22:41:23 ID:j0GMfn5e
東三国がええで

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 22:41:25 ID:mcL6vE6s
その説明が難し過ぎて本気で「皇国」が良く思えてくるよ。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 22:57:02 ID:Qc88BHQL
今までの説明の要点をまとめるか。

その1・帝国というのは君主が皇帝である国。

その2・皇帝とは君主の格式を示す一例。

その3・日本の君主の格式は皇帝

で、どのあたりがそんなに難しいのかな?

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:00:05 ID:mcL6vE6s
天皇という名称のままあえて帝国という「理由」が知りたいんだが。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:10:17 ID:Qc88BHQL
君主の名称の字面は日本が帝国か否かとは関係ないという説明なら既に終えている。

分からなければ何度も読み返して暗記しる。

昭和11年に政府は日本の国名が「大日本帝国」である事を正式に決定したが、
その時以前も以後も天皇が彼の地位を示す名称に関係なく皇帝である事実は変わりない。

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:15:42 ID:mcL6vE6s
皇国も帝国もどちらを使っても間違いでないことは理解してるんだがね、
そこをあえて帝国とする理由だよ。

そこが理解できない。

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:21:36 ID:Qc88BHQL
帝国と言えばいいのを敢えて皇国に改変する理由が無いからだよ。

それは共和国の事を「地上の楽園国」と言い換えたがるのと変わらない精神病理の現れだ。

朝鮮人でさえ流石にそこまでは病んでない。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:30:31 ID:mcL6vE6s
主体性の問題だよ。
日本人が君主を天皇と呼んでるんだから、それに準じて国号は普通皇国だろう。
それに対しての疑問として「何故あえて帝国なのか?」ということ。

気恥ずかしく思う気持ちもわかるけどね。だったら天皇を改称すれば?となる。

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:37:21 ID:Qc88BHQL
君主を示す名称と共通する漢字を国名にも一つ以上組み込みたがる衝動というのは、
主体性云々とは無関係な君個人の単なる思い込みに過ぎない。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:40:33 ID:mcL6vE6s
そうかな?いたって普通だと思うが。
>>1のデータに信憑性を求めるのはコクかな?

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:44:54 ID:Qc88BHQL
君主を示す名称に使われてる漢字を国名の方にも一つ以上取入れなくては主体性が損なわれると君は思ってるんだろ。

それは何の根拠も無い強迫観念というものだ。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:49:11 ID:mcL6vE6s
脅迫観念とゆうよりは、普通の思考回路かしら。
その回路を曲げるストレスを解消したいのよ。

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:51:48 ID:Qc88BHQL
念のためにこの際指摘しておくが、
日本の君主の事を帝と呼ぶ伝統は禁止された訳でも廃止された訳でも無いんだから勘違いするなよ。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:53:33 ID:mcL6vE6s
だから改称すればいいよ、そのミカドに。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:57:25 ID:Qc88BHQL
天皇が皇帝である以上は、
皇国なんて造語を日本の帝国に限って使いたがるのはとうてい普通の精神状態ではないよ。

皇帝の国を帝国と呼ぶのが普通の人間だ。

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:59:13 ID:mcL6vE6s
で、天皇は帝に改称するのかしら?

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/02(水) 23:59:44 ID:Qc88BHQL
天皇を帝と呼ぶ伝統は禁止も廃止もされていない。
わざわざ改称する必要があるなんて思い込みは強迫観念に過ぎない。

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 00:03:04 ID:mcL6vE6s
了解です。ありがとう、またねw

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 00:07:36 ID:ovByIRUL
日本の繁栄を願う人が集まる結社を作るとすれば、どのような名前が格好良いでしょうか
よろしければアドバイスをください

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 00:17:33 ID:Xk+jkv69
ここはやっぱ環境関係を入れる最初の国にならないと!
日本環境調和国!・・・駄目だ俺のセンス・・・・

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 00:19:04 ID:Z4lmm7PI
尚歯会なんてのはどうかな?

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 00:26:50 ID:hHWOdBjC
帝国と書いても皇国と書いても結局Empireな事がそもそもこのスレの基本趣旨なんだが。


676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 01:02:52 ID:jvqKlJHd
正式国名を考えるんじゃないのか?

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 01:22:37 ID:hHWOdBjC
>>676
Long-form nameな。


678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 02:06:22 ID:JI4740fw
日国

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 04:06:08 ID:ypgCtImo
神国

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 04:50:53 ID:Z4lmm7PI
何の変哲も無いエンパイアの一例である日本の正式名に帝国ではなく皇国とつけたがるセンスは痛い。
帝国も皇国も日本人が19世紀に使い始めた造語だが、皇国はエンパイアの訳語ではなく日本という国家を婉曲表現で特定する為の文学的表現に過ぎない。
国家の分類を表す「帝国」とは異なり、そもそも対外的に正式名称としてで使う為の単語ではないんだよ。
日本皇国なんて名称に改変するのは自宅の表札に本名ではなく仇名を掲示するのと変わりない。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 10:27:36 ID:xJou+6lt
日本でいいやん、英語でJAPANて何でやろ??
マルコポーロは中国で聞いたらしいけど、日本になったの結構古いし…元々中国が日本をさげすんでた呼び方が、英語になってんのかな??
直させるべきやろ〜

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 12:22:44 ID:Z4lmm7PI
現代支那語の発音は元朝の頃とはかなり異なる。
当時の支那では日本と書いてジッポンと発音した。
これは現代日本で使われている漢字の音読みに極めて近い発音であり、
漢字の発音に関しては現代支那語よりも日本語の方が本来の発音を正確に継承している訳だ。

こういう場合にも日本人の知的水準が昔から支那人を遥かに凌いでいた事が分かる。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 12:56:39 ID:OOwTAITc
>>681
日本(じっぽん)→ZIPANG→JAPAN




ウソ付きましたスミマセンです。

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 14:33:08 ID:Z4lmm7PI
嘘じゃねーよ

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 17:28:33 ID:EFp1pt4S
だから何だよ

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 17:47:50 ID:EFp1pt4S
「天皇の名称は良くて、皇国の名称は認めない」という、
一見矛盾したかに思えてしまう論理を、誰か解りやすく説明してください。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 17:53:38 ID:6CyygitM
>>630,>>632の続きです。

以下は私の感想。

日本人は、どうして、こう、年号、国名、君主名など重要事項の命名となると、とたんに全面的に「漢字、とその中国古典由来」におんぶするのかな。どうしてもしたのなら、むこうの文献学者も唸るほどのレベルでやってほしい。>>639さん、ありがとう。

「漢字」という象形文字は、中国文明の華。古代からの支配体制の完璧な象形的表現そのもの。 つちぐもとして箔を付けたくなるのはわかるけど、本国の中国でも、漢字の表音化が進んでいるというのに。

象形文字より表音文字のほうが、融通性、抽象性の点で進化しているそうだ。もっとも、漢字そのものは、それはそれとして凄い内部整合性(支配体制としての)があるよう。 その整合性を移植しない和製漢字は、文字としての本来持つべき内部整合性
は混乱している。日本人が抽象思考に苦手なのは、和製漢字にあるという意見がある。

「あきつしま」などが良いと思うけど、スペインなどでもあえて政体表示はしていない。どうしても入れたいのなら、あえて漢字で立憲君主をいれて、「あきつしま立憲君主国」は???


688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 18:00:39 ID:6CyygitM
>>639さん、ほっといてごめんなさい。また席あけます。お返事あるなら書き込んでおいてください。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/03(木) 18:12:03 ID:Z4lmm7PI
別に矛盾などしてないよ。

帝国はエンパイアの和訳であり、
皇国はエンパイアの和訳ではなくて日本の異名に過ぎない。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/04(金) 15:11:45 ID:U688I6Qv
文脈から察するに、和製漢字というよりは和製漢語の事を言ってるようだが、

日本人の抽象思考を阻害している一因が和製漢語にあるという仮説はなかなか興味深い。
これについてはまったく思いがけない指摘なので、
当方の見解がまとまるまで賛同も反論も出来ません。悪しからず。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/04(金) 15:13:50 ID:H+ROSvyE
邪蛮でいいんじゃない?近親相姦しまくって家名をつないできたっぽいのが「象徴業」をやってるんだしさ

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/04(金) 15:20:53 ID:U688I6Qv
野蛮な共和国民には聞いてない。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 10:28:54 ID:PZRYkv4m
国の分類上は帝国で問題ないが、
日本人の中での呼び方は皇国がしっくりくる。
他の帝国とは違う特別な国という意味もこめて日本皇国が良い。


694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 11:14:02 ID:wWORXWTm
      大日本帝国が正式国名
軍事ボランテアセンターでは民間予備役へご案内
 帝国自衛軍では 官から民へのイッカンとして 民間予備役大募集中
   所謂 国民皆兵化の思想だ 身分「帝国軍予備役」
任務 戦時は 正規軍の後方支援と国内治安維持 
平時は 年間5日間の訓練招集で軍人精神を注入しまつ
  すべて土日に訓練を受ければ職場に影響が無い仕組みです
 訓練内容はライフル射撃がメイン、教練、通信、衛生など基本訓練が主です
 訓練中は 手当 飯 起居 戦闘服一式 89式ライフルが支給されます
    定年は64才で体が丈夫な方は長く帝国の為にご奉仕出来待つ
  帝都を始め 3国人があふれふる今日 天皇陛下と帝国の国土は
    民間予備役の力で防衛する気概をモチベートしましょう 
  尚 詳しくはお近くの国防軍連絡事務所へ 各県に5から6カ所整備されてい待つ
   帝都は各区に2、3あり待つ
    応募資格 純帝国臣民のみ 入隊時警察の調査あり 




695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 12:28:07 ID:AePVjHbK
國璽が大日本国璽となってるから、大日本国または大日本帝国で(・∀・)イイ!

