2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】3

1 :YHWH=YOSHIHIRO:2006/08/12(土) 20:43:47 ID:KG82ee/C ?S(108222)
「ここまでやっちゃった以上、私も引っ込みがつかないんだから…」
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
        . : : : /`:l :ヘ: : : : : : : : : : : : .ハ
   . . : : : : /: : : i`ヽ ' i: : : : : : : : : : : : : i
: : : : : : : : : : ハ.: : :l    l: : :}、 : : : : : : : : : l
l: : : : :ヘ___i...ヽ:-:l‐'  、.l_/_l__: l: : : : : : : l
l: : : : : :ヽ: : l_ ヽ_l_   _l_ / _l_ :/: : : : :i: : :l
l: : : : 、: :、<ドニフヽ   lス二ィ'`>: : ; ∧: :l
ヽ: : : \: \:l     , '   l/: : / /:l i: l
 ト i、: : :\\         / /: : /: i ll
 lヽlヽ: : : : ト`   <二ヽ  ,チ.: : : :/: i  l
 l: :!: ヽ: : l l:l `: 、`  ,´ィ': l l/l: : /.: :l
 l: : : :l :\トl:l: :f ゝ-`-‐'ヽ: l/ l;イ: : : l
 l: : : /l: : : :/l: |. l  l  l |: :l: : : l: : : :l
 l: : :/:l: : : / - '.ノ  l  l 丶、: : ll: : : l
 l _ - ‐ ' i   o0(○)0o   `丶!、: :l
ユダヤの陰謀について考えてみよう。

フリーメーソン日本支部
http://www.japan-freemasons.org/
イルミナティ
http://www.ordeniluminati.com/

前スレ
【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】2
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1147562803/
【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1131421854/

2 :YHWH=YOSHIHIRO:2006/08/12(土) 20:46:52 ID:KG82ee/C ?S(108222)
トラックバック:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1145126951/

3 :使徒2:2006/08/12(土) 23:59:20 ID:5+RulByN
すばらしいですね

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 00:26:54 ID:IgW4RDE9
>>1



5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 10:35:58 ID:CMNcQ3Kv
    /: : : /: : /: :/: : /: : /: :i ∧: : :|: :ヽ!  } /\ヽ
    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y_  ヽヽ
    .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } | `ヽ、 ヽ!
    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!    `ヽ!
    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :| 
    | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : ! 
    | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :| フリーメーソンを信じているなんて童貞しかいないわよ
    ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :! 
   /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!  
 /: !  >-、_ 7―、`/      ノ  /: : :! : : ヽ:|
/ : : /  /\  /==Y〈`-"⌒ヽ<  / : : : |: : : : :ヽ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 14:06:28 ID:e3WvEqYx
次スレはここ

犬村さんちの行殺くん
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1155295769/

コピペ倉庫

泣かぬなら僕が泣きますホトトギ行殺73
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1153851701/

まだ残ってるかもしれないし、落ちたかもしれない

行殺きのこ様を怒らすんじゃねーぞ こらっ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1152932800/


その他
行殺 ◆KINOKOに心を丘された乙女たち
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1151243689/
【きの恋。】文学少女と死にたがりの行殺 48
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/loser/1148899156/
文学キノコと死にたがりの行殺 47
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1148821216/
【行殺パンチ】キノコは過去にならない【81】
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/break/1154010304/



7 :柳瀬岬:2006/08/13(日) 14:23:33 ID:y5d82z4U
http://blogs.yahoo.co.jp/minnasine86/folder/953301.html
《全国民に意志と自由を!精神の自由化を進めなさい!》柳瀬岬です。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 14:44:46 ID:Xf/JviOF

北朝鮮をなめてると痛い目にあうからね。

土曜日も世界最強だったイスラエル軍がヒズボラの前にボコボコ。

【最新情報】
イスラエル紙ハアレツ
http://www.haaretz.com/hasen/spages/749479.html
IDF(イスラエル国防軍)発表で土曜日に兵士24人死亡。
撃墜されたヘリ搭乗の5人も全員死亡確認。

-----------------
自慢だったメルカバ最新戦車も、連日ロシア製ATMメチスMでズタズタのボコボコ。
Anti-tank missiles were a key tool used against the IDF, claiming lives of soldiers.
* Three fighters of the Armor Corps' Battalion 9 were killed after an anti-tank missile hit a Merkava tank in which they were riding in Wadi Sluki on the eastern region.........
↑↓土曜日の戦車被害が並んでるけど多すぎて以下省略。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3290185,00.html

[これが恐怖の携行ATMメチスMだ→]http://www.shipunov.com/eng/atgw/metis.htm

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 01:59:34 ID:JHXeeRcc
601 :本当にあった怖い名無し :sage :2006/04/06(木) 01:48:50 ID:vnQT+t4B0
>>598

あぁ、やっぱり既出でしたか。
本もそれです。
>>601 これですよね dat落ちから引っ張りだしてきました
   バーコード┃││││┃││││┃ 
        ┃││││┃││││┃である。。。              
        6    6    6 そして
1円+5円+10円+50円+100円+500円+1000円+
5000円+10000円=16666円!!+2000円=18666円!
※日本のお金の種類のけたをすべて足すとこうなる。16666には666が含まれ!!

つまり2000円をたすとフリーメーソン横浜支部の設立記念1866年6月となる。
これが果たして偶然といえようか?仮に偶然としても不気味だ。2000円札を(故)小渕
氏につくらせせ、設立記念年月を祝ったらしい!!

野口英世氏も、アンチキリストのロックフェラー財団に、騙されてか、はいった。
よって日本のお札1000円に強制的に刷り込むことにより日本の悪魔化政策と社会に
なる兆しの象徴とした。以上ある有名(雑誌)ライタ−受け売り説・・・

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 18:16:55 ID:WdzXdIVh
そこかしこに暗号を入れるおちゃめなサタニスト

11 :探偵:2006/08/14(月) 20:16:24 ID:FHWT9mDH
女がいない。。。


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 20:19:21 ID:WdzXdIVh
私は女よ

13 :使徒2:2006/08/14(月) 21:43:53 ID:ZdWy9VeW
石工は、もはやお金でもってしか支配勢力を維持できないのですよ。

これが自らで自らを滅ぼすことになることを、彼らは理解しているのだろうか?



14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 22:09:58 ID:YS+RiTM+
>>13
しとしとぴっちゃん
しとぴっちゃん
しとぴっちゃん

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 23:40:22 ID:plVqPs4b
相対論と敗戦妄想が私をダメにする! もとい、この国をダメにする!

「原爆は敗戦で自らの拠り所(国体思想)を失った日本国民が
狂乱のうちに垣間見た脳内妄想である」

・・・国辱の闇・・・原子爆弾投下はなかった・・・
【戦争】1945年8月6日 8時15分 原爆の日【平和】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1154816285/

論客万来・祈完全燃焼

16 :使徒2:2006/08/14(月) 23:49:23 ID:R5cLWoBx
ちょっと情報が入りました。以下引用。

善の存在と一部のフリーメーソン達が最近手を組んだそうです。
地球の変革は破壊的な方法でないところで行われるようです。
ものすごい勢いで計算され、検討され、条件などにより決まったのだそうです。
そのうち三次元の私達にもその変化に気づいてくるのでしょう。
本当だと思います。
すばらしいことになりますよね。よかったですね。

と、のこと・・・詳細確認中・・・
善の存在はプレアデスと思われる。

しばらくおまちください。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 00:18:17 ID:fGGrmEcY
そうならいいが、パレスチナ情勢をみているとハルマゲドンを起こそうとしているように見えるのだが・・・・・

18 :使徒2:2006/08/15(火) 00:48:55 ID:2cLuWQaC
じつは聞きたいことがあるのですが・・・

1998年の7月ごろにフリーメーソンのトップといえる方々が
日本に一ヶ月ほど滞在していないだろうか?

このあたりは、私はよく知らないのですが・・・誰かわかります?

>>16の件はまだ確認が取れていません。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 02:15:31 ID:/NtS3ofT
ああ、それなら知ってる
なんでも山田電気でエアコンを買ったとか。
東芝のエアコンは素晴らしいんだとさ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 03:19:06 ID:4lPtUFN/
三菱重工業

21 :使徒2:2006/08/15(火) 06:59:58 ID:MbeJ2Uwf
エアコン買いにきたんですか?

22 :YHWH=YOSHIHIRO:2006/08/15(火) 07:14:53 ID:X6AG1Gol ?S(108222)
>>20
出たな。ロゴス。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 08:10:26 ID:cvxHxl2Q


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 08:26:26 ID:An6pxjAb
>>16
組んでないな。
一部の連中が裏切ってメーソン側についただけだろ。

25 ::2006/08/15(火) 13:05:21 ID:J0GyTRkF
戦争中に情報もらす奴はいない 意図的に流された情報で考えても意味を成さない 流した人間の意図を考えるのは善いかもしれないですね 最近思うOTOって天秤表してんじゃねぇ!Tは頭のない人間 でも本当は頭がある666がTの上は180°=666

26 ::2006/08/15(火) 13:07:06 ID:J0GyTRkF
イエスの十字架はTYをそのTYはピタゴラスの三角形を現す こっから解らないんだょねぇ〜〜 オランダ フランス これはただの落書き!

27 :使徒2:2006/08/15(火) 16:09:39 ID:IIfah5Uq
>>16の件について確認が取れました。

その情報はほぼ正しいと言って良いでしょう。それは私たちプレアデ
  スのグループにとっても重要なプロジェクトのひとつでした。という
  のは、フリーメーソンの起源はプレアデスにあるからです。といって
  もこれはトップレベルの意識での話です。フリーメーソンは非常に巨
  大な分裂意識(=物質意識)の集団です。アメリカ=フリーメーソン
  といっても良いし、西洋型文明=フリーメーソンといっても良いので
  す。とりあえず、アメリカのニュースに注目してみてください。確認
  できるでしょう。

ということでした。ちなみに、フリーメーソンの大ボス(?)は、初めか
ら目覚めており、目覚めていない部下たちに口で何を言っても分からないから、
目覚めるまで好きにやらせているのだ、という話もある人から聞いたことがあ
ります。いずれにしても、この情報が正しければ、やがて具体的な変化が現れ
るでしょうから、それに注目しましょう。

28 :使徒2:2006/08/15(火) 17:09:37 ID:1jdT9bGd
>>27
ついでにエセ情報ということが、確認されました。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 19:01:09 ID:ZIZMMoY8
フリーメーソンを俺は信用してないからダメーw
でも、トップのあたりが目覚めている?とかであるのは本当かもな。
しかし、どちらでもいい。
行いによって全ては裁かれる。
神の裁きなどは無いと言って見ても、人間の裁判所はちゃんとあるが如し。
どう思っているかは問題では無いんだよ。やった事が全てだ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 20:23:26 ID:+DYxtdUS
さらば、4U。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 13:58:45 ID:xDr7NfV7
インドは核拡散条約に加盟しないし、核の軍事転用も行っているのに
何故アメリカは技術援助するのか?裏話(真意)を聞くことができた。
内緒です!ただ言える事は、「ロックフェラーってすごいですね!」だけ。

ttp://www.chokugen.com/worldwalk/060816/worldwalk_060816.htm

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 22:37:45 ID:IRgqbRj2
ロックフェラーよりもロスチャイルドの方が権力あるよ?
デイビッドさんももう直終わるだろうし。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 23:39:12 ID:KrktdllB
そこら辺の権力構造について教えてほしいね。
ロスとロックの他にも権力持った財閥はいるの?
それとも二極化しているの?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 01:12:40 ID:rv5E9/9p
巧妙に内部分裂してるように見せかけて下の馬鹿どもを釣るのが得意なのが奥の院の奥の院たるゆえん
アメリカ共和党こそ日本の真の友である【8】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1154873693/l50


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 01:15:36 ID:ToeqCVYF
でも組織には内部分裂はつきものだよ。
派閥はあるでしょ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 09:25:07 ID:zpY6Mszo
戦争責任は人類すべての人間にあるのです
 野生の動物の世界は弱肉強食の悪法がはびこり、戦争状態である。たとえ、
百獣の王ライオンであっても、その子はハイエナに食われる。人間の世界も物
欲によって争闘し、最後には殺し合いとなる。これは人間の欲望に限りがない
からであり、ぜいたくを享楽しているためである。肉食は食欲のぜいたくの極
みであり、これを得るためには家畜を殺し、弱者を犠牲にしなければならない。
動物を殺すことは人間を殺すことと同じである。これでは、人間の霊性は獣と
何ら変わることがなく、自分の子供がハイエナに食われても文句が言えない。
 人間の横暴によってすべての生物が地獄の苦しみにあえいでいる。先の大戦
の犠牲者はこうした人間の行為の償いであり、神からの啓示である。だから、
戦争責任は人間が自らの行為を反省することなく、物欲を発揮してぜいたくを
むさぼっている、人間一人一人にあるのです。
 偽科学が常識を盲信させる
 非ユダヤ人において、科学の盲目的信仰が功を奏しているようである。学校
の教科書で教えられる事がすべて正しいと信じる。こういった人々にとっては
権威ある学会が言うことのみが正しく絶対なのである。
 ユダヤ議定書(第2議定書)
 非ユダヤ人は歴史を基礎とする観察を怠り、専ら理論上の旧弊に囚われて、
その結果に対する批判的工作を忘却している。我々は新聞雑誌を利用してこの
科学理論を盲目的に信用させる。非ユダヤ人の知識階級は自己の知識を誇りと
して、科学から得た知識でものを考えようとする。その知識を論理的に吟味も
せず、その知識なるものが、人間を我々の目的の実現に向けて、教育するため
に作られた事に気がつかないのである。悪魔の世界制覇に向けて。我々の主張
を根拠なきものと思ってはいけない。我々の仕組んだところのダーウィン、マ
ルクスの教説の成功に注意なさるがよろしい。これらの教説は非ユダヤ人の心
に破壊的作用を及ぼした。ダーウィンの進化論は常識となっている。チンパン
ジーは何時になったら人間となるのか。急には進化できないから、その中間の
形態のものが存在しなくてはならない。


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 09:28:08 ID:zpY6Mszo
 京都の太秦にある広隆寺には聖徳太子の等身大の木像が安置されており、
歴代の天皇が大嘗祭で身に着けた衣装をこの木像に着せることになってい
ます。と言うことは今の天皇家が聖徳太子を殺害し、皇位を奪ったため、
聖徳太子の祟りを恐れて慰めるための行事だと分かります。 
 聖徳太子の正体は用命天皇の第1皇子の押坂彦人大兄皇子である。
すると、聖徳太子は皇位継承の第1候補者で、天皇に即位していたはずで
す。推古天皇(女帝)の治世下の摂政になっていたというのは嘘になりま
す。
 根拠
「日本書紀」によると、用命2年(587)4月物部派の中臣勝海が彦人
皇太子(押坂彦人大兄皇子)と竹田皇子の像を作って、呪い殺そうとした
が、それが、難しいことを知り、彦人皇太子に帰順した。水派宮の彦人皇
太子の家臣亦見赤壽(トミノイチヒ)は、中臣勝海が退出するところを刀
を抜いて殺害したとある。
覚什著の「太子伝記」によると、物部守屋が用命天皇と聖徳太子を呪詛し
たことが書かれ、勝照3年(587)7月、聖徳太子率いる4将軍の中に
亦見赤壽(トミノイチヒ)(「伝暦」では太子の舎人となっている)がい
て、この人物が物部守屋を弓矢で射殺している。
この二つの事件は587年に起きた物部・蘇我氏による神仏戦争の中での
出来事であることは一目瞭然で、同時期に亦見赤壽(トミノイチヒ)は彦
人皇太子と聖徳太子の両方の家臣になっている。こんなおかしな事はあり
えません。彦人皇太子と聖徳太子は同一人物であると特定できます。
なぜ、聖徳天皇の業績が残らなかったのか。聖徳天皇を暗殺した事実を隠
蔽するためなのです。645年、天皇になっていた聖徳天皇(聖徳太子)
は、三韓の使者の挨拶を受けていた時に、中大兄皇子(百済王の子豊章)
と中臣鎌足(新羅の武王)によって殺害され、日本は朝鮮人に乗っ取られ
てしまったのです。
大化の改新では聖徳天皇を蘇我入鹿にすり替えられてしまいました。
中大兄皇子は祖国復興のために、日本軍を白村江の戦いに派兵して、大量
の犠牲者を作りました。



38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 12:23:40 ID:aWpRPkLP
蘇民将来

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 13:43:23 ID:m3YAepBK
フリーメソンの天敵である、ホワイトブラザーフッドについて

40 :YHWH=YOSHIHIRO:2006/08/17(木) 14:36:41 ID:eF1y51rO ?S★(108222)
>>39
なにそれ?www

41 :YHWH=YOSHIHIRO:2006/08/17(木) 14:39:13 ID:eF1y51rO ?S★(108222)
そのホワイトブラザーフッドっとやらの公式HPを教えてくれ。
嫌がらせでリンクしてやるwww

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 17:06:29 ID:CZJhrzOq
>>35
外部が相手の時には一致団結するから、この手はw
だから、同類項で括っていいの。
否定しても必ずそう動くから問題無い。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 17:06:54 ID:caycwTnf
>>39
天敵じゃなくて上位者だが、それは。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 18:02:12 ID:ToeqCVYF
フリーメーソンに対抗できる組織はこの地球上には存在しないのか?
国家単位としてならロシアとかかな。

45 :YHWH=YOSHIHIRO:2006/08/17(木) 18:34:13 ID:eF1y51rO ?S★(108222)
>>44
アニメではエヴァンゲリオンに秘密が隠されている。
全部、上層部では手を組んでいるよ。
ゼーレ参加国みたいにね。
今じゃ、G8だっけ?そんな感じ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 18:36:26 ID:ToeqCVYF
トカゲが地球を支配している
太田龍がこの本を絶賛している件について信者はどう考えているの?
http://www.sanko-sha.com/sankosha/editorial/books/items/145-0_146-9.html




47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 20:04:33 ID:hAUt6AMe
>>46

デーヴィッド・アイクだけはガチ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 21:35:35 ID:ToeqCVYF
基地外ってこと?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 21:43:39 ID:MkSk7Zar
ロシアなどの共産圏を作り上げ支配しているのはイルミナティでしょ?
それに反して活動しているのがフリーメーソンだよ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 23:57:04 ID:aWpRPkLP
大いなる秘密 世界超黒幕 デービット・アイク 太田龍 非常に面白い

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 00:00:10 ID:W8YymBiE
爬虫類人はいると思うよ

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 00:41:15 ID:OZEa6cm0
やっぱり太田龍信者はトンデモだったの?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 00:45:16 ID:Y+Nx8iOr
太田龍が訳した本って微妙に高いよな
コスイ野郎だぜ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 00:49:56 ID:W8YymBiE
トンデモじゃない君達も見ている お前ら見たいなザコには見えないかもしんねーけど 俺は毎日 見ているよ 今日もお昼のフジテレビでグラサンかけてかつら疑惑の人 トレビアにもでていた あの人

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 00:52:13 ID:OZEa6cm0
爬虫類人は霊感が強くないと見えないの?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 00:53:47 ID:W8YymBiE
トモダチノトモダチハ、ミナトモダチダ世界に広げようトモダチの輪 もろ フリー◯ーソン ドウホウのトモダチはミナ兄弟だ 世界を統一しょう 兄弟の輪

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 00:55:35 ID:OZEa6cm0
ひょっとしてたもりもフリーメーソン?
娯楽を支配するものは大衆を支配する。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 01:05:33 ID:W8YymBiE
森田=タモリ=タの森=木の所にタを入れる=タタタ=三タ=サンタ=サタン (^O^)/バンザーイ バンザーイ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 01:06:01 ID:C0sANEB4
統一教会とフリーメーソンは敵どうし。
低俗なやからが統一教会で共産主義者の手下。統一教会の
統一とは南北朝鮮の統一が目的。フリーメーソンは民主主
義による世界統一を理想としている。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 01:21:29 ID:W8YymBiE
宗教 カルト は全てフリーメーソンの手先 仲間 キリストを信じる者は家畜

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 01:47:50 ID:OZEa6cm0
で、太田龍が爬虫類人説を絶賛している件について。
ギャグだったらいいんだが。
真意は太田さんに聞かないとわからない?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 02:09:12 ID:N5Hmm5cu
太田龍が公演で本の内容はうそでしたと頭下げたそうですが?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 02:17:51 ID:umRLcasi
アイクはニューエイジ系の人だとかどっかのスレでみたような・・
9神とか読んでコンタクティーの見方が変わった

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 02:50:37 ID:OZEa6cm0
>>62
そうなの?
その割には最近の自分のHPでアイクの支援を呼びかけているぞ。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 09:27:04 ID:UzsddvaB
アイクはサッカー選手の人だな。まあおれは超人類のサイトのほうがすごいと思うがね。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 12:23:44 ID:2ua25aJN
爬虫類人種は陰謀論の主役ではなく随伴物にすぎないよ
陰謀論が太陽ならそのまわりをトンデモ惑星が回ってるだけだよ
惑星は昇格したり降格したりするものだよ
気にしない気にしない

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 18:53:04 ID:Wc+YO6iv
インチキ張紫雲@遠山豚猫だニャン
インチキ張紫雲@遠山豚猫だニャン

インチキ張紫雲@遠山豚猫だニャンインチキ張紫雲@遠山豚猫だニャン
インチキ張紫雲@遠山豚猫だニャン
インチキ張紫雲@遠山豚猫だニャン
インチキ張紫雲@遠山豚猫だニャンインチキ張紫雲@遠山豚猫だニャン
インチキ張紫雲@遠山豚猫だニャン


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 18:55:07 ID:W8YymBiE
太田龍=太った龍=太った=ずる賢い 龍=ドラゴン=爬虫類 つまり、ずる賢い爬虫類 デービットアイク=デビル ダイク =悪魔の大工 でも俺は爬虫類人は信じるよ宣戦布告だろたぶん!

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 19:03:01 ID:XuLze2Ih
王書(シャー・ナーメ)を読んでから、爬虫類人を読むと
色々と符合していて面白い。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 20:56:50 ID:W8YymBiE
真面目な話し 私が小さい頃 タモリが爬虫類人化するのをテレビで何度も見ました。イグアナ化した。恐ろしかったです。ヽ(`Д´)ノウワァァァァァン!!ヽ(`Д´)ノウワァァァァァン!! ふざけるなwwwww !! ふざけるなwwwww !!

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 00:36:20 ID:AJP9swik
>>68
太った=ずる賢いってなんだよ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 02:03:52 ID:+v0nceAX
トカゲのおじさんが一言↓

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 04:06:43 ID:2P6O2wRh

http://blog.goo.ne.jp/pirikara710/e/8783140a77eed98f8fa7ca6730d4ed4d
AbEnd(安倍エンド)キャンペーンへ
http://hamnidak.exblog.jp/4003213
戦争神社、靖国というカルト宗教
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-13/2006061314_01_0.html
赤旗は統一教会をきびしく追及しています。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 11:51:52 ID:pt2DBEgU
ID:W8YymBiE 全然面白くないな。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 07:19:24 ID:jX4CnlH+
ピタゴラスは(?_?) 無理数を隠す必要があったんだ?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 12:03:14 ID:lRzUpELa
 天皇家はフリーメーソンだった
 狛犬を研究して分かった事だが、神社の前に護りの神獣として据えてある狛
犬の起源は古代イスラエルまでさかのぼる。向かって右の狛犬は獅子であり、
左のものは狛犬で本当の姿は一角獣の麒麟である。右左で阿吽の形になってい
る。
 古代のイスラエルは北王国ヨセフと南王国ユダの二つに分裂していて、ヨセ
フ王国の紋章が一角獣(ユニコーン)であり、ユダ王国の紋章が獅子である。皇
室に伝わる紋章には右に獅子が、左に一角獣(ユニコーン)が描かれ、中央には
12匹の獅子が描かれている。これはイスレエル12支族を表している。
 ヨセフ王国の10支族が中央アジアに移った。彼らは肌の色が白いことから
白狄族と呼ばれ、ヘブライ文明の高い技術力で騎馬軍団を組織して中国を制覇
し、秦帝国を築いた。秦帝国滅亡後、北魏を建国した。後に朝鮮に移って百済
王家にとって代わった。
 百済王子豊璋と新羅王武王が三韓の挨拶の時に聖徳天皇を殺害し、中大兄皇
子(百済王子豊璋)は一時難波へ逃れ、聖徳太子の子高市皇太子と孫長屋親王を
殺害して、草壁皇子にすり替わったのである。その前は中大兄皇子に化けてい
て、大化の改新の後ずっと、天皇に成れなかったのは聖徳太子の子が天皇に成
ったためで、推古、皇極天皇などの女帝は虚構で、その後に天智天皇となり、
自分の子を文武天皇にしたのある。こうして、日本はフリーメーソンの陰謀に
よって乗っ取られたのです。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 12:28:59 ID:aSRFuJkK
イスラエルを支援する企業一覧

http://palestine-heiwa.org/choice/list.html




78 :棺桶:2006/08/20(日) 12:45:20 ID:9PaLY/MU
そして、自分はフリーメーソンの陰謀によっていままで生きてこられた。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 12:54:35 ID:xyKtzgUr
>>78

違う。君達は、搾取されている。

進歩を拒む悪魔にね。後の歴史に、彼らメーソンは、悪魔として記録される
事になる。崇高な人間達?
笑わせないでくれよ。この世で最も次元の低い連中のカルトに過ぎないではないか。
応分の天誅が下らない事を願うよ。(笑)

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 12:58:04 ID:bvTggb3P
ソ連に騙されて共産化した国よりはマシじゃね

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 13:01:18 ID:xyKtzgUr
>>80
中共とメーソンは、人類が団結して、共に打倒殲滅しなければならぬ悪魔勢力である。

・・・人殺しをやめろ。この殺人悪魔集団。

私には、多くのものが見える。美辞麗句で私を説得しても、無駄だ。

私には、事実は事実として、見えてしまうのだ。君達の態度と、心のギャップに
うんざりしているんだよ。くだらない、チンピラ貴族達よ。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 13:55:21 ID:cMari89H
でも殲滅しようとすると俺らも殺人集団になってしまう

83 :使徒2:2006/08/20(日) 15:05:36 ID:wn3X5u8I
>>27の件について、私では判断しようないので

現在、ある機関に回答要請中。
数日後に回答が返って来ると思われます。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 17:00:01 ID:hl5bEG1X
ヴィクター・ソーンは、米国内でWINGテレビ局を主宰して居る。

あいにく、このWINGテレビを見ることは出来ないが、
インターネット上でその活動の一端を知ることは出来る。
最近、このWINGテレビが視聴者に対する毎週一回程度、
世論調査を実施して居る。
 
二〇〇六年七月二十四日に出された質問。
(これまで出版されたニューワールドオーダー関連の著作の中で、
 最もすぐれた著作は何か?)
 http://69.28.73.17/thorn2006/poll081406.html

この質問に対する回答。「ベスト5」

 (1)ジョン・コールマン博士著「300人委員会」 邦訳あり

 (2)M・C・パイパー著「ケネディ暗殺最終審判」 邦訳あり

 (3)ヴィクター・ソーン著
    「ニューワールドオーダー・エクスポーズド」 邦訳あり

 (4)フリッツ・スプリングマイヤー著「イルミナティの血流」 邦訳あり

 (5)エドワード・グリフィン著「ジェキル島で作られたもの」 邦訳あり

これで見ると、「ベスト5」は、いずれもこの十年のうちに邦訳されて居る。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 17:01:44 ID:hl5bEG1X
七月十七日に出された質問。(中東でもっとも危険な国はどこか?)
これに対して、WINGテレビ視聴者の回答「トップ5」。
 (1)イスラエル      77%
 (2)イラン         9%
 (3)米国          8%
 (4)バチカン、ローマ    4%
 (5)サウジアラビア、英国、
    UAE         2%
結論
「イスラエルは、テロリスト国家であり、地球上で、もっとも
 危険な国家である。この化け物は破壊されなければならない!」と。

六月二十六日のWINGテレビの質問。
(ニューワールドオーダー勢力によって演出される次の『スパイク』は何か?)
この質問に対するWINGテレビ視聴者の回答「トップ5」。
 (1)イランに対する侵略と、
    イスラエルの(イランに対する)核攻撃。   37%
 (2)汚い爆弾。                 12%
 (3)米国国内のテロを演出して愛国者に罪を着せる。10%
 (4)経済崩壊。                  6%
 (5)鳥インフルエンザ               5%

ここで「スパイク」は、多分イルミナティが米国内で捏っち上げる
事件を言う米国の俗語的用法であろう。

なお、前出6/26の質問に対する回答の中に、「ブッシュ大統領の暗殺」
とした回答者が居た。

これは全くありそうにないが、しかし、すこし考えると、確かにこれは、
イルミナティにとって、全く便利で都合のよい結果を引き出すであろう、と。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 17:03:37 ID:kJ2Z/nhN
マレーシアも琉球も獅子の偶像大好きですが?
仏具にも獅子の彫り物多数ですが?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 19:36:56 ID:aaT8Bwfs
天皇はメーソンじゃないだろ。
東宮というか、東宮の嫁は実は危なっかしいが。
っていうか、天皇=メーソンになったら、あの天皇家無くなってるよw

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 20:23:44 ID:cMari89H
>>87
天皇家がメーソンでないのは分かりますが、天皇家=メーソンだと天皇家がなくなっている理由は何ですか?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 02:02:48 ID:yzKHvHCk
>>81
中共がアジアで最も反メーソンと言われているのだがw
昔から痛い目にあってるからね。
まあ、中共もメーソンも脅威には違いないが。
日本の政治家で中共に近づく人は案外国士だったりするわけだ。
アメリカに近づくか中国に近づくかしかないから日本の政治家もかわいそうだよw


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 06:40:14 ID:fzhZrv18
中共といっても上海はメーソンの巣窟だったろ。古くから西洋的な町並みもできていた背景には裏がありそうな雰囲気
は十分にある。幕末志士取り込みのメーソンの重要拠点だし。坂本龍馬に武器流通させたグラバーも上海経由で入れてたし、
そこから始まって、先の戦争に日本が負けたのも、鬼畜米英と当時の中国が連携し日本を貶めた結果と言われている。
当然、メーソンの働きがあってこそだと思うが。まあしかし今現在の中国共産党がメーソンに乗っ取られているとは考えにくいけれど。
いずれにしろ中国にいるメーソンにまんまと日本はやられてきたということは間違いないことだ思う。
今現在中国共産党がメーソンに毒されていないとすれば、首相の靖国参拝には反対しないけど、この際中国に形式上ででも
迎合したふりをして米+ユダヤを牽制するのも面白いかなと考えたりする。w しかし小泉が忠実なユダヤの犬だということを
考えれば無理な話だったけどね。安倍もユダヤの犬には変わりないとすれば、今後も期待できないだろうけど。
非常に難しいことだと思うが、ユダヤからも中共からも自由になるためには、日本は親米のふりをしかつ中国とも友好的態度を
見せ掛けながら、一方で中国の内部分裂を画策しながら、分裂の暁には民主的な中国と日本が連携するということで、
次第に米ユダヤから独立していく。・・・ああなんだか大東亜戦争前夜そのままになってしまいそうだ。w

91 :YHWH=YOSHIHIRO:2006/08/21(月) 07:49:11 ID:rCEbAndb ?S★(108222)
上層部はみんな繋がっているよ。
ここみているのも限られた人だけ。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 09:51:26 ID:qQQFOIkH
ユダヤは平和を好む。
平和最高 y

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 11:05:30 ID:PPHROHOJ
フリーメーソンってただの奉仕団体
ライオンズクラブ、ロータリークラブと同じ
名誉としてやっているだけ


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 11:20:18 ID:e/9OYlov
サッスーン家は毛沢東に資産没収されたからなw

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 11:32:44 ID:07ma+jqD
天皇家は現在宇宙に住んでいる古代人類の末裔だよ。
フリーメーソンではない。

と妄想w

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 17:30:55 ID:YT7fTDFL
>>90
小泉がユダヤの犬であるとはどういうことですか?

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 19:52:14 ID:u/ObTF8k
http://japan-freemasons.org/jp/modules/wfchannel/

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 19:54:58 ID:u/ObTF8k
http://www.j-cia.com/article.php?a=1709

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 20:12:31 ID:fzhZrv18
>>96
どこから説明すれば良いのか分かりませんが、そのまんまユダヤの利益、意向を
忠実に遂行する飼い犬ということです。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 21:02:11 ID:RVcNVP4z
フリー○ーソンの友愛の証として、行われる教義は、

男性同士の、肉体的合体であるという。

ホント、くだらない、連中。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 21:16:05 ID:UD12Ptmc
トカゲはたいして気にすることもないらしい。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 21:21:35 ID:RVcNVP4z
>>101

なんだ、地上の醜悪な創造物よ。お前のちいちゃな脳みそで、世界の何が理解できる?
お前達○ーソンによって、何人殺されたと思っているんだ?その偽善と、はぐらかしが、殺意を
感じる程、むかつくんだよ。

お前達の攻撃がないと、介入できないなんてな。ホント、お前達、うまいことやってるよな。
少しは歯向かってみろよ。そうすれば、皆殺しにできるのにな。

同じ種だったとは、到底信じがたい。お前達が、地上の発展を阻害する、ガンだ。

103 ::2006/08/21(月) 23:05:04 ID:iMQLTzzw
皆さん『多重人格はこうして作られる』シスコ・ウィーラー フリッツ・スプリングマイヤー 小谷まさ代訳 て本読んだ事ある? 今再発しているジョ◯ベネ事件はイ◯◯ナの儀式◯人かも知れないですね。何故今ジョ◯ベネなのか?日本でもよくあるようにU.S.Aで

104 ::2006/08/21(月) 23:06:21 ID:iMQLTzzw
何か政治でとてつもなく国民に不利益な法律が可決されるかも知れませんね。人間の意識は一つに集中すると他は忘れます。もしかしたらジョンマークカー容疑者『ジョーカー』はマスコミの前で殺害されるかも知れません 国民に強いShockを与える為に国民の意識をそっちに持って行き

105 ::2006/08/21(月) 23:08:06 ID:iMQLTzzw
何かその間に動くのでしょう四人に梔子 ジョーカー=悪魔 がやったと言う暗黙の宣言かも知れません ジョーカーはトランプでは切り札です。切り札をきるのだから余程何かあるのでは?

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 00:55:59 ID:tL8R1udF
ジョンベネネタで騒いでんのは日本だけだから

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 01:09:54 ID:PkPX281l
竹石圭佑って何の事?知ってる人いる?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 18:39:39 ID:eFtVpn9H

ロスチャイルドとロックフェラーの戦い。
などと言う、イルミナティサタニスト世界権力の正体を隠蔽する役割を果たす
デマ宣伝のお先棒をかつぐ人々が存在する。

このような阿保らしい愚劣なデマを鵜呑み丸呑みして、踊らされてる人々も
少なくはないであろう。

この問題については既に、ユースタス・マリンズ著「世界権力構造の秘密」が、
ズバリとその核心を明かして居る。

即ち、ロスチャイルドの代理人が、ロックフェラー財閥を管理して居ると。

初代ロックフェラーが米国の石油産業に登場するのは、十九世紀後半である。
ロスチャイルドは、いはゆる米国の独立戦争時に、彼の代理人、ハイム・
サロモンに、三百万ドルの資金を預けて、米国独立戦争の軍資金たらしめた。
つまり、「米国独立革命」そのものが、ロスチャイルドの仕事の一環である。

ロスチャイルドの活動様式の特徴は、代理人=エージェントを使うことである。
ロスチャイルド家は、米国に、多くの代理人=エージェントを派遣し、又は
育成して居る。この事実抜きに米国史を理解することは出来ない。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 18:51:41 ID:gg3lszH1
ロスチャイルドが英国を利用してアメリカの独立を妨害し,植民地計画を推進してたんじゃないのかな?
今現在ロスチャイルド資本は英国からフランスに本拠地を移転させたみたいだよ。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 19:31:22 ID:O7ShHBCC
lost child

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 19:41:13 ID:Qv0jw62L
牛や豚を殺すときは、麻酔をしてから、殺すのです。

そうすれば、人類の罪も、少しは浄化に近づきます。

法律で、そのように、義務化するよう、希望します。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 19:57:36 ID:tL8R1udF
どこの宗派?

113 ::2006/08/22(火) 22:27:05 ID:PQpZORz7
なるほど!直角定規とコンパスの中のGは子宮を表すんだな!そしてヒックリ返すと例の牛頭の悪魔になる。さらに左りに寝かすと女性シンボル∇と子宮に。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 22:55:11 ID:VAWUgFb+
>>108
本人じゃないならちゃんとどこから引用したか書いとけよ。
その文章は龍ちゃんのだろ、おいw
つか、もしや本人が書き込み?

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 00:10:53 ID:ZPEJJu/l
>>108
事実はどうあれ対立軸にしたほうがいいのさ。
工作員さえ真実は知らされてないわけだから。
でも、ホロコーストやら911やらを追求してるソースを追ってると、
お互いにつつき合ってる事実にぶつかるはず。統一とかモルモン教とか。
なぜか説明ついちゃうんだよね。
大事なのはコントロールできるマッチポンプかどうか?
核心に近すぎる事象では、俺はNOだと思うけどね。

116 :ロスチャイルド:2006/08/23(水) 09:00:25 ID:94/vw6n+
我らはかつて国土が多きすぎるロシアを叩くために、日露戦争で日本に見方した。
日本の国債が暴落しないように買い支えたのも我らだ。
そして、ロシアを一度共産圏にして、我らに対抗する財閥の存在を皆無にした。
国土の大きすぎる国は一旦共産圏にするのがセオリーだ。
その後日本が図に乗って中国の利権を独り占めしようと企んだので、我らの支配下にあるフランス、イギリス、アメリカを使って経済封鎖をして戦争をさせた。
だからマッカーサー君には財閥解体をするよう指示したんだが、彼が間抜けで銀行を解体しなかった。
このため、また日本の財閥は息を吹き返した。
そこでレーガンに命じて金融と資本を自由化させ、バブルを起こさせ、崩壊させた。
日本にあわせて91年にBIS規制を導入したのも我々の指示だ。
以降、日本も我々の傘下に落ち始めたというわけだ。
我らの傘下であるロックフェラーが新生銀行を安く買収した。
郵政民営化を進めさせ、我らの傘下であるゴールドマンサックスに資金運用を任させるよう命じたのも我らだ。
ファンドバブルが崩壊したあと、我々が日本のストック(土地や株)を安く買い叩く。
それも日本のおまえらの金でだよ。
わっははははは
日本の国民はまんまと郵政選挙を支持した。
我らは笑いが止まらんよ。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 10:13:11 ID:s8m4Nshg
↑本物のロックフェラーが2ちゃんでカキコしてたら引くよ。ナリキリで書く奴は病院に行った方がいいよ 今日も暑いから頭おかしくなったんだよね〜 わかる わかる

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 10:23:16 ID:lF8/xSz+
ユダヤ資本が日露戦争で日本の国債を買い支えて戦費を調達してくれたのは
ロシアを荒廃させて,ロシア革命が起こるようにするためでしょ?

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 10:24:15 ID:lg8mVXOa
○ http://wiki.livedoor.jp/fukuoka_bengoshi/d/

○ http://plus-1.hopto.org/soc/

○ http://plus-1.hopto.org/readres-soc.cgi?bo=soc&vi=0034
○ http://plus-1.hopto.org/readres-soc.cgi?bo=soc&vi=0003
○ http://plus-1.hopto.org/readres-soc.cgi?bo=soc&vi=0005
○ http://plus-1.hopto.org/readres-soc.cgi?bo=soc&vi=0001

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 10:25:39 ID:lF8/xSz+
堀エモンのライブドアに資金を投資したのはリーマンブラザーズでロスチャイルド傘下。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 10:26:03 ID:Shd89ANt
>>117は工作員
頭おかしいとか言うのはいつもの事
それよりも>>116の内容は、ズバリ核心じゃないのか? 

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 11:06:16 ID:9ClqPLqP
アメリカ上層部のキリスト教とユダヤ教の関係ってどうよ

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 12:28:42 ID:EqIpN6wM
>>121
核心てゆーかそれぐらいのことは誰でも知ってる
広瀬隆の受け売りw

124 :YHWH=YOSHIHIRO:2006/08/23(水) 12:30:21 ID:OcAxRIOt ?S★(108222)
>>120
ソロモンブラザーズ?何か名前だけは知っている。

125 :名無しさんの主張:2006/08/23(水) 12:58:10 ID:TqCtE4rR
>>116
その調子でオイルマネーも解体してくれ
レバノン、シリア、イラン、北朝鮮・・・を潰してくれ

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 14:10:25 ID:q4IrLUtR
>>125
きちがいシオニスト

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 15:32:58 ID:RT7p5ePL
ユダヤ権力の最終目標は、冷戦捏造では終わらない。最終戦争(第三次世界大戦)とその後の世界政府の樹立。人口調節。
ユダヤ権力による地球の完全支配。シナリオは全て出来上がっている。だが、シナリオ通りにはいかない。彼らの姦計は頓挫する。我々の手で阻止する。

仕事を辞めてまでユダヤの企みを防ごうと暗中模索してる人がここにもいます。
皆さんもぜひ共闘してください。

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/about

ワールドフォーラム8月例会
ご案内

世界と日本を揺るがした2つの謀略・極悪犯罪事件
「9・11事件」と「オウム事件」   
−再度、事件は起こる可能性はあるのか?−

管沼 光弘 氏
昭和11年京都生まれ。1959年東京大学法学部卒業。公安調査庁に入庁

リチャード・コシミズ 氏
昭和30年生まれ。1978年青山学院大学経済学部卒業。商社勤務を経て、2000年独立

http://worldforum.jp/information/2006/09.html


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 15:46:27 ID:HTcgXwoM
ユダヤ権力といっても二つあるよね。ひとつはタカ派のアシュケナジーユダヤ。
もうひとつは国際協調派のスファラディユダヤ。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 15:47:06 ID:HTcgXwoM
この二つは決してまざらない水と油のよう

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 16:28:48 ID:q4IrLUtR
>>128
嘘こくな。つか勝手な妄想すんな。
現地イスラエルでは底辺階級に貶められてるモロッコ系やイエメン系のスフラディのほうがよっぽどその恨みつらみをアラブに向けていて
強行対決意識なんだけどな。
逆にヨーロッパ系のアシュケナジー系の良心的なやつのほう(少数だけど)が冷静な判断している場合が多い。
つってもアメリカ系の新殖民アシュケナジーは強烈な選民思想+アラブ殲滅思想だが......

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 16:33:05 ID:dPffTlmd
だから、シオニストもアラブ原理主義者も同じ穴の狢で、エージェントに煽られてる
哀れな存在なんだって。
黒幕は国際協調派のスファラディユダヤ(国際金融資本)。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 16:45:58 ID:RK21vzUO
>>131
納得。国際金融資本はマスコミ関係に強いよね?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 16:47:29 ID:q4IrLUtR
>>131
その意味ならわかる。
つか、128はまぎらわしいんだよ。
イスラエル内にあるスファラディ+アシュケナジーと国外にいるユダヤとは
区別して考えるようにしないと。
所詮、イスラエルにいるやつのほとんどは貧乏ユダヤの兵隊なんだから。
黒幕が国際金融ユダヤ=スファラディ系だというのならわからんでもないが、
ただやつらが国際協調派だという言い方はプロパガンダに載った上での言い回しとしかいいようがない。
国際協調派のフリ派とでもいってくれ。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 16:49:26 ID:dPffTlmd
>>132
そうそう。スファラディユダヤには欧州の中心で陰謀に携わってきた長い歴史があるから。
アシュケナジーみたいな田舎者は簡単に手玉に取られるよ。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 16:55:37 ID:JkTPvYOH
だからスファラもアシュケーも同じ穴の狢だというのに。
どちらもあわせて一本だ。
差なんてない。
内部でいがみ合っていても、何かあれば結局一致して事にあたる。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 17:00:03 ID:q4IrLUtR
>>135
ま、そういうことやな。
国内対立は外部勢力に対したときにはなんの大それた差異もなくなり、一致団結する部分はある。
それがシオニズムの力。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 17:02:23 ID:dPffTlmd
>>135
>>136
それはないよ。そんな民族愛にあふれる普通の人たちなら全然問題ない。



ヒトラーに虐殺されたユダヤ人を考えればわかる。
民族愛なんて持たない悪魔たちですから。イスラエルが戦争で壊滅するシナリオ(もちろんアラブも壊滅するだろうけど)でも
全然驚かない。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 17:03:24 ID:N29nP6v7
異教徒向けには嘘ついてもいいですよ、がユダヤだからな。
つまり真性の嘘つきしかいないのがユダヤ。
これは本当です信じてくださいといっても、誰が信じるか。
棄教したと言っても信じられないのがユダヤだよ。
何しろ嘘ついてもいいんだからなw

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 17:05:11 ID:EBUZbCsF
>>137
> ヒトラーに虐殺されたユダヤ人を考えればわかる。
> 民族愛なんて持たない悪魔たちですから。イスラエルが戦争で壊滅するシナリオ(もちろんアラブも壊滅するだろうけど)でも
> 全然驚かない。


それすらあやしいね。
マル○○ーロの件もあるし。
本当に真実ならどれだけ調査してもかまわないはずだが、そもそもさせないし。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 17:05:38 ID:q4IrLUtR
>>137
それはユダヤ支配層の意識をかんがみていってるわけでしょ。
もちろん、それはわかってる。
けど、イスラエル国内のスファらディvsアシュケナジー対立の様相ってのは大したことではないってのが136で言った意味。
所詮はユダヤ支配層の道具と化すユダヤ被支配層(アシュケナジー+スファらディ)という意味だよ。

141 :140:2006/08/23(水) 17:08:37 ID:q4IrLUtR
そういう糞な民族意識だから、国を失い2000年もの間、国をもてなかった。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 17:12:30 ID:FcbIwCZk
アシュケナジーが一番カス。本来イスラエルの地にいる資格などないのに過激派気取りでやりたい放題。


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 17:16:43 ID:dPffTlmd
アシュケナジーはDQNなだけだって。
真のカスはスファラディ。こいつらは悪魔だから。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 17:52:48 ID:RK21vzUO
イスラエルは基本的にスファラディ系であれアシュケナジー系であれ
アメリカのタカ派と仲がよい。でも今のイスラエル議会は非主流
派が政権与党になっている。アメリカのWASPを率いているのはアシュ
ケナジーユダヤ系。彼らは決して貧乏ユダヤではない。
なぜなら,アメリカの大企業の幹部の比率はWASP+アシュケナジー
ユダヤ系が95%スファラディユダヤ系は5%といわれているからだ。
タカ派財閥 アスター,バンダービルト,デュポン,メロン,CITY,
シュローダー,ハリマン。国際協調派 ロスチャイルド,
ロックフェラー,モルガン,べクテル,ザハロフ,クーンロエブ,
サッスーン。なかなかいい勝負だね。
米国企業の経営者や管理職のなかで指導的な立場に立っている
人々のうちスファラディ系は5%ではあるがスファラディユダヤ系の人種
の少なさを考えればすごいことらしい。ヨーロッパにも10万人しかいない。
少ない人数で多くの富を動かすことができる彼らは,権力が集中していて
独裁的になりやすい。今攻めに入ってるのはロックフェラーあたりかな?
余談だけどロックフェラーとべクテルは白人系だとさ。白人系だからと
いってタカ派とはかぎらない。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 17:59:04 ID:mhESjgRt
必死だが、正直どっちも一緒。
スファラもアシュケもユダヤ人だ。
ユダヤ人はユダヤ人だ。
かわりなんてない。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:04:04 ID:dPffTlmd
ユダヤ陰謀論の範疇ならスファラディしか対象になり得ないんだが。
反ユダヤだけならどうでもいいだろうけど。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:04:05 ID:9ClqPLqP
WASPってWhite Anglo-Saxon Protestantだろ
ユダヤ人はユダヤ教じゃないの
キリスト教とユダヤ教って憎しみ合ってないの

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:09:42 ID:s8m4Nshg
ユダヤ教キリスト教イスラム教草加学会統一協会全てカルト 彼らの手の内

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:11:35 ID:s8m4Nshg
聖書 イスラムのコーラン は何故必要でしょうか?それは人々を先導する為に、あるのです では中国韓国北朝鮮の聖書は何でしょう?それは反日です 反日教育です

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:11:42 ID:JkTPvYOH
どっちもうんざり。いなくなって欲しい。

で、横レスだが、プロテスタンティズムとユダヤ教は元々相性がいい。
両方とも基本的に予定説の信奉者で、金持ちが金持ちになれたのは神に愛されているからと考える。
貧乏人は愛されてないから貧乏だと考えるわけだ。
だから、貧乏人を踏みつけるのはどちらも割と平気。
これで金融とかでエグくやれる心理的正当化ができるんだな。自殺者が出ても神の摂理となる。
それに突き詰めれば神は一緒。
イエスさえ放り出せばプロとユダヤはほとんど変わらない。
で、プロは正直「貧しきものは幸いである」とか説いたイエスは嫌い。
イエス様〜とか口先ではともかく行動では裏切ってるなw
だから、WASPとユダヤは連携できるわけ。
商売繁盛の神でないとおかしいってのが、両者とも共通してるよw

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:16:45 ID:N29nP6v7
連中の神はさ、連中が考えるところじゃ連中そっくりなわけよ。
口先で平和を唱えながら、唯一神信仰を撒き散らす。
グローバリズムをまいたり、キリスト教ふりまいたり。
内輪で平和にやってるところにゴリ押しで乗り込んで、商売はじめて無茶苦茶にしたり。

だから、唯一神なわけ。
周りの心配しないから、俺こそが神!俺だけが神!になるんだよ。
お気楽極楽やり放題。それが連中の考える神だ。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:18:53 ID:RK21vzUO
日本もアメリカみたいに資本的に二大勢力に分かれていたら
政治も経済も競争原理が働いて効率的で競争力のある民主的
な社会が実現できてたろうに。アメリカの安全保障はタカ派
が主流派だから政治もタカ派が有利になるのは当然。日本の
資本が国際協調主義が強いなら世論も国際協調主義が強くな
る可能性が強いので,日本が独自に安全保障を構築しようと
すると圧力がかかるのは目に見えてる。日本の大資本といえ
ば三菱,三和,三井,住友,芙蓉,一勧らへんだけど割合的
にどうなんだろうね?僕にはタカ派,国際協調派の区別が付
かない。誰か教えてくれないかな?


