2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【朝鮮柳生】伝奇小説家・荒山徹を語るスレ

1 :マンセー名無しさん:2006/05/29(月) 23:29:27 ID:2QvuFXYk
妖術と忍術と柳生と朝鮮をこよなく愛する伝奇小説家・荒山徹先生を語るスレです。


著作一覧(紀伊国屋書店の資料を参考にさせていただきました)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-FAUTH=%8Dr%8ER%93O&RECNO=1&HITCNT=010

1. 柳生雨月抄
荒山徹 /新潮社 2006/04出版 394p 20cm ISBN:4104607029 \1,890(税込)
2. 魔岩伝説(祥伝社文庫 ) 長編時代伝奇
荒山徹 /祥伝社 2006/04出版 498p 16cm ISBN:4396332858 \780(税込)
3. 十兵衛両断(新潮文庫 )
荒山徹 /新潮社 2005/10出版 505p 16cm ISBN:4101210411 \700(税込)
4. 柳生薔薇剣
荒山徹 /朝日新聞社 2005/09出版 262p 20cm ISBN:4022500557 \1,680(税込)
5. サラン哀しみを越えて
荒山徹 /文藝春秋 2005/05出版 260p 20cm ISBN:4163239405 \1,699(税込)
6. 魔風海峡(祥伝社文庫血戦!高麗七忍衆 ) 長編歴史伝奇 下
荒山徹 /祥伝社 2004/09出版 417p 15cm ISBN:439633186X \669(税込)
7. 魔風海峡(祥伝社文庫死闘!真田忍法団 ) 長編歴史伝奇 上
荒山徹 /祥伝社 2004/09出版 377p 15cm ISBN:4396331851 \649(税込)
8. 十兵衛両断
荒山徹 /新潮社 2003/06出版 365p 20cm ISBN:4104607010 \1,890(税込)
9. 高麗秘帖(祥伝社文庫 ) 朝鮮出兵異聞李舜臣将軍を暗殺せよ
荒山徹 /祥伝社 2003/01出版 633p 15cm ISBN:4396330871 \919(税込)
10. 魔岩伝説長編歴史伝奇小説
荒山徹 /祥伝社 2002/09出版 426p 20cm ISBN:4396632142 \1,995(税込)

2 :マンセー名無しさん:2006/05/29(月) 23:30:35 ID:555nnnSe
あほ

3 :マンセー名無しさん:2006/05/29(月) 23:56:37 ID:RhHnDAzz
朝鮮にこだわりすぎ。両断だけ読んだ。

4 :マンセー名無しさん:2006/05/30(火) 01:22:50 ID:GeSwcevA
シベリア柳生ってのも、あったからなー
朝鮮柳生なんて、発想が貧困だーよ

5 :マンセー名無しさん:2006/05/30(火) 01:44:05 ID:okaduiHb
柳生烈堂は国外まで草を放っていたという話?

6 :マンセー名無しさん:2006/05/30(火) 06:26:14 ID:8dmqQLPk
>>5
んにゃ、今まで列堂は出てきてない。

弓矢の国である朝鮮(の当時の高官)が、
高度な近接戦闘技術を保有するために、
とある方法を使って柳生からパクった。
というのが『十兵衛両断』及び朝鮮柳生の概要。

7 :マンセー名無しさん:2006/05/30(火) 06:35:34 ID:8dmqQLPk
すまん。ウソついた。朝鮮柳生を狩る側として出てきてました。

8 :マンセー名無しさん:2006/05/30(火) 18:26:49 ID:hLiH/9Fy
おおおーっ!
ついにでた荒山スレ! 

>>1
乙です! 伝奇城 の短編が自分的には最強っす

9 :1:2006/05/30(火) 21:10:32 ID:8dmqQLPk
知らない人のために大まかな説明。

よく言われることですが、山田風太郎の馬鹿忍術と、
隆慶一郎の少年漫画的ヒロイックサーガが悪魔合体していて、
両者が好きな人には楽しく読めると思います。

それを、韓国留学の知識と体験を総動員して、
やれ「韓国人=捏造癖」だの「韓国人=差別思想」だの書くので、
傍目には嫌韓厨御用達にしか見えないところがミソです。
(基本スタンスは笑韓作家のようですが)

あと、ネタバレOKということにしましょう。
作風が既に「それはひょっとしてギャグで言ってるのか」以外の
何物でもないので。

>>8
徳川綱吉の逸話が大変に馬鹿でよかったと思います。

10 :マンセー名無しさん:2006/06/04(日) 21:29:07 ID:t7AbyVhT
過疎だなあ。
十兵衛両断しか読んでないが、
最後の話は凄かったな。
大和柳生が海を渡り、朝鮮柳生となり果てには清国柳生となるのだ!

最高。
影武者家康読み終わったら魔岩伝説読むか。

11 :マンセー名無しさん:2006/06/04(日) 23:05:37 ID:LcjH7HKx
>>10
まあ本屋にあんま置いてないし。ブツが時代小説だし。
『嫌韓流』みたいな漫画ほど知名度あるとは思えないし。
ラノベのくせに一冊一冊やたら高いし(ラノベじゃねえ)。

12 :マンセー名無しさん:2006/06/05(月) 08:17:08 ID:xsb9XfHR
>>11
荒山作品の話を人に話す時は、ついつい
「あの小説〜」じゃなくて「あの漫画〜」と言ってしまう。
多分脳があれを小説と認識してない。

13 :マンセー名無しさん:2006/06/08(木) 13:54:42 ID:/9a0eSR8
>>12
山田風太郎の衣鉢をついでるね。
山田風太郎もはじめて読んだときはまんま少年ジャンプで驚いた。

14 :マンセー名無しさん:2006/06/08(木) 15:43:43 ID:7QJcNW/j
えーっとよく分からないんですけど、
つ「志茂田景樹著 戦国の長嶋巨人軍 」
おいておきますね。これ以上の電波を知らないもので・・・

15 :マンセー名無しさん:2006/06/09(金) 23:48:34 ID:c6kpW50t
朝鮮妖術名鑑「ノッカラノウム」

手段:人物XとYに専用の仮面を被せ、術を使用する。

効果:XとYの精神を入れ替える。
なお、XはYの、YはXの知識・技術を獲得する。
ただし、Xが元の知識・技術を持っていても、
Yの肉体がその行使に耐えられない可能性がある。

制約:一度入れ替えたXとYの精神を元に戻すことはできない。

目的:弱者が強者から肉体・知識・技術・地位etcを簒奪するのに向く。


具体的用法1:Xに柳生十兵衛を、Yに朝鮮妖術師を代入せよ。
具体的用法2:Xに裏柳生軍団を、Yに朝鮮妖術師集団を代入せよ。

16 :マンセー名無しさん:2006/06/12(月) 22:47:45 ID:rzDUffa0
征東行中書省はもう最高だったな。
どう見ても悪の秘密結社だ。

17 :マンセー名無しさん:2006/06/13(火) 23:15:59 ID:0CMuLu4q
一般書籍板に荒山スレがあったことを知ったけど、既に落ちていた。あう。

18 :マンセー名無しさん:2006/06/14(水) 11:09:38 ID:8qv4SvFY
それは・・・痛い・・・
やっぱ、ラノベ板扱いか?

19 :マンセー名無しさん:2006/06/16(金) 20:25:07 ID:Wr/yj13D
日本の剣法は全て朝鮮が起源、朝鮮は日本剣法の宗主国ニダ。
塚原朴伝も上泉伊勢守もみんな朝鮮人ニダ。

と言われてブチ切れる柳生宗冬って面白すぎるぞ!

20 :マンセー名無しさん:2006/06/16(金) 20:53:13 ID:4SWF7Wke
>>19
ほう、そんな場面があるのですか? これは読んでみなくては。
しかしそれって、朝鮮勢法が陰流に酷似している言い訳として
結構秀逸かも。

21 :マンセー名無しさん:2006/06/16(金) 21:04:07 ID:Wr/yj13D
>>20
「十兵衛両断」の最終話「剣法正宗溯源」ね。
この部分はつかみでしかなく、さらに凄まじい展開になる。

22 :マンセー名無しさん:2006/06/17(土) 01:09:23 ID:i+WvwoBu
【赤旗】統一協会の集団結婚・大会に安倍氏、保岡氏らが祝電 韓国「世界日報」報道 安倍氏は回答拒否、保岡氏は認める
http://abe-shinzo.tripod.com/1150193156.html

【赤旗】統一協会の集団結婚・大会に安倍氏らが祝電 韓国「世界日報」報道 安倍氏は回答拒否★2
http://abe-shinzo.tripod.com/1150202149.html

【赤旗】統一協会の集団結婚・大会に安倍氏らが祝電 韓国「世界日報」報道 安倍氏は回答拒否★3
http://abe-shinzo.tripod.com/1150212450.html

【政治】 「統一協会の"集団結婚"大会に、安倍氏らが祝電。"世界日報"が報道」…赤旗報じる★4
http://abe-shinzo.tripod.com/1150222138.html

【政治】 「統一協会の"集団結婚"大会に、安倍氏らが祝電。"世界日報"が報道」…赤旗報じる★5
http://abe-shinzo.tripod.com/1150255471.html



23 :マンセー名無しさん:2006/06/17(土) 12:29:32 ID:4DzvZfeH
>>21
>>20です。早速読んで……「まるっきりニダーさんじゃないかぁ!」と
爆笑させていただきました。

24 :マンセー名無しさん:2006/06/17(土) 14:02:16 ID:9SuitV/P
>>23
朝鮮柳生の手先が神泉伊勢守の墓に「我は韓人なり」との捏造文書を
埋め込もうとしたところとか、もう「お前どこの完璧テンプレニダーだよ!」
と虚空にモンコリアンチョップを突っ込んでしまいましたよ。最高。

25 :マンセー名無しさん:2006/06/17(土) 14:10:11 ID:FLorRYPU
『サラン』・・・こういう、いわゆる「感動作」っぽいものも書けるんだなぁ
あ、表題作以外ねw

26 :15さんのフォーマット借りました:2006/06/19(月) 21:12:19 ID:04QUdAi2
妖術だけじゃなく忍法もあるでよ。

伊勢忍法「みやこ鳥」
手段:地中に潜み、標的が通過した瞬間を狙って足裏に
    三十一文字の呪文を念写する。

効果:どこへ向かって旅立とうが必ずその国の都へ着いてしまう
    という術である。術をかけられた者は都に着くまで自分は
    目的地に向かっていると信じて疑わない。都に一歩足を
    踏み入れた瞬間に術は解ける。

目的:もともとは都へ遣いに出した下人が寄り道をして行方を
    晦ましたり、地方の敵に内通したりすることがないように
    編み出されしものという。

由来:万葉の歌人大伴家持をはじめとする古よりの左遷者、
    流竄者らの望郷の怨念を織り込んで、かの在原業平が
    創案したと伝えられる。

具体的用法にバラエティは無いけど、是非中国とかロシアで
使ってほしい。

27 :マンセー名無しさん:2006/06/21(水) 20:33:01 ID:HDwNt0cS
>>25
まさかあそこでいきなり、あの人のあの作品をリスペクトするとは思ってもみないよな。
荒山徹は、隆慶一郎を作中でアレしたりしているけど、山田風太郎のことは好きみたいだな。


28 :マンセー名無しさん:2006/06/21(水) 20:38:38 ID:zhKE2voV
次はどの伝奇作家をファックするのかなとか、
そういう邪道な期待が止まりません。

29 :マンセー名無しさん:2006/06/21(水) 21:29:50 ID:mOhbIJJI
荒山徹はさしずめ時代伝奇小説界のクラウザーさまだな

30 :マンセー名無しさん:2006/06/22(木) 16:58:09 ID:ynB8HWUP
次は幕末・坂本竜馬あたりの話を書いて、司馬遼太郎をFuck.


31 :マンセー名無しさん:2006/06/22(木) 17:00:30 ID:uAddnwBp
安重根や伊藤博文あたりの話を、おもしろおかしく書いてほしい

32 :マンセー名無しさん:2006/06/22(木) 22:11:09 ID:2tPLIXsf
>>15面白いので図解入れてみました。

朝鮮妖術名鑑「ノッカラノウム」

手段:人物XとYに専用の仮面を被せ、術を使用する。

  倭人           韓人
  ∧_∧ モナ?     ∧_∧ ニダニダ♪
 ( ´∀`)←(G韮G)  <丶`∀´> ←(G韮G)
 (    )        (    )
 │ | │         │ | │
 (_)_)         〈_フ__フ

効果:XとYの精神を入れ替える。

  ∧_∧ !?        ∧_∧
 (=(G韮G)   `∀´ <=(G韮G)
 (    )    ←   (    )
 │ | │     →   │ | │
 (_)_)    ´∀`  〈_フ__フ

なお、XはYの、YはXの知識・技術を獲得する。

  中身:韓人      中身:倭人
   ∧_∧ ノットリ    ∧_∧ っ ナンデボクガ
  (´∀`∩) 完了ニダ <丶`Д´> っ ニダーニモナ!?
  (つ  丿       と    つ
  ( ヽノ         │ | │
  し(_)         〈_フ__フ

33 :マンセー名無しさん:2006/06/22(木) 22:39:43 ID:A1uUTNUx
いま魔風海峡読んでる、
半径数十キロ無差別ゾンビ兵召還は許容する。

何 で 巨 大 ロ ボ が 出 て く る ん で す か 。
しかも両目からビームで日本の戦艦を爆破。

34 :マンセー名無しさん:2006/06/22(木) 22:45:58 ID:fboyRlgE
「十兵衛ちゃん」スレだと思ってこのスレを開いたのは私だけでいいorz

35 :マンセー名無しさん:2006/06/22(木) 22:56:16 ID:2tPLIXsf
そんな貴方に「十兵衛両断」いかがっすか?
十兵衛ちゃんがあんなことやこんなことになっててもう大変ですよ。

36 :マンセー名無しさん:2006/06/22(木) 23:08:07 ID:3D4Ve3hq
お父さんに「お前なんか家の子じゃない」とか言われて
泣きながら家出する十兵衛ちゃん超可愛い。


37 :マンセー名無しさん:2006/06/23(金) 00:36:15 ID:xIMfX35E
>>33
荒山先生にとって、仏教とは巨大ロボ動かしたり、
ビーム撃ったりするための物語道具だから。マジで。

38 :マンセー名無しさん:2006/06/23(金) 07:09:06 ID:m5O7QhqT
しかもそれに対する臨海君のツッコミが
「仏が人を殺すなんて」
って、いやそれはもっともな意見だけどそれ以前の問題だろ!
って思わせるのが素晴らしい。

39 :マンセー名無しさん:2006/06/23(金) 07:31:08 ID:ZEeTJdUI
荒山徹先生のなかでは、

疋田文五郎>>>>>>こえられない壁>>>>>>>>>>石舟斎


なんだよね。

疋田新陰流…臨海君や十兵衛を助ける、いいもんの剣
柳生新陰流…外道剣


俺も疋田が好きだから、ちょっと嬉しい。

40 :マンセー名無しさん:2006/06/23(金) 18:53:00 ID:EYeh5IjL
>>32
AAにするとよりこの妖術のイヤさが身に染みてくるなあ。
そりゃ十兵衛も糸色望するわな。

>>38
多分それも隆慶一郎の『風の呪殺陣』のあとがきへのオマージュ。
取材先の高僧に隆先生が「仏教が人を殺すかあ!」と一喝されたから、
それを踏まえてあの台詞にしたんじゃないかな。勝手な推測だけど。

41 :マンセー名無しさん:2006/06/23(金) 19:10:05 ID:DCDpJEMN
つーか臨海君のハイパー化がスゲエ。

倭からも明からも、真の朝鮮独立を目指して闘う悲運の朝鮮第一王子で
疋田新陰流マスターの正義超人ってどんな究極生物ですか。

いや究極生物は友景か。
陰陽レベル99で柳生レベル255の正義超人。
ダブル宗矩を素で瞬殺した時は爆笑したよなあ。

42 :マンセー名無しさん:2006/06/24(土) 00:53:59 ID:pcMOTfHl
やベェ・・・地元の市立図書館に置いてある。話の種に借りてみるか。

43 :マンセー名無しさん:2006/06/24(土) 11:06:53 ID:Zt4jqwZv
>>42
ぜひとも感想を聞かせていただきたい。

44 :マンセー名無しさん:2006/06/24(土) 12:52:46 ID:G7R3euBN
>>42
まず、初心者には、
つ『十兵衛両断』がおススメ

45 :マンセー名無しさん:2006/06/24(土) 13:06:36 ID:74TVEHR3
高麗秘帖はデビュー作だけあってか、比較的大人しい印象だね。
それでも魔眼や顔面コピー術があるのはご愛嬌ですが。

46 :マンセー名無しさん:2006/06/24(土) 13:48:38 ID:OQFzVAxO
へうげものを読むと、高山右近の顔がシラフで見られなくなる。
ああ、あの古田佐介(織部)に味噌味の牛馬の鋤焼を振舞ってた人が、
後に宣教師護衛忍者軍団を作ったりするのか。
あと異国の女奴隷に手をつけて、金髪で顔面コピー術の隠し子を持ったりするのか。

47 :マンセー名無しさん:2006/06/24(土) 15:55:23 ID:74TVEHR3
>>46
>あと異国の女奴隷に手をつけて
花の慶次の利休を思い出した。
生まれたのはカルロスみたいなのだがw

48 :マンセー名無しさん:2006/06/25(日) 02:03:07 ID:Fq024uTi
>>45
そこら辺は甲賀忍法帖のまんまだしね。

49 :マンセー名無しさん:2006/06/25(日) 03:53:52 ID:LrBfOhja
>>41
万が一、あの海戦で李舜臣が死ななかったら、二人で手を組んで
 大 朝 鮮 帝 国 を築き上げたらどうなるかと考えると楽しい。

新陰流、妖術、忍術、大火力で東アジアを支配するステキな大帝国誕生。
まあその前に守旧派の北朝鮮対大朝鮮帝国で、朝鮮戦争が300年早く
始まっていただろうけど。

50 :マンセー名無しさん:2006/06/25(日) 23:15:35 ID:9IVrLPb6
買った、読んだ、笑った


ところで、作中に聞いたこともないような朝鮮側史料がいくつか出てきますが、
これは私が不勉強なだけ? それとも民明書房?

51 :マンセー名無しさん:2006/06/25(日) 23:17:52 ID:EiZ6OAjp
黄算哲関係は民明書房。
黄算哲=こうさんてつ(ホアンサンチョル)=荒山徹 だってさw

52 :マンセー名無しさん:2006/06/26(月) 00:06:45 ID:USG4T8wn
おお、なるほど

53 :マンセー名無しさん:2006/06/27(火) 20:10:15 ID:RDyTFs4R
いきなりニュースネタで申し訳ないが。

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=66131

ていうか「柳生商売容疑者(24)」ってネーミングが最高。
一瞬荒山先生が池波正太郎をファックしたのかと思ったよ。
韓国人もなかなか侮れねー。

54 :マンセー名無しさん:2006/06/27(火) 20:39:27 ID:AwTSnu5M
荒山先生の魔の手が、池波や藤沢や司馬遼太郎にまで及んだらどうなるだろう。


55 :マンセー名無しさん:2006/06/27(火) 21:23:27 ID:IKzZDN4w
魔風読み終わった。
半蔵カッコいいよ半蔵

56 :マンセー名無しさん:2006/06/27(火) 22:30:17 ID:uF+UGpTr
今巨大ロボ大暴れのくだり読んでる。

まさかこの年になって、子供の頃誰もが妄想する「大仏がロボだったら」を
小説媒体で読むことになるとは思わなかった。。。

57 :マンセー名無しさん:2006/06/27(火) 22:43:26 ID:B0Jmjjtn
>>56
ああ、3日前の僕だ。マジ自分が発狂したかと不安になってくるよねあの辺。
ゾンビ召還合戦も本当に酷かった。

「僕はお父さんが魔術師なんだ」ブードゥー柳生かよ!柳生じゃなくて真田十勇士だけど。
しかも見よう見まね。

58 :マンセー名無しさん:2006/06/27(火) 22:45:15 ID:B0Jmjjtn
ゾンビといえば根津甚八の死に方は本当に酷かった。


59 :マンセー名無しさん:2006/06/27(火) 23:05:56 ID:TlmPESa8
ゾンビにレイプされての最後とは・・・
合掌w

60 :マンセー名無しさん:2006/06/27(火) 23:17:05 ID:uF+UGpTr
しかも寸毫も逆境の突破に貢献してないし。
折角ブサメンからイケメンになったのにいい事無かったなこいつ…(合掌

61 :マンセー名無しさん:2006/06/28(水) 00:00:20 ID:XubVtBvI
わかった。イン殺さんのせいで石川賢絵が浮かぶけど、
根津甚八の死に様のおかげでもっと似合う絵師を思いついた。

駕籠真太郎だ。(『殺殺草紙』のノリで)

62 :マンセー名無しさん:2006/06/28(水) 00:39:13 ID:sAplGd8Z
「山風+隆慶が悪魔合体したようだ」なんて書評のせいで
せがわまさき+原哲夫(ところにより山口貴由)な映像で脳内再生されるから困る。

63 :マンセー名無しさん:2006/06/28(水) 07:27:16 ID:TJLJzNbp
初期の、忍法がそれなりに登場していたころは山田風太郎の二番煎じだったけど、
柳生や朝鮮妖術が中心になっているころには完全に別物だね。

64 :マンセー名無しさん:2006/06/28(水) 23:02:43 ID:ZlOrwMxk
よく司馬史観など言うが、荒山史観があったら大変だ

まず確実に金日成は朝鮮妖術者だな
縮地法が使えるんだから間違いない

65 :マンセー名無しさん:2006/06/28(水) 23:26:22 ID:TvsWVIxk
ていうか金 正哲が凄い事になりそうだ。
独裁者の息子で、権力欲皆無の気弱な好青年で多分権力闘争に負けるんだぜ。
もう確実に柳生。確実に剣の達人で正義属性ですよ。

というかまんま臨海君

66 :マンセー名無しさん:2006/06/29(木) 00:47:00 ID:zmNcvxz7
もちろん金正日はノッカラノウムで息子の肉体を奪った
金日成だな。加えて小泉純一郎老も実は韓人。安倍晋三も
もちろん韓人。ただし朝鮮が憎くてたまらないほうの。

荒山史観において、実は韓人だったり朝鮮妖術師だったり
柳生一族だったりする有名人て他に誰がいるかな?

67 :マンセー名無しさん:2006/06/29(木) 01:31:40 ID:x6wwszMJ
伊藤博文は日韓併合に反対し、総督として故郷に錦を飾った韓人。
西郷隆盛は両班階級に復讐するため征韓論をぶちあげた韓人。
山県有朋は(以下連綿と続く

68 :マンセー名無しさん:2006/06/29(木) 08:00:28 ID:UEMONK5d
多分、金玉均は疋田新陰流の達人

69 :マンセー名無しさん:2006/06/29(木) 09:14:21 ID:pdJfPtnU
>>68
そして彼を暗殺したのは朝鮮妖術師の手によるものであることは、
ソウル在住の考証史家黄算哲氏の論文、
「李朝末期における朝鮮妖術 −閔妃時代を中心にして-」
(鶏林大学紀要九十二号)に詳しい。

70 :マンセー名無しさん:2006/06/29(木) 15:28:35 ID:HG9P1k4I
さぁ、盛り上がってまいりました!!!

71 :マンセー名無しさん:2006/06/29(木) 19:46:41 ID:eSb3uruZ
>>66-69
ねーy……あるあるwww
になるのが荒山の本当に恐ろしい所だな。

つーか荒山読んでない人がこのスレみたら狂人の集団にしか映らないと思います。

72 :マンセー名無しさん:2006/06/29(木) 21:25:18 ID:BZGkBIqY
>>72
>つーか荒山読んでない人がこのスレみたら狂人の集団にしか映らないと思います。
ハン板の小説スレとしては極めて正しい立ち位置じゃないのかな。とか言っちゃダメか。
言わば、ふんぐるい・むぐるうなふ・くとぅるふ・るるいえ・うが=なぐる・ふたぐんクラスの。

というか、ワンゴンさまってどうみてもダゴンです。本当にありがとうございました。

73 :マンセー名無しさん:2006/06/29(木) 22:36:04 ID:x6wwszMJ
こんな笑韓作家、見たこと無い

74 :マンセー名無しさん:2006/06/30(金) 00:50:07 ID:Q15gV1GV
それ以前に古代朝鮮がルルイエとかン・カイの姉妹都市で王は
旧支配者です。本当にありが(ry

クトゥルー神話辞典の改訂版に載ってても不思議じゃない。

75 :マンセー名無しさん:2006/06/30(金) 03:10:59 ID:DxwlGUWu
>>74
もちろん檀君(タングン)=ダゴンであることは、
ミスカトニック大学客員教授アラーヤ・マートル氏の論文、
「狂気半島 −超古代朝鮮における邪神信仰-」
(同大学紀要百三十四号)で精緻に論証されている。

76 :マンセー名無しさん:2006/06/30(金) 07:05:32 ID:C4mfmQuc
それはそれとして、「匠の風、翔ける」の陶工三兄弟テラカッコヨス(`・ω・´)

さて、会社行ってきます。

77 :マンセー名無しさん:2006/06/30(金) 07:23:08 ID:c2K0z4SK
俺、すげえ嫌韓厨だったんだけど、荒山小説を読んでいたら、なんかもういろいろ馬鹿らしくなってきて、ちがう方向でしかあの国を見れなくなってきた。

78 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 00:10:11 ID:E9T1mXiH
このスレ用ローカルワード

チョン、ニダー  →韓人
チョッパリ    →倭奴(ウェノム)
親韓派      →降倭(ハンウェ)
不審船攻撃    →一塔随逐舟楫(イルダプスチュクチュヂプ)
鯖移転      →梵鐘溶躯(ポムヂョンヨング)
透明あぼーん   →解慕漱柳花(ヘモスユホア)
F5攻撃     →竹葉軍(チュギョプクン)
テコンV     →大武仏(テムプル)
ブラクラ攻撃   →自躍出鞘(チャヤクチュルソ)
洗脳工作     →紫晶炬(チャヂョンゴ)
密入国      →大星隕海(テソンウンヘ)
整形       →忍法唐恵比須
なりすまし工作  →ノッカラノウム
fusianasanトラップ→死溟堂(サミョンダン)
ハイパーリンク  →縮地法(チュクチボプ)
違法コピー    →朴堤上(パクチェサン)
ホロン部     →征東行中書省

79 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 00:50:23 ID:RqFdLQ7C
>>73
この人の場合嫌韓とか笑韓とかじゃなくて、
純粋に韓国が好きで好きでしょうがないだけだと思う。
愛が行き過ぎて端から見ると憎悪と全く区別がつかなくなってる辺りが致命的だが。
これがツンデレって奴?

80 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 01:08:38 ID:E9T1mXiH
>>79
時代劇スレ曰く「劣情」らしい

81 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 01:13:22 ID:RqFdLQ7C
>>80
それどこのスレ?

82 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 01:19:30 ID:E9T1mXiH
>>81 ごめん、時代小説スレの間違い
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1112354418/

83 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 01:22:28 ID:NV9p+x9z
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1112354418/l50の563だな。
とある時代伝奇ブログでは「板垣恵介にとってのアントニオ猪木」と
表現されていた。絶妙かつ的確な解釈だ。

ダメ韓人→猪狩、 臨海君・李舜臣→グレート巽ということだろう。

84 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 01:24:41 ID:X5ziaiSr
>>78
透明あぼーん   →解慕漱柳花(ヘモスユホア)
なりすまし工作  →ノッカラノウム
fusianasanトラップ→死溟堂(サミョンダン)
ホロン部     →征東行中書省

この辺キタ。というか最後あまりにもこれはヒドス。

85 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 01:26:09 ID:RqFdLQ7C
流石時代小説スレの方々はわかってらっしゃるww

561 名前: 無名草子さん [sage] 投稿日: 2006/06/24(土) 17:35:40
やはりハン板こそ荒山スレのあるべき場所だと思うw
562 名前: 無名草子さん [sage] 投稿日: 2006/06/24(土) 20:12:35
書籍認定できないってこと?
たしかに、ありゃ本以外の、「なにか」だなwwww
563 名前: 無名草子さん [sage] 投稿日: 2006/06/27(火) 01:59:58
や、それもあるけど、
あの荒唐無稽な展開の中にも巧妙に織り込まれている、
愛憎入り混じった朝鮮への執拗きわまる劣情は
ハン板の住人が一番理解しやすいんじゃないのかなぁ、
と愚考したわけです。
564 名前: 無名草子さん [sage] 投稿日: 2006/06/27(火) 20:58:24
納得
劣情ワロスww


86 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 01:39:53 ID:E9T1mXiH
>>79
でも好きと言っても、よくいる降倭の人々みたいに、
美化したり、醜いところを無視したりしないから偉いと思う。
あれだけ素の朝鮮を描写しながら、嫌にならず、
むしろ愛情溢れる変態ファックを衆目に晒すなんてマジ凄ぇ。

多分他の作家には逆立ちしても出来ない芸当だろうから、
荒山先生にはとことんまでやってほしいと思いました。

87 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 07:09:52 ID:POuhEuXo
荒山徹は嫌韓と思われないかなぁ。
ふと読んだ人がそう思うことを恐れる。
最近の嫌韓という言葉の広がりを見るにつけ。

88 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 07:33:18 ID:pNQYotAp
韓国に留学し、きちんと歴史について勉強した結果の小説(しかも、おもしろい)だから、文句は言えないよな。
きちんと日韓のよい所わるい所を書いているから好きだ。

89 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 13:54:55 ID:NV9p+x9z
>>88
まったく持って同感だが・・・

留学までして書いたものがこれかw とも思ってるのは俺だけじゃないはず

90 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 20:31:26 ID:2vCOytFQ
高麗秘帳読んだけど、清正の変態度が凄すぎ。
熊本人なら絶対怒るぞ。

91 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 21:00:10 ID:3YQHP1BC
でも、『魔風海峡』の清正はかっこいいんだよな
つか、児豚はなまる、かわゆすw

92 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 21:12:16 ID:fQBZA8XX
>>89
ていうかわざわざ韓国に留学までするような、ピュアな心の荒山少年が、
あんな発狂したファック本を書くようになる過程を考えるとマジ愉快ですよね。
彼は韓国で何を見、どんな目に遭ったのか。もうそれだけで妄想の種が尽きない。

ていうかこのスレ1から見ると超面白い。
自分が荒山未読だったら最寄の図書館に走ってると思う。

93 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 21:35:12 ID:cqNqwHmn
他の伝奇小説家や剣豪小説家へのリスペクトというかファックが凄まじい。
なにその隆慶先生、鷹ノ巣康祐て。

今の荒山先生なら平然と虎眼先生を魔界転生しかねない。ガチで。

94 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 21:40:36 ID:E9T1mXiH
高麗秘帖は敵ながら隻眼龍通総がカッコよくて
村上水軍好きには嬉しかった。


でも来島海女忍軍の散りっぷりにはシュラク隊を思い出した。

95 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 22:00:37 ID:fQBZA8XX
ところでこのスレの倭奴共はどうやってアラヤマンと出合った?
自分は例によってイン殺で、十兵衛両断を読んで文字通りひっくり返った。

流石に他の時代作家はもうちょっとまともだろうと思ったらマジ隆慶先生とか凄いですね。
柳生非情剣とかマジ酷い。なにあのパーフェクト宗冬。

96 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 22:23:57 ID:E9T1mXiH
わしは時代小説スレで「朝鮮柳生ヤバスw」と聞いて。

山風や隆慶経験者でも流石にヤバかった。

97 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 22:31:47 ID:vAMasy2g
大学時代のサークルの先輩に薦められて。

即効でサークルの後輩に布教開始。

98 :マンセー名無しさん:2006/07/01(土) 23:15:05 ID:J6S2IGsN
ここ、ハングル版だったんだ。
初めて来た。(検索で引っかかったので…)

99 :マンセー名無しさん:2006/07/02(日) 03:58:59 ID:391IjirY
ノッカラノウムって響きがいいな。異様で。
どんな漢字宛てるんだろう。

100 :マンセー名無しさん:2006/07/02(日) 07:12:57 ID:qv6RYMYA
>>95
俺は山田風太郎や隆慶一郎が好きなんだけど、書評で「山田&隆に続く作家が現れた」と「十兵衛両断」が紹介されていた。
偉大な先人の名前をだして紹介されていてる作家は、たいていたいしたことないんで興味はなかったんだけど、
ちょうど読む本がなかったので「十兵衛両断」に手をだした。


それがマズかった。

101 :マンセー名無しさん:2006/07/02(日) 10:40:28 ID:B0+9WJKg
>自分が荒山未読だったら最寄の図書館に走ってると思う。
走ります!

102 :マンセー名無しさん:2006/07/02(日) 14:38:06 ID:MbrIZ6zS
俺達のせいでまた犠牲者が……
>>101
感想待ってるよ。

103 :マンセー名無しさん:2006/07/02(日) 22:14:34 ID:8a7zBxFX
よく考えると、荒山先生がSATSUGAしたI隆慶一郎も
『一夢庵風流記』でかなり朝鮮をファックしていたよね。
自由なかぶき者が朝鮮をファックするとああなるけど、
それに対抗して山風忍者軍団やモラトリアム若侍や
美貌の魔法剣士に朝鮮をファックさせようと考え付くところが
荒山先生の性質の悪いところですな。
(朝鮮に行かない話も大概だけど。石破ラブラブ天驚拳とか)

104 :マンセー名無しさん:2006/07/02(日) 23:30:01 ID:GSOD+XRD
>>89
荒山徹といい、黒田勝弘といい、野平俊水といい、酒井亨といい、
韓国に留学したり、特派員として派遣されるとみんな性格がゆがむな。

105 :マンセー名無しさん:2006/07/02(日) 23:58:00 ID:Ca5GKFvP
>>104
いや、荒山は元々……
それか>>92

106 :マンセー名無しさん:2006/07/03(月) 02:32:49 ID:oko+gwkS
ちょっと前に全部読み終えたんだけど他人に薦めるなら、
「十兵衛両断」→刊行順でいいんだろうか?(伝奇城は最後?
無難だと思ってとりあえずこの順番で薦めたけど。

107 :マンセー名無しさん:2006/07/03(月) 07:30:49 ID:DpG8u8JQ
))106
伝奇オタの人に勧めるのなら「十兵衛両断」でもいいけど、それ以外の人には毒がきつ過ぎるかも。
「柳生薔薇剣」「魔岩伝説」あたりがちょうどいいのでは。



108 :マンセー名無しさん:2006/07/03(月) 10:58:51 ID:mXBTTpVm
サランを韓流歴史ラブストーリーと騙して読ませるとか。

109 :マンセー名無しさん:2006/07/03(月) 16:13:47 ID:DpG8u8JQ
>>108

山田風太郎のあの作品を知っていないときついかも

110 :マンセー名無しさん:2006/07/03(月) 16:31:27 ID:yZ/kKaws
>>10
台湾の武侠ドラマ、天下第一みたいだな。


111 :マンセー名無しさん:2006/07/03(月) 20:26:39 ID:S1r+yXTF
十兵衛両断、読んだ
確かに、こりゃ凄いわ

今まで誰も耕そうとしなかった(出来なかった?)畑を
物凄い勢いで耕してるなような感じ





112 :マンセー名無しさん:2006/07/03(月) 23:31:50 ID:PVANQgw8
>>109
まあ、「日本キリシタン武将の彼氏が関ヶ原で殺されたので、
神と徳川幕府に仇成すため天草四郎を生んで育てる朝鮮女性の話」
として見ると、かなり最後のあたり描写不足な小説になっちゃうね。
魔界転生知らない人お断りな内容だし、あまりオススメできない。

113 :マンセー名無しさん:2006/07/04(火) 14:36:12 ID:E7CcNPXl
>>112
こういう小説にも喰らいついて天草四郎在日認定やりそうな悪寒

114 :マンセー名無しさん:2006/07/04(火) 22:03:37 ID:SVSsChYI
>>113
まだ十兵衛も認定されてないから大丈夫だろw
されても笑うだけだし。

115 :マンセー名無しさん:2006/07/04(火) 22:04:36 ID:mUtyOwDr
>>113
ならばローカルワード追加。

在日認定→韓人説


116 :マンセー名無しさん:2006/07/04(火) 23:48:34 ID:SVSsChYI
ウリナラ起源→朝鮮正宗遡源

117 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 00:29:59 ID:4gL9NoEu
今回の騒ぎは征東行中書省が朝鮮妖術・恨道弾を放とうとしているということで
いいですか?