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 16:03:35 ID:3JMVvm9/
アスベストも片付けられない、持続可能な経済体制の基盤を築くことも出来ない、そんなちっぽけでみっともない現状に「大日本」ですか・・・テラワラワれますね orz

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 16:22:16 ID:DlO0/Tjt
ジオン皇国 でいいじゃん。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 16:37:07 ID:TQq0Rbfj
ニッポニアニッポンだろ

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 17:28:01 ID:rCoivh74
日本は相当な大国だよ。
経済力では日本一国でアジア諸国の合計を上回るし、
排他的経済水域が広大だから地球表面に占める支配圏は上位から7番目。
政治的にも主要先進国首脳会議に席を用意され、
野蛮な発展途上国を指導している。
あらゆる意味で立派な大帝国だとも。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 17:37:22 ID:AePVjHbK
>>698
それじゃ、放射線症でお亡くなりに成るではないか。

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 17:39:22 ID:yXFSwBdk
ここは夢見るスレですか?

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 17:57:35 ID:rCoivh74
反日勢力がね

703 : ◆w13SR5tpU. :2005/11/05(土) 18:09:44 ID:AXkS2Tcj
h

704 : ◆8vIlW1ZfoU :2005/11/05(土) 18:11:24 ID:AXkS2Tcj
d

705 :あきつしま:2005/11/05(土) 18:15:55 ID:XLvQKEBb
帝政だろうが共和制だろうが、国家体制に関わりなく、日本人の国は日本国だ。
なんと潔く、決然とした響き。住んでる日本人こそが国の主体だという事が良くわかる名前ではないか。つまらぬLong termなど考えて安っぽい名前に変えるのは絶対反対。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 18:54:17 ID:rCoivh74
大日本帝国のどこが安っぽい?
いかにも世界最古の伝統がいきづく大帝国に相応しい重厚な響きではないか。

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 19:28:42 ID:yXFSwBdk
大帝国って、21世紀ですよ。

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 19:45:00 ID:C/uipgZ7
アインシュタインが講演の中で言われた言葉
(大正11年11月16日から40日間滞日)
「世界は進むだけ進んでその間、幾度も闘争が繰り返され、最後に闘争に疲
れるときが来るだろう。その時、世界の人類は必ず真の平和を求めて、世界
の盟主をあげねばならぬ時が来るに違いない。その世界の盟主は武力や金力
でなく、あらゆる国の歴史を超越した最も古く、且つ、尊い家柄でなければな
らぬ。世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰り、それはアジアの高峰、
日本に立ち戻らねばならぬ。我等は神に感謝する。天が我等人類に日本という
国を造っておいてくれたことを」



709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 19:56:09 ID:6Sk2RKRM

大和「やまと」なら発音的にいいけど
わざわざ日本の前に「大」を持ってくるのって実力のない王様が
権威誇張の為に自ら大王様って語っているように感じてしまう・・・





710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 20:29:32 ID:JoiYjATv
アインシュタインは原爆を作った張本人だよ
彼の言うことは信用できない


711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 20:48:53 ID:ynl/wlPo
>>687です。
>>690様、お察しと通り、和製漢語(word)です。普通これをいうと物凄く反撥され、多多の実例を示してもお逃げになるだけです。
>>690様は、誤字があってさえ(letter←word)、賛否は別にしてずばり把握していただき、びっくりしています。

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 23:18:40 ID:JOd9Xbdk
流石に国名に大をつけるのは恥ずかしいよね
過去の過ちを繰り返さずに、日本人なんだから恥を知ろう
名前に「大」の字つけてる恥知らずな国が今だに存在するんだから

「隣の××見て我がふり直せ」ってことで

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 23:23:01 ID:rCoivh74
日本は本物の大国だから別に問題なし

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 23:24:03 ID:3JMVvm9/
うんじゃあ、中日本。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 23:24:57 ID:3JMVvm9/
か、並ニッポン。

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 23:28:06 ID:qXTWzAKn
むしろ、超日本で。

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 23:44:37 ID:6iaIVo0n
あえて西日本

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 00:00:13 ID:rCoivh74
アインシュタインが原爆を作った張本人?
何を勘違いしたんだ?
「林檎を地面に落としたのはニュートン」みたいなジョークか?

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 00:25:19 ID:ptm+ZnvH
ちなみにニュートンが落下する林檎を見て万有引力を思いついた
ってのは作り話であって事実ではない

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 00:34:40 ID:ptm+ZnvH
以前どっかのサイトで読んでうろ覚えだけど
nipponって発音は英語圏ではちょっと卑猥に聞こえるらしい
nip(軽く噛む)on(乗る)

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 01:28:00 ID:3utxvLet
大帝国ってジョークだよな?

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 01:36:05 ID:k6XPBHoY
>>721
うん。ニッポン並帝国が適正な感じ。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 01:47:55 ID:3utxvLet
>>722いやいや、




大帝国だから別に問題なし






とか言ってくださいw

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 01:49:22 ID:KQL0AUVC
共和国民は黙ってろ。
君主制の維持に失敗した無能国民の意見など聞くに価しない。

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 02:24:35 ID:k6XPBHoY
>>723
「ニッポン中盛り帝国・つゆだく」でもいいかもしれない

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 02:50:34 ID:3qFM/bZo
神国日本。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 04:11:58 ID:AM5xtlf9
魁!男国

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 04:16:11 ID:AM5xtlf9
ゲーム帝国

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 06:23:35 ID:8Mpghd+L
美島 日本

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 08:05:47 ID:+JG4YRsj
トヨタ自動車

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 10:05:31 ID:LPQGlGuJ
>>720
日本におけるオマーン国よりはましだろ。

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 10:42:39 ID:NFXVsBBT
日本皇国

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 17:28:43 ID:KQL0AUVC
だから皇国は日本の異名だと言ってるだろ。

あだ名みたいなもんだから日本の正式名にするのは変なんだよ。

例えば世間で普通ナベツネと言えば、読売ジャイアンツのオーナーとして有名な渡辺恒夫という個人を特定するあだ名というのが常識だ。

だからといってナベツネ自身が自宅の表札に「渡辺ナベツネ」と書いて掲げたらどう思う。
しかも本人としてはその表札を本気でカッコいいと思っていたら滑稽の極みだろうが。

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 17:44:19 ID:LPQGlGuJ
>>733
表札に「渡辺ナベツネ」…?
かっこいいじゃねえかよ!!!!!キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


ということでその説明では駄目だ。やり直してくれw

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 18:10:28 ID:iXYLSCNF
Giants

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 18:14:38 ID:KQL0AUVC
そんな暢気な事をほざいていられるのは今の例えがしょせん他人の家の事だからだ。

お前の親がそんな表札にしたら、お前が学校でイヂメられるぞ。

好きな相手に告白しても「表札がアレだから…」とゴメンナサイされるのがオチだ。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 19:21:55 ID:LPQGlGuJ
んなこといったらバカボンはどうなんだよ。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 19:27:31 ID:KQL0AUVC
バカボンが何だね?

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 19:36:35 ID:LPQGlGuJ
表札

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 19:38:35 ID:KQL0AUVC
バカボンの表札が何だね?

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 19:46:30 ID:LPQGlGuJ
バカボン

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 19:50:29 ID:KQL0AUVC
バカボンがどこの馬の骨かは知らんが、
バカボンという戸籍名なら表札がバカボンであるのは自然な事だと思うが。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 19:54:17 ID:LPQGlGuJ
確かにその通りですな。

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 20:06:00 ID:Tahz4801
世帯主は「バカボンのパパ」なのに表札が「バカボン」?

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 20:19:21 ID:KQL0AUVC
世帯主の子どもの名前だけしか表札にしてない家など珍しくもない。

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 22:29:41 ID:3utxvLet
表札はナベツネでもバカボンでもイイんだよ。
問題は戸籍上の名前だっての。

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 23:14:40 ID:LPQGlGuJ
ナベツネはかっこいいから認める。戸籍など知ったこっちゃない!

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 23:26:53 ID:3utxvLet
日本の正式国名も知ったこっちゃないノダ。

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/06(日) 23:29:59 ID:QrJ1ZfjN
大韓民国

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 00:30:28 ID:kw0N2uwP
マルハン

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 02:37:09 ID:2zeRFDr2
長州小力みたいに日本小力。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 03:35:07 ID:s+KMmn/b
政府と言えば普通は日本政府のことを指すが、外国と比較した場合は日本政府という方が適切。
同様に、普通は皇国と言えば日本のことを指すが、外国と並べるなら正式名称は日本皇国が適切。


753 : :2005/11/07(月) 03:43:23 ID:ANbDFRDY
邪馬台国

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 04:58:24 ID:SsDn5pHW
太閤と言ったら豊臣秀吉と決まっているのと同じく、
皇国と言えば日本だけなんだよ。
皇国だけで日本を特定している事も知らずに日本皇国なんて造語を使うのは無教養丸出し。

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 05:15:07 ID:SsDn5pHW
つけ加えて説明すると、そもそも太閤や皇国とは固有名詞を故意に避けている婉曲表現というものだ、

固有名詞を伏せているにも関わらず、太閤と言えば秀吉だと決まっている事で豊臣秀吉という個人の偉大さを表現する。

皇国も同じで、日本という固有名詞をつけないのはそういう理由があるからだ。

現在はせっかく皇国だけで日本を特定するという認識が確立しているのに、
日本皇国なんて言い出すのは馬鹿げてる。

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 05:44:57 ID:H6CItLHB
日本は世界のリーダーなんだから、日本地球連邦でいいじゃん!

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 06:14:14 ID:s+KMmn/b
同じ意味のものを重ねて何が悪い。
豊臣太閤様も日本皇国も全然おかしくない。

>現在はせっかく皇国だけで日本を特定するという認識が確立しているのに、
United States と言えば米国だと認識されるけど、正式名称は United States of America だ。
UnitedKingdomの中ではKingdomと言えばイギリスを特定されるし、
フランス共和国の中では共和国だけでもフランスを特定される。
「道」という地方自治体は北海道にしか使われず、
「道民」は「道」という呼び方を頻繁に使うが、正式名称は「北海道」だ。


758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 07:03:31 ID:w0HPbLAF
大日本帝國戦闘民族!!!

