2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Deutschland】 ドイツ [DREI]

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 05:30:45 ID:1nZyjkND
連邦議会選挙後もグダグダ極まるドイツ連邦共和国スレその3

前スレ
ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1131427495/l50#tag967
【Deutschland】 ドイツ [ZWEI]

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 01:57:45 ID:uVpwMSco
ttp://www.asahi.com/business/reuters/RTR200612130011.html
ECBの政治的統制という考え、支持されず=独政府筋

欧州中央銀行(ECB)への政治的統制を加える考えが出ている問題について、
あるドイツ政府筋は12日、欧州域内では基本的に支持されていないと述べ、
ECBの独立性は神聖であると付け加えた。
政府筋は「欧州レベルで(統制していく)考えへの支持につながる何らかの
動きがあるとは想像し難い」と指摘。「ECBの独立性という表現を使う際は
注意している。ECBの独立性はわれわれにとって極めて神聖」と述べた。
フランスでは、来年のフランス大統領選の社会党の有力候補、セゴレーヌ・
ロワイヤル氏がECBに政治家への報告義務を求めており、コロナ欧州問題
担当相がECBとの政治的対話の改善が必要との見方を示していた。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 01:59:23 ID:uVpwMSco
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061213AT2M1202R12122006.html
独首相、EU議長として中東和平主導表明

ドイツのメルケル首相は12日、2007年前半の欧州連合(EU)議長として
中東和平の進展を主導する意向を表明した。初めて訪独したイスラエルの
オルメルト首相と12日にベルリンで会談後、記者会見で語った。両首相は
イランの核開発阻止へ制裁措置を含む強い姿勢をとることでも一致した。
両首相は米国、ロシア、国連とEUの4者協議がイスラエルとパレスチナ
自治政府との和平進展で重要な場になることを確認。メルケル首相は
「国家としてのイスラエルの存在保証やテロや暴力の排除を土台とし、
EU議長国として建設的な貢献をする」と表明した。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 18:48:23 ID:8vxa80Yr
     ゞ'""゙゙ ̄`i' ̄ ̄ ̄``````````````''シ
      ヾヾ    ii|  ,.彡          /
        ヾヾ   iiレ'彡彡.....       /
       ヾE二i,二.ji_ri==r `ヾ彡    /
        E_/>'三7/,__,,... iミ.   /
        r^ヽ>{i_ 〃ラ_,....__;´ {ミへ /  我がナチスの科学力はァァァアアア
        ロ  ||==o'´┴゚'-`; └' h }
        ヽ_〃 l ;;  ~~ ̄` ;   、_'_ノ      世界一ィィィィィイイイイ!!
          |  | .;;        ;   |:|
          | `=='''    、 ;   |:|
          .l `r====ィ`    |:: |
         ヽ. ヒ二二.ソ   /::: |
             ヽ` ー--‐  _ィー―┴r―r
           ____,.>-;;;  -'"/ヽ-‐' ̄ /
          ∧ ;; ;;;;;;; | :::::: /ヽ  ,.-‐' ̄
         / ヽ ;;;;;;;; | ::::::/;;;;;;; ̄


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 17:05:22 ID:15X5uLok
ttp://www.asahi.com/international/update/1217/003.html
ドイツ人がポーランド提訴 強制移住の補償求め

第2次大戦末期から終戦後に強制移住させられたドイツ人らが、ポーランド
政府を相手取り、財産返還などを求める訴えを欧州人権裁判所(仏ストラスブール)
に起こしたことが15日、明らかになった。ナチス・ドイツの侵攻により多大な
犠牲者が出たポーランド側は強く反発している。
DPA通信などによると、訴えを起こしたのは約50人のドイツ人。強制移住者ら
でつくる団体「プロイセン信託基金」が訴訟を支援している。強制移住時に住んで
いた土地の所有権の返還や失われた財産の補償などを求めている。原告の人数は
今後増える見込みだ。
これに対し、ポーランドのカチンスキ大統領は15日、訪問先のブリュッセルで
「2国関係を悪化させる脅威だ。訴えが退けられることを望む」と述べた。
この問題で、独政府は「問題は解決済み」の立場を取っており、メルケル首相も
賠償請求を支持しないと言明している。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 01:45:21 ID:bYsZ37cm
御手洗冨士夫/経団連会長が、ドイツも日本の憲法改正を支持していると
言っていると、わりといろんなところに書いてあるんですけど、ほんとうですか?
ご存知の方、(御手洗発言のソースでも、ドイツ側の一次ソースでも)教えて
いただけたらうれしいです。

普通の独立国の政府や高官は、他国の憲法改正に付いてあまり意見を言わない
ものだと思うので。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 05:44:46 ID:DGZ7PC0l
ケルン市、“セックス税”で約1億2800万円の利益
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081166332713.html

世も末。
今度は一体どんな税制度が出来るのかねえ・・

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 06:03:45 ID:RhJfLhDt
>>68
ロシアには帝政時代に「髭税」ってあったなw