118 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 06:47:50 ID:BP5mUuLD
それを柳生の人が阻止したので近海に落着したというのが真相です

119 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 06:55:25 ID:NDrTgYEE
そしてEEZより広範囲の日本の霊的防衛網の力で40秒で迎撃、と。
決まり手は空間を渡っての柳生剣の斬撃によるブースター切断。

あれ? これだとむしろ菊池秀行とかの世界か。

120 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 06:56:47 ID:NDrTgYEE
ケコーンしてしまった。

121 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 07:33:12 ID:HxvbvEZr
妖術の力で現在まで若いまま生き延びていた六丸さんが、
死んだことで日本人の心を取り戻した叔父上の霊に導かれ、得意の剣術でミサイルの軌道を変えたんだろうな。

122 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 08:17:10 ID:4gL9NoEu
いや、叔父上は米国柳生、国連柳生、ひいてはグローバル柳生となって
世界を支配すべく暗躍中。欧州疋田新陰流が対抗。全て新陰流の手の内。

日本を護るのは崇徳上皇、魔縁衆、そして院宣の地上執行者のあの人です。
魔縁衆と交わってたぶん不死となってる。

123 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 14:47:05 ID:oiiqv0O1
>>121
六丸は後に色々あって孫に斬られて死ぬ。
この孫が怪しい。

124 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 18:48:29 ID:ZoIKF5Nz
 俺は知り合いの薦めで
「イン殺→someone-wikiの高橋メソッド」のコンボ決められて、
速攻で十兵衛両断を買いに行った。
荒山徹もヒドイけど、それにアテられた連中もヒドスwwwwwwwwwww
なんだあの柳生wwwwwwwwww

125 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 20:49:58 ID:94INhrMs
>>124
ブードゥー柳生とモンゴル柳生とグレートブリテンおよび北アイルランド連合柳生に爆笑。
楽しそうな遊びしてるなあw
荒山なら本編でやってくれそうだが。
ブードゥー真田十勇士とか出てきたからなあw

126 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 21:45:48 ID:YHkdSnd/
 雨月抄でもアンドレとオスカル出したしな。
amazonの書評でもネタになってたけど、マジでフランス柳生とか言い出しかねないw

 あと、金日成朝鮮妖術師説とかどうだ?
本物の金日成が若返りのために、朝鮮系ロシア人の共産党員に
ノッカラノウムをかけた、とか。
金日成別人説もコレで説明できね?

127 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 21:48:39 ID:WDdRSkPU
>>126
縮地法使ってるし、ガチ>朝鮮妖術師説

しかし海野六郎は凄いな。
ただの偵察役かと思ったら何気に最大撃墜数誇ってるし。
見た目はヒドスだけどw

128 :127:2006/07/06(木) 21:49:33 ID:WDdRSkPU
海野じゃねえや、望月だった。しかも小六郎

129 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 22:26:05 ID:HxvbvEZr
ミサイルの軌道を変えるため、生きていた柳生友景が、古の柳生一族(あと、疋田豊五郎)を復活させる!

疋田を見てへたれる石舟斎、矩香へのトラウマを隠しきれない十兵衛、十兵衛のトラウマを隠しきれない六丸、「遠山はどこだ」と叫ぶ卍兵衛。

最後は団結して、柳生独立国を。

130 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 22:51:22 ID:yskwNtbv
薔薇剣すげえ。美少女柳生に美少女尼さんってどんな萌え柳生だよッ!って思ってたら
十兵衛最萌えだったというオチ。

131 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 23:36:33 ID:KisUgr9a
>>124
俺らも似たようなもんですよ。

132 :マンセー名無しさん:2006/07/06(木) 23:56:48 ID:YHkdSnd/
 そういやmixiにも荒山徹コミュがあるんだが、
朝鮮柳生・朝鮮妖術・各種柳生・ブシドーMMOでも検索に引っかかるwwww
まんまイン殺だこれwwwワロスwwwwwwwwww

133 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 00:31:21 ID:jK/6dPaS
あのノリでいくなら、あとはイシカワ化されるのを待つだけですな。

もちろん早乙女博士も実は韓人で恨はゲッター線です。

134 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 00:34:56 ID:A4rhYkYX
というかマジで時間の問題だと思う
>石川漫画化

135 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 00:41:55 ID:ZgU8NuNr
 超読みてえ。誰か書け>荒山小説イシカワ化

136 :135:2006/07/07(金) 00:44:42 ID:ZgU8NuNr
 いや、描けか。
書く方なら虎眼先生の時みたいなのキボン

137 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 00:54:07 ID:KSWf6iRX
言いだしっぺの法則

138 :135:2006/07/07(金) 02:14:28 ID:ZgU8NuNr
 イン殺氏待ちでFA>イシカワ化

139 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 07:03:13 ID:q3eg80fw
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=66089&st=writer_id&sw=watcher1
ここにも風太郎ファンw  造船忍法帖 第八話(enjoykorea)

140 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 18:17:52 ID:8YnAHfUF
>>135
これじゃね?
http://internet.kill.jp/wiki/index.php?%A5%B3%A5%DF%A5%C3%A5%AF%2F%C0%D0%C0%EE%B8%AD%2F%A5%A4%A5%B7%A5%AB%A5%EF%B2%BD%2F%A1%D6%CC%F8%C0%B8%BD%BD%CA%BC%B1%D2%BB%B0%C5%D9%BB%E0%A4%B9%A1%D7

141 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 19:23:57 ID:XABWWdNK
石川賢の描く十兵衛は、山田風太郎系のかっこよい十兵衛の進化系だから、ノッカラノウムとか矩香とか関係なさそうだな

142 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 21:17:36 ID:SkMF9T8q
そんな事よりおまいら。
もうすぐ「処刑御使 」ってのが出るぞ。

・・・伊藤博文、絶体絶命! その密使は、時空を超えてやってきた。朝鮮を侵略した仇敵を抹殺するために−。
韓流も嫌韓流も唸らせる、壮大無比な伝奇時代小説、ここに誕生! 
『星星峡』連載に加筆・修正を加えた一冊。

まんまターミネーターじゃんw

143 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 22:00:01 ID:Td1fw8e7
ああ、とうとう近代史にまでFuckの手を伸ばし始めたか。
魔人荒山徹の筆はつくづく留まるところを知らないな…

144 :135:2006/07/07(金) 22:02:36 ID:8/gv3wVi
140>
 ゴメン逆だった。
石川賢を荒山化したモノが超読みてえ。
(勿論、荒山徹をイシカワ化した漫画は漫画で超読みてえ)
イン殺氏じゃなきゃイシカワ化の人、また書いてくれねーかな。

142>
 ちょwwwwwwwおまwwwwwwwwwwwww

145 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 22:14:39 ID:zc68gpbb
http://www.gentosha.co.jp/search/book.php?ID=101373
時は幕末、齢17の伊藤博文を凶刃が襲う。刺客の正体は、50年後の世界からやってきた朝鮮人!
祖国を蹂躙した悪の権化を抹殺し、歴史を改変してやろうというのだ。前代未聞の歴史伝奇!

これは ひどい

何が「やろうというのだ」だwwww

146 :142:2006/07/07(金) 22:25:14 ID:SkMF9T8q
ああ、そういう設定なのか。
伊藤博文が総理大臣だった明治の頃なら、伊藤側を守る剣豪は誰になるか疑問に思ったんだが、
幕末なら誰を出しても納得力がある。

147 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 22:38:59 ID:ov9Uzxe7
今朝、ワタクシ目を覚ましますと、枕元にテポドンが七つ置いてありました。
おやおや、もうそんな季節かと思い、テポドンを七つ建て終えると
思い切ってお布団の外に、飛び出してみました。
四十二歳厄年、モッズ系猛禽類、自称北の大酋長、
フルーツ好きの朝鮮労働党員で御座います。
朝の八時から朝の八時まで、喜び組と戯れておる傍ら、
休憩時間に日本人の拉致を欠かさず行っております。
月に一度の休日は、反乱軍と激しく殴り合っております。
百戦百勝の鋼鉄の霊将、金正日四十二歳厄年、平壌在住、
世界の流れについていけない、男はつらいよのファンで御座います。
白頭山を歩くのが似合うんです。労働党のマークしか認めません。
偉大なる将軍様、金正日四十二歳厄年
糖尿病歴五年、カプセルで育った未熟児で御座います。
援助を受け入れたいんです。
現在、経済制裁を受けております。
近頃、ノムヒョンの前で堂々と話す力が身に付きました。
朝鮮、はなし方教室在席、金正日四十二歳厄年、訴えたい事がないんです。
メッセージのない独裁家で御座います。
恫喝は得意で御座います。見返りが欲しいんです。
朝鮮総連推奨、金正日四十二歳厄年。
親愛なる指導者で御座います。
尊敬しておるアーテストは、金日成で御座います。
好きな女優は、金敬姫とプリンセス・テンコーでございます。
好きな諺は、「瀬戸際外交」で御座います。 南朝鮮の事を考えると、眩暈がするんです。
朝鮮民主主義人民共和国、朝鮮労働党最高指導者、総書記担当
あぁ 、第七艦隊のお出ましだ、巨大な空母が攻めて来る。
核を持っているって言ってるだろ、イラン製じゃ無いんだよ。
俺はなぁ、本気なんだよ。
口だけじゃないんだよ、日本のくせにアゴで使いやがって。
ただ今よりテポドンを発射します。

148 :142:2006/07/07(金) 22:39:38 ID:SkMF9T8q
ついでにウィキの伊藤博文の項を見てたんだが、

>日本の教科書には載っていないが、伊藤と伊藤の妻が韓国の民族衣装を着ている写真がある。

ちょwwwwwこれは一体www

149 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 22:56:08 ID:KSWf6iRX
>>148
今行ったらその一文は見当たらなかったが、こんなのを見つけた。↓
・伊藤公記念公園には生家(復元)や銅像や伊藤公記念館や伊藤公資料館などがある。
 桜に混じって“韓国国花ムクゲ”が植えてあるのが印象的である。

>>67じゃないけど韓人説の材料増えたw

150 :マンセー名無しさん:2006/07/07(金) 23:21:53 ID:iDLIe2th
>>148
ここに写真がある。
http://konn.seesaa.net/archives/20050821.html

151 :135:2006/07/08(土) 00:18:03 ID:OpIlYWlE
 「処刑御使」って発売日06/7/10であってる?
だとしたら早けりゃ明日じゃん!

152 :マンセー名無しさん:2006/07/08(土) 01:05:57 ID:XcQWOj8y
【言論弾圧】韓国外交部が日本に「嫌韓流」「十兵衛両断」等の書籍十種の発禁を要求【内政干渉】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1151547380/l50

うぉwwww



153 :マンセー名無しさん:2006/07/08(土) 01:19:50 ID:vsFTKtly
>>145
うわー、マジでやっちゃうのか、うわー。

154 :マンセー名無しさん:2006/07/08(土) 01:33:13 ID:4YlLe+/0
ターミニーダー

155 :マンセー名無しさん:2006/07/08(土) 01:38:04 ID:MzATQgFR
今回は近代史だけど、今度こそ国際問題や発禁になったりせんか?
チョト心配。

156 :マンセー名無しさん:2006/07/08(土) 03:00:11 ID:X/wqNsOh
>>145
前代未聞なんじゃなくて思いついてもやらないだけだって、もうwww


さすが荒山!おれたちにできない事を平然とやってのけるッそこにシビれる!あこがれるゥ!

157 :マンセー名無しさん:2006/07/08(土) 07:58:21 ID:vsFTKtly
>>123
> 六丸は後に色々あって孫に斬られて死ぬ。
> この孫が怪しい。

それなんて子連れ狼?

158 :マンセー名無しさん:2006/07/08(土) 08:34:43 ID:mT0S/CBL
荒山徹先生は意外と若い(1961年生まれ)んだよな。

40代半ばと云えば、幼少時、アトム、宇宙エース、狼少年ケン、カムイ、
ウルトラマン、仮面ライダー、マジンガーZ、ガッチャマン、ヤマトなどを見て育ち、
大学生時分にガンダム、宇宙刑事、スーパー戦隊シリーズを見て、
漫画では赤影、バビル二世をはじめ、北斗の拳、ジョジョあたりもはまって読んでたんじゃないか?
(小説ではやっぱり山田風太郎だろうか・・・)

159 :マンセー名無しさん:2006/07/08(土) 08:48:48 ID:VRp0bOBw
>>158
アトム、ヤマトといえば、豊田有恒(1938年生まれ)は、制作側なんだよね。
豊田有恒の場合、ifテーマのSF→古代史→韓国と興味が移ってきたんだけど
荒山徹の場合、割と最初から韓国ネタを書いてたんだっけ。

160 :158:2006/07/08(土) 09:13:41 ID:mT0S/CBL
>159
そうですね、豊田有恒さんの影響も大きいでしょうね。
倭王の末裔や韓国の挑戦とかありましたね。


161 :マンセー名無しさん:2006/07/09(日) 00:43:46 ID:tGunn5kU
155>
 荒山先生のことだから、
ここで刺客として安重根を出してしまう可能性だって十分あり得るしな。
なら、朝鮮における対日二大英雄をファックしちゃうわけだ。
怖いもの知らずにも程がある。

162 :マンセー名無しさん:2006/07/09(日) 07:13:21 ID:XF0m/m01
豊田有恒の話が出たので、SF板の豊田スレへ行ってみたら、2年半以上前に立った
スレがまだ500行ってなかった。_| ̄|○

163 :マンセー名無しさん:2006/07/09(日) 20:26:03 ID:ZVFyK7Lr
いよいよ明日は、伊藤博文のやつが発売か。

164 :マンセー名無しさん:2006/07/09(日) 20:52:53 ID:i7fRFnDv
本屋にちゃんと売っているかどうかが一番心配だ。
また五軒くらい巡らないとダメとかだったら困るなあ。
今回は幻冬社だっけ? 入荷してない店が多そうだ。

165 :マンセー名無しさん:2006/07/10(月) 19:11:07 ID:hijKdPMh
売ってねー!!

166 :マンセー名無しさん:2006/07/10(月) 19:12:21 ID:Rqk46T/p
ダメだ、近所の本屋三軒回ったが売ってないや。
オンライン書店にでも頼るしかないかなぁこりゃ。

167 :マンセー名無しさん:2006/07/10(月) 19:38:01 ID:Cpxvc9QR
 つか、川口の書泉ブックドームで店員に聞いたら、
「7/12みたいです」とか言われたよ!
むむむ、なんてこった。

 こうなったら明後日までは、
俺処刑御史でも妄想して過ごしましょうかのう。
とりあえず、伊藤博文がハイパー化されそうだから、
「お前はどういう風にとんでもないんだ?」と詰めてみようか。

168 :マンセー名無しさん:2006/07/10(月) 21:07:28 ID:MQFyM8kW
>処刑御史
ところでなんて読むんだろう。
○○オサ?しょけいぎょし?

169 :マンセー名無しさん:2006/07/10(月) 21:33:03 ID:AYaw3TOm
品川では明日入荷って言われた。ちぇ。まあいいやキープ頼んだし。

170 :マンセー名無しさん:2006/07/10(月) 21:49:26 ID:9axaOTP1
>>168
しょけいぎょし、らしい有隣堂の検索機によると。今日は金庸でガマン

171 :マンセー名無しさん:2006/07/10(月) 21:50:43 ID:MQFyM8kW
>>170
サンクス。

>>167
とりあえず、すごい女好き。

172 :マンセー名無しさん:2006/07/10(月) 23:13:27 ID:Z0t+g6RR
竜馬は土佐で小栗流を習っていたが、
これは柳生新陰流の分派らしい。

173 :マンセー名無しさん:2006/07/10(月) 23:37:45 ID:4iu3CyzL
正義超人=竜馬、博文、勝海舟、西郷
邪悪生物=安重根、新撰組、慶喜
と予想。

174 :マンセー名無しさん:2006/07/10(月) 23:54:20 ID:9axaOTP1
主人公を鍛える謎の柳生ジジイ=卍兵衛ってのはないかな、ねぇよな

175 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 00:00:18 ID:pAf4io/T
その頃、何気に鳥居ヨジャンがまだ生きてるんだよな

176 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 01:35:34 ID:YCD9Bxbl
 なんか池袋の旭屋書店では既に売ってたらしい…。
あと、三田主水さんも既に入手済みだそうな、くそう。
明日、他の店にも行ってみよう。

 時期的には伊藤博文17歳の1859年って
安政の大獄の真っ最中で、松陰先生が死ぬ年だから、
正義超人側に松陰先生、邪悪生物側に井伊直弼、っつー配置もあり得るんだが、
伝奇城の話を見てると、井伊直弼が正義超人側になる可能性もあるんだよなー。

 あと、朝鮮妖術の時間移動方式が
直接本人が時間移動するタイプじゃなくて、
意識だけ移動し、その当時の人間に憑依するタイプかもしれんなあ、とか考えたり。
そうすれば、現代(1909年)とも話が平行して進められそうだしのう。
そうすりゃ、日清/日露戦争時代の連中(東郷、乃木、秋山あたり)も
出せるかもしれんし…あと、ラスプーチンとか。
ああ、妄想がとどめなく出るぞ。むむむ。

177 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 05:53:45 ID:OSOhr/S4
博文が主人公なのか、博文を守る剣士が主人公なのか、それともダブル主人公制なのか

178 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 11:09:55 ID:GsWxJccn
夜勤明けで購入。目の前で搬入のダンボールを開けてもらった。

179 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 18:48:17 ID:iz1pWrOR
ようやく購入できた。やっぱ近所の本屋、昨日の時点じゃ入荷してなかったっぽい。
てっきり荒山が世間に受け入れられて
遂にベストセラー作家になってしまったのかと思ったぜ。

180 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 18:50:17 ID:h3mECREP
読んだ

・隆慶先生もひどかったが今回はさらにひどい
・「メリケンにも忍びがあると申すか」「無駄無駄無駄」「半島を出よ」
・幕末期の朝鮮の描写がハン板そのまま
・伊藤博文韓国併合反対説
・このスレでも人気のあの妖術が再登場

まとめ:今回もひどい

181 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 19:30:57 ID:TX1eZylv
>>180
ノッカラか!?ノッカラなのか!?
ネタバレ無しで期待を持たせる報告乙。

182 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 19:47:08 ID:OSOhr/S4
買ってきたぞー!


183 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 20:30:12 ID:GeeCGjjQ

 「見た、買った、読んだ」

 >180がめぼしいトコを書いちゃったので、
あと、書き足せるとすれば、

 ・なんで巫女なの?
 ・とある人物のジャガられっぷりのひどさに唖然。
  隆慶世界の十兵衛並みだよ!
 ・「あの妖術」と「あの妖術」の合体妖術が!

 てなとこかね。
ところであの黒幕の名前はなんて読むんじゃろうか…。

184 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 20:36:05 ID:GeeCGjjQ
 あとひとつあった。

 ・相変わらずフォローになってないフォロー

 もSAKURETU。
だから中途半端なフォローは傷口を広げるだけなんですよ荒山先生!

185 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 21:35:09 ID:pAf4io/T
うあー、気を持たせる感想ありがとう。
文庫化待ちとか甘いこと言ってらんね、あー早く読みてえええ!!

186 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 21:47:33 ID:huW/5rtL
一行で2人ファックとは、ほんとクラウザー様並

>>180
> ・隆慶先生もひどかったが今回はさらにひどい


187 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 22:06:01 ID:jYxhaC1K
結果的にカタギさんに一番読ませやすい荒山作品になったのかも。

いや、そんな訳がない。
ついに荒山先生は朝鮮時代伝奇SF作家になってしまった。
あとイザベラ・バードのソウル旅行記キター。

荒山作品を読むと、よく頭の中で石川賢の絵で読んでしまうけど、
今回はみなもと太郎の『風雲児たち』の絵で読んでしまった。

188 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 22:11:51 ID:iz1pWrOR
ふと思ったが、この調子だといずれ荒山先生は古代朝鮮三国志(新羅、高句麗、百済)を始めてしまうんじゃなかろうか?
無論妖術の源流が飛び交って大変なことになる歴史大河ロマン。

まあ柳生雨月抄のアレを見る限り、どっちかっつうとクトゥルフ神話になりかねんが…

189 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 22:16:22 ID:pAf4io/T
>>187
>あとイザベラ・バードのソウル旅行記キター。
『朝鮮紀行』かな?魔岩伝説でも出てましたな。

>>188
「東アジア全体を視野に入れた時代小説を書きたい」みたいなこと言ってたから、
日朝中忍法大戦の方向に行くかもしれん。

190 :マンセー名無しさん:2006/07/11(火) 23:21:43 ID:GeeCGjjQ
 つか、今回の話で、
遂に荒山先生は「時間そのものを蹂躙する」という暴挙に出たわけで、
今後、更なる暴走が始まるのかもしれません喃。
ネタバレになるから伏字にしますが、今回の朝鮮妖術は、

>「○○○な○○○においては必ず用いられた」

 とか書かれちゃってますしのう。
さっそく○○○○を嬉々としてジャガってるわけですし。
むう。

191 :マンセー名無しさん:2006/07/12(水) 00:36:24 ID:BpV7kRtf
50に強引に延長してぎりぎり1足したのは絶対やりたいことがあるからだと思う
今回のためだけじゃないと思うんだけどどうだろう

192 :マンセー名無しさん:2006/07/12(水) 11:41:16 ID:Tzevde75
うーんw
どの時代の伊藤博文を、とりあげるか、にもよるよね
ぶっちゃけ

193 :マンセー名無しさん:2006/07/12(水) 15:42:08 ID:+vPLXFkp
こうして着々と増え続ける荒山資産に脅威を感じる。
サランにしろ今作にしろ、何か戦慄すべき未来の為の蓄積に見えて恐ろしいったらない。


…そのうち本当にスーパー荒山大戦――終焉の朝鮮へ――が始まりそうな、そんな予感が…

194 :マンセー名無しさん:2006/07/12(水) 20:46:46 ID:T25DBLRO
普通の名前の登場人物も、自分の知らない有名作家のパロディなんじゃないかとかんぐってしまう。

195 :マンセー名無しさん:2006/07/12(水) 20:48:25 ID:kL2TxGMk
今回は強面の人たちをそれほど刺激しない内容になっていて、
流石に配慮したんだなあと思った。
当のヤング伊藤が、明治日本(&オールド伊藤)の軌跡に
ツッコミ入れたり。

でも、やっぱフォローになってないフォローだよなあ。
やっぱ強面の人たちは怒るのかなあ。

196 :マンセー名無しさん:2006/07/13(木) 00:29:07 ID:ynDwN0fQ
>>193
ウリナラの明日のためにスクランブルニダ!

197 :マンセー名無しさん:2006/07/13(木) 01:12:46 ID:gW3Bg1tz
図書館にて読みました「十兵衛両断」。感想は、

・ 兎の耳を羽にして飛ぶ人を初めて見た
・ 海岸に居並ぶ512の目・・怖すぎ
・ 思わず平仮名で聞き返す宗冬萌え
・ 知恵伊豆は仕事スレに書き込むべき
・ ・・・3号?

次は柳生薔薇剣かサランを読んでみようかと。

198 :マンセー名無しさん:2006/07/13(木) 20:04:54 ID:nib6TVDU
柳生雨月抄図書館で借りた……
 これは ひどい
やあ、本当ショッカーだショッカーだとは聞いてましたが想像以上にショッカーですね。
あとモスラ。あとライトサイド上皇。
こんなものを国民の税金で買ってくれるんですから本当良い国ですよ。

ところでこのスレに荒山をamazonでレビューしまくってる神無月って人がいる気がするんだが。


199 :マンセー名無しさん:2006/07/13(木) 21:56:05 ID:owoHKZwi
うん、あの人は神だ・・・と思う
神無月氏のレビュー読んで、ソッコーで「十兵衛両断」kounyuuしたwww

200 :マンセー名無しさん:2006/07/13(木) 22:08:59 ID:YOANDLl0
DMCが混ざってるぞwwwww

201 :マンセー名無しさん:2006/07/13(木) 22:32:40 ID:q9qKM9nF
ヤバイなこの作家。
とりあえず文庫だけと十兵衛両断読んだ筈が、
気付いたら雨月抄、処刑御史まで買ってた。
これはもしや、朝鮮妖術「荒山中毒(ホアンサンヂュントク)」の仕業か。

202 :マンセー名無しさん:2006/07/13(木) 22:35:47 ID:wgY2qNJt
>>198
ここに書いていることと色んなところで書いてることと、
まんま同じこと言ってるしな。
まあ全然それで構わんのですけど。

203 :マンセー名無しさん:2006/07/13(木) 23:50:14 ID:x52IVh49
イン殺氏と神無月氏はすっかり荒山の伝道師だなぁ
この二者に影響されて荒山ワールドに引きずり込まれた人も多そうだ

204 :マンセー名無しさん:2006/07/14(金) 00:08:27 ID:GtYJOkKs
柳生卯月抄 あらすじ

迫る朝鮮 地獄の半島
われらをねらう エラの影
日本の平和を 守るため
ゴーゴーレッツゴー 輝く卯月
陰陽(ジャンプ!)
柳生(キック!)
柳生友景 柳生友景
柳生 友景 
柳生友景は陰陽柳生である。 彼を改造した崇徳上皇は、 (元)日本滅亡を企む悪の大魔王である。
柳生友景は、日本の自由のために征東行中書省 と戦うのだ。

205 :マンセー名無しさん:2006/07/14(金) 00:11:26 ID:eNDwDUQt
>>204
モテモテ王国思い出した。

でもその歌詞でどこも間違ってないから困る

206 :マンセー名無しさん:2006/07/14(金) 00:15:13 ID:tsA5xc1J
十兵衛両断を読んで思ったんだけど、このお話、基本的に朝鮮側が最初に妙なことをして、
怪しむ柳生に「朝鮮ではよくあること」と説明して、安心したところを予想外の大技でひっくり返す
流れが基本だね。
「妙なこと」は白覆面や死体苛め、ウリナラ起源説等ね。

207 :マンセー名無しさん:2006/07/14(金) 00:20:56 ID:eNDwDUQt
>>206
朝鮮側が最初に妙なこと =ニダーさんの言いがかり
怪しむ柳生          =怪しむ一般人
「朝鮮ではよくあること」  =ハン板曰く「それが朝鮮クオリティ」
予想外の大技        =想像の斜め上

ほら、普通普通

208 :マンセー名無しさん:2006/07/14(金) 00:35:10 ID:AO8/R1Ac
>>203
神無月はイン殺のパクリだろ。オリジナルはあくまでイン殺
あんな人真似でいいなら誰でも書ける
イシカワ化もぶっ殺し帳面のまんまじゃん

209 :マンセー名無しさん:2006/07/14(金) 01:16:59 ID:bw/jqdhA
どうせ今年中に100万部売れたりはしないんだから受け入れてくれそうな人
に広めていきたいよね、これだけ面白いんだから。

このスレでこんな事言うのは、サランの表題作以外って感じだけど。

210 :マンセー名無しさん:2006/07/14(金) 01:17:01 ID:wQDIGnBI
>>208
煽らない煽らない。貴重な荒山スレなんだから。

211 :マンセー名無しさん:2006/07/14(金) 01:18:13 ID:m/ibyQJ5
自分は,神無月氏に楽しませてもらってるよ
高橋メソッドとかね
amazonへの情熱的な書き込みも、頭が下がるほどの布教活動だ
とにかく荒山先生、かなしいほど知られてなかったからなぁwww

212 :マンセー名無しさん:2006/07/14(金) 10:39:34 ID:baDcR0EK
>>197
>・ 兎の耳を羽にして飛ぶ人を初めて見た

それはこんなかんじかぇ?
ttp://mimi.ketto.com/9912/14.jpg

213 :マンセー名無しさん:2006/07/14(金) 17:31:58 ID:4StQ2r6s
>>211
 新しい高橋メソッドうpされてるね.
ttp://d.hatena.ne.jp/hisane/20060712
笑い死ぬかと思ったwwwクソワロスwwwwwwww

214 :マンセー名無しさん:2006/07/14(金) 21:57:04 ID:BX1xFCYt
それにしても、ノッカラノウムといい、パクチェサンといい、
鮮人らしい妖術だわ。

215 :マンセー名無しさん:2006/07/14(金) 23:38:06 ID:tsA5xc1J
>>212
兎の耳で飛ぶというスタイル自体は珍しくないんだけど、まさに「背中の羽」にして飛ぶのは初めてでちょっとショックだった。

216 :マンセー名無しさん:2006/07/15(土) 21:53:49 ID:WcoUtYnm
 【これが日本征服をたくらむ悪のひみつ結社<ヽ征東行中書省>だ!】
大首領=朝鮮王
博士=妖術爺
大幹部=ハーフオリジナル柳生、再生七剣豪
幹部=蠍蜘蛛怪人、憑依蟯虫怪人、寄生舌怪人、洗脳発光怪人ほか
怪獣=ビッグモスラ、ジュラシック文武王、旧神○ゴン様(友情出演)
戦闘員=朝鮮柳生党&小モスラ軍団

 _|ヽ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/ヽ/
 <日本ハ朝鮮ノモノニ!日本ハ朝鮮ノモノニ!日本ハ朝鮮ノモノニ!宗社生民ノ福ナリ!>
  l/|/V∨V\/∨V\/∨∨V\/ヽ ノ\/∨∨|/V∨V∨\/∨∨∨∨∨V\/ヽ ノ\/∨∨ヽ
    ∩    (⊃)∩    (⊃) ∩    (⊃) ∩    (⊃)∩    (⊃) ∩    (⊃)
  ⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ / 
   <ヽ`∀´> ./ <ヽ`∀´>/ /  <ヽ`∀´> ./  <ヽ`∀´> ./ <ヽ`∀´>/ /  <ヽ`∀´> ./  
 ∩/   (⊃)/∩   (⊃) ∩/   (⊃) ∩/   (⊃)∩/   (⊃) ∩/   (⊃)
⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ / 
 <ヽ`∀´> ./ <ヽ`∀´>/ /  <ヽ`∀´> ./  <ヽ`∀´> ./ <ヽ`∀´>/ /  <ヽ`∀´> ./  
/   ∩  /(⊃)∩  /(⊃) ∩  /(⊃) ∩  /(⊃)∩   /(⊃) ∩    (⊃)
  ⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ /⊂| ̄ ̄|⊃/ / 
   <ヽ`∀´> ./ <ヽ`∀´>/ /  <ヽ`∀´> ./  <ヽ`∀´> ./ <ヽ`∀´>/ /  <ヽ`∀´> ./  
  /   ⌒ / /   ⌒  / /   ⌒ /  /   ⌒ / /   ⌒  / /   ⌒ / 

217 :マンセー名無しさん:2006/07/16(日) 02:12:24 ID:ZmCIExzw
>>217
心底相手になりたくねえこんな結社。

218 :マンセー名無しさん:2006/07/17(月) 11:33:11 ID:gCUfeauB
>>79の人が言うように、荒山、ホントに朝鮮が好きなのだろうか…
「1970年代の香りがする悪の秘密結社」>>217
を見る限り、バカにしてるとしか思えないがw

219 :218:2006/07/17(月) 11:34:48 ID:gCUfeauB
すみません。
>>217>>216でした。

220 :158:2006/07/17(月) 21:19:19 ID:KIUhC5Zk
>218
>9、88にもあるように、日韓のへぼい所を判った上で、書いているんだよ。
最新作「処刑御使」でも、伊藤博文が見る江戸の武家社会の息苦しさも描いているし。

>「1970年代の香りがする悪の秘密結社」
少年期、夢中になった物語を自分で再構築して表現できるとなれば、オレもやりたいな。
(オレも40代w・・・)


221 :マンセー名無しさん:2006/07/18(火) 02:51:47 ID:CCgcusQL
>>218
 ううむ。
荒山先生の場合、インタビューでも言ってたけど、
まず書きたいのは、朝鮮という国そのものなんだと思う。
でも、いきなり朝鮮だけの話を書いても読者受けしないから、
”歴史伝奇”というガワを被せて、日本と朝鮮のつながりのあるところから
話を書いていってるんだろう。

 ただ問題は、荒山先生が上記のような殊勝なことも考えてるとは思うが、
それ以前に、歴史伝奇の方が書いてて愉快極まりなくて、
しかも、自分が面白いと思ったことを無理矢理歴史や風習にこじつけて、
作品世界に反映させちゃうことに全然躊躇しねぇお人でもあるってことだな!

 つか、そうでもなきゃ朝鮮妖術とか朝鮮柳生とか出る必然性がねぇー!
大体、どこをどうひねれば朝鮮の歴史を語るのにモスラが必要なんだと小一時間(略

まとめ:荒山先生は殺る気満々(いろんな意味で

222 :マンセー名無しさん:2006/07/18(火) 22:34:15 ID:qhgOtJrH
しかし、川崎の外国人指紋押捺問題で一体どんな目に遭ったんだ荒山先生。

素人考えでは、国が自国民ほど責任を負いきれない外国人住民に対して、
イザという時のために指紋を取っておくのは国にとっても外国人にとっても
重要な措置だと思うんだけど。
俺が外国に住んで、国籍とか住民票とかの移し変えの手続きの中に
指紋押捺が含まれていたら、まあそういうもんかって普通に押すんだけど。

や、荒山先生の原点としての新聞記者時代が最近気になってきて。
何で荒山先生はああなっちゃったんだろうって。

223 :マンセー名無しさん:2006/07/19(水) 04:58:01 ID:td2Gyt+w
荒山先生の中では朝鮮への愛は自明なので、ついついストレートな愛情の記述
(行間から漏れてるとはいえ)を書き飛ばしてしまい、結果として愛の鞭の連打
ばかりが目に付いてしまうので、パッと見愛情が疑われてしまうのではないでしょうか。

愛の鞭部分は留学時代につちかわれたんだと思う、絶対。

224 :マンセー名無しさん:2006/07/19(水) 07:17:54 ID:teqVGfvX
荒山先生は作中で朝鮮をあんな風に描いているいるけど、
他人があんなふうに朝鮮を描いたら「貴様になにがわかる!」と激怒するタイプ

225 :マンセー名無しさん:2006/07/19(水) 09:28:45 ID:+9e8BQNe
>>224
「貴様になにがわかる!」にハゲワロスwwwwwwwwww

226 :マンセー名無しさん:2006/07/19(水) 21:40:30 ID:1hKnni/+
>>224
何その海原雄山的ツンデレ。

227 :218:2006/07/20(木) 01:08:06 ID:v2tQ3EpF
>>220
>少年期、夢中になった物語を自分で再構築

その節は是非、「再生七剣豪」と「ジュラシック文武王」も加えてあげて下さいw

>>221
普通の伝奇小説には、モスラや仏像ロボ(目からビームw)は出てきませんからねw
日本ハ朝鮮ノモノニ!…ず、頭痛がw

228 :マンセー名無しさん:2006/07/20(木) 02:14:27 ID:zApYB+Ue
ビームは目からじゃなくて額の白毫から。エメリウム光線。

229 :マンセー名無しさん:2006/07/20(木) 16:22:56 ID:6w2RyLBR
>>223
愛の鞭ねw

差別制度やかの国の体質的やまいについては厳しい筆致でありつつ、
李舜臣や臨海君を実に魅力的に造型しているところなどは
たしかに愛を感じるね
愛つながりで言えば、朝鮮への愛を描くというより、
あくまで日本と朝鮮の愛情関係(愛憎関係?)を描きたいように思えるのだが

230 :マンセー名無しさん:2006/07/20(木) 19:29:20 ID:TdBt1ko1
大手書店でラノベ・SF棚に置かれまくってる処刑御使。
このスレもラノベ板へ行くか?