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:20:29 ID:JkTPvYOH
アメリカなんて表面別れてるだけだろうがw
対立してるように見せれば、民主主義が機能すると大衆は信じるからな。
でも、出身大学とか、交友関係はしっかりクロスしてる。
下っ端だけだ、いがみ合ってんのは。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:23:57 ID:9ClqPLqP
でも、ドイツってプロテスタント多いよね
ヒトラーもプロテスタント?
アメリカのプロテスタントって特殊なのかね
この分野は素人なのでよくわからん

ブッシュってキリスト教原理主義者なんだろ
ユダヤ金融財閥の力に逆らえないだけで
本音ではユダヤ人嫌いジャマイカ


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:33:23 ID:RK21vzUO
アシュケナジーとスファラディ含めてイスラエル人はユダヤ教を熱心に信仰している。
でもヨーロッパの国際金融ユダヤ系は666を主義としていて(国際協調派も)宗教的価
値観は持ち合わせていない。エルサレムを守るためキリスト教を信仰しているアメリカ人
と世界中のユダヤ教徒は和解し手を結ぼうとしている。イエス・キリストもユダヤ人。


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:36:26 ID:RK21vzUO
ブッシュ大統領はアシュケナジーユダヤらしいよ。軍事帝国主義。
ハザール帝国の末裔。


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:39:42 ID:EBUZbCsF
日本を巻き込まないなら好きにやってろという気もする。
正直、うんざりだからな、キリスト教もイスラムもユダヤも。
でも、連中は拡張主義で相手の状況を考えることはない極道だから、
どこにでも入ってくる。それがうっとおしい。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:43:16 ID:9ClqPLqP
イエス・キリストもユダヤ人
殺したのもユダヤ人
ユダヤ教を否定して生まれたのがキリスト教ジャマイカ?
中世やホロコーストもあるし
どうもキリスト教とユダヤ教が協力するというのが
イメージできない。
金融財閥にとって宗教なんて建前で、ようは金と権力か

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:49:59 ID:RK21vzUO
だろうねたぶん。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 18:51:40 ID:RK21vzUO
日本もアメリカみたいに資本的に二大勢力に分かれていたら
政治も経済も競争原理が働いて効率的で競争力のある民主的
な社会が実現できてたろうに。アメリカの安全保障はタカ派
が主流派だから政治もタカ派が有利になるのは当然。日本の
資本が国際協調主義が強いなら世論も国際協調主義が強くな
る可能性が強いので,日本が独自に安全保障を構築しようと
すると圧力がかかるのは目に見えてる。日本の大資本といえ
ば三菱,三和,三井,住友,芙蓉,一勧らへんだけど割合的
にどうなんだろうね?僕にはタカ派,国際協調派の区別が付
かない。誰か教えてくれないかな?





161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 19:53:25 ID:lEdcriE6



あーあ
このスレはすっかりナカミナシィーどもに占拠されちまったなぁ




162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 20:11:12 ID:dPffTlmd
>>158
金と権力以外に、キリスト教に迫害された怨念があると思うよ。キリスト教に対する復讐。
だからわざわざ666を嫌がらせのように使ってる。むしろ、キリスト教を破壊することが
唯一の楽しみになってる気さえするよ。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:28:59 ID:zn/0KNbZ
キリスト教を破壊しながら、キリスト教とをユダヤの奴隷として取り込む。
イスラム VS ユダヤキリスト連合
の構図をつくり イスラムを悪者に仕立てあげて ユダヤキリスト連合が正義であるかのように見せかけて世界を統一し、世界を支配し、あとは好き勝手する。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:36:09 ID:dPffTlmd
>>163
国際金融資本が信仰してるのはユダヤ教じゃなくて666だから。
666とはヒューマニズム=人間至上主義。この辺を突っ込むと、ユダヤ陰謀論は
ものすごく奥が深いよ。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:47:25 ID:9ClqPLqP
>>164
+   +
  ∧_∧  + 666に関する突っ込みに
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +        
 と__)__) +


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:53:15 ID:dPffTlmd
>>165
だろw
この辺がわかると、世界観変るよ。人生観まで変るかも。
戦後民主主義=人間至上主義の洗脳って、人生観まで左右してるから。


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 22:05:05 ID:zn/0KNbZ
666=人間至上主義について もっと調べてみます

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 22:41:42 ID:9ClqPLqP
    |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
    |┃   N {                \
    |┃  ト.l ヽ               l
 ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    |
    |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    <  話はまとめると666=人間至上主義
    |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ     |  これがユダヤの陰謀の核心だ 
    |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン       |  この秘密はMMRで暴いてみせる!!!
    |┃      l     r─‐-、   /:|       \____________
    |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |
    |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
    |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー


169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 23:42:45 ID:IrYk2hyR
人間至上主義でもかまわんけどなw
死ねばそんなものはあっさりと吹っ飛ぶ。
そして、「人間である以上は不老不死はない」しな。細胞のリフレッシュとかが出来る様になってもだ。
で、
実は俺たちは信じてませんでした〜、かかった奴が悪い。
・・・といってみても、そういうのを吹きまわった責任や咎が無くなる訳でもなし。
手をかけさせてくれる厄介者以上の存在では突き詰めればない。
永遠に厄介者になりそうな連中ではあるな。前世も込みで。ずっと変わらんようだし。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 00:06:43 ID:q4IrLUtR
人間至上主義によって神々は息絶え、人びとを傲慢にさせ、堕落させる。
そうして自滅させる。


171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 00:19:20 ID:dA7QCuJp
おつかれ

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 00:30:13 ID:wKwwDPUS
息絶えるかどうか試してみればいい。
死ぬというよりもいなくなるだけなんだがね。
人間の中でも増長したのはどこまどもどこまでもバカだ。
一意の一般庶民の方が賢明かどうかでは、ある種の連中よりは遥かに賢明だな。
小利口ではないだろうが。
みんなで融合合体して臭く醜い悪霊にでもなんでもなればよかろうよ。先人達と同様に。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 06:39:07 ID:+pfvDi9J
169=アーレフ

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 07:19:36 ID:hVGfQEla
人間至上主義を否定してイスラム原理主義のようなものにでも回帰しロッテか?

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 08:53:27 ID:nvXMg/ti
人間至上主義っていうのは、理性至上主義のことでしょ。
イルミナティ創設者のアダム・ヴァイスハウプトが
「理性が人間の 唯一の法典となるだろう。このことが私たちのもっとも大きな秘密のひとつである。
ついに理性が、人間の宗教となるときに、その時に、問題が解決するだろう」
と言ってるしね。この考えが666そのものなんだと思う。

>>174
そう思うならイルミナティを批判しなければ良いだけ。
まあ、原理主義がイルミナティの煽りだとしたら、アレだけどね。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 09:48:54 ID:Cgu4FIc8
ユダヤの力の源泉は資本力と金融企業群
そのための金儲けの正当化
→金利をこばむイスラムの否定
→神の元の人間の平等を批判
→個人の努力、自由が最上の価値として村社会批判
→神という共同体から自由になった人間
→ヒューマニズム=人間至上主義
→666とはつまり、個人主義のことだったんだよ

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 10:04:38 ID:nvXMg/ti
>>176
その通りだと思います。
でも結局、理性至上主義が一番の問題なんですよ。人間が理性のみで動くと
自分の損得しか考えなくなるし、その結果として利己主義、個人主義になる。
理性で欲望をコントロールできると安心してても、実際は全然コントロールできてない
んだよね。なぜなら、理性至上主義=人間至上主義で、自分が一番という考えが基盤に
なってしまうから。
そういう人間の本質をわかって、古代の人々は宗教を作ったんでしょう。
でも、良い宗教というのは存在がまれだから、というか数千年の熟成を経ないと
得られないものだから、大事にしないといけない。

178 :使徒2:2006/08/24(木) 10:25:37 ID:/C1xVyAX
>>83の件について関係機関から回答が、返って来ました。

詳細はのせるわけにいきませんが。
私も含め、みなさんのおっしゃることは、もはや過去のモノでしかない。

メイソンはXXX、XXXXXXXXXXXX。
彼らは今まで、XXXXXXXXXXXXXXXXXXXしてきた。
現在彼ら石工は、XXXXXXXX、XXXXXXXXXXXでしょう。

以上、回答をかなり要約してみたのですが、Xの部分については、掲示板という
特性上のせるわけにいきません。 ただなにも心配する必要はない。

明治天皇も100年前、石工に囲まれ、たいへん苦労されたようだ。

2007年ごろから、3次元レベルにおいても、かなりの変化がでてくるはずです。
ただ、新しい時代を受け入れるか、過去のしがらみに執着するかは、我々一人ひとり
が、自己信頼の元で選ばなくてはならない。

人生において、不完全さが長く続くと、
人間はつぎの結果を被らなければならない。
それらは、病気であり、不幸であり、不正や、苦難や、戦い、
不和、奴隷化、間違った礼拝、孤立と死に至るまでの搾取である。

人間はこの事に注意して、次の目覚めをしなければならない。

  “無限であり、
   不変なものだけが永続し、真理と知恵を持つ。
   何故なら創造の掟がそう語っているからである。”

私はもう書き込みはしないが、まもなくその意味がわかっていただける時がくる。
いままでありがとうございました。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 17:30:23 ID:hVGfQEla
>>175
俺が連中を批判するのは民主主義を形式だけの実態のないものにしているからだよ。
情報コントロールを行ってな。
アメリカなんかがその典型。
伝統主義から批判はしない。
個人主義から批判するよ・


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 18:02:25 ID:nvXMg/ti
>>179
じゃあ、あなたはアダム・ヴァイスハウプトの考えにおおむね賛成?
それなら、彼らと考えは同じだと思うけどね。
まあ、やり方が気にくわないというのはありだと思うけどね。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 18:14:43 ID:0sjDXwBk
好きにすればいいんじゃないかw?
問題が解決すると思えば、解決するのかもしれない。
アダムなんちゃらが提唱した意味は俺にはなんとなくわかるが、ずいぶん狂暴だよね。
人間がいっぱい死ねば人口爆発は解決するよ、ってなもの。
法律家が支配者になるわけだよ。詭弁でも何でも言い返せなかったら負け。
でも、そっちの専門家を抱えてるのは質量共に俺たちなんですー、って奴。
解釈もそうだし、つくるのもね、って。
で、側面支援にマスコミ。
これを民主主義wで機能させる訳さ。
ま、たいした「理性」だよw
バカの集団をいっぱい作るのに大活躍するわけだな、理性が(笑

どこまで劣化すれば気のすむのかね?
五千年かけてうんこつくってどうするの?

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 20:01:33 ID:FkdkvvEE
5000年物のうんこ

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 21:17:09 ID:nvXMg/ti
>>181
理性って、要は頭の中の計算だから。そんなのに期待する方が間違ってる。
計算なんだから、そりゃ陰謀だってやるでしょ。むしろ、陰謀がめちゃくちゃ楽しいはず。
理性からは罪悪感は生まれないよ。
自分の頭の中の計算ではとらえられない何か
を意識するから、罪悪感が生まれるわけで。

民主主義にしても、規範として理性のみを当てにした制度は絶対うまくいかないよ。
たいてい支配者層の理性が大衆の理性より強いだろうから、支配者層の理性のみが
規範のよりどころになる。どう考えても無理。



184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 23:48:39 ID:UbyMwyTk
十分に「理性的」に動けるなら、「理性を崇める宗教」なんて打ち立てようとは考えない。
理性を絶対視するということ自体がすでに俺の視点では理性的ではない。
アダムなんとかは、恐らく人並みはずれて欲が強かったのであろう。仲間も多分そうだろう。
で、それを直視するのがイヤだったので、自分がやりたい世界にする為に、理性をネタにする事を考えたのだな。
宗教の教祖そのものだな、そうしてみると。
まあ、あやしい邪霊にでも吹き込まれたのかもしれないが。
自称アセンテッド?マスターとか自称光の導師とか、一杯いるから。Z

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 00:32:40 ID:RwKxrrMw
ヒトラーは大衆は感情で動くようなこと言ってませんでしたか
   
↓これは何ですか?
http://hiroshima.cool.ne.jp/h_sinobu/meson1.htm

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 00:38:03 ID:Oz3vF7nw
最近、スーパーサイズミーっていう映画を見たんだが、あらすじは30日間マクドナルドだけ食べ続けると
人はどう変化するかって話なんだが、人体そのものは予想どおり悪影響だったんだが、その過程でさまざまな
立場の人にインタビューしていく段階で、アメリカ中にいかにジャンクフードが蔓延して、家庭コミュニティを壊して
るかってことを浮き彫りにしてるんだけど、このサイトのイスラエル支援企業http://palestine-heiwa.org/choice/list.html
マクドナルドが入ってたんでこの映画を見てみようと思ったわけなんだけど、映画の1シーンでアメリカのマクドナルドが
ミネラルウォーターも売ってて、ラベルがマックとダブルネームでその企業名のダノンも映ってたんで映画見た後確認したら、
しっかりその企業が載ってて笑ってしまったよ
ユダヤのアメリカにおける人類家畜化がどの程度進んでるかという視点で見ると面白いからおすすめです。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 06:28:24 ID:edadopca
> 「ここまでやっちゃった以上、私も引っ込みがつかないんだから…」

ただの自爆では?と思う。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 09:02:52 ID:w5EdVpcK
>>183
アダム・ヴァイスハウプトの18世紀はキリスト教の力が今よりはるかに強かったから
反キリスト(666ね)を念頭に置いた「理性」だよ。だから「理性が人間の宗教になるとき」と書いてる。
キリスト教の代わりに理性を規範として生きるべきというのがイルミナティの根本的な哲学なんだよ。
そう考えると、彼らの行動がほぼ理解できるよ。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 09:03:50 ID:w5EdVpcK
上は>>184の間違い

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 09:09:36 ID:Xu+KiwdA
ユダヤ教における選民思想は、誤解されることが多いです(私自身はユダヤ教徒ではありませんが)。
選民思想を誤って、「排他性」と結びつけることがないようにして欲しいです。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%B8%E6%B0%91%E6%80%9D%E6%83%B3

>ユダヤ教においては、選民であるという考え方は、ユダヤ人が神と契約を結ぶために選ばれた人々であるという思想のことである。
>通説とは逆に、この考え方は排他的な集団形成とはまったく関連しておらず、
>実際はユダヤ人でない者もユダヤ教への自由な改宗が認められている。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%80%E3%83%A4%E6%95%99

>ユダヤ教では、宗教に関係なく、あらゆる「地上の全ての民が」(創世記)聖なるものに近づくことができる、救いを得ることができる、と考える。
>キリスト教徒のように「イエスを信じるものが救いを得ることができる」などとは考えない。
>まして「信じるものは救われる」などという講義をするラビはとても考えられない。

>このように、信仰に頼らず、行動・生活や民と関係があり、また(特にハシディズムに良く現れる概念であるが)唯一の神は
>遍在(maqom)するとも考える傾向があるため、ユダヤ教の内部はキリスト教的、またイスラム教的な意味での排他性は存在しない。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 09:20:35 ID:Xu+KiwdA
>>164
君は核心に近づいてきてるようだな。
あの中に、すべての答えが隠されている。全知全能になれるんだ。

未来と闘え。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 09:30:42 ID:76Bkj1p5
古代ユダヤ戦争=古代シス戦争

シス=ユダヤ教徒のラビ
ジェダイ=イエス・キリストの使徒たち。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 11:22:40 ID:oj7Th/HC
>>188
現実としては見ての通り新自由主義というかグローバリズムがはびこったがな。
商売人にとっての健全な常識w=理性
これが要するに理性の実態だ。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 11:23:47 ID:oj7Th/HC
>>191
> あの中に、すべての答えが隠されている。全知全能になれるんだ。

なれないってw

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 20:49:36 ID:w5EdVpcK
陰謀論じゃなくても、カトリックの神父なんかはフリーメーソンやイルミナティを名指しで
批判してる人が一杯いるみたいね。
こことか
http://www.d-b.ne.jp/mikami/calm3.htm
「あなたがそれを理解しているにせよ、そうでないにせよ、あなたは戦場にいるのです。
あなたはあなたの洗礼とあなたの堅信によって以外にはこの戦闘に加わることを求めませんでした。
あなたの洗礼によってあなたは悪魔とその虚飾そしてその働きを断念しました。
あなたはイエズス・キリストとその御母に対する忠誠を誓いました。
なぜなら、われわれは敵、反キリストの支配を確立することを望んでいる敵、サタンの支配を確立することを望
んでいる敵に直面しているからです。それが新世界秩序を装ってであれ、世俗的ヒューマニズムを装ってであれ、
国連を装ってであれ、あるいはそれが他のどのような装いであれ、それは公にそして私的にわれわれの生活から
神を排除することを望んでいます。そしてあなたはそれを支持するように求められているのです。
そしてそこには中立の立場はないのです。




196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 20:50:52 ID:w5EdVpcK
あなたは神に与するか、それとも神に反するか
神に与することを拒否することは悪魔の側に立つことを受け入れることです。「あなたは私に与するか、それとも反するかのいずれ
かである。」教会、単にあなただけでなく、教会のあらゆるメンバーは彼らがそれを理解するかどうかにかかわらず、
同じ条件の下にいます。教会は攻撃にさらされています。教会は一つの選択に直面しています。この挑戦は
単にマルクスによってばかりでなく、イルミナーティによって、フリーメーソンによって為されました。過去に戻ってフリーメーソン
が教会をどのように破壊するかについて言ったことを読んでごらんなさい。--彼らは教会を敵と見ています--そして
教皇制を破壊するために、彼らはわれわれは短剣を必要としないと言っています。スティレット(あなたが誰かの心臓を突き刺す
ことができる小さなナイフ)は十分ではない、それは教皇制を殺すためには十分ではない、とこの特定の文書は言っています。
それは1840年代のアルタ・ヴェンディタというフリーメーソン・ロッジ運動から出ています。われわれがしなければならないこと、
それはキリスト者の心を堕落させることだ、とこの文書は言っています。なぜなら、われわれがキリスト者の心を十分に堕落さ
せるとき、教皇制はそれ自身で倒れるだろうからだ、と。



197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 21:50:32 ID:w5EdVpcK
ヒューマニズムが666っていうのは、ある意味、その字句のままなんだよ。
聖書には「その数字は人間を指している. そして、その数字は666である。」ってあるからね。
ヒューマニズム=人間主義=666
これは、聖書に先見の明があるのか、それともヒューマニズムって言葉を作った奴が聖書の言葉を
意識してたのかどっちかだけど、おそらく後者w

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 04:37:15 ID:tH/45ROf
人間至上主義を批判するなら、対案を何か示すべきだな。
政教分離以外の対案をな。
政教一致の戦前の日本か?
キリスト教が支配する昔のキリスト教世界か?
連中に批判的なロシアやベネズエラも政教分離の人間至上主義国家だけどな〜。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 09:26:25 ID:AMCFTyX2
>>198
ロシアって人間至上主義なのか?
ゴルバチョフよりもエリツィンを選んだ国だからなあ。
まっ、欧米はキリスト教があるけど、日本なら皇室ってことになると思うよ。
神=先祖代々の人々って考えるのが日本人にとって一番自然。
今現在の人間のことだけを考えてしまう弊害を抑えられるしね。
とにかく、理性至上主義=悪魔主義っていう認識は持ってないと、個人としても
やばいと思う。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 10:00:44 ID:tH/45ROf
悪魔主義はサタン崇拝のことだろ。
キリスト教支配の強い欧米では昔らからアンチキリストの思想としてサタン崇拝はあった。
何で理性主義=エゴイズムって短絡的な発想になるわけ?

ヒューマニズムというのは、人間の利益になることを考えていくということだ。
自らの利益のみを考えるのをエゴイズム。
人間の利益を考えるのをヒューマニズム。
全く違うものだよ。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 10:02:52 ID:tH/45ROf
ヒューマニズムの観点からロスチャイルドやロックフェラーを批判していくべきだ。
伝統主義の立場からでは説得力に欠ける、。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 10:04:53 ID:tH/45ROf
>>199
>神=先祖代々の人々って考えるのが日本人にとって一番自然。

それを義務教育で教えるのか?
政教一致の国家に生まれ変わるわけだw

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 10:10:01 ID:AMCFTyX2
>>201
ロスチャイルドやロックフェラーはヒューマニストだから。
ヒューマニズムの立場から批判するのは難しいよ。
とにかくヒューマニズム=悪魔主義は陰謀論ではさんざん言われてるんだからさ。
陰謀論の本でもいろいろ読んでみたら?

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 10:10:42 ID:tH/45ROf
日本が目指すべきは、健全な民主主義国家。
アホな政教一致体制でも金融資本寡占体制でもない。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 10:12:24 ID:tH/45ROf
>>203
色々読んでるよ。
それで、批判している立場で2種類に分けられると。
一つは伝統主義の立場。
もう一つはヒューマニズムの観点からの立場。

君は伝統主義の立場の本しか読んでいないのかもな。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 10:19:04 ID:AMCFTyX2
>>205
ヒューマニズムの立場から批判なんて、911以後?
近世からの一連の流れを見ないと、彼らが何を目的としてるかは
わからないんじゃないの? 


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 10:41:01 ID:AMCFTyX2
人間至上主義=理性至上主義=合理主義=悪魔主義なんだよ。
人間ってそういうもの。今の世の中の流れを見てればわかるでしょ。
聖書はこのことを指摘するために、「人間を表す数字」って書いたんだろ。
悪魔主義は、おもちゃみたいなオカルトの話じゃないよ。
計算からは慈悲の心は出てこないから。
ヒューマニズムに慈悲の心があると勘違いするのは、まだ神とか信仰心とかが
人々に残ってるから、それとシンクロしてるだけ。
純粋なヒューマニズムのみになったら、恐ろしい世の中になると思うよ。



208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 10:44:14 ID:WksN/1vx
>>204
まずは公明党をどうにかせんとな。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 11:31:30 ID:AMCFTyX2
信仰とかって書くと重い感じがするけど、
結局は共同体主義と個人主義に行き着くのかも。
共同体主義には、(先祖代々伝えられている)何らかの信仰が不可欠。
日本みたいに先祖を神にしちゃうのが一番直接的かもしれない。
先祖を尊重しなければ、子孫も尊重しないだろうし、子孫からも尊重されない。
そんな共同体が維持されるはずはないからね。
理性至上主義では共同体を維持できず、個人主義に行き着くしかない。
個人主義者に慈悲の心はないから(偽善だけ)。
イルミナティやフリーメーソンが目指してるのは究極の個人主義社会なんだろうと思う。
キリスト教の用語でそれを悪魔主義と呼んでるわけだけど、その通りだと思う。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 13:05:58 ID:NQIUFw21
東京都が9月1日に実施する総合防災訓練に、在日米軍が初めて参加することが
決まった。都の訓練は首都圏直下地震を想定し、小泉首相も参加する首都圏8都
県市合同訓練のメーン会場になっている。在日米軍の訓練参加は石原都知事が要
請した。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 13:25:52 ID:950UGog2
最後にユダヤを倒すのは法治主義だな

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 13:29:58 ID:HExE707E
>>198
自分で考えなw
っていうか、答えは出てる。間違いは間違いなんだから。
しかも、「いや、現実そうじゃないしw」って意味で。
所詮「主義」は「主義」なんだよ。妄想の産物に過ぎない。
そして妄想に引っかかるやつはバカだし、知らずにふりまくやつは愚かだし、
わかってふりまくやつは所詮ただの悪人。
それだけの事だし。
でも、そういう主義が大事なら後生大事に抱えて持っていけばいい。
あれは違うからw、とは俺はいったから最低限の責任は果たした。見た以上の、という意味では。

甘えるなよ、大人だろw?

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 13:36:59 ID:3Eunwxwh
ああ、そうそう、悪魔と呼ばれてる連中はもうちょっとは親切だな。
一応の忠告くらいはしてくれるはずだぜw?
ホンモノなら。
でも、怪しげな邪霊とかになれば、適当なことは吹きまくる。
個人主義だって、ヒューマニズムだって推奨してくれるとは思う。
・・・こういうのも馬鹿げた話だな。メーソンとかでも上の方に行けば魔術とか知ってるんだろうし。
そちらからの話も聞こうと思えば聞ける。
だから自己責任なんだよ。自分で選べばいい。
そういう意味では人の世は自由だ。ただその対価が良かろうが悪かろうが受け取るのは自分だ。
因果は巡るがやっぱり帰って来るんだよ。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 19:08:34 ID:8mDg45Kg
貸金業の上限金利下げ、米金融機関が反対
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20060826AT2C2500C25082006.html

金融庁が検討している貸金業規制法の改正案について、米国の金融機関や投資家のロビイスト団体が
貸付上限金利を引き下げると「(リスクに見合った)適切な貸付金利が決めにくくなる」「対日投資意欲が衰える」と
反対している。与謝野馨金融担当相らに書簡を送ったほか、米財務省も日本政府に非公式に見直しを打診しているという。

GEキャピタルとシティグループが日本のサラ金事業に参入しているほか、ヘッジファンドなど投資家も
サラ金株を保有しており、日本の貸金業者の経営が不安定になることを懸念しているようだ。

215 :(o`∀´o)魔人ブー:2006/08/26(土) 21:25:37 ID:Srj9vVCI
この世は第六天の魔王が作り出した世界 魔王=悪魔だから悪い奴程 カルマの返りは遅い 生きている間に返らないかも この世は悪魔優先なんだよ!なぜなら彼等が造った世界だから 歴史を見よ! 本当の神はイエスでもなくマホメットでもなくイサクでもエルでもヤハウェでも

216 :(o`∀´o)魔人ブー:2006/08/26(土) 21:26:34 ID:Srj9vVCI
666でもサタンでもマネーでもアメリカでも無い!貴方の心が一人一人の心が神なんだ!何かにすがり祈るより自分の心に集中しなさい!(^O^)/せえ〜の!♪ミミズだ〜て トンボだ〜て 生きてるんだ♪……


217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 22:45:58 ID:tH/45ROf
とんだオカルトスレだな。

218 :(o`∀´o):2006/08/26(土) 22:53:46 ID:Srj9vVCI
LはΛラムダと言う意味があるらしい ジョンベネ・ラムジー事件 この前のエジプトの巨大遺跡の引っ越しはラムセス像 ラムて何? 冥王星が降格してラムセス像の引っ越し何か深い意味があるかも??

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 22:59:11 ID:950UGog2
核心の近づいたためか、ユダヤ工作員が暴れてるな

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 23:46:24 ID:+X3GEBlR
もっと核心きぼん

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 00:16:59 ID:8/tr5efI
ユダヤの陰謀?あんたが陰謀図だてているんだろ。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 05:02:29 ID:jSYsTMt/
(o`∀´o)勝手に工作員とか決め付けんなよ ボケ! 視野が狭いなおめ〜はよ 土人が数数えるのと同じだな!

223 :偉大なるロスチャイルド:2006/08/27(日) 11:47:30 ID:eV7NNyT9
いやいや、ええか!
 ワシのファンが多いなぁ わっははは
  日本はすでにワシらの手の中で支配されちょる事を忘れるでない!
  ええか!
   安部に憲法変えさせて、アメリカと一緒にイランとシリアを攻撃させる
  日本人は単純でええからの〜
   わっはははは
    そのたんび、儲かるんだよ  
     悪いなぁ 日本人の奴隷諸君!

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 12:02:07 ID:XVQKUoz/
國が有るから国民が存在する。國を追われて2000年これは迫害の歴史だ
全世界のユダヤ人はユダヤ人へ迫害行為や生存権に敏感だ。当然阻止する
この事が陰謀と誤解されてしまう。陰謀に頼るほど弱くはない。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 13:04:47 ID:vo30dCfn
いや、陰謀に頼ってるだろう。
陰謀ってのは、隠れた所でやる謀の事だし、それを使わずに来た事は一度も無い。
迫害や生存権がどうのって言うなら、USAの中に居留地でも作れw
どうせあそこを根城にしてるのだし。
それに支配してるのならば、どうしてまだ不断の運動が続くのかねw?
支配しようとしてるが、まだ道半ばだろうが。

で、付け加えておくが、そういう事も業のひとつなんだが。
後、シナイ契約とかはもう自分達の側で破棄してるだろ。
十戒守ってないし、ユダヤは。
むしろ一番破りまくってる。
表面どうかじゃなくてさ、実際どうしてるかが問題なんだ。
神は何でもお見通しなんだ。聖書にもそう書いてある筈だがw

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 13:07:57 ID:tdbTB6g5
それにな、「選民」である事を断念したから、タルムードの編纂がなされたのだし。
付け加えれば「人間中心主義」とその前期段階たる「啓蒙主義」その他の「主義」を生み出した。
そういう事情も本人達が一番詳しい筈。
そしてそういう点についてユダヤの内部からの声が上がってない。
神に見放された民族が頼るのは謀と相場は決まっておる。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 14:09:21 ID:9CVUJs4X
今日TBSの「世界遺産」という番組で、
ドイツのホロコーストについてやるみたいよ。
サブタイは「負の遺産アウシュビッツ強制収容所…歴史に刻印された最大犯罪」
この時期にこういう番組やるってのは何か陰謀めいたものを感じるなあ。

だって彼らはこういったプロパガンダは大得意だものね〜。

それしてもTBSにはホトホト呆れるなw

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 14:15:52 ID:Fwtvo5VB
ビルダーベルガー・ミーティングとユダヤの関係について

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 17:48:21 ID:FlAregpn
>>227
8/27 23:30-24:00 TBS 世界遺産

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 19:38:20 ID:KZDyAQy/
そろそろ、メディアにフリーメーソンやイルミナティやスカル&ボーンズの秘密結社連呼しまくってアニメとか漫画とか映画作れよ。
今のところ、フリーメーソンとか連呼していたのはナショナル・トレジャーだけだぞ?
何か表に出たらまずいのか?

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 21:00:33 ID:vIDbpPgW
フリーメーソンが信仰するのは抽象的な最高神の「G」らしいよ
つまりキリストじゃないんだな
天皇家がカトリックなのにこんな宗教モドキのさばらせていいのか?
皇室と関係する神道→仏教→カトリック以外認めるべきではないと思う

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 21:13:42 ID:KZDyAQy/
っていうか、儀式殺人とかしていそうで怖いんだよwww

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 21:30:24 ID:8sF9cvrn
もはやイルミナティ自体がほとんど一人歩きしてる気もする。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 21:59:38 ID:WVi75P98
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20060826/image/npyr2.jpg

いるミナティ愛用パソコンを是非あなたにw

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 22:11:25 ID:KZDyAQy/
>>234
スペックが書いてないじゃないか。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 22:11:47 ID:wY20Mxfz
>>231
「G」って何の略?

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 22:21:22 ID:v9RsvGRb
     .┌━┐    ┌━┐
      ┃┌╋──╋┐┃
      └╋┘    └╋┘
        ┃ ・   ・  ┃        ┌━━┐
    ●━╋┐    ┌╂━━━━╂┐  ┃
    └━┷┴━━╂┘        └╋━┘
同じスレにはコピペ ┌╋┐        ┌╋┐
できるけど、違う  ┃└╋╋━━╋╋┘┃
スレにはコピペでき ┃  ┃┃    ┃┃  ┃
ない不思議コピペ ┃  ┃┃    ┃┃  ┃
           └━┘┘   └└━┘

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 22:22:34 ID:vIDbpPgW
>>236
略じゃないよ
抽象的なんだから

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 22:43:28 ID:wY20Mxfz
>>238
今ちょっと調べたらG=ジオメトリー、幾何学とか出てきた。これとは違うの?
ジオメトリー、幾何学って言われてもまだ理解できないけど、なぜ真っ先に来る象徴的な文字G
がそういうことなのか。というか、貴方の言う「抽象だからG」って、それだと捨象すぎ。
全く人に理解してもらおうという気がないみたいに見えますけど。もうどうでもいいけど。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 23:40:34 ID:tdbTB6g5
最高神のG,ね。
最高神がGかどうかはともかく、最高神をあがめるならさぁ、そのすぐ下とか、
地球や太陽系の面倒をその下で見てる神とかにも敬意を払ってもらいたいもんだなw
なにしろ、最高神の判断や決断の元で派遣されたり、その任についたりしてるんだからさ。
厳しい上下関係あるんだろ、メーソンも。
ならば、言いたい意味はわかるよねw?
少なくとも日本でくだらない事をするのは良くないんじゃないかね。
それともただ好き勝手やりたいだけのDQN集団だというのを自ら認めますか?

241 :(o`∀´o):2006/08/27(日) 23:47:47 ID:jSYsTMt/
GはグレイのG 白+黒=灰色 Gは赤ちゃんの入る子宮の象形 GはGA◯BA大阪のG ロート◯薬がスポンサーに入り 目がついたわけ。これからも金バンバン出してガ◯バをアジア1 世界1 のクラブチームにして下さい。俺の解釈あってますか?メイスンの皆さん

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 00:27:50 ID:R39d6Bvn
こういうわけのわからない流れにもって行くのもユダヤの手口なのかな?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 00:43:46 ID:0aqiFi1l
>>242
そもそも、ユダヤって何だよ。
それすら知らない。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 01:15:25 ID:ZCehOQ8Y
(o`∀´o)おまえ さあ!いいかげにしろよ!〈怒〉 なんで俺がユダヤなんだよ!お前こそユダヤだろう !第一発見者が一番怪しいセオリーで第一発言者が一番怪しい

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 01:40:17 ID:Ve5ptozA
Depeche Mode: "John The Revelator"
http://www.youtube.com/watch?v=VaB1psXTjS4

欧米でここまで露骨なものが出てるとは知らなかった。

ヨハネの黙示録を10代の頃読んで、ガクブルな気持ちになったものだが、
聖書は予言書といわれることが最近の世界情勢を見て確信した。そして
ヨハネの黙示録そのままに世界を引きずり込むのはユダヤだったんだな。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 01:40:49 ID:C+v7Q8Sz
こうやって関係ない発言でかく乱してスレを潰すのが奴らのやり方

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 02:02:57 ID:uvhtCfwd
>>245

傑作w


248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 04:12:19 ID:ZCehOQ8Y
(o`∀´o)やられた 罠だったんだ!ユダヤか?と聞かれたらスルーすればよかったんだ ユダヤか?=YES ならドウホウなので攻撃しない NOならユダヤ人以外は人間ではないの言葉通り攻撃する オカルト的戦術で、

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 04:13:32 ID:ZCehOQ8Y
(o`∀´o) よく聞け悪魔の子 お前の心の叫びを聞け!お前の心の光りに目を向けろ 解き放て光り おのれを闇から救い出せ!


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 13:13:25 ID:42yG7D5p
ユダヤ人の力の源泉は、金融財閥とその圧倒的な資本力
これに対抗するためには、わが日本民族はどうすればいいのだ
教えてくれ、アマテラス様

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 19:42:30 ID:VnUcwusW
あまてらすおおみかみ

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 20:35:18 ID:8iwavP8S
陰謀説・年表
http://www.geocities.jp/bluewhitered34/sekainouranoexcel0826.htm

HP http://www.geocities.jp/bluewhitered34/index.html


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 20:51:26 ID:8Q3EL3yZ
イミナシィーとヤルキナシィーによりスレ質低下中

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 22:38:28 ID:SHugMmZe
対話を装ったわけわからん話はただのスレ潰しで、
いつもある。常にある。
それはおいといて理解できるところにいちいち巻き戻すしかない。
それじゃ始まらないから、俺からネタ振るよ。

おまいらはどうしてイスラム教徒を殺してはいけないって言うんですか?

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 05:51:58 ID:qcszZQj1
ジオメトリーのGといえば、ピタゴラスとなんか関係あんのか?


256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 06:53:02 ID:nxCuQGcE
255
私もそれをふと思った。
ピタゴラス学派も宗教チックだと聞いたことがあったので。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 09:22:00 ID:gOlG+8eg
フラワーオブライフ

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 10:50:15 ID:GFFr2sPr
セフィロトの木

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 15:01:32 ID:aI7xiKhA
ピタゴラスとは関係あるだろうな。
ああいう幾何学好きだし、連中は。

ただ、それとは別に幾何学は大事だぞ。勉強しような、みんなw

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 20:05:31 ID:VvYTMDmz
>>257

ドランヴァロ・メルキゼデクの本は面白いよねぇ。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 21:43:46 ID:+r/A6iFn
□ベネズエラ大統領、シリア訪問へ=「反米」関係を強化 [AFP=時事]

 http://news.www.infoseek.co.jp/afp/world/story/20060829afpAFP008398


262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 23:23:37 ID:gEnK+gQS
○テックス・マーズによれば、このCFR文書は次のように提案して
 居ると言う。

  (1)アメロ、と称する新しい通貨がドルに取って代る。

  (6)一億六百万のメキシコ市民は、米国に自由に出入り出来る。

  (11)米国の五十の州は解体される。
     旧米国は、十の地域に分割される。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 20:02:15 ID:T54HhR2P

「世界政府っていうものが仮にあるとして、そこで開発しなければならないはずの
 システムは全部グーグルで作ろう。それがグーグル開発陣のミッションなんだよね」

澄んだ目を輝かせながら、グーグルに勤める友人はこう言った。


俺は恐ろしい考えだと思ったのと同時に、ある確信が生まれた。

「グーグルは一般に考えられているような、ただのIT企業ではない。
ユダヤ世界政府が創設されるにあたって、その中核を占める企業なのだ」と。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 20:42:30 ID:ATHbloBe
Google Earthが実現できたのも
その手の組織のバックアップがあったからだろうな
一企業が独自にやれるものじゃない

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 22:12:01 ID:xsbxLOyP
単純にいえば、
作り話はするな。
したら、殺す。


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 23:25:01 ID:NHJUUpn/
↑立派な殺人予告!警察に殺人を犯す前に相談しなさい。お前 何様?自惚れんなよ!ここはお前の家じゃ無いんだよ 怒ればママが何でもしてくれる所じゃ無いんだよ。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 23:33:05 ID:NHJUUpn/
昨日 温泉のロッカーのナンバーが567でその下が666だった 今日 交通違反で警察に捕まった その警察が乗っていたバイクのナンバーが666 だった 偶然にしては確率高すぎ 何かなメッセージかな?666

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 00:00:09 ID:80L2EH/C
ただのIT企業じゃないだろうな。
そうでないと色々ありえない。
でも、検索エンジンとしては便利だし、Googleでなくても、MSNでもYahooでもいいわけでね。
似たような事をするなら。
仮にそうでも単にGoogleが選択されただけ。あれでなくても別のが出てくる。
むしろ、最近のGoogleがパッとしない事の方が問題だ。Yahooの方がだんだんマシに思えてきたぞ。
MSNは最初から論外だが。使い辛くてかなわん。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 00:04:21 ID:k0aYJ8XZ
そしてYahooは朝鮮企業かつGoogleと提携

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 15:06:03 ID:Ret/5j1Z
      ☆ チンチン 〃   Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < >>250、あまてらす降臨マダー
            \_/⊂ ⊂_ )   \____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | カルピスウォーター |/


271 :265:2006/08/31(木) 23:20:26 ID:aAZ/xDuW
>>266
何度も家に私服警官が尋問しにきてますが?
気にする俺じゃない。
だって、本当のことだもの。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 16:08:39 ID:ONEI2Yhb
20ドル札に隠された秘密
http://www.youtube.com/watch?v=cEdcttj_YPk

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 16:37:14 ID:OlPvuY79
>>272
で?

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 16:45:37 ID:ofojrdYA
ユダヤの陰謀? プ

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 17:34:57 ID:y+EUzUQE
>>272
20ドル札の話は有名だね。
その映像には紹介されてないが、
札を折った飛行機の翼部分には、片側に The United
もう片側に America の文字が浮かぶ
つまり、あのテロで使われた飛行機.......

このドル札がらみの話、1ドル札、日本のお札を含め、それらの秘密については
前スレでみんな暴露してたよね。
これはまちがいないっしょ。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 19:52:26 ID:TGc5w0JF
>>275
仕掛けまでの時間が長すぎるが、そのくらい長期計画なのかな
それとも、色々なネタが人知れずばら撒かれているのかな?


277 :あまてらす:2006/09/01(金) 20:05:24 ID:PnSIA0zs
                            こっち向いてくださーい!
                  ._, ,_       ヽ\    //
   もっと、みせてぇー  ( ´д` ) < 残念、私のおいなりさんだ・・・ハァハァ
  ヽ\       //  /    ヽ/つ
               ⊂ノ(⌒⊃ωノ
             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

     パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ  パシャ
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ    . ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 11:00:48 ID:ADUUO+Xq
資本主義経済は悪魔の偽りの経済だ
 資本主義経済は弱者の犠牲の上に成り立つ経済であり、ちょうど江戸時代、
武士が百姓を奴隷にして重い年貢を取り立てて、百姓の生き血をすすっていた
事と同じである。その時は生き血をすすられて犠牲になる者が大勢いたから、
経済がなりたった。今のようにぜいたくになって、犠牲になる者が農家しかい
ない状態では経済が成り立つ訳がない。それが今の不況の原因である。勝ち組
が負け組の生き血をすすっているのだ。悪魔の吸血鬼アメリカに国益を絞り取
られ、国が破産しているのにそれを借金で誤魔化している。最後には国に、金
と資産をかすめとられ、円が大暴落して、日本は物を輸入することが出来なく
なって、食料危機となり大パニックとなる。後は戦争を待つのみ。
 2・26事件はその悪魔の資本主義経済が原因で起こった
 昭和11年2月26日、青年将校率いる決起部隊が政府要人を殺害する事件
が起きた。首謀者は暗黒裁判によって裁かれ銃殺刑に処せられた。
 当時の日本は世界大恐慌の影響で経済が沈滞し、関東大震災によって発生し
た大量の不良手形が原因で銀行、企業が相次いで倒産し、民衆は金に困窮して
生活苦にあえいでいた。農村はアメリカ向け輸出生糸の暴落とそれに連動して
米価が暴落し、東北地方はそれに輪をかけて凶作にみまわれて飢餓に苦しみ、
娘の身売りなどで命の糸をつないでいた。
 民衆が塗炭の苦しみにあえいでいる原因は、政権維持にしか眼中にない政党
と、これに結託し民衆の膏血を絞る財閥と、これを擁護して圧迫する官僚と腐
敗する軍部にあり、これらの特権階級が搾取しているからである。したがって
、疲弊した農民を救うためには、税金の免除と米価の安定を図る必要がある。
その障害となる特権階級の奸賊を倒し、国民を愛する天皇の考えが行き届く国
家に建て替えようと青年将校が決起した。しかし、昭和天皇は朝鮮人で偽天皇
だから、奸賊と同類で、彼らの尊い意志を無視して抹殺した。
 彼らが頼りにした真崎大将はソ連の工作員で、満州侵略に反対していた皇道
派の軍人を抹殺するために、青年将校をそそのかし、実行させたのである。天
皇を中心とした統制派の軍部の陰謀である。


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 11:10:12 ID:p0OWcq2Y
>>278
こういうコミュニストが今も昔も日本を混乱させる

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 12:40:33 ID:prYiJ1gp
江戸時代も武士は生き血をすすったりはしてないw
豪商だよ、豪商。
だが、豪商達であってももうちょっと空気を読んで様々な事をしてたのが実態。
付け加えれば、明治政府の支配下で一挙に全国的に、
貧困層が増えて生活苦しくなってる。

勉強しなおせやw

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 14:11:44 ID:tmjVfJku
ユダヤはロシアの資源を狙ってる。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 14:32:42 ID:4K4x5atO
明治入ってからの方が、貧民増えたんだよね。

大概、世の中、貧民が増えたときほど社会保障が設計されるけど、このときはどうなの?

宗教系のイタイとこは、お情け意識が強いとこ。社会悪とか社会情勢じゃなく、信仰的なもので捉えて爆走するところからロジック立てるから、イタイ。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 20:15:12 ID:68MqgDf4
宗教は人の苦しみを糧として肥えていくものだろ
因果なもんだな

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 20:29:40 ID:8ljABAEp
ビートルたけし参上!

またひとつ片がついた。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 22:22:00 ID:jUIR13Um
[332]宇根康裕(うねやすひろ)君とのやりとりの文を載せます。私の「ヨーロッパの近代と、近代思想について」論です。

それでも、そういう秘密結社や陰謀という観点からしか、ものごとを見れない人は、ヨーロッパの近代学問のすごさを、
すこしも原典にあたって、本当に時間を掛けて読んだこともないような、軽薄な人間たちだ。
彼らは、すぐに、近代諸思想にレイベリング(レッテル貼り)で、自分の頭の悪さを自覚しないで、何かを喚(わめ)
きたい時に、土人特有の言葉として書き散らす時の愚かな態度である。

日本で陰謀論者と呼ばれる人たちは、1970年代から出現したのですが、彼らは、1963年のケネディ大統領殺し
があって、ロックフェラー体制が確立し、アメリカ民主政体(デモクラシー)が、本当にいよいよ危機に瀕した時に
アメリカ国内に出現した、真実言論派の言論人たちの本を、密かに自力で読み、日本国内に伝えた人たちです。

ですから、副島隆彦が、2005年からこの真実言論派の運動を日本で始めた以降は、いわゆる日本の陰謀論者たちは、
私のために、道を空けて、自分たちは脇にどかなければいけなくなったのです。
なぜなら、彼らは、政治思想とか近代学問(サイエンス)というものを、やったことがないので、おどろおどろしい
陰謀の物語(ものがたり、ストーリー)を素朴に書くしか他に、知恵がないからです。


286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 22:23:51 ID:jUIR13Um
ヨーロッパ近代の政治思想(モダン・ソート modern thoughts )の大きな流れと、その枠組みを知らない人間
たちは、無力です。ですから、私の主著の『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』をしっかりと読んで、
頭の中に、その土台であるヨーロッパ近代政治思想の全体像もそれとなく正確に理解しなければいけません。

まだ、私の主著『覇権アメ』をしっかり、ノートにとりながら、コツコツと時間をかけて読まない者には、「真理と
信仰、そして思想」を考える能力は生まれません。この作業を数ヶ月かけてやってください。このことは、副島隆彦
に反感を覚え、反発ばかりしている、隠れた副島隆彦読者の者たちにも言えることです。私の主著を乗り越えられる
と思うのなら、私に、正面から議論して来なさい。いつでもお相手します。
http://snsi-j.jp/boards/bbs.cgi?room=sample1 (重たい気持ちで書く掲示板より)

287 :G:2006/09/02(土) 23:54:32 ID:pEKlzhk9
デスノートのLの正体 リリス LYL イルのアダムなぜ アダム? それはリリスの元旦那だから?

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 01:23:54 ID:QQGqxGiR
>>285-286
悪いが陰謀論者以上に無内容な文章だという他ない。

西欧はこんなに凄い。それがわからないやつは馬鹿。

これ以外の事は何一つ語っていない。具体性をもうちょっと出せよ。
また、ここで陰謀組織?みたいなのを叩いてる奴の多くは、
最低限度の知識はあるのが多いと思うぞ。
残念だが西欧哲学や自然科学の発達史のアウトラインくらいは把握してないと、
「なんでこいつらが問題になってくるのかそもそもわからない」
からだ。

勉強しなおし。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 03:05:28 ID:sqCEtyFd
>>285-286

「知らねぇくせしてガタガタ言うんじゃねぇ」っていう
クソガキが良く使うレトリックと何ら変わらんなw

ひ  と  り  よ  が  り

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 03:48:54 ID:4cCLGXlh
おれは
20世紀は英vs米だったって論は唯の煽りと思う。
今でも各王家の為の利益上げる使命をまっとうしていると思う。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 04:20:49 ID:1vT+1BeF
      ☆ チンチン 〃   Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < >>250、あまてらす降臨マダー
            \_/⊂ ⊂_ )   \____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | カルピスウォーター |/

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 10:11:08 ID:L5GSIMcv
ドルイド教を調べよ!

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 12:52:08 ID:MtmeIylm
まあ、どうでもいいが副島隆彦とかにはガッカリだな。
サイトにもいってみたが、プロフみただけでナリシストぶりにはげんなりした。
幾つも見たい顔じゃないぞ、あれは。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 13:38:25 ID:0tT8S0qW
ナルシストじゃ、イルミと同類だもん。
イルミの考えを批判するのは苦労するだろw

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 16:18:19 ID:e6/DtPR3
副島さんは素敵な人だ、馬鹿にするな!

アメリカ人の本を訳しただけで、
「これは私の意見と同じだ。ゆえに私の成果だ。」
と本に書いちゃうくらい純粋な人なんだぞ!
訳文の知的売春婦という文字に、インテレクチュアルプロパティと
ルビをふっちゃうくらい創造性に溢れた人なんだぞ!
(「次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた」より)

小心さと自信のなさとプライドの高さが入り混じった、
複雑な大人の表情も素敵です。
(浅井隆も同じような表情してるが、あっちはもっとひどいな)

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 20:06:29 ID:cxKvKX3s
>>295
インテレクチュアルプロパティ 知的財産 を
知的売春婦 (インテレクチュアルプロスティチュート) と超約する
ところがお茶目で素敵だなあ。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 23:46:05 ID:xutZMB8l
>>285
”日本で陰謀論者と呼ばれる人たちは、1970年代から出現したのですが、”

って、1970年代にだめになっちゃった事の話でしょ?
それから、どんどんだめになっていって、
今、これからどうしようか?
しょうがない、続けよう。ってことなんでしょ?

だって、嘘は無限に吐けるもの。


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 13:20:08 ID:p7FHu0wI
>>282
なんで明治になってから貧民が増えたか知ってる?
そのとき明治政府要人がこぞって導入したのが西洋の知識や哲学や制度だったのを知ってる?
それでもなんで明治政府はそんな大改悪をしなきゃいけなかったか知ってる?
今も明治政府の路線は基本的に変わってないんだけど理解できてる?

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 18:36:35 ID:ktanpL+J
討幕派には長崎のグラバーを通じて
ロンドン・ロス茶イルド商会から活動資金が流れていたという事実

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 18:58:39 ID:TLEXkAFu
>>299
グラバーを通じやつらユダヤに取り込まれた武器商人坂本龍馬も悪の片棒を担がされていることに気が付いたのか
途中で殺されてしまう。その後を引き継いだ、岩崎、今の三菱は今も生き延び、今現在もユダヤ関連を見ると、要所要所に三菱が登場する。
思うんだが、幕末の志士は全員ユダヤに取り込まれた売国奴ではなかったのか?