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 10:39:42 ID:fzVjezaS
>>68
長らく学費無料だったドイツの国立大学も1ゼメスターで500〜600ユーロ
を取るようになった。今後も上がり続けることが考えられる。
各州の財務破綻は相当酷いらしいね。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 18:49:34 ID:Q/vl4Tfz

ttp://news.www.infoseek.co.jp/world/story/20061218jiji4911521/
モーツァルト全楽譜をネットで (時事通信、18日10時48分)

 
モーツァルト作品の楽譜が掲載されたホームページ。今年で生誕250周年を
迎えた作曲家モーツァルトの文化遺産を管理する国際モーツァルテウム財団は
このほど、全作品の楽譜をホームページで公開した

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ttp://www.mozarteum.at/default.asp?SID=16953712241844&deflng=jp
ザルツブルク国際モーツァルテウム財団, Schwarzstrasse 26, A-5020 Salzburg


楽譜はPDFで写真イメージでうpされている。
ttp://dme.mozarteum.at/DME/nma/nmapub_srch.php
のページから選んで、個別の楽曲のPDFに辿りつくようになっている。

楽譜だけでなく、解説文書もあるようだけれど、ドイツ語で写真イメージなので
機械翻訳が使えないのでちょっと痛い。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 04:13:09 ID:nraNCXgd
>>68
肥満税
傲慢税
不寛容税
東南アジアsex旅行税

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 04:25:38 ID:kWrsrRWw
>68
ハインリッヒ・ベル(ケルンの出身)の小説では、
売春婦の存在はケルンの日常風景の一部に
なっていたね。
カトリック聖職者と売春婦のいないケルンは考えられないね。
カトリック信者ではないが、あのドームの鐘の響きは
魅力的だと思った。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 00:35:09 ID:upRG7VuK

●基盤なき単一通貨・ユーロ  

インタービュー/Prof.ハンケル :
カール・シラー蔵相時代に大蔵省次官をつとめ、その後10年間、ドイツ復興銀行
チーフ・エコノミストを勤める。1997年、シャハトシュナイダー、ネリング、シュター
バッティーと共にユーロ導入に反対する訴えを憲法裁に行った。
以下はNeue Solidaritatに掲載されたインタビュー内容である。

問: 10年以上にわたり、貴方はマーストリヒト条約及び欧州通貨同盟の先鋭な
  反対論者で、この問題についてコメントを行うだけでなく、政治的にも、裁判の
  面でも積極的に活動されていますが、その動機は何ですか?

答: 目下の状況から話を始めましょう。一体、(国民の間に渦巻いている)巨大な
  ユーロ不信が何に起因しているのか?ここから話を戻して行きましょう。

問: 昨日、長年にわたりユーロの批判者であるZepp-LaRouche女史がドイツの
  マーストリヒト条約からの離脱、ドイツマルクへの復帰を要求する声明を発表し、
  数日前にはフランス銀行のNoyerが、通貨同盟加盟国はユーロ体制から離脱
  出来ると言明しています。またイタリアでもユーロについての論議が起こり、
  HSBC等の銀行もユーロ体制が崩壊するといったスタディーを発表しています。

答: こうした事実は初めからユーロに反対して来た者にとり満足の念を起こさせる
  ものですが、反面、なぜ今頃になってユーロのデメリットが突然発見されたかは
  驚きです。こうしたデメリットはユーロが誕生する前から明瞭に分かっていた
  ことだからです。異なる国家、国民経済をいっしょくたにした複合体に単一通貨を
  通用させるという試みが機能するはずがないからです。

  ユーロ地域では全く歪んだ競争が進行しています。比較的貧困で、経済的に
  遅れた諸国が、その後進性を武器に競争を行い、後進性が競争のメリットに
  なっています。こうした宿命的な過程の背景は、ユーロ導入によりかつての
  弱体通貨、資本形成の脆弱な諸国の通貨リスクがゼロになったことです。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 00:39:47 ID:OMI+SloB
>>74
インタビュー古くないか?それともこの人の頭の中が古いのか?
ドイツは16年ぶりの好景気だぞ。
ユーロ不信?それどころか猛烈なユーロ高だろ。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 00:43:11 ID:upRG7VuK

  貧困のため賃金、社会的スタンダードが低く、高価なインフラ構造もなく、
  それ故税金も安い諸国が、現在では税金メリット、社会保障費用、賃金面での
  メリットを売り物にして、高度に発達した諸国に向けられるはずの投資を横取り
  しています。

  我々が目下、目にしている状況----ヨーロッパ辺境諸国への投資の流出----
  は生産性の法則に反するまったく歪んだ(諸国間の)競争の姿です。高価な
  インフラ構造、高度な社会的スタンダード、高賃金を努力して獲得した生産性の
  高い諸国が、その豊かさのために罰を受け、資本、雇用、投資、成長ポテン
  シャルを失っています。

  ヨーロッパ共同市場は最初の40年間、主に(各国間の)通貨競争を通じて、
  こうした状況が生じるのを防いで来ました。アイルランド、ポルトガル、スペイン、
  イタリア、つい先頃までフランスも、2年ないし3年毎に通貨の切下げを行って
  いました。外人投資家は切下げがあれば一夜にして資本の一部を失うことを
  覚悟しなければなりませんでした。