231 :マンセー名無しさん:2006/07/20(木) 19:38:36 ID:o7eXVWFU
その答えは>>85に、もうでているかと

232 :マンセー名無しさん:2006/07/20(木) 21:39:40 ID:a0MmApOW
図書館で十兵衛両断借りてきた
なんか楽しみ

233 :マンセー名無しさん:2006/07/20(木) 22:40:10 ID:HPiK2vOX
処刑御使読了。
>>186の意味がわかって、電車内で笑いこらえるのに必死。
なんでこう偉大な先人達をむごたらしい目に合わせられるんだろう…。それも無造作に。
荒山先生は「惨デレ」に違いない。

234 :マンセー名無しさん:2006/07/21(金) 01:22:04 ID:adAT7JzI
朝鮮はだいたい荒山さんが作ったことになってるんだよ!

235 :マンセー名無しさん:2006/07/21(金) 07:21:13 ID:Gjy9Afai
「野球を作ったのは、水島新司」という話を思い出しました。

236 :マンセー名無しさん:2006/07/21(金) 12:51:20 ID:zyCJeVBC
読んだ。すげえ。

「なりませぬかな、日本剣術の源流が朝鮮であっては?」と日朝友好を
語る林羅山にキレる柳生宗冬萌えw

237 :マンセー名無しさん:2006/07/21(金) 19:45:14 ID:UUoMMCyQ
>>236
温厚な宗冬さんも怒るよね、それは。

238 :マンセー名無しさん:2006/07/21(金) 23:45:26 ID:lsmvtnjc
『女信長』の佐藤賢一先生との対談。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/news/20060719dde014040031000c.html

荒山先生は秀吉贔屓だそうです。
やはり先生には贔屓の引き倒しの癖があるということがよーく分かった。

239 :マンセー名無しさん:2006/07/22(土) 01:19:21 ID:RE2wCTh0
>>238

個人的には、

>日本列島と朝鮮半島のかかわりを古代にさかのぼって考えていくつもりです。

 ここがキモだと思うのだが。
荒山版「壇君神話」とか書くつもりなのかもしかして。

240 :マンセー名無しさん:2006/07/22(土) 01:26:21 ID:pKax7862
しかし「檀君?あんなの捏造ですよ(pgr」としょっちゅう登場人物に語らせてるところから考えて…


例のコンクリート墓から復活した巨大邪神檀君と柳生の戦いがいずれ描かれると見た

241 :マンセー名無しさん:2006/07/22(土) 02:44:38 ID:JbJf6thu
>>238
>荒山 誤解を恐れずにいうのですが、柱を切り倒したりはなさらないのですか?
これが比喩じゃあないんだから笑える。

242 :マンセー名無しさん:2006/07/22(土) 05:00:19 ID:GZudD/t2
このスレを見て、十兵衛両断読みました。
いや〜、狂ってますね(笑)。
勿論、凄くいい意味で!!
魔界転生などの伝奇物が大好きな私としてはもうたまりませんでした。

それから、剣術の朝鮮起源説とか大爆笑しました。
ちょっと朝鮮人の名前が覚えにくいのが難点ですが、主要人物だけ覚えて後は気にしなくしたら、すらすら読めるようになりました。

荒山先生の著作は全部読破する決心をしました(笑)。

243 :マンセー名無しさん:2006/07/22(土) 19:54:01 ID:KfLGAXHK
隆慶一郎と思って手に取ったら峰隆一郎
そんな時代が俺にもありました

244 :マンセー名無しさん:2006/07/22(土) 22:24:31 ID:JbJf6thu
南條範夫と思って手に取ったら南原幹雄
そんな時代が俺にもありました

245 :マンセー名無しさん:2006/07/22(土) 22:55:30 ID:e5Tb2+8V
>>243,244
皆やっぱり経験してるのかw

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『朝鮮でヤマタノオロチと闘ったと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつのまにか旧支配者を倒していた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何を読んだのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    歴史FUCKだとか虚言癖だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


246 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 08:44:37 ID:INUJ/WaR
魔岩伝説2 あらすじ

2006年、朝鮮民主主義人民共和国は、断末魔にうめいていた。
飢餓、水害とそれにともなう疫病、軍部のクーデター、国際的孤立・・・
誰が見ても、金日成の王朝は崩壊寸前なのである。

しかし、金正日には秘策があった。
それが太陰岩だった。
自らの父親の死体を太陰岩に封印し、太陰岩の霊力を復活せることに成功した。

太陰岩の霊力はすさまじく、共和国は数年で東アジア有数の国力を保有するに至り、
その国力でもって、日本、アメリカという敵対国家を攻め滅ぼした。
中国、ロシア、EUという友好的な国家は朝貢国とし、それ以外は属領とした。

ここに、大朝鮮帝国が成立したのであった。

247 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 09:06:32 ID:INUJ/WaR
(246の続き)

大朝鮮帝国建国500年。

大朝鮮帝国属領日本では、「日本国復活」「皇統復帰」を目指して戦う剣客集団があった。
名づけて「未来柳生」
500年前の日本国滅亡の原因が、太陰岩にあることを知った柳生超兵衛は、
太陰岩を破壊するべく、神刀「七枝刀」をひっさげて、
大朝鮮帝国の帝都 平壌に乗り込む。

248 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 09:21:25 ID:HgIP7ZqU
荒馬間の新作だ、と喜んで手にとったら荒山徹でした
それが出会いです

249 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 11:53:42 ID:FBMJQIbX
>>246-247
ついに未来までファックするんですか! これ歴史モノかなあ。

250 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 12:18:12 ID:WsPOK560
たぶん臨海君の亡霊が「こんな歪で不平等な世界は私が望んだ朝鮮帝国では
ない!」と、壇奇七魔衆を派遣して柳生超兵衛に力を貸すね。
そして剣も何も知らなかった女子高生柳生美矩に憑依、正義超人美少女柳生が
世界と朝鮮に笑顔を取り戻すね。

251 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 15:56:40 ID:udlK+9cl
>>246
死体は父親のだけど中身はノッカラノウムで父子入れ替わってたりするんだよな。 >>66

> 自らの父親の死体を太陰岩に封印し、太陰岩の霊力を復活せることに成功した。


252 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 16:58:16 ID:INUJ/WaR
>>251

大朝鮮帝国の皇位継承システムについて、考えてみたぞ。


皇帝宮殿には、ものすごいハーレムがあって、皇帝はそこで子作りにはげむ。
当然、皇帝には百人くらい男子がいる。

その中から一人だけ皇位継承者を選ぶ。選考基準は体が頑丈なこと。ただそれだけ。

そして、即位式典が終わった後で、前皇帝と新皇帝の間で「秘儀」が行われる。
もちろんこれは、ノッカラノウムで父子入れ替え。

それが終わったら、新皇帝(中身は前皇帝)は前皇帝(中身は新皇帝)を絞め殺す。

「前皇帝は自らの死期を悟り、自らの意志で陵墓の中に埋葬された」と発表。

新皇帝は皇帝宮殿のハーレムで、ものすごい勢いで子作りを始める。

一見順当に皇位継承が行われているように見えて、
歴代皇帝の中身はすべて初代皇帝金日成・・・というトンデモな帝国。


253 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 17:19:36 ID:vYsKa1Ks
>>252
似たシステムでロマサガ2の伝承法(主役の能力の継承)があるけど、
そんな手法だったら心底イヤだなあ。

254 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 17:30:43 ID:cJ1r86+S
カラクリサーカスのフェイスレスの企みそっくりですな。

255 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 18:24:07 ID:cOOtOGBS
>>252

 「一人の人間が出来るノッカラノウムは一度だけ」だから、
そのままじゃ難しそうであるなあ。
まあ、される分には制限はなさそうだから、
絶対服従の朝鮮妖術師を育成して、適当なところで

 「汝、我が新しき肉体となるか!?」
 「喜んで!」

 とかゆってノッカラノウムをかけさせて、
然る後、元肉体に入った朝鮮妖術師を首ちょんぱ。
しかも、これを全人民公開の転生の儀式とかにしちゃえばだな、
この後、

 「将軍様(オサ)!」
 「将軍様(オサ)!」
 「将軍様(オサ)!」

 とゆーコールが巻き起こって愉快愉快。


256 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 18:29:55 ID:INUJ/WaR
>>250

>そして剣も何も知らなかった女子高生柳生美矩に憑依、正義超人美少女柳生が
>世界と朝鮮に笑顔を取り戻すね

臨海君の亡霊が憑依する、という設定よりも、
美少女サイボーグ剣士を登場せるね。
なにしろ五百年後の世界の話だから。

257 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 18:54:32 ID:cJ1r86+S
>>256
でも動力源は霊力・仏力だと思う。荒山世界だしw

258 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 18:54:42 ID:P+iDERrk
>>255
あれ? 「元の体に戻ることは二度とできない」けど「他人の体を渡り歩く」は
できるんじゃなかったっけ?
「十兵衛両断」しか読んでないけど、その範囲内では可能だと思う。

259 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 18:59:48 ID:Wl++19gO
美女、美少女を渡り歩くなかのひとは柳生…
十分変態だなぁ。

260 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 19:04:46 ID:P+iDERrk
>>259
女子の肉体では思うように柳生の剣を振えないので、一生懸命修行するうちに
精神が肉体を凌駕し、美女がだんだん厳つい武士に…

261 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 19:19:48 ID:Wl++19gO
もののふ姫。。・゚・(ノД`)・゚・。

262 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 19:21:56 ID:P+iDERrk
>>261
お、お主…なぜ拙者が「武士」を「もののふ」とタイプして変換したと判ったのだ?

263 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 19:24:59 ID:cJ1r86+S
♪ものの〜ふ〜たち〜だけ〜
(十兵衛両断最終シーンのバックに)

264 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 19:28:16 ID:INUJ/WaR
>>257

五百年後の大朝鮮帝国では、エネルギー源は石油でも核エネルギーでもなく、霊力、仏力なのか。

でも、すべてが霊力、仏力で動いている魔文明なんて、想像を絶するなーーー。

265 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 19:28:39 ID:Wl++19gO
>>262
ふふふ…

266 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 19:37:36 ID:cJ1r86+S
>>264
山口貴由の漫画「蛮勇引力」の世界観(徳川が治める神機力万能の未来都市・神都)
がそれに近いかも。

267 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 19:40:04 ID:INUJ/WaR
>>252

>「前皇帝は自らの死期を悟り、自らの意志で陵墓の中に埋葬された」と発表。

皇帝は、自らの死体を臣下に晒すような無様なことはできない。
自らの肉体の衰えを自覚したら、後継者に位を譲り、自らは棺の中に横たわる。
そして、その棺の蓋を閉めるのが、新皇帝の最初の仕事である。

とでも説明しとけば、何とでもごまかせそうな・・・


268 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 19:47:42 ID:P+iDERrk
>>265
朝鮮妖術、侮りがたし…

269 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 20:39:58 ID:jc1jqcH+
柳生超兵衛の正体は、ノッカラノウムの力で心と体の2つ分かれた柳生十兵衛が、柳生友景(まだ生きている)の秘術によって融合したヤツ
柳生新陰流と疋田新陰流のふたつをマスターしている上、友景仕込の怪しい術が(省略)。
本人は十兵衛としての記憶は残っていない。


270 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 21:59:10 ID:vYsKa1Ks
スーパー荒山大戦の設定作りが始まっている……! (ゴクリ)

271 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 22:15:58 ID:INUJ/WaR
妖術師 「陛下、新しい肉の器の具合はいかがで」
皇帝  「ふっ。よい・・・さすがは我が子。よくぞここまで肉体を鍛えてくれたものだ。
    さて、次の肉の器を作るための用意は出来ておるか」
妖術師 「できております。世界各地からえりすぐりの美女が二千人ほど」
皇帝  「ふふふ。楽しみじゃのう。この肉体の性能をためしてみるか」

272 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 22:29:43 ID:UmXqnxVD
>>269
>柳生友景(まだ生きている)

生茶吹いたじゃねーかw

273 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 22:34:18 ID:ktyGr4SL
ローダン世界からすれば、細胞活性装置のかわりにカピンの断片を使うようなものかな?

274 :マンセー名無しさん:2006/07/23(日) 23:06:48 ID:KQ/9bKXc
>>271
それって「にんたい」ってことでしょうか!

275 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 00:47:06 ID:8GfI1POv
まぁ、魔界転生も朝鮮妖術であることが判明したんだし。
光海君が魔界から大量の魔物をつれて転生。
友景が本邦の妖怪軍団を率いて妖怪大戦争になるとか。

276 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 00:49:47 ID:Fyeqz0nI
>>271
実は新皇帝インポだったりして、ゲイとか。
しかし日曜一日で>>246から荒山パワーが炸裂しまくり。

277 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 01:15:46 ID:EyzYSY2J
>>276
そこは選考段階で入念なる試し腹を

278 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 06:55:00 ID:BgOSkQSV
なんか夢うつつに
「荒山徹はアッラー(イスラムの主神)・ヤマ(印度神話の閻魔)・トール(北欧神話の雷神)である」
みたいな文字が浮かんだのだがなんだったのだろう。
来たる世界伝奇大戦についての啓示でしょうか。

279 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 11:53:24 ID:FGvx0jPc
>>277

だから、皇帝の息子には、女の子を与えて、夜になったら子作りさせるの。
それでその女の子が孕めば、とりあえず及第。
子供がなかなかできなければ、後継者から脱落ね。

280 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 12:34:47 ID:FGvx0jPc
スーパー荒山大戦 最終章

金正日は、太陰石に、自分の父親の死体を封印する秘儀をおこなった。
その秘儀を行い、太陰石がその霊力を回復すれば、すべてはうまくいくはずだった。
だが、すべてが遅かった。
洞窟に、アメリカ軍の誘導気化爆弾が投下された。
誘導気化爆弾は、その洞窟ごと、太陰石も金正日の肉体も、
何もかも吹き飛ばしてしまった。
大朝鮮帝国は、夢と消えたのである。



281 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 12:42:00 ID:FGvx0jPc
スーパー荒山大戦 最終章 その弐

安部 総理、成功です。洞窟は破壊されました。
   太陰石が本当に破壊されたかどうかは、現在宮内庁の陰陽師によって、確認中です。

小泉 三兆円も、アメリカに支払ったかいがあったと言うものだ。

安部 それにしても、よくアメリカも承知したものですね。
   基地移転費用を全額日本が負担するかわりに、
   理由は一切聞かず、こちらが指定した場所を攻撃せよ、というのは。

小泉 それでけ、アメリカも、金に困っている、ということだ。
   イラク戦争があれだけ泥沼になったらな。

安部 しかし、アメリカのイラク攻撃を真っ先に支持したのは、あなたですよ、小泉さん。

小泉 ふふふ

安部 しかし、太陰石というのが、王朝を長期にわたって存続させる霊力を
   持っている、というのは本当のことでしょうか。

小泉 本当だ。だから破壊した。
   このことは、キミにだけ言っておくが、これはさるお方からの強い要請なのだ。
   禍根は絶て。万世一系の王朝など、天皇家一つで十分だ。
   そのお方はそうおっしゃった。

安部 それじゃあ、そのお方というのは・・・

小泉 口は災いのもと。そう思うだろう。阿部君

282 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 12:52:40 ID:FGvx0jPc
スーパー荒山大戦 その参

↑ スーパー荒山大戦で、五百年後の魔帝国「大朝鮮帝国」の話を延々と書いた後で、
こんな終わり方をすれば、ええっ、じゃあ、今までの大朝鮮帝国の話は何???
てなるだろうな。


283 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 17:02:20 ID:FGvx0jPc
>>269

スーパー荒山大戦の世界では、人は死んでから500年〜1000年たつと、
自然に転生する、という設定にしておけばよい。
(人の魂が浄化されるのに、それだけ時間がかかる、とか何とか)

で、自分が柳生十兵衛の生まれ変わりである、という自覚を持ち、
剣の修行を行っているうちに、とうとう
剣を超音速で振り回し、切っ先の先端から発生する衝撃波で何でも叩き切ってしまう
未来剣法「電光剣」を完成し、十兵衛を超えた、という意味で超兵衛を名乗った。

おおっ、つじつまが合ったぞ。

時間を超越した男、陰陽剣士柳生友景という設定はおもしろい。
現在はたぶん、宮内庁陰陽寮職員として、国家鎮護のために働いているに違いない。

284 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 19:44:32 ID:cSXOVMzb
お約束の、疋田新陰流はどう絡ませる?

285 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 20:12:54 ID:Nfio3b4I
もうノッカラノウム+大武仏+処刑御使で、
檀君の霊力を吸収した金日成が平壌の銅像と合体し朝鮮超神化、
更に時空を遡って征東行中書省一同と合体して友景に襲い掛かるでいいよ

286 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 20:59:27 ID:i5Voqnqs
皇帝・金日成
「恨の力をぉぉぉ、食らえぇぇぇ!」

「憎んではならぬ。憎しみは恨への道ぞ。」

「超兵衛よ、仏力を使え。仏力と共にあらんことを。」

はまだですか?

287 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 21:11:44 ID:sfKz6GB4
>>286
 その流れだと、柳生の恨の面に落ちた超兵衛の父、
暗黒刺史こと柳生闇矩(やみのり)とかと一騎討ちの展開になるんでは…。
あと、卯月ファイターに乗って空中大宮殿に突貫。

288 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 21:17:06 ID:rwYyGIa4
闇矩ってwwwwwww
矩つけりゃ、なんでも来いだなwww
まぁ、矩香からはじまっちゃったんだがww

289 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 21:59:37 ID:FGvx0jPc
父親の柳生闇矩に呼ばれ、秘儀の伝授を行うから、その仮面を付けよ、と言われる。
一度は仮面を付けたものの、その秘儀というのが魂の入れ替えであることに気が付き、
仮面を一刀両断。

超兵衛 これは・・・噂に聞くノッカラノウムの仮面。どうしてこれを・・・

闇矩  わしのこの肉体は老いさらばえた・・・超兵衛、おまえのその若々しい肉体を
    くれええええっ。

超兵衛 気がふれたか、おやじ殿

290 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 22:19:15 ID:BgOSkQSV
なんと、闇矩は既に韓人妖術師・韓海苔にノッカラれてしまっていたのだ。
その真の名を柳生韓矩。
妖剣・柳生海草剣を扱う韓人妖術剣士である。

291 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 22:30:04 ID:Fyeqz0nI
>>282
大朝鮮帝国が500年続いた世の中が来ても、正義超人の
タイムスリップ×10で初代か初代付きの妖術師をやっちゃって
しまえば無問題、そのおかげで現在の我々の平和があるのです。

荒山世界って何やっても復活する枠組みが出来てしまってるよ。

>>288>>290
もう柳生矩兵衛とか柳生石舟矩とか柳生矩矩とか出ても驚かないねwww

292 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 22:33:30 ID:FGvx0jPc
>>285

>檀君の霊力を吸収した金日成が平壌の銅像と合体し朝鮮超神化、

皇帝宮殿の前の、初代皇帝金日成の巨大像が、霊光に包まれた。
檀君の霊力を吸収した皇帝が、初代皇帝の巨大像と合体し、超神と化したのだ。
そして、巨大像がゆっくりと動き始めた。
広場に集まった帝国人民は、歓喜の声を上げた。

「皇帝陛下、皇帝陛下、あの憎いイルボンどもを皆殺しにしてください!!!」
「朝鮮超神、朝鮮超神」

だが、歓声はやがて悲鳴へと変わった。
初代皇帝の巨大像は、宮殿広場に集まっていた帝国人民を無造作に踏み潰しながら、
歩き始めたからである。

とまあ、文章にまとめると、こんな調子でいいですか。

293 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 22:40:14 ID:sfKz6GB4
>>288
 ついでに脱線すれば、闇矩宇守(やみのりうす)とか。
で、柳生版大武仏(三体の仏像が合体して巨大な仏像になる)を操る
次世代芳徳寺衆の少年剣士三人と戦うのよ。

 あと、闇矩には妖術サイボーグになってもらってだな、
つやつやした黒の南蛮胴を始終着てる設定にしてはどうか。
ついでにその流れで言えば、疋田新陰流の扱いは、
実は生きていた疋田豊五郎とか、
その弟子で、闇矩と戦って敗れちゃう山田浮月斎とか、
そんなとこでどうよ?

294 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 22:41:56 ID:u4vAw4Ag
…宇宙大戦争と魔人ハンターが合体しているような世界が展開しているな…

295 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 22:42:52 ID:nbi6Vwpq
>>292
ソレダ!

>>293
それ何てガンバルガー?

296 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 22:46:53 ID:PQEpPkmt
楽しいスレwwwww
しかも柳生のりのりって、荒山先生が現実に考えてそうで恐いww

297 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 23:04:12 ID:sfKz6GB4
 つか、ここらでイッパツ、
青春小説「時をかける柳生」とか書いてくれないかしら>荒山先生
なお、当然ながら、すごい勢いで筒井先生をファックします。


298 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 23:26:30 ID:BgOSkQSV
>>292
対するは、大東亜敗戦で大日本帝国からアメリカの手に渡っていた
大陸縦断級霊的兵器『天沼矛』を奪い返した友景が、
卯月八対十六枚耳形態に跨って颯爽と光臨。
金蛙王・朱蒙王・温祚王ら三大巨獣の助けを借り、
禿山犇く半島でハルマゲドンを展開するわけだ。

299 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 23:40:55 ID:FGvx0jPc
>>293

皇帝の傍らには、黒い南蛮胴を着た男が一人いて、
皇帝が、こいつ殺したいなー――と思うと、皇帝の思念を読み取って、
「こいつ」を殺しに行くの。>暗黒刺史 柳生闇矩



300 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 23:51:51 ID:FGvx0jPc
>>289

>超兵衛 これは・・・噂に聞くノッカラノウムの仮面。どうしてこれを・・・

>闇矩  わしのこの肉体は老いさらばえた・・・超兵衛、おまえのその若々しい肉体を
     くれええええっ。

>超兵衛 気がふれたか、おやじ殿

超兵衛は、父である闇矩を袈裟懸けに切り捨てた。
超兵衛は、父は死んだと思った。自分が手をかけて殺した。
だが、超兵衛は知らなかった。
父闇矩が、皇帝の手によって、妖術サイボーグ暗黒刺史柳生闇矩として甦ったことを・・・


301 :マンセー名無しさん:2006/07/24(月) 23:57:51 ID:nbi6Vwpq
えーい、みんな、荒山先生を何だと思ってるんだあ!

302 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 00:03:15 ID:EfMoZIfD
要望が纏まったら、先生に上申しよう。
「ウリたちはこんな小説が読みたいニダ」
「カエレ」

303 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 00:19:00 ID:J2njkZ+A
>>297
もちろん少女だよな、荒山方式だとマッパで移動だからハァハァ

>>301
マジレスすると俺たちに出来ない事を平気でやってのける人

304 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 00:29:24 ID:06WMfVao
>>303
 だからこそ、「そこにシビれる!あこがれるゥッ!」


305 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 01:20:13 ID:E1Bmc526
>>303
ウリ達も荒山先生のイカ…じゃなくて、
素晴らしい文才に負けないように、ネタ作りに精進するニダよ

306 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 01:49:14 ID:06WMfVao
>>303
 そして、時間移動の後には、身包みはがされた
気の毒な通りがかりの人が出てくるわけだ。
つまり、毎回コスチュームチェンジする必然性が出るわけよ。

 ところで、この時をかける柳生っ娘が
雪蓮が使ってた朝鮮妖術が使える方が面白いか面白くないかどうか。

307 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 07:28:47 ID:7aENxHrZ
まさかハングル板で、大好きなガンバルガーのネタをみるとは思わなんだ。恐るべし、荒山パワー。



308 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 13:20:17 ID:d/ILplra
超兵衛は、父闇矩に袈裟懸けに斬りつけた。
しかし、黒光りする南蛮具足の義体には、傷ひとつ付かなかった。

「こ、これは・・」

電光剣−剣の切っ先から発生する衝撃波で、すべてを両断してしまう、
超絶の剣技−に斬れないものはないはずだった。
いや、ひとつだけあった。

「あっ」
「ふふふ、ようやく気が付いたか・・・
古の技術は、超兵衛、うぬひとりのものではあるまい。
このわしの義体は、うぬの電光剣と同じく、播磨超硬鉄でできておる。
おまえに、わしは斬れぬ」
「うぐぐ」
「それでは、わしから行くぞ。我が息子よ、死ねええええ」

超兵衛、いきなりピーーーンチ

309 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 13:25:10 ID:d/ILplra
>>306

>雪蓮が使ってた朝鮮妖術が使える方が面白いか面白くないかどうか。

服を脱いで裸にならないと使えない、と設定すれば面白くなるぞ。

310 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 14:49:44 ID:t41wOPd4
良く考えたら十兵衛ちゃんのラブリー眼帯もノッカラノウムの仮面と同じく朝鮮妖術なのかもしれない。

311 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 16:21:11 ID:d/ILplra
>>293

>柳生版大武仏(三体の仏像が合体して巨大な仏像になる)を操る
>次世代芳徳寺衆の少年剣士三人と戦うのよ。

柳生版大武仏は、東大寺の運慶作金剛力士像にしたらどう。
そもそも、金剛力士自体が、「仏敵と戦う聖なる戦士」の意味だからね。
阿形と吽形があるから、双子という設定で。

312 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 21:19:22 ID:Lhvn20Be
父にプレゼントした『十兵衛両断』を買いなおした。
改めて読むと、『陰陽師・坂崎出羽守』の偽宗矩って、
魔神虎眼先生フルオープンって感じだなあ。

313 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 21:39:31 ID:3lq3fcm0
>>311
 じゃあ、柳生右兵衛と柳生左兵衛が
それぞれ乗り込んでシンメトリカルドッキング。

 …金兵衛と銀兵衛でもいいかな。
そして、どっちが強いかで大喧嘩。
お互いの首を刎ね飛ばして、その後、金兵衛が
柳生将軍と名乗って柳生六騎士・七人の悪魔柳生を率いてみたり。

314 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 22:24:16 ID:j6zMMaSy
>>313
浄解は無いニカ?

315 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 22:33:12 ID:Fee0X1AO
>>309
柳生娘「ちょっとアンタあっち向いてて」(脱ぎだす)
相棒男「え、ちょっと待って」
柳生娘「ホラあんたも脱ぐ」
相棒男「訳が分からないよ」
柳生娘「あんたも脱がないと死ぬのよ、サッサと脱ぐ」
相棒男「わ、分かったよ」
柳生娘「(ボソっと)あんただから脱いでもいいって…」
相棒男「何?」
柳生娘「何でもない!」

>>313
もうついでだから真ん中に柳生っ娘入れるのとかどう?
真ん中だから柳生中矩子、とかで

316 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 22:34:26 ID:3lq3fcm0
>>314
 浄解があるなら、解除するべき状態としての
「ニダー化(仮称)」がいるのかなあ。
人間の恨の力を増幅する「ニダーメタル(仮称)」でニダーロボ化するとか。
(この辺の仮称はあんまり荒山チックじゃないけどご容赦)

 ああ、そうか。
つまり「柳生王 ジュウベイガー」と言えばよかったのかしらん?

「これは朝鮮帝国と戦う熱き柳生剣士たちの物語である!」

317 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 22:37:49 ID:m3oTD59M
――前にも宗矩。
――後ろにも宗矩。


このシーンはもう何故だか笑いが止まらなかった

318 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 22:38:45 ID:3lq3fcm0
>>309
 あ、スマン。
処刑御使じゃなくて憑依操縦する方な。

319 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 22:40:29 ID:3lq3fcm0
>>317
 その後は、

 「宗矩が一度に二人も!」
 「今日は特別でね」

 と流れて三人目登場が美しき哉。

320 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 22:49:34 ID:d/ILplra
>>319

唐沢なをきのカスミ伝のおかしらA B Cを思い出した。
荒山ワールドは、一歩間違えばギャグだ。

321 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 22:56:17 ID:JSeKCA1O
>>320
ほんとにwww
宗矩一号、二号だけでもぶっ飛んだのに
三号てwwww

わかったあとで、八重洲濠沿いの立会いの場面を読むと、ぐっと来ちゃいます

宗矩は手巾で額の汗を拭いながら答えた。
「あれは、わしだ」

322 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 22:58:38 ID:Lhvn20Be
>>317

後方から宗矩の叫び
前方に憤怒の宗矩

違和感NEEEEEEEEEE!!!

323 :マンセー名無しさん:2006/07/25(火) 23:30:08 ID:GELIGDwr
宗矩軍団vs十兵衛軍団とか本気で書きかねない作家はこの人くらいだよなぁ
ノリがマジ石川賢

324 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 00:30:36 ID:t2O9y8oz
>>323
こうですか?分かりません
宗矩○−×十兵衛
   ×−○十兵衛
宗矩×−○
宗矩相打ち
宗矩×−○十兵衛
宗矩○−×
宗矩○−×十兵衛
宗矩???十兵衛

325 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 00:54:14 ID:iS4T1T8/
>>321
 なんか思い出したけど、宗矩1号、2号なら、
宗矩V3とか宗矩Xとか宗矩アマゾンとか(略)…宗矩ZXで、
「我ら10人宗矩ここにあり!」ってネタ、どっかにあったっけ?


326 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 11:42:12 ID:ZTfxQtgs
>>280

>スーパー荒山大戦 最終章

>洞窟に、アメリカ軍の誘導気化爆弾が投下された。
>誘導気化爆弾は、その洞窟ごと、太陰石も金正日の肉体も、
>何もかも吹き飛ばしてしまった。

アメリカ軍ではなく、航空自衛隊ということにして、
誘導ミサイルも、太陰石の発する霊波を検知する誘導システムと、
太陰石の霊力を無力化するための防御システムのついた特殊爆弾、という設定はどう。

指揮したのは、もちろん陰陽師柳生友景クン。


327 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 11:46:31 ID:ZTfxQtgs
(326の続き)

ほんでもって、航空自衛隊は、アメリカ軍が北朝鮮のミサイル基地を攻撃した
どさくさまぎれに、太陰石を破壊してしまうの。

328 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 11:52:48 ID:5F4LGz2m
「見ろ!朝鮮半島が浮上する!」
そう、朝鮮半島は超古代に地球に飛来した巨大宇宙船だったのだ!

329 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 13:14:38 ID:ZTfxQtgs
わかった。日本の歴史を作ったのは、柳生友景だ。
な、なんだってーー。

荒山わーるどの中では、ありえる話。

330 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 14:25:03 ID:hKUX3PgR
やっぱり朝鮮妖術だ。

> 朝鮮中級学校1年「金日成元帥革命活動」教科書
>
> 第29課「三千万は将軍様を崇め」
>
> 将軍様のずば抜けた戦術を伝える『縮地法(引用者注:地を縮め数歩歩くだけで瞬時に、数百数千里を移動することができる術法)』
>に関する話も、わが人民たちの中に広く伝わっています。いつの日であったか将軍様は『縮地法』でもって、東西南北を縮めて行き来し
>たといいます。
> ある時数多くの敵どもが将軍様に立ち向かいました。実に危険きわまりない瞬間でした。この時、将軍様は付近にあった松の葉を取り、
>その葉を細かくちぎり冠っていた網笠の中に入れ、くるくる回した後、風にとばせました。するとなんと、細かくちぎった松の葉がそれぞれ
>兵士に変わり、押し寄せた敵どもを全滅させました。
>
> 金(日成)大将は天下妖術を使い、東西南北を飛んで行き来する。
> 金日成将軍様を民族の太陽として、伝説的英雄として高く崇め奉り、将軍様の意を得て闘おうとするわが人民の気勢は、天をも衝く勢
>いです。

http://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/k-textbook/k-school.html

331 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 14:33:53 ID:LZRxb0sN
せっかく魔界転生も荒山化されたのだからここはいっそ
隆慶先生その他諸々も加えてスーパー伝奇大戦を作るべきなのですよ。
日本を封建地獄と化す為にいつものように悪の限りを尽くす秀忠&宗矩コンビに
同盟を持ちかける征東行中書省の鄭仁弘。
影武者家康と後水之尾天皇は友景と甲賀卍谷十人衆、そして松平忠輝の力によって対抗を図るが、
秀忠もまた伊賀鍔隠れ十人集、そして更には宮本武蔵、天草四郎ら魔界衆を呼び寄せる(宗矩はここで転生)。
転生衆を、宗矩を討ち果たさんが為に、十兵衛も遂には影武者家康に助太刀をするがその時、
世阿弥の能によって開かれる次元の門。そこから現れるもう一人の柳生十兵衛、柳三厳!剣鬼マラ仏!白武蔵!
実は生きていた臨海君と李瞬臣と服部半蔵(魔風ver)が光海君の暴走を諫め、
朝鮮を真の独立国家とするために、正義日本に手を貸す。
戦局が混迷を極めたその時、森宗意軒の最後の一指によって蘇った人物こそは、
濃尾無双、岩本虎眼(実は韓人)であった。
日本の、朝鮮の、人類の運命や如何に。

俄かファンなのがバレバレですね。

332 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 15:48:48 ID:ZTfxQtgs
>>328



早く、そうなってホスイ。

333 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 16:14:25 ID:ZTfxQtgs
>>328

>「見ろ!朝鮮半島が浮上する!」
>そう、朝鮮半島は超古代に地球に飛来した巨大宇宙船だったのだ!