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 07:18:31 ID:SsDn5pHW
悪いに決まっている。
ユナイテッドステイツは世の中にいくらでもある中、ユナイテッドステイツオブアメリカに限っては固有名詞を省いてもUSAを特定するどころか、
固有名詞を省く事によってUSAである事を強調している。
それが大国としての存在感の証なのだ。
近年に到ってはステイツだけでUSAを特定する程だから半端じゃない。よく考えてみろよ
ステイツなんて「国々」と言ってるだけなんだぜ。

このように婉曲表現というのは、固有名詞から離れれば離れるだけ指し示す対象が持つ存在感の証となるのだ。

皇国を日本皇国にしたらせっかく皇国だけで日本を意味するという現在の権威が後退するだけだ。

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 14:19:46 ID:qSpLCCJU
だから、英語だと皇国って書いてもEmpireって訳すわけで。
権威も何も自称レベルでしかない。
根本的に違うだろ。

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 15:27:43 ID:SsDn5pHW
皇国という表記は漢字文化圏に向けた日本の婉曲表現であって、
英語は関係ない。
せっかく漢字文化圏では「皇国といったら日本の異名」という見解が既に常識となっているにも関わらず、
それを自ら台なしにする「日本皇国」なんて造語を使い始めるのは愚劣だという話だ。

762 :馬鹿丸出し!:2005/11/07(月) 16:55:27 ID:7vWTU7T7
元フランス在住だった人が言うにはフランスの世界地図に日本は
日本帝国
と書いてあったとさ。

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 17:03:51 ID:bYDbcz+P
日本で良いよ。

それ以上でもそれ以下でもない。

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 17:32:02 ID:tSoOHFZq
半角で「ニホン」ってのはどうか

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 18:07:44 ID:SsDn5pHW
黙れ共和国民

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 19:29:16 ID:/PlL+qCE
正しさと傲慢さは別。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 19:32:23 ID:/PlL+qCE
天皇陛下の権威をかさに着て威張るのはやめたほうがいいよ。
わざとやってるの?

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 22:13:41 ID:s9paHmoV
いいじゃん皇国で。天皇が居る国なんだし。

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 22:18:12 ID:aaEsCBze
日本美代国でいいよ。
Miyocoがいる国だから。

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 22:20:40 ID:SsDn5pHW
学習能力が無い奴だな
婉曲表現である点に意味がある異名を台なしにするだけだから却下なんだよ。

駄々っ子かお前は?

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 23:05:10 ID:Egsn3ywx
このスレを見てきてちょっと想ったので書いてみる
スレタイ通りちゃんと自分の意見の最後に
「以上の理由から私は正式国名は〜がいいと思う」
みたいなことを書いてみたらどうだろうか
正直、天皇が皇帝であろうと無かろうと英訳したならemperorだし
それが嫌ならtennouやmikadoみたいな固有名詞を一般化してそこから名称を作るのもいいと思う
ただケチの付け会いをしてると肝心の問題が分からなくなってしまうので

それで私の意見ですが
現体制のモデルがイギリスであるのは間違いなく
基本的な実権がない王室でもkingdomを名乗っていることから
天皇に実権が無くとも皇室を主体とした国と言うべきであると思う
また日本人は慎み深い民族なので
どこぞの国のように自分から国の頭に大とか付ける必要はない
スレを見る限り日本を皇国、帝国と言うのに抵抗がある人は多いようだ
以上の条件から使える名前は天皇の天の字を使うしかなくなる
すると結論として日本の正式名称は
「日本天国(Japan Paradise)」が適当と言うことになる

なにこの結論

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/07(月) 23:24:01 ID:SsDn5pHW
日本は帝国だ。
帝国と呼ぶ事を嫌がる方がおかしい。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 00:04:13 ID:AADa1FLZ
>> SsDn5pHW

   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)  はいはい帝国帝国
     `ヽ_っ⌒/⌒c
        ⌒ ⌒


774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 00:22:57 ID:ULo52n9A
オジャポン

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 01:23:00 ID:abbW4bO4
さて、皇国騒動も鎮圧したようだからこの辺で
「日本を帝国と呼びたがらない精神病理」について考察してみよう。

日本が帝国である事を理解してなかった手合いは単に不勉強なだけだが、
日本が帝国に他ならない事を理解していながら日本帝国、大日本帝国という伝統的な名称をかたくなに忌避する心理は何らかの強迫観念に捕われていると言える。
さて、彼等は不思議な事に帝国よりも格下である共和国の事を共和国と呼んだり、
王国の事を王国と呼ぶ事については抵抗している形跡がない。
そればかりか日本以外の帝国である古代ローマやモンゴルについても帝国と呼ぶ事を避けていない。
つまり支離滅裂な症例なのだ。

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 01:37:42 ID:qzLaDBZA
日本は低国だ。
低国バンザーイ!

777 :特攻の科白:2005/11/08(火) 01:44:50 ID:T/zsFOAT
「ジオン皇国に栄光あれ〜」

「天皇陛下万歳ー」

従って日本の国名=「天皇陛下」

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 01:58:20 ID:abbW4bO4
病んでるな

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 04:29:38 ID:d0aKsQOQ
あらら、皇国が婉曲表現なら天皇はどうなんだよ?

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 04:32:30 ID:k7AFVT5Z
日本は神の国だから日本皇国がいい

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 04:51:34 ID:GN14gFhX
アメリカ市日本区

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 04:57:40 ID:j2lexKTJ
ジオン公国だね顔('A`)

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 05:04:42 ID:jVVzdUop
チャイナ日本支部帝国

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 07:19:45 ID:FJEOsHB1
国名なんて「日本皇国」だろうが「日本帝国」だろうが、どうでもいいよ
いっそのこと国名を「いいとも」とかにすればいい
オリンピックで金メダル取った時の国歌斉唱で
「♪お昼や〜すみはうきうきをっちん〜」って流れたら楽しいしな

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 07:26:04 ID:SO+yWISt
キミは自分の子供に「いいとも」と言う名前をつけたらいいかも。
子供の誕生日のたびに
「♪お昼や〜すみはうきうきをっちん〜」って流したらきっと楽しいよ。
俺は、「日本国」「日本」がいいです。

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 11:44:07 ID:71YEanmM
Republic of Ikedasensei

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 12:01:23 ID:kn85Whj1
神国「日本」

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 15:37:32 ID:5EED92GW
ハワイ州日本島でいいよ!
どーせ日本とハワイの距離は年々近づいてるんだし!

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 15:41:13 ID:e8HKH14X
「いいよ」をNGワードにするといい感じ。

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 16:53:07 ID:ljjWUa2C
だから日本美代国でいいよ。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 17:24:20 ID:abbW4bO4
いかにも皇国は日本を指し示す婉曲表現だとも。

日本を指す時に限って一般名詞である帝国ではなく、皇国という言葉を使う事でそれくらい気付けよ。

日本の皇帝の事だけどを天皇と呼ぶのも同様の婉曲だ。
但し、天皇という称号の元ネタは皇国とは違って支那の真似から始まったという由来の違いはあるがね。

だから正式な外交文書には天皇ではなく皇帝という表現を使う。
公式の場でTennoなんて表現は痛いんだよ。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 18:14:56 ID:Ui0o4Iwr
774ちょっと気に入りました。

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 20:19:37 ID:d0aKsQOQ
おいおい、正式名称は天皇じゃないって言ってるのか?

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 20:28:36 ID:abbW4bO4
対外的には皇帝が正式な呼び方なんだと言ってるんだよ。
明治時代に政府がそう決めた。
天皇はあくまで日本国内向けの呼び方だ。

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 20:30:16 ID:d0aKsQOQ
正式名称のことを聞いてるんだよ。
天皇は正式名称じゃないのか?

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 20:43:39 ID:abbW4bO4
国内での正式名称は天皇だと解釈してもいいが、
本来は婉曲表現に過ぎない。
厳密な意味で正しい呼び方はスメラミコトだからな。
そして対外的な正式名称はあくまでも皇帝だよ。

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 20:47:18 ID:5tRQeP4Y
よくわかんないけど、日露戦争開戦時の新聞には『大日本帝国皇帝陛下は云々』と書いてありました。

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 20:54:34 ID:d0aKsQOQ
天皇は婉曲表現での正式名称ってことだよ。

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 21:08:17 ID:abbW4bO4
婉曲表現は正式たりえない。
だから外交の場では天皇を使えないのだよ。
言わば正式な婉曲表現ではあっても、
婉曲表現が正式名称に採用された訳ではない。

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 21:22:37 ID:d0aKsQOQ
「対外的な正式名称」が皇帝ではなく、「国際的な慣行による位置付け」が皇帝なんだよ。
訳としてはEmperorと呼ばれているけど正式名称ではない。

正式名称は天皇

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 21:28:37 ID:abbW4bO4
国内での正式名称はスメラミコトと考えるべきだな。
借り物の漢語が大和言葉を差しおいて正式名称だと言い張るのはおかしい。

だから「正式な婉曲表現」ではあっても正式名称ではない。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 21:33:06 ID:abbW4bO4
それから対外的には皇帝と名乗る事は明治時代に帝国政府が公式に決定した事だ。
対外的には位置づけも正式名称も皇帝なんだよ。

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 21:46:05 ID:d0aKsQOQ
正式名称が天皇ではないのかw異常だなw

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 21:48:53 ID:abbW4bO4
婉曲表現を正式名称と混同している奴が不勉強なだけだよ。

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 22:03:58 ID:d0aKsQOQ
正式名称ってわかる?
米国の場合United States of Americaのこと、Statesが正式名称じゃないの。
アメリカがStatesを正式名称にしてるのか?