301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 19:13:02 ID:nHxwMYfU
>>298
ほう、そうか。
じゃあ、ちゃんと説明してみろw

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 20:19:59 ID:ktanpL+J
>>300
坂本龍馬はちょっと図に乗り過ぎたので用が済んだところで始末し
そのついでに悲劇の主人公になってもらったというところか。
確信犯は上層部の一部だけだったのではないだろうか。
討幕派の志士全員がスポンサーの意図を理解していたとは考えにくい。

三菱は六区フェラー、三井がロス茶イルドの傘下にある。
旧宇宙開発事業団のH2の連続打上げ失敗は
三菱重工業に潜伏していたスパイの仕業とみる。
三菱地所はNY六区フェラービルを高値掴みさせられ
NY不動産暴落後に六区フェラーに買い戻させる手口で
多額の利益供与を行った。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 20:52:06 ID:DMhKiTKW
三菱ゴールドパークのサイトで店舗案内を開くと
そこにあるのは、、、。 
ヒント 特約店のマーク

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 21:26:46 ID:ezYJkSub
      ☆ チンチン 〃   Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < >>250、あまてらす降臨マダー
            \_/⊂ ⊂_ )   \____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | カルピスウォーター |/

305 :行殺 ◆KINOKO.5cU :2006/09/04(月) 21:47:58 ID:nRr47j+8
797 本当にあった怖い名無し sage 2006/09/03(日) 02:49:26 ID:9LhUBkTd0

16 名前: 底名無し沼さん 01/10/22 03:41

山窩(サンカ)の霊場、半地下の大神殿がある。
今でも夏場は、山窩の末裔が5〜6人で守をしている。
この人達は、とっくに現代社会へ融け込んでおり、毎年交代で守をするらしい。
使う言葉も、文字もまったく日本語とかけはなれている。
秘密の掟を破るものは、死の制裁が待っており、下界でクチを割る者はいない。

俺は殺される。


17 名前: 底名無し沼さん 01/10/22 03:57

サンカについては以下
http://www.seafolk.ne.jp/~enigma/sanka.htm

サンカ文字については
http://www.interq.or.jp/www-user/fuushi/5-anc/5h-genngo/5h-genngo-a7.htm

>>16サンのおかげで勇気がでた。 俺は逃げ切ってみせる。
http://makimo.to/2ch/yasai_out/1003/1003549026.html

俺的にかなり怖かったのはこのスレかなあ。随分昔の話だけれど。
タブーってやっぱあるんだな、と思った。


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 22:44:01 ID:LtRGUGDN
「戦後民主主義万歳」みたいなことを長年書いてきた知識人たちは、このことに自覚がない。
欧米では、戦後の日本社会のことを「ニューディーラーが植えつけて育てた日本体制」と呼んでいる。
これを英語では、‘New Dealr ingrained japan system.'(ニューディーラー・イングレインド・ジャパン・システム)と言う。
引用は副島隆彦「日本の危機の本質」P296

社会党や日教組、それから戦後日本共産党という「反戦平和・護憲、再軍備反対、海外派兵阻止」を主張する勢力は、
ソビエト・ロシアによって作られた勢力ではない。
これらの勢力は、実はマッカーサーが憲法典と共に予め意図的に日本の戦後体制の中に仕組んだ装置であった。
引用は「日本の秘密」副島隆彦 P22


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 23:01:55 ID:LtRGUGDN
まず「自由主義者」の訳であるが、「リベラリスト」と言う言葉は、ドイツ語にはあるが、英語ではリベラルズliberalsというのだ。
「リベラリスト」と言う英語は無い。日本の知識人層は、この初歩の事実から学ばなくてはならない。
リベラル派の反対がコンサヴァティヴズ(Conservatives・保守主義者)である。日本やアメリカで、自分の事を「リベラル」だと
思っている人々は、そもそもの、本物の歴史上の「古典的自由主義者」とは似ても似つかぬものだ、と言う事に気づいてほしい。
今の日本やアメリカのリベラル達は、本物の自由主義者達とは反対の立場の人だのだ。言葉だけは「リベラル」だから、 きわめて
紛らわしい事になったのだ。それは、イギリス人の18世紀の初期リベラル思想が、海を渡ったアメリカで共和党系の思想に
なったからだ。このねじれを理解しなければいけない。
日本やアメリカの現代リベラル達は、本当は、今でも隠れ(あるいは無自覚な)社会主義者(ソーシャリストSocialists)たちである。
だから、「本物の本来の自由思想を貫く生き方をしたい」と言う人々は、アメリカでは、仕方なく、自分達の事を
リバータリアン(Libertarians)と呼ぶようになった。
アメリカでは、民主党支持であるリベラル派は、その実態は福祉優先の弱者救済主義者である。
このことに気づいて、最近は自らを「現代リベラル派(モダン・リベラル)」と呼んで保守思想である
古典自由主義者(クラシカル・リベラルClassicalLiberals)と区別をつけるようになった。
本物の自由主義とは「この、私の私自身の自由を、他の何よりも大切にする思想」の事だ。
だから、根本的に、個人主義者なのであって、共同体優先主義(社会主義)ではない。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 23:04:51 ID:LtRGUGDN
18世紀のイギリスの本物の古典的自由主義者たちは・「国王や教会が、私たちの生活に余計な干渉をしないでくれ」という
思想態度から興ったものである。だから本物のリベラルというのは、本当は、徹底的に新興企業経営者層(ジェントルマン)
たちの思想なのである。これが、イギリスのウィッグ党・ホイッグ党(Whig 自由党)の支持勢力を作った。
そして、トーリー党(Tory 保守党)である、 貴族たちの勢力と争ったのだ。
一般庶民(貧乏大衆)の政党などまだまだ現れない。このウィッグ(イギリス自由党)の思想が海を渡ってアメリカに到着
した時に、これがアメリカの保守勢力であるアメリカ共和党になってゆくのだ。
だから「もともとのイギリスの自由主義者が、現在ではアメリカの保守主義者」と言う事である。
いつの間にかねじくれて意味が逆転してしまった。即ち、本来の「リベラル」という言葉が、民衆統合主義者や、
左翼・社会主義者たちによって奪い取られてしまったと言う事である。
この世界の政治思想上の言語使用上の重大な逆転現象に、私たちはそろそろ気づかなければならない。
この事が分らないものだから、日本では政治学者たちですら、現代リベラル派と、本来の古典派自由主義者の
区別がつかないのだ。

引用は副島隆彦「ハリウッドで政治思想を読む」P183〜184


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 23:08:06 ID:LtRGUGDN
リバータリアニズムを簡単に言うと、反過剰福祉・反官僚制・反税金・反国家・反統制経済・反ヒューマニズム・
(反グローバリズム?)を、唱える超個人主義的自由主義者、自由放任資本主義者の事です。
古典的自由主義者の継承者、本物の自由主義だと思います。日本のリベラル派と言うのはアメリカでは、
モダン・リベラルと言われる部類らしく、社会主義的な共同体主義の似非リベラルらしいです。

元となる思想は、ロシアで起きた共産主義革命を嫌ってアメリカに来たアイン・ランドと言ロシア系ユダヤ人が書いた
『水源』や『肩をすくめるアトラス』やその他によってだんだんと作られていきました。
ハイエクやフリードマンやロバート・ノージックも元を作ったと言われています。
ランドが作った客観主義と呼ばれる超自由原理主義思想がとても大事です。

リバータリアンは一枚岩ではなく、人定法派と自然権派・右派リバータリアンと左派リバータリアンに分かれていますが
基本的には、反ナショナリズムで反国家宗教的で中絶賛成で反道徳心なので右とも左とも言えません。

http://www.snsi-j.jp/boards/bbs.cgi?room=libertar リバータリアニズム掲示板
http://www.soejimatakahiko.net/nlm/ リバータリアニズム研究のサイトです。
http://kyuuri.blogtribe.org/ Libertarianism @ Japan
http://www.aynrand2001japan.com/index1.html(藤森かよこの日本アイン・ランド研究会)


310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 23:56:01 ID:qZvntuxC
【終末計画】2010年から第三次世界大戦か【2012】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148736788/

第3次世界大戦―最強アメリカvs不死鳥ロシア
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4880861812/ref=pd_sim_b_5/250-3230029-0811444?ie=UTF8
発火点はユダヤとイスラムの全面戦争!キリスト教とニヒリズム無神論の激突は、未曽有の地獄絵図を現出し、そして地球人類は、ルシファー崇拝のニューワールドオーダーへと導かれる。
ハルマゲドン(世界最終戦争)としての第3次世界大戦は「300人委員会」の既定路線であり、その危機は切迫している! 「最強を自負する帝国アメリカ」対「堕ちた旧帝国ロシア」の最終決戦、恐怖のタイムテーブルを警告。

アルバート・パイク 南部連邦の将軍 「KKK」の創始者
http://www.idaten.to/room/00004.html
パイクが1871年に、イタリアの革命指導者、ジュゼッペ・マッチーニに送った書簡(手紙)には「世界を統一するために、今後3つの世界大戦と3つの大革命が必要だ」と書かれていた
「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」

「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20051109
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hap/_floorB1F_ap.html

文鮮明は、次のような言葉を口にしている。
「2012年までには神の摂理のすべてを完成させなければなりません。イエス様が2000年前に受け入れられずに失敗したすべてを蕩減(とうげん)しなければならない。
キリスト教徒はユダヤ人と共にそれを成し遂げなければならない。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 00:12:42 ID:ixqxzIMf
>>305
お、報道されない、本すらない。タブーか。
これはなかなか面白そうだな。

312 :YOSHIHIRO:2006/09/05(火) 00:41:49 ID:Lu6GXCEn ?S★(108222)
>>310
ま た か 。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 04:03:26 ID:I9ldOl4s
「米・中・韓・北・露」の5ヶ国を使って日本を集団リンチさせてるのもフリーメーソンの仕業。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 10:17:24 ID:vcqgHMbc
ここはなんでもユダヤ陰謀説が好きな方々ですね
幕末の志士はたしかにユダヤとプロテスタントの概念を導入している
日本の近代化=彼らの思想を取り入れること なんだから明治維新以降の
日本は富国強兵、脱亜入欧とその路線を走りまくる

だからといって幕末の志士たちや明治の元勲は売国奴なのか?

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 10:41:21 ID:NWCCZ1hu
先日、孫がビデオを見ているととんでもない言葉に耳を疑いました
 「オッス オラ 極右」主人公は異星人との紛争を暴力によって解決しようとするものでとても、
子どもには見せられる内容ではありませんまた主人公がピンチになると金髪で青い目に変身します。
(元々の主人公は黒髪で黒い目をしています)時代遅れの脱亜入欧的表現に笑ってしまいましたが、
こういう所から同じアジアの同胞への差別が始まるのかと思うと薄ら寒い気がします。
 そして、最後の必殺技は、全ての人々から元気を少しかけてもらい巨大なエネルギーにするというものなのですが、その表現が更に恐ろしい全ての人々が両手を天に上げる、そう万歳なのです。
 万歳をした人から力を奪い取り、敵を撃つという図式は戦中の構図そのものでその衝撃にへたりこんでしまいました。
 このような番組を見て育つ子どもの将来が非常に心配です。
 この国はいったい何処に進んでいくのでしょうか。

http://www.linkclub.or.jp/~sazan-tu/readers/0501/r0501_p.html

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 11:32:53 ID:4JjK1+UG
レッテル張り者はいるけど
陰謀論者なんていないよ
真実追求者がいるだけだよ

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 12:49:16 ID:Cu31HFXL
>>314
> だからといって幕末の志士たちや明治の元勲は売国奴なのか?

結構そうだったな。
本人達に自覚があったかどうかはともかくとして。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 13:13:24 ID:4N8+vNAd
>>316 truth activistsが真実追及者ということね。


319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 13:30:43 ID:vcqgHMbc
>>317
自分のことを棚にあげて先祖を売国奴とは
我々は今その売国奴の敷いた路線をひた走っているわけだが
すると我々も売国奴か?

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 13:35:19 ID:Cu31HFXL
>>319
残念だが棚に上げてはいない。
してたのは事実だ。

それに俺は薩長には先祖などおらん。
明治のドサクサでなりあがった人間もな。

ま、どこの国にも犯罪者はいるから、当然といえば当然の話。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 13:38:53 ID:vcqgHMbc
>>320
その恩恵を受けているだろ
今だって高度な経済社会ってのは基本的にヤツらの思想だろうに
人事のように語っては片手落ちだよ


322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 14:58:00 ID:pgmah1WN
ん?
先祖に泥棒がいたら泥棒を非難できませんか?
先祖に人殺しがいたら人殺しを非難できませんか?
先祖に売国奴がいたら・・・
売国奴ってみんな良かれと思ってやって利用されてんですよ。
右でも左でも、幕軍でも勝手に作った錦旗を掲げた官軍でも同じ。

明治維新頃のユダヤ商人は薩長にも幕府にも武器を売りました。
武器商人の売り込む商材は限定されていて、
高い値段を付けたほうが買えたわけです。
最後の最後の詰めの段階で、
より多くの利権を約束した薩長にだけ大砲を売ったんでしたっけ?
だから明治政府は維新後に居留地等を設けて外患誘致した。

明治維新には坂本竜馬をはじめ何人かの不思議な暗殺がありますね。
大久保利通がなぜ暗殺されたと思うか麻生太郎にでも尋ねてみたいです。
本当のところが語られることはないでしょうけど。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 15:27:35 ID:u9MivJU1
まあ、現在の日本が完全にユダヤに屈し、言いなりになって、国民は日本人古来の価値観、精神性、美徳等は
崩壊させられ犬畜生のような頭の悪い、弱い家畜に成り下がったルーツが、遡って見れば幕末の志士たちの
活躍があってこそということには変わり無いように思いますが。坂本龍馬もメーソンらしいですが、暗殺されたのは
なにか掟でも破ったんでしょうか、用無しになったからでしょうか知りませんが、幕末以降のキーポイントには必ず
メーソンの存在は外せないという点も匂いますね。とにかく日本民族が今現在一番ユダヤに協力している、いや
させられているという点には、幕末の志士たち本人が売国を、もしくは悪に加担していることを意図していたかどうか
定かではありませんが、多少の怒りというものも感情としてはありますよね。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 16:02:29 ID:wAl13o+/
>>321
「恩恵」は何時だってうけるのだよ、君w
でも、それの良し悪しは常にある。
ソ連にもナチスにも恩恵はあっただろうが、それを批判するなと誰もいわんw
別に高度な経済社会を作ってくれと頼んだわけではないので、
それは通用しないね。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 16:44:42 ID:70QSKRNH
加治将一 氏の『あやつられた龍馬』を一昨日に読み終わりました。
感想としては、龍馬がとても可哀相な感じがしましたが、
同時に真の愛国者とか国粋主義者とかの定義は
いったいどこにあるのか?とも考えさせられました。

本当に日本の為になることだとの信念を堅持した行動を貫きながら
その礎となって死を迎えるならば、喩え死して名を残さずとも
崇高な人生であったと言えるのではないかと想います。

傀儡と揶揄されようが明治維新のために貢献した志士らは輝いていたと想います。
太平洋戦争の敗北と復興、アメリカ独立戦争、フランス革命も然り。


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 17:16:31 ID:vcqgHMbc
恩恵を受けながらその体制や思想を批判するなんて甘っちょろいことはどうなんだね?
いまだにヤツらの思想を受け入れず昔と同じような生活をしている民族だってあるだろうが
そういうヤツが批判するならともかく
我々は130年間彼らの価値観にどっぷり浸かっててさらにその中でも優等生の部類の人間だぞ?
善か悪かは知らん、その時々の価値観があるだろうが
明治維新辺りの話になると多分君らと意見は違わないと思うがなぜ現代の自分のことになると
こうも意見が違うんだろね?
今のこの体制や思想がおかしいと思うならばこういう体制にないところに行く自由だってあるだろうに

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 17:22:03 ID:LMTU1gju

ユダヤ人大虐殺は捏造!!!!!!

ソースhttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_03.html


328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 18:35:38 ID:nkVN03Sx
恩恵を受けながらその体制や思想を批判できない
連中の価値観にどっぷり浸かってたら批判できない
家畜はつらいね

今のこの体制や思想がおかしいと思っても
そういう体制にないところに行かないと批判してはいけないらしい
奴隷はつらいね


329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 19:21:31 ID:PlvL+e4q
60年遡っても日本が戦地になっていないだけでも有り難く感じようよ。
確かにその間に日本は余所の戦争による特需や中継基地になったりして
経済的に甘い汁を吸った事実も認めるけど、トータルではこの平和を有り難く感じるよ。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 19:39:44 ID:Tul8nxaZ
>>326
体制なんてのはな、勝ってしまえば変わるものでしかないの。
良否とはまた別に。
その程度が、今の恩恵だ。
どう思おうがそれが事実よ。

中国共産党も、北の将軍も君と同じことを言うさw

君がやりたいようにやるのは勝手だが、他の人もまた同じなんだよ。
いったい何を言っているんだねw?
子供じゃあるまいし。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 19:42:28 ID:nkVN03Sx
恩恵を受けながらその体制や思想を批判できない
連中の価値観にどっぷり浸かってたら批判できない
家畜はつらいね

今のこの体制や思想がおかしいと思っても
そういう体制にないところに行かないと批判してはいけないらしい
奴隷はつらいね


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 19:49:27 ID:wAl13o+/
それにフリーメーソン?等にある意味代表される西欧の精神が問題になっているのは、
別に日本だけの問題ではない。
世界各地で破綻を示しているから問題になっているのが実態。
日本は確かに状況はいいさ。
比較問題でいえば、日本ほど住みやすいところは少なかろう。
ただ、その住みやすさは、西欧の精神により抵抗できたから維持できているというのが事実でもある。
アフリカや中南米、その他の後進国にとっては、
西欧の精神は腐敗と抑圧の象徴だよ。
資本主義であれ、民主主義であれ、共産主義であれ、自由主義であれ。
そしてキリスト教自体もそうだ。
ヨーロッパだけでやってるなら、知った事ではない。
もっとも、血で血を洗う事になるのも間違いないので、結局外に目を向けるけどな、連中はw

西欧の精神が問題になっているのはな、根本的には日本がどうだからではない。
もはや、地球の都合にあわないんだよ。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 19:59:05 ID:rWB+Wlz4
ある種のファクターがなぜ突っ込まれるか?
文字によって、帝国は生まれたという。
電信の発達によって、株式市場というのが成立する様にもなった。
新聞によって、民主主義という形が成立する事になった。
Civilizationというゲームがあるが、あれは確かによく出来てる。
何がよく出来てるかといえば、その考え方が、だ。
重要なのは、国と国との政治的、軍事的、商業的闘争や、経済競争などではない。
そのビジョン、概念がより大きな問題だ。
ある種の要素が、動きや結果をもたらす。単なる闘争よりも。
こういう事を、ある種の目的に従い、いずこから吹き込まれた連中がいる。
それが様々な、特に政治思想などを生み出したというのはある。
で、そろそろ新しいファクターが世に出るだろう。
いつもの発信者達以外から。
しょうがない理由によって、だ。滅亡させたくないからな。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 20:12:22 ID:CV4vakxa
>>>333
ばーか。

目に見える、文字や電信が使えるようになったことと、
それを、自分自身がきちんと身に付けることは違う次元の話。

おまえは、自分の真顔(ほんとうの顔)はどうなってるのか
自分でわかってるのか?


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 21:23:36 ID:GF+cEtNG
ビジョン、概念を支配できれば、世界を支配できることを証明したのがメーソンだね。
金なんかでは世界は動かせない。物理的な陰謀は、自らの目指すビジョンを補強する目的でのみ
大きな効果を発揮する。ビジョン、概念を核とした有機的な戦略がなければ、陰謀の効果はカオスの海に
飲み込まれるだけ。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 22:18:47 ID:nkVN03Sx
ビジョン、概念の支配 = 洗脳 ってことでOK?

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 22:31:30 ID:d0z/vKhw
http://www.hh.iij4u.or.jp/~iwakami/fmei.htm
なんだよただの社交クラブじゃん失望した

338 :地球人口調整委員会:2006/09/05(火) 22:51:44 ID:fkA+EXFm
>>315 確かにオープニングで、666って大きく出てたな。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 23:07:13 ID:saGUaXn5
Malice Mizer
Illuminati
Wow wow
服を脱ぎ横たわる姿に祈りを捧げて
もし一度手にしてしまえば逃れることは出来ない
ダビデの星のもとで全てと交わる
解き放たれたその躰から流れる血も傷みも快楽へと変わる
救われぬ躰で踊る仕草はセミラミスのように美しく
身を委ねもがき狂い舞う躰を
ホーリーグレイルで頂へと昇り詰めればいい
(セリフ)
"CALL BACK"
I'm sunk in the abysmal swamp
"BORN AGAIN"
Where there is no foothold
"GROVE"
I have reached the watery depths
"WHAT SHOULD YOU DO?"
Distorted face…
Wow wo wow
モーリヤに身を落とし揺れて 揺れて夢の中で踊る

夢の狭間でボアズを口にくわえ揺れる胸も躰も永遠に操られて
救われぬ躰で踊る仕草はセミラミスのように美しく
身を委ねもがき狂い舞う躰を
ホーリーグレイルで頂へと昇り詰めればいい
(Magical or Meriment. Comunion with Nimrod.)
(Magical or Meriment. Comunion with Nimrod.)
(Magical or Meriment. Comunion with Nimrod.)

http://www.youtube.com/watch?v=OpZDtdqIu7I

340 ::2006/09/06(水) 00:03:27 ID:MLGe1YO4
モロク神 調べると存在しないと仮説を唱える人がいた。じゃあ 何故モロクなのか? 日本語は暗号に使われていると私は考える ニッポンって聖書て意味があるらしいから その国の言葉は聖なる言葉だから

341 ::2006/09/06(水) 00:04:16 ID:HjdnblG/
ハリウッドでもよく使う ダイハード シリアナ とか で・その流れでモロク神=MOON 6=月黒=黒い月 黒月に何か意味があるかも

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 00:08:30 ID:TpqtQOZn
フリーメーソン=キューブリックのアイズワットシャウト=乱交 

キューブリックは何故、突然死したのだろうか?

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 00:32:40 ID:X3GR3Bmr
>>334
残念ながら俺はわかっているといえる。
それに、そもそも君は俺が書いた意味がわかってないな。

身につけるもつけないもないという話だったんだがw

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 00:38:56 ID:UbL2Z8AJ
>>342
モーツアルトか?w

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 01:22:58 ID:PjHjK+KA
マッカーサーが連れてきたニューディーラーの正体

日本の戦後は、アメリカの政界の最も悪質な部分である「ニューディーラー」にたちによってつくられた。
彼らニューディーラーたちは、1930年代のアメリカのリベラル勢力である。彼らの代表がフランクリン・ルーズベルト大統領であった。
この一部が敗戦直後にマッカーサー元師の取り巻きとして日本にも上陸した。
この者たちによって私たち日本人は、敗戦直後から現在までずっと管理・教育されてきた。この事を英文で書くと次のようになる。
The‘New Dealers'(i.e the prototypical globalists)brought int japan with their ideeas that brainwashed the japanese people
during the Occupation years.As a result,japan has led a sheltered existence for the past half-century from the rest of
the world in terms of prevailing political thoughts,thus creating a one- domineted ruling class. This ruling class then
intentionally isolated the country from the outside, in order to maintain control over the japanese people.
上の英文の訳
ニューディーラー(すなわち、グローバリストの初期の形態)が、占領時代に日本に彼らの思想を植えつけた。
その後、それらの意図的な思想が、日本国民の思考の中に根づいた。だから日本は、この半世紀の間ずっと、
世界中で通用している本物の政治思想や考え方から壁を作られて遮られてきた。
そして国内に専制的なひとつの支配階級をつくった。この支配層は日本国内の支配を維持するために、
日本を外側世界と意思が通じない状態に置く原因をつくった。
この英文を、自分の友人や知人のアメリカ人やイギリス人その他の英語圏国民に見せてみとよい。
政治問題に関心のある少し知的な英米人であれば、必ずそれなりの興味深い反応を示すだろう。
もし、本当に頭の良い賢明なアメリカ人であったら、「どうして、お前は、このことを知っているのだ?」
と驚かれたあとに、さらに多くの恐るべき真実をあれこれ語ってくれるだろう。
引用は副島隆彦「日本の危機の本質」P33〜34


346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 01:30:25 ID:ZTzXGsEY ?S★(108222)
っていうか、おまえらの陰謀は全てお見通し。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 01:30:56 ID:ZTzXGsEY ?S★(108222)
ソースならテレビとかでもあるよ。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 03:26:31 ID:e4StH347
ただの社交クラブなのに、なんでこんなに騒がれているんですか?

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 04:27:20 ID:ZTzXGsEY ?S★(108222)
>>348
ただの社交クラブじゃないからだっ!

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 07:55:44 ID:7ajPtq9B
    〃〃∩  _, ,_      
     ⊂⌒( `Д´)   >>250 あまてらす様にあえなくちゃヤダヤダ!  
       `ヽ_つ ⊂ノ         
              ジタバタ
         _, ,_
     〃〃(`Д´ ∩ 
        ⊂   (    あまてらす様が救ってくれないのはヤダヤダァ!
          ヽ∩ つ  ジタバタ

    〃〃∩  _, ,_
     ⊂⌒( つД´)   そのくせ無駄レスばかりで、核心に答えてくれる人がいない
       `ヽ_ ノ ⊂ノ    明らかに釣りなレスしてる奴もいてヤダヤダァア!!
              ジタバタ
       ∩
     ⊂⌒(  _, ,_)    あまてらす様に救ってほすぃ…
       `ヽ_つ ⊂ノ
              ヒック...ヒック..


351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 14:16:35 ID:tMOS1IDQ
>>348は究極のゴイム

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 17:31:09 ID:YrPbTpuv

テレ朝:

「外国の方と結婚するようなことがあれば 皇室に親近感が沸きますねぇ」


これがユダヤの目的だったんだろうね。

愛子殿下と欧州の王族(もちろん隠れユダヤ)を結婚させて乗っ取ろうとしていた。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 17:45:51 ID:Kww8vIEq
女性天皇の方が親近感わくと思うのだけどね。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 18:57:37 ID:ehoa1fVA
>>352
ユダヤの目的じゃなく「左翼の目論見」じゃないの

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 19:13:20 ID:QPsaPZco
そのサヨクの目論見がサヨクが知ってか知らずかユダヤの目論見にのっかってるだけなんだがな。
ま、サヨクは馬鹿だから自分たちがのせられてることが見えずに
ただ、女性・女系天皇=進歩的=開かれた日本....みたいなイメージで信じ込んじゃってんじゃないか?



356 ::2006/09/06(水) 19:14:11 ID:PPa5dAlD
現代の日本皇室の血統は、正常にガド族の血筋を受け継いでいるのか?
 が大きな問題だな。 エロイ人へるぷ。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 19:23:29 ID:QPsaPZco
サヨクには親中国・親北朝鮮=親マイノリティ(媚在日・媚B落)反米サヨクと
親欧米リベラル(=共和主義的・個人主義的・脱民族〔脱国家〕主義的・国際主義的)なサヨクとがいる。
このどちらのサヨクにとっても天皇が女性+女系になれば、日本が解体される方向に進むのでそれを望んでいる。
さらに、その日本解体を遠巻きで待ち望んでいるのが、ユダヤ。
世界の民族主義意識(民族共同体意識)を解体させ、ユダヤのみがその民族意識を保ち、他民族を奴隷化させるための遠大な策略。
20世紀におけるマルクス主義の流布もその戦略の一環。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 19:57:35 ID:p7Dii2D3
親マイノリティっていうのがユダヤの陰謀の本質だと思うよ。
彼らの歴史的な境遇を考えるとね。
マイノリティが迫害されない世界を作るために、世界全体を改造しようっていう
壮大な計画。

そのために、民族主義と保守的なキリスト教が攻撃対象になったわけで。
リベラルも共産主義も攻撃対象はそこだし。彼らの攻撃対象にはもちろん天皇も含まれる。
コスモポリタンな世界を目指す彼らにとって、天皇は邪魔でしかない。
今回のご出産は勇気ある行動だけど、彼らはどんな風にして反撃してくるか。
日本人としては、神風を信じる心境もわかるよ。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 20:15:50 ID:Kww8vIEq
はい。天皇は・・・仲間ですね。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 20:32:12 ID:vGlIllMs
そもそも、もともとのユダヤ人と改宗ユダヤ人を分けて考えないと。
イスラエル問題はイスラエルと何ら関係のない改宗ユダヤ人が
干渉している。そのことに対して、反対しているユダヤ人もいる。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 20:54:33 ID:QPsaPZco
ハザールのことはたいしたことじゃない。
それより、ユダ中枢部の金融資本を抑えてる連中と下層ユダヤは分離して考えるってのならまだわかるけど。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 20:58:22 ID:vGlIllMs
ユダ中枢部の金融資本を抑えてる連中
イコール 改宗ユダヤ人、アシュケナージュでしょ。

363 :358:2006/09/06(水) 21:46:11 ID:p7Dii2D3
一応書いておくと、ユダヤの目指すコスモポリタンな世界は理想の世界じゃないから。
民族主義(共同体主義ね。これ以外の共同体はまともに機能しない)と信仰心(自我肥大を抑えるために絶対必要)
のない社会は、唯一の規範が理性になり、個人個人の分子に還元されてしまって、
合理主義の陰に陰謀の渦巻く救いようのない冷酷な社会になるから(悪魔主義ね)。

国際派ユダヤ人はおそらく、それが当たり前だと思ってるかもな。迫害を受けたマイノリティが悪魔主義化するのは
一般的な現象だし。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 22:18:09 ID:mRH+KyoJ
超人類は、貴方方と同じモンゴロイドとしての遺伝的特徴が多く、その中でも日本人は超人類に最も近い遺伝的特徴を持っています。
そしてモンゴロイド以外では大分アラブ化していますが、スファラディーユダヤ人(祖先より中東近辺に住むユダヤ人)が一番近い特徴を残しています。
しかし現代のイスラエルの大半のユダヤ人支配者は、ユダヤ教に改宗しただけのスラブ系白人(アシュケナジーユダヤ人)で実際のユダヤ人ではありません。
アメリカ政府は、そのスラブ系白人を利用しています。
スラブ系ユダヤ人資本を利用するアメリカ政府は我々にとっての脅威です。
そして、我々もアメリカ政府にとって脅威でしょう。
人類の先祖で平等な平和的思想を持ち、そしてモンゴロイドに近い超人類の存在はアングロサクソンを継承するアメリカ政府には許せないようです。
そしてユダヤ人の真実のルーツも、スラブ系ユダヤ人には厄介なのでしょう。
アメリカ政府は今後も、世界の火種を作り上げ自国の利益を生んで行きます。
この事実が分かってからでは手遅れなのです。


365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 23:27:41 ID:qMprvQLQ
超人類(?)はスラブ系人が多かったのは知ってる。
チェコが1位だそうだ。2位がフィンランド。3位がスラブ。

でもさ、順位が上の人たちはもう”あっち”へいってるそうだ。
日本人も、もう少ない。

アメリカの末路ははっきりしてるんだから、脅威でもないだろう。
もう駄目な、”こっち”の話ですかね?

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 23:31:59 ID:JVyOb+3o
フリーメーソンはうたぐり深いあなたたちを欺く為にしくんだものですよ。

367 :虚構とエゴと殺戮の名のもとに・・・:2006/09/06(水) 23:37:05 ID:Cgbnc113
エイズを世界中でばら撒いているような、犯罪集団、それがフリー○ーソンの姿・・・。
犯罪者と仲良くする気は、もうとうありません!

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 23:41:03 ID:QPsaPZco
>>362
ロスチャイルド系はスフラディ系だとの説が多いが.....

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 00:02:10 ID:Jy3HiF1U
だから、一緒だっつーのにw
どっちも同じなんだよ。

黒いレトリバーと茶色のレトリバーほども変わらんw

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 01:13:51 ID:yj3bE5t9
>>369
それは違うな。
セファラディー系のユダヤ原理主義はマジでガチ。
自分たちが選ばれた民だと本気で思いこんでいる。
世界を支配するのも当然だと思っている。
支配力を強化するためなら世界の破壊も行うだろう。
ロスもロックもセファラディー系だと言われている。
そのことの重要性をもう少し考えるべきだろう。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 01:15:09 ID:yj3bE5t9
俺は国際金融資本とはロスやロックなどのセファラディー系ユダヤを頂点とした勢力だと思っているのだが。


372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 01:17:32 ID:yj3bE5t9
セファラディー系の金融資本家にとっては偽ユダヤが大半のイスラエルなんざ捨て駒としか考えていなさそうだ。
自分たちの勢力を拡大させるための持ち駒。
第三次世界大戦を起こして世界を統一するつもりかもしれない。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 01:58:49 ID:XZhUDHF5
>>370 371 372
なかなかいい線ついてるんじゃない?
ユダヤ問題を話すと必ずアシュケナジー(伝・ニセユダヤ人)悪玉論がでてきて
焦点がボケる。また、イスラエル問題を話すと必ず二枚舌(三枚舌)外交のイギリス悪玉論が出てきて焦点がぼける。

372
のいわんとするのは、アシュケナジーも兵隊みたいなもんだってことだろ。
もちろん、モロッコやアラブ出身の貧乏スフラディも兵隊=駒なわけだが.....

要するに本質は、資本主義を牛耳るユダヤ中枢部ってことでしょ? 

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 02:06:02 ID:mYtU84x1
ソフィア先生萌え

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 02:08:27 ID:+NN+wMk9
>>371
大体はそれでOKなのだが、デービット・アイク著の「爬虫類型宇宙人」に依れば、
彼等の多くは「爬虫類型宇宙人」と地球人との混血の子孫であるということだ。
更には、その血統の純度の高い者はイルミナティの儀式の最中に爬虫類人の姿に
シェイプシフトするというから驚きだ。
私もこの内容の全てを完全に信用している訳ではないが、もっと低いレベルでの
稀有な現象については一般の人よりは理解しているつもりなので、その可能性を
100%否定する事は出来ないと考えている。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 02:12:27 ID:XZhUDHF5
>>375
釣れますか?w

つかマジでいってんなら、連中の回しもんか?
的そらし、または トンデモ化作戦か?
もう、その手は古いよw


377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 02:59:06 ID:yj3bE5t9
>>373
国際金融資本の支配者を考えるときの基本は、
ユダヤ原理主義、セファラディーユダヤ、隠れユダヤ人
だろうな。
その周りに利権で結びついた村上や宮内や福井のような連中がいるw。
カルト宗教もねw。


378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 07:45:34 ID:Vg7cByjh
あっち、ってどこ・・?

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 07:54:14 ID:9Q4b0VzH
アメリカは手を汚し過ぎた。利用価値はもうない。
つぎのアングロヤダヤ帝国はオーストラリアに作る。
これからアメリカは中国化が進むだけだ。10年以内に人口爆発も起きて
途上国になる。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 09:39:46 ID:yj+QifCq
おまいら詳しそうだからちょっと教えてくれ
白人国家以外を布教とか植民地と称して歴史や言語や文化を否定破壊し
現在の先進国といわれる資本主義、自由主義、民主主義を押し付けて市場経済主義ともいえる世界を作ってきてるわけだが
これはプロテスタントの連中が主導権を握ってそれにユダヤ資本が乗っかって儲けてきたと思ってたんだが
これらの思想なんかもユダヤのモノなんか?

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 09:48:00 ID:RnsUR3oH
>>379
光の人が豪に増えているって本当なの?

382 :379:2006/09/07(木) 09:57:42 ID:m2Y5N+8X
そんなこと知らん。多分ここに棲息してるであろう田中宇あたりに
教えてもらうよろし。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 10:55:52 ID:ECzZuiLu
  「この意味はほとんど日本では知られていないようである。
  それはイディッシュ語である。イデッシュ語とは中東欧のユダヤ
  人が使っている言葉で、現在はニューヨークのユダヤ人の間で多
  少使はれている程度であるが、第二次大戦前までは中東欧で非常
  によく使われている言葉で、ヘブライ語、ロシア語、ドイツ語の
  混血語といえよう。
  さて Enola Gay の意味であるが、『天皇を屠れ』がそれである。」

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 10:57:57 ID:ECzZuiLu
筆者の久保田政男氏は、昭和七年(一九三二年)生まれ、とあるが、没年が分らない。
筆者はかなり以前、久保田政男氏が反ユダヤ反フリーメーソン的著作を日本で出版し始めたので、
暗殺された、と言う話を聞いた記憶があるが、これは確認出来ない。
敗戦前、反ユダヤ反フリーメーソンの有力な研究者の一人に、久保田栄吉(一八八七年生まれ)、と言う人物が居た。
久保田政男氏は、この久保田栄吉氏の子息である、と聞いたが、これも確認は得られて居ない。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 10:58:01 ID:uplY21le
なぜ、第三子の皇子は200696に生まれたのか? と思う。
陰謀論のエロい人、教えて。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 11:24:00 ID:ECzZuiLu
パキスタンは表面上、Illuminati傀儡国家です。
言い換えれば、核兵器はIlluminati経営の州だけに許容されています。

387 :381:2006/09/07(木) 12:38:27 ID:ZQOcWHmK
>>382
忝い


388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 12:55:31 ID:BAnfcPvn
>>386
おまえ、夢で「いる・みなてぃー」って出た来たのを確認しているだろ。

389 ::2006/09/07(木) 19:21:17 ID:bZUsSfoC
最初から妊娠していないかもしれない。 女帝天皇を誕生させない為に日本のエージェントが仕組んだかも 入院した現場には予め選ばれた赤ちゃんが用意されていて決められた日にち時間で発表されたのかもしれません 私の考えでは十歳ぐらいに天◯に即位するのでは、

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 19:39:02 ID:Vg7cByjh
うーん。でも皇室の顔は特徴があるから代わりを用意するのって難しそうだけど。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 20:32:26 ID:zqyUBqAS
>>389
> 最初から妊娠していないかもしれない。
それならそれで
宮内庁に潜り込んでいる油田屋のエージェントがリークするだろう

何であれ女系天皇を認める皇室典範改正なぞ考える前に
桜井良子女史が主張しているとおり
GHQの命令で皇籍離脱を強要された方々を復帰させることだ
GHQの皇籍離脱命令は油田屋が仕組んだ皇室解体プログラムである

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 21:02:17 ID:BKr8tyV4
>>391
正解。
ほかの皇室関連スレでも、さすがに女系はやばいってのが強くなってきたが、
テレ朝やtbs、朝日シンムン、東京・中日新聞などの気違い反日シンムンは、男女平等で女系もみとめよ、みたいな、いまだユダヤ煽動マルクス主義のジェンダーフリーな勢いで、女系天皇推進してますぞ。
女系天皇と女性天皇をわざと混同するように報道してるし。
ほんとマズゴミ内の工作員は気違いだ。
つか、そういうマズゴミ社員を生み出す大学の教授自体がオワッテルからどうしたもんか.......

けど、女系反対な連中もこのメーソンがらみな陰謀まではなかなか感ずいてないみたいだな。
ほんとうにこの問題は日本人が生き残るか滅ぶかの瀬戸際的問題なのに。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 21:13:12 ID:o0qsVeXg
めだかの学校、おめでとう。
ここだけの話、誰だと思う?

教えない。

GHQの雑草を早く駆除してくれ。


394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 22:14:47 ID:BKr8tyV4
つか、女系天皇 っていう存在自体がありえないんだけどね。
天皇陛下は男系しかありえないわけだから。

>>393
なんでここのスレにはオカルトな言い回しな意味不明な連中が多いのか?
そういう女々しいもったいぶった言い方はやめろ。
そういうのが余計にメーソンチックでむかつく。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 22:57:59 ID:Vs44SMRv
>>380
ユダヤ教からキリスト教は生まれた。
反目しようと、基本思想はそう変わらんのだろう。

キリスト教社会の内部をユダヤ資本が握るという構図は、古い。
政治は経済についてゆくという基本を考えると、
ユダヤ資本が実質的に主導していたんだろうね。

明治維新はロスチャイルド系の武器商人がキーを握り、
日銀にもロスチャイルド資本が入っていると言われている。

396 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/09/07(木) 23:10:31 ID:xAJe78HW
まー大した事件もないのでおれは寝るよ おやすみぽ

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 23:12:28 ID:67GORM/8
"今"があるのはこういう影で世界を支えてた人間・組織がいたからこそだと思うのだが
確かに良い意味でも悪い意味でも人類を翻弄してきた。
なぜこんな残酷な歴史が築かれたと考えると
人間は脆弱な生き物だということを彼らは理解してるからこそでは。
イルミナティがいなければ今頃人類は延々に殺し合いを続けてるんじゃないかな
挙句の果て絶滅しててもおかしくないかも。
だからみんなが考えてるように単に人間を支配の道具とはみていないはずだよ
人間がヒトとして成長進化していくためには残酷な過去から学び、そして真の歴史を築いていく
全てにプロセスは存在するんだよ


398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 23:21:43 ID:Uev+GOft
つか今まさに世界を滅ぼそうとしているイルミナティを生かしておいてたまるか


399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 23:35:46 ID:9RJkGopE
アメリカでのユダヤ人・黒人・黄色人差別はたまに聞くだろうが、白人同士の差別と言うは日本には
ほとんど入ってこないので説明する。ユダヤ人・黒人・黄色人差別と言う分かりやすい差別構造があるので見えない
だけで、日本人には理解できない差別があるらしい。もちろん全く差別など受けない人もいるだろうが。
アングロサクソンが一番だが、ドイツ系やオランダや北欧系も同じプロテスタントだから上層白人にまとめられる。
イタリア、ポーランド・アイリッシュ、スペインや南米系は主にカトリックなので主流派のプロテスタントからは
下層白人として扱われる。
でもカトリックでもフランス系だけは別格らしい。WASPもフランス系の上流には頭が上がらず劣等感がある。
ユダヤ系も上のほうらしいが複雑なので分からない。
フランスがアメリカで別格扱いなのはイギリスが昔にノルマン系の種族に征服されたかららしい。
イギリスの貴族や王族はフランス系が一番立派に思われていて、17〜18世紀?にオランダ系の王族に変わるまでずっと
フランス系の影響が強かったかららしい。エリザベス女王も元もたどれば系統上ではそこに行き着く。
だからアメリカもその流れでフランスには劣等感がある。 WASPの上流階級はフランスには強い劣等感をもつ
アメリカでの白人マフィアの民族はおもにアイルランド系、イタリア系、ユダヤ系の三つの系等に分かれている。
それと昔(17世紀〜18?)にイギリスの浮浪者対策や無職や軽犯罪者(少しの政治犯も)を次々に しょっ引いて、
ゴミみたいに植民地に捨ててたみたいです。そうしてできた国がオーストラリアです。上層はアングロサクソン系ですが、
大部分はイギリスの下層であるアイルランド系らしいです。
オーストラリアでは「俺の祖先は軽犯罪者じゃなくて、政治犯だからオーストラリアに 来たんだのだから頭がいいんだ」
なんてジョーク?もあるらしい。


400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 23:37:37 ID:9RJkGopE
「日本人にはイギリス人は同じように思われているが、そうではない。彼らは各々国が違うのだ。
グレート・ブリトン・アイルランドに住む人としは同じなのだが、 イングリッシュとスコティッシュとアイリッシュと、
あと一つウェールズ人を加えて、この四つの国民が激しくいがみ合ってる。」  副島隆彦「アメリカの秘密」P240より
スコティッシュ・アイリッシュ・ウェールズというのはケルト系で、日本でいえば自らの文字を持たないという意味で
アイヌ民族に相当する。イギリスは今でも階級社会だがそこには人種問題も絡む。いいも悪いもなく、それが現実なのだ。
そしてこの問題は当然アメリカにも直結している。


401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 23:47:50 ID:9RJkGopE
ユダヤ人を大きく分けるとこうなる。本当はもっと複雑だろうが基本的にはこの構図だと思う。

 アシュケナジー。イスラエル右派の体制派に多い、アメリカではネオコン系がそう。
ザイオニストが多く反リベラルで、そこまで反日ではない。(親日でもないが)
東欧やロシア系移民に多い。アメリカでのユダヤ系マフィアと言ったらだいたいがアシュケナジーの東欧系。
右派的帝国主義(保守思想立脚の軍事主義グローバリスト。
 セファラディー。イスラエルの反体制に多い。ヨーロッパの金融貴族や、アメリカではリベラル派に多い。
第二次大戦の恨みで反日が根深い。レイシスト。 中東系もいる。
左派的帝国主義(リベラル的(科学的、ソフトパワー的=洗脳グローバリスト
もちろんこれに宗教上の改革派、保守派、正統派なども混ざってくるんでこのとおりではないと思うが。
 アメリカでは先行移民で既に成功者の多かったドイツ系ユダヤ人は、ロシア系ユダヤ人の みすぼらしさとがさつさに、
かつての自分たちを見る思いがし、「カイク(kike)」と呼んで蔑んだ。
ドイツ系と違い、東欧系は語尾が「〜ky」「〜ki」で終わる名前が多かったからだ。

 日本の左翼がパレスチナ人に同情してるのは、アメリカやヨーロッパのセファラディー系のユダヤ人が流した
反イスラエル(体制派アシュケナジーを攻撃)報道によるため。
アメリカやヨーロッパがパレスチナ人の同情をひく記事を書くのはイスラエル国内のセファラディー系のためである。
アラブ人のためではない。パレスチナ人以上にイスラエルの記事のいい所書くから別にユダヤ人は嫌いにはならない。
日本の左翼は表面だけ書くからイスラエルには同情しないようになってるっぽいけど。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 05:52:26 ID:lXj96ZY8
ところで、アルバート・パイクの言ってた通りのことになってきてるよ。南北戦争の頃の人だけど。


 第三次世界大戦を生じさせるには、イルミナティ代理人が政治的シオニストとイスラム世界の指導者との対立を煽ることが必要とされる。
この戦争ではイスラム世界(イスラム教を含むアラブ世界)と(イスラエル国家を含む)政治的シオニズムがお互いに滅ぼしあう一方で、
この問題に関して他の国家も対立し合い、さらに分立させられて戦いを強いられ、肉体的、精神的、経済的に疲労困憊状態に陥るよう指揮されなければならない。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 06:05:35 ID:lO3RcvNK
>>402
たぶん、その頃、何かあった。
ひょっとして・・・宇宙人かもね。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 06:14:13 ID:uDNkhPR8
イスラ(エル) イスラ(ム) 『エルム街の悪夢』

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 09:43:55 ID:LLIniA0r
ナチスフリーザの横暴によってスーパーユダヤ人が目覚めてしまった
日本は早く人造人間を完成させろ

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 10:27:50 ID:wEN1PtKH
どうしてもこういうテーマて陰謀論臭く聞こえてしまうな


407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 10:51:14 ID:hWuTAEIo
陰謀の無い世界などないんだよ。
最悪の状態にならないとその事に気づかない人間て本当にお愚かだと思う。
大多数がそうであるだろうけど。
民主主義を推し進めるはずだわ。




408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 11:04:24 ID:Kz6tIgJt
陰謀という言葉が有り触れすぎて
実感湧かなくなっているようだしね
鼻で笑うような奴も大勢いるしさ

どちらにせよ、陰謀を企ててる組織を殲滅させることよりも
こちら側からNOを突きつけてやればいいんだよ

そのためには人間の意識の変革が必要なんだけども

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 11:48:26 ID:hWuTAEIo
その通り
しかし陰謀を企てる奴は色んな仕掛けを執拗に用意し
撹乱させる術を心得てる
人間を研究し尽くしてるよ
まともに戦うと自滅するのがオチ

しかし天皇はある意味で、最も邪魔な存在なんだろうな彼らにとって
日本への攻撃はこれからも続くだろうね
その事によっておかしい、と気づくものも出てくるだろうがね
>>391>>392同意



410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 11:53:04 ID:wEN1PtKH
まあ逆にいえばその陰謀を丸ごと受け入れて日本が成り立ってるわけだから
それはもう陰謀ではなく正統というのか
わけわからん状態になってるのは確かだが

日本らしさをまだ残したい日本人の象徴でもある天皇家を
ただの欧州風王室に貶めてしまいたい人達がたくさんいるが
どこかの本部からの指令などではなく本当にそれが正しいと思ってるからこそ
陰謀説なんかじゃなく恐ろしい世の中なんだなと感じるわけだよ

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 12:15:17 ID:s+JsvWts
「異邦人はユダヤ人に賃金を支払わなければならないが、ユダヤ人は異
 邦人に賃金を支払う必要はない」(Sanhedrin 57a)
「異邦人の財産は砂漠の砂の様である。初めにそれを得る者が誰でもそれを
 得る事が出来る」(Baba Bathra 54b)
「法廷においてユダヤ人が異邦人を騙す事は差し支えない」(Baba Kamma 113a)
「もしユダヤ人が星の礼拝者であるふりをする事によって、
彼等(偶像崇拝者)を騙す事が出来るなら、彼はそうする事を許される」
「もし異邦人がユダヤ人の物を略奪するなら、ユダヤ人はそれを
 取り返さなければならない。しかしもしユダヤ人が異邦人を殺し
 たなら、ユダヤ人は罪を問わない」(Sanhedrin 57a)



412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 12:17:48 ID:lO3RcvNK
>>409
第二次世界大戦後も君が代と国旗が変わらなかったので何か気がつかないのか?