超兵衛 「見ろ、朝鮮半島が浮上する!」
闇矩  「ふふふ。おまえには教えてやろう。
     朝鮮半島は超古代に地球に飛来した巨大宇宙船だったのだ!
     大朝鮮帝国の魔道テクノロジーは、すべてここから来ている。
     初代人民皇帝は、このテクノロジーを発掘して、世界を征服したのだ!!!!
     今、この宇宙船に一億の帝国の民を乗せて飛び立つ。
     銀河を征服し、巨大な帝国を建設するためにな」
超兵衛 「・・・・・・」
闇矩  「ど、どうした?」
超兵衛 「どうぞ。銀河を征服したら、次はアンドロメダを征服してください」
闇矩  「・・・・・」
超兵衛 「朝鮮人が、日本人の知らないところで、繁栄しようが滅亡しようが、
     日本人には関係のない話です」
闇矩  「(ぱくぱく)」
超兵衛 「それでは、私はこれで」
闇矩  「まて、戦わないのか」
超兵衛 「なぜ?帝国の民を、宇宙の果てにつれていくのが、父上の役割なんでしょ?
     さっさとそうしてください。これで御免」

超兵衛が、突然冷静になってしまう展開しか思いつかない。




334 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 16:25:43 ID:kmUSA0fA
田中芳樹みたいな展開だなw

335 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 17:51:38 ID:ZTfxQtgs
スーパー荒山大戦 最終章 一炊の夢

太陰石が、緑色の霊光に包まれてゆく。
成功だ!金正日は心の中で叫んだ。
緑色の光はだんだん大きくなり、大洞窟の中は、太陰石の霊光で満たされてゆく。
金正日は狂喜した。
できる!世界を征服できる。
これほどの霊力があれば、それこそ何でもできる。
共和国を世界最大の国力を持つ国家にすることも、
日本やアメリカのような、共和国に敵対的な国家を攻め滅ぼすことも、
そして、世界を征服することも・・・

336 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 18:00:03 ID:ZTfxQtgs
スーパー荒山大戦 最終章 一炊の夢 その弐

そうなったら俺は、人民皇帝を名乗ろう。
皇帝の治める国のことを、帝国と言うのだ。
そうだ。国号は

 大 朝 鮮 人 民 帝 国 

がいい。
そして、人民皇帝の俺の肉体が衰えたら、ノッカラノウムの秘術で、
若くて健康な肉体に、乗り換えればいいのだ。
そのために、俺用の肉の器も、きちんと育成しておくことにしよう。
大朝鮮帝国を治めるのは、未来永劫、人民皇帝の俺ひとりなのだ。
だが、金正日の甘美な夢はそこで終わった。
大洞窟の中に、一個の銀色の物体が飛び込んできたからである。

337 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 18:12:13 ID:ZTfxQtgs
スーパー荒山大戦 最終章 一炊の夢 その参

「なんだこれは・・・誘導ミサイルかあああっ」

それは、日本の航空自衛隊が大洞窟の入り口に投下した、
太陰石の破壊専用の誘導ミサイルだった。
誘導ミサイルは、大洞窟内の障害物を避けながら、
太陰石の方向に機首を悠然と向けると、ロックオン。
そして、太陰石にそのまま突っ込んだ。

金正日は、声にならない叫びを上げた。

誘導ミサイルは、太陰石に衝突すると、大爆発を起こして、
太陰石そのものも、太陰石に封印された金日成の死体も、
金正日の肉体も、側近の妖術師たちも、
何もかも粉々に吹き飛ばしてしまった。
そして、第二、第三、第四の誘導ミサイルが次々に大洞窟の中に突入すると、
大洞窟そのものを完全に破壊してしまった。

金正日の甘美な夢、大朝鮮帝国は、結局ただの夢で終わったのである。

338 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 19:43:28 ID:t2O9y8oz
ところで最近荒山先生は何かで連載してたりしないの?

339 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 22:15:11 ID:f9/XAYJI
なるほど、伝奇小説の時代を逆ベクトルに向けると架空戦記になるのか。(暴論)

340 :マンセー名無しさん:2006/07/26(水) 22:36:59 ID:ZTfxQtgs
>>330

金日成とその部下たちは、窮地に追い込まれた。
死体が、地中から次々に甦ってくるのだ。
どうやら、日本軍にも、優秀な術者がいるらしい。

「将軍、囲まれました」
「将軍、命令を、将軍!」

そのとき、金日成は、にっこりと微笑を浮かべると、
近くにあった松葉を自分が被っていた編み笠に入れると、
松葉を風で飛ばした。
部下たちは、目を疑った。
松葉が人間の形に変化すると、ただちに死体兵に戦いを挑んだのだ。

「将軍、これは・・・」
「松葉兵の術だ。これで少しはしのげる」

次回、日本軍の死体兵と金日成の松葉兵の一大決戦に乞うご期待!!!

341 :マンセー名無しさん:2006/07/27(木) 08:27:12 ID:/Dtv1QHQ
>>340

今までさんざん金日成をネタにしてきたけど、
こんどは、金日成超人軍団 vs 日本軍の妖術部隊 の話をなんか考えてみようかな。
もちろん、ソースは北朝鮮の教科書。

342 :マンセー名無しさん:2006/07/27(木) 12:51:17 ID:/Dtv1QHQ
スーパー伝奇アクションSF 「スーパー荒山大戦」プロット作成。
目標は、とりあえずスーパー荒山大戦のプロットをまとめること。
なお、これは、ゲーム・シナリオ作成ノウハウを参考にしていまつ。

題名 スーパー荒山大戦

プロローグ

○ プロローグの主人公
 金正日

○ プロローグの世界設定 
 現代の北朝鮮。
 日本とアメリカの経済制裁発動で、崩壊寸前。
 近々、アメリカ軍によるミサイル基地攻撃があるとの噂。

○ プロローグの主人公の行動
 太陰石に自分の父親の遺体を封印し、太陰石の霊力を復活させて、
 その霊力でもって一発逆転。逆に世界を支配しようとする。

○ プロローグのファーストシーン
 崩壊寸前の北朝鮮で、苦悩する金正日。
 そこへ、太陰石発見の知らせが届く。

○ プロローグのラストシーン
 父親の遺体を太陰石に封印。
 太陰石の霊力が復活。
 成功だ、と叫ぶ金正日。


343 :マンセー名無しさん:2006/07/27(木) 13:07:52 ID:/Dtv1QHQ
スーパー荒山大戦 プロット作成 その2

エピローグ

○ エピローグの主人公
 柳生友景。柳生超兵衛との約束を果たすため、現代日本にやって来る。
 友景が太陰石を破壊しようとするのは、超兵衛との約束を果たすため。

○ エピローグの世界設定
 現代の日本。
 アメリカ軍の北朝鮮ミサイル基地攻撃の混乱を利用して
 航空自衛隊は、太陰石破壊を行う。

○ エピローグの主人公の行動
 太陰石が破壊されたために、大朝鮮帝国は、歴史上、存在しないことになった。
 以後、大朝鮮帝国の存在しない歴史が展開する。

○ エピローグのファーストシーン
 父親の遺体太陰石に封印。太陰石の霊力が復活する。
 しかし、航空自衛隊の放った太陰石破壊専用ミサイルにより、大洞窟が破壊されてしまう。

○ エピローグのラストシーン
 太陰石の破壊に成功し、自分の役割が終わったことを自覚した友景は、
 陰能を舞い、別の時代(世界)に行ってしまう。

344 :マンセー名無しさん:2006/07/27(木) 21:40:26 ID:9/CdzBMs
金正日ネタで荒山大戦ネタって書きまくってる人いるけど、
これは別にスーパー荒山大戦じゃないよなあ。
既存キャラなんて友景だけだし。
二次創作SSではあると思うけど。

345 :マンセー名無しさん:2006/07/27(木) 22:37:36 ID:8e8CGOrF
>>344
 まあそう言うなよ。
これはこれで悪くないと俺は思うぜ。

 他のキャラもこれから足していくんだろ?
せっかくだからホムペ作るなりして
通しで書いてみてはどうだ?>ID:/Dtv1QHQの人

346 :マンセー名無しさん:2006/07/27(木) 22:39:43 ID:9V8X5G4A
ちょっと、金玉均のフラッシュ置いときますね。
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-King/2816/flash/kim_okkyun.html

347 :マンセー名無しさん:2006/07/28(金) 00:12:01 ID:SFkmiEyj
>>346
この人も大概ムゴい局面を生きて死んでいったんだなあ。

348 :マンセー名無しさん:2006/07/29(土) 17:07:33 ID:zIkYqB4D
関連サイト?
柳生新陰流公式
ttp://www.interq.or.jp/sun/shibata/yagyu-official/
>近年インターネット上、または雑誌媒体等での、
>当流に関する記述が、誤っているものが目立つようになりました。
>その多くは、情報や認識の不足であると思われますが、
>中には明らかに故意に歪められているものもあると判断せざるを得ません。

荒山先生そのうち怒られるんじゃないかな…

349 :マンセー名無しさん:2006/07/29(土) 20:47:41 ID:qk2UR9v4
>>348
その前に、韓国を怒らせないか心配。
まぁ、荒山先生にとっては、韓国の怒りなんぞ、へでもないと
(おげふぃんで失礼)思うんだけど。

350 :マンセー名無しさん:2006/07/29(土) 20:52:31 ID:qk2UR9v4
でも現実には、荒山徹も黄算哲も、問題になってないみたい・・・
それはそれでサミシス・・・
いろんな意味で、もっと評価されていい作家だと思うのですが。

351 :マンセー名無しさん:2006/07/30(日) 00:58:32 ID:FsH+eJ9y
>349,350
推測なんですが、韓国の読者にも受け入れられる内容なのでは?
「十兵衛両断」では太閤を死後処罰してるし、XXXを全滅させてるし。
「魔岩伝説」では家康の出自がXXだし。
きっと、韓国人のメンタリティには、善悪とは無関係に、日本人と違うところがあって、
そこにジャストフィットというか、もう全然無問題、韓人OK! 韓人OKですよ!
な超絶技巧で書かれている‥‥と思いたい。


352 :マンセー名無しさん:2006/07/30(日) 01:03:22 ID:vDfU1Esp
>>348
支部が東京・大阪が一つなのに、名古屋に三つもあるんだな。
やはり尾張柳生が正統か。

353 :マンセー名無しさん:2006/07/30(日) 07:35:57 ID:hLVAxIbE
荒山先生が敵に回しそうな団体

・柳生
・朝鮮
・徳川
・隆慶先生他
・崇徳院

何気に一番ヤバいのは最後という気もする

354 :マンセー名無しさん:2006/07/30(日) 16:11:17 ID:QSKiqi2E
元ジャーナリスト・荒山先生が敵とみなしそうな論調

ソース:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/00/ronsetu/20060730/col_____ronsetu_000.shtml

355 :マンセー名無しさん:2006/07/30(日) 16:11:41 ID:QHamJ5ye
>351

それ以前に、奴らが本を読むとお思いで?
誰かが読んだネタを、何年も使いまわす連中ですぜw

あと、メリケン柳生こと「アメリカ侍古武術修行」を
読みますた。
余りにも真っ当な本で驚いたw

356 :マンセー名無しさん:2006/07/30(日) 17:22:29 ID:dA8fLLIN
俺も『ミャンマーの柳生一族』という本を店頭で見て、
「ビルマ柳生!?どこの荒山徹だ」と涎垂らしてパラ見したら、
ミャンマーを江戸に見立てた割と真っ当な旅行小説だった。残念。

357 :351:2006/07/30(日) 17:34:01 ID:VCc8TaoF
>355
出版点数で比べると、日本より市場規模が相当小さい、と聞いたことはあります。
本を読む人は読むと思うんですが。欧米文学は結構出てすぐハングル訳されるらしいので、
海外作品の購買層そのものはあるんじゃないでしょうか。
荒山文学が、まだかの国に紹介されていないとしたら、誰か命知らずがやってくれませんかね。
「日本が生んだ韓流パンタジー」とか「韓国起源の日本歴史文学」とか銘打って。

358 :マンセー名無しさん:2006/07/30(日) 19:03:43 ID:yf1aRjG3
>>356
俺もまったく同じ経緯でその本を買ったけど、予想したのはまた違う面白さだった。
特に三十兵衛。

359 :349-350:2006/07/30(日) 19:52:44 ID:QSKiqi2E
>>351さん
「超絶技巧」www
李舜臣や臨海君など、実に魅力的に描かれたキャラクターも登場しますしね。
でも逆に、どうでしょうか?・・・韓国人のメンタリティ的に。
お札にも銅像にもなってる英雄を、あぁいう伝奇小説で
取り扱うこと自体、受け入れ難いのでは?
あの国の歴史認識イコール伝奇小説、みたいなところあるじゃないですかw
天然、というかw
どんなにおもしろくても、100パーセント日本が悪い、という筋書きじゃないと
黙殺されてしまうのでは、と思ってしまいます。

360 :351:2006/07/30(日) 22:14:42 ID:7UKRjwM6
>359
伝奇小説であることを伏せておいたらどうでしょう?
どうも、かの国の人々の歴史に対する姿勢は、利益とか、エンターテイメント性を重視
してるように思いますので、意外と、(韓国基準での)新史料として受け入れられるかも
しれません。
(個人的には、そういう姿勢に、自分にガッカリしながら共感を覚えます。
私が抱く歴史上の人物に対するイメージは、ほとんどフィクションの影響によります)
「**日本の**一流紙の記者であった留学生が書いた」ってだけで(韓国基準での)権威は
十分のようにも思えます。それに、黄算哲の古文書が、これから出てこないとは限らない
じゃないですか?

>100パーセント日本が悪い
私、これはクリアしてるような気がするんです。それは、登場する韓国人が、彼らの基準に
照らして恥じないことをし、日本人が、韓国基準で悪いことをしている、と思うからです。
例えば「魔岩伝説」では、金さんは正当な支配者に対する反逆者だし、柳孝源は
敵を匿った罪人を粛清する英雄ともいえます。
「十兵衛両断」でも韓国人はいろいろパクろうとしたりノッカったりしようとしてますが、
韓国基準では悪いことでしょうか? パクリがよくないのは自分がやられたときか、
日本人に指摘されたときで、それも日本人が悪いのです。
ただ、結末について、ハッピーエンドか悲劇かの見解の相違はあるでしょうね。

長文失礼しました。

361 :マンセー名無しさん:2006/07/30(日) 23:02:43 ID:6XtGd4Ch
>>360

>結末について、ハッピーエンドか悲劇かの見解の相違はあるでしょうね。

柳生烈堂が、悪の権化wになったのは、少年時代にあんな強烈な体験をしたからなのか・・・
もっとも、俺の柳生烈堂のイメージは、「子連れ狼」なんだけど。

362 :マンセー名無しさん:2006/07/30(日) 23:08:55 ID:6XtGd4Ch
>>351

それではウリがプロップをまとめてみよう・・・などと考えているスーパー荒山大戦も、
金日成王朝が五百年続いた世界、大朝鮮人民帝国を舞台にしているから、せーふニダ。

363 :マンセー名無しさん:2006/07/30(日) 23:28:54 ID:+oaZZX8M
>スーパー荒山大戦

朝鮮妖術=スーパー系

柳生新陰流=リアル系

柳生友景=デウスエクスマキナ

こんな理解でよろしいでしょうか?
(荒山作品の剣士はどいつもこいつもスーパー系な気がしますが)

364 :マンセー名無しさん:2006/07/31(月) 23:37:00 ID:MU56etNF
>>363

今のところ、そこまで考えていない。
手もとにある「ゲームシナリオ作法」川辺一外著によると、
ゲームシナリオを書く前に、次のことを決めておくのだそうだ。

@ 世界観
A 悪役
B 主人公
C クライマックス

今のところ@ね。五百年後の大帝国、大朝鮮人民帝国のことについて、いろいろ考えているから。

365 :マンセー名無しさん:2006/08/01(火) 00:51:39 ID:EMf3lYFd
>>364
ブログに「スーパー荒山大戦」カテゴリ作って、そこでやってみましょうか。
(イン殺さんや神無月さんなどの方にお願いして作ってもらうのも可かと)

366 :マンセー名無しさん:2006/08/01(火) 00:58:31 ID:EMf3lYFd
あ、イン殺さんや神無月さんに迷惑をかけるつもりはないです。念のため。

367 :マンセー名無しさん:2006/08/01(火) 02:37:31 ID:IR/0zZqk
>>366
 別にそこまで気にする事はないと思うぞ。
イン殺さんや神無月さんにしたところで
好きに書いているという意味では俺たちこのスレの住人と一緒だ。
荒山作品をネタにしてることに変わりはねぇだろ?
少なくとも俺は面白いモンが読めれば文句ないよ。がんがれ。

368 :マンセー名無しさん:2006/08/01(火) 04:08:07 ID:v6BG14Rp
てか、スーパー荒山大戦ここで延々とやられても困るってことでしょう。

369 :マンセー名無しさん:2006/08/01(火) 06:21:57 ID:Iyel/7nI
とりあえず、イン殺さんとは別にめとめWIKIでも作ったらどうだろう?


370 :マンセー名無しさん:2006/08/01(火) 20:28:33 ID:CQXbkvtI
あれ、好きだけどな
>スーパー荒山大戦

371 :にゃあ1号 ◆SQf3W6n5O. :2006/08/01(火) 20:30:45 ID:bz+XG1Vj
>>364
勧善懲悪主義はディフォなのか(・_・)

372 :365:2006/08/01(火) 22:25:01 ID:AKdDjBUA
wikiって自分のサイト持ってないとダメなのか! (いきなり頓挫)

373 :マンセー名無しさん:2006/08/01(火) 23:05:44 ID:CQXbkvtI
>>372
スーパー荒山大戦のひと?
ここでやったら?


374 :365:2006/08/02(水) 00:22:57 ID:/Su1GX/A
>>373
スレの活性化という意味ではそれもアリなんですけど、
>>368のような意見も当然予想されていたことなので。
(俺は好きです。ぜひ太陰虫&モスラを絡めて酷い話をもっと酷くしたい)

こうなると、言いだしっぺの神無月さんに事情を説明して頼むのが
一番筋に合っているんだろうとは思うのですが、
今は8/19の荒山祭に向けて取り込み中でそれどころじゃないでしょうし、
どうしたものか今ちょっと考え中です。

ttp://d.hatena.ne.jp/hisane/20060723

375 :マンセー名無しさん:2006/08/02(水) 07:57:03 ID:wYmHEPdy
十兵衛両断に出てくる十兵衛って隻眼じゃないよね。
荒山世界の十兵衛は普通に両目が開いているんだっけ?

376 :マンセー名無しさん:2006/08/02(水) 08:47:45 ID:XRMEIjd1
>>375
宗矩三号に切られてなかったっけ。

377 :マンセー名無しさん:2006/08/02(水) 11:44:17 ID:wYmHEPdy
あ、そういえばそんな記述があった。
教えてくれてありがとう。

ただ、一番最初にノッカラノウムで入れ替えられる前にP16に
”好奇心いっぱいの両眼で孫文ケを見つめた。柳生十兵衛厳矩は二十歳である。”
という記述がある。
わざわざ両眼と書いてあるので、あとで隻眼になる伏線かと思ったが、何にも無かったと思う。


378 :マンセー名無しさん:2006/08/02(水) 12:57:00 ID:HNtQ2Ztc
>>375
本をkounyuuした折、表紙を見て(あれ、十兵衛の目?)と思った記憶が。
文庫の表紙イラストは微妙ですが、単行本は眼帯なしの、十兵衛です。

私も、「荒山」十兵衛は、隻眼ではないと思います。
「左目に傷を負った」ことは記してありますが・・・。

379 :マンセー名無しさん:2006/08/02(水) 18:46:17 ID:eWKVwXr0
>>375
 薔薇剣と雨月抄では隻眼ってことになってるね。
特に薔薇剣では矩香が片方の目しか見えぬ状態での剣云々言ってるから、
こりゃ作品によって違うってことかもしれん。
…単に忘れてただけの可能性もあるけど。

380 :マンセー名無しさん:2006/08/02(水) 19:19:53 ID:POicYtxM
「両断」世界では偽宗矩につぶされた描写があるから、隻眼は確実だよね

381 :マンセー名無しさん:2006/08/02(水) 19:46:49 ID:nG/OlPyb
それなんだけど、確か三田主水氏も言ってたはずだが
荒山ワールドには二つの時空が存在するのではなかろうか。

友景が大活躍する時空、名づけて「トモカゲ時空」と、
ノッカラれたり外道剣だったりする「ノッカラ外道時空」。
よく見ると、どうもこの二つの世界観で細部が違ってきてるんだよ。

トモカゲ時空では、家康は豊臣家を潰すのを嫌がってた節がある(雨月抄)。
ノッカラ外道時空では嬉々として滅ぼそうとしてるのに(魔風海峡、柳生外道剣)。

宇喜多秀家が朝鮮で遭遇した奇怪な事件も、
犯人は坂崎出羽守(陰陽師・坂崎出羽守)と、檀奇七忍衆の仕業(魔風海峡)と違う。

でもって、十兵衛の隻眼の件も、
両目が無事(十兵衛両断)と隻眼(陰陽師・坂崎出羽守、薔薇剣、雨月抄)と違いがある訳だ。

だからトモカゲが出る話とそれ以外は違う世界、平行世界なんではないかと推測してみる。

382 :マンセー名無しさん:2006/08/02(水) 20:50:10 ID:T1DZfPv0
柳生雨月抄を読んで、「ヘタレ攻め宗矩×誘い受け友景」という
不穏当な電波を受けた。
というか、「逆風ノ太刀が無意識で使えた俺畏れ」とか考えてる宗矩が
異様なまでにかわゆすぎる。宗矩萌えの人の気持ちが分かった。

383 :マンセー名無しさん:2006/08/03(木) 13:35:19 ID:lAszBZK9
まあスーパーロボット大戦のように各作品で設定が違っていてもあまり気にするなという事だな。

柳生薔薇剣、入手してきた。
これから読むのが楽しみ。

384 :マンセー名無しさん:2006/08/03(木) 15:15:37 ID:jS4a4u5b
お前らがあんまり楽しそうだから、
十兵衛両断読んだ。

−後ろに宗矩
−前にも宗矩

あまりのアレっぷりに、空いた口がふさがらなかった。

おもしろかったので、
次は何を読んだらいいだろう?


385 :マンセー名無しさん:2006/08/03(木) 16:04:21 ID:YtIRBNRD
山田風太郎好きの俺としては荒山作品は気にかかるんだけど、韓国万歳とか、韓国政府、社民、共産のように歴史歪曲を素直に信じたような内容なの?

386 :マンセー名無しさん:2006/08/03(木) 19:27:50 ID:K8de85w5
>>385
韓国の英雄は、かなりかっこよく描かれているのはたしか。
それと同時に韓国のダメなところも、徹底的に書いている。
というか、荒山作品の朝鮮は特撮とかアニメにでてくる悪の組織みたいなノリ。


「女信長」の作者との対談を読んだけど、荒山先生は秀吉びいきだったんだな。
荒山作品では、死体をあばかれたりとロクな目にあっていない気がするが。




387 :マンセー名無しさん:2006/08/03(木) 20:32:17 ID:NW5wL8fc
>>384
 荒山世界が「朝鮮・柳生・妖術」の三要素で構成されているのは
既に常識ですが、その中のどれに最も心惹かれたかで、
オススメも変わるかと。

朝鮮:高麗秘帖、魔風海峡、サラン(魔界転生を既読なら特に)
柳生:柳生薔薇剣、柳生雨月抄、伝奇城(短編収録)
妖術:魔風海峡、柳生雨月抄

 ほか、バランスの取れた魔岩伝説、
「歴史蹂躙」という新機軸が入った処刑御使もいい選択。
基本的にそう極端なハズレはないので、どれを読んでもいいのですが。

388 :マンセー名無しさん:2006/08/03(木) 20:43:40 ID:Wn7+iqkC
>>386
だいたい荒山先生に贔屓にされて、ちゃんと成仏できるキャラがいたか!!!
秀吉もfuckされてたんだなぁ・・・

389 :マンセー名無しさん:2006/08/04(金) 01:49:53 ID:ijzV8T9I
ソンさん
 と
  三厳

(『おしゃれ手帖』のノリで)

390 :マンセー名無しさん:2006/08/04(金) 19:56:48 ID:8CUQWExR
>>381
今後数作を経て、その違いがどんどん明確に、そして大きくなっていく。

それぞれが一つの世界として固まる。

荒山先生、全10巻の長編大河『朝鮮正史』開始。究極朝鮮妖術発動。

トモカゲ時空とノッカラ外道時空、二つの平行宇宙の、正史の座を賭けた
超時空朝鮮カタストロフ妖術SF柳生伝奇の開幕。
石川版柳生十兵衛死すのノリで。

みたいなことを妄想した。

391 :マンセー名無しさん:2006/08/04(金) 20:45:18 ID:DxU0mwdS
>>390
最後はデビルマンというかスラムキングだにょ。

392 :マンセー名無しさん:2006/08/04(金) 22:38:38 ID:NtHw1Uey
>>390

>石川版柳生十兵衛死すのノリで。

ということは、最後はトモカゲ時空の十兵衛とノッカラ外道時空の十兵衛が相討ちになって、
「十兵衛を斃したのは、十兵衛なり」となるか、
どちらかがどちかを斃して、「十兵衛、見事!」となるか、
それとも・・・

393 :マンセー名無しさん:2006/08/04(金) 23:03:52 ID:NtHw1Uey
「朝鮮正史」第一巻 神剣伝説

天智天皇七年(668年)、尾張の熱田神宮の本殿に祭られていた神宝、草薙剣が、
強奪される事件が起きた。
犯人は、新羅の僧、道行。
事態を重く見た天智天皇は、柳 生 十 兵 衛 に、神剣の奪回を命ずる。


(´・ω・`)柳生十兵衛が出てこないと、アラヤマ・ワールドらしくないのでね・・・

394 :マンセー名無しさん:2006/08/04(金) 23:08:35 ID:DxU0mwdS
その時代に名前が十兵衛ではおかしい。
由来する官職がない。
何かそれらしい名前はないかな?

395 :マンセー名無しさん:2006/08/04(金) 23:11:22 ID:fs0aGG1G
友景vs十兵衛
神泉伊勢守vs十兵衛
のガチンコ勝負は見てみたいなぁ、十兵衛は宗矩でも可
ありがちな十兵衛vs宗矩もきっと素晴らしくしてくれるに決まってる

中国史も勉強するって言ってた荒山先生はやっぱりFuckして
金龍(ラーメン屋だなおい)とか羅耐中とか出してしまうんだろうか

396 :マンセー名無しさん:2006/08/04(金) 23:29:04 ID:AKivzjYU
十兵衛が出てくるのって十兵衛両断と薔薇剣くらいじゃなかったっけ?
柳生にしたって、魔岩と両断、でもって薔薇剣に雨月抄くらいじゃん。

両断の時のインパクトが強かったのはそうだけど、
柳生はあくまで荒山世界の一要素だよ。
根幹を成しているのは、結局のところ
「 朝 鮮 」
なんだから。

397 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 00:07:20 ID:j1h6WVmw
>>396
まったく同感!
荒山先生は「朝鮮」を描くために実にさまざまな、というか
実にばかばかしいwいろんなアイデアを繰り出しているとは思う。

しかし、友景。あれに関しては、実在とはいえ、完全にノンフィクション的に
描かれていることもあり、せっかく発掘、育成したキャラを手放すとは思えん。

398 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 02:15:38 ID:jZSOwuNi
>394
ここなんか参考になりませんか。
柳生家系図
ttp://www2.harimaya.com/sengoku/html/yagyu_k.html
>仁和元年(885)に(中略)神戸四箇郷が関白藤原基経の所領となったとある。
>(略)長暦二年(1038)、(中略)四箇郷を藤原氏の氏神である春日神社に社領として寄進した。
>(略)小柳生庄は大膳永家をそれぞれ荘官に任じて神領を奉行させたという。
>このなかの小柳生がのちの柳生で、永家の末が以来この地を領し、庄名をとって柳生と名乗った。
>大膳永家の本姓は菅原氏という。

で菅原家系図
ttp://www.nextftp.com/well/roots/new_page_8.htm
菅原永家は道真公のひ孫にあたるらしいですね。

道真公の生年は845ADですから、さらに200年近く遡らねばなりませんが‥‥

菅原家先祖の古人は781AD前後の人なので、さらに先祖の土師氏ということになりそうです。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E5%8E%9F%E5%8F%A4%E4%BA%BA

土師氏と言えば相撲、そして埴輪。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%B8%AB%E6%B0%8F
古代、十兵衛の先祖は徒手格闘と動く埴輪で、新羅勢力と戦ったのかもしれません。

399 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 02:30:38 ID:v8sCvxIP
>>398
さらに言うと、菅原氏の先祖は当麻蹴速と相撲をとったことで有名な野見宿禰。
彼らが祭っていた神は軍神兵主神であり、その正体は黄帝と戦った蚩尤。
柳生の里から少し下って桜井市に行くと穴師坐兵主神社というこの神様を祭った神社がある。

柳生新陰流には柔術の技術もあり、奥義である無刀取りはそれが進化したもの。
古代の相撲取り野見宿禰を柳生の先祖としても伝奇的には問題ないだろう。

400 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 02:34:10 ID:rjl1RGCO
★★★★★新発売!!「まるで『マンガ嫌韓流3〜諸悪の根源中国編!!』
「タダレきった国、中国!!」「だから中国は崩壊する!!」★★★★★
●わかりやすくて、読みやすい!!踏み込み度満点!!

 ■■■マンガ『そして中国の崩壊が始まる』■■■
  http://www.amazon.co.jp/gp/product/4870317400/249-1625028-5930744?v=glance&n=465392&s=gateway
  原作:井沢 元彦(ベストセラー「逆説の日本史」シリーズの著者)
  マンガ:波多野秀行(上手くてビックリだ)
  飛鳥新社 価格: ¥ 1,500 (税込み)

●なんと、売国・反日業界人達を、実名・写真入で滅多切り!!土下座外交推進者リスト!
  出演者:福田康夫、奥田トヨタ会長、大橋巨泉、筑紫哲也、その他大笑いの面々
●中国のイカレタ「社会構造」が一目瞭然!!農民には「核」で報復!!
●読みやすいドラマ仕立て!「相手の事は、生半可な知識でも「とりあえず批判」の
 朝鮮人達の悲しき習性を解説!!
●結局中国は靖国神社について「あまりに勉強不足」!!の理由を解説!
●どこまでいっても中華思想!なぜ中国の政治が、共産主義に走ったのか一目瞭然!
●人権侵害国家の言論統制度合いが満載!キリスト教だって弾圧だ!チベットだって属国だ!
●「ナチスドイツの再来・最悪の独裁国家・中国共産党!」そこまで言っていいんかい(笑)
●中国にもイタイイタイ病(公害病)発生!奇形動物達を写真入りで掲載!最悪の公害国家中国!等
●だから「儒教」は嫌われる!「平等」の概念の無い「イカレ宗教」が儒教の本質!!
 だから中国は「ワイロ」が横行した!!

 まるでベストセラー「マンガ嫌韓流1・2」の続編かと思わずにはいられない内容!!活目!!
 星五つ!!★★★★★
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883805166/249-1625028-5930744?v=glance&n=465392&s=books

401 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 02:53:55 ID:v8sCvxIP
現在の柔道の源流は喜納治五郎が学んでいた起倒流柔術だが、
この起倒流柔術は柳生新陰流と縁が深い。

始祖の茨木専斎は柳生宗矩の元で柳生新陰流を習っていた言わば十兵衛の兄弟弟子であり、
自ら編み出した起倒流の名前を沢庵和尚につけてもらったという話が、柳生十兵衛の著書「月之抄」に載っている。

同じく柳生新陰流の分派であり、坂本竜馬が土佐で学んだ小栗流も剣術と柔術の両方を使う流派であることから、
柳生新陰流自体が柔術を重視していたことがわかる。

修羅の刻の中で陸奥に対して十兵衛・竜馬ともに剣で戦っていたが、
素手で戦ってもそこそこいけたと思われる。

402 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 03:09:04 ID:v8sCvxIP
ちょっと検索したんだが、桂小五郎も萩にいたことは柳生新陰流を習ってたのね。
なんか柳生新陰流が日本史を操ってるという構図が書けそうだな。

403 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 07:41:46 ID:8SpZ2g9K
>>398
面白いですね。
「○兵衛」は「ひょうえ」、律令体制でも末期以降の「さむらい」登場以降ですね。

天皇から命を受けるのであれば、最低位で良いけど「武官」として除目されていて欲しい。
語感だけから合成すると
「判官−ジョウと読む」
「武官のうち軍事面担当職員であるとして五衛府」
「勤務体系で連日、同じ職を担当すると”上”と呼称」
<柳生なにがしの判官(ジョウ)>
<柳生なにがしの兵馬(ヒョウメ)>
何時も仕事してるような変人なので<上>をつけて『ジョウ−ヒョウーメ』→『ジョウ−エ』
  じ ゅ う べ え  キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!


本当は各官庁での六位〜八位あたりの下級役人の子弟で、21才以上の待命員で中等の能力評価を
されたものが「兵衛(ひょうえ)」として配属されてます。
「十人前喰う(ムダメシクイ)のひょうえ」とでも綽名されていたが実は…の方が面白いかもしれません。
こうして設定しておくと、『サウラビ』ネタにリニアに連結できると思うのです。

404 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 09:38:17 ID:i3JTr4+a
>>398,399
京極夏彦の塗り仏の宴でやってたな、
良く考えたら十兵衛の兵衛って兵主神や妖怪ひょうすべ(兵主部)と関係ある名前なのか?
京極夏彦は中国の長江文明=古代蜀との関連を突っ込んでたが、
荒山先生なら朝鮮との関連だな。


405 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 10:49:20 ID:yCIGXOTN
案外、もう荒山先生としては
「柳生は雨月抄で十分やったし、そろそろ新しい何かでも作り出すかな」
とでも思ってたりして。
処刑御使はその始まりに過ぎず、また新しい何かを朝鮮ナイズしてしまうのでは…

406 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 11:53:50 ID:D9tEnI8S
サランで言ってたのをふくらますのはやってくれると思いたい、荒山先生は
張った伏線を回収してくれそうなタイプって気がするし。
後は崇徳上皇がらみかなぁ。元寇がらみもありそうな気がするけどサランの
別の短編でちょっと触れてあれで終わりなんだろうか。

407 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 12:50:50 ID:i3JTr4+a
今度は白村江あたりの古代史をやってほしいね。
倭国の船を次々沈める新羅妖術ガサラ鬼。


408 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 13:42:42 ID:kyd41M/P
西田さん!

409 :マンセー名無しさん:2006/08/05(土) 22:00:41 ID:JRPDaM1+
>>407

アラヤマ・ワールド内の新羅は、四世紀の奈忽王の時代に太陰石を手に入れて、
それから五百年続いたことになっている。

410 :384:2006/08/06(日) 09:17:43 ID:Qxk0by6u
>>387
遅れて申し訳ないが、ありがとん。
近所の本屋に魔岩伝説あったから買ってきた。
雨月抄とかサランて文庫になってないのね。 orz

既刊本が文庫になる前に、とりあえず魔界転生は読んでおこうと思う。
あと他に、アラヤマニア必須の他作家の本てある?


411 :マンセー名無しさん:2006/08/06(日) 12:24:41 ID:2AdKybwR
山田風太郎の「柳生忍法帖」。「柳生薔薇剣」の元ネタ

412 :マンセー名無しさん:2006/08/06(日) 13:08:44 ID:UPm01G0A
あと隆慶一郎かな。
とりあえず「十兵衛両断」みたいなもん読みたかったら「柳生非情剣」。
妖術が見たかったら「花と火の帝」。

413 :マンセー名無しさん:2006/08/06(日) 15:33:29 ID:3xtr0wYa
そして隆慶一郎を読みつくしてしまったら、五味康祐(すけの字がでない・・・)
『柳生武芸帖』など、どうでしょうか。
ちなみに短編集『剣法奥儀』巻末では、荒山先生の解説も読めるよ!

今、めくったらば、なんとなんと旧版『剣法奥儀』の解説は、柳生新陰流
二十一世宗家の柳生延春氏が書いておられるらしい!
荒山先生! この方はfuckしないほうが・・・!!