俗称を正式名称と混同している奴が不勉強なだけだよな。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 22:06:56 ID:abbW4bO4
婉曲表現に過ぎない皇国を正式名称にしようとする無教養な奴は俺じゃないぞ。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 22:12:52 ID:d0aKsQOQ
わかったよ、天皇は正式名称じゃないんだよな。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 22:14:56 ID:abbW4bO4
不勉強な人にも分かりやすく言うと、
天皇はスメラミコトの俗称に過ぎない訳だ。

支那の君主が使っていた「天皇」はスメラミコトという正式名称を婉曲する為に利用した借り物に過ぎない。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 22:16:05 ID:d0aKsQOQ
ほう、さすがだ。

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 22:17:44 ID:ZyGC8LAF
Yahooのアンケートの倉木麻衣タンのシングルを大差で1位にしようぜ
(投票後一度出て→ツール→インターネットオプション→Cookieの削除→再度ページに入る
 すると複数投下可)

http://music.yahoo.co.jp/

1モー娘。
2ゆず←邪魔
3倉木麻衣たん

クッソーくずのパクリの糞ゆずうぜぇっ。
モー娘との1,2フィニッシュ!

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 22:23:48 ID:FJEOsHB1
>>810
1モー娘←邪魔
2ゆず←邪魔
3倉木麻衣たん←邪魔

終了

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 22:49:53 ID:k7AFVT5Z
国内向け ・・・ 日本皇国
国外向け ・・・ 日本帝国 または Japan Empire

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 22:54:47 ID:A/uGBsOg
チョッパリ猿ヶ島

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/08(火) 23:13:42 ID:qzLaDBZA
日本米国

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 04:58:42 ID:cqCkXLRV
国内向け限定なら「皇国」で良い

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 06:28:57 ID:BPnTKsIa
うそ混ぜるのうまいなあ、卑怯者。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 06:49:12 ID:cqCkXLRV
誰がどこに嘘を混ぜているのかを明記しない奴もなかなか卑怯者だ。

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 13:12:01 ID:QTI+/cXg
正式名作るならひらがなを入れるのがいい
日の本の国

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 13:46:59 ID:VEVHiKMy
永久戦犯流され島

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 14:54:43 ID:Wh9Sv4kn
新島日本

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 15:22:44 ID:3Kq6ExK8
銀河帝國

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 15:47:15 ID:7ANkAh1S
天皇は中国皇帝と同じにならにように配慮して名付けた輪訳だが。

天皇自体は日本国内でしか通用しない事。
世界から見たら皇帝になる。
外人に聞くと皇帝だろ!って答えが返ってくる。
日本に長く住む外人だと日本国内では皇帝の事を天皇と呼ぶと知っている。
外人からしたら天皇って日本の国民が皇帝を言う時のファーストネームみたいなもんだと思っている。
だが、そういう外人も外国から来た人に説明する時は日本の皇帝と説明してるぞ。

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 15:52:36 ID:yDnNQrYz
別にEmperorで括ってるからって現地語の呼称もEmperorだなんて思ってるバカはそういないよ。

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 16:07:52 ID:2m5M/kfA
天照日本帝国

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 16:44:13 ID:cqCkXLRV
なんだ?見落としてるのか?

日本で君主の事を天皇と呼ぶようになった時期の支那では、
君主の称号が「皇帝」とは別なものに変更された事がある。

そう、「天皇」だ。

天皇は支那皇帝との違いを強調する為の称号だなんて寝言をほざいてるのはどこの馬の骨だ?

もろに真似だよ、真似。
ちゃんと調べてみろ。

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 17:50:21 ID:kV1IRzU8
アメリカ合衆国・神州

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 20:53:35 ID:His+Oyp/
まあ、現実を直視しなさいってことだな。
お前がどんなに能書きたれようが、現在のこの日本ではお前の言うその物真似婉曲表現で、
実際に「正式名称が天皇」であり、ほとんどの国民がそう呼んでいることは事実なわけ。
皇国を否定するがために天皇までをも否定してしまう、

お前のその思考回路が心配だよ。

少しは外出でもして冷えた空気にあたってみたらどうだ?
だいぶ寒くなったのは知ってるか?

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 23:52:49 ID:ZFOA8a8V
まあ、このスレが立ち上がった当初から粘着してる電波ですから…
嘘も100回言えばなんとやらです。

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/09(水) 23:55:39 ID:iDH3PyNI
>>818

漢字を使った、日本、日ノ本の類はやめたほうがよい。 いずれも中国から見た呼称。

たとえば、前7世紀まで地中海東部で栄えていたフェニキア人は、自分の住んでいる地方より東方を、アスAsu(日の出る地方、その後ギリシャ語化してアジア)、
また、西方をエレブEreb(日の沈む地方、ヨーロッパの語源)と呼んだ。

トルコのアナトリアも「日が産まれる地方」の意。 自分の生活している地方を「語源的に」、日の沈む地方、日の出る地方、と呼ぶバカがどこにいる?
一日中真っ暗か、焦熱地獄で黒焼き。本来,「日本」はそれより西に位置する中国から見た呼称。 自分のいるところが日ノ本なら皆焼け死ぬ。


しかも、アジア、ヨーロッパ、アナトリアはいずれも「地方名」。 他国が「地方名」として使った語を、ありがたそうに「国名」に使うなんて。中国の古典にちょい詳しい聖徳太子の訳知り顔と思うけど。  
和製漢字語としても、原語としても、中国人、目を白黒(しろくろ)したのとちゃう?

立憲君主国あきつしまと思ったが、東大工学部のロボット博士が、皇族の意見、シャッポの羽根飾りが何を抜かすか式な対応。男系ならばこその、華のある日本君主。 女系容認で鮫子鼠も強行するようだから、
立憲君主はやめて、「あきつしま」だけ。


830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 00:00:23 ID:7Z51cVaa
毎日自分のいるところから日が出るのに焼け死なない。
かっこいいな。
日ノ本に一票。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 00:08:41 ID:Q7+hKbZw
悔し紛れの悪態は反論の代用品かね?
天皇という称号がもともとは支那皇帝からの借り物に過ぎない事すら知らない不勉強ぶりから察するに、
天皇はエンペラーじゃないだとかemperorはエンペラーじゃないだとかの支離滅裂な言動で粘着していた馬鹿かな?

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 00:30:26 ID:7Z51cVaa
>>830
誰に何を言っているの?

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 00:30:53 ID:7Z51cVaa
>>831だった

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 00:57:25 ID:BYVLNKoX
邪派似威頭


835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 01:00:14 ID:Q7+hKbZw
ふと気付いたが、
1・歴代支那皇帝の中には、皇帝ではなく天皇と呼ばれていた者が存在する。(調べてみればすぐに事実と分かる)

2・支那皇帝が天皇呼ばれていた時期からそれほど間を空ける事なく、日本の君主が天皇と呼ばれる時代が始まった。

3・天皇は支那皇帝との違いを配慮した名称ではなく、当時の支那皇帝から真似たと指摘するのは俺の嘘である。

以上の3点がいずれも真実だと仮定したら、

「日本と支那の君主がたまたま同じ頃にそれぞれ天皇を名乗りだしたが、単なる偶然の一致である」
という見解にしかならないわな。
まさかそんな詭弁が世間に通用すると勘違いしてないだろうな?

一つヒントをやると、両国で君主が偶然にも天皇と呼ばれだした頃には、
これまた奇妙な一致だが両国が4文字の年号を定めている。
オレが嘘をついているにしては、随分とすごい偶然だよな。

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 01:28:52 ID:UnjeWzn+
>>828いやマジ、全然噛み合ってねえよw

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 02:18:13 ID:Q7+hKbZw
偶然にも同じ間違いを犯している馬鹿同士が連帯保証に必死な様子だが、
えてして単なる偶然ではなく、
自演の綻びが露呈していただけというケースが殆どなので要注意だ。

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 02:28:43 ID:Yf/xVOBB
こないだ思い切り自演に失敗してたから100回自演を重ねてごまかすつもりなのだ。

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 02:44:50 ID:Q7+hKbZw
天皇という称号はたまたま同時期に支那皇帝が使っていたのを真似た借り物であるのは明白だし、

天皇の正式な呼び名がスメラミコトだというのは古語辞典でもあれば一発で分かる基礎知識だ。

わざわざ嘘を挟む必要など無い。

別に俺が嘘をついているのではなく、
無知無学な人間が婉曲表現と正式名称を区別出来てないだけだな。

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 03:24:29 ID:Yf/xVOBB
天皇は漢語という外来語。
しかも外国の皇帝が原案であると。
つまり由来で言えば皇帝やemperorと同列の言葉なのでは?

それを日本では
皇帝…皇帝一般(日本を含む)
emperor…皇帝一般(日本を含む)

天皇…日本の皇帝を特定する呼び方

という使い分けをしきたりにしていると。

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 05:10:55 ID:ImGhVpSd
日本島国

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 05:58:44 ID:Qx7kD7Po
大韓民国 倭寇道

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 06:44:28 ID:LY5chlPe
じぶんにつっこんでどうするw

844 :国道774号線:2005/11/10(木) 13:46:31 ID:8ISMr6Sa
日本官僚制社会主義帝国

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 14:51:14 ID:+BKPzX28
マジで日本国が一番好きだ

変に華美にした国名(大〜国)とかは、コンプレックスの固まりみたいでいやだ

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 16:29:06 ID:8FZhX54T
>>845
同意〜。潔くていいよね。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 21:13:45 ID:UnjeWzn+
>>840
そうね、どれにしても外来語ってことは共通してるわけか。
外来語である天皇という称号を言い換える、日本独自の名称ってあるのかなあ。

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 21:15:55 ID:PorCXEfD
日本皇国

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 22:34:58 ID:Q7+hKbZw
日本古来のオリジナルな称号はスメラミコトだっつーに。
つまり、厳密な意味で正式名称にこだわるならスメラミコトしかないという理屈になる。

俺としてはそこまで神経質になって字面にこだわる意味がよく分からんのだが、
広い世間にはemperorをエンペラーと表記しただけで異なる概念を指すと錯覚する症例も発見されているみたいだからな。