  ドイツには強く、安定した通貨があったため、非常に大きな立地メリットがあり、
  外人投資家は(マルク)切り上げのメリットを享受出来、また利子率も名目、
  実質共にヨーロッパで一番低いという状態でした。

  ドイツマルクが無くなったことによりドイツは高度な生産性をもつ経済という
  吸引力を失いました。それは、ヨーロッパ内での負担調整を行うためで、
  意図されたものだという「善良人間」もいますが、これは危険な幻想です。

  現在、資本形成の弱体な国々が希望に満ちた状況を呈していますが、
  これは長続きしません。ブームと同時にインフレが進行しているからです。

  目下、資本形成が弱体な諸国、すなわち貯蓄の低い諸国に巨大な資本が流れ、
  欧州中央銀行から低利のクレジットを受けています。こうした諸国にも資本形成
  が高度な諸国同様の利子率が適用されているからです。その結果はインフレです。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 00:47:28 ID:upRG7VuK

問: アイルランド、スペインの不動産バブルはこうしたインフレの表現ですか?
答: その通りです。目下、ユーロ通貨圏にインフレ率の格差が生じていますが、
  この格差は資産価格(不動産価格、証券価格等)を加えると、もっとはっきりします。

  これは、欧州中央銀行がいかにお手上げ状態にあるかも示しています。辺境諸国
  ではインフレと戦う一方、生産性の高い諸国ではデフレ、失業と戦わねばならない
  からです。辺境諸国については、インフレを抑えるために、利子を上げなければ
  なりませんが、そんなことをすれば生産性の高い諸国におけるデフレ危機が更に
  深まり、政治紛争も拡大するでしょう。反対に欧州中央銀行が高度生産諸国の
  要求をのんで、利子を低くすれば、辺境諸国のインフレが更に激化します。

  それではTriche総裁は何をしているかと言えば、何もせず成り行きにまかせています。
  これは最小の災禍かも知れませんが、これにより一方ではインフレ、他方では
  デフレという状況が更に進行し、ユーロが終わりに近づいていることを示しています。

  このことはグリーンスパンも認めている事実で、同氏は"The Euro may be come,
  but will not be sustainable."と語りました。この発言は四教授がドイツ憲法裁に対し
  ユーロ導入に反対する裁判を起こしたのとほぼ同じ時期になされました。

問: 1997年のことですか?
答: 1992年にシャハトシュナイダーが連邦憲法裁にマーストリヒト条約が違憲である
  との裁判を起こし、その結果「マーストリヒト判決」が出されました。この判決の基調は、
  「ユーロの導入は許され、ドイツ憲法に違反しない。しかし、欧州中央銀行はドイツ
  連銀の伝統を引き継ぎドイツマルク同様の安定性を保証しなければならない」という
  ことで、判決理由には、「安定性の基礎がなくなれば、ドイツ政府は通貨条約から
  離脱することも可能である」と書かれています。

  いわゆる「安定同盟」の実現は不可能です。その理由は、経済危機が生じた場合、
  まず税金収入が欠落し、それ故赤字が増大する---というのが我々の論拠でした。
  まさにこうした事態が現在、生じています。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 00:54:17 ID:upRG7VuK

問: ヨーロッパ通貨システムの中心的設計ミスはデフレ/インフレの同時進行であると
  言われましたが、なぜこうした設計ミスが明らかに存在するのにユーロ・システムが
  強硬に導入されたのかお話頂けますか?

答: その背景をなすのが「強制力理論」で、政治的にヨーロッパ合衆国をつくるのが無理
  なので、通貨同盟を通じてそれを達成するという考えです。まず、共通通貨を導入
  すれば、各国間の同化への強制力が非常に強くなり、結果として、政治的統一も
  最後には自ずから実現されるという理論です。

  我々は「ユーロ裁判」でこうした「強制力理論」が進行することはありえないことを指摘
  しました。どんな世界史、貨幣史においても、こうした通貨同盟が長期にわたり機能
  したことはありませんでした。ヨーロッパ通貨同盟の寿命はせいぜい5年から7年で、
  被害を受けた諸国、負け組が通貨同盟から離脱するでしょう。

  異質な国々から構成されているため、すぐに異なる利害が顕在化し、争い、紛争が
  生じるでしょう。これは達成しようとしている政治的目標とは逆の事態です。統一通貨は、
  それが導入される以前に莫大な構造、財政調整を行い、(経済)格差をなくし、政治的な
  協調関係がつくられなければ機能しませんが、そのような関係は過去にも現在にも
  全くなく、通貨同盟は構造調整、財政調整を行わずコンセプトされています。….

問: フランス、オランダでヨーロッパ憲法条約が拒否されたことは、ユーロ導入以来、生活水準
  が低下し、社会的不安定状態が増大していることと直接関係しているのではないのですか?