414 :マンセー名無しさん:2006/08/06(日) 15:50:07 ID:/KlEN1gk
>>398
土師氏といえば陛下のゆかり発言ですね。

415 :マンセー名無しさん:2006/08/06(日) 17:29:16 ID:9SKO7vL6
>>414

だから、この土師氏というのを、
「表向きは陶器の製造・流通を行っている氏族だが、実は古代格闘技を伝える一族」
という設定にすれば、古代にもアラヤマ・ワールドが・・・

416 :マンセー名無しさん:2006/08/06(日) 17:52:08 ID:kp7pfCkF
>>402
『死ぬ事とみつけたり』だと鍋島勝茂とその息子の一人が柳生の高弟だったはずだし
江戸期以降、日本の剣術最大派閥じゃなかったっけ?>柳生新陰流
将軍家御留流としての権威みたいなものがあるだろうし、江戸柳生の総帥宗矩も
大目付という職にあった訳だから政治力もありそうだから強ち間違いじゃないかも知れぬなあ>柳生が裏で操る

417 :マンセー名無しさん:2006/08/06(日) 20:15:42 ID:URSSat8r
「荒山先生にネタを提供するスレ」とかないのかな?
とりあえずネタとしては、
@応永の外寇で、家族を殺された対馬忍者が朝鮮に復讐の旅に出る
A三別抄がらみ
B元寇のとき、高麗国王の命令で日本総司令官の武藤なんとかを暗殺しようとする朝鮮忍者。でも台風も朝鮮忍法てのはかんべんな

418 :マンセー名無しさん:2006/08/06(日) 20:18:13 ID:bQlugRS3
そんなことせんでも我々の妄想の斜め上を行った作品を書いてくれるので問題ない。

419 :マンセー名無しさん:2006/08/06(日) 20:34:57 ID:rI+5agpw
>>410
 必読ってほどじゃないけど、
荒山版家康・六丸(義仙)へのカウンターとしての
隆慶一郎「吉原御免状」と「影武者徳川家康」、
あと、荒山宗矩(隆慶宗矩もそうだが)へのカウンターとして、
山岡荘八「柳生宗矩」も読んでみると楽しいかも。

420 :マンセー名無しさん:2006/08/06(日) 21:21:22 ID:URSSat8r
荒山先生って山田風太郎が魔界転生したんでしょ?

421 :puku:2006/08/06(日) 21:47:18 ID:rjNa3o4s
やあああまだのおとしごぅ

422 :マンセー名無しさん:2006/08/06(日) 23:06:00 ID:2bEp6J8I
http://www.geocities.jp/k_hisane/arayama_3
http://www.geocities.jp/k_hisane/arayama_2
http://www.geocities.jp/k_hisane/arayama
http://www.geocities.jp/k_hisane/kourai

これみるだけで笑ってしまうな。


423 :マンセー名無しさん:2006/08/07(月) 01:16:40 ID:rxjlS5uJ
>>420
いや、実は山田先生が新聞記者であった荒山青年にノッカラノウムで…

424 :マンセー名無しさん:2006/08/07(月) 06:16:48 ID:v7ZUR/Nn
>>419
六丸のその後を知りたいなら子連れ狼だよ。

425 :マンセー名無しさん:2006/08/07(月) 08:25:44 ID:tflRmwwU
十兵衛は、六丸に斬られた瞬間にノッカラノウムで入れ替わった。
六丸はやがて長じて柳生烈堂となり、悪の権化になる。
この魔人も、やがて歳を取り、次の肉体として目をつけたのは、拝一刀であった・・・

という、荒山版「子連れ狼」を激しくきぼんぬ。

426 :384:2006/08/07(月) 09:59:34 ID:mCypVgVJ
いっぱいレスついとる。
倭奴のみなさんありがとん。

さすがに上がったの全部は一気に読めんから、
少しづつ読むことにするわ。

最近、周りがみんな韓人に見えてきた。

427 :マンセー名無しさん:2006/08/07(月) 12:31:39 ID:KhO0OqO6
>>420
山田風太郎ほど突き放した視点を持ってるわけではないと思う。
むしろ隆慶一朗の熱さに近いんじゃないかと。


428 :マンセー名無しさん:2006/08/07(月) 19:21:57 ID:eNIt1K47
山田風太郎は破天荒に見えるけど、すごく史実を大事にしているんだよな

429 :マンセー名無しさん:2006/08/07(月) 20:38:02 ID:PKwWFaKM
熱いし、史実を大事にしてるし、真っ直ぐなんだけど、
そもそもの座標系が人と違うからそう取ってもらえないんだよね、荒山先生は

430 :マンセー名無しさん:2006/08/07(月) 21:01:45 ID:rxjlS5uJ
まあ普通、アンチでもなく、コヴァ系でもないのに、ハン板に
スレ立てられないよな、小説家は。

431 :マンセー名無しさん:2006/08/07(月) 22:57:15 ID:pFoDcjxd
>>425
何そのジョジョ第1部w

432 :マンセー名無しさん:2006/08/07(月) 23:42:46 ID:mHxdOBwq
>>426
>最近、周りがみんな韓人に見えてきた。
典型的な荒山化の兆候です。お大事に。

433 :マンセー名無しさん:2006/08/08(火) 01:07:11 ID:6vYeK8Ey
剣道は韓国の古代剣法朝鮮勢法が起源であり、その模倣にしか過ぎない。
今後は剣道は日本のものという誤った知識を世界に向けて発信していく所存である。

434 :マンセー名無しさん:2006/08/08(火) 02:12:47 ID:Q3sNTrs/
>>433
えーと、なぜ今ここで『剣法正宗遡源』ネタを?

435 :マンセー名無しさん:2006/08/08(火) 06:57:14 ID:BshcyWEn
六丸を朝鮮におびきよせる為に決まってる

436 :398:2006/08/08(火) 20:08:26 ID:8aOEQ+55
>399-412
いやあ、しっかり調べないと、面白いことを見逃してしまいますねえ。私は
踏み込みが足りませんでした。ありがとうございます。
特に、
>彼らが祭っていた神は軍神兵主神であり、その正体は黄帝と戦った蚩尤。
蚩尤というと、ウシ的なビジュアルの画像がありますが、
ttp://kamnavi.jp/as/yamanobe/anasi.htm
柳生(野牛と音が通じる)といい、但馬(と言えば但馬牛)といい、あの一族は
妙に牛に関わりがあるような。偶然でしょうか。

>414
いかん! 誰か荒山先生を止めてー!


437 :マンセー名無しさん:2006/08/09(水) 06:15:11 ID:emGp5+Bj
ひらめいた!
バッファロービルは柳生一族だったんだ!
アメリカ柳生誕生!

438 :マンセー名無しさん:2006/08/09(水) 11:25:29 ID:gjeKztGV
>>437
上手い!

439 :マンセー名無しさん:2006/08/09(水) 21:34:19 ID:O/T1ZzSe
>>437
ttp://internet.kill.jp/wiki/index.php?%A5%D6%A5%B7%A5%C9%A1%BCMMO%2F%CC%F8%C0%B8%2F%C6%EE%CB%CC%A5%A2%A5%E1%A5%EA%A5%AB#usa

アメリカ柳生
カリフォルニアにはもう一人BILLヤギューがいるようだ

440 :マンセー名無しさん:2006/08/11(金) 01:40:48 ID:fm8CxXC4
 “韓国とのゆかり”発言の桓武天皇五代の子孫にして
 “東国最大の怨霊”平将門は、
 “後水尾天皇”の代に赦免され、朝敵の汚名を返上している。

これ、荒山的に使えそう。

441 :マンセー名無しさん:2006/08/11(金) 01:44:49 ID:7KdlVfXJ
>>440
マジですか! それは料理しがいのある設定ですね。

442 :マンセー名無しさん:2006/08/12(土) 00:28:24 ID:V/Z6oaYc
吉梨さんの「山風と荒山はベクトルが違う」という記事を読んで気づいた。
荒山先生は「滅びの美学」というものをほとんど描かないね。
山風も隆慶もそういうの沢山書いているのに。あえて避けて通っているのかな?

443 :マンセー名無しさん:2006/08/12(土) 09:26:42 ID:Ty7hlRoe
>>442
「滅びの美学」という哲学は、荒山世界には存在しないのでは?

たとえ主人公が死んでも、その子供がすでに愛した女の中にあり、亡き主人公の遺志を継ぐ(高麗秘帳)
敵味方となってしまったロミオとジュリエットが、すべての縁を斬り捨てて
手に手をとって駆け落ちし幸せになる(柳生薔薇剣)
と、二作品をみただけでも、荒山先生、実は読者に希望を抱かせるハッピーエンドで
しめくくっておられる気がします。

444 :マンセー名無しさん:2006/08/12(土) 09:28:16 ID:6s+v6naI
いずれ朝鮮が滅亡する話で滅びの美学をたっぷりと書いてくれるだろうさ

445 :マンセー名無しさん:2006/08/12(土) 12:11:03 ID:pQYoMvJb
朝鮮は滅びぬ!何度でも蘇るさ!

446 :マンセー名無しさん:2006/08/12(土) 13:11:38 ID:a5UfqHMj
滅びないのは、柳生。
これはガチ

447 :マンセー名無しさん:2006/08/13(日) 00:04:12 ID:SU2Zz/AR
>>440

>“後水尾天皇”の代に赦免され、朝敵の汚名を返上している。

俺的には、
「幸徳井友景が、征東行中書省との戦いで、平将門の霊の助力によって、勝つことができたので、その功績により、後水尾天皇は平将門を赦免。朝敵の汚名を返上した」
と考えたいところだ。
柳生雨月抄には、そんなエピソードはどこにも載ってないけど。

448 :マンセー名無しさん:2006/08/13(日) 01:13:43 ID:7XjhrOvp
>>443
にゃるほどね。
山風=せがわラインは滅びの美学。
荒山は負の面であっても執念で生き延びるよな。
十兵衛も2回死んでもしぶとく生き残り、3回目でもその執念は六丸に受け継がれてるみたいだし、
サランも母の執念が子供に受け継がれる(ようだ)
石川賢の主人公もしぶといやつらばっかりだし、そっちのラインに近いかも。
バラバラになって殺されても、超能力で肉片を集めたり、魔獣を体内に取り入れたり、魔界転生したり、極道サイボーグになったり、ゲッターに取り込まれたりして生き残り、
そのまま永遠に戦い続けてるし。

449 :マンセー名無しさん:2006/08/13(日) 15:17:38 ID:PZc4rxq9
ここに毒されて柳生十兵衛両断読みました。
何で十兵衛は最初に仮面かぶったんでしょうか。教えて下さい。

>448
極道サイボーグワラタ。
石川キャラってなんであんなにどうしようもない人たちばかりなのでしょうかw

450 :マンセー名無しさん:2006/08/13(日) 15:26:57 ID:ngGUxMLb
魔界転生IN 朝鮮書いてくれ。魔岩伝説に出てきた洪景来が定州城落城後、魔人となって仲間を集めるとか。
チームは鬼室福信、金方慶、李瞬臣、安重根、金日成、Wサマで、紀州公の役はノムヒョンだな。十兵衛役はそのまま卍兵衛でいいや

451 :マンセー名無しさん:2006/08/14(月) 01:12:44 ID:PPM7h0z5
転生ってのは儒教にもあるの?

452 :マンセー名無しさん:2006/08/14(月) 11:37:34 ID:gUE0VOy+
>>451
君子怪力乱神を語らず、ですから儒教的にはそもそも扱わない
範囲とされていたはず。

そんな国が妖術の国になってしまう荒山ワールド、恐ろしい子w

453 :マンセー名無しさん:2006/08/14(月) 13:27:40 ID:aFRTU85I
>>452
儒教国家なのに、原始的なシャーマンがわんさか存在していて、
似非宗教家を外国にまで輸出してるのはなんで?

454 :マンセー名無しさん:2006/08/14(月) 15:24:27 ID:KWTzbZrr
朝鮮だから

455 :マンセー名無しさん:2006/08/14(月) 16:22:49 ID:lw98j+M+
妖変子連れ狼 第一回

拝一刀は、元は柳生烈堂の末の息子であり、幼少の頃、拝家に養子に出され、長じて公儀介錯人となった。
しかし、その頃、柳生家では烈堂の息子が次々に不慮の死を遂げるという怪異が起こり、烈堂に後継ぎがいなくなる、という事態が発生した。
烈堂の子供で生き残ったのは、養子に行った一刀と、妾腹の娘の鞘香のみであった。
そこで烈堂は、一刀に対して柳生新陰流の道統を継ぐように求めた。
一刀は、一度はこれを了承したものの、列堂の言うところの「道統」なるものが、ノッカラノウムの秘術による魂の入れ替えであることを見破り、烈堂が自分の肉体を奪おうとしていることに気が付く。
烈堂は、ノッカラノウムの秘術によって、己の魂を新しい肉体に入れ替えて生き延びている魔人であった。


456 :マンセー名無しさん:2006/08/14(月) 16:25:49 ID:lw98j+M+
     △   
    (;゚Д゚) 冒頭から父子の葛藤なんて、
    (  ) ゲド戦記の影響かな?
     )ノ  続きは明日。

457 :マンセー名無しさん:2006/08/14(月) 17:00:50 ID:gUE0VOy+
>>454
まあ強いて言えばカルト儒教国だからねぇ。
「本来の儒教」では扱わない範囲、という事です。

458 :マンセー名無しさん:2006/08/14(月) 19:38:57 ID:KWTzbZrr
>>455
それなんてからくりサーカス?

459 :マンセー名無しさん:2006/08/14(月) 20:09:16 ID:mSDm/tbu
>>455
烈堂とノッカラノウムしていたのは実は宗矩。
その宗矩も石舟斎にノッカラノウムされていた。石舟斎も実は、某剣聖さんにノッカラノウムされている。
某剣聖さんは、永久に行き続けようと考えていた。
疋田豊五郎は、剣聖さんがノッカラノウムの対象とすべく育てていたが、危機を察知して逃げ出していた。
自分の代わりに石舟斎が犠牲となったことを知った疋田は罪の意識から、なんとか剣聖さんを止めようと考え、何人かの弟子を育て上げる。

友景時空ではないので、十兵衛もかませでもなければ邪悪でもなく普通に活躍していたりする。あと、連也とかも出て欲しいなぁ。




460 :マンセー名無しさん:2006/08/14(月) 20:55:56 ID:mv3EzEdF
柳生雨月抄よんだ。
…たしかに、こりゃあ「小説以外の何か」だな。
最後の方なんか、大昔の実写の赤影思い出したよ。
同世代ながら、この世代のオタは仕方がねえなーと、つくづく感じ入り
ながら楽しんだ。
ところで、蟯伯って、乗り移ってる宿主が不能になったらどうするんだ
ろう?

461 :マンセー名無しさん:2006/08/14(月) 21:09:18 ID:vCJF3t+8
産経新聞キターーーーーー!

著者に聞きたい  荒山徹さん『処刑御史』

http://www.sankei.co.jp/news/060813/boo011.htm

462 :マンセー名無しさん:2006/08/14(月) 23:57:18 ID:lw98j+M+
>>460

>ところで、蟯伯って、乗り移ってる宿主が不能になったらどうするんだろう?

体からへんなホルモンを分泌して、無理やりにでも立たせるから無問題。

463 :マンセー名無しさん:2006/08/15(火) 08:49:37 ID:PjWdyVYb
妖変子連れ狼 第二回

一刀は、烈堂を呼び出した。烈堂を斬るつもりであった。
一刀にとって、他者の肉体を奪って生き続けている魔人、という存在そのものが許せなかった。それに、怪死した兄弟のことも気になる。
「わが兄弟を斬ったのは、父上か」
「然り。ノッカラノウムの秘術によって肉体を奪おうとしたら、わしを斬ろうとしおった。返り討ちにした」
やはり、と一刀は思った。
柳生家に起こった一連の怪事、その原因は烈堂自身だった。
「一刀、わしをここに呼び出したのは、何故」
「知れたこと。兄者の仇。斬る」
「ならば、こちらにとっても好都合。わしの正体を知られた以上、生かして返すわけにはいかぬ。たとえ我が子でもな。
言っておくが、うぬの屋敷には、わが配下の魔剣士を差し向けた。禍根は断つ。うぬがここにいるということは、屋敷はがら空き」


464 :マンセー名無しさん:2006/08/15(火) 09:04:33 ID:PjWdyVYb
     △   
    (;゚Д゚) これからだんだんアラヤマ・ワールドになっていくから
    (  ) 期待してね。
     )ノ

465 :マンセー名無しさん:2006/08/15(火) 09:25:03 ID:pFvGdhT0
荒山先生の世界は一に朝鮮、二に朝鮮、三、四がなくて五に柳生、くらいだと思うんだよね
だからまず朝鮮、何を差し置いても朝鮮ってくらいじゃないとちょっと微妙

466 :マンセー名無しさん:2006/08/15(火) 13:27:23 ID:eDCXPn3O
>>452
中国の場合表向きは儒教が国家原理だけど民間では道教が主流であるように
半島では民間で主流だったのはシャーマニズムだったんじゃないの?


467 :マンセー名無しさん:2006/08/15(火) 13:54:50 ID:pis3GPfI
こうなりゃ、荒山徹と池上永一の朝鮮琉球巫女対決だ

468 :マンセー名無しさん:2006/08/15(火) 21:56:16 ID:NnEpIF5/
>>465
三、四は妖術(=忍法)

469 :マンセー名無しさん:2006/08/15(火) 23:16:52 ID:+Owzhe7h
四は恨だろう

470 :マンセー名無しさん:2006/08/15(火) 23:20:20 ID:NnEpIF5/
>>469
誤解召されるな。
恨は朝鮮の根底を為す因子、恨無くして朝鮮とは云えませぬ。

471 :マンセー名無しさん:2006/08/16(水) 12:18:11 ID:nnjT5H0E
妖変子連れ狼 第三回

「あっ」
一刀は叫んだ。
次の瞬間、一刀の目の前から烈堂の姿が消えた。
一刀は、背後に烈堂の気配を感じて、身を翻した。その瞬間、烈堂の剣が空を斬る。
烈堂は、いつの間にか一刀の背後にいたのだった。
一刀は反射的に、烈堂に水鴎流水切りの太刀を放つ。
たしかな手ごたえがあった。
一刀の刀の切っ先が、烈堂の手首をわずかにかすめたのだ。
烈堂は、手首を抱えてうずくまった。
「一刀、よくぞわしの気配を感じとった。ほめてやる」
そう言うと、烈堂は一刀の目の前から、かき消すように姿を消した。
「縮地法か」
烈堂は、自らの剣技に縮地法を組み合わせた剣法を会得していたのだった。

472 :マンセー名無しさん:2006/08/16(水) 12:22:00 ID:nnjT5H0E

     △   
    (;゚Д゚) 縮地法で、相手の背後に回りこんでバッサリ、
    (  ) なんていう剣法は、拝一刀以外じゃ、
     )ノ  かわせないでしょうね・・・

473 :マンセー名無しさん:2006/08/16(水) 12:36:54 ID:DMJ1ynYz
このスレを初めて読んだ感想、


今から図書館行ってくる。

474 :マンセー名無しさん:2006/08/16(水) 16:38:27 ID:Z6b6NSYr
自作品をファックされても怒らない大人といえば横山先生か。
マーズとか。

475 :マンセー名無しさん:2006/08/16(水) 19:21:53 ID:oX05/b/U
>>474
鉄人28号を、リモコン操作からパイロット搭乗型にファックされそうになったときは、さすがに怒ったらしいよ、横山先生。

476 :マンセー名無しさん:2006/08/16(水) 21:54:03 ID:nnjT5H0E
妖変子連れ狼 第四回

だが、一刀には考えている暇はなかった。
刀を納めると、ただちに自分の屋敷に急いだ。
妻あざみや、一子大五郎のことが心配だった。
だが、すべてが遅かった。
屋敷には、惨殺された死体が散らばっていた。
いずれも、一刀の家族や一族郎党であった。
その中には、一刀の妻のあざみの死体もあった。
烈堂配下の魔剣士に襲撃されたのだ。
「烈堂許さぬ」
生き残ったのは、一子大五郎のみ。
一刀は、大五郎を抱きながら、烈堂に対する復讐を誓うのであった。



477 :マンセー名無しさん:2006/08/16(水) 21:56:34 ID:nnjT5H0E


     △   
    (;゚Д゚) 本作、妖変子連れ狼には、朝鮮は出てきません。
    (  ) 残念。
     )ノ

478 :マンセー名無しさん:2006/08/16(水) 22:00:12 ID:9g3Xsh/J
じゃあ荒山スレ用じゃないな。

479 :マンセー名無しさん:2006/08/16(水) 22:21:02 ID:LlkkJwjC
柳生の出てこない荒山作品はいくつかあるが、
朝鮮の出てこない荒山作品はない。

つまりはそういうことである。

480 :マンセー名無しさん:2006/08/17(木) 01:18:31 ID:a174kgYh
>>477
 そこで「実は朝鮮人だった」メソッド発動ですよ。

481 :マンセー名無しさん:2006/08/17(木) 12:20:00 ID:0QjJ45Ow
妖変子連れ狼 第五回

単なる剣技では、烈堂は倒せない、そう感じた一刀は、京都へ行き、陰陽師幸徳井友景を尋ねた。
そして一刀は、友景の口から、烈堂の正体を知ることになった。
烈堂の正体・・・それは柳生十兵衛であった。
柳生十兵衛は、ノッカラノウムの秘術によって自分の肉体を奪われ、代わりに韓人柳三厳の肉体を得た。
ここまでは同情できる。
しかしその後、ノッカラノウムの秘術を得て、柳四厳の肉体を奪い、さらに六丸に斬られたときは、最後の力を振り絞って六丸にノッカラノウムの仮面を被せて六丸の肉体を奪った。
その六丸が今の烈堂である。
そこから先のことは、一刀の方がよく知っている。
烈堂は、自分の息子の肉体を奪おうとしたのだ。
そのことを知った一刀の兄達は、烈堂を斬ろうとして、返り討ちに遭ったのだ。
なんたる魔人!!!
一刀は、あまりのおぞましさに慄然とした。
「烈堂を斬ることができるのは、一刀、お主だけだ」
「いかにして?烈堂は縮地法で一瞬の間に相手の背後に回り込む。
幸いにも、烈堂の剣をかわすことができたが、これは僥倖。同じ事は二度とできぬ」
「秘太刀を伝授する」
「秘太刀とは」
「冥府魔道の剣。名づけて魔界剣。
烈堂を倒すのに、これほどふさわしい剣はあるまい」



482 :マンセー名無しさん:2006/08/17(木) 12:23:29 ID:0QjJ45Ow


     △   
    (;゚Д゚) たいへんだ。
    (  ) 冥府魔道の剣、魔界剣、なんてかっこいい名前を思いついたけど
     )ノ  それがどんな剣なのか、ぜんぜん考えてないぞ。


483 :セイラ・マス・大山:2006/08/17(木) 12:29:51 ID:9s/6gdPH
>>482
刃にウンコ付いてて、切られると傷が化膿する。

484 :マンセー名無しさん:2006/08/17(木) 15:03:43 ID:xnF586Nb
魔界剣って、菊地秀行が既に1回くらいつかってて、しかも本人も
忘れていそうな気がする。

485 :マンセー名無しさん:2006/08/17(木) 22:07:16 ID:Sqsev8pE
>>482
斬られると傷口から空間生物兵器ドグラが湧くんですよ。

486 :マンセー名無しさん:2006/08/18(金) 01:14:22 ID:oCYQQDFm
そういや「卒業――チョロップ」ってどれくらい
「お前は何を言っているんだ」な随筆なんだろ。

(厳密には)明日の荒山祭が楽しみです。

487 :マンセー名無しさん:2006/08/18(金) 19:15:14 ID:PA1BLo3z
そういえば荒山先生は現在進行形で連載持ってるのか?


488 :マンセー名無しさん:2006/08/18(金) 20:14:07 ID:vk4dY8cB
>>487
神無月氏のとこにあった奴だが、小説すばるで

小説すばる 2月号目次

荒山 徹 幼君暗殺使
「鳳凰の黙示録」第一話
玉座をめぐる争いの続く李氏朝鮮王朝。
王は幼い異母弟を葬ろうとしていた。
暗殺に奔る女剣士団。
だが、その心は揺れる。
「鳳凰の黙示録」、堂々のスタート!

だ、そうな

489 :マンセー名無しさん:2006/08/18(金) 20:18:56 ID:vk4dY8cB
つかこれ、2月号は2月号でも2004年の2月号か。
ってことはわりと近々書籍化しそうだな。

490 :マンセー名無しさん:2006/08/18(金) 21:03:47 ID:+zA4rUIy
>>488
神無月さんの記事のだと、おれは

>「金髪くノ一絶頂作戦」(服部半蔵秘録)

の方が気になったな。
ひょっとして半蔵ものでも1冊まとまるんだろうか。

491 :マンセー名無しさん:2006/08/19(土) 22:48:36 ID:PGmWwUey
朝鮮柳生は実在した?
ttp://homepage2.nifty.com/pfruit/mimi/01/01041.htm

492 :マンセー名無しさん:2006/08/19(土) 23:24:09 ID:LrPBxT6T
>>491
柳生家が朝鮮人を召し使ってたのは結構有名な話。
荒山先生もそこから着想を得たのかも。
朝鮮出兵時の捕虜が多かったから、朝鮮人自体は珍しくもなかった。
史実の前田慶次も親子の朝鮮人を雇ってたくらいだし。

493 :神無月久音:2006/08/20(日) 01:26:49 ID:Jocvkr1Y
 >>1さんへ。
本日はお疲れさまでした。
酒も抜けたので、とりあえず報告をば。

【荒山祭】
http://d.hatena.ne.jp/hisane/20060819/1156003993#seemore

494 :マンセー名無しさん:2006/08/20(日) 03:03:19 ID:pQYoMvJb
>>493
報告乙。
楽しいひと時を過ごせたようで。
こちら萌えとか美少女化とかにはついてけない親父だが、
荒山作品について直に語り合える機会があるのは素直に羨ましい。

495 :マンセー名無しさん:2006/08/20(日) 04:43:13 ID:QvJKwub0
>>492
韓人が武将になれてるくらいだしね


496 :マンセー名無しさん:2006/08/20(日) 21:08:36 ID:6s+v6naI
朝鮮柳生には三つある

柳生純厳が起こした朝鮮柳生

疋田豊五郎が臨海君に伝え、それを継承した独立党の剣術

柳三厳が起こした柳生武芸庁の一門

しかし結局のところどれも滅亡しているので、歴史的には残っていないという荒山マジック

497 :1:2006/08/21(月) 00:34:00 ID:k4ot4ntB
やっとアク禁が解けた。

>>493
昨日はごちそうさまでした。とても楽しかったです。
飛び入り参加して済みません。次はもう少し準備を整えてからにします。

おぼろげながら補足をば。

・「卒業――チョロップ」。悪のマルコ・ジュリアーニとペピーノ親方に
カモられる可哀想な荒山先生にオヤジ萌えを見た。
・「鳳凰の黙示録」はともかく「金髪くノ一絶頂作戦」の題はあまりにもひどい。
・処女作の「高麗秘帖」に全てが込められているかというとそうでもなく、
むしろ毎回新境地を拓き過ぎる。
・ロボット三原則と巨武仏。高麗(カレル)・チャ・ペック。
・原哲夫風モヒカン両班。
・ジャンプにジャガーが三話一挙掲載されたような構成の「伝奇城」。
・「処刑御使」を読んでいると、さらに最近の在日問題とか
京都ウトロ問題とか扱いかねないから怖い。
・やはり現代の柳生家が物言いしてこないかが一番の心配。
・荒山先生病んデレ説。確かに韓国が好きすぎてイカれてる。
・隆慶一郎に何か恨でもあるんだろうか。ああ、病んデレなんですね。
・筒井康隆ネタに飛ぶ。
・半村良ネタに飛ぶ。
・チャンピオン&レッドネタにも飛ぶ。
・バンチネタにも飛ぶ。やはり「プルンギル」はアツくていい漫画。
雑誌は違うけど「ブルーフッド」も。
・モーニングネタにも飛んだ。BOICHIのSF読み切り「HOTEL」とか。
・最早荒山先生と関係のないネタに転(まろ)ばされていく。
・荒山先生はひどいけどファンはもっとひどいというひどいオチ。

大体このような流れだったと思いますがどうでしょうか。

498 :神無月久音:2006/08/21(月) 00:40:00 ID:78kGr36e
>>497
 おお、やっぱ書いてた以上にアレコレ喋ってたもんで砂。
やはりメモの威力は偉大であります喃。

 つか、こっちこそ途中でブッつぶれてしまってすいません。
次やる時は、突発の人も無問題な形式にしますかねー。

499 :1:2006/08/21(月) 00:43:49 ID:k4ot4ntB
あ、それと

・「柳生雨月抄」で、文民であり武科である剣や雑科である陰陽を蔑む
両班の偉い人のくせに、自身もよく妖術を使う鄭仁弘の不可思議さ。
ああ、面白ければその辺はどうでもいいんですねハイ。

というのも追加します。

500 :1:2006/08/21(月) 00:48:01 ID:k4ot4ntB
>>498
いえいえこちらこそ。
メモに書いてなかったけど思い出したこともあるので、案外アテになりませんです。
メモに書いてないところから事実を語り出してこその伝奇メソッド、とか(違う)。

501 :マンセー名無しさん:2006/08/21(月) 10:31:34 ID:zlye2LjI
>メモに書いてないところから事実を語り出してこその伝奇メソッド、とか(違う)。

スレ違いだけど、「昭和天皇が靖国神社A級戦犯合祀に不快感を示したとされるメモ」だって、
怪しさ爆発!!!だよね。

まともな報道機関が、伝奇メソッドなぞ使っちゃあいかんよww

502 :マンセー名無しさん:2006/08/21(月) 11:20:07 ID:E0Y601H8
>>501
確かにアレは伝記物だとすれば納得がいく。
伝記物恐るべしw

まあ朝鮮柳生は結局受け継ぐ人がいなくて劣化、廃れていく運命にあるのは
剣法正宗〜で書かれている通りだとおも。

503 :マンセー名無しさん:2006/08/21(月) 13:07:49 ID:E7iJJufJ
図書館から荒山の短編が載っている雑誌を借りてきた。
「服部半蔵秘録 金髪くノ一絶頂作戦」 小説新潮 2003年5月号
「密書「しのぶもじずり」」 小説新潮 2003年9月号


504 :マンセー名無しさん:2006/08/21(月) 15:28:56 ID:B9f1Ia5Q
天皇の墓を暴けば、「朕は靖国神社A級戦犯合祀に不快感を持っている」という書状が埋まっているだろう。

505 :マンセー名無しさん:2006/08/21(月) 18:06:44 ID:h7VEQBBo
韓国って今不況なの?

506 :マンセー名無しさん:2006/08/21(月) 20:17:46 ID:zlye2LjI
>>504

その書状を巡って、未来柳生と韓国サーカスが死闘。将軍様の妖術部隊も飛び入り参加。

ところで話は変わるけど、昭和新宮殿の翡翠の間の玉座の下には、
翡翠の巨石「磐座」が埋めてあると言う話はホント?

507 :マンセー名無しさん:2006/08/22(火) 02:46:44 ID:mYSfQ1Up
つうかオフ会の報告とかいきなし連載小説始めたりとか
いくらハン板とはいえどんだけ自由なんだお前らw
そんな自由が許されるのは荒山先生ぐらいだっつの!
この韓人どもめ!