そういう連中からすれば、字面が違う天皇と皇帝は別モノにしか見えないのかもね。

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 23:25:34 ID:UnjeWzn+
厳密もなにも正式名称は天皇。明治憲法以来現在に至るってことぐらいわざわざ書かなくてもわかってるだろ?
「すめらみこと」それは正直、知らん。サンスクリット語や蒙古語だったりって聞いたが。

天皇や皇帝が同じだからこそ、正式名考えるんだったら普通に字面にこだわるだろ。

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 23:33:20 ID:Q7+hKbZw
君主の地位は字面に依存しないという解説なら既に書いた。
また理解出来なかったのかね。

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 23:39:21 ID:UnjeWzn+
そうね、理解は無理だな。

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/10(木) 23:59:08 ID:7doYF/8B
宮中儀式の祝詞などでは極力外来語を回避して大和言葉を使う。
天皇ならすめらみことと呼ぶ訳。
天皇の権威を構成する核となる呪術的局面で天皇ではなくすめらみことの方を用いるというのは、
所詮は外来語に過ぎない天皇よりもすめらみことという言葉の方が重視されている事を示す。
明治時代に政府が君主の称号を国内向けには天皇、国外向けには皇帝と定めた。
(国名を大日本帝国と決めたのは昭和11年)
だが、天皇の臣下に過ぎない政府の官員が何をどのように決めようとも、
天皇の権威とは直接関係ない次元の話だ。
それは政府が天皇をどう呼ぶかという話に過ぎないのであって、
天皇自身はすめらみことという言葉の方を重んじている事実を覆せない。
「天皇」は正式な婉曲表現ではあっても、正式名称とは言えない。
字面にこだわるのであればな。

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 00:10:17 ID:1rMxOwFx
>>850
>明治憲法以来現在に至る

明治憲法が根拠なら、明治22年以前の伝統は無視?
天皇は明治憲法よりも昔から存在するよ?

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 00:31:35 ID:whvDw2fx
どうでもいいじゃん。ようするにあの一家は偉いさんってことでしょ?
で、それ以外は、箸にも棒にもかからない連中ってことなんでしょ?
で、おれらは似たり寄ったりなんだから、偉いご一家と縁がない他所の国の連中とは
違うんだ!って思いたいってことなんでしょ?・・・まるで、土人の話にしか聞えないな・・・


856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 00:34:43 ID:1rMxOwFx
理解できなければ無理しないでROMってるといいよ?

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 00:44:17 ID:qRIYtSZP
>>855
朝鮮半島あたりの土人みたいな解釈だな。
とても帝国臣民とは思えない程に君は知力の点で難があるようだ。
まさかとは思うが、もしかして君は共和国民なのか?

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 00:54:21 ID:V6PZ3Gjv
バレちゃしょうがない。私は労働党員だ

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 01:18:02 ID:fig3RY2r
>皇国を否定するがために天皇までをも否定してしまう。

実に分かりやすいまとめだから毎日魔除けに貼っとこう。


860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 01:24:57 ID:qRIYtSZP
下らない中傷を繰り返す事しかできないクズもROMってろ。
大体オレは皇国や天皇を否定などしておらんわ。
どこで思考をはしょってたらそんな誤解に陥るんだ?
オレが指摘しているのは、皇国や天皇が正式名称ではないという話だぞ。
反論があるなら、オレが既に書いた説明を覆せるだけの根拠を具体的に書けばよかろう。
何故おまえはいつも誹謗中傷しかしないんだ?
クズが。

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 16:45:25 ID:fig3RY2r
>>860
少なくとも今は天皇の呼称は天皇だというのは法律で定められてるんだから
誰がなんと言おうとも唯一の正式名称なんだけど。今はな。
伝統がどうとかは置いといてな。

伝統的な呼称とか対外的な呼称を以って、法律で決まってる呼称をさしおいて正式だというのは
それはもう感情論でしか無いだろう。


862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 18:25:13 ID:EC+/6Zlq
ヤポニスタン

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 18:51:26 ID:EC+/6Zlq
北海道・樺太・北方四島=アイヌ人民共和国
沖縄・九州・四国・竹島・尖閣諸島=大琉球民国
本州=大日本帝国

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 19:06:43 ID:a0f5BbED
共和国民国帝国
三つそれぞれ使うなんて、平等主義ですね。

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 19:18:24 ID:oeNPfnLe
国名なんてどうでもいいよ
独裁国家でありながら民主主義で共和国ってちんぷんかんぷんな事を堂々と国名にしてるよりましだろ
たしか首都はピョンチョンだっけ?

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 19:38:42 ID:CMgowhQ2
法律で決まっているから正式名称というのは皮相的な見方に過ぎない。
法律以前から天皇はスメラミコトだったし、今でも天皇とは仮の呼び方に過ぎないからこそ、宮中儀式の祝詞などでは必ずスメラミコトと呼ぶ。
天皇の権威を構築している核心を成す呪術的局面では決して外来語の天皇を用いる事はなく、
日本の君主を意味する本来の名称をである大和言葉のスメラミコトを用いる。
日本の精神世界では言葉自体に魂が宿り、
その言葉を口から発するだけの事が強大な呪術の発動と考えられているからだ。
所謂コトダマという観念(妄想)だ。
そして日本社会のにおけるスメラミコトとはコトダマを操って神州を統べるシャーマンの長であり、
コトダマで社会の平安と繁栄を祈祷する儀式の主宰である事が特別な家系として扱われて来た所以なのだ。
この事実を無視してしまえば皇室の血統を特別扱いする理由が消え失せる。
つまりお前は、天皇をその辺の馬の骨と同等の存在だと言い放っているのと同じなのだ。
祝詞で漢語の使用を避けるのは、漢語にはコトダマが無い、もしくは大和言葉に比べて微弱なコトダマしか無いと考えられているからだ。

政府が何を決めようが関係ない。
天皇は、仮の名だ。

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 20:08:28 ID:fig3RY2r
>>866
まぁ、それはそれで、藻前的にはこのスレに対する結論は「おほやしまのくに」とかそんな感じなんだろ。
それはわかる。

でも、藻前にとって正式かどうかはさておき
法律で定める所の(正式)名称や対外的な呼称を国体を表すものにした方がいいんじゃね?
ってスレだからなぁ。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 20:15:30 ID:CMgowhQ2
そんなものは「正式な婉曲表現」でも使えばよかろう。
だが、法律で何を定めようが「天皇」が婉曲表現である事実は微動だにしないのだよ。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 20:25:09 ID:a0f5BbED
でも自分の中では「陛下」と言えば「天皇陛下」なんですが。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 20:25:55 ID:a0f5BbED
天皇って言葉で習ったし。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 20:27:22 ID:a0f5BbED
あまり学問的なことを言うと「天皇」っていう
言葉に感じている神性がなくなるんですが。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 20:28:42 ID:a0f5BbED
だからエンペラーとか皇帝とかに
わざわざ言い換えてほしくないんです。

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 20:40:46 ID:CMgowhQ2
別に改名しろとは言っとらんよ。
国際儀礼が定める格式によれば、日本の君主は現存する唯一のemperorであり、
emperorの和訳(漢語訳)は皇帝だ。

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 20:45:36 ID:Q2G96WGt
日本は君主国なのだから、
「日本帝國」か「日本皇國」でないといけないのは間違いない。


875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 20:49:37 ID:CMgowhQ2
日本皇国は変だというのがどうして理解出来ないのかね。

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 21:16:29 ID:Y8qAf4w8
萌え萌え王国

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 21:52:08 ID:ITbVNdFe
政府の決定を認めないんじゃ、法治国家を否定するというこだな。またまたすげぇ話だな。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 22:07:32 ID:a0f5BbED
陛下わべえるのおくですことばもべーるでsu


879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 22:33:55 ID:CZ6FEL+g
スメラミコトをことえりで変換すると、天皇と出るのですが・・・・。
古語で「治める者」って意味だから、それを称号とするのも変な話だ。
日本列島 → 豊秋津島
日本国  → 瑞穂国

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 22:41:46 ID:B4z/Cuak
>>875
詳しく

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 22:47:49 ID:a0f5BbED
陛下わべえるのおくですことばもべーるでsu


882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 23:01:55 ID:CMgowhQ2
「政府が決めたから正式名称だもん」
では単なる思考停止だからな。

政府が人の集まりである限り、人間の限界を突破して常に完全無欠である訳が無い。

「法律だから」「政府の決めた事だから」で思索を停止してるようだから、
どうでもいい字面に一々惑わされたりするんだ。

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 23:10:17 ID:a0f5BbED
エンペラーとか皇帝とかも、言葉としてはもっとどうでもいい。


884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 23:16:16 ID:CMgowhQ2
天皇がエンペラーか、
あるいは皇帝かという問題について字面の違いを理由として別物だなんて与太話をしていたのは俺じゃないよ。

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 23:25:46 ID:ITbVNdFe
お前どうでもいいけどクズとか書くなよ、傷つくじゃん。しっかりIDまで変えてw

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 23:31:06 ID:PPOfMvEV
私は、今日という日を夢で見た。
わたしは、未来を予知した。

いったい、どうなっているんだ。
いったい、俺は何者なんだ?


887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 23:36:44 ID:a0f5BbED
日本国内では
スメラミコト→天皇まで。
その先は一般化しすぎ。
だと思います。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 23:38:16 ID:fig3RY2r
えーと、

皇国を否定するがために政府までをも否定してしまう。

って変えないといけないのか?w

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 23:45:36 ID:CMgowhQ2
皇国も政府も否定などしてないよ。
他人の発言を歪曲するクズ野郎は否定するけど

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/11(金) 23:47:17 ID:ITbVNdFe
皇国否定が前提ならそうなる。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 00:10:48 ID:hQU1Cavl
私は、ただ、強く強く、本当に強く、彼が死ぬように願った。
すると、次の日、彼は足を引きずって学校へ来た。
その時、私は何が起きているのか、そして、自分が何をしたのかさえ、
理解できなかった。

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 00:15:28 ID:PdZQVaK/
ようするに小学生を強姦したと

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 00:27:45 ID:M80ygp6R
”日本連邦帝国”

国民が選出した大統領が収める幕府国と、幕府国とは独立して日本に存在し、
連邦帝国民が選出した大統領、及び三権の長を任命する資格を有する
”帝”が首長である京都朝廷国 の連邦制をとる。

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 00:45:14 ID:NMK+ndxZ
あなた達は、彼が裏で何をしていたのか、全てを把握しているのか?