答: それが現実です。生産性の高度な諸国は負け組で、開発段階の低い諸国が見かけの
  繁栄をとげています。一般市民は-政治家達より賢明なので-こうしたことを良く知っており、
  中核をなす諸国が陥っている危機的状況が、明瞭に統一通貨のネガティブな影響による
  ものであることも知っています。

  高度成長諸国では積極的な景気政策、雇用政策を展開出来なくなっています。
  通貨交換率という「静かな」調整機構がなくなり、各国の利率も固定され、安定同盟により
  国家財政も動きの取れない状況になっています。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 01:00:29 ID:upRG7VuK

  積極的経済政策の4つの柱のうち3つ(通貨交換比率、利子率、国家財政)がユーロ導入に
  より固定され、残ったのは賃金の「対応」だけになりました。これは致命的な状況で、
  シュレーダーの《Agenda 2010》はドイツの賃金水準をヨーロッパの平均水準に落とすため
  の別称にすぎません。

  私達はユーロ裁判の訴状及び「ユーロの幻想」という本でユーロが導入されれば社会的
  市場経済も、福祉国家ドイツの実現も全く不可能になることをはっきりと言明してあります。

問: 国が積極的な投資政策、雇用政策を行う能力は既に1992年のマーストリヒト条約で
  去勢されていますが、こうした事態が貫徹された理由は何だとお考えですか?

答: 関係諸国は異なる利害を追求し、貧しい低生産性諸国、はユーロの導入により低利子、
  資本の流入を希望していました。フランスにとってはドイツマルクをなくすことが中心で、
  マーストリヒト条約がドイツにとり「第二のベルサイユ条約」であることを納得の行く形で
  保証しています。フランスはヨーロッパ共同市場により、ヨーロッパの諸機関を通じ、
  ヨーロッパを支配するという目標を追求し、ドイツマルクはそうした目標追求の邪魔者
  だったからです。また、オーストリア、オランダ等の小国もドイツマルクと連動していた
  ため、ドイツマルク圏にとどまるよりはユーロ圏に入ることを望みました。

  ドイツ連銀の決定にはオランダもオーストリアも参加できなかったのに対し、欧州中央銀行
  では共同決定権を行使出来るからです。このため、設問はなぜドイツが自己去勢、
  すなわち通貨権力の喪失を承認したのかということです。

問: それともドイツ再統一の代償なのか? コールは1989年12月にドイツマルクを最終的に
  放棄したことを自分の政治家としての履歴の中で「最も暗黒な時」と言っていますが

答: しかしコールは署名する数時間前に「政治同盟が形成されなければ、通貨同盟を
  承認しない」と言ったばかりなのに、マーストリヒト条約に署名しました。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 01:06:29 ID:upRG7VuK

  最も明瞭な回答は1992年に、(後に外相となった)フィッシャーから聞きました。
  ヨーロッパ問題についてのフランクフルト大学でのパネルディスカッションで、
  レペーニス(社会学者)、私、フィッシャーが基調報告をしました。レペーニスは
  イタリア王国に統一通貨が導入された19世紀に生じた深刻な問題について話をし、
  私はユーロが導入されればヨーロッパにも同様な繁栄地域と貧困地域への
  分裂が生ずると発言しました。

  するとフィッシャーは、二人の専門家の意見に賛成だが、それでも自分はマーストリヒト
  条約に賛成し、緑の党にこの条約に賛成するよう「指示を与えた」と発言しました。
  大きな沈黙が会場に広がり、やっと一人の学生が、「それは一体何故なのか」と
  フィッシャーに質問しました。

  「アウシュヴィッツを経験した後に、ドイツの政治家は反ヨーロッパ的姿勢をとれない」
  からだというのがフィッシャーの答でした。ヒットラー、第二次大戦の生贄としてドイツを
  解体し-「紅茶に砂糖を溶かすように」(カール・シラー)-ヨーロッパに統合する。
  フィッシャーの答の解釈はこれ以外にはないでしょう。これがドイツマルクと国家財政の
  自立性を放棄したドイツの動機です。

問: フランスはユーロ導入を強行しましたが、今では[ドイツに次ぐ]第二の敗者で、先週
  Christian Noyer [フランス中銀]が通貨同盟加盟国はこのユーロ・システムからの
  離脱が可能であると声明しています。フランスは何を考えているのですか?

答: まず指摘しておきたいのは、Noyer は全く当然のことを言っただけだと言う事です。
  国際法に基づく条約は常に解約が可能で、国際条約は自国の利益のために締結
  されるもので、そうした基盤がなくなれば、たとえ解約条項がない場合でも、グロチウス
  の国際法定義では、条約の合法的解約が許されます。目下の状況で皮肉なのは、
  [通貨同盟条約には解約条項がないのに、今回フランス、オランダ国民が拒止した]
  憲法条約にはそうした条項があることで、EU憲法条約が国民投票で可決されたとしたら、
  何も通貨同盟からの離脱の論拠にグロチウスを引っ張りださなくてもすむわけです。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 14:34:16 ID:upRG7VuK