508 :マンセー名無しさん:2006/08/22(火) 03:00:36 ID:Tr5EVAnt
>>507
 つまり、「アンチェイン(繋ぎ止められない)」荒山徹というわけだな。
そしてこのスレはブラックペンタゴンと。

509 :マンセー名無しさん:2006/08/22(火) 17:20:30 ID:f6pnZRQW
柳生戦隊の歌
もしも 日本が 弱ければ
コリアが たちまち 攻めてくる
家は焼け 仏像動きだし
君はノッカラノウムだろう
日本は オォ 僕らの国だ
朝鮮から 守りぬくんだ
宗矩 十兵衛 友景
矩香 卍兵衛 六丸
俺たちの 並び傘が 燃えている
GLOW THE SUN
RISING SUN
柳生戦隊 芳徳寺

http://d.hatena.ne.jp/fhvbwx/20060817/1155822955

510 :マンセー名無しさん:2006/08/22(火) 20:31:35 ID:9kCbnEpK
妖変子連れ狼 第六回

友景は、一刀に言った。
「冥府魔道の剣、秘太刀魔界剣。
だが、それを会得するためには、魔界に赴かなければならぬ。
魔界の力、すなわち魔力を得なければ、魔界剣を体得することはできぬ。
覚悟はよいか、一刀」

京都、東山、将軍塚。
友景は一刀を将軍塚の前に連れて行くと、そこから魔界へと誘った。
友景は魔界へと行くと、崇徳上皇の使い魔である志摩を呼び出し、三妖虫を持ってくるように命じた。
三妖虫・・・それは、人間の体の中に巣食い、人間の血と肉を喰らうが、その代わり、その人に魔力を与える三匹の妖虫のことである。
それぞれ、丹田虫、壇中虫、陽白虫と呼ばれている。
丹田虫は丹田、すなわち腹部に巣食い、壇中虫は心臓、陽白虫は脳にそれぞれ巣食う。
一刀は友景に促されて、三妖虫を飲み込んだ。

511 :マンセー名無しさん:2006/08/22(火) 20:34:44 ID:9kCbnEpK
     △   
    (;゚Д゚) アラヤマ・ワールドには、萌えがないっっっ。
    (  ) 荒山キャラ・ツンデレ化計画を
     )ノ  誰かやってホスイ。




512 :マンセー名無しさん:2006/08/22(火) 21:21:12 ID:cqOZy8bb
>>511
魔風海峡嫁。
檀奇七忍衆が臨海君にメロメロにされていきつつも、
表面上は慇懃に当たる様はもう辛抱たまらんよ。

513 :マンセー名無しさん:2006/08/22(火) 21:25:48 ID:OK4gqiBW
>>511
萌えという観点では春香や矩香じゃダメか。

ああ、それにしても、萌春公主ってひどいネーミングだなあ。

514 :マンセー名無しさん:2006/08/22(火) 22:19:56 ID:W48uOk63
荒山ワールド最強の萌えキャラと言えば宗矩なのは既に常識だが、
その萌えポイントは列挙するに余りある。

「十兵衛、よくぞ戻って参った」
「今更の剣聖面、おやめなさい」
「こ、神泉伊勢守さまっ!」

――前に宗矩。
――後ろにも宗矩。

そして一番の萌えどころは、

「なんと、わしであったかい」

無意識に逆風の太刀使った俺スゲー、ってどんなドジッ子なんだ宗矩。

515 :マンセー名無しさん:2006/08/23(水) 09:28:32 ID:CqOeO7fj
     △   
    (;゚Д゚) では、荒山キャラ・ツンデレ化計画第一号は
    (  ) 柳生宗矩ちゃんということでw
     )ノ  


516 :マンセー名無しさん:2006/08/23(水) 19:47:00 ID:CqOeO7fj
妖変子連れ狼 第七回

「ぐわっ」
凄まじい激痛に、一刀は身をよじった。
妖虫が、一刀の内臓を、心臓を、脳髄を喰らってゆく。
一刀は何度も血を吐き、地面に頭をぶつけ、失神した。
だが、しばらく経つと痛みは薄れ、三妖虫は一刀の肉体に同化されていった。
「よく耐えた、一刀」
友景の声がした。
「次は、お前自身の『影』と立ち会え」
一刀の眼の前には、一刀自身の『影』が現れた。
『影』は一刀とまったく同じ姿をしていた。
『影』は強かった。
剣技では一刀と互角であった。
だが、一刀は自らに備わった魔なる力、魔力を用いて『影』を切り捨てた。
こうして一刀は、魔界での修行により、魔力を高めていったのである。


517 :マンセー名無しさん:2006/08/23(水) 19:51:55 ID:CqOeO7fj
     △   
    (;゚Д゚) ノッカラノウムというのは
    (  ) 何回もすればするほどパワーアップして
     )ノ  手のつけられない魔人になってゆく
        ・・・という設定になっているのでは。


518 :マンセー名無しさん:2006/08/23(水) 19:55:41 ID:rAT6WrSP
>472
いまさらですけど、縮地法使いには、ぜひ荒山忍法みやこどりを
かけてみたいもんですな。

519 :マンセー名無しさん:2006/08/23(水) 21:04:44 ID:n3NovxEe
>>511
薔薇剣の十兵衛に萌えぬと申したか。

520 :マンセー名無しさん:2006/08/23(水) 23:29:26 ID:EI20qm5n
ふと「チベット柳生」というネタを思いついて、すぐ捨てた。
(ミャンマー柳生よりひどそう)

521 :マンセー名無しさん:2006/08/23(水) 23:36:18 ID:Axuxiakj
今、食の千年帝国を目指すグルメ柳生とか思いついたよ……

522 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 00:26:26 ID:6U07Wctf
エステ柳生とか剣豪エステティシャンとかエステティシャン妖術師とかもありですね。
ドジっ子ツンデレの荒山キャラの候補に服部半蔵も入れてあげて下さい。

523 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 00:45:46 ID:adijH8f8
こちらの柳生はがいしゅつか?
ttp://www.konami.jp/gs/game/neocontra/aboutgame_cha_j.html

524 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 02:55:26 ID:hBMAJF4y
>>521
ミスター柳生
ジャン柳生
ジャぱん柳生

525 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 09:16:27 ID:mwkkl5A9
>>521

>食の千年帝国を目指すグルメ柳生

道場で、弟子の作った料理を一口食ったとたんに、
「たわけっ、○○は××しろとあれだけ言っただろ!!!」
とどなりつける柳生烈堂の姿が一瞬・・・

526 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 09:23:18 ID:guF608LH
>>521
中華十兵衛
柳生しんぼ
グル兵衛くん

527 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 09:26:17 ID:guF608LH
途中送信してしまった。
>>525
映画化ははぜひチャウ・シンチー監督で。

528 :521:2006/08/24(木) 09:52:02 ID:FapBkcTG
ドーピングコンソメヤギューだ……
というのを考えていた時期がオレにもありました

529 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 20:08:31 ID:pvj3Mxmb
福岡藩伝柳生新影流の居合道2段のタモリもネタにしてくれないだろうか

530 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 20:10:12 ID:mwkkl5A9
妖変子連れ狼 第八回

目が醒めてみると、一刀はいつの間にか友景の屋敷にいた。
一刀は不思議そうに友景を眺めた。
友景は言う。
「魔界剣とは、魔力を以って振るう剣だ。
お主は魔界へ行き、魔力を得た。後は修練により、自ら体得せよ」
友景は、一個の水晶玉を一刀に渡した。
「これは・・・」
「上野寛永寺の地下には、神君家康公が建立した大仏が眠っている。これは、その白豪」
白豪とは、大仏の眉間にはめ込む珠のことである。
「烈堂は、人造の巨人を製造する術を心得ている。・・・それに対抗するためには、大仏を動かすしかない」



531 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 20:14:38 ID:mwkkl5A9
     △   
    (;゚Д゚) 食の千年帝国を目指すグルメ柳生、烈堂vs.
    (  ) 公儀料理人、拝一刀の過激な料理対決!!!
     )ノ  なんか、ギャグ漫画向けのネタだな・・・


532 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 20:23:38 ID:onSJqtPG
「魔法少女が修行のために日本に来たらちょうどついたところが江戸城の家光の近く。ちかくにいた宗矩がとりあえず魔法少女を惨殺。
復讐を誓った魔法少女軍団と柳生一族の総力戦になって、友矩が魔法で豚にされて死亡(後に、柳生の里に帰った後、病死したことにされる)最後は十兵衛が魔法少女軍団を全滅させて、
柳生一門が勝利する」という小説を読む夢を見た。

荒山先生のせいだと思います。

533 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 20:30:19 ID:f4pTAVCT
いっそ斬殺した魔法少女の死と引き換えになる呪いによって、
宗矩が魔法少女となり江戸の闇を支配するって筋書きで

なお、その魔法少女の出身国である魔法王国は、
滅ぼされた百済の民が偶然発見した異世界に作り出した国である。
そしてその魔法とは、古代朝鮮妖術を昇華させたものである事は鶏林大学の黄算哲教授の論文に詳しい。

534 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 20:44:09 ID:hvNaOjtf
グルメ柳生ってチャングムネタもいける
日朝宮廷料理人対決とかいかがか!

535 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 21:38:03 ID:pvj3Mxmb
魔法少女クリティカルむねのり
第一話「それは不思議な出会いのり」

536 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 22:00:05 ID:onSJqtPG
第二話「うそ!? 私が大目付!?」

537 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 22:40:28 ID:24Z9jC/b
第三話「うほっ!?上様とトモノリがラブラブ!?」

538 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 23:00:46 ID:Uf77/eyL
第四話「十兵衛が上様と大ゲンカ!? むねのり仲良し☆大作戦」

539 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 23:21:48 ID:f4pTAVCT
第五話「ドキッ!?海の向こうから来た韓人」

540 :マンセー名無しさん:2006/08/24(木) 23:39:56 ID:pvj3Mxmb
第六話「開眼!?寝ている間に必殺剣!」

541 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 00:12:27 ID:5Z+4KuUe
第七話「ライバル登場!?魔法少女ともかげ推参!」

542 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 00:26:20 ID:GDX2ITgL
第八話「私が三人っ!俺があいつであいつがこいつで」

543 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 01:14:30 ID:5Z+4KuUe
ピンチをともかげのヤツに助けられちゃって、あぁーもう腹が立つ!
そんな中ついに朝鮮王子臨海君が現れたの。妖術師なんかとは格が
違う!!しかも李舜臣と七忍衆もいっしょで日本史上最大のピンチ!
 
次回第九話「最強韓人光臨!臨海君の野望!」
って何!?この理想と正義の超力・・・わたしの黒魂が通じないなんて!

544 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 06:11:15 ID:CazkXewy
第十話「パパ! 剣聖面はやめてよね!」


545 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 06:55:03 ID:HafRtukJ
第十一話「大ショック!十兵衛が韓人になっちゃった!?」

546 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 07:09:35 ID:CazkXewy
第十二話「夏の怪談シリーズ・伊勢守さまの幽霊がでた!?」

547 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 11:27:10 ID:eJgjerY+
第十三話「新説 柳生新陰流の起源は半島!?」

548 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 14:29:11 ID:l2FXkPS3
第十四話「浮上!!!朝鮮大陸」

549 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 19:07:27 ID:l2FXkPS3
第十五話「大仏が動くう? 修学旅行大パニック」

550 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 19:42:51 ID:A1TGU9X5
なんとなく、この人って筒井康隆作品を
石川賢時空に変換するのがあってるような気がする。
「俺がアイツでアイツが俺で」とか。

551 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 23:21:00 ID:2OweFMaJ
第十六話「順慶は生きていた!? 時をかける康隆」

552 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 23:31:25 ID:g8XUF8fQ
第十七話「美少年の甘〜い罠!? 笛でゾンビダンス」

553 :マンセー名無しさん:2006/08/25(金) 23:35:40 ID:UiPffwg4
第十八話「民明丸出現!?巨大蛾のひみつ」

554 :マンセー名無しさん:2006/08/26(土) 00:00:18 ID:KhkZdQa+
第十九話「さらば隆慶先生!? 大蛇から島をまもれ!」


555 :マンセー名無しさん:2006/08/26(土) 01:36:37 ID:v66NIgQO
第二十話「怨霊? 翼竜!? 大空中戦!!」

556 :マンセー名無しさん:2006/08/26(土) 11:30:56 ID:pAwzT5Mp
「魔法少女クリティカルむねのり」は全何話なのでしょうか?

557 :マンセー名無しさん:2006/08/26(土) 12:03:33 ID:6yHF0OAR
全26話、劇場版が一作ってところかな

558 :マンセー名無しさん:2006/08/26(土) 12:05:10 ID:Q6Z4jcGd
やっぱここは2クール26話までいきたいですよね。

第二十一話「守れ女の涙! 霧の東慶寺」

559 :マンセー名無しさん:2006/08/26(土) 12:59:09 ID:HtVwh/Tf
劇場版は、外伝らしく「魔界転生ネタ」とか。



560 :マンセー名無しさん:2006/08/26(土) 13:26:22 ID:v66NIgQO
>>559
魔法少女クリティカルむねのり劇場版
 前編「MAGIC AND REBIRTH/魔と転生」
 後編「Saran/恨(まごころ)をきみに」

561 :マンセー名無しさん:2006/08/26(土) 13:45:51 ID:6yHF0OAR
同時上映

時をかける朝鮮妖術師


562 :マンセー名無しさん:2006/08/26(土) 17:48:05 ID:HtVwh/Tf
第二十二話「お墓からお手紙! 伊勢守さまは韓人でした!?」

563 :マンセー名無しさん:2006/08/26(土) 19:31:18 ID:GQwfJZ4N
第二十三話「その仮面に気をつけろ ノッカラノウム大作戦」

564 :マンセー名無しさん:2006/08/26(土) 22:11:26 ID:6yHF0OAR
第二十四話「決戦の地は朝鮮!六丸くんの決意」

565 :マンセー名無しさん:2006/08/27(日) 01:07:40 ID:hWgra38D
第二十五話「さらば芳徳寺! 剣士凡て斃る」

さて、どうなるか。

566 :マンセー名無しさん:2006/08/27(日) 02:10:20 ID:6zMp4vXf
やっと朝鮮の魔法使いたちを撫で斬りにしたと思ったら、
その隙に芳徳寺衆がやられちゃうなんて……。
おまけに十兵衛まで敵に回っちゃって大ピンチ!!
それでも上様のため、魔法少女の名にかけて、むねのりは負けられない!
行くわよ六丸くん、バカ十兵衛を引っぱたいて目を覚まさせるんだから。
ひだ(=魔法少女に付き物の不思議小動物)「のりぴー、あっちで誰かが韓人と戦ってるふゆ!」
ああっ、あれはともかげ!? 今までどこで何してたのよ!!
ひだ「ボクたちも負けられないふゆ〜」
そうね、待ってて臨海君! 柳生の黒魔法と朝鮮の恨魔法、どっちがむざんか勝負のり!!

最終話「大檀円!! 〜散りゆくは、美しき嵐の山〜」
 血で血を流す日朝魔法少女戦、ここに決着!!

567 :マンセー名無しさん:2006/08/27(日) 02:38:40 ID:hWgra38D
スゲエ! 奇跡的にまとまった! ということで>>535-566乙。
あと荒山徹とともに韓流を乗り越えてゆくblogの中の方も
捕捉お疲れ様でした。
(今名前がギュンギュンかわってると思うけど)

568 :マンセー名無しさん:2006/08/27(日) 07:06:56 ID:/BiSaTlY
むねのり…色々あって(朝鮮妖術など)魔法少女になってしまった、江戸柳生総帥。魔法と、それ以上にすごい剣術と策謀で幕府の危機から家族の危機まで解決する。
十兵衛…むねのりの長男。魔法少女になった父を見て「なさけない」とつぶやく。韓人になったり、姉にボコられたりろくな目にあわないが、劇場版ではほぼ主人公。
友景 …むねのりの天敵1。ものすごい魔法少女。
兵庫助…むねのりの甥。むねのりパパの愛情をうけまくっていたので、むねのりの嫉妬の対象。

伊勢守さま…神。むねのりのトラウマで、夢にでてくる。
パパ    …剣聖面してあれこれ言ってくる、大好きなパパ。
疋田さん …柳生一族そのもの天敵

上様   …困った人
ひでたださま…むねのりと気が合うえらい人。

569 :マンセー名無しさん:2006/08/27(日) 12:51:24 ID:CTdU2suc
>>568
乙w
しかし、他が通称なんだから友景も諱じゃなくて「陰陽頭」にしてくれ。
可愛くないから駄目か?

570 :マンセー名無しさん:2006/08/27(日) 14:51:48 ID:3WPvHsJL
諱はお互い様。魔法少女クリティカルむねのりと魔法少女ミスティともかげ(仮)で解決。
しかし当人たちはあの世でどう思っているのだろうか。

571 :マンセー名無しさん:2006/08/27(日) 16:15:00 ID:NhkKkWlx
>>570

あの世にキッズ・ステーションはあるのかな?
話はそれから。

572 :マンセー名無しさん:2006/08/27(日) 18:27:19 ID:uhOFxarH
>>568
宗矩デストラクション?

573 :568 :2006/08/27(日) 19:35:33 ID:/BiSaTlY
誤字とかあったんで、少し修正しました。

むねのり…色々あって(朝鮮妖術をかけられる、など)魔法少女になってしまった江戸柳生総帥。魔法と、それ以上にすごい剣術と策謀で家族の危機から幕府の危機まで解決する。
十兵衛…むねのりの長男。魔法少女になった父を見て「なさけない」とつぶやく。韓人になったり、姉にボコられたり。ろくな目にあわないが、劇場版ではほぼ主人公。
友景 …むねのりの天敵。ものすごい魔法少女。 バックに大物がいるらしい。
兵庫助…むねのりの甥。祖父であるむねのりパパの愛情をうけまくっていたので、むねのりの嫉妬の対象。 疋田さんのことを尊敬している。

伊勢守さま…神。むねのりのトラウマで、夢にでてくる。墓に手紙を仕込まれたことも。
パパ    …剣聖面してあれこれ言ってくる、むねのりのパパ。 孫である兵庫助を溺愛したり、息子の嫁との間に子供を作ったり、色々な問題を残している。そんなパパだけど、むねのりは大好き。
疋田さん …柳生一族そのものの天敵 。トラウマや火種をたくさん残してくれた。

上様   …困った人 。とても困った人。
ひでたださま…むねのりとは、とても気が合うえらい人。


574 :マンセー名無しさん:2006/08/28(月) 01:18:24 ID:N6iqFYAl
>>570
>キッズ・ステーションで放送中(?)
新たな事実が発覚!

575 :マンセー名無しさん:2006/08/28(月) 02:00:57 ID:5oIbnEgA
元ネタから察するに、ED曲は「Little Wish 〜haraguro step〜」(歌:むねのりの中の人)とかか?

576 :マンセー名無しさん:2006/08/28(月) 08:20:25 ID:jhZ2pgiK
OPは「innocent slasher」(歌:ともかげの中の人)ですな。
「れっきしのー奥の秘密 だーまされそうな 日韓の裏のしんじーつーにー♪
柳生の秘剣 僕がとーどーけに いくよー♪」

577 :マンセー名無しさん:2006/08/28(月) 23:00:41 ID:ffanLALA
【柳生薔薇剣 −夢草紙(トロイメント)−】

疋田文五郎の後裔を称する疋田狼藉庵は、新陰流に駆逐された陰流復古の為、
韓人妖術師と結託して一策を弄した。
紅毛製の七体の童女傀儡(人形)に

 柳生 因幡守 重永   石舟斎 宗厳  五郎右衛門 宗章
     但馬守 宗矩   十兵衛 三厳  兵庫助 利厳    連也斎 厳包

ら七人の柳生剣士の魂を封じ込め、骨肉で相争わせる。
最後に勝ち残った一体の傀儡が、陰流流祖・完全剣士「愛洲移香斎」復活の為の依り代となるのだ。
名付けて朝鮮蠱毒「愛洲藝夢(アイスゲーム)」
その恐るべき企みを挫かんとした卍兵衛は、想像以上に強く愛らしいご先祖たちとの鍔合わせに惹き込まれ、魔魅に入ってしまう。
篭宅し数寄者となった友、卍兵衛の異様な変貌を懸念した遠山景元の前に、
友景九代の末孫、陰陽助保救が一人の女剣士を伴って現れる。
愛洲藝夢の阻止を誓う彼女は、柳生矩香と名乗るのであった。

578 :マンセー名無しさん:2006/08/29(火) 00:02:53 ID:T+eQBt/G
>>577
ごめんそれマジで読みたい・・・あなた荒山先生でしょ!?荒山先生だと言って!

579 :マンセー名無しさん:2006/08/29(火) 00:20:35 ID:YxOnO9Ut
よーやくサルベージに成功したー。●とかで見られる人はどうぞ。

【朝鮮柳生】荒山徹【ノッカラノウム】(dat落ち中)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1148531072/

580 :マンセー名無しさん:2006/08/29(火) 07:35:52 ID:ozDdZ4bv
魔法少女クリティカルむねのり劇場版 MAGIC AND REBIRTH/魔と転生

むねのりの悩みは多い。
またも上様とケンカをして、柳生の里で謹慎中の十兵衛。
まとも上様とラブラブで、天狗状態の友矩。
なにものかにボコられて寝込んでいる、宗冬。
そして、己の貧相な体。

「女の魅力は胸じゃないもん」

そこへ、お友達のほうぞういんさんがやってきた。
数年前、同じく貧相な体つきを嘆いて死んでいった下級生の荒木さんが、ボン! キュッ! ボン!のナイスバディーの美少女として生まれ変わったというのだ。
さらにその一軒には、大嫌いなひょうごのすけや、一目置いているみやもとくんらも関わっているようで…



581 :マンセー名無しさん:2006/08/29(火) 21:15:40 ID:3LLbBJ6W
>>573
祟徳院・・・魔界の大魔王様。ともかげと何か関係があるらしい。
昔は人間を恨んでいたが、今は地上界を見守ってくれている。

設定は変わらないのに、魔法少女もので一番違和感がないお方。

582 :マンセー名無しさん:2006/08/29(火) 23:34:58 ID:ERMLQyMA
>>579
ありがとん!

583 :マンセー名無しさん:2006/08/30(水) 20:31:54 ID:pm+YwV1+
>>577

いっそのこと、紅毛製の七体の童女傀儡(人形)などではなく、
生身の美少女の女体、ということにしては・・・。

美少女同士の死闘!!!
そして試合場には、真っ二つにされて内臓剥き出しの美少女の死体が・・・
萌える!!!

584 :マンセー名無しさん:2006/08/30(水) 23:10:38 ID:I2eWs3ks
そういや、本家(?)山田風太郎にも朝鮮物の忍法小説あったよね
李瞬臣がやたらと持ち上げられていた記憶が

山風に比べ、荒唐無稽度は増すけど文章に色気っつうか妖しさがないよね
いや、好きですよどっちも

585 :マンセー名無しさん:2006/08/30(水) 23:43:05 ID:4unvaTlF
>>584
忍法破倭兵状
スンシンよか弟メインね

山風は妖しい
荒山は怪しいじゃないかな

586 :マンセー名無しさん:2006/08/30(水) 23:51:07 ID:nFGUJ9fB
>>583
人形ってのは元ネタ準拠なのねきっと。
麻生外相ご愛読漫画のアニメ化の。

587 :マンセー名無しさん:2006/08/31(木) 00:00:00 ID:SwpdcNXn
     、
   ,,'´'`´ ゙ヽ
   ル、、从从,ト
  <ヾリ、´_j`リ   <00:00:00なら俺たち再登場するよ。
   ヾj^~χ~ ̄~κ   
    | <i ((从从))ゝ 
    |__ノノ人^ヮ$!| ヽ <するよ!!
   ├>(((,i`Y´i)))く
    | )从くノ人,>从( 

588 :マンセー名無しさん:2006/08/31(木) 00:00:34 ID:nFGUJ9fB
誤爆失礼orz

589 :マンセー名無しさん:2006/08/31(木) 00:27:39 ID:ghBbpeXo
時代伝奇素人の弟に十兵衛両断を貸した。
「面白いけど短いよ。十兵衛結局どうなったんだよ」
「表題作のみならず最後まで読め。そして死ね」
感想が楽しみだ。

590 :マンセー名無しさん:2006/08/31(木) 22:14:23 ID:Wx+4d8Za
>>587
成功しているのにw
どこのスレか知りたいw

>>589
そうそう、あそこまで十兵衛引っ張るとは、と言う感じです。
他の作品読まないと朝鮮人の斜め上がよくわからないからかもね。

591 :マンセー名無しさん:2006/09/01(金) 20:22:23 ID:rKp2MN/I
妖変子連れ狼 第九回

一刀は、生駒、大峰、金剛山といった霊場を廻りながら、修練を積み、霊力を高めていった。
一方、烈堂も、一刀の行方を追っていた。
そして、とうとう奈良の山奥で一刀を発見したのだった。
烈堂配下の魔剣士たちは、縮地法を使って攻撃を仕掛けてきた。
しかし、一刀は予知能力で魔剣士たちの出現する空間を予測して、烈堂配下の魔剣士たちを、次々に切り捨てた。
こうして、友景の道統を継ぐ、陰陽剣士、拝一刀が誕生したのである。


592 :マンセー名無しさん:2006/09/01(金) 20:25:51 ID:rKp2MN/I
     △   
    (;゚Д゚) 魔法少女クリティカルむねのりがおもしろかったので、
    (  ) 「妖変子連れ狼」は、しばらくお休みしていました。
     )ノ  これから、書くぞ!!!



593 :マンセー名無しさん:2006/09/01(金) 22:22:16 ID:YyqUEojz
きっとジョークスレの惨状も朝鮮妖術のせい。

594 :マンセー名無しさん:2006/09/01(金) 22:53:00 ID:Mn/ebaOb
>>593
というか、ノムさんは北から送り込まれた朝鮮妖術師に決まっているだろう。
もしくは太陰虫。最近羽化が近づいていて挙動が極めて怪しい。

595 :マンセー名無しさん:2006/09/02(土) 00:46:52 ID:dV1eWM1O
>最近羽化が近づいていて挙動が極めて怪しい。
慕漱蠡噴いた

596 :マンセー名無しさん:2006/09/02(土) 08:25:16 ID:r7Lrg8Hz
平壌の秘密地下基地に捕えられている本物ノムは、
対外関係を重視し、アメリカ・日本との関係強化につとめ、
少なくとも現実的な政策を次々打ち出し理不尽な反日・反米は行わない人物

597 :マンセー名無しさん:2006/09/02(土) 12:36:21 ID:Y4/mmrAi
今日本に必要なのは陰陽師、これはガチ
目撃情報によると、あやしげな仮面を持った輸送機が北朝鮮を出発したらしいからな……
総裁選の結果を待ってノッカラじゃないかというのが関係筋の予測

598 :マンセー名無しさん:2006/09/02(土) 12:43:36 ID:dV1eWM1O
レーダーなんかない時代に霊的国防ラインの侵入者感知力は驚異的だよな。
荒山世界の明治政府も、やはり陰陽寮を名実ともに潰してしまったんだろうか。
処刑御使の時は俊輔孤軍奮闘だったし。

599 :598:2006/09/02(土) 12:48:03 ID:dV1eWM1O
って処刑御使の舞台当時はまだ陰陽寮健在か。早とちりした。
賀茂家の普通のおっさんとか見るに、友景が凄すぎただけかもしれんw

600 :マンセー名無しさん:2006/09/02(土) 15:39:27 ID:G1OHKHiD
今までスレとイン殺に淫しておりましたが、
初めて柳生薔薇剣読みますた。
あれを「すいびけん」といけしゃあしゃあとルビ振る時点で、
先生は騙す気マンマンだと思いました。
あとどれだけ友景好きなんですか先生。

601 :マンセー名無しさん:2006/09/02(土) 15:49:48 ID:XZCXTYJS
そうびけん?

602 :マンセー名無しさん:2006/09/02(土) 15:52:01 ID:dV1eWM1O
薔薇剣は十兵衛かわいすぎ。
そしてやっぱり友景おいしすぎ。

603 :マンセー名無しさん:2006/09/02(土) 15:54:56 ID:G1OHKHiD
>601
すいませんそうびけんでした。
柳生の庄で蟄居してきます。

604 :マンセー名無しさん:2006/09/02(土) 22:45:46 ID:r7Lrg8Hz
しかし次の柳生新刊はいつになるんだろう。
上で出てた、荒山先生の今連載してる作品群には柳生ないっぽいからなあ。
雨月抄で一区切りついちゃったんかな。

605 :マンセー名無しさん:2006/09/02(土) 23:08:23 ID:htpj5J9Z
柳生欲はもう終わってネクストステージぽいとオレも思ってた

606 :マンセー名無しさん:2006/09/03(日) 05:30:05 ID:4alt6+BK
単行本だけにすると
2006 処刑御使、雨月抄
2005 薔薇剣、サラン
2004 なし
2003 十兵衛両断
2002 魔岸伝説
2001 なし
2000 魔風海峡
1999 高麗秘帖
なので、今年もう一冊出るのだろうかって気になる。柳生じゃなくてもいいから出てほしい。

607 :マンセー名無しさん:2006/09/03(日) 08:57:12 ID:r1yPjNJt
魔岸伝説借りてきた
50年前の事件の真相が朝鮮人参の密輸という時点で笑いのつぼにはまった(そこは笑うところじゃないだろう)

608 :マンセー名無しさん:2006/09/03(日) 17:18:56 ID:glAfArGB
>>606
鳳凰の黙示録が出たら嬉しいんだが。
時期的には出てもおかしくないとは思うんだが、
出ないってことは何かあったってことなんだろうか。

609 :マンセー名無しさん:2006/09/03(日) 22:48:45 ID:gM7NwD2d
そろそろ小説以外にもエッセイとか書いて欲しいな
韓国留学記とか書いたらどうなるのか興味深い

610 :マンセー名無しさん:2006/09/04(月) 00:15:09 ID:h2NOhVfy
「卒業――チョロップ」が一応エッセイで韓国留学記。
ただまあ、4ページなので、もっと一冊にまとまるくらいの分量で
ドカッと読みたいですよね。

611 :マンセー名無しさん:2006/09/04(月) 01:47:12 ID:eVzxS5W3
http://neo.g.hatena.ne.jp/xx-internet/
今更だがイン殺がハン板に言及してて驚いた。
テッキリ近寄りもしないものだと思ってたんだが。

612 :マンセー名無しさん:2006/09/04(月) 02:06:51 ID:lODDXQoQ
>>611
うっかり見てしまったorz
狂人の毒電波サイトなのか?

613 :マンセー名無しさん:2006/09/04(月) 04:19:41 ID:MtQGq/FJ
>>612
似たようなもんだ。
このスレも含めて。

614 :マンセー名無しさん:2006/09/04(月) 07:12:46 ID:fAGmRssU
でも隆慶論についてはその通りだなあ。
読んでるからって人に誇れたもんじゃない。

615 :マンセー名無しさん:2006/09/04(月) 11:25:14 ID:YVf+Fs0j
読んで面白ければそれでいい。人がよかれと思っているものを貶す必要はない。
また、人に勧めて廻る行為もウザい。
「評論なり書評がなければ面白い本に行会えないかもしれないじゃないか」という人もいるだろう。
だが、心配しすぎではないか。
読まなくても別段困りはしないのだ。

616 :マンセー名無しさん:2006/09/04(月) 19:29:18 ID:0ctG7s2h
誰も彼もが荒山作品を読むようになったら、
そんな世界は面白すぎるからダメだしな

617 :みじゅくものの600:2006/09/04(月) 19:57:09 ID:dlRuH1y4
十兵衛両断読みました。

……ハン板知らないひとは、どこで笑い始めればいいのか、
困っちゃうんじゃないかなあとかなんとか。

あと荒山先生の愛はぶったぎり愛というか、
好きすぎてメタクソにしてしまってとまらない人なんだなあとつくづく感じました。
もうなんか十兵衛がどんどん石川賢時空に……。

618 :マンセー名無しさん:2006/09/04(月) 22:06:28 ID:eVzxS5W3
いやもう、ここまで「漫画:石川賢」が似合う作家もいないというか。
山風や国枝や馬琴を散々FUCKして来た石川賢が
素で既にガバガバ性病持ちド淫乱糞ビッチの様な荒山作品を
如何にFUCKするかは気になる限り。

619 :マンセー名無しさん:2006/09/04(月) 22:35:34 ID:RAtE7WXX
隆慶と原哲夫、山風とせがわが良い伴侶となったように、
普通に波長の合った濃厚なセックルを見せつけてくれるんじゃなかろうか<荒山&石川

620 :マンセー名無しさん:2006/09/04(月) 22:41:01 ID:uOtQY6w0
>>616
むしろそんな面白すぎる世界が来ればいいのに!
そういう素晴らしい朝鮮妖術はないンですか荒山先生!
(むしろ菊池先生かしらん)

621 :マンセー名無しさん:2006/09/05(火) 12:27:25 ID:8s82zhua
>>619
濃厚すぎて普通の人にはちょっとw
どっちも一般受けする要素がなさすぎ。

622 :マンセー名無しさん:2006/09/06(水) 20:47:30 ID:k+ilPEs0
>>615

>だが、心配しすぎではないか。
>読まなくても別段困りはしないのだ。

うおー! 何てこと言ってんだ元新聞記者ー!

623 :マンセー名無しさん:2006/09/07(木) 05:24:30 ID:j3+T1JlD
>>622
みんな食いつこうと思って我慢してたとこだぞw

624 :マンセー名無しさん:2006/09/07(木) 09:29:47 ID:wqgLOfPO
歴史・時代小説スレッドで見るまで全くしらなかったけど、
日経新聞でちょこ扱ってますね。昨日の夕刊にも書評が載ってた。
縄田氏の紹介だったけど、別枠で大きく扱われてた。

625 :マンセー名無しさん:2006/09/08(金) 23:54:45 ID:BPP0kZ4o
ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/789917.html

両班の食事の実態(真実そうなのかは判らないけど)を知って哭いた。
「お嬢様を装ってるけどじつは貧乏キャラ」だったのか俺達の両班は(つД`)

626 :マンセー名無しさん:2006/09/09(土) 01:38:00 ID:VTX64DBG
>>625
っつか、たぶん中国はさておき日本と韓国は食事面じゃ近代以前は駄目だったんじゃねーかと思う
日本の貴族とか大名の再現料理もすごくシンプルだし、杉浦日向子の本なんか見ても不味そうだぞ……
(豪商はいいもん食ってたみたいだが)
山田風太郎はそれをネタで一本短篇書いてたけどね

627 :マンセー名無しさん:2006/09/09(土) 16:19:42 ID:fYz5ljbD
日本の大名は基本的に軍人だからね。
軍人である以上、食べ物は質素が基本。
平和な時代でもこれを守り続けた。

628 :マンセー名無しさん:2006/09/09(土) 16:27:41 ID:YjVTre+g
続いたのは家康はじめ幕府の意向だね。
家康在命中から既に武士の間に奢侈の風は流れてて、何度も倹約を徹底させたそうな。

629 :マンセー名無しさん:2006/09/09(土) 23:14:10 ID:qRDEL9S5
羅家康w

630 :マンセー名無しさん:2006/09/10(日) 01:13:25 ID:iTQGKXJH
徳川家から訴えられたりしてw
いや、その前に柳生家か

631 :マンセー名無しさん:2006/09/10(日) 02:26:21 ID:++gOFX7v
何時もの巡回先のblogにて、「金髪くノ一絶頂作戦」のレビューが
あったので読んで悶絶。


忍法「魂すすり」「つつさらし」は良いのだが、「しかもさりげなく
登場するプルガサリ」の箇所に、荒山氏の真骨頂を見た。

早く短編集が出てくれ!

632 :マンセー名無しさん:2006/09/10(日) 02:44:08 ID:CfhYhVEi
>>631
読んだ。

>忍法「魂すすり」「つつさらし」は良いのだが
よくねえよ! 大体想像はついたけど、雪蓮と同系統かよ!

633 :マンセー名無しさん:2006/09/10(日) 20:15:33 ID:mvtikNnC
そういえば今気づいたけど、隆慶一郎の『花と火の帝』の岩介って
日本人朝鮮忍びなんだ。真人も印度人朝鮮忍び。

というかヤバイ。発想がほとんど北朝鮮のスパイ養成機関だ。

634 :マンセー名無しさん:2006/09/11(月) 00:10:54 ID:H9xZaBxf
アジア各地から修行者が送り込まれてくる、だったっけ?
隆慶一郎の構想だとチベットのもっとすごいとこに岩介を連れてく予定だったとか。
ダライ・ラマの資料を集めてたとかもうヤバイ。楽しい。でも未完。

635 :マンセー名無しさん:2006/09/11(月) 04:36:55 ID:g95o0rTk
卍兵衛と耀蔵の会話で和むw

636 :マンセー名無しさん:2006/09/12(火) 20:44:02 ID:apXlmV99
「金髪くノ一絶頂作戦」という題名を自力で思い出そうとすると、
どうしても山風とエロ漫画家の砂が脳内で悪魔合体して、
「くノ一金メダルアクメ作戦」になってしまう。何度も。

誰か助けてくれ。

637 :マンセー名無しさん:2006/09/12(火) 21:28:03 ID:zss2dplD
>>636
そのような助けをスレ住民に求めるとは恥を知らぬ者の仕業としか思えない
自力で抜け出せよ、荒山徹を読むことは悪夢と妄想とのはてなき戦いなんだよ

638 :マンセー名無しさん:2006/09/13(水) 00:17:11 ID:AGDbsIqZ
>>638
努力はしてみます。

639 :636:2006/09/13(水) 00:17:49 ID:AGDbsIqZ
違う>>637だった。

640 :マンセー名無しさん:2006/09/13(水) 00:53:45 ID:pUTLd5no
>>631
ちなみにプルガサリが「鳳凰の黙示録」では火ィ吹いて大暴れしとります

…本当に好きなんだな、怪獣

641 :マンセー名無しさん:2006/09/13(水) 13:24:53 ID:xycoC1NS
三田主水さんが「密書しのぶもじずり」の内容を書いているが、俺も竹島と独
島の名前の由来がこれだと言うオチにはあきれてしまった。

642 :マンセー名無しさん:2006/09/13(水) 13:40:34 ID:7QVF+v21
>>634
>チベットのもっとすごいとこ

やっぱチベット密教の秘術とかを学ばせる展開ですかね?
幽体離脱とかやってそうだ・・・


643 :マンセー名無しさん:2006/09/13(水) 19:30:06 ID:GPLz6V6L
やばい、某所の記事を読むだけで荒山先生のあんまりなあれっぷりに涙が出そうです。
笑いすぎで。

644 :マンセー名無しさん:2006/09/13(水) 21:00:19 ID:kiUpeLzt
同じくもうMUSASHIを平常心で見られないよ…
某島のニュース見ただけで爆笑しそうだ…

645 :マンセー名無しさん:2006/09/13(水) 21:47:38 ID:OlBM9ayo
薔薇剣の「男と女は半月、二人よりそって満月」
とか、前半は「ちょっとどこの少女小説」なみに「いい話」にしておきながら、
後半はどんな話であろうと、朝鮮妖術石川賢展開に
ムリヤリ力技で持っていくってのは、短編の時から変わらない
荒山フォーマットなのですね。

646 :マンセー名無しさん:2006/09/13(水) 22:28:37 ID:s1+Cx8qO
最早荒山先生は柳生すら超越したどこかへと旅立ちつつあるようだ

647 :マンセー名無しさん:2006/09/13(水) 22:46:07 ID:5xiI+Liv
荒山先生のオーバースキルは朝鮮妖術だしな。
柳生ネタも魅力的だが所詮は先生にとって余技。

648 :マンセー名無しさん:2006/09/13(水) 23:03:47 ID:B9HEJAwn
>>643
権力を持ったマニア(というか嗜好がマニアな権力者)は
考えることやることが性質悪い、ということを思いましたよ。

649 :マンセー名無しさん:2006/09/14(木) 01:47:56 ID:Q+DyTZGb
ttp://opendoors.asahi.com/data/detail/5655.shtml

国会図書館の蔵書検索してたら見つけたんだけど、黄算哲先生が何書いてるのか凄く気になる。

650 :マンセー名無しさん:2006/09/14(木) 13:57:13 ID:glT89wzq
>>642
作中だと幽体離脱以上のことやってるけどねw

651 :マンセー名無しさん:2006/09/15(金) 07:16:40 ID:uW9JT0Rx
>>649
秀吉は作中でひどい目にあっているけど、先生の「一番ひいき」だからわりと良い扱いだよね。
侵略された朝鮮に子供に「憧れの人」と言われたと、劇中の人物から良い評価をされていることがあるし。

家康は、実は秀吉よりも扱いがひどい。諸悪の根源扱いだし。

652 :マンセー名無しさん:2006/09/15(金) 10:48:00 ID:OiWmQhyH
>家康は、実は秀吉よりも扱いがひどい。

そういえば、魔岩伝説には、ゾンビ家康が出てくるし・・・
しかし魔岩伝説では、日本は朝鮮の属国wということになっているのに、
柳生雨月抄では、幸徳井友景は、征東行中書省と死闘を演じている。
ここらへんはどうなっているのだろう?