彼は、同学年の中島を陰でいじめていた。何故入学当初あんなに活発だった
中島が、四六時中机に突っ伏して、鬱状態になったか分かるか?奴のせいなんだよ。

俺だけじゃなかったんだ。最悪、中島も自殺に追い込まれていたかもしれない。
もう、生きるためには、何をしてもいいと私は考えていた。そして、それが始まったんだ。
それは、私にとって、生きるか死ぬかの、本当の戦争だったんだ。それがどれほど
深い傷を私に残したことか。もちろん、彼も取り返しのつかないほどの傷を負った。
お互い、癒えぬ傷を負った。

私は、死にたくなかっただけだ!


895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 02:16:07 ID:qiYLe63L
つくづく文章読解力の無い奴だな。
オレは別に皇国を否定なんてしてないぞ。

皇国というのは日本の異名だから、わざわざ頭に日本をつけた日本皇国なんて言わないんだという事を教えてやってるだけだ。
それのどこが皇国の否定という話になるんだ?
寝呆けるな。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 03:41:43 ID:endE+w36
皇国は国体の表記だろ?

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 04:54:01 ID:sEI3PSpT
これを読め!!  平和主義者の集いである!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1131249961/l50


898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 06:56:31 ID:PyUqgQEB
>皇国というのは日本の異名だから、わざわざ頭に日本をつけた日本皇国なんて言わないんだ
これはお前の捻くれた脳内でだけ通用する下らないルールだ。
同じ意味の単語を続けちゃいけない合理的理由を述べよ。


899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 07:17:29 ID:HYa4GU0W
「皇」の文字をわざわざ前面に出す必要ない。

900 :899:2005/11/12(土) 07:17:59 ID:HYa4GU0W
通りすがりです。

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 08:08:49 ID:qiYLe63L
皇国が日本の異名ではないと錯覚しているお前が無知なだけ。

お前は皇国をempireを意味する日本語だと勘違いしてる節があるが、
ローマ皇国とかインカ皇国などと表記する慣例は無いのでempireを意味する帝国の同義語ではない事が明白だ。

捻れてるのは、無知無学なお前の方なんだよ。

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 08:27:40 ID:qiYLe63L
それからお前は意味が重複しても構わないと開き直ってるが、
重複してない言葉をわざわざ意味が重複した造語に替えるのは無教養丸出しでみっともないないんだよ。

昔と違って天皇は日本にしか居なくなったが、
今さら「天皇の称号を日本天皇という称号に変えよう」なんて言い出す意味が無い。
かつては外国にオリジナルが実在した「天皇」でさえ現在は日本の君主の代名詞(註・正式名称ではない)として確立している。
それをわざわざ「日本天皇」に改めるのは天皇が日本以外にも存在するかのような表現にしているだけだ。
皇国も同じ。
皇国はempireの訳ではなく、天皇の国、つまり日本を特定する代名詞だ。
それにわざわざ日本をつける意味が無い。

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 16:38:42 ID:wcDBKLHE
全てを表す国名、「日本國」でいいじゃん。

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 17:55:01 ID:wG8St0zM
「天皇の称号を日本天皇という称号に変えよう」ってどこに書いてあるんだ?

君主の正式名に国の地名は付けねえって。国の正式名に、地名とその国家体制なんだよ。
国名が必要な場合があるかどうかは知らんが、その場合は日本皇国天皇とか表記されるんだろう。
正式名は天皇。
同様に内閣総理大臣の正式職名にも地名が付くことはない。
必要に応じ現在の日本国内閣総理大臣が日本皇国内閣総理大臣となるだけ。

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 18:15:18 ID:qiYLe63L
「日本天皇」の例は、「日本皇国」の痛さを理解してないボンクラでも分かりやすく説明する為に出した例だよ。
実際に支那では今でも「日本天皇」と表記する。

当然だ。
奴らに言わせりゃ支那にはかつて本物の天皇が居て、
今居るのは「日本で天皇と呼ばれてるパチモン」に過ぎない訳だからな。
だから天皇ではなく日本天皇なんだよ。

皇国の頭に日本を付けたら悪いに決まってるだろうが。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 19:33:31 ID:l//gsRJy
ttp://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/12(土) 22:39:38 ID:5oBDc92w
天皇と呼ばれる存在が日本だけにしか居なくなって1300年くらい経つのに、
あくまで日本天皇と言い続けるのは底意地の悪さを感じるね。

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/13(日) 00:59:17 ID:eHgAvE13
東朝鮮

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/13(日) 01:15:08 ID:qJvD7OTN
朝鮮とつくだけで悪印象だから却下。

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/13(日) 09:48:17 ID:Pz3qr744
また人のせいにするんだねwww 知障 ルエ厨ID:yYrYxOAQ は死ねや また知障か ◆njNeTx1W お前がこのトリップだせない時点でお前が本物のルエ厨だと証明できる。最近過激化してるねwwwwwww
同じ言葉の繰り返ししか言えない知障君wwwwwww
(゚Д゚)ハァ?悔しかったらこのトリップ出してみろよ馬鹿。荒らし報告しときますね


911 :バイブ辻元:2005/11/13(日) 10:11:18 ID:bwrhNdAg
サイン入りバイブレーターを公衆の面前で高額販売 辻元清美代議士
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1128521652/l50

「国会議員って言うのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。
私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や」

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/13(日) 22:51:06 ID:fw6wX0jk
>907
じゃあ世界天皇ってよぼうぜ!

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/13(日) 23:12:15 ID:HOMMKkK9
つうか、だれが天皇やっても同じじゃネェ?

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 00:46:17 ID:xRaZBy6v
過去1300年来、天皇と言えば日本の君主だと相場が決まっている。
その事実を嘲笑うかのようにわざわざ日本天皇だの世界天皇だのと無駄な注釈をつけて呼ぶ必要など無い。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 01:08:29 ID:CuUNOT/9
>>902
>重複してない言葉をわざわざ意味が重複した造語に替えるのは無教養丸出しでみっともないないんだよ。
これがお前の捻くれた偏見なんだよ。

>今さら「天皇の称号を日本天皇という称号に変えよう」なんて言い出す意味が無い。
国内では「天皇」で十分だが、外国では「日本天皇」でも全く問題ない。
外国人に「天皇」と言われても誰のことだか分からないから、
「日本の天皇」や「日本天皇」と呼ぶのが合理的。

>それをわざわざ「日本天皇」に改めるのは天皇が日本以外にも存在するかのような表現にしているだけだ。
そんなことはない。修飾語が付けば他にも存在することになるという考え方が不可解だ。
「2ちゃんねる」を「西村2ちゃんねる」にしたって、他に2ちゃんねるがあることにはならないだろ。


916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 01:28:14 ID:ngvDmlSH
お前らの喧嘩には天皇もうんざりのようだ。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1128814953/l50

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 01:45:08 ID:xRaZBy6v
捻くれてるのはお前だよ。
皇国が日本の代名詞なのに、日本皇国なんて言葉が存在する訳ないだろう。
それを知っての上でわざわざ皇国に日本をつけたがるのは、
日本の他にも皇国に該当する国があるかのような印象を強調したい奴だけだ。

お前は単に無知無学なだけ。



918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 01:52:58 ID:xRaZBy6v
それから日本天皇という表現は、天皇という言葉で示す君主が過去1300年にわたって日本にしか居ない事実を故意に無視する意図の現われに他ならない。
他の国に天皇が居るなら日本の君主を区別する為に日本天皇と表現するのは問題ないが、
支那は1300年以上昔に武則天がホンの一時期だけ用いていた支那の天皇の事だけを真の天皇と見なしている事を、
日本天皇という言葉で表明しているんだよ。

過去1300年日本以外のどこにも居ない天皇を、わざわざ日本天皇と呼ぶ意味すら見抜けないとは愚劣の極み。
愚鈍にも程がある。

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 01:58:09 ID:ucMItvPy
いたのは事実

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 02:01:23 ID:ucMItvPy
居なかったことにしようとしてるとかか?

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 02:04:52 ID:ucMItvPy
間違っちゃいないな

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 02:07:10 ID:ucMItvPy
しかも「日本は天皇の国」って言ってるわけだし

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 02:09:39 ID:ucMItvPy
ヤツらの日本天皇も俗称なら別に正しいしな

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 02:42:16 ID:xRaZBy6v
ホンの一時期しか居なかったオリジナルの方を過剰に意識して強調する必要などない。
今の世界で天皇といったら、日本の君主の代名詞だよ。
少なくとも過去1300年間はな。

だから日本人は「日本天皇」なんて言葉を「天皇」よりも重んじる理由が無い。
日本皇国も同じ。
皇国の方が日本皇国よりも日本にとっては都合が良い。
だから日本人が率先して「日本皇国」なんて口走るのはバカ丸出し。

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 02:49:19 ID:QumhbULP
大阪民国

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 02:50:14 ID:nFHOrhud
「ニポニアニッポン」

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 02:50:23 ID:ucMItvPy
日本皇国を否定するほうが過剰に意識し過ぎ。「日本は天皇の国」。

君主は天皇で日本天皇じゃないっての。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 03:05:23 ID:ucMItvPy
地名と国体を表すのに、何であんな国をわざわざ意識しなきゃいかんのか?
日本は素直に正式名の通り付けりゃいいじゃん。正式に日本皇国天皇と使わせてやれ。
マナーの知らないボンクラは相手にしない。下衆が勝手にほざいてろってことだ。
ボンクラ国なんか意識しないでほっとけよ。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 03:12:38 ID:xRaZBy6v
皇国は天皇の国という意味だよ。
わざわざ日本をつけて呼ぶのは無意味なだけでなく、
皇国が日本の代名詞であるという権威を日本人が自ら否定する意志の表明ですらある。
だからバカだと言ってるのだよ。

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 03:19:17 ID:ucMItvPy
だったら日本国がいいんじゃね?