  というわけで、Noyer は当たり前のことを反復しただけですが、しかし現在
  それを行ったことにより、同氏もフランスがユーロ導入により間違ったカードを
  つかまされたことを理解したとの印象が強く生じます。フランス政府はマース
  トリヒト条約のもたらす結果を見誤り、フランス国民がその罰を下したわけです。
  国民の方が政治家より賢いというケースは歴史上珍しいことではありません。

問: アメリカはユーロに関し奇妙に矛盾した態度をとり、ユーロがドルの地位を
  脅かすのではないかという生来の不安がある一方、今ではユーロが危機に
  陥っていることについて人の不幸を喜ぶ態度が見られます。反面、目下の
  状況(貿易、通貨)はアメリカにとっても破局的です。そこで質問ですが、
  ユーロ危機とドル危機は同じ硬貨の裏と表で、世界通貨システムが全体として
  新たなブレトンウッズ体制への再編を迫られているのではないのですか?

答: 世界中どこにも利口な政治家もいれば馬鹿な政治家もいます。アメリカの
  利口な政治家達はユーロが問題の解決策にはならないことを初めから
  知っていました。また彼らはユーロがドルの競合になることについてもそれほど
  心配していません。彼らの危惧は、避けることの出来ないユーロ危機がドル危機、
  世界経済危機、通貨危機に発展しないかということです。勿論これは現在の
  世界通貨システムが最善だということではありませんが、中心となる二つの通貨
  (ユーロとドル)が危機に陥れば、安定した世界経済の基礎がなくなります。

問: この問題には再度戻りたいと思いますが、先ずユーロ体制からの離脱の仕方
  について質問します。その場合、心理的ファクターも役割を果たすと思いますが、
  どのようなやり方で整然と離脱出来るとお考えですか?

答: 最初のステップは、ヨーロッパがユーロ導入により袋小路に入り込んでしまった
  という認識が増大していることで、これはフランス、オランダの国民投票の結果
  にも現れています。これに以下のような状況が加わります。すなわちEUが
  東欧諸国に拡大され、生産性の低い諸国が今まで以上に通貨同盟に加盟すれば、
  通貨同盟は終わりをつげます。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 14:37:31 ID:upRG7VuK

  しかし新たにEUに加盟した諸国はユーロ体制への参加を是が非でも要求し、
  それは外交文書化されています。これらの諸国はユーロ・システムに加盟する
  ことにより、低金利と安い資本の導入を期待しています。そうなれば、裕福さの
  格差は3:1ではなく、6:1に拡大します。EUの東方拡大が通貨同盟の放棄を要求
  するという認識をヨーロッパのエスタブリシュメントは理解する必要があります。
  その理由からも、ユーロに対する選択肢を探す必要があります。

問: (そうなれば)通貨同盟から離脱するという意思をドイツは明瞭に表現する
  必要があるわけですが、意見調整、新たな形の協力関係が考えられますか?

答: ユーロに対する選択肢がヨーロッパにおける通貨戦争や世界経済のカオスを
  引き起こすような事態になってはなりません。それ故、私はG7ないしG8 における
  意見調整が非常に重要と考えています。というのも、ヨーロッパ諸国ないし国際
  的な合意を得ずに一方的な行動に踏み出せば、大きな乱気流を引き起こすこと
  になりかねないからです。

  ユーロの導入によりヨーロッパがダイナミックになったのではなく、ダイナマイトを
  抱え込むことになりました。このダイナマイトは世界金融システムを吹き飛ばして
  しまうような爆破力を持っています。これはヨーロッパもアメリカも明瞭に見て
  おかねばならない事実です。

  次のステップとして、何をユーロの選択肢とするか考える必要があります。勿論、
  以前の各国通貨に戻るのが理に適ったやり方で、これは疑いもなく高度工業
  諸国の利害と一致しますが、開発の遅れている諸国はそれに反対するでしょう。

  イタリアを例にとると、リラに戻れば、大幅な切下げとなり、大きなインフレに
  見舞われます。それ故、第一段階ではユーロを換算単位及びヨーロッパの
  通貨シンボルとして残すというのが私の考えです。そうすれば、各国通貨の
  換算基準が出来ます。また、1979年に造られたヨーロッパ通貨システム(EWS)の
  継続として通貨政策をコーディネイトする共同機関をつくればよいと思います。
  そうすれば欧州中央銀行は中央銀行ではなくなり、ヨーロッパのIMF となります。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 14:42:10 ID:upRG7VuK

問: ユーロを基準にした換算比率は、必要な場合、秩序ある形で変更出来ますが、
  そうすると各国通貨に戻るということですね?

答: ユーロの実験の失敗が明瞭に示しているように、ヨーロッパの各国通貨が
  競争することに対する選択肢は存在しません。また、各国通貨への復帰は、
  まだ各国に中央銀行が存在しているので、容易に出来るでしょう。

  欧州中央銀行が各国通貨及び中央銀行の「母親」であるといった間違った
  見解が広まっていますが、実際には「娘」にすぎず、欧州中央銀行の資本は
  各国中央銀行が出しているので、「娘」に新たな任務を与えればよいわけです。
  また、ユーロ紙幣を見れば、どの紙幣にも番号と文字が印刷されていますが、
  この文字を見れば紙幣がどの国の中央銀行で発行されたか分かります。
  ひょっとすると「ユーロの父親」は既にユーロの終わりを考えていたのかも知れません。

問: すべてのユーロ紙幣を各国通貨に換算し直すことが出来るということですが、
  反面、ドイツはインフレの悪夢を経験しているため、多数の人が金を交換する
  ことに不安をもっています。どう対処すればよいのですか?