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 12:23:49 ID:x/p/wTdx
陰謀を張り巡らすには民主主義は不可欠だろうよ。
「一般常識」で物事を判断しようとする大衆がいるから、
「理解したくないような展開」には勝手に説明つけてしまおうとするし、
マスコミがそれを後押ししてしまえば、表面そうなる。
個人の判断でストップさせたりするような奴も出てきにくい。

人間に与えられた課題みたいなもんだがな、これ自体がw
なんとかしてみろよ、自力で。
予想通り無理だったね、って感じになってきてるが。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 12:39:26 ID:Kz6tIgJt
常識は慣習から生まれるもんね
逆にそれは自分たちの世界でしか通用しない
しかしそれが全てまやかしだったとしても人間はそれを認めようとしない
いつまでたっても幻想の中をひたすら漂い続けるのさ・・・

だがいずれ気づく時がくるさ
その時が本当の地獄だ

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 12:56:17 ID:wEN1PtKH
まあ靖国もそうだったし最近だと天皇後継問題なんかを議論してるつもりのヤツらをみると思う
マスコミの用意したような男系とか女系とかにしか興味ないんだよね
なんで天皇制が必要なのか、近代天皇の役割とか天皇家の歴史とか
根本にたって物事を考えないから男系とか女系だけで永遠分かり合えない議論みたいなことをやってやがる
そして世論調査をやられて多数派の意見だからと気がつけば決められていることに疑問すらもたないわけだ

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 13:32:23 ID:g4YTU098
副島隆彦です。
下↓の土井敏喜さんの文章に対して、ありがとう、ありがとうと感謝申し上げます。 
ここまで理解していただければ、美しいぐらいの結論を私の今の態度や考え方のところで理解していただいたことに
なります。もうこれ以上の共感はないぐらいです。しかし土井さん。貴兄が以下の文章で何を書いたのかを、
分かってくれる人は、この「重掲」を読みに来る1500人ぐらいの人たちのうちの2割の300人ぐらいだと
思います。あとの人たちは、何を言っているのか分からない、と思うでしょう。それでいいのですが。

私の吉本隆明(よしもとりゅうめい、「たかあき」が戸籍上の読み方ですが)という思想家(過激派の教祖と呼ば
れた人、82 歳ぐらいで存命)に、19歳の時から35歳ぐらいまで入れあげて、ほとんど彼の書物を読むこと
で青春を過ごしたことを、私の本の読者たちでも知っている人は、1割ぐらいでしょう。 
35歳ぐらいからは、「吉本隆明は、もう思想的に限界に達した」と感じて、「ソビエト・ロシアの思想と闘いつ
づけた日本の稀有の左翼思想家だが、それでも、彼の終生変わらぬレーニン賛美も間違いだった。
だからやっぱり、吉本の、マルクスの労働価値説への終生の賛美=帰依と共に間違いだった」 と判断して、
以後は、私は、より世界基準である小室直樹先生の学問の方へ向かったのです。
これが、私、副島隆彦の「左翼から右翼・保守へ」の思想転向の大枠です。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 13:33:08 ID:g4YTU098
それでも、最近また、吉本隆明先生の、東アジア知識人としての限界に自分もまた戻ろうとしていることを
強く感じています。「どうしようもないのだ。どうにかして、一切衆生を救いたいのだけれども、 自分
自身を現実の中で救うことだけでも大変なんだ」という気持ちになっています。

それと、吉本隆明は、丸山真男(まるやままさお)を激しく論難した(特に、1969年の東大闘争、全国
全共闘=70安保闘争の頃)けれども、この二人が、共に、「日本の戦後民主主義」という、焼け野が原の、
青空天井の、「青い山脈」という映画に現れた、日本の戦後空間を反発しながらも礼賛したことで、それが、
実は、アメリカの元祖グローバリスト(ニューディーラー)たちによる、日本民族洗脳空間であったのだ、
ということを、吉本も、丸山も理解できなかったのだ、という点で同じであり、ゆえに、それがこの二人
の思想的な限界だったと、「日本の秘密」を書いたあたりで私は解明しました。


418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 15:29:49 ID:gm4otmhU
>>417
だな。
「共同幻想」か......
自身と自身の属性を客観至上主義で見立てることによって、自己を相対化しつづけ、
結局、自己否定に陥って、現在のようなていたらく。いったい誰の目からみた「客観」だったんだろうね。マルクス主義の恐ろしさだな。
こうして現在、相対主義・多元主義によって各層・各分野にニヒリズムが蔓延し、共同体社会が個人至上主義社会に解体された。
現在、残るのは資本の論理だけ......
そして、その資本の論理とは奴らが勝手に設定してしまう。




419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 15:35:11 ID:gm4otmhU
しかし、マルクス主義は日本人の潜在意識にあった仏教的意識が妙に接合したような感じだな。
マルクス思想を究極化することがまるで禅問答かのようであり、それらをもって衆生一切を救済(大乗仏教的)するかのような.....。
戦後空間はほんとしてやられたと思う。


420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 15:40:44 ID:5M4qGpyo
ユダヤ・アメリカ二重帝国に世界がめちゃくちゃにされてしまう…

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 15:45:53 ID:LLIniA0r
これからはユダヤ+シナ=シナヤがアメリカを潰す時代だよ

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 16:14:41 ID:wEN1PtKH
シナにどうやってユダヤ(だけに限らんが都合がいいんで使用)はどうやって食い込むの?
今から婚姻政策しても見た目だけはどうにもならんのと違うか?

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 16:25:07 ID:LLIniA0r
モサドがアメリカの最先端技術を中国に提供してできた
”もう一つ安保同盟”が米日に襲い掛かるシナヤの悪夢!

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 16:58:10 ID:32IRKHFx
ttp://news.www.infoseek.co.jp/world/story/08yomiuri20060908i304/
9・11テロ訓練の映像、アル・ジャジーラが放送 (読売新聞、9月8日11時56分)

【カイロ=柳沢亨之】中東の衛星テレビ、アル・ジャジーラは7日夜、国際テロ
組織アル・カーイダ指導者ウサマ・ビンラーディンと側近らが、米同時テロ実行
のための訓練をしていた様子を収めたビデオ映像を初めて入手したとして放映した。
 
映像には、米同時テロ実行犯19人のうちの2人も登場。

11日に米同時テロから5年を迎えるのを機に自派の力を誇示し、支持者拡大を
狙ったアル・カーイダの宣伝工作の一環とみられる。

映像には、ビンラーディンが側近のムハンマド・アーテフ(2001年11月の
米軍攻撃で死亡)とみられる男らとがけ地を歩く姿や、覆面武装要員の格闘
訓練の模様などが収められている。撮影時期や場所は不明。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このニュースへのアメリカのブログ(LGF)の反応
ttp://littlegreenfootballs.com/weblog/?entry=22461_Bin_Laden_Tape_Shows_Meeting_with_9-11_Hijackers#comments

#14 pat 9/7/2006 01:27PM PDT
アルジャジーラTVはいったい、いつこのテープを入手したのかね?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#26 Paul 9/7/2006 01:29PM PDT
何百万人の911陰謀説を唱えていた連中がこれで沈黙せざるを得ない罠
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#91 Pythagoras 9/7/2006 01:51PM PDT
お花畑は影響されずに陰謀説をいい続けるさ。このテープもカールローブの仕業だお。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#150 GreenSoccer 9/7/2006 02:30PM PDT
アルジャジーラはこのテープを隠していたわけだから、家宅捜索して他にも
何か隠していないか調べるべきでね?

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 20:15:07 ID:63hFWlMJ
メーソンてからんでも、つまらない。
前から聞いてたけど。

結局、宇宙人叩きをずっと続けていくしかないんだろうな。
でもさ、今それをやってると天国にいけないんだが。


426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 21:04:42 ID:hWuTAEIo
なかなか興味深い情報が多数ありますよ。
「皇太子夫妻にまつわる怖い話」
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1157216182/789-839

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 06:37:28 ID:EVcS3o+X
Nuclear War Starts 9-12-2006
http://www.youtube.com/watch?v=8Sjf4ELVeX8
Nuclear War Starts 9-12-2006
http://www.youtube.com/watch?v=LgFwVB3eHk4

なにこれ?

これは?
http://www.propagandamatrix.com/221202illuminaticards.jpg

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 08:47:23 ID:EVcS3o+X
Nuclear War Starts 9-12-2006
http://www.youtube.com/watch?v=8Sjf4ELVeX8
こいつか!!
http://yisraylhawkins.com/

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 08:54:36 ID:U3bhf8kJ
>>428
 も う 好 き に し て 。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 10:09:59 ID:PuteERef
フリーメーソンより風呂上がりのメロンだよ

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 10:45:33 ID:jLoSdDfU
>>430
メロン大学のカーネギーもフリーメーソンだな。いいネタふりだ。
ちなみに俺はキュウリみたいなのでメロンは嫌いだが。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 12:22:55 ID:BCH3v9hx
>>250 あるてみす様降臨にワクワクテカテカ
+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   
 (0゚∪ ∪ +        
 と__)__) +


433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 20:54:01 ID:ldINAgmG
>>431
IT系なら、MIT、バークレー、メロンの順かな
まあ御三家ってことで

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 00:18:52 ID:FT3IVIn6
本物の可能性高い=同時テロ準備のビデオで米政府
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060909-00000019-jij-int


435 :行殺 ◆KINOKO.5cU :2006/09/10(日) 01:01:03 ID:/p45xuw+
     // |    |l |/   , - 、
    //  |    |l |   〃⌒ヽ‐    ̄ ̄   ‥ 、          /
  /      |    |l |    |i  _「 ̄ `ヽ.   `ヽ   \         /
        /|    |l |    |l ´ 、      \    \   \    /
      /  |    |l |   ' ヾ、  ヘ \   \   _∧ , ヽ
     /   |    |l | //  ×_,\ \    r┘ ' └1_ ',
   /     |    |l | ,′ / -- 、   \ \ _」 __    ムハ  _
          |    |l |.i ィ´        \ ヽ /:::::Y⌒>、し'⌒ ̄廴_   カナのスレはここかしらー
          |    |l |il ,| ,ィ=ミ,、      \と⌒Y ハ伐入、    __フ
          |    |l |ll/|r':::::::::i }      `ヽL  〉八Zソノ:ヽ  _)
          |    |l |}ハ|ゝ:::::ノ      x =<弋 /:√⌒i::ト、::/__」
       _ _|    |l |、 }l '''     ,    i」::::::::i } L!::|  __ハ:Yノ
      く ヽ|    |l | } ハ    _      ゝ:::::ノ ' ,、|::|ー' イ^|::|
      く \)|    |l |ノr‐ ^> ´ 丿     '''   ,、__川::l/   |::|
     , -\. Y|    |l |┘ , '  ,へ. ___ ,.-、イ-、二ヘ::\  |:::l
    /厶ーJノ |    |l 「ー〈_  `ヽr┬‐/ // /`Y=ト、::\ |::::l
.   〈〈__ ィ  〈|    |l |    厶ィノ r‐、/ // / /´}__{ ヽ/└┘
    ̄ Fニニ!     |l 「廴_  └zハ   `  ' / /__j        /
      └テt /|    |l | }├‐z_ \}       /_] -┬、   / /
    _. ィ´ ̄/ |    |l | |!   L.)├ハ/ヽr勹、/了工___,ノ /     /
 < /  /, |    |l |       匕ノー┐   └^ーrイー‐'     /
 .//  //  |    |l |       /  ヽハ/レヘ、_ └i    /
【また】アストロきのこ塾89行殺のプリンキピア【本田透か】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1157216594/


436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 01:37:23 ID:FcHfdEKG
ヒント:フリーメーソンの言語が何故、英語だかわかるかな?

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 04:32:10 ID:FcHfdEKG
無視したら荒らす!

ヒント:国連の国旗のマーク

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 04:55:02 ID:tXEz9/OP
>>437
おもろいw

ヒント¥ 東京青山の国連大学ビル 完全ピラミッド ビルの頂にはピラミッド&アイ
     国連マークがめん玉になってますぜ。
     そのとなりのコスモ青山のマークもピラミッドアイ。青山ブックセンター 東京ウィマンズプラザが入ってるで。
     メーソンがらみの勢いがすごいなあそこ。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 05:07:33 ID:VyPnr/DC
>>438
写真探してみた
http://www.unu.edu/hq/japanese/articles/kochi/unhouse.jpg
ビル自体が三角形でその頂点に目。
設計は都庁と同じ丹下健三

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 05:14:17 ID:FcHfdEKG
あーあー、イルミナティ設立の背景に何があったのか推理しようかな・・・。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 07:10:54 ID:t47X5odY
デザイン建築の分野にも黄金比なるものが必用ですが
丹下健三氏の設計って、ずいぶんと『幾何学』的ですね。

都庁の形状は、なんかそそられる・・・
ビル自体が「やらないか?」と言ってるみたい(爆

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 07:39:26 ID:FcHfdEKG
>>441
>>439の建物は、ちょっとセンスないな。
僕なら、もうちょっとセンスがあるデザインをイメージ出来る。
ただ、建築は素人だけどね。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 08:56:57 ID:HeFGBcYx
広瀬隆の本は読むに値しますか?

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 09:30:36 ID:FcHfdEKG
>>443
陰謀の本なんて読まない方がいいです。
読んだら怖いです。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 10:31:49 ID:HeFGBcYx
怖くない人は読むべきですか?

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 10:56:14 ID:FcHfdEKG
>>445
読んでも無意味。。。
ただ、怖くなるだけ。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 14:48:34 ID:zKaq/nVx
自分達はすんごい恐ろしい世界にいるのだ、と目に見えない恐怖に怯え
負のエネルギーを放出させる事も彼らの思う壺なんですよ。
もし彼らと戦うことを臨むのなら「死」と隣り合わせであり
ソレ相当の覚悟が必要です。
だが何も知らずに摂取され続け、
何かおかしい、と感じながらも「また陰謀論か、くだらね〜」と思考を停止させて
生きるのも苦しいですがね。
どちらをとっても彼らの思う壺。
しかし一つだけ良い方法があります。それは


448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 15:01:37 ID:0YU+inyy
わかりました、今から息を止めてみます。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 16:57:26 ID:RODiPJBJ
この社会から一度抜け出てみるのもいいんじゃないかと

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 17:25:13 ID:s+KudRJk
マトリックスか
ネオォォォォォォォゥゥゥゥ!!!!!!
俺は、マトリックスからリアルに戻るぞ!!!!!!!!!!!!!

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 18:11:13 ID:HeFGBcYx
良い方法ですか?息を止めれば良いんですか…何か違う気もしますが…

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 22:08:04 ID:cpuS53cl
マトリックスで、本当の人間が住むというザイオンは、
ヘブライ語でZION→シオンの丘→シオニズム ですが?

エジプトで放映に待ったがかかったとか読んだ気がする。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 22:31:40 ID:VyPnr/DC
>>452
マトリックスの配給はどこの映画会社かな?ユダヤ系じゃないのか調べてみるかな。

それにしてもパラマウントって怪しいロゴだよねえ
http://www.blasting-zone.com/Paramount%20Pictures_Logo.JPG

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 22:50:40 ID:VyPnr/DC
ワーナーか、これもユダヤ人が作った映画会社だな。そんでいまは合併してTime Warner Inc.という会社になってAOL、CNNなどを擁する複合企業体となっている。

で、そのロゴも怪しいねえ。
http://www.wdr.de/online/news/fusion/img/time_warner_aol.jpg
この三角ロゴはもともとAOLのものだけど。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 23:09:33 ID:U0KcqRbR
>>454
666が隠されている?


456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 23:10:32 ID:A05ag5+8
325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 23:44:26 ID:iuHkzxa6
『選択』9月号によると、
民主党大統領候補の選挙資金の6割はユダヤ勢力からのものだって。
米議会では、ユダヤ勢力に賛同する政治家にはユダヤ勢力から政治資金が
もたらされ、敵対する政治家は、対抗議員に政治資金が渡されて落選させられる。
そういう実態を米大学教授が、イギリスの雑誌に論文を発表して(米国内では
発表できないので)、暴露したそうだ。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 23:10:13 ID:r97fGn+x
>325
『選択』 2006年9月号
猛威強める米「ユダヤロビー」
 ■イスラエル支援態勢はいまや万全
http://www.sentaku.co.jp/

イギリスの『ロンドン・レビュー・オブ・ブックス』に掲載された
シカゴ大学ジョン・ミアシャイマー教授、ハーバード大学スティーブン・ウォルト教授の
「イスラエル系圧力団体と米国の外交政策」。
全米最大のユダヤ系圧力団体「米国・イスラエル公共問題委員会(AIPAC)」を
扱っている。
著名な学者によるものだけに、反響が大きいそうだ。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 23:13:29 ID:A05ag5+8
>>456
■アメリカを操るイスラエルロビー

今年の三月中旬、国際政治学の分野で名声を確立しているシカゴ大学の地政学者
ジョン・ミアシャイマー教授とハーバード大学ケネディー行政大学院の学部長
スティーブン・ウォルト教授が、共同で『The Israel Lobby and U.S. Foreign Policy』
(イスラエル系圧力団体と米国の外交政策)という論文を発表しました。

少しでもイスラエルやユダヤ人に対して批判的なことを言うと「反ユダヤ」のレッテルを
貼られてしまう米国において、著名学者が真っ向から政府の親イスラエル政策を批判
することは異例のことです。

内容は決して目新しいものではなく、事情に詳しい人なら当然知っていることなのですが、
米国でのタブーを打ち破ったことは“快挙”と言ってもよいでしょう。ここでも彼らの武器が
“お金”であることが明らかにされています。

ただ、予想通りというか、この論文は事実上の発禁処分になり、ワシントン・ポスト、
ニューヨーク・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナルでは中味を紹介もせずに、
一方的に激しく攻撃されているようです。

この論文はハーバード大学のウェブサイトからダウンロードできます。
http://ksgnotes1.harvard.edu/Research/wpaper.nsf/rwp/RWP06-011

全文は83ページもありますので、要約版ならば下記サイトで見ることができます。
http://www.lrb.co.uk/v28/n06/mear01_.html

以下、要点のみ簡単にまとめてみました。(略)
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060714

458 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/09/10(日) 23:40:34 ID:7WfA+se1
>>452
日本にイオングループと言うのがあるが
ザ・イオンなのかな?


459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 00:29:22 ID:uo2R7LUH
イオンは勘ぐりすぎジャマイカ。
AEONだし、綴り。
でも、元ネタ気になるね。
でも日本にも、ザイオンなんとかってベンチャーとかある。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 00:52:41 ID:7o9rPBtT
>>453
マトリックスって失礼だけど面白かったっけ?

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 00:55:55 ID:7o9rPBtT
>>457
・・・・・・・・JFKって・・・・・・・・。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 01:20:48 ID:uo2R7LUH
マトリックス2とか糞だったが。
大事なのは、真実が覆い隠されている、
家畜になっているという世界観だ。
それは、このスレの住民も共通だろう。

1だけ面白いと俺は思ったんだが、ザイオンって単語、出てくる?
どうも出てくるっぽいが。
大ヒットしたのに、ウォシャウスキー兄弟は監督を降ろされ、
続編はクソみたいなハリウッドCG映画になった。
彼等は今も、管理社会を描いた映画を作り続けてる。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 01:48:22 ID:8jUZdVT5
http://zetubou.mine.nu/timer/file/bomber24801_d14.gif
http://zetubou.mine.nu/timer/file/bomber24802_d14.gif
http://zetubou.mine.nu/timer/file/bomber24803_d15.gif
http://zetubou.mine.nu/timer/file/bomber24804_d15.gif

http://zetubou.mine.nu/timer/file/bomber24805_d16.gif
http://zetubou.mine.nu/timer/file/bomber24806_d16.gif
http://zetubou.mine.nu/timer/file/bomber24807_d20.gif
http://zetubou.mine.nu/timer/file/bomber24808_d20.gif


464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 01:54:00 ID:4IoaGICZ
>>462
つい最近ウォシャオスキー兄弟監督映画
「Vフォーヴェンデッタ」のレンタルはじまったからみるといいよ

あれのほうがマトリックスより痛烈だったよ
しかも面白いし

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 02:24:38 ID:uo2R7LUH
見てみるわ。
しかし全然売れなかったよなw

ダビンチ・コードで出てくるような歴史の流れ、
カソリックの支配がマトリックスの世界観に繋がるのかな。
俺らには、彼等が真実を隠す者に見えるのだが。

ダビンチコードの書籍版は、フリーメイソンって単語が散りばめられてる。
ありゃ、メイソン側の人なのか?
キリスト教社会を揺らがせた訳だが。
第一作は、イルミナティーについてだったな。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 02:26:51 ID:uo2R7LUH
真実を隠す彼等って、ウォシャウスキー兄弟じゃなく、
スレタイの人ね。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 02:29:48 ID:uo2R7LUH
グノーシスの敵はグノーシス、この連鎖?

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 02:30:12 ID:vuIPUlN3
>>418

戦前の共同体が解体されただけで左派の共同体ができたので個人主義にはなってない。
307と308を読めば分かると思うけどよくいる現代リベラルってのは共同体主義。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 02:43:58 ID:vuIPUlN3
やはり、あの1991年8月の「八月クーデター」失敗によるソビエト・ロシア(ソビエト共産主義)の
崩壊ということがなければ、この仕事は完成させることはできなかったと思う。
ソビエトの崩壊と冷戦構造の終焉によって、それまで曇っていた自分の頭がすっきりした。
「やっと分かったゾ」という気になったのはこの時期である。
自分もまた、ほとんどの日本知識人たちと同じく、頭の幾分かを、ずっと引きずるようにして、
ソビエト型とは違うのだが別種の社会主義=政治的理想主義に長く囚われていて、この呪縛
から開放されなかった。

副島隆彦「日本の秘密」

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 02:45:33 ID:vuIPUlN3
さてユージェニックスにしろ、学問方法(メソドロジー)としては、 social engineering ソシアル・エンジニアリングである。
このソシアル・エンジニアリングなるものの怖さを知らないで、「自分は日本の社会科学者だ」などと信じている土人学者たち
全員を、私は、激しく、蔑(さげす)んできた。この言葉の意味も重要性も知らずに生きてきた、馬鹿たちの群だ。
自分たち日本人(日本部族)白身が、『菊と刀』で真っ裸にされたのち、ロボトミーに等しい、文明化外科手術、すなわち、
ソシアル・エンジニアリングを敗戦後に受けたのだ、と自覚すべきである。

ソシアル・エンジニアリング(社会工学)は、アメリカのリベラル派の学者たちの秘技秘伝であって彼らはこれを肯定する。
しかし、シカゴ学派の本物の保守派やアイン・ランド女史のようなリバータリアンは、ソシアル・エンジニアリングの学問を唾棄
して否定する。未開の現住民たちに施してはならない文明化外科手術である。それをやられたら、原住民たちは、おかしく
なるのだ。 だから、敗戦後にこのロボトミーを施された日本部族の若者が金茶髪にして成人式でも暴れるのだ、とみんな
分かればいいのに。 どうしても、どうしても、敗戦後のアメリカ軍(占領軍、マッカーサー・ニューディーラー)による、
日本国民洗脳がその原因だと、認める訳には行かないのか。そうか、どうしてもいやか。

先生の小室直樹だけが、これが、日本人が敗戦期に天皇=神を否定されて起こした「急性アノミー」だと、はっきりと解明した。
今の私ほどは、あからさまには書かないが。

ソシアル・エンジニアリングというものは、これほどに恐いものなのだ。それが、ソシオ・バイオロジー(社会生物学)と
いう別の名前も持つのだ。ソシオ・バイオロジーについては、コンラッド・ローレンツについて本書の別のページ
でも書いた。だから、シカゴ学派で過激派フェミニストの元祖のひとりであるソニア・シャンクマンが、ウルトラ・
リベラルであるからこそユージェニックス(優生学)をやり、ソシアル・エンジニアリングを治療・方法・政策学
として実践したのだという事実を私たちは確認すべきだ。

副島隆彦『属国日本論を超えて』P120〜121


471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 06:24:41 ID:bKw4agin
否定されたか?
皇室は今でもめちゃくちゃ問題になってるやん
戦前が皇室インフレーションだっただけだろ
皇室あっての日本だから否定しようがない
「民主制日本」とか言ってる奴は洗脳されてるがな

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 06:33:50 ID:vuIPUlN3
自然法・自然権・人権・人定法の対立と関係の説明をします。
世界では常識らしいです。

(1)伝統保守派(保守本流)。これはバーキアンBurkean(エドマンド・バーク主義者)=「自然法」派である。
彼らは「人間社会には、社会を成り立たせている自然の決まり、掟(natural law)がある」と考える。この伝統保守派の代表は、
長年『ナショナル・レビュー』という政治評論誌の編集長を務めているウィリアム・バックレーという老大家の評論家である。
彼こそは”アメリカ保守の守護神”と呼ばれて、歴代共和党大統領から尊敬されている人物である。
日本でいえば小林秀雄や福田存にあたる。その後継者はABCのコメンテイターのジョージ・ウィルである。

 アメリカの正当保守派はほかに、レオ・シュトラウス(シカゴ派哲学の大御所)や、フリードリヒ・ハイエクのような
日本でも知られた古典保守思想家も含まれるが、同じ保守思想でも、アメリカ土着の保守であるラッセル・カークらの
フィジオクラット(重農派)や後述するリバータリアン保守派とは区別される。
このウィリアム・バックレー派の知識人の大部分は共和党の本流として保守勢力の中心を支えている人々である。
 バーキアンの標語は人類の歴史をとうとうと貫く普遍の真理を暗示する永遠の相の下に”という言葉である。
だから彼らは本来あまり泥臭い現実政治には関わりたくないと思っている。
続きはここから
http://jcpw.site.ne.jp/bbs/bbs23.cgi?id=&md=set&tn=1809#1839

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 07:10:44 ID:lskq2lZZ
>>250 あまてらす様、我々を導いてください
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄


474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 08:38:35 ID:PXwkGU3O
>>468
戦前の共同体=伝統的共同体が解体されたことこそが問題。
左派の共同体なんて敵の手先じゃん。しかも、明らかに個人主義的世相になってるし。
なおかつ現代リベラルの共同体主義が何をさすのかよくわからんが、カルトなまやかし共同体主義で結局敵の手先な意識なんじゃないの?
もれは基本は伝統主義だから。
伝統主義に現代の知と技術を上乗せできるならそれがベスト。
明治維新以降の進歩というまやかしのじつのところ伝統的意識の解体こそが目的だった罠によって、結局は信じられるものがなくなり
懐疑主義に陥り、個人主義とその究極の利己主義に陥り、共同体もなりたたなくなる。
とにかく西洋思想=メーソン思想には注意したい。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 08:46:18 ID:s4jImlCo
よってたかって2DKの公団住まいに応募した奴らが一番のモルモットだな。
そしてその子供の代では、恋愛依存症か(メール依存症含)
ギャンブル依存症かニートか………何れにしても結婚しない。モシクワ離婚する。
精神的国家(父=天皇)を蔑ろにしてきた結果だろ。
現実に率先して天皇を蔑ろにしてきた教職員から一番最初に内部崩壊が起こった。
地方も首都も2DK公団なんて〜どんな試算したらなぜにあんな住まい設計が成り立つのか?
陰謀とは↑こんな具体的例を挙げて指摘すべきだ。
たんに現在の勝ち組や財閥を叩くのは
よくない一頃の日教組とかわらん。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 10:12:45 ID:s4jImlCo
すまん訂正させて!
(教職員の〜は)内部崩壊は間違い
内部×⇒個々○
個々の崩壊著しい組織=日教組です

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 10:37:04 ID:uo2R7LUH
何か、流れを切りたい話でもあるのか?

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 11:12:30 ID:+5vple6s
さらに流れを切って申しわけないけど
60年代の終わりにアメリカがベトナムで行き詰って
ボブ・ディランやサイモンとガーファンクルとかが反戦歌を歌って支持された頃には、
徴兵されても「ユダヤ教徒です」と言えばなぜか免除されたりするもんだから、
その罪滅ぼし的なユダヤ人の若者の行動が
何か平和主義者と誤解されたんじゃないかと思うんだけどどうでしょうか。
ベトナム戦争にはイスラエルの領土問題もイスラム教徒との対決もなかったし
ユダヤ人も平和活動がやりやすかった。
かつてはユダヤ人を平和主義者だと勘違いした日本人が
キブツに体験入植しに行ったりしたんですってね。

その美しき勘違いはアメリカの金融と財政を支配している
資本財閥にとっても悪いものではなかった。
彼らがベトナム戦争を続けたかったかどうかは知りませんけど。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 11:25:11 ID:+CoTlv/C
po


480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 11:43:55 ID:kvsUKCj6
アリの巣コロリってあるじゃん。
蟻の行列にポンと置くと、一瞬ビックリして列が乱れる。
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る。
そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る。
そいつをマネして何匹も入る。
毒とも知らずにツブツブを運び出す。
一匹が一粒づつ。
いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる。
黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい。
一匹が一粒づつ、丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ。
せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。
蟻さんって働き者だなと思う。
俺も頑張らなきゃなと思う。
次の日、あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない。
ほんとにいない。
探してもいない。
泣きたくなった。





このレスを見た人は4日後にあなたの大切な人がいなくなるでしょう・・・・
それが嫌ならこのレスを5つの板にコピペしてください。
信じるか信じないかはあなた次第です。


481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 12:04:23 ID:bKw4agin
百済(ゆだら)は東洋ではなく東猶の国
首都は東の京ではなくて江戸サレム
東には百済族(ユダ族)が住んでいるが
西には韓族(ニダ族)が住むので煙たい

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 13:09:17 ID:ZJG5Qhr2
>>481さんに座布団1枚

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 23:10:49 ID:hfY5MgfB
530 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2006/09/11(月) 17:41:36 ID:Ea3kbvv9
件の団体に電話してみたのだが。
「核兵器を所持しているのは世界で五ヶ国」
「所持を疑われているのが印度、パキスタン、 パ レ ス チ ナ 」
「中でも脅威なのはアメリカ、フランス、ロシアの三国」

だそうです。この手の狡猾な嘘で市民を騙してるんだろう。
ニュースも見てない馬鹿と思われる。



ヨコスカ平和船団
ttp://homepage1.nifty.com/heiwasendan/


484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 23:45:13 ID:67eZGbAU
謎の大物代理人が語る“移籍マーケット乗っ取り計画”

世界中の若手プレーヤーを買い漁る投資家グループが生まれようとしている。
その成立を陰で操るのが、代理人のビニ・ザハビだ。
このイスラエル人は、イングランド代表DFリオ・ファーディナンドをマンチェスター・ユナイテッドへ移籍させたことでも知られる大物代理人だ。
ザハビ代理人は、『サンデー・ミラー』の取材に対し、ロンドンの投資家を中心に立ち上げる投資計画について、次のように語っている。
「まだ資金集めの段階だが、最終的には1億ポンド(約220億円)に達する予定だ。
この資金で、選手の保有権を買い集める。
計画を主導しているのは、ロンドンの投資家たちだ。
私は選手の発掘を依頼されている。また、投資のアドバイザー的役割も求められている。
ワールドクラスに成長する可能性を秘めた選手の発掘が中心となる。
保有権を獲得した選手を、移籍させるケースも出てくるだろう。
この計画は完全に合法だ。それに南米では、約8割の選手が投資家の支配下にある」
“ヒーロー・ファンド”と呼ばれるこの投資計画。
そして、資金運用から選手の移籍まで、すべての方針決定権を握るイスラエル人代理人の存在。
移籍マーケットを自由にコントロールしかねない集団の誕生に、イングランド・サッカー界でも懸念の声が広がりはじめている。

ttp://sports.livedoor.com/article/detail-3680856.html


頼むからスポーツは汚さないでくれー!!!1111!!

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 00:52:01 ID:CwtCelZZ
仮説 白いバラと白い靴 ダビンチコードでは バラとユリは意味をなす ローズライン そう彼こそマグダラマリアの子白い靴は足にキスをする行為の例えでは だからマジマジと『これがイエスの子か〜!』と見られたのでしょう なんちゃって

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 07:38:08 ID:i47j35bo
サタンサターン わお

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 08:33:56 ID:2pCcWKso
>>427
今日やんけ

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 08:46:25 ID:i47j35bo
おっ
ついに核戦争勃発か
やばいな
落ち着いて最善策をとらないとだ

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 12:45:18 ID:ffQIRDR8
核平気反対!

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 18:01:16 ID:YSi9/tD0
 今 日 の グ リ ニ ッ ジ 標 準 時 刻 か 。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 19:52:46 ID:NCN62Fst
>>477
基本的に嘘で固めていく団体だから、なにかまずいことがあるんだろう。


492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 20:03:36 ID:guKDV5ef
>>478
ユダヤ人はコスモポリタンな世界を作りたいだけだから。
そのために戦争を起こしまくってる。とても平和主義とは言えないw

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 20:14:00 ID:0UgctnEJ
>>492
「コスモポリタンな世界」なんて単なる目眩し的な概念
無知な無政府主義者がはまる罠
結局は油田屋国際金融財閥が自由に跋扈できる世界でしかない

494 :p39003-adsau04yokonib2-acca.kanagawa.ocn.ne.jp/tky:2006/09/12(火) 20:19:55 ID:RufYXTNl
uhcustan/guest

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 20:20:32 ID:sYUz+Rq9
677 :この頃流行の名無しの子:2006/09/01(金) 02:17:37 ID:hUOnACBX0
        ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |  
   (⌒ヽ             |)
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

         竹石 圭佑
      (1986〜 愛知県名古屋市)

在日中国人の両親を持つ為か、日本語のアクセントがおかしい時が多々ある。
小学生の時に万引きで補導されたらしく、その頃から既に歪んだ性格であった考えられる。

中学・高校時代…意中の女子には露骨にちょっかいを出して気を引こうとし、また、その時の言動は挙動不審で相手に好意があることがミエミエな為、非常に痛々しい。
でしゃばりで、なぜか偉そうな態度をとっていたが、不良学生相手にはビクビクしながら機嫌をとっていたという不可解な面も併せ持つ。
また特に自分より力の弱い女性教員や女子生徒等を格好の的としていたので、その様な人間には異常に高圧的な態度をとり、馬鹿にし、いつも幼稚な悪口や悪質な嫌がらせを考えて楽しんでいた。

相当な目立ちたがり屋で「地球は自分を中心に回ってる」という性格。しかし、何の能力・才能の欠片もなく、ヘラヘラしていただけなので精神が不安定だったとも考えられる。あだ名はダメ石(何をやってもダメなくせに口八丁なので)→デメ石(非常に出目金に似た顔なので)。

愛知県の底辺の大学に通ってるが、名古屋大学医学部を目指しているらしく、医学生になった自分を日々妄想している。
余談だが、KAT-TUNの田中聖をライバル視しているらしい。

※注 これは自分の知っている範囲の竹石圭佑の情報であり、全てではないと思われ。


496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 20:34:21 ID:guKDV5ef
>>493
そうだね。
でもコスモポリタンな世界はユダヤにとって都合の良いことだらけで、
目眩まし的というより、本当にインチキじゃないコスモポリタンな世界を望んでると思うよ。
その辺の仕組みは自信満々でしょ。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 21:08:55 ID:CVk6/6Vc
 一国だけ突出して大きな力を持たせておくというのは、
≪支配者たち≫にとってはこのうえない脅威となる。正し
く国家が正気に戻ってその気になれば、単なる銀行屋でし
かない彼らなど、簡単に権力の座から押し除けられてしま
う可能性があるからだ。(「次の超大国は中国だとロック
フェラーが決めた 上[技術・諜報]篇」ヴィクター・ソ
ーン著 副島隆彦翻訳責任編集 P297)

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 21:13:26 ID:guKDV5ef
>>497
アメリカの陰謀論からの引用かな。
ホント、奴らの現在の一番の脅威はアメリカだw
アメリカは愛国心強すぎだしw
究極的には邪魔で危険な国家が台頭する可能性のないごちゃ混ぜの
コスモポリタンな世界が奴らにとって安心なんだよな。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 21:14:51 ID:jOk/Pk97
>>494
59長谷川06/09/12 20:52 HOST:p39003-adsau04yokonib2-acca.kanagawa.ocn.ne.jp<8080><3128><8000><1080>
対象区分:[個人・三種]優先削除あり
削除対象アドレス:
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1155383027/494

削除理由・詳細・その他:
こちらの不注意で名前欄に私のPCのホスト名(というのでしょうか?)が載ってしまいました。
お手数ですが、削除して頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。
kokusai:国際情勢[重要削除]
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1029156119/59

依頼レスにもホスト出てますが
それが何か

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 21:22:58 ID:NCN62Fst
>>498
”次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた”

これは間違い。

次の”ステージ”は中国である。(神)
が正しい。

でも、”次”って。。。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 22:47:28 ID:NCN62Fst
メーソンは皆殺しらしい。


502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 23:00:17 ID:BtGsmsNM
日本の未来を色に例えると?
http://quizzes.yahoo.co.jp/quizresults.php?poll_id=3433&wv=1
2006年09月11日より 計106516票

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 01:00:45 ID:FrRE1C8s
>>491
映画かロビィストの話だと思うが、映画かな。
隠そうとすることは、そこが大事だと伝えるようなもんなんだが。

ダビンチコードは、メイソンの、キリスト教社会への攻撃だったのかな?

ありえない話じゃあない。
メイソンは、カソリックが一方的にメイソンを敵視してると言いながら、
教皇の帽子を踏み潰すことを儀式に取り込んでる。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 01:08:23 ID:HlD8pwMD
ところで、次のイルミナティの単語連発予定の天使と悪魔の映画はまだか?

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 02:50:00 ID:FrRE1C8s
ダビンチコードの映画で映画化決まったみたいだし、当分先じゃない?

メイソンの本「石の扉」で、おかしいと感じたところが、
イルミナティーについてだった。
ずっと活動の記録が残ってない、ゆえに存在しない、だってさー。
活動を隠すから秘密結社なんだろうが。
あの本は、メイソンの協力のもと書かれてるし、(取材協力にクレジットがある)
イルミナティーが、メイソンの隠したい核心かもね。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 03:42:09 ID:bWujGTDK
核心の革新を確信

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 09:54:46 ID:EnNQi00r
日本に住んでるロシア系?アメリカ系ユダヤ人(ややこしい)の保守派サイト。
http://mikerosstky.spaces.live.com/

共和党支持者(ネオコン大好きみたい)。
ユダヤ系とは言ってないけどすぐ分かった。
アイン・ランドも好きみたい。ロシア・東欧らへんのユダヤ人だからかもね。
リベラル派じゃないユダヤ人の意見もたまには見てみるのも面白いよ。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 11:48:48 ID:bWujGTDK
■■天皇制は古代からユダヤ民族の理想だった
日本民族のもつ最大の財産は天皇制である。これは全く世界に類例のない偉大なものであり、人類の理想とするものである。
 
かつてユダヤ人の大思想家でフランス革命に大きな思想的影響を与えたジャン・ジャック・ルソーは、かの有名な『社会契約論』で次の如きことをいっている。
「人もし随意に祖国を選べというなら、君主と人民の間に利害関係の対立のない国を選ぶ。自分は君民共治を理想とするが、そのようなものが地上に存在するはずもないだろう。したがって自分は止むを得ず民主主義を選ぶのである。」
ここでいう君民共治というのは、君主が決して国民大衆に対して搾取者の位置にあることなく、したがって国民大衆も君主から搾取されることのない政治体制のことである。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe800.html

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 11:55:48 ID:9a15d3Ic
保守派のユダヤは陰謀には無関係だから。むしろ、被害者。
イスラエルで必死になってる奴も、ネオコンもある意味捨て駒だし。


510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 12:57:36 ID:7EMhh8lp
では加害者は誰ですか?

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 13:10:07 ID:9a15d3Ic
>>510
新世界秩序(世界政府)を目指す国際派ユダヤでしょ。イスラエルで必死になってる保守的なユダヤなんて、
自爆テロのイスラムと立場は大して違わない。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 13:13:33 ID:miy3/vXX
>508
それは偽書と断定されていたよ
原作者がそもそも存在しないし
でたらめな単語使ってるし

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 13:55:47 ID:bWujGTDK
>>512
できたら情報源ください

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 15:07:14 ID:7EMhh8lp
>>511
「新世界秩序」
その言葉はブッシュ大統領も言ってるようですが、
彼は保守的なユダヤに忠義を尽くしているように見えます。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 15:28:07 ID:9a15d3Ic
>>514
新世界秩序=世界政府とは思ってないだろうな>ブッシュ

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 16:21:46 ID:yVVZzcWS

太田龍は、盛んに石油ピーク説を取り上げているが・・・

ttp://today.reuters.com/news/articlenews.aspx?type=businessNews&storyID=2006-09-12T181542Z_01_SP162659_RTRUKOC_0_US-MARKETS-OIL.xml
Oil deepens losses below $65 on OPEC, Iran
Tue Sep 12, 2006 2:15pm ET169

ロイター:石油価格は低下、OPECの生産長持続、イラン情勢で$65以下に

U.S. light crude for October delivery fell $1.22 to $64.39 a barrel by 1807 GMT,
the lowest level since March 28 and the longest losing streak in nearly three years.
London Brent crude eased $1.10 to $63.45.

"Unless there is a catalyst on the political side to push the market higher, I think
there is still some room on the downside," said Chip Hodge, managing director at
John Hancock Financial Services.

Oil has fallen 20 percent in two months, raising questions within the Organization
of the Petroleum Exporting Countries about whether it should make the first formal
output cut in two and a half years.

石油価格は最近の2ヶ月で20%下落し、OPECが減産を考慮するかが焦点に
なりつつある。

ジョン・ハンコック金融サービスの取締役、Chip Hodgeは「価格を押し上げる
ような政治的な触媒が無ければ、更に価格低下の余地がある」という。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 20:24:36 ID:h1+LzzNN
age

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 21:05:57 ID:UqZLOaDR
エシュロンとユダヤ人って何か関係あるの
イスラエルはエシュロンに入っていないみたいだが

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 21:29:57 ID:HlD8pwMD
>>518
教えない。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 21:32:09 ID:1XbM8F23
第6のプロトコール

我々は労働賃金を引き上げる。だが,それと同時に農産物の収穫が悪く、牧畜が
振るわなかったといった口実で、生活必需品の価格を全て吊り上げるので、賃金
引き上げも労働者には何の得にもならない。

また、我々は無政府主義の思想を流行らせたり、酒飲みの癖をつけたりして
生活力の源を枯渇させる。


521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 07:50:53 ID:y/8NbWNl
天使と悪魔の大群が、メギドの丘に集結し、
最後の大戦が始まる。


聖書で示された終末予言が着々と進行しております。


イスラエル、シリア・イランの戦争は、イラクに駐留する
米軍を巻き込まずにはおかないでしょう。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 07:58:30 ID:V3SlSOIu
てか今は終末かい

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 08:08:57 ID:HCOffY63
週末ですらないな

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 08:09:48 ID:YNRrtR6Q
 ま た 陰 謀 戦 争 か 。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 08:14:22 ID:LASxM5P5
天使と悪魔がそれぞれ3回ずつ勝つんだから第6次世界大戦まであってその次の大戦で神が介入するんじゃないの?

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 09:37:54 ID:OG6+cFeV
戦争は掲示板じゃない
現場で起こってるんだ!

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 09:43:08 ID:YNRrtR6Q
>>526
糞ジャップ死ねや!

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 12:28:56 ID:6yqPBwuY
生きている間にハルマゲドンや空中携挙を目の当たりにしたい

と強く希望している輩がいることは確か

ウォッチングタワーの信者とか

連中にとっては全ての災いはハルマゲドンの前兆に見え胸が高鳴るらしい

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 16:30:05 ID:DUFnEQu9
イルミナティの最高幹部「黒い教皇」と呼ばれていたアルバート・パイク (1809〜1891年)の予言

「世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ」とした上で、


●「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。
  そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」


●「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の
  圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」


●「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、
  意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」


530 :529:2006/09/14(木) 16:31:42 ID:DUFnEQu9

少なくとも第一次第二次世界大戦の結果を見れば、両方とも当たっている。
第一次大戦の最中にユダヤ革命といわれるロシア革命が起こり、共産主義国家の成立につづいていった。
ご存知通り共産主義を作ったのはユダヤ。ロシアをひとつの実験国家として作り上げ人民を縛り付ける国家として1991年までつづく。

第二次世界大戦ではシオニストにとって邪魔な、シオニストでない善良なユダヤ人を迫害することにより、
世界中の誰もがユダヤ人非難をできない世の中にすることもできた。逆説的に言えば、ヒトラーがいなかったらイスラエル
という国はできていなかった。ヒトラーは生贄になったかのように、結果として操り人形のようにユダヤの思惑に嵌っていった。

そして今。イスラエルアメリカイギリスとアラブの一触即発な現在の状況は第三次世界大戦を予言どおりに始める為に
ひとつひとつ忠実に履行しているように見える。さらに世界中の人々を家畜のように支配する思惑もグローバル化と称して
着実に進められている。世界の人々は、民主主義の国の国民でありながら、かつてのロシアなどの共産圏の国民のように、
自由も力もなくただ中央に従わされる抑圧された人民として、文字通りの家畜のように支配されていく。
資本主義も共産主義も作ったのはユダヤであり、それぞれすでに実験済み。これからは世界が資本主義的な辛辣で過酷な格差社会で
共産主義的被支配者層の抑圧された生き方を強要される。それに気づいたときは、すでにユダヤ以外の人民は家畜となっている。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 16:37:29 ID:hjS5rKMN
ある意味資本主義の究極が共産主義なんでしょうか?


532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 16:48:49 ID:OG6+cFeV
そもそも資本主義という定義をしたのがマルクス
そのマルクスの考え方で行けば資本主義が成熟していけば必然的に共産主義に移行していくという考え方
ソ連他のは厳密に言えば共産主義風独裁国家

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 18:11:48 ID:LASxM5P5
資本主義社会で格差が広がった後に共産革命がおきるとかじゃなくて、格差が広がった状態が既に共産主義社会ってことか

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 19:05:51 ID:Tu/pt+s4
>>533
正解。
格差の究極が資本の局所的集中。
つまり、ユダヤ資本への世界にあまねくすべての資源(自然資源、労働資源)の集中こそが
来るべき新世界秩序new world order
マルクス主義は世界をもてあそぶように妖怪のように甦る。
近代産業革命(初期ユダヤ資本主義)→それに触発された国家主義及び民族主義的資本主義→それらの資本を刈り取るためのマルクス主義広宣(世界の民族共同体=王制・帝政の排除)→現代型資本主義(ユダヤ資本によって育てられる各国資本)
→現代型資本主義において蓄積された各国・民族の資本の収奪=新世界秩序=ユダヤ独裁資本主義(ユダヤ独裁共産主義)



535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 19:19:50 ID:nb+7ODh6
マルクスは悪いヤツだなー。
そのスポンサーも含めて。
彼らはレーニンやスターリン、毛沢東ともども、改めて死ぬべきだ。

消えナw、って意味で。

まあ、でもこんな酷い連中がいましたw、って記録は作っておくべきだろう。

536 :総背番号:2006/09/14(木) 20:18:23 ID:jWOOYLXx
タバコの自販機を見ると、2008年より年齢識別を行う、と書いていた。
てーことは、やつらの思惑どうりチップをインプラントされるのか?
体のどこかにバーコード打たれるのか? んなー事はないか。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 20:50:12 ID:2MMmhZux
イラクに駐留しているアメリカ兵   …その実態は

イスラムという宗教的連合により包囲されている 「捕虜」なのだ。

なにか?が起こった時、殲滅されることにもなりかねない。

大戦争の火種。

自衛隊員も 劣化ウラン弾で被爆していながら、公表もされない。

個人情報保護とでもいいたいのであろうか? 大国の言いなり

アジアの裏切り者 隣国にもバカにされ 日本国民が哀れだ

国を護ってくれたご先祖も浮かばれない話だ。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 21:40:17 ID:Sg/Bfeg7
イギリスの労働党は親米というかポチで、保守派の方が反米なんです。
そしてイギリス保守党は二つに割れているらしい。
マーガレット・サッチャーのグループの親米派(ニュー・コンサヴァティブ)と,
古くからのロスチャイルド金融貴族たちの正統保守(オールド・コンサヴァティブ)の人で争って内部が割れているらしい。
イギリス保守党というのは貴族達の党で文字どうりガチガチの保守派らしい。

そしてサッチャーはイギリス正統保守派から「アメリカの手先になった嫌な女」だと言われているらしい。
サッチャーによってイギリスはアメリカの属国と化した。


539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 21:47:44 ID:92A+v+pr
アメリカには期待しますが、イギリスに期待することは何もないです。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 22:00:09 ID:1s5rGf2P
オランダの国際司法裁判所にまさこのおとっつあんが判事として働いているが、
あれはなにかが起こったときの保険ジャマイカ?

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 23:27:06 ID:xHiK6T6z
>>534
ということは、歴史は常により大きなものへと統一されていく過程だったんですね
残されたのは世界統一だけでしょうか?
ドルが基軸通貨になった時点で、それはより加速化したのかな
http://www.amazon.co.jp/gp/product/product-description/4198615209/ref=dp_proddesc_0/250-4884527-1774630?ie=UTF8&n=465392&s=books


542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 23:34:42 ID:prZEJ3B/
経済板の連中も格差社会というのになんらかの疑念を抱いてるようだし
ここに書いてあることを読んでもらって納得してもらえないものかな

今はともかく意見の共有から始めないことには何も進展しないと思うんだが・・・

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 23:46:04 ID:prZEJ3B/
そうそう、それと今日の植草教授の再逮捕

前の事件同様、これは絶対仕組まれてると思うんだ
経済板のカキコでこんなものもある

277 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] 投稿日:2006/09/14(木) 20:20:39

植草教授の事件は集団ストーカーと関わりがあるんじゃないか
集団ストーカーの組織を使ったらあんな事件仕組むのは
赤子の手を捻るのも同然だろう 今回の事件はともかく
おそらく最初のスカート覗きは仕込まれたのだろう
あらかじめ性癖を調べ上げて タイプの女性を、覗きたくなるような
格好させ、タイミングよく目の前を通らせて後ろに警官がスタンバイ
で罠にかかるの待つ 

これ読んでピンときた
絶対そうだろうな、と
オレもちょっと集団ストーカーってのに心当たりがあるし・・・

ホントどす黒い世の中だよ
一個人じゃなにもできないのが悔しい

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 01:33:45 ID:hWXH4f5M
*>>543
今回のは、ちゃんと”被害者”もいるので、罠だとしたらより巧妙になってきていると思う。
それと、最近の傾向として駐車違反の強制取締りや今回の酒酔い運転の厳罰化、社会への
徹底など、それ自体は文句のつけようがないのだけれど、これは、権力の強権化であり
問答無用で、国民を取り締まる、逆らえないような状況を日本に作ろうとしているように
思えてならない。共謀罪は国民が連帯することを拒むものだとすると、行き着く先は
赤紙一枚で、有無も言わせず国民を戦争に狩り出す"戦争が出来る”社会を作り出さんが
ためであると思う。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 03:48:05 ID:s3b2vBg0

小泉政権によるハニートラップだろ

ターゲットを罠に仕掛ける場合、
計算に計算を重ねたトラップを仕掛けるからね

でも、今回のトラップは楽勝w

竹中が現役でいる限り、植草の再起はムリ

運が悪かったな

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 03:53:04 ID:fhxGJkts
>>545
ふむ・・・でも、小泉って・・・そういえば、アニメにも名前が・・・あれ?
でも、基本的にシークレットガバメントのはずだが・・・。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 04:07:46 ID:Keb2pBEP
落選時代に福田赳夫の玄関番をしていた小泉純一郎は、統一教会の隠れシンパとして勝共連合と強い結びつきを持ち、
文鮮明に操られて政治家としての道を歩んだことは、知る人ぞ知る小泉がひた隠しにしてきた巨大な秘密である。
しかも勝共連合はKCIAの手で作られた組織であり、この朝鮮半島の謀略機関の手先として育てられた自民党タカ派の
一員だった小泉が首相になり、福田二世や安倍二世を小泉内閣の閣僚としてと登用したことは、ワシントンの右翼勢力の
指令にもとづくものだった。日本は小泉と結託した売国政治家によって、米国と朝鮮半島のハイエナによって
食い荒らされようとしており、すでに食い尽くされているといえる状況にある。

小泉⇔勝共連合⇔統一教会⇔文鮮明⇔シオニストユダヤ

この構図で、小泉はユダヤの為に日本を売り渡した。
ユダヤというとちょっと前まではトンデモ話として一笑に付されてきたものだが、この期に及んではテレビ、新聞でも
ユダヤに思うがままに翻弄されて疲弊した日本という図式は目で見えるようになってきた。破綻寸前のアメリカ財政を
支える下僕として、日本の儲けた金はアメリカに還流し世界第二位の経済大国の国民は困窮させられ、それでも足りないと
日本国民の最後の防波堤として国債の受け皿であった郵貯を民営化した。これによりすでに決められているユダヤ金融会社が
株主となり数百兆の金は株主が運営することとなり、利回りの悪い日本国債など買わず米国債購入に当てられ、またもや
日本の金がアメリカえと流れる。日本国債は格下げされることになり大量に保有する銀行、生保は虫の息になり株価も下がる。
そこでユダヤがもう間近に施行される三角合併により元々安い日本企業株がさらに安くなり、根こそぎ買い集められユダヤ傘下に
成り下がる。当然銀行から融資を受けた製造業をはじめとする日本企業はユダヤ株主の言いなりとなり、会社は株主のためとばかりに
さらに日本全体は殺伐とした過酷な格差社会となっていく。この郵政法案を、誰かに脅されているかのように強行に採決した小泉の
意図は何だ?ここで統一教会から繋がる朝鮮、ユダヤの忠実な犬だったことが明きらかになる。これを売国奴といわずして何と言えばいいのか?
一体日本人はこの路線を引き継ぐ統一教会ズブズブの安倍に何を期待すればいいのだろうか?