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 03:19:41 ID:xRaZBy6v
それと一つ言っておくが、お前があんな国と呼ぶ国は、
日本の君主が採用して1300年に及ぶ「天皇」という称号の元ネタだぞ。
日本社会にとって漢語の「天皇」はあくまでも正式名称ではなく婉曲表現の一例にすぎないとはいえ、
代名詞としての長い伝統を尊重するなら「あんな国」と不用意に呼ぶのは感心しないな。


932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 03:21:41 ID:xRaZBy6v
日本国でもいいが、国体を示す名称としては日本帝国、もしくは大日本帝国が適切だ。
なぜなら、日本は帝国だからだ。

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 03:23:51 ID:ucMItvPy
もう寝る

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 03:53:31 ID:1ePO/+Yd
ヤフーBBスタジアムとか、ネーミングを企業に売却する例が増えているので、

おはようからおやすみまであなたの生活を見つめる花王日本国

イオナ-私は美しい日本国

光のNO1 OCN日本国

とかにして金を取ればいい。

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 17:29:40 ID:xYvb5wI3
それって何か気のきいた事を言ってるつもりなのか?


936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 17:36:05 ID:toPrQUkP
極東帝國

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 21:28:28 ID:kM9bH3W/
大和

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/14(月) 22:24:38 ID:CuUNOT/9
日本皇国をいつも批判してる香具師は、
日本皇国という単語を、「皇国」に「日本」が付いたものだと考えてるように思える。

俺は国の正式名称というのは、「国名+○○国(形態)」が基本だと思ってるから、
「日本+○○国」という形で「日本+皇国」を主張している。
「日本」という国名に「○○国」を付けるとしたら「皇国」が一番適切だと思うがな。


939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 01:08:44 ID:rmk7BOll
頑張って1から全部読んだ。

皇帝 = Emperor
天皇 = Japanese Emperor

国際的に
俗称 = Japan(日本)
正式 = Japan Empire(日本帝国)

国内的に
俗称 = 日本(Nippon)
正式 = 皇国(Koukoku)

というのでどう?
だいたいあってる?

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 01:58:33 ID:Sr7Cv3dH
「皇国」と言う言葉でだいぶ感情的になってるようだけど。

「皇国」は、日本を指す婉曲表現だと言うのは確かでしょ。
正直、俺はこの呼び方が好きだ。でもこれは日本人が自国を誇らしく表現する為のいわば内輪の呼び名であって、国名の一部として入れたり、或いは添えたりはしない。
少なくとも歴史的に見たときの使用法はそうでしょ。
「日本+皇国」を主張する人の理屈も一応理解は出来る。
でも、あえて歴史的には単独の形でしか使用されていなかった事実がある言葉を、今になって、造語要素のように扱いたい理由は何?

婉曲表現は、そのままさりげなく使ってこそカッコいいと思う。
(あくまで内輪の符丁であることをお忘れなく。)
俺には「日本皇国」はやめろとこだわってる奴の気持ちが良くわかる。
彼も、「皇国」という言葉の潔さがとても気に入っているのだ。
異なった使い方をされることで、この言葉の持つ美しいイメージが壊れることを勿体無く思っているのだろう。
「すめらみくに」は唯一無二だ。それ以上、修飾語を必要としない。そこがすばらしい。
美しいのだ。
「日本皇国」で何が悪いと言い張る輩には、この思い入れが分からないのだろう。

我が「皇国」は対外的には「大日本帝國」を名乗ってきた。
歴史に立ち返りたいならそちらを再び国名とすべきは明らかである。

俺自身は、前にも1回書いてるけど、「日本国」がすっきり、潔くて好きだ。
中国から見た名だという人もいる。しかし、自ら日の本を名乗り、それが国の勢いを示すとして少しも憚らぬところに、わが国の若々しさが有るのだ。
聖徳太子の逸話は誰がなんと言おうと誇らしい。
日の丸の国旗との組合せで評価しても、現状ままの「日本国」は、一度失ったら二度と手に入らない、シンプルにして最高の国名だ。


941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 02:20:59 ID:dBy2QMaX
「日本皇国」が皇国に日本をつけた言葉ではないという言い草が意味不明だ。
どこをどう見ても、日本の異名である「皇国」にわざわざ日本をつけた謎の名称だろうが。

皇国と言うのは天皇の国、すなわち日本を意味する文学的表現であって、
政治的な区分をの一つである「帝国」や「王国」「共和国」などとは無関係な次元の言葉だ。

例えば支那語でいう「中国」を例に挙げる。
支那では支那の異名として中国という言葉があるが、
これは「中の国」ではなく「国の中央部」と言う意味だ。
支那では自分達の文化圏だけを真の文明圏と見なし、異なる文化圏を野蛮な未開の地と見なす価値観(妄想)が伝統として確立していた。
つまり支那人にとって中国と言うのは全世界の中央部であり、
唯一の文明圏である支那地域を指す訳だ。
だから中国と言うのは中華(世界の中央の文明圏と言う意味)という言葉の別バージョンではあっても、
国家の形態を分類する帝国や王国、共和国etc...といったタームとは異質な名詞なのだ。

さて、もしも支那人がこういう手前勝手な観念を前面に出して、
国名を「中華人民共和中国」などと改称したらどう思う?
漢語の素養がある人間がそんな改名案を見たら、「あったま悪ぃーなぁ」としか感じない。
皇国が国の形態を分類する言葉だと勘違いして「日本皇国」なんて口走る手合いも、
そういう風に思われてるんだよ。

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 02:50:47 ID:Sr7Cv3dH
>941
あなたに教養があることは明らかだが、
回を追って複雑になる例証、薀蓄を披露した挙句、
「頭が悪い」
では相手を挑発し、拗れるだけだ。
ここまでのやり取りを眺めていても、相手方はすでにあなたの例証を理解することを放棄している。或いは本質的にその素養に欠けてている。
もっとも、ここは天下の2ch。アジリが目的ならそれでも良いのだが。

943 :939:2005/11/15(火) 03:18:39 ID:rmk7BOll
自分の意見、書き忘れてた。
日本名は「日本国」がやっぱり一番しっくりくる感じ。
「皇国」もファンタジックで格好いいけどねw

んで英語名ならこのスレのどっかで誰かが言った、
「the Empire of Rising Sun」
がムダにカッコ良くて好き。
略して「ERS」、エァスで地球っぽくて尚良しw

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 05:15:19 ID:wOt4sTet
大日本および南部樺太千島列島南西太平洋連合皇国

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 09:39:02 ID:hBTQrq4P
どんなに支那をやっつけても、漢字を使ったら、おしまい、文化的に負け。

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 10:47:44 ID:hBTQrq4P
941さんが負け。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 12:03:31 ID:iXowLTcr ?#
大日本印刷国

948 :昭和天皇:2005/11/15(火) 12:11:20 ID:idW8qIhe
大日本帝国
Inperial Japan

これ最強。

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 13:59:11 ID:Y1yNJf9W
天皇という名称を改称しなきゃ

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 15:25:41 ID:HwkBnp1B
ここは社会党方式で
日本名:日本
英名:The Empire of Japan

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 18:16:31 ID:EDmN2gZc
ぶっちゃけた解釈をすると日本は地名で皇国は国体だろ。
確かに日本と皇国は歴史的にはそれぞれ単体でもほぼ同じ物を指すが、
単に日本に(というか東洋に、か?)国体を明記した国名表記の文化が無かっただけ。

例えば英国は
The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland
が正式国名なんだが
The United Kingdomでも固有に英国を表す事になっている
日本皇国表記に違和感を持つならU.K.にも同様の違和感を持つはず。

というか、逆を言えば西洋の慣習(?)に合わせてるだけって話でもあるので
日本語表記と英語表記を分けるという選択肢ももちろんあるとは思う。
国名に国体を付けないのが伝統的だということなら。


952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 20:46:25 ID:b9tD2sxb
>945
その発想は全部ハングルに戻した半島人と同じだ。

日本の優れているところは吸収した文化をアレンジしてオリジナルを超える点にある。
自動車は欧米人が発明したが自動車に乗ったら文明的に敗北になるとでも言いたいの?
日本のかな漢字文化には既に千年を超える歴史があり、意味や使い方も日本式にアレンジされている。誰も今更、漢字の使い方や意味を中国人に聞いたりしていない。
漢字のオリジナルを創ったはずの中国大陸では暗愚な政権の政策で中途半端な字体の簡略化を行ってこの文化を衰退させてしまった。

文化なんて根本的に相互に影響し合って発展するものなのに、くだらないプライドで中途半端な排他主義に走りたいあなたのオツムは半島人。というか、あなたは半島人?