653 :マンセー名無しさん:2006/09/15(金) 17:28:25 ID:3jM6tzNU
いやそれは友景は後水尾天皇の陰陽師であって徳川家とは関係ないからだろ。
あれは家康と朝鮮の密約にすぎないのだからね。それに魔岩伝説と雨月抄が
つながっているとは限らない。永昌大君の運命も雨月抄と鳳凰の黙示録では
異なっている。

654 :マンセー名無しさん:2006/09/15(金) 20:21:07 ID:hOFDkRJs
その辺は世界が違うくさいと>>381あたりに

655 :マンセー名無しさん:2006/09/15(金) 23:14:30 ID:R2ZiYE3S
>>654
そりゃ書く作品の世界観がデビュー以来一貫してつながっている作家は
少ないわな

656 :マンセー名無しさん:2006/09/16(土) 13:14:08 ID:6ghNGFBI
その時その時の面白さのためなら終始一貫性は実は二の次でよい。
そんなことしなくてもいい作家はいい作家。

何度かこのスレにも出ている隆慶一郎も、家康の正体が作品によって
関ヶ原終戦の時点で影武者に摩り替わっていたり、または死ぬまで
家康本人だったりするし。

657 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :2006/09/17(日) 06:50:24 ID:0jlQdqoQ
なんだここは(笑

久々に休みなので、ジュンク堂にでも行ってみるかw

658 :マンセー名無しさん:2006/09/17(日) 08:50:46 ID:m89hFecv
いらっさいw
のんびりしていってくれお
梅田のジュンクは荒山先生の本にちからを入れてると見た
地元だからかなぁ

659 :マンセー名無しさん:2006/09/19(火) 19:24:42 ID:tIWTMawh
韓国剣道の起源捏造でググッていたら何故かここに辿り着いた。
アマゾンやここのレビューが、かなり香ばしいので風太郎忍法帖と柳生一族が
大好きな漏れは荒山小説に凄くそそられるんだが、逆に朝鮮の方は乱剣の陣を
仕掛けてやりたいほど大嫌いなので愛憎半ばで迷っている。どうしよう。

660 :マンセー名無しさん:2006/09/19(火) 20:31:32 ID:xsJ+JK02
安心してくれ、荒山先生の朝鮮に対する愛情は、
多分なんというか、その、普通の人だったら、
「いったいそこまでの恨みを朝鮮に抱く理由はなんだ荒山!」というか、
「愛ゆえにファック」というか、
「クラウザーさんは好きな女の子を「メスブタ!」と罵りスカートをめくり唾を吐きかける」というか、
なんというかファックな愛情なので、
多分大丈夫じゃないかと。

あと何というか、朝鮮=妖術というか、むしろモスラ?
なのでとりあえず柳生一族が好きなら読んで損はない。
荒山先生は柳生一族にも深い愛情を抱いておりますゆえ
(注:8行ほどまえの「荒山先生の愛情表現」に関する部分をよく忖度ください)

661 :マンセー名無しさん:2006/09/19(火) 21:11:18 ID:nv1kXjpX
あれだ、うん、妖説朝鮮史が何故か妖術、アンドレ?
良く噛めば柳生や朝鮮に対する深い愛情が滲み出てくる。

まあ、立派っぽい人物は立派に書かれて、でも、ファック。

騙されたと思って読んでみるといい。多分騙される。

いや、面白いのは確かなんだ、面白いのは。

662 :マンセー名無しさん:2006/09/19(火) 21:19:08 ID:IdA4EAZg
>>659
>逆に朝鮮の方は乱剣の陣を仕掛けてやりたいほど大嫌いなので愛憎半ばで迷っている。
リアル宗冬(荒山版)キタコレ。
読んで損なし。

663 :マンセー名無しさん:2006/09/19(火) 23:43:30 ID:h0IUyEtC
嫌韓には荒山作品。これ。
荒山作品を読めば、たちまち嫌韓から呆韓、笑韓をつきぬけて、
もっとおぞましい何かに至れるから超オススメ。

664 :659:2006/09/20(水) 07:14:06 ID:8HR1QZcM
心正しからずば、剣、また正しからず。師の教えを胸に、今日まで剣の道一筋に
生きて来た。
朝鮮柳生だのファックだの美少女柳生だの、新陰流の正統を乱す魔界の亡者ども
今逃せばヴードゥー柳生だの十字軍忍法だのと、今後如何なる形で世を乱すやも
測り難い。斬る。一人残らず斬る、いざ!!


【ショッピングカートに加わった商品】 十兵衛両断(文庫)

665 :マンセー名無しさん:2006/09/20(水) 07:19:55 ID:+tPfgRfo
デビュー作の「高麗秘帖」あたりはまだ「日本は朝鮮にひどいことしたよね」的要素が多い(それでもまだ、朝鮮における身分差別なんかが描かれている)。
「魔風海峡」あたりもその要素が残っているけど、「太閤さんはあこがれのヒーローです」「太閤さんにさっさと降伏しない朝鮮が悪い」と朝鮮の人間が言い出す。
「魔岩伝説」になると、朝鮮のことが大好きな日本人キャラとかでてくるけど、その朝鮮はファンタジーの世界になりつつある。
柳生系のお話になると、朝鮮というのは名ばかりのファンタジー世界になっている。

「荒山徹は朝鮮が嫌いなのか」と思われがちなんだけど、朝鮮の英雄たちはカッコよく書かれているよな。


666 :マンセー名無しさん:2006/09/20(水) 10:43:16 ID:z5TQVYel
カッコよく書かれていても、臨海君は、オレ柳生ならぬオレ朝鮮だし、
李瞬臣はカッコ良くても、同時に「春香伝」をファックしてるし。
あれ、むこうじゃ物凄く有名な話らしいから、
日本で例えると、眠狂四郎は実は朝鮮人だったとか、
桃太郎侍は実は……、
とかいう噴飯もののファックだと思うんだが。

徹が朝鮮のことどう思ってるか、もうぜんぜんわかんないよ!
という方が近いと思う。

667 :マンセー名無しさん:2006/09/20(水) 20:52:52 ID:eQtxou6n
>>665
冷静に考えると金石福の発言は相当異常だよな。
聡明とは言え、何で一介の奴婢の少年が、
日本の見方で外交状況を介錯したした上で、
「日本はひどいこともしたけど偉大な革命者だった」理論を
振りかざしちゃうんだろう。
あそこの台詞はイヤな意味でヤバイと思った。

668 :マンセー名無しさん:2006/09/20(水) 21:22:36 ID:eQtxou6n
>>667
介錯したした→解釈した

669 :マンセー名無しさん:2006/09/20(水) 23:15:08 ID:15SAfnrO
ヒント・一進会

670 :マンセー名無しさん:2006/09/20(水) 23:30:13 ID:NL7kQFHa
>>669
一進会はむしろ『処刑御使』の時代じゃんよ。

まあ、荒山先生は現代人でマスコミ畑の人なので、
うっかり正義側のキャラに現代的な(=当時としては珍しい)
考え方をさせてしまうのかな、と無理やり納得してみる。

671 :マンセー名無しさん:2006/09/20(水) 23:42:47 ID:15SAfnrO
いや、当時もかの国に一進会のような考え方をした人々がいても不思議はないんじゃないか、
と荒山先生が考えたのかもしれない、ということ。

672 :マンセー名無しさん:2006/09/21(木) 04:23:08 ID:aBCSEo+z
「日本はひどいこともしたけど偉大な革命者だった」理論
はやっぱり一般市民を基本に考える荒山先生の思想が出てるよね。
戦が勝とうが負けようが支配者は変わらない。
実際日本軍は殺したり犯したり食い物奪ったりしたわけだけれども。

荒山先生は外国人指紋押なつ問題に関心を示して韓国に渡ったというし
被差別者に凄い関心があるんだと思う。
朝鮮出兵も日本対朝鮮じゃなくて
踏みにじられる朝鮮の民の言葉を言おうとしたんだろう。
それに戸惑う服部半蔵という存在もあるし。

日本はひどいこともしたけど…なんていうと太平洋戦争絡みでイヤなイメージになるねw

673 :マンセー名無しさん:2006/09/21(木) 06:50:57 ID:NCESgQ2P
>「日本はひどいこともしたけど偉大な革命者だった」
この台詞にもし、あちら側が文句を付ければ、宗主国様は秦の始皇帝を立てて共産主義国家の
独裁体制を肯定させる免罪符に使っているぞ、と連中の事大主義を皮肉る事ができるだろ?
上手い意趣返しだ。後は連中が餌に食い付くのを待ち構えるだけよw

674 :マンセー名無しさん:2006/09/21(木) 06:52:27 ID:TqBCDlvP
荒山的な視点で見れば、両班はいわゆる北斗の拳におけるモヒカンみたいなものだから、
虐げられる善良な村人の皆さんがとりあえず普通っぽい日本人に期待してしまうのもむべなるかな

675 :マンセー名無しさん:2006/09/21(木) 19:17:33 ID:jFJwjtXr
まあ外見普通っぽくても、それが
・第1話のケンシロウ(ボロボロ普通の人)
・トキ(いい人)
・アミバ(ハズレ)
でその後の対応がえらく違うわけだが。

まあ、荒山世界だと、
・前も宗炬
・後ろも宗炬
・もひとつおまけに宗炬
という宗炬三択なわけだが。

676 :マンセー名無しさん:2006/09/21(木) 21:34:21 ID:8Zr4zULG
>>673
ごめん、マジで意味わかんね
もうちょっと噛み砕いて言ってくれる?

677 :マンセー名無しさん:2006/09/21(木) 21:47:37 ID:KezTQHXh
>>677
単に来るところを間違えた人がいるってだけだ、気にするな。

678 :マンセー名無しさん:2006/09/22(金) 21:03:54 ID:TRuvkafZ
三田主水氏が黒宗矩の歴史についてコメントしてるな。

ttp://denki.txt-nifty.com/mitamond/2006/09/post_eab5.html

他にも面白い宗矩はいねえかな。

679 :マンセー名無しさん:2006/09/22(金) 22:13:20 ID:1g4HcYmY
パーフェクト宗矩というのがいるらしい

680 :マンセー名無しさん:2006/09/23(土) 17:15:03 ID:yH63iLKd
山田風太郎作品の宗矩は、(魔界に転んじゃうアレを除いては)比較的白いよね。
十兵衛もかっこいいし。

681 :マンセー名無しさん :2006/09/24(日) 13:16:46 ID:riEsqEM0
すいません!
太閤呪殺陣で、耳で飛行する兎とプテラノドンが
戦ってるような記述がありましたが、
僕は何か時代劇小説の読み方を間違えてるんですかねぇ?

682 :マンセー名無しさん:2006/09/24(日) 13:23:22 ID:rEc9BLi2
>>681
貴方が間違えてるのは読み方じゃない。
時代劇小説という捉え方だ。

683 :マンセー名無しさん:2006/09/24(日) 15:45:13 ID:95gvkzeL
>>681
時代小説を普通の小説の一ジャンルとすると、
伝奇小説ってのはジャンルで言えばラノベなんですよ。

ごめんウソです。ラノベ読みに勧めたら三人中二人が発狂したから、
ある意味ラノベよりひどいんだ。(一人はハマってくれたけど)

684 :マンセー名無しさん:2006/09/24(日) 17:17:10 ID:rEc9BLi2
いやいや、そもそも伝奇とラノベを同一線上に見るのがおかしい。
日本剣術が朝鮮源流と言うぐらいおかしい。
せいぜい時代ファンタジーとでも言うべき。
ましてや荒山文書群は、そんな従来のくくりで包括できるほどお行儀のいい代物ではないのは周知のはず。
罰として三国史記の原文通読およびその中から108つの朝鮮妖術を『発掘』することを命ず。

685 :マンセー名無しさん:2006/09/24(日) 19:51:44 ID:WppWvYVW
>罰として三国史記の原文通読およびその中から108つの朝鮮妖術を『発掘』することを命ず。
先生、それは私にはご褒美に聞こえます。

686 :マンセー名無しさん:2006/09/25(月) 12:06:01 ID:Oer1Yd/w
まあ一つ見つけたら、あとはノッカラノウムと捏造で
いくらでも増やせるし。

687 :マンセー名無しさん:2006/09/25(月) 17:20:03 ID:PV3Tsk7h
このスレを見て、荒唐無稽時代考証無視の三文馬鹿ラノベを想像した。暇つぶしに
ちょっとからかってやろうかと軽く笑みを浮かべながら「十兵衛両断」を買う。

「両断」→「外道剣」と読み進めていく内に段々腸が煮えくり返ってくる。
「剣法」の知恵伊豆に溜飲を下げる。宗冬に深く共感する。更に読み進めて気づく。
これってまさか石川賢版魔界転生が元ネタ……。
七剣神で吹き出す。集団ノッカラノウムで再度、腸が煮えくり返る。
木村新左衛門が真っ二つに裂け、鮮血の霧から姿を現わした六丸が余りにもカッコ
良すぎて涙が溢れた。「信玄忍法帖」の伊勢守くらい滅茶苦茶カッコ良かった。
という訳で今、「薔薇剣」買いに妻のヘソクリ握り締めて本屋に走ってます。
帰ったら私はヘソクリパクッたのばれて妻に三和土で叩きのめされるだろう。

688 :マンセー名無しさん:2006/09/25(月) 17:30:40 ID:Oer1Yd/w
よいか687、男と女は、互いに一人では半月にすぎん。
どれだけ満たされようとも、それは半分の輝きでしかないのだ。
だが、夫婦がよりそえば、それは満月となる。

つまり、奥方にも荒山を薦め、それぞれ別の作品を買えば、
半分の出費で荒山著作を制覇することも可能なのだ。

さらに、「これぞ夜のノッカラノウム」などの(お子様goo)な技の楽しみも
共有できるという諸刃の剣。
素人にはオススメできない。

689 :マンセー名無しさん:2006/09/25(月) 20:13:40 ID:1n/ITO5U
デビュー作の高麗秘帖を読んでいたら、比較的マトモだったのでおどろいた。

トンデモ技を使うのは2人くらいだし。

海女さんを○○しちゃうためにでてきた巨大な○くらいかな


690 :マンセー名無しさん:2006/09/29(金) 12:21:19 ID:i0SSMWFy
>>683
つーかラノベの元祖になる昔のソノラマ文庫って伝奇ものばっかりだったし。
平井和正・菊池秀行・夢枕獏といった伝奇作家からラノベが生まれたのだよ。

691 :マンセー名無しさん:2006/09/29(金) 18:51:23 ID:SWwyOZvt
>>690
 つまり荒山先生は先祖返り、というか、
ギアナ高地の大秘境に今も生きる恐竜?
…いや、むしろ更にそこから突然変異した大怪獣ってとこでOK?

692 :マンセー名無しさん:2006/09/29(金) 19:25:18 ID:HeDFWez+
荒山先生は、ギアナ高地の大秘境に今も生きていた伝奇恐竜が、
宇宙からの隕石に付着していた物体ファックス(愛ゆえにファック)に寄生されて、
さらに隕石落下の衝撃で火山噴火に巻き込まれて超進化を遂げた姿です。

693 :マンセー名無しさん:2006/09/29(金) 20:26:15 ID:rVfxHfX9
高麗秘帖→魔風海峡とリアルタイムで読んだ人いるかな。添物ていどだった
忍者戦がいきなりバジリスク対十傑衆になっていたことについて感想を
聞きたい。

694 :マンセー名無しさん:2006/09/29(金) 23:10:20 ID:EdUFlp3o
>>690
 夢枕獏文体の荒山小説とか想像しちゃったよ。

「どうだ、――」
「柳生小説は書けたか?」
「いえ―― もう柳生小説ではなくなりました」
「なくなった?」
「はい」
「ふうん」
「もう、柳生小説でなくてもいいのだという気がしています」
「何故だ」
「わかりません」
「時空に惚れたか」
「時空には鏡以上に、色々なものが映る。時には見る者の心まで、よく映すからな」
「一つ訊かせて下さい」
「おう」
「彼らはどうしてタイムスリップして伊藤を暗殺しようとしたのですか」

695 :マンセー名無しさん:2006/09/30(土) 16:41:17 ID:uSE0tT/R
伝奇からラノベが生まれたといっても、それで伝奇ものは皆ラノベってのは乱暴だろう。
それこそ朝鮮柳生が剣術本宗を名乗るようなものよw

696 :マンセー名無しさん:2006/09/30(土) 17:09:22 ID:e/GDaCqs
つまり夢枕のキマイラの第1巻に「キマイラの本願は朝鮮なり」とか、
菊地のバンパイアハンターDに「教えてください、Dとは大韓民国の……」とか
捏造文章を差し込んで再販すればいいのだな。

そうすれば烈堂(演:大葉健二)がニヤニヤ笑いながら
「ぶっ殺そう! 奴らを観察医が震え上がるような残虐な方法でぶっ殺そう!」
とか立ち上がってくれるわけですね。

697 :マンセー名無しさん:2006/10/01(日) 03:42:23 ID:7/9DeTPQ
>「教えてください、Dとは大韓民国の……」
ワラタ

698 :マンセー名無しさん:2006/10/01(日) 13:31:36 ID:LS/FSkCO
荒山徹は伝奇でも時代でもラノベでもない
もっとおぞましい何かだ

699 :マンセー名無しさん:2006/10/01(日) 18:25:19 ID:AGzmuRCR
たっちゃんはたっちゃん。
かっちゃんはかっちゃん。
とおるはとおる。

700 :マンセー名無しさん:2006/10/02(月) 14:27:47 ID:AvyoZeYN
清国に貢ぎだされた官女を助けるために朝鮮忍者(?)が平壌から北京までの道のりを朝鮮王朝の忍者(?)7人衆+清国忍者(?)と闘う、とかいうネタはどうでしょうか?最初はもちろん朝鮮王の清国使者への土下座から始まるとか。

701 :マンセー名無しさん:2006/10/02(月) 15:04:04 ID:rgtsWOrd
>>700

>清国に貢ぎだされた官女を助けるために・・・

そんなまともな理由では、がまんできないニダ。
「朝鮮人は全員シベリアに移住して、朝鮮半島を清国人に明渡すアル」
というような、なんかとんでもない理不尽な要求をつきつけられて、
斜め上の思い込みで戦うほうがいいニダ。

702 :マンセー名無しさん:2006/10/02(月) 15:06:19 ID:B0lRgkTA
次は朝鮮モスラと清国ガメラと印度ゴジラが戦う
三国大決戦がいいなあ。

まあ最後は友景が全部おいしいとこもってっちゃいそうだけど。

703 :マンセー名無しさん:2006/10/02(月) 21:09:14 ID:lFGolGi5
友景操縦の奈良大仏がピンチになると
二号ロボの鎌倉大仏とグレート合体して、超武仏になる訳か。
必殺技は
雷光仏羅手(サンダーフラッシュ)

704 :マンセー名無しさん:2006/10/02(月) 21:54:23 ID:Fc+cZ+dg
京極の百物語みたいに、友景列伝もアニメ化して欲しいなぁ。
特撮はそのまんま過ぎてヤバいのでw

705 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 00:37:58 ID:OSIiKNN/
>>701
いっそのこと、こんなのはどうでしょう?

勅旨を要約すればこうなる
「朝鮮国王を転封し、日本国王となす。速やかに新封地に赴け」

朝鮮の君臣ことごとく困惑した。日本は中華皇帝の威に服さぬ化外の地である。
勅旨と黄幡を押し立てて倭奴に服従を要求しても従うはずもない。皇帝の真意はいずこにあるのか。


706 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 00:41:59 ID:Yr1EkbpG
>>705
いいねえ、それいかにもありそう。
ただ、困惑しないでさっさと征東行中書省を復活させそうな気もするな。

707 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 21:04:50 ID:fDCXmgCQ
>>706

そこで、秘密兵器ノッカラノウム!!!
朝鮮国王と徳川将軍を入れ替えてしまえばいい!

それがすんだら、両班と諸大名をどんどん入れ替えて行く。
そうすれば、知らぬ間に日本は朝鮮のもの・・・

708 :707:2006/10/03(火) 21:21:23 ID:fDCXmgCQ
朝鮮による徳川家乗っ取り工作に、忠臣蔵をからめれば、おもしろいことに・・・

吉良上野介が、朝鮮妖術師にノッカラれているのに気がついた浅野内匠頭は、
松の廊下でやむなく刃傷におよぶが失敗する。
大石蔵之助は、松の廊下の真相を探るうちに、徳川家乗っ取り大陰謀に気がつく。
赤穂浪士と朝鮮妖術師との死闘!!!
そして、吉良邸討ち入り!!!

709 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 21:32:14 ID:ku/zjnYE
>>708
 その手の話なら、こんなのが。
荒山版忠臣蔵こと「柳生忠臣蔵」。

 ・「吉良上野介は韓人でござる!」

   この事実を知った浅野内匠頭は、幕府の上層部へ
  真実を伝えようとするが、朝鮮妖術で体を操られた挙句、
  殿中で刀を抜く羽目になり、結果、無念の死を遂げる。

 ・「わからぬ、わからぬ、わからぬ。かの国の妖術、恐るべし」

   死の間際、真実は大石内蔵助に伝えられた。
  しかし、お家は断絶の憂き目の上、得体の知れぬ朝鮮妖術に
  如何様な手だてを立てたものかと苦悶する大石。

 ・「朝鮮に妖術師あらば、我が国には陰陽の使い手あり」

   苦悶の挙句、祇園にて酒色に逃避する大石。
  しかし、そこで現れたのはあの友景の曾孫、幸徳井友信。
  曽祖父の異能の才を受け継いだ友信(※)は、
  大石の話を聞くだけで、かの妖術の術理を解き明かす。
  助力を懇願する大石。快諾する友信。
  (※ 本当はどうだったか知らないが、
   斯様なハイパー化がされてた方が面白いので、そういうことに)


710 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 21:33:52 ID:ku/zjnYE
・「朝鮮柳生、今ここに復活!」

   その頃、江戸の吉良邸に続々と浪人を装ってやってくる影。
  この影こそは元禄の世に甦りし朝鮮柳生(強化型)!
  滅び去った筈の奴らが何故、この世に甦ったのか?
  とまれ、前に居並ぶ朝鮮柳生衆を前に哄笑する吉良上野介。
  「ハハハハハ、征東行中書省の恨、遠からず倭奴どもに思い知らせてくれるわ!」

 ・「朝鮮柳生は斬る。斬って斬って切り捨てる!」

   江戸へ上り、吉良邸の情報を集めたところで、
  朝鮮柳生(強化型)の存在を知らされ、愕然とする大石。
  なんと、朝鮮柳生(強化型)は全員獣人だったのだ!
  相談を受け、どこぞへ連絡を入れる友信。
  しばらくして、大石たちの元へ、僧形の老人が現れた。
  「我が名は−柳生列堂」
  (本当は前年に列堂は亡くなってるのだが、そっちの方が以下略)


711 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 21:37:13 ID:ku/zjnYE
 ・「韓人、推参なり」

   雪の降る夜、すっかり化け物屋敷と化した吉良邸に
  突入をかける四十七士&友信&列堂。
  唸る剣風、飛び交う妖術、辺り一面血の海だ。
  そして朝鮮妖術師、吉良上野介こと吉義央。
  太陰虫による将軍綱吉入れ替え策を謳った後、大蛾に変身。
  なんと義央の正体は年を経て知恵を持つに至った慕漱蠡だったのだ。
  しかし、友信との術合戦に敗北、人の姿に戻ったところを大石に討ち取られる。

 ・「四十七士よ、安らかに眠れい」

   政治的都合により、結局、切腹となった四十七士。
  だが、彼らの顔は一様に晴れやかであった。
  そして、彼らの菩提を弔う列堂和尚。
  彼らの評価は、後の世の歴史が物語っている−


 …まあ、荒山心技体で言えば、
「朝鮮:5 柳生:6 妖術:6」ってとこですかのう。
んー、イマイチ。

 やっぱ初っ端で浅野内匠頭も四十七士も皆殺しになって、
諸般の事情でその遺志を受け継いだ柳生の剣士(※)が
吉良邸に一人で乗り込んで皆殺し、という方が”らしい”ですかのう。
(※ 名前? 列堂こと六丸の孫ってことで、八丸でいいんじゃないの?)

712 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 21:39:54 ID:Yr1EkbpG
>>709-711
これか。
http://d.hatena.ne.jp/hisane/20060716

713 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 21:57:54 ID:Ojq5FSUY
実はそれまるっきり逆パターンでもいけるね。

・四十七士最後の生き残り、寺坂信行が死の床で過去を回想するシーンから始まる。

・ちょっとした注意を受けただけなのに猛然とキレる浅野。
・これこそが「火病」であったとは鶏林大学(以下略)
・密かに進めていた日本乗っ取り計画を断絶に追い込まれ、その恨を晴らさんと討ち入りを計画する四十七の妖術師。
・黙認するかに見えた幕府であったが、上杉家を通じ密かに手練の護衛を送る。当然柳生。
・死闘。めちゃめちゃ死闘。
・撃退に成功するも、不意をつかれ吉良は最早虫の息。
・そこへ最後の刺客、寺坂信行が。
・あっさり捕獲に成功すると、柳生の人が言う。「上野介殿には、韓人めの術でもって蘇生して頂く」

・そして現在。そう、寺坂は吉良がノッカラノウムで入れ替わった人物だったのだ。
・自らが稀代の悪人とされていることに苦笑しながら安らかに逝く寺坂、否、吉良。



714 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 22:08:08 ID:fDCXmgCQ
両方とも出してホスイ。

逆パターンの場合は、朝鮮妖術師の日本乗っ取り陰謀を事前に阻止したのは、
吉良上野介ということに・・・はっ、高家の本当の役割は、礼儀作法の教授などではなく、
実は将軍家の霊的防衛だったのか?
そういえば、吉良家は朝廷ともつながりがあり、その関係から幸徳井家にも出入りしていたとか・・・

715 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 22:24:18 ID:mRUUeTJ5
ここまで大風呂敷を広げても「中華皇帝をノッカラノウムして…」という作戦を
誰も思いつかないのは、千年属国を反映してのことでしょうか?

716 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 22:45:30 ID:Rkynb4lp
関連年表を作ってみました。

1636年(寛永13年)丙子胡乱
同年            第四回朝鮮通信使
1641年(寛永18年)吉良義央、嫡男として誕生

1655年(明暦元年)第六回朝鮮通信使
1658年(万治元年)義央、大大名上杉家の姫と異例の結婚
1664年(寛文4年)上杉家当主、嗣子なきまま死去。義央の長男、養子となり上杉家を継ぐ

1680年(延宝8年)義央、高家の最高官位に任官
1682年(天和2年)第七回朝鮮通信使
1683年(天和3年)義央、高家の最高職に就任
1684年(貞享1年)大老堀田正俊暗殺。以後、将軍綱吉の奇行が目立ち始める
1685年(貞享2年)義央の次男(嗣子)夭逝

         (この間、李氏朝鮮では、粛宗が政治の安定化を図っている)

1701年(元禄14年)松の廊下事件

参考:

吉良義央
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E8%89%AF%E7%BE%A9%E5%A4%AE
朝鮮通信使
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E9%80%9A%E4%BF%A1%E4%BD%BF
徳川綱吉
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E7%B6%B1%E5%90%89
李氏朝鮮
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%B0%8F%E6%9C%9D%E9%AE%AE


717 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 22:54:43 ID:8FUe03JT
>>715
┏ようじゅつ━━━┓
┃ りしちょうせん ┃
┃┏━つかう━━━━━━━┓
┃┃  E やぎゅうじゅうべえ  ┃
┃┃  E さかざきでわのかみ.┃
┗┃  E こばやかわひであき.┃
  ┃  E よどぎみ          ┃
  ┃  E ほんだまさずみ .┏━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  とくがわつなよし  .┃大清国皇帝をノッカりますか? ┃
  ┃→大清国皇帝      ┃→  はい               .┃
  ┗━━━━━━━━━ ┃   いいえ             ┃
                 ┗━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃宗主国をノッカるなんてとんでもない!          ┃
┃                                ┃
┃                                ┃
┃                                ┃
┃                        ▼.         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

718 :マンセー名無しさん:2006/10/03(火) 23:08:18 ID:Yr1EkbpG
>>715
それってやる側に秀吉クラスの気違い方が必要になるからねえ。
光海君とか程度の朝鮮王の器じゃ頭がパンクしちゃうよ。
臨海君だって、朝鮮独立という発想に最初驚いてたくらいだし。

719 :マンセー名無しさん:2006/10/04(水) 01:31:51 ID:DKoUfEih
>>711
> (※ 名前? 列堂こと六丸の孫ってことで、八丸でいいんじゃないの?)

烈堂の孫なら大五郎に決まってるじゃないか。


720 :マンセー名無しさん:2006/10/04(水) 07:13:27 ID:n2FbRRMd
>>713
吉良側の忠臣といわれている、清水一学とかを主人公にして、柳生関係者と戦わせたらおもしろいかもね

721 :マンセー名無しさん:2006/10/04(水) 20:49:35 ID:8d7NhYct
逆パターン忠臣蔵関連年表(仮)

1641年(寛永18年)吉良義央、嫡男として誕生。高家は、表向きは礼儀作法教授の家柄だが、本当の役割は将軍家の霊的防衛。義央は、幼少の頃から剣と陰陽道を学ぶ。同じ頃、大清皇帝から朝鮮国王に、日本征服の密命下る。征東行中書省再興。
1655年(明暦元年)第六回朝鮮通信使。通信使にまぎれて、朝鮮妖術師集団が浸入。幸徳井家は、内紛により、後手に回る。
1658年(万治元年)義央、大大名上杉家の怪異を解決。その縁により、上杉家の三女、富子と異例の結婚。同年、幕閣は「上杉家ノ一件」を重視。霊的防衛組織「影」の設置を決める。「影」の総取締は、義央の父、義冬。
1662年      幕府の使者として京都に行き、後西天皇に謁見。このとき、征東行中書省の再興と朝鮮妖術師の日本への侵入を知る。
1663年      京都で起こった怪異を解決。この功により、従四位上に昇進。表向きには祝賀の使者として上洛したことになっている。
1664年(寛文4年)上杉家でまたしても怪異が起き、米沢藩主上杉綱勝が怪死。米沢藩は大混乱となるが、義央は事件を解決。これにより、義央の長男、三之助が上杉家の養子となる。
1668年      朝鮮妖術師との戦いにより、父、義冬が討ち死。
1680年(延宝8年)義央、いままでの数々の働きにより、高家の最高官位、左近衛権少将に任官
1682年(天和2年)第七回朝鮮通信使。またしても一騒動。
1683年(天和3年)義央、高家の最高職に就任
1684年(貞享1年)大老堀田正俊暗殺。以後、将軍綱吉の奇行が目立ち始める。義央、この一件を解決。
1685年(貞享2年)朝鮮妖術師との死闘の結果、義央の次男(嗣子)夭逝
1698年     朝鮮妖術師により、江戸で大火。
1701年(元禄14年)赤穂藩が、朝鮮妖術師に乗っ取られていることに気が付いた義央は、一計を案じ、松の廊下事件を起こす。この結果、浅野長矩は切腹。赤穂藩は取り潰し。
1702年      朝鮮妖術師との最後の戦いのため、屋敷を本所に移す。吉良邸で、赤穂浪士を待ち構えていたもの、それは・・・

722 :マンセー名無しさん:2006/10/05(木) 02:03:27 ID:qLU78I8q
昨今の流れに触発されたみたい。時代もネタもずれるけど、以下妄想。

(1)
臨終の際に秀忠に向かって「徳川氏則チ朝鮮本貫羅氏」の秘事を伝える家康。
二代将軍として外様大名の改易を乱発し、徳川体制の安定化に努める秀忠の脳裡で、その言葉は呪いのように反芻されていた。
秀忠はいつしか無意識裡に日本の朝鮮属国化に向けて、天皇家の血流乗っ取りを企て、宮中に娘・和子を入内させる。
後水尾天皇の陰陽師・幸徳井友景は霊的防諜網の異常によって、秀忠の内に陰なる野望が萌芽するのを察知。
大御所となった秀忠の尖兵となって宮中へ乗り込み、徳川系皇子後継の障害となる幼い諸皇子の弑殺を目論む謀略大名・藤堂高虎。
友景は柳生眞純改め幸徳井友種とともに、「天皇家の忍び」たる八瀬童子・静原冠者と共同して、
藤堂麾下の甲賀伊賀無足人組と暗闘を繰り広げる。
但し藤堂は陽動に過ぎず、幼い諸皇子達は奇怪な頓死を遂げる。
真の刺客は、第三回朝鮮回答兼刷還使の召還せし朝鮮妖術師!
喚んだのは南師今のみと誰が謂ったであろうか。
前年に滅ぼされた征東行中書省の恨を一身に担い、術師は呪殺の標的を仇敵・友景と倭王・後水尾に定める。
暗殺妖術は雷光の象を取った。友景は魔縁衆の助力を借りて相殺に成功するも、天皇の護衛までには至らない。
玉体に迫る稲妻の前に友種が身代わりとなり、一命を取り留めるも重体に陥ってしまう。
友景は養子の献身によってかの妖術が『菅原道真』の怨霊を媒体としていることを感得。
「其ノ遠祖ヲ以ッテ不肖ノ末裔ヲ戮セシメン」
何たることか、本姓菅原氏を名乗る柳生氏の一員でもある友景にとって、道真は太祖に当たった。
柳生の血を受け継ぐ限り、太祖の荒ぶる御魂の前には抗うこと能わざりき――。
それは魔縁衆となった友景であっても例外ではない。
天皇家に恨みの念を抱くと謂われ、柳生家の太祖たる大怨霊こそは、この局面における王手飛車取りの鬼手であった。
万策尽きた友景は、征東行中書省との抗争中にさえ解かなかった封印の解除を天皇に奏上する。

723 :マンセー名無しさん:2006/10/05(木) 02:04:39 ID:qLU78I8q
(2)
則ち『平将門』勅許の詔の宣下。七百年越しの朝敵御免状だ。
東国最大の怨霊にして、天皇家の霊的支配をも凌駕する『新皇』将門の霊威を背景に、友景は呪術戦で逆襲する。
吹きすさぶ怨嗟の嵐の中、相打つ道真の雷と将門の風。それはまさしく俵屋宗達の中空に見た風神雷神図であったろうか。
京畿を揺るがす大霊闘の末、勝敗を制したのは風。則ち友景。
正気に立ち返り、過去の怨念を韓人に利用されたと知った道真の霊は、末孫たる友景の尽力に賞賛を、
天皇家に振舞った無礼に謝罪を伝え、慙愧の裏にも、遣唐使廃止を建策した己の判断の正しさを確信して、和魂へと戻っていった。
将門の霊も、朝敵の汚名返上すらも意に介せぬ体で剛毅の風を漂わせ、
引き続き東国の家の子郎党達の後裔守護の為、武州神田の地へと還った。
一方、術敗れて故国へと遁げる朝鮮妖術師の背を、恢復した友種の隻眼は逃さなかった――。

畢竟、中宮和子の生んだ男子は一時期皇位を継ぐものの、その血が後の皇統に伝わることは相成らず、
秀忠の死とともに徳川の皇統簒奪計画は潰えることとなる。

事収まって、本復した友種を引き具して参内した友景は、後水尾天皇の前で古歌を口ずさむ。
折りしも二十四番花信風、小寒の頃。
「東風吹かば にほひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」



雨月抄の後日譚にして薔薇剣の裏な感じの友景サーガになってしまったわえ。

724 :マンセー名無しさん:2006/10/05(木) 07:21:36 ID:MfN4/SQ9
いや、GJ。デキが端整であまり朝鮮臭くないということさえ除けば、
次の新作だと言われても違和感ないよ。

725 :マンセー名無しさん:2006/10/05(木) 16:44:19 ID:6Zx3SuNx
そういや、友景の没年って宮本武蔵の没年と同じなんだよね。

何か繋がりのようなものを考えてしまうのは、伝奇病に侵されはじめているからだろうか。

726 :マンセー名無しさん:2006/10/05(木) 19:20:13 ID:AxBDVMpi
友景は、宮本武蔵を連れて異世界に行ったのだよ。
だから、表向きは死んだことになっている。

727 :マンセー名無しさん:2006/10/05(木) 21:46:25 ID:jf43IuDH
>721
>722-723
俺も>724に同感。マジGJ。
これは本気で読みたい。

728 :723:2006/10/05(木) 21:47:43 ID:qLU78I8q
訂正
○中宮和子の生んだ女子
×中宮和子の生んだ男子
 なに無意識に姉弟でノッカラさせてんだ俺

>>724
ありがとう。
確かに国内問題にまとまり過ぎたか、朝鮮分足りなかったですわ。
新皇改め東百済皇・馬将門(将門の氏・相馬は馬韓に由来するのは鶏林大学の<略>)とか、
飛び梅ならぬ朝鮮蠱術「飛槿(とびむくげ)」とか小ネタは色々あったんですが省きました。

729 :マンセー名無しさん:2006/10/05(木) 22:05:09 ID:AxBDVMpi
>>722

>「徳川氏則チ朝鮮本貫羅氏」

というのは、「魔岩伝説」の設定だから、この世界にもやっぱり太陰石があり、
日光東照宮の五輪塔には家康の生きた遺骸があって、将軍の代替わりの度に、
太陰石の霊力を補給するため、霊童を連れた朝鮮通信使がやってくるのかな?