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 04:21:31 ID:mDomjicB
やはり、あの1991年8月の「八月クーデター」失敗によるソビエト・ロシア(ソビエト共産主義)の崩壊という
ことがなければ、この仕事は完成させることはできなかったと思う。ソビエトの崩壊と冷戦構造の終焉によって、
それまで曇っていた自分の頭がすっきりした。「やっと分かったゾ」という気になったのはこの時期である。
自分もまた、ほとんどの日本知識人たちと同じく、頭の幾分かを、ずっと引きずるようにして、ソビエト型とは
違うのだが別種の社会主義=政治的理想主義に長く囚われていて、この呪縛から開放されなかった。
一九九四年から一九九五年にかけてやっと、この本を書きあげ完成させたときに、私は世界を一極的に
支配する世界覇権国となったアメリカ合衆国の諸思想がどうのようになってできているのかを知ったのである。
(中略)
このとき私は、アメリカの現代アメリカ政治思想の各派を、日本語でコンパクトにまとめて、全体的に
性格描写することで、自分が悩み苦しんできた二十年来の政治イデオロギー遍歴からも開放されたのである。
私は、今や、右(保守)でもなければ、左(リベラル)でもない。
私は、ただ、それらの全体像を大きく眺めつくすものである、ということになった。
私は左右の大きな価値対立に於いて、どちらにも組するものでは自分を発見した。
私は、ただそれらの思想の諸価値の対立点を記述する者である。
(中略)
私は日本知識人層の貧弱な土俵の上に「現代アメリカ政治政治思想の全体像」を植えつけるという大きな
仕事を先駆者としてなしとげた。今や日本知識人全てを足元に見下すほどの地位を、私は自力で築いた
のである。しかし、このことは、私が大秀才である、と自惚れているのではない。
私程度は、アメリカでは頭のいい大学院生程度だということである。ということは、日本の知識人の
大半の文科系の知識人の知能水準は、アメリカに持ち出せば、頭のいい高校生程度だ、ということである。
副島隆彦「日本の秘密」


549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 06:26:30 ID:BxmC/fKC
>>548
よく分からん

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 07:42:54 ID:BxmC/fKC
http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 07:52:55 ID:x8iV0Egf
リチャードコシミズ的に世界を見ると
ユダヤ(系の財閥)の権力が(副島と比べ)過大評価されてる感があり
逆に副島的に世界を見れば
ユダヤ(系の財閥)が今世紀後半から着実に力を得て
最近になって世界政府レベルの権力構造を築き上げるまでに至った
というやや控えめな評価と感じる。

なんてスレに関係ない一人ごと。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 08:23:11 ID:Fd37orrk
もしそうだとして

911を演出・実行したんだから。ものすごい力だと思う


553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 08:44:05 ID:06hujlqM
たとえば、日本のバルブ崩壊と冷戦の終わりが時期的に一致するがそれは偶然だろうか?
また、国鉄の民営化と社会党の凋落、バルブ崩壊以降の労働運動の退潮、リストラ、フリーター
、ニートの増殖は偶然にしてはあまりに出来すぎてきると思う。


554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 09:17:30 ID:46y9YTRS
第三次世界大戦

イスラエルのレバノン侵攻により第三次世界大戦が始まったと考えるべきだろう。
この大戦の特徴は、前2回の大戦と違って派手な総力戦が短期間で終わるのと違って、
正規軍対ゲリラの非対称戦闘が長期間継続する点である。
しかし直接的・間接的な参加国は全世界的である。
9/11で既に始まているとも言えるが、戻れない地点を越えてしまい、
対決の構図が決定的になった点が特徴だ。
イスラエルに対するイスラムからの憎悪はもはや取り返しが付かない水準に達している。
いずれ、NBC兵器によるテロを受けることになる。イスラエルは、
核兵器を使うことになるだろう。
ただ、400個の核弾頭があると言っても国土は狭く資源もない。
700万人で20億人を相手に勝てるのか?

アメリカがイスラエルを支援しているのは、ユダヤロビーに抵抗できないという点に加えて、
ユダヤの影響力排除を切望する反ユダヤ勢力がイスラエルの自滅を図っていることもあるだろう。


日本にとって最悪なのは、
アメリカがNBC攻撃を受けた場合に便乗して中国が台湾に侵攻することである。
台湾を取られたら中国には何も言えなくなる。
江沢民が「日本は台湾を不沈空母だと思っている」と言ったそうだが、
まさにその通りだ。

憲法改正と核武装を急がねばならない。
真の危機は、日本人に危機感がないことである。


555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 09:30:27 ID:avOWTnQq
普通に一般社会人が手に入る書籍でも勉強はできるのにな
まあまず歴史観から歪んでしまっている副島隆彦はなんでもかんでも
アングロサクソンとユダヤの陰謀にしてしまうのがよろしくないな
そんなに彼らが嫌いならばそれに対抗する思想や哲学を世に出すのが筋だろうに
文句ばっかりこねくりまわしよって
お前はやるっきゃない!って言ってたころの社会党かよと

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 10:18:23 ID:BxmC/fKC
>>554
早急に核武装…

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 10:37:55 ID:fUAwaqjT
核武装はないな
過去の教訓を忘れてる奴多くないか今の日本は

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 12:52:05 ID:BxmC/fKC
何でないんですか?

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 20:40:51 ID:QLuL9LBA
戦争は、恐竜のチャンピオンに了解を得ないと、できない。

恐竜のチャンピオンも、いままでは、ライオンの言うなりだったが、
レインボーマンのキョロちゃんが夫妻になったので、もう用無しなのだ。



560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 22:13:39 ID:BxmC/fKC
レインボーマンのキョロちゃんてなんですか

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 22:25:43 ID:fUAwaqjT
今日は竹中総務相辞任ですか

最近は毎日話題に欠かないですな

562 :sage:2006/09/15(金) 22:58:43 ID:4mt+7wK2
神取忍が国会議員に繰り上げ当選というのも陰謀に違いないW

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 23:29:52 ID:l85aY++V
>>554
プロファイル研究所か...。

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 00:16:25 ID:bOQRY1RB
だれか>>250にレスしてやってくださいよ。・゚・(ノД`)・゚・。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 01:48:53 ID:FavFJhby
こういうユダヤ陰謀論を小説にしたヤツで面白いのない?

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 02:16:18 ID:+Z7RGeJL
>>565
ない。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 09:24:57 ID:Z48113it
>>250
日本民族はすでに130年前、結論を出しております
彼らに侵略されないためには彼らと同じようにやって力をつければ良いわけです
そこで日本は急遽開国、馴染みのない西洋の思想・哲学・文化・制度を一気に取り入れ
わずか数十年の間に植民地まで作ってしまいましたとさ
問題はその後の教育で、こういう肝心なことをキチンと教えていない

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 10:49:57 ID:RWaV3+vh
マネーロンダリグ
って小説は、まぁユダヤがメインじゃないが、
彼ら金融資本家と密接に関わる主題だから読んでみて面白いんじゃないかな。
俺は読んだことないけど。笑

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 13:30:08 ID:py+0xPwE
同じようにやっちゃダメだったんだけどねw
まあ、今更言ってもしょうがないが、また同じ事をするんだろう。
ここでちょっと話も出てきたが、概念と認識の問題を甘く見てるんだよ。
もっともこういうのは普通の学校教育ではまず教える事はできないが。

570 :偉大なるロスチャイルド:2006/09/16(土) 13:48:04 ID:a/S540PS
ええか!
レバノン、そして、イラン、シリア
これらは攻めて追放せんとあかんのじゃ!
イスラムのくずどもを排除してこそ!
ユダヤ国家が健全に建国できるのじゃ!
ええか!
 世界を支配しているもの 

     その名は  ロスチャイルド
  わっははは 論破されおって

571 :シュリア :2006/09/16(土) 13:58:17 ID:bAcNDThq
クローズドβテスター募集、だそうだ。
CABAL ONLINE たらいう新MMORPGのCβテスター募集はじまったよ。 やってみたい人はこちら。⇒http://www.zhangweijp.com/lineage/lineage.htm 勿論広告のクリックも忘れるべからず!...


572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 14:31:51 ID:+Z7RGeJL
ふっ・・・本当はロスチャイルドとかじゃないかも・・・。

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 15:19:01 ID:KM44Q2kN
ttp://blog.goo.ne.jp/2005tora/d/20060916

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 15:31:32 ID:lqvX4hP3
イギリスは保守派も逝ってるからなあ。
アメリカは保守本流がまともそうだけど。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 15:54:19 ID:lqvX4hP3
保守派が逝ってるってことは抵抗するための価値観とか基盤とかも
全部無くなってるんだよなあ。イギリスは王室が最初に乗っ取られちゃったから、無惨すぎる。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 17:27:12 ID:KM44Q2kN
>>575
>イギリスは王室が最初に乗っ取られちゃったから、
つーか日本も同じ。
カソリック化しとる。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 17:57:53 ID:lqvX4hP3
>>576
まだ、乗っ取られてないって。だいたい、カトリックはメーソンの敵だし。
欧米のすべてがメーソンじゃないよ。メーソンは欧米の伝統文化を破壊
しながら、少しずつ勢力を伸ばしてきたわけ。
キリスト教で親メーソンなのは、新興のプロテスタントね。

ザビエルなんかの所属してたイエスズ会もカトリックに対する陰謀的組織。
プロテスタントも
すべてが乗っ取られるわけじゃない。プロテスタントを生み出した宗教改革は
陰謀くさいけどね。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 18:04:55 ID:lqvX4hP3
戦後、天皇のメーソン入りを陰謀で阻止したのがローマカトリック教会っていう
話もあるくらいだよ。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 18:07:16 ID:bxRnEAOC
世界最高秘密会議
「この会議の様子を分析すると、黒魔術のトップと、世界支配戦略家と二人が
会議を取り仕切っていました。ロスチャイルドが議長をつとめますが。…
軍事的科学のトップは、最終的に戦略について実際の実現が可能かどうかを
決めます。世界支配戦略家は歴代のアスター家や、コリンズ家から。
黒魔術のトップはイルミナティ会員の中にいることが多い。
世界支配戦略家が年間の戦略企画書を会議に提出します。それを他の人も
目を通しながら、先ほどの四人が会議をしていきます」
「いままで世界を裏で牛耳ってきたロスチャイルドは2005年6月6日の悪魔の
式典で、反キリストに忠誠を誓いました。…もう90を過ぎたデービット・ロ
ックフェラーは…反キリストの申し出に従うことを承知したのです。…ついに
ブッシュも反キリストに逆らっては、スカル・アンド・ボーンズの未来もない
と感じたようです。…このたび、ロスチャイルド家で雇った魔術師達が殆ど
反キリストの指導を仰ぎながら魔術を一致してやっていくことに決めました」

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 18:30:54 ID:KM44Q2kN
>>578
この本読んでみい。

天皇のロザリオ 鬼塚 英昭著 
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4880862002/sr=1-2/qid=1158398914/ref=sr_1_2/249-3516359-1895564?ie=UTF8&s=books

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 18:37:09 ID:KM44Q2kN
ttp://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/7540/vat.html

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 18:47:53 ID:KM44Q2kN
 既に戦国時代から日本に入ってきたキリスト教のイエズス会こそがユダヤがキリスト教に寄生し乗っ取ったもので、
ユダヤの戦略は寄生し吸血し、背後で支配し管理するもので、バチカンやキリスト教も既に彼らに支配され、今や日
本古来の神道や皇室も寄生されつつあり同じ運命を辿ろうとしております。イエズス会の真の意図・謀略を見破って
鎖国を決意実施した徳川家康の歴史的行為は、正に英明、英断、英傑であったことでしょう。今は正に徳川家康のよ
うに国家百年の大計・大局に立って、深い洞察力、遠い先見性、真の背景を見通すことが出来る大政治家の登場が
待望されているように思われます。

 キリスト教に寄生し付着したユダヤイエズス会のユダヤ民族とは、実にエジプトやアッシリア、バビロンによる1000
年間の奴隷、ローマ帝国とのマサダの戦い以後の2000年間の流浪・迫害の歴史を体験し、漸く第二次世界大戦後
にイスラエル建国を見たものです。ところが可成り以前から、ユダヤ民族の奥の院は、悪しき悪魔崇拝宗教の下に
秘密結社と化して、紀元前500年ほど前のバビロン捕囚時代に完成したタルムード思想を信奉し、全世界の民族を
家畜化して人間牧場化して支配する選民思想に凝り固まり、今や各国王侯貴族をも組み込んで世界統一政府樹立
の目的に向かって、グローバル経済を仕掛けて、民族国家解体、社会の混乱を扇動、人口削減等を策謀し実施し始
めたようです。なお、この悪しき独善的で傲慢・不敵で排他的な選民思想は中華思想も相通じるものでしょう。



583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 18:49:52 ID:KM44Q2kN
 第二次世界大戦も実質的はユダヤ・イエズス会が中枢で支配するバチカンが、欧米の両ユダヤ国際金融資本を通
じてヒットラーに資金を提供して生誕させて世界大戦を仕組み、欧州からユダヤ人排斥を通じてイスラエル建国を仕掛
けたもので、他方では、イエズス会を250年間排斥した日本と、55年間排除したドイツに対する復習劇であったもので
しょう。実に第二次世界大戦はユダヤと反ユダヤの戦いでもあったものでしょう。ユダヤの戦略は正に巧妙な両頭立て
で、いずれの陣営にも支援し応援し対立させて、結果的には共倒れを図っていくものでしょう。東西冷戦も然り、また戦
後の共産党育成も然り、現在の左右両勢力の支援も然り、かつての幕末も然り、戦国時代の鉄砲売却も然りでした。
即ち、幕末時では、南北戦争で大量に余った武器の捌け口として、幕末当時の日本を狙って薩長と幕府の両方に武器
を売却して内乱化を煽り、その謀略に感付いた坂本龍馬が、英国人フリーメーソングラバーにより、薩摩を使って暗殺
されたものでしょう。

 幕末時の文久2年、キリスト教を信奉する太平天国軍と清朝軍とが対峙する中で、徳川幕府の使節として長崎から
上海を訪れた若き頃の高杉晋作は、阿片で呻吟する中国の事情を観察して英国の阿片貿易の欺瞞性を知り、太平
天国軍を裏切っていく実体を見て、東亜こそが結託して行かねばならないと言うことを痛感したものでしょう。
この1600年始めの東インド会社からの英国の中枢こそが、ユダヤに支配されたイエズス会の支配下にあったもので
しょう。インドから中国へ、そして最終的には米国ユダヤフリーメーソンと通じた日本の門戸開放であり、日本攻撃への
布石が打たれてきたものと思われます。その戦いは延々と戦後も継続し、今漸く完成しつつあるようです。正に日本と
ユダヤとが民族の興亡を賭けて最終戦争が展開されようとしております。

ttp://www4.ocn.ne.jp/~mukzke98/hoseido.html

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 19:42:30 ID:9ly4kTOn
>>560
レインボーマンのキョロちゃんとは?

まず、森羅万象の神々のことを”レインボーマン”という。
そしてその中で、コンピューター的なものを司っているのが”キョロちゃん”。
ダメな感じの人達の中には、絵のカラスといったら解る人もいるだろう。

”こころの時代”の中で、恐竜のチャンピオンも、さまざまなことをキョロちゃん
がやってくれるようになったので、楽になったそうな。


585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 19:55:54 ID:lqvX4hP3
>>583
イエスズ会は失敗したよ。イエスズ会がカトリックを乗っ取っていれば
フリーメーソンがカトリックを攻撃する必要はなかったしね。

陰謀論に見せかけて天皇の権威を落とす論説には注意すべきだよ。
奴らの目的はあくまで伝統破壊だからね。それさえ見失わなければ
だまされることはないよ。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 20:13:41 ID:lqvX4hP3
だいたい、たとえ天皇がメーソンに入会したとしても、
天皇をもり立てていくしか対抗する方法はないしね。
天皇には1500年の歴史がある。つまり、1500年間乗っ取られなければ
挽回のチャンスはある。
イギリスの場合は、オランダからオレンジ公ウイリアムが王位についた
時点ですでにorzだから、どうしようもないけどね。

要するに奴らが狙ってるのは、伝統破壊->断絶->「進歩」だから。
そのパターンを読み切って頑固に同じ権威を信じ続ければ、奴らは手を焼くよ。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 20:15:04 ID:py+0xPwE
イエズス会はなぁ、あれは事実上、フリメの別働隊に近いからな。
カトリックというよりも。
ああいう詐術をごく普通に使う所があの連中のダメなところだ。
やってる事に根本的に自信がないんだよ。
欲が強すぎるんだな。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 20:49:48 ID:KM44Q2kN
ttp://m00m.blog1.fc2.com/blog-entry-25.html

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 21:55:52 ID:lqvX4hP3
プロテスタントが陰謀の結果生まれたというのは、
アメリカの最近の陰謀論研究で指摘されるようになったらしい。
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/religion_christ_protesthaco.htm

ルターは激しい反ユダヤ主義者だったらしくて、陰謀家だったかどうかは微妙だとけど(結果的には
ヒトラーとかぶるけどね)。カルヴィンはユダヤ人で、予定説が後世に及ばした影響は狙いどおりって感じなのかな。

カトリックは、イエズス会(内部からの浸食だけど)だのメーソンだのプロテスタントだのに攻撃され続けてきたわけで、
ユダヤにとってはよっぽど目障りなんだと思うよ。
近代までの陰謀の大半が対カトリック向けといっても良いのでは?
 



590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 22:17:19 ID:KM44Q2kN
>>589
だからもうバチカンは乗っ取られてるって。

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 23:04:34 ID:lqvX4hP3
>>590
今現在ではその可能性もあるけどね。現在の法王はドイツ人の保守派らしいから
まだ乗っ取られていない可能性も結構あると思ってるけど。
まあ、近代までの陰謀がバチカンを対象としてたってことが
重要なわけで。


592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 00:37:55 ID:Oeq/xyFg
>>591

今回物議を醸している法王発言を見ると、乗っ取られてる可能性も十分あるかと。
なんか今日になって謝っちゃったけどw

ローマ法王庁、ベネディクト16世発言で謝罪声明
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060916-00000214-yom-int

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 02:17:14 ID:n0UJYRvh
1984年

2月21日 カザロリ枢機卿はイタリアのプラクシ大統領と新しい政教条約を結び、イタリアはカトリックを国教とすることを放棄する。

3月22日 教皇ヨハネ・パウロ2世はバチカンにブナイ・ブリッツの訪問団を受け入れる。

12月 ヨハネ・パウロ2世、ローマのルター派教会の礼拝式に参列。



いろんなバチカンに関するキーワードを検索していくと、際限なくメーソンとの係わり合いが出てくるね。


594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 08:26:14 ID:yXxb+r9F
まあ、最近のバチカンは心許ないのは事実。
戦前まではメーソン攻撃の急先鋒だったんだけどね。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 09:32:17 ID:6mYrTf4G
しょせん、人間は金の力で動くのか…

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 09:41:58 ID:IVACjfJR
>>595
最低限のお金は必要ですよ。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 09:54:33 ID:yXxb+r9F
金の力だけじゃないよ。イングランドみたいに金だけであっさり乗っ取られるケースもあるけど(まあ
「プロテスタント」という道具も有効だったんだけど)、
国家にしても宗教にしても精神的支柱がしっかりしてて伝統がある組織を乗っ取るのはなかなか難しい。
ナチスのユダヤ人迫害の反動で

多様性に対する寛容さが求められるようになったから、カトリックの精神的支柱となってたある意味での頑固さ
を発揮できなくなったのが大きいかも。
精神的支柱がなくなると、投票で選出される法王は確かに乗っ取られやすいなあ。宗教組織が世襲というのも難しいけどね。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 10:29:54 ID:yXxb+r9F
プロテスタントのことを悪く書いたけど、今ではプロテスタントにもそれなりの伝統ができたから、
奴らにとっては邪魔かもね。とにかく伝統は「進歩」の邪魔になるから。次から次へと規範を変えていくのが
「進歩」を促すうえで都合がよいわけで。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 10:51:37 ID:yXxb+r9F
「進歩」っていうのは、合理化、最適化の意味ね。つまり、無駄を排除するってこと。
ものごとは混沌とした状況で合理化、最適化が進むから。
伝統があると、合理化、最適化が進まない。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 16:15:37 ID:DcTpQbM4
飛鳥昭雄のいう、セムメーソン、ハムメーソン、ヤフェトメーソン、へブルメーソン
とかいうのは本当なのか?

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 10:00:30 ID:ffqmUiEg
ユダヤ資本が少し衰えて日中露を分断する力がなくなってきたって本当?

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 10:40:45 ID:V3+ulVVN
中国とアメリカが接近してきているし、ユダヤ資本にもいろいろありそう

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 10:40:51 ID:vUiJ9E0k
ユダヤ対イスラムは一神教VS一神教
両者とも「日本は殲滅すべき異教徒」という立場では一致してる
日本人としては共倒れを望む

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 15:28:04 ID:vwd41oeO
メーソンがオナニー集団って知ったときの衝撃は・・・
10年前ぐらいのムック本ってのがまた

4万で入れるよ

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 15:30:43 ID:8waYUz+f
http://homepage.mac.com/clicliclick/tama/

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 20:42:56 ID:4Ewtcyld
昭和八年頃の貴族院でのやりとり

某議員
Q:「このたび国際連盟が日本や満州の渇望を無残にも蹂躙したばかりでなく、
   ついに世界的孤立に陥らすに至った裏面には、フリーメースンリー・・・
   いわゆるマッソン団を中心とするユダヤ人の奇怪なる陰謀があると言われているが、
   事実はいかがであるか?」

内田康哉外相
A:「遺憾ながら、マッソン団の陰謀を阻止することができなかった──」

http://www.asyura.com/sora/bd12/msg/1043.html

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 20:53:18 ID:TeY7MJil
うそろってあげ。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 21:20:00 ID:VMmZ6tyd
>>36-37
なげえよタコ

609 ::2006/09/18(月) 21:36:13 ID:ChZgSh6N
安◯氏が統◯教会の息がかかっているなら 彼の『美しい国は(韓国・朝鮮)ではないか? 日本は反日教育で汚い殺人鬼の国だから、美しい国に有利になる政治かも 小◯も半島の人間と噂がある かくして蘇民将来の完成だな 麻◯大逆転なら面白いのに!

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 21:49:57 ID:JQs4YDpC
フランス革命、アメリカ独立戦争、明治維新‥

などなど影で演出してきたのか。いや〜
フリーメーソンって本当っにすばらしいですね

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:24:21 ID:1Ablkj3m
>>610
氏んでください。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:26:19 ID:ypG2Qrx+
>>610
素晴らしいというより、スゲーよな。
恐ろしい。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:37:06 ID:EAJJl+oI
フリーメーソンやイルミナティーを知る上で最適な本って何?

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:47:02 ID:ffqmUiEg
>>609
あさうは秋葉原だかどっかで演説やって若者受けしたそうだがどうなんだろうな

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:57:19 ID:4hUcq/Tl
>>614
ぜんぜん意味ないよ
総裁選は自民党の総裁を決める選挙であって
自民党員による投票なんだから
アキバでウロウロしてるアンチャンは自民党員じゃないだろ
あれはマスコミに報道してもらうための稚拙なパフォーマンス

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 23:35:03 ID:JQs4YDpC
>613
最初はスティーブン・ナイトの
「フリーメーソンの秘密」が最適

と‥

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 23:44:14 ID:C0b/BAHJ
さて、世界を終了させるかな…

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 00:16:36 ID:oMYeWXvS
>>617
やめてください。

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 00:29:57 ID:rLUMpDNN
>>613
普通の西欧史学かな。
マジレスすると。
思想史の変遷とかを見る方が、おぼろげに見えてくるものがあるかも。
陰謀論系の本は参考とキーワード探しに使うべき。

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 00:49:59 ID:EZwiCNtb
ついに最終戦争を起こす世界の指導者達が揃ってきました。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 09:05:33 ID:rBuQqySU
 1)「我々は、2つのシナリオのために準備しなければならない。もし我々がアメリカに対して生物化学兵器による
奇襲攻撃を仕掛ければ、中国の人民はアメリカとの戦いにおいて、少しばかりの損害をこうむるだけで済むだろう。
しかし、もし、この奇襲攻撃が失敗し、アメリカから核で反撃されたら、中国は大災害となり、半分以上の人口が死
に絶えるだろう。従って、我々は都市部の空防システムを準備しなければならないのである。どのような事態に直面
しても、我々は党と国、そして国家の未来のために前進するのみであり、そのためには困難を乗り越え、犠牲はやむ
を得ないのである。人口の半分以上が死に絶えてもまた再生できるが、もし党が無くなれば、すべてがなくなり、
永遠になくなるのだ!」

 2)「どのような事態になっても、我々、中国共産党は、決して歴史の舞台から引き下がらない!我々は、歴史の
舞台から退くよりも、あえて世界中の人民を道ずれに自決する道を選ぶ。“核の束縛”という論理があるではないか?
つまり、核があるから、世界の安全は保たれており、死ぬときは皆一緒、という論理である。私の考えでは、党の運命
は世界の運命と共にある、という束縛があると思う。もし我々、中共がなくなれば、中国がなくなり、そして世界も終わる、
ということである。」
ttp://www.epochtimes.jp/jp/2005/08/html/d26023.html


622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 10:26:01 ID:SDd6rmB9
>>614
どこかのスレに書き込んだのをコピペします。

何にも知らないのに安倍マンセーする低脳児がいっぱいいる。
小泉が総理になる時もそうだった、小泉なら少しの痛みに耐えれば日本の国民の
生活はまた復活すると根拠もなく支持した。しかしふたを開けてみるとすべて日本人の
苦しみとなることしかしてこなかった、しかし靖国にいくだけでそれらの売国行為を
すべて許すバカがまだいっぱいいるのを見ると本気で、こいつら氏ねばいいのにと
思ってしまう。しかもそいつらが一番の被害者なのに一番支持してる。
本当に頭が悪い。タックルとか見て、上っ面だけで判断して分かったような
顔してるバカの集まりだ。総裁選の街頭演説を秋葉原でやったが、自民党員でもない
只のキモヲタの前でなぜやるんだろうと疑問にも思わず、「俺たちの見方だ!
やっぱ自民しかないよね。」と素直に受け入れてしまうような、バカのネット世代が
次の選挙の時には重要な票田になると踏んで利用されているだけなのに。
それなのに小泉売国路線を引き継ぐ同じ穴の狢安倍を支持とかホント低脳。
すると決まって、「じゃあどこを支持するの?」とか白黒つけたがる低脳振りをまたも
発揮させる。統一教会、勝共連合、すべて朝鮮がらみの、親の代からズブズブの
安倍を、小泉同様無条件に支持、JCIAなんて自作自演悪の枢軸CIAの下請けに
なって悪の枢軸の片棒担ぐだけなのにね。アメリカが未来永劫覇権国家で続けば良い
んだけどね。w 破綻寸前で日本は一生懸命搾取され続けてるのにも気づかない。
マスコミ批判するのに肝心のところは受け売りで信じてしまってる。アラブは悪で
テロも悪、アメリカは正義の味方とか、なんだか知らないけど刷り込まれてる。w
アメリカは破綻するから、そのキープとして中国は取っておいて利用すればいいのに。
そんな機転も利かないから、ただ反中。w なんでも一面的に理解しようとするから
騙されるんだよ。w 要するにテレビマスコミに流れてる情報だけで分かった気に
なって判断することはフェアじゃないだろってこと。またペテン師小泉の二の舞に
なるよってこと。素人将棋指しでも数手先まで考えるんだけどね。w


623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 11:15:17 ID:ts1x0LXN
心配するなアメリカでさえ、まだ完全に乗っ取られてない。というかアメリカでは反撃が始まってる。
完全に乗っ取られてるのはイギリスとオランダのみ。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 11:29:58 ID:B4wgcLxX
国を本当に乗っ取るならば政治を押さえないだめだよ
彼らは金を使って間接的には影響力を維持するがやはり体を張って政治家を出さないとな

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 11:39:52 ID:ts1x0LXN
政治家が体を張るのは何かの信念のためだけ。金では体を張らないな。
究極的に人が信じられる信念なんてものを全部なくせば、金だけで動かせる領域は広がるけどね。
信念をちょっとずつでたらめなものに置き換えていけばいいのさ。それが西洋の歴史。

626 :日本再生:2006/09/19(火) 11:46:15 ID:BMXrrISD
国を支配するならエネルギーをしはいすべし。
個人を支配するなら、食料を支配すればよい。
キッシンジャー発言

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 12:25:28 ID:78hTk6wr
>>626
くっそう、我が国はエネルギーも食糧も他国頼み

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 12:44:28 ID:B4wgcLxX
食料自給率のマジック
実は日本は米を主食とすれば一気に自給率があがるのであった

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 13:27:02 ID:9GKLZt/H
フリメの手先、吉田茂の孫アソー。

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 13:47:52 ID:TL1R5Pyd
>>629
吉田茂がフリメの手先?
詳細キボンヌ

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 15:16:44 ID:X8wP4u4/
宇野正美の「ドイツ第四帝国の勃興とユダヤ戦略」に書いてあったけど、
戦後、東ドイツの指導者の5割以上はユダヤ系だったらしいね。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 15:49:10 ID:B4wgcLxX
ここは宇野さんとか副島さんとかばっかかw

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 17:10:18 ID:BZcNNTTh
http://100777.com/introduction

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 19:39:25 ID:m+WuIIrH
明治維新での江戸無血開城って、日本の機転で流血を阻止した?

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 00:20:01 ID:HrUc7j90
>>634
慶喜はユダヤ商人が幕府に武器を売らなかった時点で腹をくくってただろうし、
ユダヤが官軍についたという認識が幕府側にはあっただろう。

自軍の行為が「外国の支援による政権転覆」であり、
ユダヤによる支配を招く可能性があると薩長側で危機的に認識していたのは、
後の元老ら、ごく一部じゃないかな。竜馬は既に死んでいたし、
認識していても土石流のように走り出していたものを誰にも止められない。

それはまるで、小泉政権の郵政民営化の肝が郵便事業などではなく
簡保と郵貯の支配権の移譲だということを国民が知らないのと同じ。
現代でも大半の日本人は「ユダヤの陰謀」と聞いただけで笑う。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 00:24:22 ID:KlJNtvoA
298 名前:はじめまして名無しさん :2006/09/15(金) 23:22:38 ID:pNL/1NTp   
         ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" | 竹石圭佑 
   (⌒ヽ             |) (1986〜 愛知県名古屋市)
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

       /;;;;;;;;;;;;`Y´;;;;;;;;\
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
      l;;;;;r'´ ̄ ̄~  ̄ ̄ヽ;;;;;!
       |;;;;;;|         |;;;;;|
       {;;;;r',;;'"゙`、  .,,;-ー、 ',:;}   植草一秀
      rゝl!. (●)│l (●), :l;jヽ 名古屋商科大学客員教授  
       〉),|   . ノ ヽ   :!ノ/   
        ゝ_.l   ゝ- '   ,jノ
        l、  ___,  /!  
         lヽ  ー‐'  ,/ ! 
          /!、`ー─‐'" /ヽ  

 竹石圭佑と植草一秀氏には多くの重大な「共通点」がある。
竹石圭佑は覗き&盗撮が趣味で高校時代にも最低2回は「覗き」「下着泥棒」で捕まっている。
顔の系統も同じで、かなりレベルの高い金魚面である。
竹石や植草氏は世の中の女性を「性欲処理の道具」としてしか見ていない。
犯罪・変態行為で互いにしのぎを削りあう両名。好敵手とも言える。
しかし、この二人の不自然なほどの重大な「共通点」から考察すると、竹石圭佑は植草一秀氏と血縁関係にあるとも考えられる。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 00:49:16 ID:TshRB6Ep
http://homepage.mac.com/apple_fight/tama/

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 02:38:19 ID:qb60e6kj
ちょいと日本語に歪みがあるけど
関税払った者に所有権とか〜?言えないわね
三菱も三井も長崎グラバー日産してたしな。
おれの疑問は三菱だけ濃く六区婦絵ラーに流れたか。
グラバーは英ロス系なのにグラバーの造船所などは
三菱が引き継いでるだ。
三井が三菱に売ったのかな?

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 05:35:37 ID:9OmjE/89
日経の夕刊にリストが載ってたけど、北朝鮮制裁の15団体1個人のうち、
「1個人」はヤコブさんというスイス企業の人らしいよ。どんな人物なのだろう。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 09:07:17 ID:YjhDmGwD
幕府にはフランスが武器から軍事教練まで面倒見てくれていただろうに
五稜郭政府もフランスが支援

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 13:01:38 ID:rWX8aMIz
陰謀論の【図表】
http://www.geocities.jp/bluewhitered34/sekainouraexcel0915kuwasiisaishuu1web.html

聖書と日本の不思議な関係・失なわれた10支族【図表】
http://www.geocities.jp/bluewhitered34/seishotonihon060829excelshousai.htm
「トップ・ページ」
http://www.geocities.jp/bluewhitered34/index.html

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 21:01:35 ID:bTbIWqI+
民族自決はもう古い
これからは帝国全決の時代だよ!

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 01:03:13 ID:wJ+Kg8K8
フリーメーソンに入りたいんだけど、何か条件ってある?

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 08:58:50 ID:KMP1Kvin
高学歴 高収入 高身長

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 12:43:30 ID:v/yhmyGo
身長も関係あるのか

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 13:15:24 ID:760YJyhu
中指も長くないと駄目

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 15:06:42 ID:YN8iXu24
ルックス大事だよ。ナルシスト集団だからね。
フリーメーソンの本質的な思想である人間至上主義では、必然的にナルシストにならざるを得ないしね。
人間至上主義を基盤とする左翼やリベラルも同じようにナルシスト。

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 16:34:07 ID:v/yhmyGo
人間至上じゃない主義って難しいですね

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 16:51:57 ID:YN8iXu24
>>648
幼児期からの万能感を離れて、自分の力ではどうにもできないことがあるってことを心底納得できてるかどうかだよ。
「足るを知る」気持ちを持ってるかどうか。それを持ってない奴はまずナルシストになるし(まあ、欲望を理性で
抑えなければDQN方向に行くけどコインの裏表だな)。
極端だと世界改造に走っちゃうw

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 17:02:18 ID:0VC+3Qnv
左端ル○○ァーを崇拝している連中だから、一種の狂信者。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 18:07:17 ID:3BEuvhn3
狂信者?www

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 19:43:57 ID:0cxtkfN2
あんまり崇拝してないと思うぞ。
崇拝してたとしても彼らは
「自分の内なるルシファー=俺達考える所の的ルシファー」
を崇めてるだけ。
正直リアルでどうかは連中はどうでもいいんだよw
他の宗教のもみんなそうだが。
キリスト教だろうが、イスラムだろうが、仏教だろうがな。

これを称して人間中心主義というのだ。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 19:47:23 ID:0VC+3Qnv
人間中心主義=
西洋文明そのものだろ?
ルネッサンスからか?

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 19:58:19 ID:YN8iXu24
>>652
そうそう、だから666は人間を表す数字なんだよ。ルシファーはいろんな意味で
その象徴。キリスト教でも仏教でも人間の内側からの誘惑をルシファーに
例えてる。

>>653
そうだよ。ルネッサンスから世界改造が始まったんだよ。

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 20:50:12 ID:YN8iXu24
人間の力ではどうしようもできないことをキリスト教では「神」
仏教では「諸行無常」(つまり「空」ね)と呼んでるんだよ。
これで人間至上主義=悪魔主義を抑えてるわけ。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 21:56:20 ID:dmd5P4gq
無茶苦茶言うな!仏教をネジマゲルナ!

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 22:03:35 ID:YN8iXu24
>>656
まあ、一般化しすぎかもしれないけどね。
でも、「空」の持つ効果と「神」の持つ効果はよく似てるんだよ。
浄土真宗とかでは「空」を直接的に教えないで「他力」とか「阿弥陀仏」
に置き換えてるでしょ。あれは親鸞の発見だと思う。

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 22:14:27 ID:dmd5P4gq
神は、います。我々の心に!偶像を崇拝するのでは無く 自分自身の心をドアとして神の恩恵を得るのです 我々は神の心の中で生活し生きているのです。当たり前すぎて解らないのです。我々は神の中に生まれ 生き 死ぬのです 神はいつも我々と共にある 人間の五感を越えたところに

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 23:32:21 ID:aI6bQ8dg
ひょっとしたら今いる人間はもう死んでいて、いつ消えても
おかしくないのかも知れないと思うときがあるのだが、
これって病気?

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 23:40:51 ID:3BEuvhn3
>>659
爆破するよ?

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 23:52:12 ID:760YJyhu
????[無]でねぇかい??
無の境地。
なにもない点(空間)即ちビックバンみたいな

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 23:57:06 ID:4ECgMK+L
>>659

それって未来予知?  ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 01:12:27 ID:nFr+KVca
あの………違法・薬の板いったら凄い新世界概念のカキコたくさんありすよて……

664 :666:2006/09/22(金) 05:41:52 ID:D14snObg
http://www.greatgridlock.net/NYC_Images/tishman.html
http://www.emporis.com/en/il/im/?id=209535

陰謀論の本やサイトでは、ロックフェラーセンタービルの側面には666の数字がデカデカと掲げてあるという話だったが、666の数字は、ロックフェラーセンタービルではなく、Tishman Building というビルの側面にある。

と言うと、なーんだやっぱりガセネタだったのかとガッカリしてしまう人も多いだろうが、心配御無用。

このビルは、"ロックフェラーセンター"内のNY5番街"666"番地にあるのだ。

"ロックフェラーセンター"とは、NYの5番街から7番街の48丁目から52丁目までを占める巨大なビジネス・コンプレックスのことであって、 "ロックフェラーセンタービル"とはイコールではない。
http://www2k.biglobe.ne.jp/~c-navi/ny/rockefeller.htm

つまり、「ロックフェラーセンタービル側面に666」という話は、ろくにNYについて知りもしない人間(かくいう私も今の今までそうだった が)が、それらを混同して語り継いだデタラメだったことになる。

しかし、ロックフェラーセンターの中にある以上、当たらずとも遠からずである。いくらこのビルの番地が、666だからといって、ビルの番地をあたかもビル名のごとくあそこまでデカデカと側面に掲げることは通常考えにくい。
やはり、そこには、反キリスト=獣としての意思が働いていた考えるのが自然だろう。

ちなみに2002年から666という文字は"Citi"という文字に変わっているらしい。
http://www.thecityreview.com/fifth666.html

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 06:09:50 ID:NpyKzvZB
>>585
伝統破壊・・・
やっぱり創価の裏にいるのがフリーメーソンってことなのか。
創価の伝統破壊っぷりはすさまじいものがある。
しまいには日本を乗っ取るぐらいの勢いがあるし。
左翼ですら妄想で終わらせる事を平然とした顔で実行する組織。

666 :666:2006/09/22(金) 06:49:54 ID:D14snObg
関連があるのでアップしたが、ユダヤとフリーメーソンをごっちゃに
するのはよくないな。

フリーメーソンは一神教信者なら誰でもウェルカムなのでユダヤも
関連するが一体ではない。
基本的に宗教や政治を統一して世界政府を樹立することを目的として
おり、統一後の宗教や政治とは思想を異にするという意味において
反ユダヤであり反キリスト(666)なのだと解釈している。
(反キリストだ獣だと言うと物騒だが、本来は世界政府樹立によって
恒久平和を実現しようとする崇高な思想だ。)

一方石油メジャー系の財閥は中東情勢を悪化させることで原油高騰
を招いたり、軍需を拡大させることで莫大な利益を得ている。まさ
に悪魔と呼ぶに相応しい連中であるが、その背景に本来のフリーメ
ーソンのような思想的なバックボーンがあるかと言えば疑わしい。
おそらく、自らの所業を正当化するにあたり、フリーメーソンの
思想を利用しているだけであろう。

667 :666:2006/09/22(金) 06:55:57 ID:D14snObg
ロスチャイルドは英政府を動かしイスラエル建国を果たしたが、
そこにはロックフェラーのように石油利権を狙う意図はあまり
なかったと思える。何故なら中東に豊富な石油資源があると判明
したのは第二次大戦後になってからのことだからだ。

このことからもわかるようにロスチャイルドは思想的にはユダヤ
=シオニスト系であってフリーメーソン寄りのロックフェラー
とは趣を異にする。

ロックフェラーは既にロスチャイルドの支配化にあるとする説が
あるが、それならば、元々英国主導で始まったユダヤ=イスラエル
への支援が、アメリカ主導に変わったのはおかしい。
第二次大戦後、アメリカの覇権が固まるにつれロックフェラーの
影響力がヨーロッパや中東においても強まったと考えるのが自然。

(資本提携などで渾然一体となっているのかもしれんが、このあたり
のことはあまり調べていないのでよくわからん。)

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 06:57:04 ID:48mIxrt4
たとえば自分の生きてる世界は、誰かの指先の細胞・原子核で、
宇宙と呼ばれてる世界の営みは何かの細胞の新陳代謝のひとつかもしれない。
俺らも顕微鏡で見える細菌だと思われてるかも。
と話したらある意味新しいと感心された。

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 07:49:40 ID:nog0W8+O
>>667
聖書にも燃える水の記述があり、それを全く無視して
発見された時点まで全然知らなかったという仮定は少々
無理があるのかもしれん。それと数十年単位だとかの
短い期間に区切って歴史経過を分断して考えることは極力避けるべき。

>ロックフェラーは既にロスチャイルドの支配化にあるとする説が
あるが、それならば、元々英国主導で始まったユダヤ=イスラエル
への支援が、アメリカ主導に変わったのはおかしい。

ロックフェラーがロスチャイルドから全く独立して成長していきロスチャイルド
を凌駕する立場になったと言うように読めるが、アメリカ独立の経緯からして
おかしくないか?
>の引用文も矛盾している、ロスチャイルドの支配下だからこそアメリカ主導で
任せられるんじゃないか?一心同体で連携しているからこそ覇権国家のアメリカ
ではロックフェラーが担当する。そして一方極東では文鮮明の統一教会が担当する。
例えて言うと本店のロスチャイルド社長に、それに仕えるアメリカ支店長
ロックフェラー、そして極東支店長統一教会文鮮明だと思うが。決して三者とも
離反してもいないし反発することも競争することもない。結局同根の仲間だということ
だと思うが。ロックフェラーとロスチャイルドが競合しいがみ合ってる様な認識は
ちょっと違うと思う。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 09:45:23 ID:OLX7AJGb
メソニック39!!!!!
ttp://www.snsi-j.jp/boards/gb.cgi?room=undefine

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 10:14:11 ID:1vlKdjgS
21日付けのきっこの日記見てくれい

2chの不可解な右翼発言などいろいろ照らし合わせて考えると
全て将来必ず起きる戦争への布石だったんだなぁとつくづく思う

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 10:47:45 ID:Zu1KOb6p
>>671
2chは、国民とくに若者を右傾化させる為に作られたんかね?
それとも変質してきた?


673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 10:51:15 ID:T9l2mtFR
>>672
インターネットというものを普及させたのはそもそもどういう意味があるかってことだろ

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 11:05:18 ID:1vlKdjgS
>>672
残念ながら
前者だと思う(インターネットと2chは別に考えてw)

そもそも2chねるってさ、どこの国が管理してるのか知ってる?
ひろゆきでもなく日本でもなくアメリカなんだよ

しかも書き込みのほとんどが日本人ってわけでもなく
世界中の人々も利用しているらしい

もう既に2chに見切りつけた人は匿名性の薄いコミュニティサイトに移行してるだろうし
最終的に残りカスは右傾化してしまった若者たちだけになるかもしれん

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 11:10:29 ID:ApuHZCCt
>>666
さすが、666氏w
現代の人間なら少なくとも半数以上はフリーメーソンの思想が正しいと思うはず。
それを認識することがまず第一歩。変な偽善はいらない。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 11:40:46 ID:ApuHZCCt
>>666
でも、戦争を起こしてる奴らとメーソンは同一視しても良いと思うよ。
第一次大戦、第二次大戦の例もあるし、メーソンは平和主義者からは最もほど遠い。
そうでないと世界大戦を起こして世界統一政府を作ろうなんて発想は出てこない。
また、
世界統一政府を作ったからって平和とは限らない。今以上に内戦頻発の世の中になるしね。
まあ、その内戦が下火になったときにメーソンの望む世界になるんだろうけど。
とにかく、人間至上主義思想の当然の結果として、陰謀が好んで使われるんだよw
それから、ロックフェラーとかロスチャイルドとか気にする必要はないよ。

677 :666:2006/09/22(金) 11:55:50 ID:D14snObg
げーーーっ!!!!!! 666のキリ番ゲットは全くの偶然ですよ!!!
レスもらうまで気付かなかった! マジでビビった!!!
もしかして俺って666なのか????

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 12:06:19 ID:D14snObg
666のHNは怖くなってきたので止めます。

まぁ、色々反論はおありでしょうが、一番評価して欲しいのは、
学研ムー系の本に白黒写真でちょろっとしか出ていなかった、真偽の定かで
なかった「ロックフェラーセンタービルに666」伝説を、最新の画像と
情報を元に整理したことですな。

何の反応もなかったところを見ると、皆さんは知っていたのかな?
私がググリまくった限りでは、画像はおろか、ここまで整理して真相を
解説できた人間はいないようなのだが、、、、。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 12:10:04 ID:nog0W8+O
きっこのブログの例のネオコンと安倍ら親ネオコン議員らとの会合の件で、
反米発言でこのところマスコミから干されている森田実も箍が外れたのか
自分のブログでかなりぶっちゃけています。
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C02758.HTML
日付はこちらは2006.7.10。

《アメリカン・エンタープライズ・インスティチュート(AEI)というワシントンに
ある主要なシンクタンクがあります。これが「ジャパン・ハンドラーズ」即ち
日本を意のままに操るためのアメリカの人材養成の本山の一つなんです。
いわゆる凶暴なネオコン派の牙城です。 ・・・・

きっこのブログ
2006.09.22付 安倍晋三が改憲を急ぐワケ
http://www.kikko.cocolog-nifty.com/kikko/


フリーメーソン・イルミナティのユダヤ大王様の手下のネオコンが
親ネオコン統一教会安倍ら売国下僕衆が本格的に日本を壊そうと
画策してるようです。


さあ盛り上がってまいりました。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 12:11:29 ID:3Hge9170
>>677
君は666。
自覚が足りない。

681 :679:2006/09/22(金) 12:12:03 ID:nog0W8+O
      反米反日親北・金大中、盧武鉉
         ↑
         | 北朝鮮、金正日
安倍      |   ↑
 ↑      |   |
自民党⇔統一教会・文鮮明⇔国際ユダヤ資本
  ↑  |             |   ↓     
  |  |             |   米軍需産業体
  |  ↓             |   石油メジャー
  勝共連合            ↓ 
    ↑            ネオコン
    |               ↓
    KCIA          イスラエル
     ↑             ↓
      CIA   ⇔  諜報機関モサド

CIAによって作られたKCIAに勝共連合は作られ、統一教会とともに自民に秘書を送り込み操作する一方、
統一教会文鮮明は反日反米の現盧武鉉政権を支援し北朝鮮とも親密な関係を保つことにより、
日韓離反を継続させることによりMD構想で米軍需産業を潤わせる。国際ユダヤ資本の意向を受けた
ネオコンの言う通りに安倍も発言する(してきた)日韓離反で反韓の鬱憤が溜まった自称右派日本人は
これを歓迎。靖国参拝大歓迎=日韓離反継続+関係悪化。財政破綻寸前のアメリカを助ける為に日本
は支援し郵貯会社の金もユダヤ株主(予定)に運用させる手筈を整え米国債購入等合法的に金を進呈する。
日本と同じ米の属国韓国はすでに乗っ取り作戦成功。これと同じように今後の予定は日本国債暴落で銀行、
生保は疲弊し、融資先の製造業その他日本の企業は買われていく一方で軍需産業、石油メジャーを
潤わせる為に、作られた紛争でまたアラブ関連でしょうけど日本は人と金を供出させられ断れない。
このように外から日本を攻め、内からも皇室典範など象徴的なことから壊していく。これで日本はもっと
もっと疲弊する。ざっとこのような流れです。



682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 12:14:35 ID:D14snObg
>669
>ロックフェラーがロスチャイルドから全く独立して成長していきロスチャイルド
を凌駕する立場になったと言うように読めるが、アメリカ独立の経緯からして
おかしくないか?