答: 以前のユーロ建て債権及び債務を問題なく再びドイツマルクに換算出来ることを
  国民に告げればよいだけです。以前の交換比率は(各国の)インフレ率が変化した
  ため違ってきています。それ故、現実のインフレ率を考慮した換算比率を設定します。
  ヨーロッパ諸国間の債権、債務についても現実の交換比率を基礎にします。
  この通貨交換は供給面で全く問題ありません。

問: ユーロからドイツマルクへの復帰手続きの処理はそれほど複雑な事態ではない
  ということですか?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 15:37:29 ID:Yb0dsVh3

答: その通りです。各国通貨への復帰手続きには技術的にも、経済的にも問題ありません。
  ただ、金がかかるだけの話で、ドイツマルクをユーロに転換した時同様、800億マルク
  程度かかるでしょう。この金額は当時、国が支払ったものではなく、主に民間企業が
  払いました。新たなコンピュータープログラムの作成費用、新たな請求書の印刷
  といった費用です。通貨の交換は、旧DDRマルクとドイツマルクの交換、ドイツマルク
  とユーロの交換という実績があるので、ほぼルーチン作業です。

問: フランスでもドゴール政権下で実施された通貨改革はポジティブな心理的効果を
  国民にもたらしましたが

答: 私はドイツマルクへの復帰は国民にポジティブな効果をもたらすと思います。
  一つだけ注意しなければならないことは、多数の国では所得の換算レートだけでなく、
  価格の換算レートも固定しましたが、ドイツでは価格の換算レートは経済界に一任
  されたため、その結果(国民は)「インフレ感」をいだいています。どのレストランも
  ドイツマルクの値段をそのままユーロに横滑りさせ、昔 1マルクだったものを1ユーロで
  売っています。オランダや他の幾つかの国はずっと賢明で、法令で(各国通貨と
  ユーロの)換算レートがすべての価格に適用されることを規定しています。
  それ故、ドイツマルクに復帰する時にも、価格の換算レートも--少なくとも最初の年は--
  法令で規定する必要があります。

問: Zepp-LaRouche女史は国際法に準拠したマーストリヒト条約からの離脱及び
  各国通貨の再導入の他に、1967年の安定及び成長法の効力を復帰させるよう
  要求していますが、これに対する貴方のお考えはどうですか?

答: ユーロ導入が連邦議会(衆院)の決議を経て決定されているため、ドイツマルクへの
  復帰にも連邦議会の決議が必要で、これには連邦評議会(参院)の承認を要します。
  これが第1ステップです。

  既に述べたように、以前の名目換算レートをインフレ率を考慮して書き直す必要が
  ありますが、これは技術的に全く問題ではありません。またユーロ紙幣の返還、
  ドイツマルク紙幣の新規発行も技術的に全く問題ではありません。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 18:25:03 ID:BvUnrBgh
>>74 >>76-84
まったく同意できないな。
旧東独の負担調整を旧西独だけでなくヨーロッパ各国で負担するためにユーロは必要だったはず。
マルクに戻したら今度はドイツ経済は投機屋のターゲットになってすぐ破綻するぞ。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 20:54:25 ID:tUZMP1bW
ドイツマルクが強かったというのは、要するに歴代の連銀総裁が頑固に通貨価値の
安定に固執したという実績と国際信用があったからだね。

これは過去のこれまたドイツだけ飛び抜けてひどかったインフレが、歴史的地獄に
直結していたという教訓から来たものだ。だから世界中がケインジアン金融政策で
通貨切り下げ競争やってた1960年代、70年代にもブレなかった。これがドイツマルクの
信頼の要だ。

ユーロはこの教訓を引き継ぎ、カール・ドイセンベルク以来きわめて慎重、健全な
マネタリー・ポリシーを実行している。というか、そもそも政治家の要求に妥協して
超低金利を無理に継続したり通貨を増発し、一時的に景気をあおるなんて経済政策が、
高校生にも批判されるような学習教材になってるってことだな。これは欧州全域での話だ。

今更、ドイツマルクを復活させても、金融政策はユーロと何も変わらない。
財政の方で欧州内低所得地方、山岳農業など不利産業に所得再分配をする義務が残る以上
マルクをユーロに両替して各方面へ配るだけだ。

上の一連のユーロ脱退論は、耄碌して衰退した思考経路が、赤児の寝床や乳母車の
ように心地よいナショナリズムの保護を求めているというだけの無惨な精神風景だね。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 21:21:18 ID:eeNNk1M4
ドイツ人、いつもだまされるよな。まじめで優秀なのに。日本人はこういう部分ではドイツ人よりもだまされにくいな。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 21:59:30 ID:2TtJiwHq
>>87
>ドイツ人、いつもだまされるよな。