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 21:03:51 ID:b9tD2sxb
>951
話が見えてるね。あなたの理解に同意。

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 21:25:53 ID:hBTQrq4P
>>952,やっぱり揚げ句がそれだ、お里が知れた

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 21:51:48 ID:bhmm4p0q
隣の誰かさんは、いつも、貶すだけなんですね。

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 22:00:26 ID:fOMTihUU
アメ公やチャンコロごときに負けないぞ国

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 22:01:26 ID:hBTQrq4P
>>952,
>>954に追加。今日の朝日夕刊の(経済気象台)にも出ていた「和魂和才」のすすめ。和魂漢才による日本人の「コンセプト欠損症、実は→抽象思考欠損」の指摘。
しかし、この原因が「和製漢語」によることへの分析は、可軒氏もアメリカ人も不徹底。というよりこれを云ったら、和製漢語しか使いようが無い日本人にとって
当面desperateなことになるのでいわない。

なお、朝鮮語のハングル化は、漢語を音読み表示に変えただけなのと違うかしら。おそらくそうだと思うが、そうだとしたら、この952の理解のほどが知れる。
最後の捨て台詞がNo.952のレベルを良くあらわしている、まさに、「思考不在」。

これから不在、反論書いておいてね。


958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 22:03:49 ID:bhmm4p0q
はしとはし。

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 22:05:30 ID:hBTQrq4P
>>955さん、ほんとに悪い私、しかし、実は考えていることがある、それが出来上がるまで赦してね、

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 22:07:54 ID:bhmm4p0q
コンセプト欠損症wさすが朝日だ。

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 22:18:19 ID:hBTQrq4P
>>957に追加。
 それにしても>>945はちょっとひどすぎた、自己反省。あきつしま、すめらみことなどOK。漢字使用を反対するあまりのこと、許してたもれ。

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 22:50:07 ID:xOC/ScYJ
>961
貴様一人で平仮名・片仮名使ってろ!
2chへの書き込みも漢字使うな。

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 22:53:01 ID:Qbcq5TgC
>>942
こんなにわかり易い自演は初めて見たw

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 23:02:23 ID:yLS81dEK
いや、ここではよく見るキャラw

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 23:07:16 ID:vdUPFaZG
天皇=「皇帝の敬称」らしいから、日本帝国
もしくは天皇の統治する国=皇国で日本皇国(どっちもJapanEmpire)でどうよ?

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 23:12:36 ID:yLS81dEK
日本帝国だったら皇帝もしくは帝などに改称。
日本皇国だったら天皇のままで、理屈には合うが。

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 23:15:18 ID:7Cbeyvcg
やっぱ、日本皇国でいいんでね?
これ以外考えられない

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/15(火) 23:16:36 ID:bQPNmYzg
Imperial Japan は密かな国家キャッチフレーズ

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/16(水) 06:45:16 ID:pazb+Ckf
日本、日本国。これ以外ない。

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/16(水) 07:39:31 ID:P6rGyzLR
>957
図星をさしたのかな。冗談のつもりだったが、
御希望なので一応「反論」

「漢字を音読み表示に換えただけ」
っていうけどね、
これが、「だけ」だと思っているところにあなたの勉強不足があると思う。
日本人の文字認識のパターンは表音文字、または音素を表示するアルファベットなどしか持たない文化の人々と異なることが脳の研究の結果として出ている。
「日本人の失読症の特徴」とかね。調べてみたら。
脳内で「音」に直す必要なく、グラフィックイメージからダイレクトに意味を認識できる漢字の利点を保持すると同時に、単語間の関係や時制を仮名表記の助詞や助動詞で補うことで、文意を正確に伝えることの出来る構造も同時に持っているのが日本語。
また、重要な単語(名詞、動詞の語幹等)は漢字であることが多いから、これらを目で追っていくことで斜め読みがしやすい、とかね。

全く、思考不在とは失礼な。
あなたは思考以前に、その基礎となる学習が不在だ。
もっとも、朝日の夕刊ぐらいは読んでいるようだけど。
いきなり発言の立脚点が朝日の夕刊・・・

「思うて学ばざれば則ち殆し」って知ってる?
あ、これは偉大な大陸文化の言葉だね。

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/16(水) 07:43:21 ID:5skylJX4
はじめてきたんだがこんなクソスレがトップとはな・・

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/16(水) 07:46:26 ID:EgeFlSHT
とりあえず歌わしてくれ


はい引っ越し 引っ越し さっさと 引っ越し シバクぞ

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/16(水) 18:55:26 ID:xcWbE10v
>>940
・かっこわるいから
・ダサイから
・外交で不利になるから

    -おわり-

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/17(木) 00:44:15 ID:Cd7ZHowX
自演してるのは執拗に日本皇国とかほざいている方だな。
俺としては別にわざわざ自演する必要など無い。
反論らしい反論が皆無に等しい現状ではな。

言葉の構成として「日本皇国」は「中華人民共和中国」もしくは「中華中国」と同様の愚に陥っている。
というのが>>941で解説した事だ。

それに対して>>951はあいかわらず「皇国」を帝国、王国、共和国という区分と混同する誤りを犯して的外れな反論に終始している上に、
何故か同じ間違いを犯している賛同レスがついてる。
不自然すぎるだろ。

皇国というのはいわば支那語の「中国」と同様の言葉であって、
国体の分類である帝国や王国、共和国という名称とは似て非なるものだ。
だからUKの例は反論として成立していない。
お前はいつも同じ所で同じ事を間違えている。
だから自演がバレるんだ。

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/17(木) 00:54:29 ID:QVA2Azxv
中華中国ワロス
たしかに中国なんて国体の分類は無い。
皇国はそれと同じだから帝国と違って日本の下に付くと違和感があるんだね。

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/17(木) 01:07:44 ID:WK/gd4bE
皇国という言葉を国体の分類であるかのように錯覚するのはよくある間違い。
スレを通読している限りでは自演かどうかは不明だな。

The United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandの事を
The United Kingdom で特定するのは、
帝国という言葉で大日本帝国を特定するようなものだ。
皇国という言葉で大日本帝国を特定するのとは違う事に注意。

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/17(木) 01:09:56 ID:qt22/H7C


う ん こ




978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/17(木) 01:49:15 ID:nMdkNg+g
イギリスの例で言えば、イギリスの別名はアルビオンAlbionという。
ラテン語で白い国という意味であり、ドーバー海峡の岸壁が白く見える事に由来する。

日本皇国や中華中国という名称はThe United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandの事を、
The United Albion of Great Britain and Northern Ireland と言い出す事に似ている。
王国kingdomの部分を「白い国」Albionのような異名に置き換えてどうするんだよって感じ。

979 :やー:2005/11/17(木) 02:08:58 ID:Lo6NTaOr
Japanネット高田帝国

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/17(木) 11:04:43 ID:xvbRPPk5
>>263-267

確かに分かりやすい自演だったな。
君自身の方がw

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/17(木) 11:07:15 ID:xvbRPPk5
間違えた。
自演野郎は>>963-967でした。

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 00:28:31 ID:vtJokHex
大をつけるのは夜郎自大で好きじゃないな。
日本帝国でいいだろ。

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 01:03:37 ID:qswVleD7
日本皇国のような馬鹿丸出しの寝言でさえなければ深刻な問題ではない。

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 01:41:03 ID:Ik98sAnT
大日本皇国・・・分割
一人一口一本白王国・・・はて?

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 01:42:24 ID:Ik98sAnT
↑失敗

一人一口一木白王国


986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 03:17:43 ID:zWVNXYwG
ウリナラは新羅→高麗→朝鮮→韓と4つも国名があり、
支那は夏→殷→周→(省略)→明→清→中華と山ほど国名を変えているのに、
日本は倭→日本の2つだけでつまらない。


987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 04:56:34 ID:qswVleD7
ろくでもない店ほど看板を頻繁に掛け替えるものだ。
君主制の存続すら上手くやれない共和国民は、何かに行き詰まる度に看板を新しくすれば問題解決になるとでも勘違いしてるのだろう。

浅はかな事よ。

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 08:02:33 ID:SndA/bNI
>>970 ほって置いてごめんなさい、家内との付き合いで。

この問題は、[屈折語(英独)]→[孤立語(中国)×膠着語(日本語)]の脳内transfer*、 表意文字・表音文字の相互関係、 そして「クワインの翻訳の不確定性(脳内意味領野のずれ)」など、
いずれの普遍問題をも超えるところの、日本独自の島国的視野狭窄が原因。虫の音の左右脳とも無関係。*なお、あなたのご指摘は右辺のことだけ。

本板の趣旨からずれますし、それに、他人を、シナ人、半島人、などなど、と口汚く罵るあなたのファビョン(火病)系DNAには付き合いきれないこともあってこれで失礼します。         
島国の純粋つちぐもより


989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 08:04:42 ID:SndA/bNI
↑ この問題  抽象思考のこと

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 08:20:31 ID:qswVleD7
随分ペダンティックな文章に見えるが、よく読むと何の説明にもなってないな。
中卒の朕にそんなマヤカシは通用しないよ。
何か意見があるなら、具体的に説明を書けば?

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 08:25:55 ID:SndA/bNI
良く読んでくれて感謝する。でもいいたくないので、これはほんとにごめんね。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 08:30:36 ID:SndA/bNI
でもいいたくなかったので

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 08:36:59 ID:SndA/bNI
というより、これだけ書けば、お偉いあなた様には解りそうなものなのに。

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 11:29:31 ID:qswVleD7
日本独自の島国的視野狭窄というのがいったい何の事だか分からないよ。
具体的にその症例を挙げてくれ。
それを手掛かりに考察を試みる。

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 15:40:20 ID:6XF8rjq1
神聖大日本皇国

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 17:17:08 ID:zWVNXYwG
大日本および台湾連合帝国


997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 18:09:18 ID:YC4sGCox
>988
ついに自ら名乗りを揚げたか。
古来よりこの日の本に仇為す「つちぐも」め。
(しかし、自分から朝敵である妖怪を名乗るとは・・・)
言うに事欠いた挙句、

>日本独自の島国的視野狭窄

ときたもんだ。
日本人をかくも侮蔑しながら、日本の国名を考えるスレに忍び込み、一体どんな毒を撒こうとしていたのやら。
やはり半島より渡来の妖怪変化であったか。
適わぬと見て、自分のオツムでは整理も出来ぬ用語を並べて煙に巻こうとは笑止。
妖怪退散!!
俺は一度も「シナ人」などと言っていない。ましてや罵ってもいない。
漢字を生んだ中国大陸の歴史と文化には以前から敬意をはらい、感謝している。
だから孔子の言葉をかりて諭そうとしたものを・・・

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 19:02:28 ID:EPXyYCpM
アメリカ合衆国日本自治領でしょ

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 19:03:14 ID:EPXyYCpM
日米

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/18(金) 19:04:58 ID:nPvzws6b
反米

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

273 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)