アメリカ独立はメーソンによるものだが、初代ロックフェラーはメー
ソンの動きとは無関係に石油を掘り当ててアメリカンドリームを
成し遂げた人物だと思う。財閥を形成する過程でロスチャイルドとも
接触があり、何らかの思想上の影響を受けた可能性は否定しないが、
基本的に別の勢力だと思う。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 12:34:39 ID:nog0W8+O
>>682
アメリカが今現在行っているアラブへの介入、イスラエルとの
紛争化への画策はロックフェラーのアメリカの思惑だけだという
見解なのだろうか。そうではないはずだ、イギリスが大きなウェイト
を占めたイスラエル建国だが、今は関係ないということか?そうではないはずだ。
奴ら反キリストフリーメーソン・イルミナティ・サタニスト・シオニスト国際ユダヤ資本
の目的は旧約聖書の約束の通りにエルサレムに神殿を作り大帝国を打ちたて
世界中の人々を家畜のように支配することだ。そのためにロックフェラーも
ロスチャイルドも十分以上に連携しているではないか。そのためにアラブとイスラエル
を争わせているではないか。さらっと全否定されたが根拠が薄いんじゃないか?
だからロックフェラーとロスチャイルドは二大巨頭として切磋琢磨して競合して
張り合っているという認識はさっきははっきり言わなかったがそれは間違っている。
そもそもこの期に及んでそんなことはまるで意味がない状況に来ているということ
ぐらいは理解しているんだろうとは思うが。

アルバート・パイク
「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、
イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。
世界的な紛争の拡大が計画されている……」


684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 12:51:50 ID:T9l2mtFR
しかしおまいら
ほっとくとすぐ陰謀論に傾くなw

副島単体の評価はとりあえず置いといて
本当に安倍内閣に前原防衛庁長官が誕生するならば
森田経由で副島を評価したいと思う

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 13:05:36 ID:D14snObg
国際ユダヤ資本と言われるが、ロックフェラーその他アメリカ起源の財閥
の多くはユダヤとは直接関係ないと思う。
むしろフリーメーソンが媒介となって欧米の財閥が連携しているのかも
しれない。

ちなみにユダヤ陰謀論の重要な証拠としてしばしば取り上げられる
「シオン賢者の議定書(プロトコル)」は1921年「タイムズ」誌に
よって、1856年に出版されたナポレオン三世を批判したパンフレット
「地獄の対話」をベースに捏造されたものであることが明らかにされている。
つまり、デッチアゲだったということ。

詳しいことはノーマン・コーン著のWarrant For Genocideという本に詳しく
書かれている。日本では1986年にKKベストセラーズから「ユダヤ人
世界征服陰謀の神話 シオン賢者の議定書」というタイトルで邦訳が出て
いるので探してみると良いですな。

ユダヤ陰謀論の原点であるプロトコルが捏造文書である以上、それを
信じる人の主張はあまり信憑性がないと思った方が良い。
一番熱狂的な信者だったのはヒトラーですな。
プロトコルを信じる人達はユダヤとフリーメーソンを同一視している
ようだが、この本を読めば、懐疑的にならざるを得ないだろう。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 13:11:31 ID:T9l2mtFR
まあどうでもいいことだが
陰謀説でない人のユダヤ資本連中のイメージは
欧州王侯貴族の番頭程度のものだ
その辺りは欧州の歴史を少々勉強していただければどういうイメージかはわかりやすいと思う

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 13:15:39 ID:ApuHZCCt
プロトコルも最新の陰謀論からすると古いところが目立つよ。
まあ、ついてるところもあるんだが。???ってとこも多いし。偽書かどうかは正直わからないね。


688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 13:21:45 ID:NR9NzX2Z
そういえば、ダビンチ・コードで有名になった、シオン修道会っていうのも
でっち上げで、実体はなかった って言うのを最近CBSでやっていた。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 13:38:19 ID:D14snObg
>683
キリスト教もユダヤ人であるキリストの教えであるし、フリーメー
ソンも神秘主義的な色彩が濃いので、思想的には似通っている。
しかし、だからといって同一視するのはいかがなものか。

財閥と言っても要は営利団体だから、完全に一体化することなど有り得ず、
銀行がだんだんと合併して巨大化しつつも、その過程で熾烈な競争が
続けられているように、何らかの競合があると考える方が自然。

ロスチャイルドは元々金融系の財閥であり、またシオニストとしては、
イスラエル建国である程度目標を達成してしまっている。
一方ロックフェラーは石油メジャー系であり、エルサレムに神殿を建て
世界帝国を築くのが目的というよりは、単に石油利権が欲しいだけかと。

ユダヤにはメーソンを内包する柔軟性はないが、メーソンにはそれがある。
自由平等博愛のうちの博愛がそれですな。
仮にどちらかが構造的に上位に位置するとすれば、それはメーソンの方
だと思うが、あくまで思想上の話であって、実践レベルではどちらに属する
企業も単なる拝金主義と呼ぶべきものなのかもしれない。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 13:38:21 ID:L8mib7yG
>>685
全体として貴方の文章は正しすぎるw
シオンの議定書はドイツ参謀本部がつくったとの説もあるね。
ついでにマルクス主義の拡大に力を貸したのもドイツ参謀本部とのイギリスの研究者の説もある。
これ、俺の仮説だけどドイツ圏にあまり知られてない秘密結社があるんじゃないか?ドイツ土着のゲルマン系の。
イルミナティーもババリア発祥だし。
案外、ユダヤやメーソンはそれを隠すための手段だったりして。
もうね、最近出た本でメーソンやイルミナティーは社会的に認知されてしまったじゃない?
秘密結社の体をなしてないw           そして、アメリカはドイツゲルマン系の秘密結社の流れを組む財閥とユダヤ系がせめぎあってんじゃないのかな?
ロックフェラーは第一次世界大戦後、過度にドイツに投資してたしさ。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 13:42:11 ID:HJHgIUk2
初めてここ来た。
全部ロムったよ。張ってあったリンクに、ブッシュの手のサインがあって、
非常に興味深かった。狐の影絵を作る時の形、、そのサインはいったい何なのだろうと、子供の頃から
思ってたんです。

というのも、父が旧ソ連で裁判を受けたことがあります。
裁判官が父の後方の人間(ロシア人?)に向けて、そういうサインを出していて、
父が気になり、後でロシア人にあれは何だ?と尋ねたそうです。
父に向かっても何やらサインを送るそうで、、父には理解できなかったらしいです。
かなりの期間拘束されました。日本に要人が来るときお土産として帰国できたそうです。

余談ですが、その後しばらくして北朝鮮に行ってしまいました。
数週間で戻ると聞いてたけど、半年以上帰ってきませんでした。
帰って来たけどとても疲れていて三ヶ月後に亡くなってしまった。
何があったのか、詳しく聞く間もなかったけど、北朝鮮で床屋に行った
そうで、髪型に笑ったのだけは覚えてます。
どちらもソ連崩壊前のことです。


話を戻しますが、あのサインを送るのはメーソンってことでしょうか?
ヨーロッパの上層部はメーソンでいっぱいってことでしょうかね。






692 :691:2006/09/22(金) 13:49:25 ID:HJHgIUk2
流れぶった切りスマソでした。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 14:13:45 ID:nog0W8+O
>>689
時代を断片的に分断して論じると奴らの思う壺なんだよなあ。
日本が昨今のここまでユダヤに侵食されていった経緯も、戦後の
米の傀儡政府による統治から始まったわけではなく、それ以前の
明治維新の頃から徐々に嵌っていった事実と繋がっていることも含め、
100年単位での経緯を見ていく必要がある。ロスチャイルドがイスラエル
建国でその目的を達成してしまったとどうしていえるのか疑問というしかない。
そのアルバートパイクの第二次世界大戦の予言の通りイスラエル建国が
長い経緯の元に達成され、さらに第三次世界大戦の予言にも繋がって
きていることは昨今の情勢でも見て取れる。奴らは経済活動の利益企業
がメインではない。じゃあ一体いくら金をこれ以上集めたら満足するんだという
話にはならない。共産主義も資本主義も作ったユダヤにとって世界支配の
手段として、石油、軍需、金融が最も効率的だからだ。今の資本主義社会の
範疇から脱することの出来ないあなたのような思考では甘いと言う他ないと
言う印象だ。別に彼らをフリーメーソンとだけ限定して呼ぶつもりもない。
彼らはフリーメーソン・イルミナティ・反キリスト・サタニスト・シオニスト・
国際金融資本どれも当てはまる、しかしあなたのように利益企業の奢り
だとか言う範疇だとは絶対いえない。イスラエルの領土問題だけの話ではない、
グローバル化と称し各民族を思想観念を破壊しここまで支配した。その一番の
被害者は日本人だ。これはあなたの言うような認識では説明できなくなって
しまうのではないか。ID:D14snObgさん返事をくれ。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 14:17:03 ID:Qmetvta7
こぎつねこんこん山の中山の中

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 14:17:20 ID:T9l2mtFR
なんで日本人が一番の被害者なん?

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 14:34:05 ID:ApuHZCCt
日本は原爆落とされたからね。
ドイツと日本はかなりひどい目にあってると思うよ。
両国ともユダヤにとって面白くない国民性を持ってる。

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 14:57:49 ID:D14snObg
単なる推測だけど、ロスチャイルドとしてはEU設立の方が銭になると
踏んでイスラエル建国後はあまり力を入れなくなったとかね。
イラク戦争前イラクは仏ロに石油利権を提供していたが、その過程で外貨
準備高がドルからユーロ建てと代わり、そのことがアメリカをイラク戦争
へと駆り立てた真の理由だという説がある。
となると、イラク戦争はロスチャイルドvsロックフェラーの戦争だった
ということも出来るかもしれない。(このことからも欧州の財閥と米国
の財閥が一枚岩でないことがわかる)

イスラエルでのロスチャイルドの影が薄くなったといっても、利権は
存続しているでしょうな。
確か、イスラエルのゴールドの採掘権はロスチャイルド系が握っている。
元々得意分野が違うので上手く住み分けてる感じがしないでもない。

>685
最初にプロトコルを捏造したのはロシアの秘密警察の工作員らしいよ。
帝政末期に露仏同盟を結ばせるために、共通の敵としてのユダヤ人が
必要だったようだ。最初の起草者やその後の校訂者も特定されている。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 15:09:29 ID:sHyA7mnT
>>691
裁判の中でどんな時にサイン出してたか聞いたか?

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 15:14:32 ID:D14snObg
>693
それらの団体の思想は元々似ているので、100年単位どころか見ように
よっては1000年単位で綿々と継続されているように見えるが、
彼らの中に唯一の司令塔のようなものがあるわけではなく、それぞれが
それぞれの思惑で動いてるに過ぎないと思う。

もちろん時代を経るごとに特定の組織に集約されつつあるのは確かだが、
まだ「影の世界政府」などと呼べる組織を生むには至っておらず、
ロックフェラーやロスチャイルドなど財閥間での競争は依然として続い
ているとの見解です。

wwwに中心となるサーバーがないのと似てるでしょうな。
wはヘブライ語で6番目の数字でwwwは666を意味するらしいが。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 15:34:36 ID:ApuHZCCt
細かい利害対立なんかはあるかもしれないけどね。
でも、自分たちが迫害されるような世界を二度と再来させてはならないっていう
意志は堅いと思う。その意志が唯一といっても良い彼ら共通の行動原理なんだと思う。
そのためには、ユダヤ民族が突出するよりも他民族
に紛れてしまったほうがいいわけで。その過程で、ユダヤ民族云々よりも
そういうイデオロギーを持つ連帯意識の方が優先されるようになったんだと思う。

それで彼らが自覚してるようにそのイデオロギーは大変危険なわけで。
なぜそうなるのかは、たぶんトラウマを受けた人間が人格障害を起こすのに似てるところがあると思う。



701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 15:44:57 ID:D14snObg
世界政府樹立という共通の夢あるいはロマンを共有しているとは
言えるかもしれないが、現段階では自らが経済的、政治的、軍事的
な覇者になるべくシノギを削っていると解釈している。

金は集められるだけ集めるのが企業というもんでしょう。
拝金主義者であるならなおさら。
しかし、特定の組織や個人のロマンチシズムには限界がある。

本来夢やロマンで終わるはずのユダヤ国家建設やローマ帝国の復活
(EU)が実現してしまうところが怖いところでもあるが、思想は
国家や組織の枠を越えて伝承されるものなので、当然と言えば当然。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 15:54:14 ID:ApuHZCCt
>>701
ロマンじゃなくて恐怖ですよ、彼らを動かしてるのは。だから暗黒面に落ちる。
彼らにとって一番安心なのは、金のみで動く社会だよ。そして、この発想自体が暗黒面に直結してる。


703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 16:03:40 ID:Z4dsCUMe
>>681
それに入っていないもの・・・MI6?

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 16:17:51 ID:D14snObg
>>700
そういう意味ではユダヤ系の組織や国家の方が意思は固いと思うけど、
ユダヤ教信者でもユダヤ人でもないロックフェラーを国際ユダヤ資本
などとひとくくりにしてしまう論説にはどうにも合点が行かない。

前述したように議定書は捏造だしね。
第一次大戦終結後の講和会議でもばらまかれたらしいけど、各国の
利害対立を収拾する一つの手段として政治的に利用されただけで
基本的には一般のユダヤ人はもとより、ユダヤ人富豪も被害者だ
と思う。

むしろ彼らをマジにさせたのは第二次大戦後かな?
仰るとおりイスラエルは完全に人格障害と言っても良い状況だし。
現在本気でユダヤ財閥が世界制覇を狙っているかどうかと問われれ
ば、多分マジだろうと答えるけど、それでもやはり欧米の財閥が
ユダヤ主導の元で一丸となって動いているというような主張には
同意しがたい。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 16:28:46 ID:ApuHZCCt
>>704
ユダヤが世界を支配しようとしてるというよりも、
彼らが生きやすい世の中を作るために世界を改造してるんですよ。
二度とキリスト教や国家主義者、民族主義者に迫害されることがないようにね。
今ではその可能性はだいぶ少なくなってますけど、完全にその可能性を
根絶するまでは安心できないんです。


706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 16:32:06 ID:D14snObg
>>690
>そして、アメリカはドイツゲルマン系の秘密結社の流れを組む財閥とユダヤ系がせめぎあってんじゃないのかな?
ロックフェラーは第一次世界大戦後、過度にドイツに投資してたしさ。

広瀬隆氏の「億万長者はハリウッドを殺す」ではアメリカのモルガン系
財閥とドイツ系財閥との蜜月関係が暴かれてますな。ロックフェラーとの
絡みは忘れてしまったけど、いずれにしてもアメリカはドイツ系移民が
多く、ナチスが暴れまわっていてもなかなか参戦しなかったのは、そう
いう事情が大きいらしい。

要するにどちらかと言えばナチス寄りだったわけで、少なくともそれ
までは反ユダヤなんだよね。(余談だがカトリック総本山のバチカンが
反ユダヤの立場からナチスの残党を南米に逃がしたのは有名な話)

このことからもロックフェラー等米国系財閥をユダヤ資本と一緒に
出来ないことは明らか。



707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 18:45:54 ID:hTmXjiU7
>>705
つまり迫害者になる道だな。
それをしている自分達が特定されないように。

そういうことだから迫害されるというのがまだわからんのか・・・。

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 19:43:14 ID:nog0W8+O
>>700
国際情勢板だということに気が付かずオカルトっぽいことを言って
しまったようだが、まあ続けさせていただくと、既出のアルバート・
パイクの予言(?)の第二次世界大戦の件を引用すると、

「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』
(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の
圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、
ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設
がなされるべきである。」

とあり、ユダヤが思いがけずヒトラーに迫害を受け、これによりユダヤ
がひとつに固まったということではなく、全く逆にフリーメーソンによって
仕組まれた結果としてイスラエル建国がなされたという認識で、すべて
織り込み済みでユダヤ資本がヒトラーを支援し育て、その結果として
シオニズムに否定的な無害なユダヤ人を迫害することによってイスラエル
建国を成したということであって、そのことによって反ユダヤの言論を
すべて封殺する下地をつくること成功した。いわばヒトラーがいなかったら
イスラエルはできていないという時系列ではあなたの言うことの全く逆と
いうことです。そして第三次世界大戦の予言に続くと。あれが本当かどうかは
数年の内にわかると思いますよ、一緒に見届けましょうかね。

>>704ロックフェラーはユダヤですよ、そちらの方が説明が付く。まあオカルト的
視点なのかもしれませんが。議定書も偽物と認定されたとのことですが、
ペラペラな冊子程度のものにユダヤがこれでもかと一心不乱に否定するのも
疑問に思いませんか?ユダヤがやってることにも合致することも多い。
現実起こっていることを見れば今更偽者でも本物でもそちらでもいい。
しかし偽物だということでユダヤの所業をぼかすことに賛同するのは如何な
ものかと思いますけど。軍需、石油、金融は手段であって目的ではないという
認識はどうしても持ってはくれないようですけど、フリーメーソンが掲げてる目的
がユダヤ以外の人間の家畜化ですから近々、資本主義の国で共産国の抑圧
された人民という思想も行動も決められた家畜になる日も近いと思いますよ。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 20:02:48 ID:ApuHZCCt
>>707
おっしゃるとおり、自分が迫害者になれば、また迫害されるおそれがありますよね。
だから、ユダヤ(とそのイデオロギー賛同者)は人種や民族、宗教で迫害されることが起きない世界を目指してるんですよ。
そのための世界政府であり、コスモポリタン社会です。
国家とか民族とか、商人にとって邪魔になる障壁が限りなく取り除かれた社会ですね。
そういう世界を作るために戦争を起こしまくってるわけですw

>>708
ヒトラーはやっぱりそういう役目ですかね。ドイツという国はユダヤにとってかなり因縁がある
んだと思います。ドイツ人の気質とユダヤ人の気質は水と油ですね。

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 20:06:12 ID:nog0W8+O

ロックフェラーの悪事を暴こうと動いた一人のアメリカ下院のマクドナルド議員
が「ロックフェラー・ファイル」という本の紹介文を寄稿しています。
http://hiroshima.cool.ne.jp/h_sinobu/Mc%20DONALD.htm

〜この計画は、共産主義の陰謀だろうか。確かにその通りだろう。しかしそれは共産
主義をも越えた遥かに壮大な陰謀の一部でもある。我々の想像を絶する国際的な広が
りを持ち、何世代も前から密かに計画を進め、信じられない程邪悪な意図を持って行
動する《彼等》の存在は、我々の歴史に対する見方を改めさせずにはおかない。
 読者は本書を読み進むにつれ、《彼等》の計画の真相にしばし唖然とし、時には不
快感をもよおし、同時に随所で思いがけない真実を発見されるであろう。筆者のゲイ
リー・アレンは、本書の中で往来断片的にしか扱われる事の無かった数多くの事実を
纏め上げ、ロックフェラー一族の巨大な富と権力が如何にして形成され、彼等が何を
目的として行動して来たかを明らかにする素晴らしい仕事を成し遂げた。これにより
読者は、今まで必ずしもその繋がりがはっきりしなかった幾つかの事件について、そ
の背後には世界政府の実現を目指す《彼等》の意思が働いている事を確かめる事が
出来るであろう。



反メーソンとして知られたこの人は、実はあの大韓航空機事故の乗客のひとりでした。




711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 21:00:30 ID:n58Wm0ss
おまえら ほんと馬鹿だな 安倍総理大臣誕生が我々にどう影響あるか考えるべきだろ日本人として

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 21:06:42 ID:2jHOABcD
統一教会の真実を暴露しようとした、石井議員は
ポアされたしな。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 21:18:38 ID:HJHgIUk2
>>698
はい、どんな時だったのか聞いてました。
賠償金というのでしょうか、解放の条件としての金額を述べるときや、
事実と違うことを述べたときだったそうです。
結果が決まっているデキ裁判だったそうな。

私が思うには、父に向かってのサインではなく、弁護人にではないかと。
嘘をつく時のサインなのか?と思いました。

書き込んでしまってからなんなのですが、
いきなりスレチなこと言ってしまってここの住人にすまないと思ってます。
しかも国交の無い時代にソ連や北に行ってたなんてにわかには信じられない
話ですし。信じてもらえないでしょう。

ブッシュの手のサインの意味が知りたいです。
知ってる方情報キボンです。お願いします。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 22:08:44 ID:8hnOH1mz
>>674
薄いなぁ、考え方が。
アメリカは何故か最近ユダヤと対立傾向にある。
ユダヤはアメリカを潰そうとしてる。
アメリカが2chに思いっきり関与してるのは間違いないが、その目的は全く逆だと考えられる。
つまり、右傾化というよりも覚醒させるというような感じ。
ユダヤの牙が米に向けられた以上、その対抗策として有力なのが日本人の知恵。何よりも知恵が欲しいんだよ。
2chはそのためのプロジェクトなのかもしれない。
そして以外にもユダヤが一番恐れているのは、真っ向からユダヤと対立したドイツではなく
世界で2番目に優れた頭脳を持つと言われている日本人という可能性がある。

そしてマスコミ側にユダヤの臭いがプンプンするんだよ。
第一に思うのが、もっと大事なニュースがあるにも拘らず、何故靖国に固執するのか。
んでもって安倍と麻生の考えは同一だが、恐らくその性質は全く別物。安倍がものすごく臭い。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 22:24:26 ID:nog0W8+O
>>714
なんとなくですが賛同します。
ソースが自分なりにはっきりしてないんでそういう表現になりますが。
ユダヤがアメリカを潰そうとしてるというのも、米政府のかなりの
高官がわざとアメリカの不利益になるように仕向けているということでも
わかります。ある人の表現によると多極主義者ですね。オカルト的には
「ロックフェラーが次の超大国は中国に決めた」、という話も聞こえてきます。
そしてユダヤが一番恐れているのが実は、空気が読める勘の鋭い
日本人だということも聞いたことがあります。だから日本人を壊す。内から
外からすべて壊す。かなり壊されてますけどね。ここ5年の小泉の功績は
計り知れないでしょう。あと、この日本人についてはヒトラーも言ってますね、
万世一系の伝統を崩すなとも。
郵政選挙のときのマスコミはやっぱり異常でした、一旦否決された法案の
疑義はほったらかしです。ユダヤからマスコミ工作に大金が流れたという
噂も強ち嘘ではないかもしれません。

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 22:44:13 ID:8hnOH1mz
>>715
そして恐らく、創●のバックにいるのは中国だけではなく、ユダヤもいるんじゃないかと思う。
これもまた何の確証もないから何とも言えないが、日本破壊工作で一番動いてるのは創●というのはガチ。
果たして創●の裏に何があるのか・・・。

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 23:23:01 ID:r8+XMeLs
書評
『神々の軍隊−三島由紀夫と国際金融資本の闇』(浜田政彦 著)
三五館
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883202119/kokusaisenrya-22


ああ、この本を読まなければよかった。この本には、途轍もない「真実」が書かれている。

第1次大戦終結後から第2次大戦の勃発までの日本史の動きを「国際金融資本」という補助線を引っ張って読み解いている。
この補助線なしには、日本が突入したシナ事変と大東亜戦争(太平洋戦争)の泥沼はいかなる世界史的意味を持っていた
のか理解できないだろう。政治家の動きだけを見ていては絶対に分からない。

当時(第1次大戦後)の日本には大略、3つの勢力がいた。一つ目は「皇道派=新興財閥連合」、「統制派=大財閥
(ロックフェラー、ロスチャイルド系)連合」、「日本原理主義者(大本教、日蓮教、浄土宗、国柱会など)」である。

「2.26事件」は、日本原理主義者と皇道派=新興財閥連によって起こされた、反財閥、反国際金融資本のクーデタ
だったのである。この大きな視点が、これまでの日本史解説書では全く欠けている。

皇道派の幹部たちも、本当に国体明徴による天皇の神権国家を作ろうという考えの人々は僅かで多くは、大財閥との
利権争いの一環として、政治闘争を仕掛けただけであった。

ところが、大本教、日蓮教などの宗教的熱情から、天皇中心の国体の明徴を実現しようとした「ラディカル」な、
ある意味では純粋な、日本原理主義者たちは、あくまで純粋に自らの志に従って散った。
筆者はここに三島由紀夫の自決と重なり合うものを見ているのだ
が、現代の日本人の視点から見れば、このあまりにも純粋な日本原理主義者の姿は、イスラム原理主義の
アルカイーダやタリバンとも重なっていく。


718 :アマチュアれす。:2006/09/23(土) 00:03:53 ID:Ko+h48PT
>>250
数字の釣りを貰い金を錬る。

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:07:41 ID:cMbaEIiG
595 名前:名無しさん名無しさん@腹打て腹。 :2006/09/20(水) 23:42:31
          竹石圭佑

「竹石圭佑」、1986年に名古屋の肥溜めにて湧いて出た蛆虫。
小学校高学年から万引きを繰り返し
学校内では好みの女子に嫌と言う程ちょっかいを出しまくる。
当時のクラスメートが「お前って何で女子ばっか苛めるんだ?」という様な質問をしたところ、竹石は「女を苛めても仕返しとか怖くねぇもん。だって俺のほうが腕っ節が強いからな。いざとなったらツラァ殴ってやればいいし。」と言ったそうだ。
弱い物に対しては恐ろしいほど高圧的になる竹石、万引きで警察に補導された事を自慢げに話す竹石、自分が世界の中心だと言って憚らない竹石…
数々の犯罪行為も在日中国人の両親から産まれた自分に後ろめたさがあっての反発心からの行動だろうか…
ともあれ、竹石はまさに肥溜めから産声を上げた蛆虫である。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:13:36 ID:1NgAAvzI
http://www.k-shirahama.jp/repo/2001031600.html

クーパー サイモン・ウィーゼンタール・センター副会長らと会談

2001/03/15付 公明新聞掲載より

公明党の神崎武法代表は14日午後、国会内で世界的な人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」の
エブラハム・クーパー副会長、アメリカ創価大学のアルフレッド・バリツァー教務部長(クレアモント・マッケナ大学教授)と
会談し、第二次世界大戦中の歴史的事実を調査する恒久平和調査局を設置する法案(国立国会図書館法改正案)の早期制定に
ついて要請を受けた。白浜一良参院幹事長、魚住裕一郎参院議員、遠藤乙彦国際委員長、上田勇国際局次長(衆院議員)が同席した。
席上、クーパー副会長は「記録の持つ道徳的な力を信じている」と力説。「日本の友人として(歴史認識による問題を聞くたびに)
フラストレーション(不快感)を覚える」と述べた上で、「政策に口を出すつもりはないが、(歴史の事実を明らかにすることは)
日本自身のイニシアチブ(主導権)でやってもらいたい」と強調した。
また、バリツァー博士は「公明党は在日外国人への地方選挙権付与や、歴史教科書問題で努力されていると聞いた。
この法案成立にも尽力してほしい」と述べた。
神崎代表は「正しい歴史認識は重要であり、子どもたちに正確に教えるべきだと主張してきた。
与党内で成立へ努力できる環境づくりに全力を挙げる」と述べた。 

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:15:16 ID:1NgAAvzI
http://www.jca.apc.org/~altmedka/ron-7-SG.html

『マルコポーロ』廃刊を仕掛けた「いかさまナチハンター」組織のサイモン・ウィゼンタール・センター(SWC)は、創価学会との連携を誇っている。
機関雑誌に「創価学会を技術的に援助した」と記している。
創価学会の方でも、日刊の機関紙『聖教新聞』の記事でSWCとの池田大作との連携をデカデカ書き立てている。
いわば国際戦略版の池田大作広報である。


創価とサイモンは手を組んでる。これは別に秘密でもなく有名です。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:19:07 ID:nwcvWWnc
>>714>>715>>716

日本人を過大評価しすぎw
日本人は勤勉なだけだよ。
社会の真理を読む力など特に優れていない。
ベネズエラやロシアのほうがよっぽど優れている。
日本人なんて完全なアメリカの犬。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:26:53 ID:pM2+QJbU
【ウホッ】田代まさしに清き一票【いい男】 その3

http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1158932593/

現在6位!

人数が足りません。どうか!どうか清き一票を!

http://www.0yen.tv/VOTE/V/4383ve125/


724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:28:30 ID:KI75Ob/C
>>709
人種や民族で縛るよりも、商人の方が遥かに横暴なんだがな。
いったい連中が何を考えているのかは俺はわからん。

まあ、あれらの神はもうお蔵入りだが、人間はそうもいかん。
いくようにするのかもしれないが、どうやるかはしらん。

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:37:09 ID:nwcvWWnc
太田龍の時事寸評
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi
平成十八年(二〇〇六年)九月二十一日(木)
(第一千八百十回)

○九月二十一日付各紙夕刊によれば、チャべス・ベネズエラ大統領は、
 国連総会の演説で、

○ブッシュ米大統領を「悪魔(サタン)」と、名付けたそうである。

○これはその通り。

○ブッシュは「悪魔(サタン)」である。

○しかし、もし、ブッシュが「悪魔」であるとしたら、

○ブッシュのドレイ、否、
 ブッシュの家畜人ヤプー、に過ぎない小泉以下の「日本人」を、

○どう定義したら良いのか。

○言うまでもなく、小泉以下の日本人一億二千万人は、

○悪魔の軍勢であり、

○その悪魔の軍隊の中の雜兵、足軽以下、人足、

○程度の存在であろう。

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:39:28 ID:nwcvWWnc
ユダヤが日本人を恐れている?プッwwwww

○ブッシュのドレイ、否、
 ブッシュの家畜人ヤプー、に過ぎない小泉以下の「日本人」を、

○どう定義したら良いのか。

○言うまでもなく、小泉以下の日本人一億二千万人は、

○悪魔の軍勢であり、

○その悪魔の軍隊の中の雜兵、足軽以下、人足、

○程度の存在であろう。




727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 00:56:51 ID:1NgAAvzI
さて、ここで注意していただきたいのは、「自然権」も、「人権」も大きくわければ「自然法」という立場に
属している、ということである。簡単にいえば、ある法について「道徳・正義・倫理が100%その法に反映
されていなければ法ではない」と考える人はとにかく「自然法派」に属すると考えて間違いない。
副島氏の「世界覇権国アメリカ〜」の276ページの図を参考にしてあらわしてみると以下のように
大柄な対立構造がわかる。

自然法(自然権・人権・アニマルライツ・フェミニズムを含む)

× ――――――――――――――――――

人定法(実証法)

このように法哲学では大まかに言えば「自然法」と「人定(実証)法」という二つの思想の対立があるのである。
例えば「自然権」と「人権」との争いでも、それは自然法という枠の中の争いである、ということがいえよう。
法哲学の議論は、今も昔も自然法と人定法の二大思想の争いの中で行なわれているのである

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 01:04:41 ID:1NgAAvzI
副島隆彦発案の意匠・図解

英米の法哲学の図解。

自然法(エドモンド・バーク主義=バーキアン)
自然権(ジョン・ロック主義=ロッキアン)
人権(モダン・リベラル=左翼的?)
アニマルライツ(動物の権利や環境保護やフェミニズム )
人定法(実証法)(ジェレミー・ベンサム主義=ベンサマイト)



729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 01:20:19 ID:nG4C2WSO
>708
予言が当たったから次の予言も当たるはずという論法はどうですかね。
そもそも予言なんかをベースに国際情勢や世界史を考えること自体が危険。

>ロックフェラーはユダヤですよ、そちらの方が説明が付く。まあオカルト的
視点なのかもしれませんが。議定書も偽物と認定されたとのことですが、
ペラペラな冊子程度のものにユダヤがこれでもかと一心不乱に否定するのも
疑問に思いませんか?ユダヤがやってることにも合致することも多い。
現実起こっていることを見れば今更偽者でも本物でもそちらでもいい。

何がどう説明がつくのか。あなたのように学研ムーレベルの歪んだ知識を
一心不乱に説いて回って挙句の果てにホロコーストを招く人がいるので、
否定しなくてはならないだけでしょう。
それから、「今更どうでもいい」などと、検証することの重要性を否定
していることから、自分の脳内だけで論理を組み立てるメンドクサガリ
な妄想家であることがわかる。
とにかく一度ノーマン・コーンの本を読んで見ると良い。
膨大な資料と証言によって全ては明らかにされている。

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 01:45:48 ID:nG4C2WSO
>ユダヤ資本がヒトラーを支援し育て、その結果として
シオニズムに否定的な無害なユダヤ人を迫害することによってイスラエル
建国を成したということであって、そのことによって反ユダヤの言論を
すべて封殺する下地をつくること成功した。いわばヒトラーがいなかったら
イスラエルはできていないという時系列ではあなたの言うことの全く逆と
いうことです。

ヒトラーを育てたユダヤ資本ってのはなんていう企業ですか。
まぁ、私もロスチャイルドのような富豪と貧民層の間にさほど同胞意識が
あったとは思っていないが、わざわざ自分の身を危険にさらすようなこと
はしないはずだ。
そんな強引な解釈をしなくても、普通に考えれば説明がつくこと。

ヒトラーがいなければイスラエルは出来ていないという話だが、あの地域
は第一次大戦で大英帝国がオスマントルコから奪った領土だ。
(正確には国際連盟による委任統治領)
既にその時点でイスラエル建国の布石は出来ていたんですよ。

最終的に建国が成し遂げられたのも、イギリスとフランスの支援の元に
行われた第一次中東戦争に勝利した結果だ。
反ユダヤの言論を封殺したから可能になったのではなくて、実際は封殺
できずに、結局は軍事力によって強引に成し遂げられたものだ。

もちろん、そこにロスチャイルドの意向が大きく影響していたのは
確かだが、ヒトラーを支援してうんぬんというのは飛躍し過ぎ。

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 02:16:56 ID:mpek0Rjc
イスラエルって・・・そんなに凄い国なの?
あんまり科学技術がなさそうだが。

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 02:17:39 ID:nG4C2WSO
>>708
>しかし偽物だということでユダヤの所業をぼかすことに賛同するのは如何な
ものかと思いますけど。軍需、石油、金融は手段であって目的ではないという
認識はどうしても持ってはくれないようですけど、

まぁ、世界制覇の野望の上ではそれらは目的ではなくて手段でしょうな。
しかし、企業は利益追求を目的として動くものだ。それらを分けることに
あまり意義を感じない。

ユダヤの所業をぼかす意図は全くない。イスラエル建国は陰謀と言っても
良いものだろうし。しかし、何でもかんでもユダヤの陰謀と決め付けて
しまうのはかえって真実から目を背けさせてしまう。

そんなに何でもかんでもユダヤで染まっているのなら、イラク戦争も
もう少し支持を得られたはずだ。ロシアはともかくフランスまで反対
したのはどう説明するのか。

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 02:20:16 ID:t+64E++k
>>713
ttp://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/5231039b8ff5988acf0f0902bbe17221

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 02:30:15 ID:3iLs0sf1
人口問題と森林保護
について真剣に考えてみると
米という国土自体が既に干からびてる

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 02:39:18 ID:nG4C2WSO
少なくとも第二次大戦終了まではユダヤ人は総じて非常に弱い立場の人達
であった。
そのため対立する両陣営にいい顔をして、どっちが勝っても一定の利益を
確保できるようにしていたのは間違いのないところだと思う。

初代ロスチャイルドは戦争でどこの国が負けても血が途絶えないように、
わざわざ自分の子供をヨーロッパの各国に分散させた位だからねぇ。

自分だけでなく、自分の敵にもいい顔をしている奴を見れば、当然心証は
悪くなる。相手が金持ちとなればなおさら。
その結果、敵味方双方を煽って戦争を仕掛けようとしているなどいうデマ
が流れたのだろう。いわゆる「双頭戦略」の妄想はそういった猜疑心や
妬みから生じたものであり、根拠に乏しいものだ。

組織なら自己保全のために敵味方双方にいい顔をするのはよくあること。
しかし、対立する陣営を戦わせるように仕向けるのは、発覚した場合、
両陣営を敵に回すことになる。

そんなリスキーな戦略が彼らの基本戦略だとは到底考えられない。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 03:04:12 ID:KI75Ob/C
「根拠が乏しい」かどうかはともかく実際やっていれば関係ない。
それにあいつらが気にしなければならない相手は、人間達に隠してもわかるから意味無し。
まー、好きにすればいい訳だが。
自分のやってる事に恥じる所がなければどうであろうが構うまい。
自信持っていればいい。
そうでなくても・・・、まー、好きにすればいいんじゃないか?
自分達が選んだ事だろうし。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 03:08:17 ID:nG4C2WSO
例えば、今次世代DVDの規格を巡って、BD陣営とHD−DVD
陣営との間で熾烈な競争が展開されているが、未だにどちらの陣営
にも籍を置いて態度を保留している企業がある。
比較的弱い企業というのはこういう態度を取らざるを得ない訳で、
それを両陣営の対立を煽っているなどと考えるのはバカげた話だ。
中にはその会社を陥れようと捏造文書を流布するようなら輩も
いるかもしれないが、確実に徒労に終わるだろう。

ユダヤ双頭戦略説もこれと同じ。
初めに列強諸国の対立ありきで、それに対してユダヤ人は彼らなりの
方法で対応しただけだ。
不幸なことに第一次大戦〜第二次大戦にかけてヨーロッパ各国の猜疑
心やストレスは最大限に膨らんでいたため、プロトコルは本物として
受け入れられてしまったが、本来は信じるに値しない内容のものだ。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 03:20:15 ID:nG4C2WSO
>736
>「根拠が乏しい」かどうかはともかく実際やっていれば関係ない。

根拠の必要を軽視するようではお終い。妄想が妄想を産むだけ。
話にならん。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 03:34:17 ID:KI75Ob/C
どのように信じられるか、みんなが信じてるか。

そんなことは関係ないんだよw
何をしてるかだけが問題だ。
人がどう信じるかはまるで問題ではない。

彼らが何をしているかだけが問題なのだ。

おのれ・・・、いや、神に恥じることがなければ問題なかろう、と書いたはず。
たったそれだけの事だぞ。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 03:36:03 ID:kY4/NPb2
妄想が妄想w?
勝手に妄想すればよかろう。

ユダヤ人も延々そうしてきたのだ。
だが、人が責任を取らねばならんのは、突き詰めれば「やった事」のみ。

ユダヤ人が自分達のやった事に自信があれば、そうしていればいい。
そうでなかれば、それはそれだけの事。

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 05:46:14 ID:VzRudj0b
>>738が穴だらけの自分の見聞きしてきた範疇の中でしか
思考できない頭の固いバカだということはわかった。
そして新たに新しい事実でも付加されればその都度、短いスパン
で起こったことにとらわれ、まんまと嵌っていく。そういうタイプ。
企業論理だとかここ数十年でのことをベースとしてユダヤを
斬ろうとする浅い思考では見抜くことは不可能だろうな。w
みんなそんな常識的思考を踏み越えなんとか繋ぎ合わせようと
試行錯誤している、キチガイ、妄想などという一刀両断される
言葉に怯えながら。そこを自ら踏み越えようとしないありきたりの
限定された思考では見えてこないとわかっているから。
たぶんあんたには無理だと思う、何言われてるかもわかってない
だろうけど。根拠もなく断定が多くそれがまわりに疎外感を
植えつけてることにも気づいていないんだろう。あんたの書き込みに
一個一個反論しようと思ったけど、そういう耳は持ち合わせてないと
わかったからやめとくよ。w

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 06:32:30 ID:nG4C2WSO
>>685
KKベストセラーズじゃなくて、ダイナミックセラーズの間違いだった。
ちなみに著書のノーマン・コーン氏はオックスフォード大学卒の当時
サセックス大学教授。訳者は内田 樹氏で東大卒。
ISBNは、0038-860509-4490かな?

古い本なので発見しにくいと思うが、海外では非常に権威のある本らしい。
私も20年前にこの本を読むまではユダヤ陰謀論を信じていた。
最悪国会図書館に行けばあるだろうから、是非読んで間違いに気付くべき
だろう。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 06:59:18 ID:nG4C2WSO
>>741
>一個一個反論しようと思ったけど、そういう耳は持ち合わせてないと
わかったからやめとくよ。w

別に反論があるのなら聞くけど? しばらくは暇だし。
もちろん同意できるとは限らないが、、、。

とにかくあなたの論説は予言は持ち出すわ、根拠はどうでもいいと
言いのけるわ、かなり無茶苦茶な部類に入るのは明白。
それでは妄想と言われても仕方ない。
早くも感情的になっているようだが、それは逆ギレというものだ。

常識的思考って言うけど、これでも一般の人から見れば、うがった見方
をしている方だけどね。その一例が666画像の発見だな。
一般人はこんなもんを調べようとはしない。

浅い思考というが、事実に基づかない思考をどれだけ繰り返しても意味
ないでしょうなぁ。まぁ、所詮私も見る人が見れば似た者同士なんだろう
が、あなたよりはマシな気がするよ。笑

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 07:08:54 ID:Mmj9m5Kb
>>737

次世代DVDの例で両陣営を争わせて有利になるのは、ハードメーカーではなく、
ハリウッドなどのソフト供給者側。中小ハードメーカは、体制に影響を与える立場にはなりえない。

そして、実際、ハリウッド映画会社はぎりぎりまで態度を明確にせず、両陣営か
らどんどん有利な条件を獲得して言ったよ。
こうして目いっぱい有利な条件を獲得した上で、大半の映画会社は最終的にはどちらが
買っても損害をこうむることの無いように両方に対応するとしているのが現状。




745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 07:41:38 ID:vw4iKCxg
666氏は肯定のための肯定を、
ID:nG4C2WSO は否定のための否定をしてますね。

別にそれはかまわない、そういうスレでしょう。
しかし、自分の時間を無駄にしないためにも
挑発に応じない勇気を持ち合わせましょう。

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 07:53:27 ID:VzRudj0b
>>743
いろんな人と混同してるみたいだな。張り付いて待ち構えてる
情熱は見上げたものだが、もう少し落ち着けよ。勝手な人の定義づけも
ずれて解釈してるようだ、人の文章をよく読まないからそういうことになる。w
たまには、人と違った意見もあると気が付けよ。社会ではよくあることだ。
俺はそういう耳は持ち合わせてないと わかったからやめとくよ、と答えた。
そういうことだ。

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 08:39:25 ID:t+64E++k
表面しか物事をみない人間の典型かもな。

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 12:57:19 ID:7KBFT+gR


                _,. -  ̄ ` ' ー 、
               / _,. -  ̄  ̄ ` ' ゝ
                 / /   _ - ー-.,_ノノヽ、
             //   /"        ヽ丶 
           ∧-"l  ///         l l
          / l_ _  l      - - ヽ  _ _リ         _ ヘ   そうさなぁ
        /   l ,-ヽヽl.    /=・=- .l=・:ヽl        / .)   この世はサタンを閉じ込めるため造られた.... 
        l    l;.レ心 l    , ' ヽ-´  lヽ-´l       /./ヽ/   終わりの日に  永遠の火の池で燃え尽くされる.....
        l    l ヽ_/   , '   /lヽ ヽ l     /0./ ./
        l    ヽ   l ', :   /  ` - ´l .l.     l    l /)
        l      ヽ l  ',i.   l <二二>l ハ.    l    l/ /  
       /        ヽヽ ヽ   l   ー l/  ヽ   l   :  /  『 獣の刻印を受けた者や、 獣の像を拝んでいた者
    / ̄`/\        l\ヽ `、,' ヽ _ _ _ノ    ヽ ,/   :  /     どもは、惑わされていたのであった。 獣と偽預言
  /      \      ヽ \____/l l  _ _/   ,'/      者の両者は、生きたまま 硫黄の燃えている火の
/         \      \   _,,. -ー−´ l ヽ   /       池に投げ込まれた。                   』
            \      ヽ-"        l  ヽ/                             黙示録19章20節





749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 12:58:31 ID:kfIFTSGX
>>715
>そしてユダヤが一番恐れているのが実は、空気が読める勘の鋭い
>日本人だということも聞いたことがあります。だから日本人を壊す。

日本人の頭って一神教がインストールできないから
『支配』が目的の連中にとって扱いづらいのでは?
凡人でも戦争と宗教がコインの裏表であることに気づきますからね。

それとカネの動きに敏感で
利益がどこに流れたのか、どこまでも執念深く追ってくる
だから「日本人は勘がいい」と皮肉たっぷり言われるんですよ。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 15:36:42 ID:Asi8dwEo
>>749
支配しづらいという点では。荒っぽい欧米とかイスラムの方が支配しづらい。
というより欧米やイスラムを支配するのは無理。操縦するしかない。だから陰謀なんだろうね。
日本人を支配するのは楽だよ。ガチで簡単に支配できる。でも操縦するのは難しい。
その辺だろうな、彼らの戦略にとって日本人がやっかいなのは。
まあ、今ではだいぶやられてるんだけどな。
外交の脅威はわかりやすいけど、内側からのしかも文化面からの攻撃っていうのは予想を
超えてるからなあ。でも、そういう攻撃があるっていう認識が広まれば、その辺の機微での
日本人の勘の良さはすごいからね。

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 15:59:20 ID:Asi8dwEo
それから、一神教か多神教かっていうのは今更言ってもしょうがないと思うよ。
たしかに一神教は問題が多いし、ユダヤみたいなのを生み出してしまったのは一神教の弊害
のせいだと思う。でも、一番大事なのは伝統なわけで。ユダヤは伝統を破壊すれば
自分たちの望む世界になるって分析してて、それは全く正しいんだよ。
欧米やイスラムの伝統は一神教だから、それが破壊されることは世界にとってまったくまずい
ことになると思う。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 16:21:16 ID:Asi8dwEo
なぜ伝統がそれほど大事かというと、
共同体というのは、ある共通の規範がないと成り立たない。
その規範がころころと変化すると、共通の規範としては機能しなくなってしまう。
親と子で規範が違うような状況ね。
それが数世代も続けば、共同体どころか最もコアな家族自体の存続も危うくなると思う。
また、共同体の規範は簡単には根付かない。安定するまで数百年はかかる。
つまり、百年単位ぐらいで規範を変えるだけで、共同体をどんどん崩壊させることができるってわけ。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 21:41:43 ID:nwcvWWnc
で、共同体を破壊されたはずのロシアが反国際金融資本の先導役になっている件について。
伝統主義のサウジアラビアなどが国際金融資本の影響下にある件について。
何百年もかけないと社会は安定しないんだろ?

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 21:43:05 ID:nwcvWWnc
結論としては共同体は何か共通の社会認識があればすぐに復活する。
ロシアなら国家がそうだな。
何百年もかからないよ。

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 21:43:57 ID:nwcvWWnc
必要なのは人々の所属する共同体であって伝統ではない。
悪しき伝統は破壊されて当然なわけで。

756 :不審者:2006/09/23(土) 21:53:45 ID:MUzAnQOq
(V),,(V)
≡(∀)≡、、、、、、、、、、、、、

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:08:52 ID:Asi8dwEo
伝統がなきゃ共同体は安定しないよ。
金とかその他の欲望に振り回される個人がバラバラの社会になるだけ。
そして、伝統は容易には作れない。その辺のユダヤの計算に抜かりはないさ。

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:14:21 ID:nwcvWWnc
>>757
日本の伝統を重んじる保守主義の大半が新国際金融資本な件について。


759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:15:42 ID:nwcvWWnc
そういえば伝統を重んじるアメリカのキリスト教右派も新イスラエルだよな。

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:17:32 ID:nwcvWWnc
連中が恐れるのは伝統ではなく、反国際金融資本の共同体が権力を握ることだよ。

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:31:24 ID:acluC391
>>ID:nwcvWWnc
あんたの文章、日本人の文章に見えないのだが
長文を書くとボロがでるレベルか?

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:47:24 ID:nwcvWWnc
海外在住歴の無い日本人ですが何か?

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:55:10 ID:acluC391
>>762
やはり長文は書けないようですね
いい反応してくれました、ありがとう。

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:57:51 ID:ir+Iq+lj
             
                 
           ¶     
         /◯\
    _   // \\  _ 
    \ \/  G  \//
     \ \    / /   
     /\ \ / / \   
    /   \ \ /    \  
          \/

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 22:57:56 ID:nwcvWWnc
どういたしまして。

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 23:13:47 ID:nQGDPxjP
ID:nwcvWWncの勝ちだな
我々新しい時代に生きる人間が欲するのは、
歴史の検討に耐え得る伝統と現代の理論とを超えた新しい法だよ

外人認定・工作員認定は敗北宣言と同じだ
年齢職業人種など関係なく討論出来るのが匿名掲示板の長所なのだからね
討論で屈服させたまえ

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 23:43:06 ID:nwcvWWnc
>>766
問題は伝統主義なのか、ではなく、国際金融資本に対する立場だと思う。
伝統主義でも新国際金融資本と反国際金融資本の勢力がある。
伝統主義に反対する立場でもそう。
反国際金融資本は21世紀型社会主義を目指すベネズエラのチャベスから、イスラム原理主義のイランまで幅広い。
新国際金融資本の勢力も同じ。
連中が脅威に感じるのは伝統主義者ではない。
そして連中に対抗するために伝統主義である必要は無い。
個人主義の立場からもヒューマニズムの立場からも批判できるししていくべきだろう。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 00:21:57 ID:HpMHB72d
フリーメーソン・謀略組織を吟味する・・・図表
http://www.geocities.jp/bluewhitered34/sekainouraexcel0915kuwasiisaishuu1web.html

トップページ
http://www.geocities.jp/bluewhitered34/index.html

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 00:25:24 ID:g2+MUOYi
民族とか共同体とか国家とかを解体して、世界政府の樹立。
グローバリズム。
個人主義、ヒューマニズム、人間中心主義(人間が神)、
自由、博愛、平等、
戦争の廃絶、永久平和。

一見してユートピアのようであるが、肝はその世界政府が
ほんの一部の人間が完全に掌握しているということ。
世界は支配人間と被支配人間に峻別される。
主人と奴隷との関係。


770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 00:42:16 ID:T/7kDr2D
>>758
あれは「保守」じゃないから。

というか、本当の意味での保守なんて日本には幾らもいないから。
そもそも女系天皇論なんて相手にもしないよ、保守なら。

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 01:13:06 ID:vYoYPBIZ
国会議事堂の高さが66.6メートルって事ですが、日本の国会も手中にあるという事ですか?

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 01:43:21 ID:kjoXoRSa
>>711
日本滅亡

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 01:55:00 ID:eTCjA1cg
>>745
666 = nG4C2WSO = 俺ですよ。

>>746
nog0W8+O = VzRudj0b じゃないのか?
じゃあ、アンタに対しての批評は誤りだな。
まぁ、俺についてはバカでも何でも良い。
俺の人格分析がテーマではなかろう。

疎外感うんぬんは認識している。が、このスレはみんなで仲良く議論
しましょうってスレじゃないだろう。そんなことは気にしていない。

聞く耳を持たないからと反論を避けるのはいかがなもんかな?
そんなに自分を過大評価していないよ。
今のところ楽々反論できるような指摘が多いからそうしているだけだ。

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 02:34:46 ID:hVIK7Zdm
>>770
>というか、本当の意味での保守なんて日本には幾らもいないから。

じゃあ本当の意味での保守とは何かを教えてくれよ。
女天皇に反対することか?