具体的にどういうこと?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 14:02:57 ID:n/WG/EZf
>>88
欧州は東亜とは全く条件が違うのに、国民国家に固執した議論に簡単に釣られることだろ。
例を挙げると上の反ユーロ論や、昔のナチ思想みたいなもの。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 17:29:41 ID:QKYhNQ09
>>86

通貨統合後のユーロ金利はドイツでは高すぎるし、スペインやアイルランドでは低すぎる。
これがスペインなどの巨大な不動産バブルを生み出す原因になっている。

ドイツとスペインの通貨が統合されたこと自体が間違っていたんだな。
だから、スペインがユーロを離脱するか、ドイツがフランス等と一緒にユーロを離脱するか、
どちらかが起きるはず。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 20:33:30 ID:gYale3/G
>>89
日本人は「東アジア共同体構想」みたいなのにはきわめて懐疑的で、なかなか
釣られないな。スレとは直接関係ないが、こんなニュースがある。

ttp://www.sankei.co.jp/kokusai/china/061222/chn061222001.htm
日中で「アジア共通通貨」推進を 中国政府有力ブレーン 胡鞍鋼・清華大教授

中国政府指導部の有力ブレーンである胡鞍鋼清華大学教授は5日、産経新聞と
会見し、日中両国が共同で東アジア共通通貨を創設することに意欲を示した。
貿易決済などで米ドルへの過度の依存から脱却するためで、黒田東彦アジア
開発銀行総裁らが提唱してきたアジア共通通貨構想への中国側の賛意とも
受け取れる。同教授はまた、日本を抜いて世界最大になった中国の外貨準備に
ついて、「米ドルの保有比率を下げ準備通貨を多元化するのは当然」とし、
「ドル離れ」の必要性を強調した。人民元の対ドル・レートについてはなだらかな
上昇を支持する半面で、短期間での大幅な切り上げは「中国および世界の利益
にならない」と否定した。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 20:51:07 ID:SC6hcbeo
>>90
ドル金利がテキサスにとって低すぎ、イリノイで高すぎても、
テキサスやイリノイがドルを離脱することはありえない。
それと同じで、スペインやドイツがユーロを離脱することはありえない。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 23:12:19 ID:FLW3vjCE
>>92

米国が金融破綻後に分裂状態になるのは、絶対に有り得ない話しでは無い。

とまぁそれは置いといて、州と国では比較対象として不適当だと思うね。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 20:46:26 ID:CuXMX6/h
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20061226AT2M1803925122006.html
ドイツ、駆け込み消費で高額品絶好調・付加価値税1月3%上げ
 
ドイツで2007年1月から付加価値税(消費税に相当)の税率が一気に3%上がる
のを前に、猛烈な駆け込み消費が起きている。自動車や大型家電など高額商品
を中心にクリスマス・年末商戦は絶好調。ただ、増税後の反動による来年前半
の消費減退が回復基調の景気のリスク要因になると懸念する声も出始めている。
欧州自動車最大手の独フォルクスワーゲン(VW)では、主力車種「ゴルフ」
などVWブランド乗用車の国内販売が、11月に前年同月比30.3%増の7万834台
と大幅に増加。ダイムラークライスラーの高級車「メルセデス・ベンツ」も、
同月は同16.2%増の3万6700台と2ケタ増を記録した。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 21:13:46 ID:AFUPyDeq

マルク回帰はやり過ぎとしても、ドイツ・フランス・ベルギー・オランダ・
ルクセンブルグ・・・辺りで共通通貨を作ったほうが良いのでないか。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 22:31:55 ID:uXPmPRH7
>>95
それもやりすぎ。ユーロやめること自体がやりすぎ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 22:33:43 ID:eLsDtvC3

http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1167135720/20

オナヌーねたあります


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:30:48 ID:lxb39Dpq
日本は中国や朝鮮が明確に痛すぎたのが逆に幸いした。
ドイツは周辺国家が適度に“常識ある敵”であったため、かえって重症になった。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:40:30 ID:iYE0nH6x
なんでドイツ人って暗黒の国民性があるんだ?
黒が好きなのに何で黒人が嫌いなのかわけわからん。
というか、ドイツ人は黒い車とか喪服とかがお好きな様で、音楽もホラーをサンプリングしたのよくきくよ。
漏れはゲーム関連の仕事しているんだが、
血を見る暗い暴力ゲームが売れて売れてよぉ、
日本製が大好きだってはした金持ってくるガキ共が可愛いいの何のって。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 04:23:04 ID:pttoMGM0
>>99
つーか、白人って暴力ゲーム好きだよな。それも一般市民を無差別虐殺するような奴。
よっぽど鬱屈したものがたまっているんだとは思う。