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 02:48:25 ID:eTCjA1cg
ユダヤの様々な事象について、短いスパンだけで断片的にとらえてる訳
でもない。基本的にキリストが磔に処せられた時から続くキリスト教
とユダヤ教の宗教上の対立から生じているものだと認識している。

ユダヤ批判ばかりがなされているが、キリスト教はどうなのか?
魔女狩り、十字軍遠征、キリストの名の元に無数の殺戮が繰り返されてきた。
早い話、そうしたキリスト教徒の悪行を隠蔽または正当化し、教会や王族
など保守的な支配階層の権威を維持するためのツールとして数々の陰謀論が
捏造され続けて来たと考えるべきだろう。

丁度プロトコルが産声を上げた1900年ころ、欧州では中世まで続いた
絶対王政の時代を終えて、変革の波に襲われていた。
既に英国は立憲君主制となり、フランスもまた共和制へと変わっていた。
一方ロシアでは未だ帝政が続いたが、その変革の波がロシアにも及ぶ
のは時間の問題だった。帝政の維持を望む保守派は対策を迫られたが、
当時の皇帝は穏健派だったため、ユダヤ人迫害に消極的だった。
(当時ロシアが欧州で最も多くのユダヤ人を抱えていたにもかかわらず)
そこでそんな皇帝を説得するための資料としてロシアの秘密警察が
プロトコルを捏造したというのが真相らしい。

結局それでもロマノフ家はユダヤ人であるレーニンやトロツキーが主導
したロシア革命によって滅んでしまうわけだが、このことはユダヤ人を
迫害しても帝政を倒そうとする市民のエネルギーには抗しれきれなかった
ことを意味している。

さて、ユダヤ陰謀論一辺倒の方は、ユダヤ人によってロシア革命が実現
したのだから、プロトコルの真偽は別としてユダヤ人の陰謀は実現するのだ。
っと解釈するんだろうが、これって陰謀と言えるのだろうか?

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 02:57:42 ID:eTCjA1cg
帝政
>ユダヤ人の陰謀は実現するのだ。

ユダヤ人の陰謀は実在するのだ。

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 03:26:43 ID:eTCjA1cg
確かにナポレオンが暴れまわっていた時にはロスチャイルドが各国に軍事
資金を提供してぼろ儲けしたたらしいし、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89

日本の日露戦争での戦費もロスチャイルドの意向を受けたアメリカの
ユダヤ人によって拠出されたものらしいが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%95

時系列的に見れば、先に戦争や革命を望む大多数の非ユダヤ人がいて、
ユダヤ人は後から支援しているだけであることがわかる。
つまり、ユダヤ人は結果に対する原因の一つではあるかもしれないが、
根源的な原因ではないのだ。

革命についても陰謀論を持ち出すまでもなく、王政や帝政の元で迫害を
受け続けていた民族が対等な市民権を得るためのチャンスとして一部の
ユダヤ人が尽力したのは当然のことだ。
革命の成功によって利益を得たのは、ユダヤ人に限ったことではなく、
彼らは彼らと利害の一致する非ユダヤ人と共通の理想や目標に向けて
活動したに過ぎない。

このような状況の中で、ユダヤ人のみに原因を見出そうとするのは、
それ以外の重要なファクターを軽視、または見誤らせることになるだろう。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 03:58:48 ID:eTCjA1cg
>>744
なるほどね。この話もユダヤ陰謀論一辺倒の人はユダヤに支配された
ハリウッドの陰謀と思うんだろうけど、ここでも先に次世代DVDの
規格をめぐる対立があり、ハリウッドは後から関与しているに過ぎない。

対立を利用して自分達の利益を最大化しようとするのは汚いと言えば
汚いが、規格が統一されていればそんなこともやる必要がなかった訳で
彼らが望んだことではないでしょうな。

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 04:36:39 ID:M9XL3/Z8
キリスト教のことだけどキリスト教の教祖のイエス・キリストは元々はユダヤ教のエッセネ派です。
そしてイエス・キリストはローマに支配されたイスラエルの属国状態に我慢できずに反ローマの独立闘争を始めた人です。
だからローマのパピュットだったイスラエルの支配層だったユダヤ教徒たちを責めた。
そのユダヤ教批判の改革がはキリスト教の元になった。
でも何故かその反ローマの改革派ユダヤ教=キリスト教がローマの国教になってしまった。
それはローマには各国のローマの属国の民族がいっぱい住んでいたので解放の思想であるキリスト教には
凄い求心力があったからのもあるだろうし、イエス・キリストの教えをまとめたパウロ(パウロがキリスト教
の教えを作った。キリスト教、とくにカトリックっていうのはパウロ教である)がそうとう有能なスパイだったのかもね。
そしてローマの国教になってしまったキリスト教は各国の固有の宗教をほとんど破壊してしまった。
ヨーロッの人々は昔は多神教だったんだけどキリスト教によってほとんど破壊されてそれぞれの民族神がぶち壊された。
上からの押し付けでほとんど見る影もなくなった。

キリスト教の牧師(神父?)の子供として生まれてキリスト教に触れて育ったのに、ニーチェはキリスト教が
ローマ帝国を破壊したと見抜いてしまい、反キリスト宣言した。
しかしキリスト教を幼少から学んできたニーチェにはあまりにもそれは辛く、狂気に取り付かれ最後には
廃人となって死んでしまった。



780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 06:01:55 ID:Jf1jgzSZ
正論と思うよ!だから、自分なりに締めたら?

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 07:13:19 ID:K/OC7J80
>>769
そうそう。そう考えると、彼らの今までの行動がすべて説明がつく。
それが結論でいいでしょ。
キリスト教にも悪いところがあるとか、ユダヤの行動が民衆に支持されたというのは
その通りだけどね。769の世界もきっと民衆には支持されるよw
ホント悪魔主義って言う言葉がぴったりだわ。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 07:54:07 ID:4DxMfy22
>>769
うまくまとまっていると思う。
その過程として世界中で嵌められていったんだろうと思われる
国が見えてくる。例えば隣の韓国なんかはいい例だろうなあ。
日本も向かってるけどもっと過酷な貧富の二極化、勝ち組企業も
ユダヤ外資が握って大多数の国民は疲弊してる構造。小泉自民が
一生懸命にやってきたことだ。こんなことやらされなきゃやらないと
思うよ。ロックフェラーやロスチャイルドが企業的利益追及理論で
やってるとか言ってる場合じゃないことが行われてると考えるべきだと思うよ。

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 11:30:33 ID:Pbub4ueD

               ○
              /│\
            ○─┼─○
            │\│/│
            ○─┼─○
            │>○<│
            ○─┼─○
            │\│/│
              \○/
               ○


784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 11:40:55 ID:Pbub4ueD
              \   |  /
                \ | /

                   /\
                 /∵∴\
               /∵∴∵∴\
            /∵∵-=・=- .∵\
          /∵∴∵∴∴∴∴∴\
         /∵∴∵∴∴∴∴∴∴∴\
       /∵∴∵∴∴∴∴∴∴∴∴∴\
      /∵∴∵∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴\


785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 11:46:21 ID:Pbub4ueD
                 
           ¶     
          ◯
    _   //\\   _ 
    \ \/    \ / /
     \ \  G  / /   
     /\ \ / / \   
    /   \ \ /   \  
          \/

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 13:21:57 ID:ZNGGqgof
>>771
でも、長年で風化してきていると思うから
66.5メートルぐらいになっていると思う。

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 18:46:41 ID:vnY6RrxX
彼等は、本当に戦争のない世界を目指しているのか?
だったら支持してもいいかもしれんが。
どうも信用しきれん。
家畜として、戦争は起こせない、だったらわかる。

管理社会、格差の固定化した社会はゴメンだなあ。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 19:14:02 ID:DWn8L2/7
資本主義というか自由主義を続けるなら戦争はなくならん。
貧民と富豪の格差自体をエネルギーとしているのが資本主義だ。
要するに、貧困がなくなる事などはないんだよ、今のままでは。
貧困が生み出すエネルギーとは妬み恨みであり、
富豪が生み出すエネルギーとは自らを高みに置く高ぶりそのもの。
どちらも資本主義経済には必須だ。他の方法よりもこれらが必要なんだよ。
ただ、それは地球の都合にはあわん。
で、このシステムになれきった連中が考えるような国家社会主義めいたシステムは、
スターリニズムの再来にしかなる事はない。
自分達の特権はそのままでないと困るわけだから。
不満も当然高まるし、そういう声を外に向ける必要も出てくる。よって戦争は必ず継続される。
今も「テロとの戦い」として継続しているように。
恨みつらみで動いているのが現在のシステムだ。
だから、えげつないヤツほど効果的に活動できる。
どういう人間が一番機能的かで、そのシステムの性格がわかるのだよ。

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 19:17:40 ID:ckISbAeU
村上や堀江や奥田、そして小泉の姿は日本の今のシステムの性質そのものだ。
そしてそういう連中が問題を起こすと、ヒステリックなまでに反応するマスコミもまたそうだ。
代表者をみれば、ある程度はどうしてもわかる。
だから米国はどういいぬけをして見ても、ブッシュであり、ライスである。
あれが米国そのものをある程度示している。

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 19:48:58 ID:K/OC7J80
犯罪やテロをなくすのは難しいけど戦争をなくすのは簡単だよ。
一切の共同体を破壊すれば良いんだよ。そうすれば、戦争は起こりえないし
所属する共同体で迫害されることもなくなるw

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:05:50 ID:ohfW/3TC
>>789
ライス・・・(*´Д`)/ヽァ/ヽァ

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 20:07:50 ID:vnY6RrxX
村上、堀江はパシリ

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 23:22:22 ID:CmUsRinw
ヒトラーの予言を読むと、
結局、この世の黒幕はユダヤではなく、
彼らをもっと超えた存在であることが分かる。

この件について、あまりしゃべると、
テーマが霊的な話になってしまうので、
これぐらいにしておくが…。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 23:26:43 ID:g2+MUOYi
>>793
「…“2つの極”はますます進む。1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、非常に多数の、
新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らずしらずの
うちに、全てを操られ、従わされる者たち。

しかも進むのはそれだけじゃない。人間がそうなるにしたがって、地球にも宇宙にも大変動が起こるのだ。
1989年以後、人類には宇宙から、かつてないカタストロフィ(大破局)が近づくのだ。
若いころ私は、『わが闘争』に、いずれ人間が大自然から復讐されると書いた。
それが1989年以後の状態だ。
人間が思い上がって宇宙の自然を犯すため、宇宙が人類に復讐の災厄を下すのだ。
そしてそれが人類を、想像を絶する究極の状態にみちびいていく。
私が生まれてから150年後、21世紀に来る究極に。私自身もそれを霊感ではっきりと見てさえ、信じられない
ような究極に。」

「…(20世紀末は)たとえ表面はデモクラシーや社会主義の世であろうとも、実質はナチズムが支配していよう。
デモクラシーの国も社会主義の国も、われわれナチスの兵器を競って使い、殺し合い、社会は私の望むとおり、
強く支配する者と支配される多数者に分かれていよう。それは天変地異の期間でもある。
人類は大自然から手ひどく復讐される。気候も2つに分かれ、激しい熱と激しい冷気、火と氷、大洪水と大旱魃
が代わる代わる地球を襲うだろう。」

「だからその中から『超人(ユーベルメンシュ)』が現われる。もはや普通の人間ではそういう危機を制御できない。
それに対応するため人類は超人たちを生み、超人が世界や気候を、人間や戦争を治めることになる。つまり天変
地異の下に生きる多数者。それを支配する少数者。その陰で実質的に世界を操る超人グループ。これが、私の
予知する21世紀の世界である。」


795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 23:27:17 ID:hVIK7Zdm
>>793

ひょっとして太田龍お得意の爬虫類人類?

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 23:31:13 ID:g2+MUOYi
「それをもっとはっきり言えば、人類の一部はそのとき、人類から、より高度なものに進化して、神に近い生物になっている。
人類から神のほうへ進化するのだから、それは『神人(ゴッドメンシュ)』と呼んでかまわない。

残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、一種の機械になっている。
ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっているのだ。
それまでの気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異が、そのようなロボットのような人間を大量に
生み出す。

神人のほうも同様で、同じ原因から生まれてくる。ただ突然変異が大脳にプラスに働いて、進化の方向がロボット人間と
別方向になるだけだ。その前段階の『超人(ユーベルメンシュ)』たちも、より進化して神人になる場合がある。いずれにせよ、
彼らはいまの人間の数次元上の知能と力を持つ。彼らは団結して地球を支配する。それまでのあらゆる危機や問題は、
彼ら神人たちの知能と力で急速に解決されていく。」

「ロボット人間たちのほうは、それに従って生きるだけだ。これはある意味では気楽な身分だ。戦争も気候も経済も、神人
たちによって制御されてしまうので、ロボット人間たちは神人たちの認める限度で、多くのものを与えられる。食物と住居も、
職業も娯楽も恋愛も教育も、時には思想さえも与えられる。

ただロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。自分たちの意識では、何もかも自分で
選択して勝手に生きているのだと思う。しかし、じつは神人たちがすべてを見通して、管理工場の『家畜』のように彼らを
育て飼うことになるのだ。

#まさにマトリクスの世界だな。

こうして人類は、完全に2つに分かれる。天と地のように、2つに分かれた進化の方向を、それぞれ進みはじめる。
一方は限りなく神に近いものへ、他方は限りなく機械的生物に近いものへ。これが2039年の人類だ。その先もずっと
人類はこの状態を続ける。


797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 23:42:14 ID:T/7kDr2D
ヒトラーも困った事をしてくれたよ。
嘘の話を後世に残した事も含めて。

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 00:04:12 ID:ROi/IiV8
ヒトラーの話じゃないだろ。
後で作った本だからな。

そして、僕はロボット人間・・・。

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 00:06:58 ID:hs7hZ1W6
580 :ひよこ名無しさん :2006/09/22(金) 00:31:31 0

     愛知県警「こんなもんかよ」
     愛知県警「うわさの中国人ってのは―――」
     愛知県警「こんなもんかよッッ」
    竹石圭佑「ヒィ……」
     愛知県警「逃がすかバカッッ」
    竹石圭佑「……救命阿ッッ」

588 :ひよこ名無しさん :2006/09/22(金) 00:53:41 0

         ★竹石圭佑の名言集☆

 蒲田署「…………… な… な… なにものだ………」
竹石圭佑「とっくに ごぞんじなんだろ!? オレは名古屋から
     きさまらをたおすためにやってきた 中国人……… 
     わずかな理性をもちながら はげしい性欲によって目覚めた 伝説の戦士…超中国人 竹石圭佑だ!!!!!」

竹石圭佑「植草の敵を討つんだ!!!あいつは二度捕まった!!!もう言い逃れできない!!!」

竹石圭佑「植草はいいヤツだった…ホントにいいヤツだった…一番の仲間…
     つ…捕まえやがって………」

 蒲田署「あのミラーマンのように!!!!」
竹石圭佑「あのミラーマンのように?…
     植草のことか… 植草のことかーーーーっ!!!!!」

竹石圭佑「ざ い に ち 波ーーーーーっ!!!!!」

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 00:08:01 ID:RneJpVZM
マトリクスの世界が人類が到達した究極の理想世界かも知れない。

とふと思ったり・・・

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 01:09:14 ID:Jb/uyeIj
悪夢の世界だろ。
俺は自由でいたいね。
連中に支配されたくない。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 01:10:52 ID:Jb/uyeIj
自己決定権を放棄するなんて言うのはカルト信者だけでたくさん。


803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 05:09:39 ID:l4jTpAqC
>>769
羊飼いと羊

羊は毛を毟られ、乳を盗まれ、首を落とされ肉を食われる。
自由に交尾・出産し、天寿を全うする自由な羊などいないが、
それでも羊の群れは羊飼いの元を離れない。

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 06:16:15 ID:nhQmISOJ
>それまでのあらゆる危機や問題は、彼ら神人たちの知能と力で急速に解決されていく。」

これって『超人(ユーベルメンシュ)』とやらが出てこなくても
地球人口が減れば
環境破壊、エネルギー問題、食料危機等の問題はなくなるでしょ
現状が(人間の消費力>>>>>>>>自然の回復力)だからマズイ訳だし
あらゆる危機や問題の原因は地球人口が増えすぎたことが原因。

ま、その地球人口を減らすのが問題なんだけどね
世界各地で戦争や紛争が起きても、AIDS等の病気が流行っても
恐ろしい速度で人口が増えている。

あと数年で地球人口は66億6千万・・・

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 07:13:37 ID:jvZcw0wF
>>801
自由でいたいなら、メーソンについていけば大丈夫。
奴らの信条は、自由、平等、博愛だから。
奴らが身震いするほど嫌いなのは、自分たちを迫害した専制とか封建だからねw


806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 07:43:17 ID:/KHaHTB5
円安になったらガソリンがさらに高騰する。
農業に必要なエネルギーや化学肥料の価格も高騰する。
そして日本社会崩壊。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 08:13:20 ID:RneJpVZM
>>805
自由、平等、博愛という仮想現実に生きる奴隷でいいならな。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 10:12:52 ID:36sf0dJ7
少々欧州の歴史に対する予備知識を入れて置いた方がいいのかと思うので駄文ですが

そもそも欧州では王侯貴族が何かをする場合
それは公共事業であれ贅沢品を買うのであれ現金で商人に支払いをすることはありません
それに見合った徴税権を与えるのです
その徴税権を行使して利益を上げるのが商人です
この観点から、皆様方が一生懸命陰謀論を唱えていらっしゃるユダヤ人はじめ
国際資本にまで成長するに至った各商人は基本的に王侯貴族の番頭さん的な扱いで語られます

その番頭さんを過大評価してはいけないと思うわけです

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 10:22:31 ID:jvZcw0wF
番頭だからこそ陰謀なんでしょw
まっ、そういう地位とかじゃくなくて、奴らは思想で世界を動かしてるからなあ。


810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 10:25:40 ID:eITi7WZR
アークってプラズマ原動力なんだろ?ユダヤにわたったら大変だな。

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 10:27:03 ID:36sf0dJ7
舌足らずだったか

番頭さんが政治を動かすためにはそれ相応の理屈が必要なわけで
必要ならば宗教を、必要ならば思想を、必要ならば経済を
といろいろやり尽くしてできてきたのが今の押し付けがましい西洋的価値観ってやつなわけで
陰謀と一言で言ってしまえるようなものでもないし隠されてもいないし歴史としてちゃんと
残っている事象なわけですから落ち着いて議論していただければよろしいのかというだけのお話です

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 10:58:35 ID:RneJpVZM
>>808
>国際資本にまで成長するに至った各商人は基本的に王侯貴族の番頭さん的な扱いで語られます
ロックフェラーの仕える王侯貴族はだれ?

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 12:20:18 ID:ROi/IiV8
・・・・・エリ・・・・

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 13:41:54 ID:QW5gF6BH
自由の名の下の迫害はイスラムに対してやってるだろうが。
平等という妄想の下でアメリカは貧民が増えてる。
イスラエルも上手くそれらを利用している。
博愛といいながらずかずか踏み込んで商売のネタを探すだけ。

くだらねー話。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 18:04:57 ID:LExfVyI9
宮崎哲弥、勝谷誠彦なんかは、自己保身のため必死で
イルミナティ、メーソン等の戦略を否定してるな。
根性なしコメンテーターの代表核だのー。

ま、心情は察するけどな。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 19:33:25 ID:QW5gF6BH
最近は上層ユダヤやメーソン、あちゃらの王族の裏活動とかにも、
それら自体にはあまり興味はなくなってきたが。
結局部分に過ぎないし。
ただ、そういうのがどうしても出来上がり、力を持ってしまう仕組みや性向は、
以前よりもずっと気になるようになった。
分析すればするほど、この連中自体も事実上リモコンされてるだけのようだし。
人間全部そういうものかも知れぬ。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 22:49:29 ID:i7fBWaa+
>>805
>自由でいたいなら、メーソンについていけば大丈夫。
>奴らの信条は、自由、平等、博愛だから。

で、第三次世界大戦を起こされるのか?
とても自由平等博愛とは思えない。
むしろ不自由、不平等、極悪だと思う。

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 22:51:07 ID:i7fBWaa+
つまり自由平等博愛がいけないのではなく
そのスローガンがゆがめられて認識されていることに問題がある。
現実のイルミナティの政策は不自由、不平等、極悪だからね。

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 22:54:40 ID:i7fBWaa+
イルミナティの主導しているグローバリゼーション。
それは市場原理主義による二極化であり、富の偏在であり不平等である。
そして自由とは強者の自由であり、弱者は強者の自由によって運命を決せられる。
つまり弱者に自由はない。
そのような社会に博愛は無い。
人類家畜化計画という恐るべき反ヒューマニズムである。
つまり彼らは、自由平等博愛といいながら全く反対のことをしていることに問題がある。
自由、平等、博愛に問題があるのではない。

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 22:55:33 ID:RneJpVZM
自由平等博愛は幻想だよ。
人間は自由でもなければ平等でもなければ博愛でもない。
そうなる必要もない。
そんなものにはなんの意味もない。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:36:20 ID:i7fBWaa+
法的に平等にしなければいけないだろ。
昔の封建制に戻そうというのか?

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:37:05 ID:i7fBWaa+
自由は大切だろう。
イスラム原理主義みたいに、髭を生やし、ベールをかぶらないといけないのか?

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:38:07 ID:i7fBWaa+
人類愛は大切だろう。
人類愛がなければ、動物と人間を同列に扱うのか?

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:39:17 ID:i7fBWaa+
自由も平等も博愛も幻想ではない。
現実に存在する概念だよ。


825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:44:41 ID:LExfVyI9
聞こえのいいスローガンを使い欺くわけだ、中身は最悪でも。
自立支援法とか、郵政民営化とかな。
ま、中身は極悪なんだが。

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:47:57 ID:RneJpVZM
>>821
>昔の封建制に戻そうというのか?

江戸時代の日本はむしろ素晴らしかったじゃないのか?
ペリーにより無理矢理開国し、必要にかられて(やむ得ない面はあるが)
富国強兵策を取り出したときから日本はだめになっていった。
つまり西洋の文明(技術)を取り入れるだけでなく、帝国主義的外交も
安易に(なにも考えず)遂行していった。明治維新のときから日本の
進路は誤った方向に向かっていった。

中世は暗黒と言われるが、むしろ平安な時代ではなかったのか?
ルネッサンスが中世の暗黒から抜け出たと教えられているがそれはうそだ。
ルネッサンスから人間中心主義が広まり出したのである。

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:51:21 ID:RneJpVZM
自由とか平等とか博愛とかいうのは言葉でいうほど
そんな簡単なものではなんいだよ。
それは何なのか深く考えない熟考するものなんだよ。
よくわかっていないからやすやすと騙される。

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:52:27 ID:RneJpVZM
>>827
それは何なのか深く考えない->それは何なのか深く考え

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:58:48 ID:sjY7jKFE
誰かの無制限な自由は、その他の人達の異常なほどの不自由になるし、
平等と叫んでみた所で、人にはそれぞれ個性があり、それが豊かな世界を作っている訳で、
博愛と叫んでみた所で、スローガンだけなら何とでもいえる。
自分達にかかる税金を軽減化するロビー運動をした上で、
慈善団体に金を少々突っ込んでみたりするような博愛なら正直いらない。
それどころからただの節税だったりするようだがw
シネという感じだ。

深く考えれば、一つ一つには但し書きがつく事が理解できる。
そして、どれか二つならばかろうじて、徹底する事はできる可能性はあるが、
三つは決して成立せず、そして自由が入る時は何れも自由が厄介な問題になる。

本気で言ってるなら基地外のスローガンだし、
そうでもなくて思惑があるならば、それは悪意というしかない。
なぜかというと説明をせず、また少々しても、それを徹底するつもりはもとよりないからだ。
ならば何に基づいたスローガンであるかといえば、それは「悪意」以外のなにものでもない。
人を惑わせるだけだからな。

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 00:09:57 ID:BkEuPmCL
自由、平等、博愛というのはフリーメーソンが家畜たる人類に与えた虚語である。
なにかわからないが美しいイメージのする理想的な標語のようにきこえる魔語。

-----------------------------------------------------------------
そしてそれこそ彼等が目指し ている目標なのである。彼等は自由、平等、博愛という互いに矛盾する
言葉をもたらした。ゲーテは「自由と平等が両立するなどと本気で考える人間がいるとしたら、それ
は狂人だ」と言っている。彼等は民主 主義、自由、権利という言葉を人間社会に持ち込んだ。これは
あたかも絶対的な真理のようにすべての 人々に受け入れられた。しかし、これらは実際には有り得
ない事だったのである。

ちょっと考えてみただ けでも、もしすべての人が互いの権利を主張したら、そこに平等な社会など
成り立ち得ない事は分か るではないか。そのためには人間が、利己 欲望、嫉妬、憎しみなどの
感情から完全に解放されていなければならない。

「大衆はあらゆる機会に自己 の野蛮性を発揮するもので、大衆が自由を握れば必ず無政府状態に変えてしまう」
「我々が『自由、平 等、四海同胞』という言葉を民間に放ったのはすでに古代の事である。それ以来、これらの標語は、
無意 識のおうむ返しによって、何度となく復習され、世界の幸福と、個人の自由とを破壊した」(シオン賢人の議定書)


831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 00:22:27 ID:XKIn/k0p
シオンの議定書についても、一つ書いておくか。
あれは少なくとも元々の原稿については、「ロシアの秘密警察」などが考え付くものではない。
「ロシアの秘密警察」というものをまず考えたまえよ。
「ロシア」の「秘密」の「警察」なのだ。
ロシアという独立国に所属し、
活動は公的なものではなく、どちらかといえば体制維持派であり、
警察であるからには、変革を嫌うのだ。
そういう連中がまず中枢にいる組織だ。
腐敗していようが、癒着があろうがなんだろうがな。
つまり、その時々の体制についたものであり、番犬である。
そういう連中が考え付くような事か、ってんだよw、アホが。
表面に出た文書自体は「ロシアの秘密警察内で参考資料として出回った」かもしれないが、
そういう所につい所属してしまう連中の視点の射程を超えている。

つまり、「ロシアの秘密警察が〜を誹謗するために書いて撒いた」という話を、
まことしやかに流した連中の周辺に、元々の出所があるだろう。
それがユダヤのサンヘドリンであろうが、別口の秘密結社や政治結社でも一緒の事だ。
ただ、かなりの金持ちしか当事ならばまず気がつかないような事を記述しているわけで、
あれが本当の議事録であれば、そのメンバーはまず間違いなく富裕層だし、
もしそれらしく書いたものであれば、本人か知り合いかは間違いなく富豪に属するか、
その周辺にいたはず。

まあ、あんな事を考える奴がいたことは確かだな。書かれてるわけで、残ってるわけで。
もう既に死んでるのは間違いないが、あんな考えを持っているやつは、
生きているに値しないというか、正直迷惑だ。存在価値などない。
どんなに頭が良くてもな。

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 00:27:33 ID:BkEuPmCL
我々が国家体制の中に、自由主義という毒液を注射して以来、各機関は全て変化した。
いまではどの国家も死に至る病である壊血病に侵されており、断末魔の苦しみを味わっている。
自由主義は非ユダヤ人にとり健全だった専制政治を廃し立憲政治を生み出した。
諸君もご承知のように、憲法と闘争と対立をかり立て、国の機能を弱め、個性的価値を奪う無益なものである。
議場も新聞も、国家の行動力を奪い支配者を無用化してしまう。
それで多くの国で元首は廃された。
そして共和制への道が開け、我々は伝統ある帝王の代わりにロボットの大統領をつくった。
この大統領は民衆の中から、それも我々に奴隷のごとく仕える者を選ぶのである。
これこそ我々が非ユダヤ人国の全ての地下に埋設した爆薬であった。
我々は絶え間なくあらゆる国で、政府と人民の関係を攪乱しなければならない。
民衆を憎悪、闘争、欠乏、飢餓にさらし、悪疫の伝染でふらふらにし、結局我々の金力とその支配下に入る以外
にないように追い込むのだ。
もし人民にちょっと一息いれさせると、このチャンスは遂に逃がしてしまうだろう。
(第10議定書)

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 00:27:46 ID:/yIYKaor
自由と平等は対立する概念である。
しかし共存する概念でもある。
自由ということは全ての人間に平等な自由を与えることになる(平等の概念)
平等と言うことは全ての人間に等しい自由を与えることになる(自由の概念)
つまり自由と平等は対立していながら共存する概念である。
自由と平等はシーソーの二つの椅子である。
どちらかを上げればどちらかが下がる。
しかし両方の椅子がなければシーソーではない。
そして、この対立しながらも共存しあう概念のバランスをとるために友愛(公共心)の概念が必要となる。
これが、自由、平等、友愛の基本概念である。
人間の本能に訴える倫理であり思想である。
人間には優越願望(自由の願望)と対等願望(平等の願望)がある。
人間は人とは違っていたいと思う反面、同じでいたいと思う。
つまり人間自身が相反した欲求を持つ。
自由と平等という概念は矛盾した欲求を持つ人間の本能を見事に言い表した言葉なのだ。
人間の本能的欲求を最大限認め、矛盾した心のバランスを公共心でコントロールする。
これ以上の思想を私は知らない。

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 00:35:38 ID:BkEuPmCL

日本の全ての政策は、白人社会、端的に言葉を変えるとフリ−メ−ソンのシステムの基本である「知識・競争・合理性」
「自由・平等・博愛」を絶対視する傾向にあり、ますます彼らのシステムが日本社会に浸透するにつれて社会の歪みも
増加する傾向にある事実を直視する必要があるのではないでしょうか?
 日本の文化や習慣は決して、欧米社会のそれよりも決して劣っている訳ではなく、多くの優れた文化の中の一つの
文化であるはずです。
他の世界にない文化やシステムを築いて、日本人が他に誇れる独自のものを持てると言うことは貴重なことだと思います。
無条件に欧米のシステムに同調する前に、果たしてその方法が最善なのかどうかを、「知識・競争・合理性」「自由・平等・博愛」
と言う判断基準以外の基準も含めて十分に検討する必要があると言うことです。
フリ−メ−ソンのシステムは、看板からして一見全ての人々に否定しようがない教義であり、全ての人々に恩恵を
もたらすように思えますが、今までの歴史、フランス革命、ロシア革命、アメリカ独立戦争、共産党の政治を振り返って
考えると、それらの国々で低所得層が彼らの看板通りの生活をしていない事実によります。
恩恵がもたらされるのは彼らグル−プと、その支援者だけであり、それ以外は多くの分断と不利益がもたらされただけで
あることを思い起こす必要がありそうです。
ここで改めて現状の世界の仕組みに対して、日本人一人一人が意識的にどう「対応」するかだけではなく、日本人一人一人
が「他国の真似事」だけをせず、いかに自分達の「独自の文化と技術と伝統を持ち、他の国と共存共栄出来る国家の構築」
と、いかに自分達の子孫達がより豊かに、より良い生活が出来る社会システムを構築して行くかが求められているのだと思
います。


835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 00:46:19 ID:XKIn/k0p
本能的欲求を最大限認める?
誰がそれを調整できるのだね?
現在の富豪たちの欲望をどうやって、誰が止めるのかね?
米国の要求や奥田の提案などにそって、日本国内の自由競争は強化されたが、
これの受益者は金融界と輸出系産業のみだ。殆どそれのみといえる。
受益者といえるのは。
そして、それらがスポンサーとなっている大政党など。
こういう連中の欲望を誰が抑えることができる?
誰もできない。
民主主義では不可能なのだ。民主主義はマスコミ抜きには成立せず、マスコミは金で動くからだ。
民主主義ではそれを実現する事はできないんだよ?
しかし、彼らは民主主義を成立させるためにそれらのスローガンを使っている。
詭弁はやめたまえ。
自由を唱えるものは常に強い立場の時にそれを振りかざす。
「われらにも平等なチャンスを認めよ」と。平等な条件ならば常に勝てる時に。
そして、実際世の中には機会平等ですらもあった時代は殆どない。
はっきり言えばな、太古にはあった。でも、その時は人間にはまかせてなかった。
連中にはできないからだ。若い神々にもな。
信者の多寡で力量が上下するような連中に公平性など期待しても無理。ほうっておけば好き勝手やる。
で、機会平等を与えても、まだ不満なのは出てくる。何時だってだが。
人間は自分だけでは自分を抑える事はできない。特に集団となるとまず無理だ。
それがはっきりしたのが、今の時代だ。
ま、それにな、思想として美しいものが有効であった試しはない。
なぜならそれは妄想でしかないからだ。
例えば政治で言えば、政治には良い政治か悪い政治しかないのだよ。
寡頭制だから悪い。あるいは良い。
民主制だから悪い。あるいは良い。
独裁制だから悪い。あるいは良い。
こんな事はないのだ。
人間の殆どはまだそんなことにも気がつかない。

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 00:52:43 ID:BkEuPmCL
>>833
君の書き込みは詭弁の臭いがプンプンするね。

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 00:58:19 ID:aWoXSyRE
さて、それではイルミネイタスを、えらいめにあわすには
どうすればいいか。 語ろうか! ナーンチャッテーーーー!

838 :グレート・ホワイト・ブラザーフッド#:2006/09/26(火) 01:00:13 ID:9z8M0KGv
なんでも聴くがよひぞよ。

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 01:06:43 ID:XKIn/k0p
民主主義には選挙がつき物だし、選挙には候補者を立てねばならず、
候補者はアピールするためには具体的には金がいる。
どんなに善良な政治家でも民主主義政体では支持者を増やすために、金策に走り回る事になる。
本人や周辺が貧乏覚悟でも政治家であり続けるためだけに金がいるからだ。
民主主義の元で金を重視するなといっても無理。
まして今はキャンペーンの張り方などが研究され、実用化もされてる。
好き嫌いではなく金で動くしかない。
こうして政治は金を持っている集団の手に落ちるが、
資本主義システムの元では、社会に入り込んでいる企業でも無い限りは、
ごく自然に気がついたら金がなくなってる事になってる。
つまり、経済界(企業集団)との付き合いが不可欠になる。
わかりやすい便宜を図れなければ、法律を作り、適当な理由をでっち上げ、
スポンサーにとっての有利な税制や法律や規制を作る。あるいは撤廃する事になる。

こんな状態で平等も博愛もない話だ。口先だけの平等や博愛はむしろ蔓延るだろうが。
企業グループにとっての剥き出しの自由だけがそこにある。
まあ、性質の悪い奴で無い限りはなかなか気がつかない「自由」し、気がついても、
まともな神経を残していたら容赦無く行使するのには抵抗があるだろう。
で、今はこの社会の上層部の神経はかなりトンでしまってる。

法律をいじれば金が幾らでも出てくるなんて、昔の施政者は百も承知であった。
士農工商という形で、極力政治に商人の嘴を入れさせなかったのは、
賢明な施政者の証だよ。
人間は好きにやりたい、豊かで贅沢な生活がしたい、これをもつのは自由だし、
勝手にやればいいのだが、こういう本音と密着した仕事をしてる奴に政治に参加させてはならんのだ。
歴史を紐解けばわかるが、社会がおかしくなる時は古代ギリシアの時代から大商人が関わってると、
常に相場は決まっておる。
が、こういう事すら学校では教えない。民主主義だからな。

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 01:39:59 ID:BkEuPmCL
「シュタイナーは、この政治システムに対して醒めていた。民主主義によって、人々の多様な意見が
汲みとられ、実現されていく、などという幻想を抱いてはいなかった。このシステムが、実際には、
既存の経済上の利益を代表する者たちによって議席が占領され、新しい社会形成を訴える者を法
的に拘束する機能しか果たさない、という現実を、彼は繰り返し指摘した。」(「シュタイナー入門」p163)

イギリスの名誉革命、フランス革命、アメリカ独立は、18世紀にイギリスで生まれた近代的オカルト
結社(フリーメーソン?薔薇十字会?)が推進した、という話はよく聞く。陰謀史観といわれるジャンル
の本を読むと、ロスチャイルド家の暗躍もあまねく書かれてある。シュタイナーは、「議会制民主主義」
もこのオカルト結社の産物として捉えている。

「代議制とは、近代的な錬金術である。1枚の投票用紙は、ぺらぺらに薄められ切り刻まれた金箔の
ようなものだ。それは確かに、国家意思の形成にまで連なっているかのような一片の輝きを見せる。
しかし、結局のところ、集票のプロセスを通ることで1人ひとりの意志は溶解し、どろどろに溶けた金
(きん)=金(かね)となり、投票者の意志とは関係のないところで用意された型に流し込まれる。」(p164)

「用意された型」の最大枠が国家だ。人々は、この国家形成に貢献する見返りとして「国民意識」を
与えられる。統治システムに参加しているという錯覚によって、「国家」を支えているのは自分たち
「国民」であるという自覚が生まれてくるのだ、という。

国民国家のイデオロギーが醸し出す最高のうま味は、この統治システムを操作している結社が、
人々の眼差しから見えなくなる、という点にある。だからオカルティズムなのだ。<中略>そして、
この結社のメンバーが、実のところ国民意識などもっておらず、国境を軽々と越えて、グローバル
なネットワークを結んでいることが、国民にはまったく見えない。この世に存在する最高位の権力
主体は、国家だと思い込まされるので、国家を超えたものを想像できなくなるのである。」(p166)

ttp://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1010597

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 01:45:22 ID:BkEuPmCL
>>840
自己レスだが、

最後の節
「国民国家のイデオロギーが醸し出す最高のうま味は、この統治システムを操作している結社が、
人々の眼差しから見えなくなる、という点にある。だからオカルティズムなのだ。<中略>そして、
この結社のメンバーが、実のところ国民意識などもっておらず、国境を軽々と越えて、グローバル
なネットワークを結んでいることが、国民にはまったく見えない。この世に存在する最高位の権力
主体は、国家だと思い込まされるので、国家を超えたものを想像できなくなるのである。」

シュタイナーがここまで見抜いていたとはさすが。ただ者じゃない。

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 01:49:48 ID:CZRRQw0T
愛で世界は救えるか?


843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 02:08:43 ID:XKIn/k0p
愛無しには救えぬな。
博愛などという胡散臭いものではなく、馬鹿者にははっきり「バカだなお前」という愛であり、
犯罪的行為をしていると思えば、それを明らかにして、償いをさせるために刑務所に叩き込む愛であろうが。
男性的というか、バカをバカと蹴飛ばす愛であろう。よしよしと可愛がる愛ではなく。

俺の一連の書き込みも愛だろうよ。
面倒くさいんだし、こういうのも。
貴様ら全員アホでよし、と思えば書かぬ。
情報量wに押し流される可能性の方が高いしな。何を書いたところで。

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 02:12:34 ID:BkEuPmCL
>>843
>情報量wに押し流される可能性の方が高いしな。何を書いたところで。

ま、そんなことは言わずに・・・。

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 05:39:36 ID:L1RgThDs
愛撫先

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 05:47:30 ID:7TBTIvOg
>>845
普通だな。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 07:09:59 ID:b9HzOS/p
自由、平等、博愛を実現するには人間を家畜化するしかないってことだろ。
感情とか共感とか意欲とかそういうのを抹殺された抜け殻みたいな家畜ね。


848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 07:42:00 ID:9MkOCq4M
>>840
シュタイナーは、社会三分節論という枠組みのなかで
「本来めざすべき民主主義」を論じている。
社会を、精神領域、経済領域、法領域の3つの層からなるものととらえ
(これは、人間の「頭脳、心、意志」に対応する)
精神領域で追求されるべき理念が自由(言論の自由など)
経済領域で追求されるべき理念が友愛
法領域領域で追求されるべき理念が平等(民主主義的な法体制)。
それぞれの理念が、別の領域で追求されだすと、欺瞞や混乱が生じると述べた。
(例えば、いまの米国流民主主義は、
経済や法においても「自由」が追求されている弱肉強食社会。)

いわゆる民主主義体制は、
「精神における自由」と「法における平等」をシステム的に保証している。
ここを失ってしまうと全体主義体制になるのでそこは譲れないと思うんだが
しかし本来は、「経済における友愛」が実現しない限り、
自由と平等は外的な形式に堕落し、欺瞞的システムになってしまう。
つまり、「経済における友愛」こそが社会の生きた中身なんだが
形式的な「自由と平等」がそれを壊していく、という、現在の状態になってしまう。
問題は、人が「経済における友愛」を求められるようになるか、ということ。ではないか。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 07:53:09 ID:b9HzOS/p
シュタイナーってニューエイジがらみの人間だろ。詳しい思想は知らないけど。
ニューエイジの後ろにはフリーメーソンがいるわけで、その辺もおぼろげに線が
繋がってくるなあ。


850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 09:28:39 ID:HmiFS3SB
つかおまいら
現代価値観ってものも彼らの思想だということを忘れちゃいかんよ
ここで一生懸命語るのはいいが今おれ達自身も彼らの思想をすっかり信じてしまっているんだから
自由とか博愛とかなんて概念自体彼らの概念だし
民主主義だってそうだろう

あと上の方で明治維新は間違いとかでているけど
家康の頃は大軍を送って来れなかった西洋勢力に対し鎖国することができたが
明治維新の頃には清にアヘン戦争で勝利しているわけで
危機感を持って当たり前だろう
彼らへの研究を行った結果、まったく彼らと同じようにすれば勝てると踏んでの
富国強兵、脱亜入欧政策なんだからさ

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 09:47:12 ID:tUeukoL9
君達はまず不貞する自由を学べ

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 11:01:34 ID:I4NVUBCV
シャロン、ネタニヤフ、アメリカの中西部などの新興宗教の幹部と妻一族郎と組んでいるラディンなどの富豪一族は晒し上げられている、そうです。
アラファトも生きていたのだ、そうです。
世界の連合軍が拘束して拷問処刑する、そうです。

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 11:42:49 ID:BSw84nyp
揺れる乳、感動する。
http://netrunner.mine.nu/uploader/src/up0045.jpg
http://netrunner.mine.nu/uploader/src/up0044.jpg

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 12:31:37 ID:ogm8Bsjl
北朝鮮の平壌の軍隊は
第666部隊とか第666師団だか666軍管区とか名づけられているのですよね。
ロックフェラーと北朝鮮のピョンヤンの価値観や思考回路は同じという事でしょうか。
道理で日本人として両方とも嫌いか判ります。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 12:44:28 ID:nFckQnuX
価値観を受け入れるという事は、「相手を先生にしてしまう」という事だ。
対抗したいのであれば有り得ない選択肢だよ。
これは自分達が発信側になったとしたらどうするか?
これを考えれば容易に理解できる。
相手に自分達の価値観を植えつける事ができれば、
結局植えつけた価値観には、その根本になる精神などが不足しているので、
元々それを発した側にお伺いを立てることになる。
カトリックの信徒になった人間が、バチカンに抵抗できるかね?
そういうレベルの問題だ。
よって、脱亜入欧政策というのは、もしも一定以上考える事のできる人間が考えた事であれば、
自分がその場で強ければいいという、言ってみればその場の支配権を取りたいので、
外部の支配層に従属する事にしたというだけだし、
そうでなければ考えが足りない浅はかな人間であったという事になる。
特に思想などについては注意が必要なのだが、それすら分かっていなかった事になる。

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:28:58 ID:HmiFS3SB
>>855
明治維新時はそれすら選択する余地がないくらい切羽詰まった状態
軍隊の近代化一つとっても産業がなければ成り立たず
産業を興すには幕藩体制ではなりたたず
中央集権を実施するには思想的背景が足りなさすぎた
欧州で数百年に渡り蓄積してきたことを数十年でやり遂げたのはすごいと思うが
軍事的独立を勝ち取り日本という歴史と文化を残したのはえらいと思うが
逆に失ったものも多かったと思うぞ

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:58:38 ID:wIIk53I6
和魂洋才

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 14:08:53 ID:BkEuPmCL
857がいいこと言った。

だが、結局、 盗魂洋才だった。

大正は、自由、平等、民主主義が奔流のように流れ込んで
日本人が踊らされた時代だった。

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 14:40:34 ID:XKIn/k0p
切羽詰ったのは、挙国一致でいくしかないと思わなかった事だ。
薩摩や長州は幕府以上に外国に親密になりすぎた。
そういう連中がイニシアチブを取ってはいけないが、取ることに固執したし、
その為には幾らでも借金をする用意があったのも明白。少なくとも倒幕側は。
そうでなければグラバーは破産などしない。
厄介者であったわけだよ。維新の者達は。
勝手に危機的状況を作り上げたに等しい。
何故、私たちも協力しましょうといえなかったかといえば、欲が強かったからだ。

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 14:44:33 ID:HmiFS3SB
幕府側とてフランスから返すアテのない借金しとるわいw

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 14:47:21 ID:nFckQnuX
更に増やす用意があったのは倒幕側だ。
それに所詮フランスは遠いし、問題を本国により抱えていたので幾らでもやりようはあった。
英国を相手にするよりもな。
維新側には殆ど日本の為という意味では、あれ自体には分はない。
後で個人でリカバリーに奔走した人間もいたが、それは後の話だ。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 14:52:36 ID:HmiFS3SB
よく意味がわからんが
フランスから借金まみれになって北海道を租借されていても文句はなかったわけか?

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 15:02:00 ID:06S6KKS6
そうはならんだろう。
というか、そもそも倒幕なんぞ勝手に志したせいで出費がかさんだのも忘れちゃ困る。
維新の連中には同情すべき点はあった部分もあるが、
プラスマイナスすると正直赤字ばかりだ。
日本のためにはな。
連中の一部の中には随分プラスになったのもいただろうが。
国を思うならば、まず禁物なのが内乱だ。明治政府も内乱には気を使っていただろうがw

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 15:26:40 ID:XKIn/k0p
全ては(今更・・・)だけどな。だから、しつこく書く気もないのよ。
でも、実態としてはこんなもんだ。
司馬も後悔しただろうよ。妙な小説書いて。
しかも、ヘンな人気が出て。
アレは間違いでした。ヤバい所ありました。当時は資料も足りなかったんです。だからああなりました。
とは、なかなか言えないよな。
小説については断筆もする。
しかし、ああいう話でないとメディアは受け入れなかったのも事実だ。
メディアの寵児の走りの一人だな。

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 15:34:31 ID:ojTGZddj
フランスからの資金もグラバー経由(イギリス)の資金も
出所がロス茶である件について

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 16:12:39 ID:b9HzOS/p
でも、結果的にはメーソンの思惑は失敗したような気がする。
確かに内乱は起こったんだが。
幕府、薩長とも、他国と比較すればそれほど自己中心的でなく、常に国のことを
優先する思考だったからね。まあ、メーソンも日本人の国民性に合わせて、それからいろいろ戦略を練り直した
んだろうけど。
思うに、愛国心と利己心こそが、真に相反する心情なんだろうって思う。
博愛なんていうのは、自己愛の裏返しだし、愛国心を忘れさせるためだけに考えられたといっても良いのでは?

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 16:15:25 ID:wT1fQIFx
幕末当時、いや、「かつて地球上に」と言いなおしてもいい、
国野枠組みを越える金融資本や武器商人はユダヤ人しかいなかった。

ユダヤ財閥資本による資本投下と武器供与で内政干渉と社会騒乱、
自由と民主主義の名の下に経済支配、それがユダヤ伝統の世界統治でしょう。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 16:23:09 ID:wT1fQIFx
暗い家に住んでいるやつには火を灯すことを教えれば油が売れる。
一度明かりを知ったものは暗闇を恐れる。
火の扱いにしくじると燃え上がるが、そうなったら全焼するまで煽ればいい。
焼けるのは自分の故国でもないし焼け死ぬのは家族でもない。
鎮火したら土地を二束三文で買いとってもいいし
金を貸して家を建てさせて燃えないランプを売ってもいい。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 16:28:26 ID:HmiFS3SB
幕末時代にメーソンやらイルミナティが食い込めるほどの政治情勢ではなかったんでないか?
武器を売りたいので内乱を画策というが実際には下級武士程度しか相手にできていないし
たまたま情勢が流動的になったついでに南北戦争終結でダブついた武器の売り先見っけ!程度だろ

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 18:04:40 ID:wT1fQIFx
>>869
事実かどうかはともかくとして、
jp.wikipediaのフリーメーソンの項目には
フリーターの元祖坂本龍馬の名もあるね。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 18:07:48 ID:4wrHubIz
http://quizzes.yahoo.co.jp/quizresults.php?poll_id=3524&wv=1
ソニー社員がPS3の印象操作をしようとしていたのをPS3に投票を集中させることによって
2ちゃんねる住人がそれを止めようとしました。
しかしソニー社員は上の投票を有効にするために他の項目にも投票し反撃をしてきました
ttp://games.yahoo.co.jp/
の右下のYahoo!投票で、
”PS3を買う”にチェックをいれて投票してください。

また、C:\Documents and Settings\(USERNAME)\Local Settings\Temporary Internet Files
の Cookie:(USERNAME)@yahoo.co.jp/ ファイルを消すことで、何度でも投票できます。

※(USERNAME)は各皆様方のPC名
※一度投票したあとは2回F5を押すことで何度でも投票ができます。

【めざせ】yahooアンケート次世代ゲーム機【カンスト】
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1159256942/

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 18:19:19 ID:7TBTIvOg
>>870
そいつ、モーツァルトと同じくフリーメーソンに暗殺された馬鹿w

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 18:38:59 ID:nFckQnuX
>>866
薩長に対して文句を書いてたが、確かにそういう側面はあった。
比較的抵抗した人士もいたとは言える。後付で気がついたのかもしれないが。
ただ、それはやはりあまり多くはないし、
あくまでも個人の判断でやっていたようだ。
また、見当違いに近い事をしていたのも多数いたと思う。
問題意識自体は正しくても。

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 18:47:03 ID:XTj82M4S
メーソンがどうとか維新がどうとかに限らんが、再評価は色々と必要だろう。
よさそうに見えて悪かった事、悪そうに見えてよかった事。
功罪半ばするのが多いのだろうが、それらをきちんと見直す必要はある。
そういう時期ではあるな。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 20:49:36 ID:36XMcclP
坂本龍馬は別にメーソンだろうがなんだろうがたいして幕末動乱に寄与してないじゃん
薩長同盟が成った後普通に武器と食料を商売していただけだろうに
普通の武士ならやらんかもしれんが実家が商家だからなんの抵抗もなかっただろうしね

それとも何か?
司馬小説読みすぎて坂本某が維新で大活躍したとでも言うのか?

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 21:20:56 ID:axifarGo
123

877 :1:2006/09/26(火) 21:22:35 ID:ant2Bo6K
1

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 22:08:57 ID:9MkOCq4M
ええと、スレの流れを見ていて思ったことなんですが、
西欧憎し、が極まって民主主義まで否定するのはいかがなもんでしょうね。
江戸封建社会が良かったという意見もあったが、
百姓を生かさず殺さず、の、ものすごい不平等社会だったわけで。
言論の自由なんて当然なく、悪代官が居ても、抵抗するのも命がけだった。
「法における平等」と「言論の自由」が無い社会は
今でいうと、北朝鮮みたいな社会。とても称賛できないと思うんですが。

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 22:16:28 ID:BkEuPmCL
>>878
江戸時代をみてきたわけでもないのだろ?

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 22:21:27 ID:36XMcclP
>>878
そういうのがすでに毒されているというんだよw
まあおれも現代人だからその気持ちはわかるが
何もかも現代的価値観が正しいと思わない方がいい
また北朝鮮みたいな社会とも違うんだな
あっちもあっちで現代国家
江戸時代の価値観など江戸時代の人間であれば別に
息苦しいとも思わないだろうしそもそもあなたのは
江戸暗黒史観が見え隠れしますよ

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 23:19:10 ID:NzIWYyjS
民主主義
別名 衆愚政治

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 23:37:09 ID:3dggfRJF
本当の歴史ってなんなんだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 23:46:55 ID:yGDewOFE
>>880

民主主義以外にどんな代案があるのかな?
江戸時代的身分社会かな?


884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 23:54:02 ID:CZRRQw0T
>>882
正しい歴史も間違った歴史も存在しない
歴史は人の解釈によって生まれる概念


885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 01:56:40 ID:Yo8I0Dj+
現代だって身分社会だ。
それが一見分かり辛いだけだ。
そして分かりづらいが故に、責任を取らねばならぬ連中はより無責任で野放図となり、
責任の所在を探してうろうろする庶民は見当違いの相手を叩いたり、
適当に突き出された「叩けそうな相手」に飛びついたりもする。
より複雑になったが、人間としてはより低劣化した。
これは進歩というものではないよ。
ユダヤ化ではあるだろうがなw

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 02:26:27 ID:KqN9joq6
>>885

民主主義には否定的なのかね?
そうすると天皇に全ての主権を渡すのかね?

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 03:38:03 ID:Yo8I0Dj+
ああ、否定的だとも。
天皇に全権を渡す方がいいんじゃない?
小泉や奥田や宮内よりは、天皇は遥かに信用できる。

比較するのもばかばかしい話だが。

それに「民主主義」を否定するというのと、「民の代表を政治に参加させる」というのは両立する。
何時だってそうしていたのだ。
政治は人々が納得せねばならんからな。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 05:07:09 ID:L1t7W7nV
ぱっぱらぱーわ888ですかね?

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 05:35:19 ID:Tbb8VoA6
量子コンピュータによる世界統治・・・コンピュータ暴走w

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 05:48:48 ID:jcfU0urZ
世襲制は反対。
そして天皇はやっぱり象徴であってほしい。
ローマ法王のように権力もっても崩れるだけ。
資本主義の横暴も反対。

こつこつ派とよりよい暮らし派というのがいるから
その辺うまく兼ね合うといいんだけどね。
一見、反政府、中流階級を夢見れた団塊世代ってやっぱり幸せかもしれない。


891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 06:01:46 ID:R3+p4gfh
>>875
>坂本龍馬は別にメーソンだろうがなんだろうがたいして幕末動乱に寄与してないじゃん

むしろ「動乱」は好まず武器商人見習いだが民の困窮や人死にを嫌ったので排除された。
ただ「船中八策」は元勲たちのバイブルか議定書か憲法のようなもので、
あれで日本人は西欧の議会制民主主義を知ったのでしょう。
武器商人・テロ輸出国とは別の一面を持つ善良なユダヤ人の伝道書かな?
と思うんだけど、どうだろう。
今読み返すとなんだか小泉改革とほとんど変わらんようにも思える。

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 06:54:58 ID:zaBh9iRP
ユダヤの何が問題かといえば、その行きすぎた合理主義なんだろう。
もちろん、合理主義は必要なんだけど、それは神仏の意に沿うためとか
天皇の意に沿うためとか、そういう手段として必要なわけで、
合理主義が中心になるととんでもないことになる。
そしてそれを可能にしたのが、合理主義に基づくヒューマニズムなんだと思う。
ヒューマニズムって言葉自体ふざけてるけど(666だ)、合理主義に基づけば
結局人間は自分の損得しか考えない。究極はそうなる。
それを人間は自覚してるんだけど、ヒューマニズムって言葉でごまかされちゃう。
しかし実際はヒューマニズムって単なる人間至上主義なんで、この辺のメカニズムには
確かに悪意を感じる。


893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 07:28:28 ID:lfLjVPui
私の理解する所では、民主主義というのは、
権力をいかにコントロールするか、という仕組み。
君主制であれ、全体主義であれ、
少数者が権力を握る仕組みは腐敗や愚行につながるから、
それを報道の自由や言論の自由によってコントロールしようというもの。
現在、それが有効に機能していず欺瞞的な体制になっているということは賛成するが
民主主義の原理を否定するということは、例えば中国や北朝鮮のような社会になり、
この掲示板のような場所が弾圧され失われることにつながると考える。

ただし、現在の、実際の民主主義体制がどうかといえば
欺瞞的なものであるのは事実。
そこらへんのことを>>848で考えてみたんだが、
あそこで書いたシュタイナーの論も、実は不十分だとは思う。
つまり、領域を限定しようと、
自由博愛平等自体に問題がある可能性はあるんだよね。
「精神における自由」といっても、嘘や、事実の隠蔽とかも自由なのか。
「法における平等」というのでは、実は足りないのではないか。とかね。
そう考えてくると、
「精神における真実」「経済における友愛」「法における公正」
という感じかな。といまは考えたりしている。

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 07:47:36 ID:zaBh9iRP
>>893
神の下での自由、平等、博愛なら全然問題ないんだよ。
合理主義の下での自由、平等、博愛だから問題になる。
別にこれは「神」には限定されないと思うけどね。
「精神」、「経済」、「法」はたぶん「神」の代わりにはならないと思う。

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 08:22:28 ID:L1t7W7nV
市議県議議員にさえ直訴する術をしらぬ民衆をつくる民主主義

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 09:29:29 ID:7tE0OwTs
そもそも民主主義なんて一度古代に衆愚政治の烙印を押された代物だぞ
ただ対君主政治の対案としてもう一度復活しただけのもの
さらに現代民主主義は投票権を成人している国民全員に広げてしまっており
余計に衆愚政治に昇華しつつあると思うのだがね
まあ民主主義単体で語っても意味がないというか
近代思想の中で君主制の否定から対案としての民主主義が出てくるわけで
それよりはいいかな程度のものだと認識しているわけだが

>>891
船中八策に関しても新政府に影響を与えてはいなさそうなんだけど
五箇条のご誓文を起草者は由比公正だが、彼は横井小楠の弟子なわけで
知識レベルから考えるに坂本から思想的な影響を受けるより逆に与えた側では
ないのかと思うんだよね
当時はいろんな人が意見交換をするわけで
船中八策のような考え方は先に大久保一翁をはじめいろいろな人がすでに提案しているわけだしね


897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 09:31:34 ID:8dSU6WgV
>>894
結局道徳じゃないの?

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 12:15:11 ID:R3+p4gfh
>>896
船中八策の真の出所等は私はどうでもよさそうな気がするのでパス。
存在自体に意味のあるカリスマなんでしょう。
ユダヤ人は、人物を見出して投資--サポート・利用・廃棄するのが上手。

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 12:27:28 ID:vihReyxF
歴史は夜作られるという格言どおり、陰謀は女。有力な原石に仕込みの地味で
有能な女を妻として送り込んで思い通り支配するのが一番有効のようで。
それには恋愛作戦が最初みたいで、だから先ず文学を潰す、詩人は当然囲い込んで
金を巻き上げ乞食にする。文章は一切志無料で狂気にして処理。其の後は安手の
恋愛小説で心を揺らして其の通り演じる工作員を配置して、選択の余地が無いように
地勢に生える活きのいい明るい自律型の女を殺しておくのがポイント。
此れでしょ「男女7人物語」を隠すのは。此れが篭絡作戦だ!ビデオ屋出せ。

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 12:45:17 ID:gsMkwxYJ
民主主義は有権者がある程度平等で賢くて意識が高くないと成り立たない

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 13:12:02 ID:7tE0OwTs
>>898
坂本龍馬は日露戦争開戦前に皇后陛下の枕元に立ったというところから有名になるんですよ
それまでは志士の間では名前は知れていてもそれほど有名人でもなく
史実を追ってみてもそれほどの功績のある志士でもないんですよ


902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 13:33:10 ID:BewPw9NJ
って坂本龍馬って馬鹿じゃん。
モーツァルトも馬鹿だし。

なんで、流行なんだろ・・・。

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 18:09:57 ID:l9qIV4aL
民主主義はユダヤにとってもっとも都合がよい。被選挙者は金と暴力で操作、国民はマスコミで洗脳、少数派知識人は封刹できる。
金で政治を支配できる。
今の日本はまさにコレ

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 18:44:34 ID:8dSU6WgV
経済はもっともかれらの得意な分野だし、経済学はユダヤ人学者が作ったもの。
金こそ力、権力だな。

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 19:22:44 ID:ol0n4MfB
ユダヤの神はなあ、あれは商業の神だろうな、正体は。
全てをしろしめす神ならば、もっと全体というものを見る。
哀れなものにも憐憫の情というものをかける。
しかし、彼らにはそれはない。むしろ、どんどん過酷になっていく。
守護神の影響ってのはどうしてもそういう国民性や民族性に反映される。
よって、トート・ヘルメスあたりが実体と違うのかw?

906 :夫馬康雄 ☆☆part6☆☆別人:2006/09/27(水) 20:28:10 ID:QADlItIw
足、よかったよねえ。

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 20:34:34 ID:HsiSQz49
とりあえず、お前らアホだろ。

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 21:49:57 ID:NQVHI1Iq
ポケモンはヘブライ語で「私はユダヤ人」と訳す。

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 23:26:26 ID:TCR86cVC
>>908
それマジ?w

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/27(水) 23:27:40 ID:g1vv5NRV
>>909
家畜人間の意味だよ

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 00:42:50 ID:Z+1bT+YN
言葉の意味で前から気になってたのはこれ。

  「この意味はほとんど日本では知られていないようである。
  それはイディッシュ語である。イデッシュ語とは中東欧のユダヤ
  人が使っている言葉で、現在はニューヨークのユダヤ人の間で多
  少使はれている程度であるが、第二次大戦前までは中東欧で非常
  によく使われている言葉で、ヘブライ語、ロシア語、ドイツ語の
  混血語といえよう。
  さて Enola Gay の意味であるが、『天皇を屠れ』がそれである。」
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi#広島に原爆を投下した米空軍爆撃機に付けられた愛称「エノラ・ゲイ」は、イディッシュ語で、「天皇を屠れ」の意味である、との「モルデカイ・モーゼ/久保田政男」説。

URIは各自工夫してくれ。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 00:51:20 ID:ZwEDm4zY
>>887

民主主義を否定して全権を天皇に譲ることを対案として出すのだね。
それと同じ構図の国がある。
北朝鮮だよw

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 01:09:06 ID:f/QGTGky
便利な国だよな、北朝鮮は。
ところであれは基本ベースはあくまでも「共産主義」だ。

そう、これも「主義」なんだよw

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 01:43:15 ID:wYjnlr25
北鮮は共産主義を騙った貧しい王国

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 01:58:46 ID:GI5mXShO
「主義」に基づくと大抵そうなる。
実態や実質が何かがあやふやになるからだ。
アメリカも実質的にはごく僅かの連中が支配してるし、財を保有しているが、
あれも「自由を重んじる民主主義国」だぞ。
日本もそんなところというか、ますますそうなりかけてるがな。

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 01:59:04 ID:ZwEDm4zY
天皇も「主義」だよ。
明治政府によって作られた「主義」だよ。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 02:09:02 ID:ehJKHCpG
明治維新以後の天皇制はな。国家神道は確かに主義以外のなにものでもない。
さて、

天皇とは何か?

これが、結局問題になるだろう。制度や主義を超えて続いた理由が。
それが表に出る時が近づいたのかも知れぬ。
その実相が。

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 02:27:15 ID:IoREH+Vu
ぶっちゃけ、ユダヤ人って、別の惑星から来たんだろ?

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 02:57:22 ID:ehJKHCpG
そりゃどうかな?
ま、迫害されたのは事実だろうし、同情すべき点もあるとは思うが、
なんで迫害されたかというと、現在してる行動からみると実によく理解できる。
行動様式自体が、他者をバカにしてるし、その癖自分達を弱者であると言い張る。
普通に蹴っ飛ばされると思うぞ、ユダヤ的なパーソナリティそのものの個人がいたとしたら。
連中はそこは省みないんだよな。
ユダヤだから迫害されたんじゃない。
あんな風にやってればどこでも誰でも嫌がられるだけだ。
で、それが民族性になってるだけの話。
自分達が逆の立場になったら・・・と思えば容易に理解できるはずだが、
そういう方面で頭を使ったり、想像力を使うことはない。
あんまり救われん連中だとはマジで思う。

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 06:56:39 ID:XaM147KU
欧州で迫害を受けた民族なんて一杯いるんだろうけど
たぶん、キリスト教に対して自分たちが生みの親だって言う
優越感があったんだろうな。そのプライドがあったから、生き延びられた
ところもあるんだろうけど、優越感と迫害を受けた被害者意識が
相乗効果でどんどんあらぬ方向に彼らを追いやっていったんだと思うわ。



921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 07:54:23 ID:BVTQtD3Q
>>893へ自己レス。考えのメモそのままで失礼。
なんで民主主義の原理について考えているかといえば、
>>894のいう「神」は、現代ではすでに通用しない概念だろうと思うから。
下手なものを持ち出せば原理主義や全体主義になってしまうと思うしね。
だから、「神」という概念の代わりになるような
「生きる上での原則」が必要と考えている。
そうすると、シュタイナーの社会有機体論というのは参考になるんだよね。
つまり、社会における精神、経済、法はそれぞれ、
個人の思考、心、意志(行動)と対応している。
社会を健康にするには、個人が健康になればいい。
ミクロコスモスとマクロコスモスが相即しているんだ。
で、そう考えてくると、やっぱ思ったんだけど
自由博愛平等は不十分というか、未完成だな。
博愛を、自由と平等が壊してしまうんだ。
シュタイナーの「領域を限定しなければいけない」っていうのは
もともと無理・矛盾があるからで、つまり自由と平等に「毒」があるんだな。
いや、それらが、封建主義の不自由、不平等に対抗するという意味があったことはわかるんだが
そのまま社会/個人の原理として極まっていくと、
有機体(社会であれ個人であれ)が壊れるんだ。

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 07:56:18 ID:BVTQtD3Q
>>893で、 「精神における真実」「経済における友愛」「法における公正」 って書いたけど
日本の昔ながらの、まっとうな田舎の人とか、職人さんの生き方って、そうなんだよ。
彼らは、自由博愛平等で生きてるわけではない。
なんでも好き勝手にやれるわけがない、とわかっているし
自然のなかで生きる上で、ものを作るうえで、「歩むべき道」があって、
その道の上では上下があるというか、先達と弟子があることがわかっている。
コミュニティのなかで自然に助け合っているしね。
これは持続可能なあり方なんだよね。
ただ、真実友愛公正という原則をたてるにしても
真実は個の自由を含み、公正は存在の平等を含んでいないと
全体主義になってしまう、ところは注意しないといけなそうだ。
まあでも、友愛(それも、コトバだけではなく、現実の経済における友愛)が自然に実現されるようになれば
いろいろややこしいことは考えなくてもうまくいくんだろうけどな。
そこまで人間が進化できるかは、よくわからない。

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 08:42:04 ID:pHmT3cP2
>>922
経済の友愛とはどういうこと?
ピンとこないが。
というか実現できるのか?

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 09:27:54 ID:XaM147KU
シュタイナーはどこからその理論を引っ張ってきたの?
自分の頭の中?
それを信じるには、何かの裏付けが必要なんだよ。それが「合理的」であるという
理由だけでは信じられない。合理主義を論拠にする限り、究極的な人間の行き着く先は損得勘定の
利己心しかない。それからニューエイジの臭いがやはりする。危険としかいいようがないよ。

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 10:14:53 ID:BVTQtD3Q
>>923
経済、という言葉は、いまは「利私」のイメージだけど
シュタイナー的に考えると
社会の循環系。社会のなかでエネルギーを循環させる仕組み。
イメージ的にいうと、個による蓄財というのはその循環を自分の場所で止めてしまい
社会に壊疽を起こす感じだが
その逆に、友愛が循環する経済(必要なところにエネルギーを流す仕組み)というものも、考えられないわけではないんだよね。
具体的な話としては、たとえば、オープンソースなんかは
「友愛の精神」による経済を感じるな。
あと、地域通貨も興味深いね。
シュタイナーも、地域通貨を共同体内部で実験していたんだけど
その通貨は、時間とともに価値が下がっていくもので
持っていればいるほど「損」になる。
そういう仕組みで、「蓄財」ができないようにしていた。
あと、イスラム経済では、利子を禁止しているそうだね。
いろいろな萌芽や可能性が、あると思うな。

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 10:15:54 ID:BVTQtD3Q
>>924
3分節論については、「霊・魂・体」という、西洋神秘思想が元になっているね。
というか、シュタイナーの思想全体が、西洋神秘思想が根源。
合理性の問題なんだけど、問題なのは、合理性というよりは
「近代的自我という”エゴ”を基盤とした思考」なんでは?
合理性/客観的思考自体は、大切なものと思う。
私見では、近代的自我は、
自然や他者から切れたエゴが自力で存在できる、という幻想であり
これは問題を起こすと思う。自由と平等の問題性もそれと関係している。
そこを超えた、自然や他者とのつながりのなかにある自我というものを
再構築しないといけないわけで、真実友愛公正というのはその試案。

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 10:29:05 ID:XaM147KU
>>926
合理性が大事なのはわかってるよ。でも、それが人間の価値の中心にくることが危険なんだよ。
試案なんていらないし、誰も本気で信じないと思うよ。先祖が血を流して作り出してきた知恵以外はね。
西洋神秘思想は秘密結社と深い関係があるし、その背後に反キリストの意図があるんだよ。
その辺は陰謀論の得意なとこでしょ。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 10:51:08 ID:xBu2v8z+
「古事記」に、『蛭子(堕胎児)になって葦の葉の舟に乗って流されたのがユダヤ人で、
人間として生まれたのが大和民族、つまり日本人だ』ということが記されていることを、
戦前の中大法学部の堀教授が唱えていました。
つまり、神から二人の赤子が生まれたが、一人は、人間として育ったが、もう1人の子は流産
したため、葦の舟で流したら、エルサレムに辿り付き、ユダヤ人のルーツになったという伝説
があります。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 10:52:56 ID:fkjz/Wo3
今さら日ユ同祖論とは。。。
そのうち日鮮同祖論とかももってきそうだな、おまいら

930 :hjuydzkl:2006/09/28(木) 10:58:13 ID:8xp2Ml5t
auのケイタ持ってるヤツは殺す!

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 11:11:40 ID:BVTQtD3Q
>>927
私としては、「先祖の知恵」をベースにして、
西洋思想の良い点を取り入れられないかと思っているんだけどね。
(私にとっては、職人とか素朴な田舎の人々の持つ伝統的な知恵も大事だし
国家権力と戦ってきた民主主義思想も大事。)
西洋神秘思想には、たしかに秘密結社、反キリストの陰謀、などがこんがらがって存在していて
現象を見てしまうとワケワカメなので、
表面的な現象や名称にとらわれず、その原理を考えていきたいと思っている。
われわれは現実的に、西洋社会の枠組みのなかで生きているわけなので、
西洋社会の根源的原理、および、どうしたらそれを超越できるか、を考える事が必要と思う。

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 11:18:27 ID:XaM147KU
>>931
実は職人の思想自体に危険性が潜んでる。
メーソンの起源も職人だし、彼らのシンボルもいかにも職人風。
職人は「一芸」に秀でた存在な訳だけど、実はそこに危険性が潜んでる。
まっ、これはかなり根源的な話だけど。
普通の職人が良い味だすのは、伝統重視だからだね。

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 11:24:32 ID:BVTQtD3Q
>>932
西洋思想の危険性は、おそらく、知と力で世界は制御できる、
と思っているところかもね。

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 11:36:57 ID:XaM147KU
>>933
キリスト教は違うんだけどね。むしろそういう人間主体の知と力を嫌悪してる。
それで、そういう人間主体の知と力を信奉してるのが反キリストであり、
秘密結社。


935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 11:39:59 ID:fkjz/Wo3
秘密結社という割りにおまいら程度の人間でも存在を知っているなら秘密でもなんでもねーじゃん

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 12:37:52 ID:oamfRzKc
「日本人はデモクラシー(Democracy)なるものを、「民主主義」などと言う気持ち悪い言葉に訳して、
それで分ったつもりになっている。何故「デーモス・クラティアDemos-kratia]が「民主」の「主義」などであろうか。
「デーモス」とは、民衆、貧乏人大衆、の事である。クラティアとは、制度・体制・支配(オーダー)の事である。
ゆえに本当は、デモクラシーは「代議制民主政体」(民主制)と訳さなくてはいけない。
すなわち、国民の大多数である貧乏人大衆(ピープル)が自分達の代表を選び、その者達に権力(パウア)を握らせる
政治体制、の事である。
このデモクラシーの定義さえも理解できないのなら、一切のエラソーな事を言うのを、自ら停止せよ。
だから、民主政もまた、冷酷な支配体制(政治体制)の一種なのであって、「無条件にすばらしい」ことなど全くないのだ。

副島隆彦「ハリウッドで政治思想を読む」P85から引用

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 12:42:23 ID:fkjz/Wo3
副島はどうでもいいよ
当たり前のことを大袈裟に書いてすぐに陰謀とか抜かすだけだから

938 :副島面白いよ^^:2006/09/28(木) 13:09:00 ID:oamfRzKc
私は、フランシス・フクヤマの本を読んでいて、これだけは、書き留めておきたくなったなあ、
ということがある。それはネイティビズム対ビヘイビアリズムの巨大な対決ということだ。
ネイティビズム「固有主義あるいは生来主義」とビヘイビアリズム「(アメリカ)行動(科学)主義」
の対決ということだ。
このネイティビズムとビヘイビアリズムの対決は近代(現代)学問500年の、成否を決するぐらいの大きな
大決だ。このことを日本の知識人のほとんどが知らない。
このネイティビズム対ビヘイビアリズムの対立というのが西洋学問で、一番大きな対立図式だ、ということを、
日本の知識人でしっているのは、私の他に、この国に何人いるだろうか。
(中略)
私は日本の知識人で、世界基準だと考える優れた学者には、すでに弟子入りしている。
だからそれ以外は、みんな、アホ扱いすることになる。本当にそう思っている。
私は好き嫌いの感情で動かされる人間ではない。世界水準に達して優れている学者と、
そうでないもの、は、はっきりと点数がつくぐらいに区別がつく人間だ。
(中略)
ネイティビズム対ビヘイビアリズムの対立、というきわめて簡単な図式が分かると、
もしかしたら私の読者でも、一気に、ひらめくように、この世界がどのようになっていて、
どのように人間(人類)は考えてきたのか、とか、この近代500年の西洋学問(サイエンス)の
全体像が、ハッと分かるかもしれない。
副島隆彦「属国に本論を超えて」P51〜52

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 13:40:46 ID:pHmT3cP2
>このデモクラシーの定義さえも理解できないのなら、一切のエラソーな事を言うのを、自ら停止せよ。

>私は日本の知識人で、世界基準だと考える優れた学者には、すでに弟子入りしている。
>だからそれ以外は、みんな、アホ扱いすることになる。本当にそう思っている。
>私は好き嫌いの感情で動かされる人間ではない。世界水準に達して優れている学者と、
>そうでないもの、は、はっきりと点数がつくぐらいに区別がつく人間だ。

こういうことをいちいち言わなくてもいいんだよ。
このバカ副島は。


940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 13:48:06 ID:GI5mXShO
>>936

おお、珍しいw
副島に同意だよ、そこは。
UNを国連と訳すが如しだからな。

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 14:34:26 ID:7K5tlikP
何時も不満や愚痴を溢しながら被害者の振りをして
働かないで利益を受けている人は黒幕であることが多いようです。
家庭の中で面罵されている人は工作員又は才能を封じられている人が
多いようです。

被害者や死んだ人を装ってたかり続けるのが手口です。その人の一族郎党を
洗ってみることが重要です。



942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 14:37:36 ID:7K5tlikP
特に娘が母親に同情して女の自活の為に頑張るプロットが多いようです。
理不尽な祖父母の虐めの泣き言を聞かせながら仕事をしなくては負けだと
刷り込んで効いた頃に犯罪へ向かわせるのが祖母と母のタッグのあわせ技で
あることが湯田屋(中国大陸の方)とユダヤ人の家庭で多いようです。

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 16:10:30 ID:69oQ/rAx
自由、平等、博愛という仮想現実を超越した自由を得た人以外に

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 17:09:05 ID:pHmT3cP2
「博士の独り言」というプログがあるが今日アクセスしようとするとできない。
昨日まではみることができた。
国際時事問題、特に、日本をとりまくアジアのニュースに独自の視点からコメントを加えているプログであったが、
他のプログで大変なことを知る。

ttp://marco-germany.iza.ne.jp/blog/entry/42046/

なにが起きたのだろう。
いやな感じだ。
インターネットにまで魔の手が伸び出したのか・・・

945 :944:2006/09/28(木) 17:11:48 ID:pHmT3cP2
犯人は創価のようだ。
こえー。

946 :944:2006/09/28(木) 17:21:13 ID:pHmT3cP2
ttp://youmenipip.exblog.jp/3430404#3430404_1

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 23:13:46 ID:LZKP+67B
ユダヤ×イスラム

日本×中国ロシア

もうこの構図ができあがってるわけで
なにがきっかけで第3次世界大戦が勃発するやら・・・
世界中は固唾を呑んで見守ってる状態なわけですが
みなさんいかがお過ごしでしょうか



948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:01:14 ID:QPKp0iie
イルミナティは物質的には日本を破壊しないだろ
理想的なインフラが組みあがってるし
資源や金銭を蓄積するだけで流れに変えられない中国を破壊し
資源の浪費を抑え金銭を回収し、口減らしをするとは考えられるけどどうなんだろ
日本に対しては幻想を破壊するために物質の象徴を破壊し
覚醒人と動物ロボットとを完全に分けてその上で悪魔と獣を葬り
そのエネルギーで次の世界を構築するんじゃないか?


949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:02:20 ID:8I1IcXYU
>>924
> 合理主義を論拠にする限り、究極的な人間の行き着く先は損得勘定の
>利己心しかない。それからニューエイジの臭いがやはりする。危険としかいいようがないよ。

危険なのは民主主義を否定するあんたの思想だろ。
民主主義の代案があるなら何かだしてみな。
たいていはより危険な政治体制になるのがオチだけどな。

そもそもアンタの言う合理主義(損得主義)を抑制するために、友愛という公共心が必要とされる。
根本的なところで勘違いしていないか?






950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:10:05 ID:WyUq6pTT
これ以降の独立の宣言は2chに書き込んでください。
東欧はすばやく判断しましたが、それ以外はよく分かりません。
私は中国とアメリカとバチカンの工作部隊と一人で孤立した状態でずっと戦ってきました。
これ以上の願い事は止めてください。

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:10:54 ID:WyUq6pTT
此れは女性へのメッセージです。
自分の力で戦ってください。

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:42:13 ID:Dc2MD46O
>>948
> 日本に対しては幻想を破壊するために物質の象徴を破壊し
> 覚醒人と動物ロボットとを完全に分けてその上で悪魔と獣を葬り
> そのエネルギーで次の世界を構築するんじゃないか?

傲慢すぎる・・・。
彼らにはそれだけの見識はない。あればこうではない。
でも、そういう事を考えたりしそうな連中ではある。

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:43:43 ID:F6CzOmlJ
>>949
「友愛」は機能してなかろうがw

当然だ。
三つをただ並べる事で動かなくなるのだからな。
奥田を見ればいい。
従業員達に対してどうだ?
友愛があるか?

そういうものだ。

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:47:36 ID:8I1IcXYU
>>953

奥田に友愛がないからどうした?
奴は単なるエゴイストだってことだろ。
そのネタで友愛の精神が否定される根拠になると思っている時点で痛い。

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:50:59 ID:Dc2MD46O
元々持ってもいないし、持つ気もない憐憫の情を、
他者が扱う事すらも封殺するために、あらかじめ友愛を出しておく。
それを平等と自由。特に自由に抑えさせるのだ。
自分達が弱者の時は平等を叫び、強い立場になれば自由を叫び、
虚偽を指摘されると「だって友達、同じ人間じゃないか(=友愛)」を唱える。
嘲笑するしかなかろうが。どこまで情けないのだ?
二対一の多数決というわけだよ。
彼らはいつもこういう考え方をする。ずっと変わらない。死んでも変わらない。
代を経ても成長がない。人として真に育つ事は結局なかったな。
ある種の連中は。
で、今、それに開き直ってもいる。どうなる事やら。

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:51:52 ID:LHeH2jyh
>>954
俺はあえて奥田の名前を出した。
そしてそれには意味がある。このスレじゃな。

友愛はないな。口だけのエゴイストだ。

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 01:24:53 ID:R86Btbpp
>>1-956
ところでおまいらに聞くが、

「ユダヤ人は1000年も世界各地を放浪してドコで何をしてたのか」

考えたことあるか?

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 01:25:59 ID:u02K/Iz6
格差を抜本的に是正するには
マルクス・レーニン主義を実現すれば解決できる。

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1159063077/l50

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 01:42:18 ID:lWjwmuJK
また「主義」か。

共産主義的な政治であろうが、
社会主義的な政治であろうが、
自由主義的な政治であろうが、
強権的独裁国家であろうが、

何でもかまわんのだ。
是々非々でやるしかないのだよ。
政治は「うまくまわればそれでいい」のだ。
どううまく?、の所こそが、重要なのだ。ここには政治思想はいらぬ。
十分に民の意識が高まってないなら、あるいは劣化したら独裁、寡頭やむなしだ。
だが、人々に教育がいきわたり、生活の不安がなくなるようならば、
徐々に政治に一般の人が参加する道筋をつけるべきである。
人々の更なる成長と、発展、あるいは袋小路を自ら見つけさせる為に。
全ての政体は正しく、そして間違っている。
こんな当たり前のことから逃げる為に、様々な政治思想はある意味で福音となった。
みんな面倒くさい事はいやだからな。

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 02:12:02 ID:Dc2MD46O
必要なのは格差是正などの戯言ではない。
公正さが必要なのだ。
これはこのスレで俺が文句をつけていた連中にも適用される。
功績あればそれを取り上げねばならぬし、咎あればそれなりの処置をなされなければいけない。
何が問題かといえば、要するにそういう事が滞りなく出来ない状況だからだ。
西暦始まって以来、ここまで酷くなった事は多分なかろう。
物事の筋道が様々な戯言によってよくわからなくなってしまっている。
これはカオスだ。
カオスも少々あるならば面白いが、これが多勢、殆どになっては結局皆困ることになる。
それによって利益を現在得ているものも、だ。
そして秩序は、力によってもたらされるものではない。
力抜きでも出来ないだろうが、そもそもは力によるものではないのだ。
それは物事の道理から来る。
本当の福音とは何のことはない。
世の中で最低限守らねばならない道理そのものだ。
誰がそれを新たに世の人に訴える事になるのかは知らんが、同情を禁じえない。
必要ではあるが、辛い事になるだろうからな。
寝言を口走る学者風情がああだこうだいうであろうし。
にも拘らず、それは必要なことなのだ。このままではおかしくなる一方だからな。

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 02:48:34 ID:7rg7ykEN
「世の中がおかしくなってきている」なんて考えはじめた時には、
それでも自分は殺し続けて犯し続けて勝ち残った遺伝子の運搬者だと考えてみる。

ユダヤが消え去ってもユダヤに代わるものがあるだけなんだろうな。
だからできる限り無害化するだけでいい、
そのためには何が有害なのか指摘してやめさせるのが友愛ってものだろう。
でもユダヤ人が金を支配している限り、
金を持ってるやつに指図するなんてことはできないんだな。
(はじめに戻る)

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 03:11:33 ID:ImuU6n7L
人はどのような祖先を持とうとも、新たに一回の生を生きることを選んでこの地に生を受ける。
どのような生も新たな一回の生なのだ。
どのような民族に生まれようが、立場に生まれようが。
自分が属する立場の流れを受け継ぐかどうかを決めるのは新たに生まれた個人に過ぎぬ。
だから、どう生きるかは結局は個人が決めることだ。
祖がどうであろうがな。
でも、伝統や習い性を受け継ぐことにしたのであれば、その正負の遺産も受け継ぐ事になる。
またユダヤが消えてもというが、ユダヤが消える事などはあるのかね?
そもそもが。
抹殺するのが望みであるものが力を持てばそうなるだろうが、それこそ怪しい。
そういう発想自体がユダヤ的であるといえる。
邪魔者を彼らは消したがるからな。彼らの神は滅ぼすのが大好きだし。
ユダヤの上を行くものであれば、そういう幼い思想は持たぬよ。それで問題が解決するわけでもないから。
つまり、前提として有り得ないのだ。
しかし、ユダヤ民族が継続して存在するとしても、今のままである必要もない。
今のままであることを選択するのもそれはそれで自由というか、好きに選ぶ事だ。
ユダヤの民と自らを信ずる者達がそれぞれ選ぶことである。
流されるのもまた選択だ。それこそご自由に、だ。人は勝手に選べばいい。
また、金を支配する術は全てが金で得たものではなかろうしな。
彼らの怯えもそこにこそある。
彼らは金を多く握れるからには、その上をおぼろげには見ているはず。
金を支配するには、金よりも上位の力にある程度通じねばならぬ。
金よりも強くなくては金はなびいてこないからなw

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 03:19:16 ID:phGHMF8k

走る凶器自然破壊の象徴自動車。
植樹すれば偽善者、寄付すりゃ節税。
税金落とす意思があればいいでない?
御陵車の菊紋がグリルでバンパーにTMark!!の位置間違えなきゃ上出来だよ。
グリルにTMarkならボンネットに菊紋だろがぁ!

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 05:36:20 ID:ekShhDAn
日本人を年間4万人殺している悪の枢軸、悪魔の国はアメリカ合衆国だったんですよ。
サラ金の半分は、ゴールド・マンコセックスやモルガン、GE、シティバンクなど米国系の害死。

自民党は米国政府の傀儡だったのです。
いや金融庁の役人がエージェントか?
はたまた外務省・財務省か?竹中か?宮内か? 塩崎か?

外国人投資家比率
http://img71.imageshack.us/img71/1628/america1ag3.jpg

アコム  22%       武富士.. 55%
アイフル 34%       プロミス 33%
ディック シティバンク系  レイク  GE系

消費者金融貸出残高、破産件数、自殺、失業者数比較(1990年と2005年)
http://img205.imageshack.us/img205/7497/sarakindatahikakusp8.jpg
消費者金融大手5社 自殺の保険金受領3600件 昨年度 死因不明も2万件
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060915&j=0024&k=200609141637
<消費者金融>借り手の保険金…半数以上が「死因不明」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060914-00000007-mai-bus_all

米国金融(シティバンク・GS・GE・ローンスター・モルガンその他ヘッジファンド)の執拗なまでの内政干渉と圧力:
http://p2.chbox.jp/read.php?host=news19.2ch.net&bbs=newsplus&key=1158657990&ls=18
ゴールドマン・サックスは、アイフルの株を保有
ttp://ita.dir.co.jp/ITAS/IND/3531298C.html

サラ金の実態 イラク戦争の死者より多い人数
http://www.youtube.com/watch?v=eSohUSW02s0


965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 06:48:16 ID:98qCisMH
>>949
別に民主主義は否定してないって。それがユダヤの功績であることも認めてる。
合理主義が必要なのは確かだけど、それを人間の価値の中心にするのは危険。
合理主義の最終的な行き着く先は利己主義ってこと。
頭の中の計算で行き着く先はそこしかないんだよ。

友愛主義の裏付けとなるものが必要なんだよ。合理主義は友愛の裏付けにはならない。
しかも、自由、平等、友愛なんて絶対両立しえない。自由を認める時点でほかの二つは吹っ飛ぶね。
「神の下での」と条件をつければ成り立つと思うけどね。

966 :965:2006/09/29(金) 07:49:31 ID:98qCisMH
断っておくけど、自分はキリスト教徒じゃないからね。
日本では神の代わりになるのは「伝統」しかない。
アメリカとかなら「神」に頼るしかない。まっ、ほかにも選択肢がある
かもしれないけど、自分には思いつかない。

967 :965:2006/09/29(金) 08:04:24 ID:98qCisMH
「神」や「伝統」では、宗教や民族が異なる場合に機能しないと思うかもしれないけど、
それはしょうがない。そういう場合は合理主義に基づいて付き合うしかない。つまり、究極的には友愛は
成り立たない。でも、個人個人でそういう状態になるよりはるかにまし。

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 08:10:27 ID:oZpYZZvP
亀レスですが>>934
西欧世界の「知と力」とバランスをとるはずの「愛」を語るキリスト教なんだけど
これがまた、本来のキリストの教えとはだいぶ違うものに変質しているわけで。
(キリスト教会が、「知と力」系で強引に価値観をまとめてしまった。
つまり、「キリスト教が人間主体の知と力を嫌悪してる」のではなくて、
「"自分たちが神と信じる体系"以外の知と力を嫌悪してる」んだと思うよ。)
そういった、人間を抑圧する権力体系になったキリスト教会に対抗して
本来のキリストの教えに戻るために秘密結社が必要
(「異端」は弾圧拷問されるので)だったという歴史もあり、
しかも秘密結社に、また別の「反キリスト」の流れが入り込んだり
ややこしく入り組んでるんだよね。
「神」という概念は、だから、危なすぎて持ち出せない。
そういう世界のなかで、シュタイナーはかなりよく頑張ったと思うな。
民主主義が、宗教の自由や、政治と宗教の分離をうたっていることは
かなり大事なことだと思う。

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 08:36:39 ID:98qCisMH
シュタイナーなんてものを信じるつもりは毛頭無いから。
シュタイナーの考えには伝統がないのに何で受け入れられてる?
論理的な道筋だけだろ。
幼稚園なんかもやってるようだが危険すぎ。
カトリックの方が伝統がある分、はるかに信用できる。
政教分離はおおむね正しいと思うよ。でも、そんなことを自分は言いたいわけじゃないんだよ。

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 08:54:21 ID:Sh7lRkoZ
「公正なんだから格差があっても文句言うな!」ということ?
でもさ格差がないなら不公正でも文句ないけどなぁw

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 09:08:27 ID:g/WeRPbd
フリーメーソンの話を書かないだったら、タイトルを変えろ!

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 09:36:43 ID:qjEZEfqs
民主主義(副島大先生にならって民主制とよんでもいいけど)なんてまやかしですよ
対抗となる専制君主制でも過去の歴史で経済が悪くなると革命を起こされてますがな
欧州の歴史を学ぶにあたって専制君主制=悪の図式は中国が前政権に対し残す史書が
必ず最後の皇帝=悪と書くのと同じ理屈ですから割り引いて考えてくださいね
基本的に数百年に渡って反乱や革命が起こらずに統治できていた時代が長いわけですから
どっちもどっちなんですよ

まあ政治体制はともかく、世界史上で現代が一番一般庶民が裕福な時代だというのは間違いないのですから
現代の体制に対して文句をいう筋合いもないのは確かですけどね

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 09:48:37 ID:qjEZEfqs
専制君主→政権変えようと思うと血を流さないといけない
民主制→血は流れないけど雰囲気には流される

民主制の一番悪いところが今お隣の国の大統領でよくわかります
反米感情がもっとも盛り上がっていたときに選ばれた大統領が選出されて
沈静化してきたころにはなんでこんな大統領選んでしまったんだと思うわけです


974 :◆cPOgETKZK. :2006/09/29(金) 09:59:20 ID:ZGfofjn8


975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 10:03:11 ID:WqA/KqpC ?S★(108223)
>>971
は?次スレ立てて欲しいのか?
で、どんなスレタイに?

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 10:07:02 ID:oZpYZZvP
>>969
「人間主体の知と力を嫌悪」するような宗教が語る「愛」や「神」は怪しいよ。
「愛」や「神」が本当に高いレベルのものであれば、
「人間の知や力」を嫌悪したり抑圧弾圧したりしないと思うよ。
自分の体系のなかに閉じ込めたいから、詭弁や暴力で批判を封殺したがるんだ。
そしてそういったあり方のほうが、この世では残念ながら、数千年続いた「伝統」だったりする。
西欧では特に、そういう「神」の横暴と、それに対抗する動きと、それを攪乱する動きがあって大変。
それに比べれば、日本の「伝統」や「神」は、穏やかで調和したものだと思う。
しかしそれを西欧風にしようとする動きも、また存在するけどね。

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 10:13:57 ID:WyUq6pTT
ヨーロッパの理念に基づく存在の仕方について私冴木のサイトに詩を載せました。

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 10:25:54 ID:98qCisMH
>>976
だから、それぞれの伝統の中でしか社会は構築できないってこと。
人間主体の知と力を嫌悪するのは彼らなりの知恵。
人間主体の知と力=666であり、合理主義であり、拝金主義なんだよ。
グノーシスを起源とする西洋の神秘思想は、「知」に対する過信が潜んでる。
認識によって真の神に到達できるなどというグノーシスを弾圧したカトリックはまったく正しいね。
陰謀論で言えばシュタイナーって完全にあっち側の人だよ。





979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 10:31:41 ID:oZpYZZvP
>>978
「あっち側」って意味がよくわからないけど
シュタイナーは熱心なキリスト信仰者でもあるよ。
キリスト教会の信仰者とは違うけどね。

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 10:49:19 ID:WqA/KqpC ?S★(108223)
次スレのタイトルを決めろ。

次スレのタイトルを決めろ。

次スレのタイトルを決めろ。

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 10:51:06 ID:98qCisMH
西欧のことを毛嫌いしながら、シュタイナーを信じるって理屈がわからん。
シュタイナーが反西欧思想だから? 余計うさんくさいよ。それぞれの伝統の中で
悪戦苦闘してる人間の方がよほど信用できる。

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 11:03:51 ID:oZpYZZvP
>>981
どうも話がどうしても対立方向に行きがちだし、
スレチという指摘もあるみたいなので
これくらいでやめておくけど
私は「西欧を毛嫌い」していないし、「シュタイナーを信じて」もいない。
嫌うとか、信じるとか、ではなく、
あるべき方向を探るための認識・思考の材料にしたいんだ。
で、シュタイナーは、西欧という伝統のなかで悪戦苦闘した人だと思うよ。

私の思うところでは、「愛」というのは、
嫌いとか好きとか信じるとかいった「感情」と近いものではなく、
むしろ、客観的・合理的であろうとする態度や思考というあり方に近い。
西欧から学ぶべきことはそこだろうと思う。

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 11:15:42 ID:98qCisMH
>>982
だから、客観的とか合理的とか十分に学んだでしょ?まだ、これ以上学ぶのか? そういうのを。

合理主義を規範の中心に置くことの危険性が全然認識されてないのに?
何より西欧の規範の中心であるキリスト教でその危険性が認識されてて、
陰謀論でも、それが大きな焦点なんだよ。

後、合理主義から愛なんて出てこないから。何回もだまされないよ。

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 11:22:47 ID:98qCisMH
まあ、こんな掲示板で語っても無駄かもしれないけど、
自分の生き方として、合理主義を自身の基盤にしないし、そうしてる奴は信用しない。
勝手にしろって言われればそれまでだけどねw
980氏、すまなかった。タイトルは適当に決めてくれ。

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 11:30:54 ID:oZpYZZvP
>>983
すいませんが、ついまたカキコw
いや、客観性も合理性も、学んでないと思うよ。
自分の考えだけが正しいとか、自分の国だけが正しい、とかいった感情
相手の世界を理解しようとしない傲慢が
そこかしこに噴出していると思うよ。

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 11:37:02 ID:98qCisMH
>>985
人間にとって唯一客観的に合理的に正しいものは金だけなんだよ。
最終的な結論はそうなる。そうなることがわかってるから、その道はとらない。
多少軋轢があってもね。

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 11:57:40 ID:oZpYZZvP
>>986
> 人間にとって唯一客観的に合理的に正しいものは金だけ
そうなのか!と驚いていてもいけないんだろうが
そうなのかあ。たしかに、そういう人は多いんだろうなあ。
私にとっては、合理性や客観性は、
生きていく上での筋道、のひとつとして見えるんだよな。
で、今の経済は、合理的なものではない、と見える。
いろいろな詐術が使われている架空の世界だし、自滅するのが見えてるしさ。
今の経済は、人間の生存にとって、理にかなうものじゃない。
でもたしかに、今の経済が合理的だとする価値観が支配的なのは事実だね。
あー、残り少ないスレをまた使ってしまって申し訳ない。
でも、とても興味深い話ができて、ありがたかった。

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 12:00:20 ID:qjEZEfqs
いまの経済が合理的といわれるのは
お金を持ってる人がさらにお金を儲けられる虚構を作り出して
それをうまく扇動してお金を吸い取られる人間を参加させているところだね
こういう仕組みを作ったのはもちろん。。。っていうスレ的には流れは合っていると思いますよ

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 12:18:16 ID:WqA/KqpC ?S★(108223)
次スレ
【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】4
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1159499791/

【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】4
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1159499791/

【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】4
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1159499791/

【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】4
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1159499791/

【フリーメーソン】ユダヤの陰謀【イルミナティ】4
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1159499791/

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 14:43:16 ID:98qCisMH
>>987
個人レベルでは私生活でもビジネスでも合理主義が必要なのはもちろんなんですよ。
自分だってそういうレベルでは合理主義に従います。
でも、最も深い規範の部分が合理主義に従ったものだとダメなんです。
何のために生きるのかとかそういうレベルです。知性と力を絶対視するなら、陰謀を使って戦争を起こすのは
楽しい知的ゲームでしょ? 最終目標が(合理主義に基づいて)正しいと納得してればね。

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 15:07:07 ID:98qCisMH
それで、最も深いレベルの規範で合理主義が役立たないとしたら、
そのレベルの規範をうかつに変えることの怖さがわかると思う。新興宗教とかの魑魅魍魎が
うじゃうじゃしてるし。共産主義なんかの新興イデオロギーは合理的な正しさのみに支えられた規範だしね。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 16:10:45 ID:vGvVa8fi
合理主義はただの道具。
規範にはなり得ない。
お金も同様。

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 16:17:51 ID:oZpYZZvP
>>989さん、新スレたてありがとう。
(トラックバックもちらっと見てみたけど、大変そうだね・・事情はよくわからないけど
良い方向にいくといいね。)

>>990-
「知と力」だけで世界を制御できる、と考える(西欧的)原理は危険だ、
ということには賛成。
そういう意味での知や力は、浅いレベルのものだと私は思う。
現在の経済システムとか、現在の米国政府とかに顕著だけど
浅いレベルでは「合理的」に見えたとしても、
深いレベルではまったく合理的でない(自分の首を締めている)ものだ。

日本の場合は、「根源的な規範」が、いわゆる「(西欧的な)宗教」ではなかった。
あなたの言う「伝統」、
私の言葉でいえば、人間の生活そのもの(自然や他者とのつながりのなかで生きるあり方それ自体)だった。
これは、幸せなことだったと思う。
(「神」をめぐる血なまぐさい「価値観相互の闘争」がなかったということ。)
ただし、無意識なものだっただけに、
近代化現代化で「自然や他者とのつながり」が崩壊したのと一緒に、
規範も崩壊してしまった。
それを再構築していく必要があるんだが、なかなか難しいわけなんだよね。

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 17:50:46 ID:98qCisMH
>>993
しつこく反論して悪いんですが・・
米国政府の意図が本当に浅いレベルでは「合理的」でしょうか?
より深いレベルでの意図(たとえば米国の破壊)があったとしたら?

世界政府を志向する勢力からすれば、真に合理的かもしれませんよ。
また、地球の人口が多すぎると考える勢力からすれば、戦争による人口減少
は合理的です。
あなたの言う「合理的」とは「真理」という意味ですか?
それを人間が知性で制御できるという考えでしょうか?
メーソンと神智学の思想は非常に似てます。神智学の立場の人がメーソンを批判するのは
無理がありますよ。

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 18:38:07 ID:vGvVa8fi
メーソンは表面的には神智学に似ている(建前)が、
内部(階層が上がるにつれて)は悪魔学そのものだ。

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 18:42:30 ID:vGvVa8fi
世界人口は多すぎる。
減らすには、世界大戦を起こしたり、エイズや、狂牛病や鳥インフルエンザを流行らして、
人口を減らすのが、一番合理的な考え方である。
しかし、道徳的には許されることではない。
合理的であるということは、善悪とはまったく関係ない(知ったことない)。

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 19:10:38 ID:Sh7lRkoZ
天皇制もいかにも善良ぶったやつらが「皇室の安泰を思って」という建前で
合理化しようと企んでるが伝統を合理化したら形骸化するだけなのだが…

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 19:28:28 ID:P7DUdnaI
998げと
旧皇族復活汁

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 21:25:06 ID:oZpYZZvP
「人口を減らし世界政府を志向する」勢力があったとして
彼らは彼らなりの合理性で動いているというのはわかる。
ただし、その方向では、現状では、世界全体が破滅すると私は思う。
この意味で、彼らの合理性は浅いと言いたい。
で、「世界の破滅自体を志向する」勢力があるとすれば
彼らにとってこの戦略は合理的だ。ただしその勢力は人間ではないだろう。
オカルト発想だが、
争いや絶望から生まれる人間のネガティブな感情エネルギー自体を「喰う」存在が居て、
それらによって、上記に書いたような浅い合理性を持つ人間が操作されている
のが実態ではないか、と私は思っている。
で、自分で言うのもなんだが、オカルトは危ないw。
妙なものに操作されやすい。
神智学も危ないと思うよ。シュタイナーは、神智学を否定して「人智学」を始めた。
直接的にはクリシュナムルティの扱いを批判してのことだが、
根本的には、「神」の智は危険だと考え、「人」の智をめざすべきだと考えたからだ。
それでも、シュタイナーのオカルト部分はやっぱり危ない所があると思うね。
日常生活自体が信仰になっていた伝統的日本のあり方のほうが安全だと思う。

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 21:25:50 ID:Sh7lRkoZ
安部マリア〜 安部マリアー〜 1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

415 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)