101 :高原禿げ:2006/12/27(水) 09:52:26 ID:ofUaHdUf
ドイツ人は戦争、喧嘩好きだからwW

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 09:59:04 ID:8Qkdl7TA
>>100
>よっぽど鬱屈したものがたまっている
あれだけ法律と規則に縛られていれば当然かと。
法と規則を遵守する事が彼らにとっての正義と義務だから、
そのためには肉親さえも監視・密告するからね。
法の檻の住人

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 10:10:15 ID:CFb2MvHE
>>98
漏れもそう思う。
政治や歴史における幸運と不運は、時とともに変わっていく。
独仏関係を基軸にしてヨーロッパ諸国の和解・連帯を成し遂げた。
その成功の大きさが今になって仇になっている。

>>99-100
日本でハリウッド製の戦争映画が売れるのと同じかも名。
現代の先進国ではどこも“文明化されたお上品な人間”でいることを強いられるからな。
ナショナリズムを発散できるのはワールドカップのときぐらい、多文化主義の
名の下に伝統文化が否定される・・・

ベルセルク(berserkr、berserker)っていう古代ゲルマン(北欧)の狂戦士が
あるよな。熊の毛皮をかぶって狂ったように戦い、敵を殺しまくるヤツ。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 18:55:28 ID:S1Nbdq4Z
で、漏れがホームステイでお世話になってる家のヴィッシーのガキもPSでバイオハザード。
生物兵器の話だよって言っただけでX'masプレゼントにしろってwww

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 21:09:09 ID:KqBxpJwJ
ドイツのマンガフォーラムみてると、Hellsingとかバスタードとかファンの大半は
女の子だからな。日本では考えられない傾向だ。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 11:23:39 ID:v8Vpy8hI
>>102
「ドイツ人にとってはデモクラシーよりも国家が安定していることのほうが
大事なのである。デモクラシーが国家の安定をもたらすかぎりにおいてのみ
ドイツ人はデモクラシーを守ることだろう」
「彼ら〔注:基本法の起草者たち〕がつくろうとしたのは、ワイマール共和国の
ようにたやすくひっくり返ってしまわないような、しっかりした民主共和国、
いわば民主主義の要塞を築こうとしたのである。たとえその要塞が少々狭苦しく
ても、民主主義の自由がいくらか制限されても、制度のうえでいくらか束縛が
加えられても、国家を安定させるためならばそうした不自由を忍ぼうと彼らは
決意した。これまでの成功は、彼らの決意が正しかったことを証明している」


                      by セバスチャン・ハフナー

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 11:41:40 ID:MC9F4iRc
国家の理念・理想を追い求めるがゆえに、常にそこで忘れ去られているもの、
社会主義論しかり、共産主義そしてドイツ型民主主義も同様。
国民とは何か、人間とはどういう生き物かということ。
傲慢で、わがまま、ないものねだりをし、とても貪欲である。
国家という名の監獄の囚人には誰もなりたがらない、閉塞感の中で居心地が悪くなればなおさら。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 17:44:47 ID:ZiMn/1Ra
日本で消費税引き上げ論議が本格化の兆しを見せる中、ドイツでは
2007年1月1日から、付加価値税(消費税)の税率が現行の16%から
19%へ引き上げられる。

同税の導入以来、増税は7度目。

しかし、これまではすべて1%ずつの小刻みな改定で、一気に3%も引き
上げられるのは初めて。

それだけに個人消費への打撃を懸念する声も強いが、独政府は07年
成長見通しの上方修正を示唆するなど強気の姿勢を示している。 


ニュースソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061228-00000076-jij-int

橋本内閣の時の日本にそっくりだな、政府の態度も。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:34:11 ID:v8Vpy8hI
欧州人が小泉のことを、
現在の日本の首相は、どの政策課題についても、飛び込むことで事態がどう動くか
ということや飛び込んだあとで何をすべきかをよく考えもせず、いきなり「エイヤッ」
と飛び込む傾向がある、
と評していたが、
今の欧州に必要なのはむしろ思い切って飛び込む勇気なのでは、と思えてくる。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:49:18 ID:+mRaWGOg
>今の欧州に必要なのはむしろ思い切って飛び込む勇気なのでは、と思えてくる。

飛び込む必要も無いのに飛び込む潔さをアピールしようって?
誰に? 右翼低能青少年にか?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 01:04:08 ID:Oi4GiNbh
飛び込むという比喩を、右翼へ走ることだと斜め横方向の解釈してる
お前が低脳だよ。

112 :ネオリベ:2006/12/29(金) 01:06:16 ID:604P6ohm
ホリエモンも言っていたが、右翼なんて社会主義者ばかり、日本は共産主義国家。
ドイツモデルは破綻した。余りにドイツは経済で左寄りだった。民族社会主義は破綻したのだ。
今は外国人どんどん導入している。格差は広がり、皆が一緒の全体主義は終わった。

ユダヤ人はナチスが社会主義を右翼にしたのを利用して左翼を新自由主義にしている。
だから、イスラエルの自称左派はブルジョア・タカ派・新自由主義者。「南部の連中は負け組」がセリフ。
不完全性定理や不確定性原理は市場に委ねた。
猪口とか竹中はまさに工作員。

79 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)