徳川氏がこんなことやっていて、崇徳上皇はよくぞ黙っていたw

730 :マンセー名無しさん:2006/10/05(木) 22:26:30 ID:qLU78I8q
>>729
崇徳院は征東行中書省壊滅の後に御寝あそばされ、
再び悪の秘密結社のような外敵が反日行為を行うまで、
狸寝入りを決め込んでおられるというのがこちらの見解です。
(例の道真の件は天皇家的に相手が鬱陶し、もとい後ろめたかったのか「信頼している股肱」友景に丸投げ)
徳川氏が公然とルーツ公開&朝鮮の属国化宣言でもしない限りは御目溢しをしているのでしょう。

731 :716:2006/10/06(金) 01:06:03 ID:Np907frX
長文すいません。私の妄想も許してください。

(1/3)

――1636年
吉良家当主、義冬には悩みがあった。子種が無かったのだ。その彼に、第四回朝鮮通信使随員、
獣医金某が助力を申し出る。実は金は妖術師であり、鉄の箸を使う秘術ポトショクローンにより、
義冬に生き写しの子供を作れるというのだ!
そして5年後、吉良家に待望の「嫡男」が誕生する。
すっかり金某を信用した父により、以後その子供は朝鮮式の英才教育を施されることになる。

――1655年
(第六回朝鮮通信使来朝。今回の目的は、最大の反幕府勢力、すなわち米沢藩上杉家、仙台藩
伊達家の弱体化にあった。その策謀は、後に、上杉家乗っ取りおよび伊達騒動として表面化する)

――1658年
旗本とはいえ小身、しかもまだ部屋住みの吉良家嫡男、義央に、とつぜん縁談が転がり込む。
大大名上杉家の姫が、義央への輿入れをいたく御所望というのだ。断る理由も無く、義央は
逆玉に乗り、幸せな家庭を築く。
だが彼は知らなかった、妻の正体は妖虫が化身した変わり身であることを。生まれた子供らは
彼の胤ではありえぬことを。彼もまた、「父親」と同じく、子種が無かった‥‥

――1664年
上杉家当主綱勝、嗣子なきまま死去。義央の長男、養子となり上杉家を継ぐ。

――1682年
第七回朝鮮通信使来朝。義央は饗応役を立派にやり遂げ、その褒美として、翌年、高家の
最高職に就任する。

732 :716:2006/10/06(金) 01:06:59 ID:Np907frX
(2/3)

まるで幸運の女神が敷いたレールの上を走っているような、順風満帆の人生であった。
そう、レールは敷かれていたのだ。義央の人生はプログラムされていた。高家指南役として
将軍家の思想をコントロールし、日本を朝鮮の属国とせしめ、清国と戦わせるために。

――1684年
清国侵攻計画を推進していた大老堀田正俊が暗殺され、計画は一時中断を余儀なくされる。
練達の朝鮮妖術師ともなっていた義央は、刺客が未来から送り込まれた処刑御使であることに
気づくが、理由は分からない。やがて清国侵攻計画は、義央に受け継がれることになる。

――1685年
義央、母より、死んだ父が子供のできない体だったこと、自分が秘術によって産まれた
父の生き写しであることを知らされる。
妖術師として、彼は、子種のない体質を「父」から受け継いだことを覚り、初めて、
子供たちが自分に全く似ていないことに気づく。
同年、義央の嗣子、夭逝。

そのころ、朝鮮では、名君・粛宗が帝位に着き、国内の混乱を収拾し始めていた。
前時代の遺物である日本属国化計画など、すでに無用の長物であり、日本に残された
エージェント・吉良義央は、もはや排除すべき不安定要因でしかなかった。


733 :716:2006/10/06(金) 01:07:58 ID:Np907frX
(3/3)

――いずれかの年
清国侵攻計画を推進していた大老堀田正俊を暗殺するため、処刑御使が出動する。

――1701年
高家指南役・義央の強い影響のもと、将軍綱吉の陣頭指揮により、清国侵攻計画発動。
日本軍は手始めに、清国の属国である朝鮮に侵攻、破壊の限りを尽くす。
粛宗の改革は灰燼に帰し、以後30年にわたり、朝鮮は日清両国の戦争により蹂躙される。

――その後のいずれかの年
吉良義央を暗殺するため、処刑御使が出動する。

――(再び)1701年
吉良義央暗殺未遂事件。義央は実行犯・浅野長矩が処刑御使であることに気づく。
その後の取調べで、義央はすべてを悟る。
自分が、日本人でありながら、生まれながらに朝鮮人の道具として作られ、いまや
作り主からも捨てられた惨めな傀儡であることも。

――(再び)1702年
吉良義央を主君の仇と思い込んだ赤穂浪士が吉良屋敷を襲撃する。
義央はすでに妻を離縁しており、味方であるはずの上杉家からの援軍も断っていた。
ほとんど無抵抗で討たれた義央だが、その首が、どこか寂しげな、しかし運命から
解放されて安心したような微笑みを浮かべている理由を知るものは、誰もいなかった。


734 :マンセー名無しさん:2006/10/06(金) 08:04:08 ID:nuRGDo6K
朝鮮国はプレデターが地球でエイリアン狩りをする時の寄生体にするために
5千年前に文明を与えられたとか、生類憐みの令は朝鮮王の犬食を確保する
ために発布されたとか、色々あるわな。


735 :マンセー名無しさん:2006/10/06(金) 12:16:06 ID:QfGkcbVv
>>731-733

処刑御使を出すのだったら、最初から出したらどう。たとえば・・・

第三次朝鮮征伐が行われ、朝鮮王国が滅亡した未来から、処刑御使が送り込まれた。
処刑御使は吉良家を乗っ取り、吉良義央を傀儡にして、第三次朝鮮征伐を推進した
人物を次々に暗殺する。
真相に気が付いた浅野長矩は、幕府上層部に知らせようとするが、吉良義央の謀略
で、松の廊下事件を起こされて、切腹するはめになる。
浅野長矩からの手紙で事情を知った大石蔵之助は、吉良義央を討つことを決意する。
その頃、吉良義央と朝鮮妖術師は、将軍綱吉の暗殺を画策していた。

そもそも、荒山ワールドでは、タイムパラドクスはどのように解消されているのか??

736 :マンセー名無しさん:2006/10/06(金) 22:04:46 ID:zKXHNV64
荒山作品がもっと沢山出れば荒山十傑集が出せるな
今のところはとりあえず宗矩、李舜臣、半蔵、松雲大師あたりか

友景はビッグファイアのポジション

737 :マンセー名無しさん:2006/10/07(土) 12:10:08 ID:N/iw5+OY
>>735
>タイムパラドクスはどのように解消されているのか

つ実はわれわれが今いる現実世界こそが間違っていた歴史なんだよ!!

738 :マンセー名無しさん:2006/10/07(土) 15:22:24 ID:Tu/x/acA
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・

:::ミ:/ ,,..__ ゙     ~~´  ゙ミミ! '"';:' ;'::'゙:゙::;゙ fミ ノノノ/ili!ヽ::;, /`ヾ .: :.:..:: ミ、
:ミ:/  u  `ヽ、  ゙ , ;, ,; u u゙ミi  ,. ,. ,, ., ., .:i -..,ゞ、ノツソ ,.ヾ;i ,.,  ,..,,.,.   ミ
:/ u    ,.-一‐ヾ 、_;,.;,.,; _,,,;;-'''i/メ、ノノil!))ヾ、 .i ゙;._f5゙`ー;:,.'e-゙:!,.ゞ、_ソツノ;,ヾ;;ヾ゙
     '´  (・) `ー=t"r.` ./;'"r。゙ーt ,;-='´iu""._ u ゙ゞ゙ー' i.._G_,゙;:/t'a`i/i
  u   ゙ー--一,,.::  トー--'::! ゙-一u i、,゚,,ノ.i,j ./" `ヽ. ン u.i、u__ノ´, ゞ、.ィ'
          u   ゙'ヽ ゙`i u ,.:‐-、 ;.ノ  i .i'.._ ゙ー-/  .ノ ./- 、゙7 u 丿
  u    ,.-‐- 、.._ τ/ u ! f--...___7 u丿.i、.:__ヽ / /ヽ. i、___,ソ ./
      /__   `゙ー, u  ノ、 i、 ゙ ゙̄/ ./ ヾー--',ィ'._   `┬‐'´; ゙ヽ
.、     /,,..._" ̄ ゙̄/  /  ゙ヽ二ニ/ ゙`ヽ.   `T'"  `ー、 .,;i  ;   ,イ
;;;;\   i    ゙: ̄ヾ./ /;;;゙、   i::: : :.    ゙i  .,;i  ';.   ゙i ノ  ;' ;/ :i


739 :マンセー名無しさん:2006/10/07(土) 15:30:13 ID:Tu/x/acA
↑お約束ね。AA探すのに苦労した。

>>737

今いる現実世界が間違った世界だとすると、正しい世界というのは、
大朝鮮帝国が檀君以来半万年続いた世界のことかな?

処刑御使には、一応五十年以内の過去、というリミッターが掛かっているけど、
朝鮮人なら、いつかはリミッタ―なしの処刑御使を開発して、
自分たちの気にいらない歴史を次々に改変して、
そんな歴史にしてしまいそうな希ガス。

740 :マンセー名無しさん:2006/10/07(土) 15:55:43 ID:N/iw5+OY
>>739
ついでにその場合の参考文献

1.柳生十兵衛死す(石川賢版)
2.魔人学園
3.バイオレンスジャック
4.エイジ・オブ・アポカリプス

741 :荒山クラウザー徹:2006/10/07(土) 20:19:43 ID:N/iw5+OY
司馬遼太郎作品などレイプしてくれるわー!!

742 :マンセー名無しさん:2006/10/07(土) 20:49:03 ID:al7jZ19t
>739
>大朝鮮帝国が檀君以来半万年続いた世界
私はむしろ、処刑御使を使いまくってもこの(つまりこの現実の)程度って言うか、
処刑御使って使えば使うほど墓穴が深くなる猿の手じみた妖術なんじゃないかと
思うことがありますよ。

743 :マンセー名無しさん:2006/10/07(土) 22:08:28 ID:Tu/x/acA
>>742

ああそうか。
「処刑御使」は、過去に刺客を送り込んで、少年時代の伊藤博文を暗殺する話だけど、
結局、歴史を改変することができず、大韓帝国は日本に併合された。

仮に暗殺に成功したとしても、伊藤博文を殺したことが、歴史にどのような影響を与えるのか、
だれもはっきりとしたことは言えない。

気にくわない過去の歴史 → 処刑御使で過去の人物を暗殺 → 改変成功ウマ―
→ しかし、歴史改変の悪影響によって、さらに悪い結果に・・・

ということを繰り返した結果が、千年属国恥辱の歴史。
伊藤博文のことだって、暗殺しようと考えなければ、保護国になっただけですんだかも・・・



744 :マンセー名無しさん:2006/10/08(日) 07:32:08 ID:DYPCzV0S
伊藤博文は韓国に好意的だったそうだけど、伊藤の代わりにものすごい嫌韓の人が総監になったりとかね。

745 :マンセー名無しさん:2006/10/08(日) 10:24:07 ID:0D4rPu2J
"チャングムの夢"も荒山先生が書けばいいのに

746 :マンセー名無しさん:2006/10/08(日) 13:56:30 ID:ghdLm4TR
前にもチャングム。
後にもチャングム。

747 :マンセー名無しさん:2006/10/08(日) 14:37:25 ID:gl085kdG
もう前にも後ろにもは定番かw

748 :マンセー名無しさん:2006/10/08(日) 16:03:26 ID:djr3iVIG
>>745
何故かチャングムが柳生武芸庁の女剣士って設定になってそうだ。

749 :マンセー名無しさん:2006/10/08(日) 18:47:51 ID:yLxl5FYQ
なんでも柳生が関わってくるとは限らない。

しかし何でも妖術が関わってくるのは確実なので、
多分妖術料理。

750 :マンセー名無しさん:2006/10/08(日) 19:49:49 ID:yOhc5fi6
ということは荒山版「妖神グルメ」が見られるという訳ですな。

751 :マンセー名無しさん:2006/10/08(日) 22:06:44 ID:bxtYv/W8
失われた百済料理のレシピが、日本に残っているとの情報をキャッチして…

752 :マンセー名無しさん:2006/10/08(日) 23:42:39 ID:6Wi5egH8
このスレの人間がドラマチャングム見たかあやしいからオレが書いておく
チャングムにはチェ一族の陰謀という要素がある
要するに、料理で裏柳生みたいな連中だな
こいつらと柳生が闘うというのはどうだろう?

753 :マンセー名無しさん:2006/10/09(月) 00:51:43 ID:fmVcnu35
伝奇で有名な料理ネタってあるかね

754 :マンセー名無しさん:2006/10/09(月) 01:16:42 ID:hrhRVgv7
パッと思いつく限りだと、家康が鯛の天麩羅に当たって死亡ネタとか。

755 :マンセー名無しさん:2006/10/09(月) 08:19:25 ID:ujRJSWfv
どうせ海原雄山のパロディキャラがでたりするんだろうね

756 :マンセー名無しさん:2006/10/09(月) 11:31:52 ID:3u7mSxeD
>このスレの人間がドラマチャングム見たかあやしい
>どうせ海原雄山のパロディキャラが
いきなり図星をつくのは、誰だあっ!

757 :マンセー名無しさん:2006/10/09(月) 19:06:19 ID:hrhRVgv7
荒山チャングムとなると、これかなあ。

ttp://kizurizm.blog43.fc2.com/blog-entry-1433.html

758 :マンセー名無しさん:2006/10/09(月) 19:20:38 ID:SdB5vGD/
柳生主馬という柳生家の養子になったという朝鮮人がいるらしいけど、荒山作品には出ていますか?
さいとうたかをの時代劇では清国人だったけど

759 :マンセー名無しさん:2006/10/09(月) 19:53:58 ID:QXFBPPth
>>758
 「十兵衛両断」に出てるよ。
ノッカラノウムの情報を宗矩に教えたりしてる。

760 :マンセー名無しさん:2006/10/09(月) 20:41:10 ID:dlM58XY1
ワンゴンさま料理

761 :マンセー名無しさん:2006/10/09(月) 21:48:51 ID:dnZo9WUc
>>758
出てきてます。作中描写では一応まともな人です。

762 :マンセー名無しさん:2006/10/10(火) 03:23:08 ID:HA4mHunf
美形陰陽剣士友景で腐女子相手に一発大儲けを企む荒山先生に一言。

「その手は悪しゅうござる」


763 :マンセー名無しさん:2006/10/10(火) 10:33:39 ID:HA4mHunf
「両断」では新陰流の系譜は神後、疋田、柳生、胤栄、奥山と記されているが
新陰流から派生した同系列の剣術は、実はもう一つ存在する。
その剣術は「輪(わ)の太刀」と呼ばれ「円弧の斬撃が直線の刺突を仕掛ける敵
よりも速く之を斬る」という、物理学の常識を遥かに超えるものであったため
古人は、これを「魔の太刀」と呼んで恐れたという。
冗談のようで本当の話。後は上手いことヨロシクお願いしまつ。

764 :マンセー名無しさん:2006/10/10(火) 12:47:22 ID:AwF/TSwB
>>763

柳生と関係あるかどうか知らないけど・・・

つ「夕雲流 真里谷円四郎」

夕雲流というのは、戦国時代末期、宮本武蔵とほぼ同時代の剣豪、針ヶ谷夕雲によって
開かれた流派で、二代目小田切一雲、三代目真里谷円四郎と続くのだが、
三代目真里谷円四郎に後継者がおらず、江戸時代中期に消滅してしまう。

では、夕雲流はどうして途絶えたのか?
それは、三代目の真里谷円四郎があまりにも天才的で、誰もついてこれなかった!!!
夕雲流には、極意を得たものは、立ち会えば絶対に負けることなく、互いに討てない、
討たれない状態になる「相ぬけ」という、夕雲流絶対不敗伝説があった。
しかし、円四郎は、師の一雲を撃ち破ることにより、「相ぬけ」がただの思い込みである
ことを、証明してしまう。

他流試合を千度もしながら、ただの一度も敗れることなく、門弟を一万人(!)
も抱えながら、ただ一人の後継者すら恵まれなかったという、
孤高の剣士、真里谷円四郎を取り上げてほしい。


765 :マンセー名無しさん:2006/10/10(火) 17:14:49 ID:lglORT5s
〉〉763
柳生に次ぐ大手分派である丸目
(タイ捨流)が無いのは仕様?

766 :鵜来 ◆URgaC/KtX6 :2006/10/10(火) 18:39:21 ID:LJ8Mq+OK
ダイチョーキンと聞くと「野人乾」のコピペを思い出してしまうw

なんだかんだ言って、十兵衛両断その他を読んだ
つまらなくは無いんだけど、何か物足りなさ感じる

767 :マンセー名無しさん:2006/10/10(火) 20:44:50 ID:R2K6spWw
>>763
>「魔の太刀」
チョンピョンの憑依剣豪漫画に出たばかりだな。

768 :マンセー名無しさん:2006/10/10(火) 21:38:20 ID:GPCBBxUj
>>766
とりあえず、真面目さを求めるとガッカリしますよ。
知り合いで荒山小説が受け入れられなかった人は、
概ねその辺でつまづいてるようです。

769 :マンセー名無しさん:2006/10/10(火) 23:27:46 ID:bUnU2xyw
荒山徹は考えずに感じるおもしろさだと思う
『少林サッカー』をサッカー映画として見ないように、
先生の作品は真面目な小説として読まない方がたぶん楽しいかもしれない

770 :マンセー名無しさん:2006/10/11(水) 17:23:56 ID:+uU/qeCT
なんとなく浮かんだ。
直系の卍兵衛
いやコンパチだし、と言われると困るんだが。

771 :マンセー名無しさん:2006/10/11(水) 20:11:18 ID:5mvSVKtd
荒山先生の小説は、朝鮮時空における暗黒神話と考えたほうがいいよ。

772 :マンセー名無しさん:2006/10/11(水) 21:54:47 ID:LK3gCtVr
>>771
おいおい、諸星大二郎ファックかよ。

ということはいよいよ高句麗・新羅・百済・任那時代の古代妖術だな。
高句麗とくれば解慕漱、新羅なら朴提上と、色々ネタはあるし。
「檀君神話とはこの史実が後に拡大解釈されたものである
(注:そんな史実はない)」云々とかが諸星絵で展開されるかと思うと楽しい。

773 :マンセー名無しさん:2006/10/11(水) 21:56:11 ID:R8RwhLYQ
>771
キムチ彦さま!

774 :マンセー名無しさん:2006/10/11(水) 22:59:27 ID:LK3gCtVr
>>773
むしろオオナムチがオイキムチになっておいしくいただけるような感じで。

775 :マンセー名無しさん:2006/10/13(金) 12:24:29 ID:xi1Xzs4p
大朝鮮帝国の存在する世界「朝鮮時空」。
だが、その世界は存亡の危機を迎えていた。
朝鮮時空は、もう一つの世界「柳生時空」と時空衝突を起こそうとしていた。

776 :マンセー名無しさん:2006/10/13(金) 19:30:45 ID:g23UvfP0
>>775
石川賢が友景サーガをコミカライズしたら、そうなる。
十兵衛の閉じられた片目から宇宙がでてきたりする。

777 :マンセー名無しさん:2006/10/13(金) 19:57:32 ID:p1NShjxk
そして10人の友景が現れて、
おれは尾張友景、
俺は石川五右衛門友景、
とか言ったりするんだな。

778 :マンセー名無しさん:2006/10/13(金) 21:48:32 ID:xi1Xzs4p
柳生時空の存在を感知した大朝鮮帝国皇帝は、征東行中書省を設置して、
三番目の世界「日本時空」に対する干渉を始めた。
だが、柳生時空の剣士たちも、危機を回避するために、同じことを始めた。
ここに、朝鮮妖術師と柳生の剣士が同時に存在する、荒山ワールドが誕生したのであった。

779 :マンセー名無しさん:2006/10/14(土) 01:07:58 ID:Fa1x4BhL
もう荒山時空が司馬時空とか柴錬時空とか五味時空とか(以下略
をどんどんファックしていけばいいじゃない。

780 :マンセー名無しさん:2006/10/14(土) 08:43:06 ID:Bmx78UOF
あーもうそれにしても荒山先生の新刊でないのかなー
あるいはどっかで連載始まってたりしないのかなー
文芸誌とか今まで一度も買ったことなかったけど、
これからはうっかりしたら荒山先生目当てに買ってしまいそうだ

781 :マンセー名無しさん:2006/10/14(土) 17:25:24 ID:QBdSKiLi
>>776

>石川賢が友景サーガをコミカライズしたら、そうなる。

朝鮮時空からやってきた朝鮮妖術師集団と、柳生時空からやって来た柳生剣士集団が、
それぞれの世界の存続のために戦う(ここでは、朝鮮も柳生も異世界からやってきた連中)
友景だけではなく、同時代の柳生剣士を四、五人リクルート。
クライマックスは当然、朝鮮時空へ柳生オールスターズが殴りこみ。


782 :マンセー名無しさん:2006/10/14(土) 17:49:16 ID:jOFLDSyG
>>781
山田風太郎・石川賢基準の柳生十兵衛が、かませ犬でヘタレキャラの隆慶一郎・荒山徹基準の柳生十兵衛に憤怒したりする展開が

783 :マンセー名無しさん:2006/10/14(土) 21:16:55 ID:qbj7y1Ps
>>764
夕雲流と円四郎 については
「剣の思想」に詳しく載っていますんでよかったらどうぞ


784 :マンセー名無しさん:2006/10/15(日) 02:57:31 ID:gbo9CMR4
ところで、小説すばるのエッセイ読んだんだけど
文章を書くときには朝鮮半島のことを書かないと発作でも起こすのかこの人は?
あそこで韓国を持ち出す必要性が良くわからん。

785 :マンセー名無しさん:2006/10/15(日) 03:48:23 ID:DhNtYMqa
>>784
それって今月の?
発作でも起こすのかってのは、まあ割とその通りなのかも(ひでえ)。

786 :マンセー名無しさん:2006/10/15(日) 15:15:29 ID:ayFPBHay
「魔風海峡」を昨夜ゲット。徹夜して読了して飛んできました!
ちくしょー、こんな面白えもンを今まで知らなかったとは。

787 :マンセー名無しさん:2006/10/15(日) 15:51:40 ID:gbo9CMR4
>>785
10月号。
ttp://syousetsu-subaru.shueisha.co.jp/column/index.html
これ。
ずーっと読むの忘れてて、昨日偶然本屋で見つけて立ち読んだ。

788 :マンセー名無しさん:2006/10/20(金) 18:59:23 ID:gRVg/HlJ
あげ

789 :マンセー名無しさん:2006/10/21(土) 00:46:52 ID:yyES5q+m
『魔岩伝説』しか読んでないんだけど、
どうしても細かい部分で山風と比較しちゃって素直に楽しめなかった。

1作で見切りつけちゃうには惜しい作家だとは思うんで、
もうしばらく読んでみたいと思うんだけど、オススメを教えてもらえないだろうか?

790 :マンセー名無しさん:2006/10/21(土) 00:51:14 ID:oM3oVSB3
>>789
そんなことをいう貴殿には柳生雨月抄。
比較なんて馬鹿らしくなるほど荒山分濃厚な踏み絵をどうぞ。

791 :マンセー名無しさん:2006/10/21(土) 05:33:56 ID:rl9GRcQP
魔岩伝説は正直ハズレだと思う。あくまで個人的に。

792 :マンセー名無しさん:2006/10/21(土) 05:38:38 ID:cJSjinbx
個人的には魔風海峡もオススメかな。
あとは十兵衛両断。
俺が十兵衛両断から入ったから、格別の思い入れがあるってだけかも知れんけど。

サラン辺りはジャンキーになってからじゃないと十二分に楽しめないような気がする。

793 :マンセー名無しさん:2006/10/21(土) 11:14:31 ID:BBw2Z30H
>>792
入門には魔風だよね、やっぱり
魔風から柳生三部作でガッチリ心をつかまれました

794 :789:2006/10/21(土) 11:36:19 ID:yyES5q+m
サンクス
とりあえず魔風→柳生三部作の流れで今度読んでみるよ

795 :マンセー名無しさん:2006/10/22(日) 01:17:57 ID:wZIe8EFy
「魔岩伝説」も、「柳生薔薇剣」も、戦闘・残虐シーンと恋愛シーンの
馴染ませ方があまりよくないので、ここを克服するともっといい作品が
書けるんじゃないでしょうか。
両方ともオチは大変にキャッキャッウフフで微笑ましいのだけど、
そういう話に限ってバトルシーンのつなぎ方の唐突さが目立つような。

ダメだって言いたいんじゃなくて、もっとよくなるといい、という意味で。

796 :マンセー名無しさん:2006/10/22(日) 07:05:18 ID:RxaL7yhT
山田風太郎を知っているのなら、「サラン」「柳生薔薇剣」をパロとして楽しめるかも。

797 :マンセー名無しさん:2006/10/23(月) 20:18:44 ID:ugUxrCcD
>>796
それは微妙かもしれん
サランはどのみち後回しがいいんじゃないかとオモ
あれは相当はまってないとスカす可能性が

798 :マンセー名無しさん:2006/10/24(火) 20:35:33 ID:LIFZRU/c
魔岩伝説は、遠山の金さんを主人公にしたのがちょっとね・・・
日光東照宮の五輪塔を、家康の生きた屍ごと吹き飛ばして、徳川幕府滅亡の遠因を
作ってしまうのが、クライマックスだから、主人公は、徳川家一族とか皇族とか、
「幕府滅亡を決断しうる人物」を持って来るべきだった。
遠山の金さんは、しょせんは一介の旗本だから、そんな決断はできないとオモ。

作中に出てくる輪王寺の門跡を主人公に据えた方が面白いかも。


799 :マンセー名無しさん:2006/10/24(火) 20:38:48 ID:F1kYUCO1
>>798
一応その辺は金さんも作中で死ぬほど悩んで、外国で戦争も経験して、
最終的に国内でああいう風に行動した訳だから、俺はあれでよいと思ったよ。

800 :マンセー名無しさん:2006/10/26(木) 18:08:56 ID:Q+b3GsAQ
そこでどうせなら、卍兵衛VS円月殺法のハーフな人
とかも見てみたかったような。

801 :マンセー名無しさん:2006/10/26(木) 21:00:22 ID:XTOoAC+f
>>800

そこで!
謎のワザ、相ヌケが出てくるのですよ。

802 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 00:52:41 ID:dOYGictc

「恨ノ流レ――恨流?」

ギガワロタ。なにこの先生。


803 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 17:56:22 ID:Q3EBrrNv
韓国人が日本語キャプション付きの画像を翻訳依頼→自爆
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1161881913/

魔岩伝説に書いてあることは本当だったんだw

魔岩伝説は金さんの刺青が桜なのはちょっと気になったけど
徳川と李朝が衰退する理由付けとか上手かったと思う

804 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 19:14:53 ID:k8NQpVQI
私は思い違いをしていたようだ‥‥
今まで荒山先生の小説を、愛ある捏造だと思っていたけれど、
新聞や教科書よりも、ずっと事実に近いのかも‥‥

805 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 19:43:07 ID:j85jRkWr
しかし、あのあと太陰石はどうなった?
やっぱり、機能を失ったまま箕氏廟の地下に埋まったままか?

806 :マンセー名無しさん:2006/10/27(金) 22:39:50 ID:tHOK3bY2
「王の男」
http://www.kingsman.jp/

さあ、燕山君だ! どんな狂王っぷりを見せてくれるか期待。

807 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 12:05:09 ID:M33OZClw
>>806

現実の朝鮮王朝は、この映画に描かれているように、華麗だったのか?


808 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 12:45:31 ID:6ddKQtcf
そろそろ荒山徹原作で漫画連載をどこかの少年誌が始めないかな

809 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 14:42:19 ID:M33OZClw
>>808

このスレ的には、石川賢がおすすめだけど、
題名と登場人物が同じなだけで、内容はまったくの別物になるヨカン。

810 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 15:16:09 ID:pODBYzzI
石川画伯だと、クリエーターのキャラがかぶりませんか?
なんというか、荒山作品は原作の時点ですでにイシカワ化完了というか。

楳図かずお・みなもと太郎・平松伸二とか、どうでしょう?

811 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 16:42:43 ID:pkQGod9h
山口貴由がシグルイの次に書かないかなあ。

812 :マンセー名無しさん:2006/10/28(土) 21:24:58 ID:6lH5FvPx
 せがわまさきはどうかね?


813 :マンセー名無しさん:2006/10/29(日) 07:30:59 ID:yrYJPLz9
「魔界転生」みたいに、よくわからない少女マンガ雑誌でよくわからない女性漫画家の手によってひっそりとコミカライズ。
重要キャラの何人かが削除され、ホモネタが異様に目立つようになる。



814 :マンセー名無しさん:2006/10/29(日) 08:07:19 ID:riv1bg2f
せがわまさきだとチョウセン大好きな左巻き講談社が笑韓っぽいのはゆるさんだろうなあ。
忍法破倭兵状はやるかもしれんけど。

815 :亀RES:2006/10/29(日) 14:11:38 ID:RBqbl7eW
>>413
五味康祐『柳生武芸帖』は"柳生暗黒史観""宗矩暗黒説"を
世界ではじめて提唱した書だと言われているのですが……

ついでに荒山先生には洪思翊中将を主役に描いてもらうのはどうなんでしょうか。
恨日史観抜きで尚且つ真面目にやれば*イケるんじゃないかと思うんだけど。

*朝鮮妖術と朝鮮忍術と柳生は封印

816 :マンセー名無しさん:2006/10/29(日) 14:52:57 ID:Z4HZs6WX
なんかライオン丸Gのノベライズやってもいいんじゃないかという気がしてきた。
前にライオン丸
後ろにタイガージョー
とか。
新宿のヤクザ一味に対抗する外国人系ヤクザが、
・得意技が拉致監禁
・ボスの名前がトッポギ
・トッポギは過去、日本のヤクザの流通させてるクスリ(みたいなもの)のパチモンを売って、
 とっつかまって、日本兵姿の日本ヤクザに拷問うけた。

どう考えてもワザとだあのスタッフw

817 :マンセー名無しさん:2006/10/29(日) 15:14:56 ID:ISJXIMG3
柳生の封印はどうにでもなるが、
朝鮮妖術と朝鮮忍術はだめだ、これらが無くなるともう荒山徹じゃない

818 :マンセー名無しさん:2006/10/29(日) 15:28:56 ID:RBqbl7eW
>>816
ゴースン様は朝鮮人か

819 :マンセー名無しさん:2006/10/29(日) 15:51:55 ID:VRnIa8Rr
>*朝鮮妖術と朝鮮忍術と柳生は封印

そんな恐ろしいことをすれば、荒山先生が禁断症状を・・・

820 :マンセー名無しさん:2006/10/29(日) 15:56:28 ID:9opoZRZS
うむ、全文ハングルで寄稿しかねん

821 :マンセー名無しさん:2006/10/29(日) 17:15:14 ID:jdQTULvF
>朝鮮妖術と朝鮮忍術と柳生は封印
ひょっとして、これは、「やるなよ! 絶対やるなよ!」という意味では?

822 :マンセー名無しさん:2006/10/30(月) 05:36:27 ID:jbWMtty1
>>815
五味康祐の韓人ネタといえば『二人の武蔵』を思い出す。
対馬で傍若無人に振舞う朝鮮人。
(具体的には気に入った女子をさらってそのまま返さない)
登場するのはこのくらいだが夢想権之助が愛国者になってたりするところは
時代のせいなのかな。
劣等市民として日本人が扱われた戦後直後を表しているのか。
もちろん朝鮮人はアメリカ人として。
いわゆる「第三国人」として朝鮮人も日本人の上に立ったかもしれんが。

五味康祐は『柳生武芸帖』の続編で被差別部落ネタに手を出して出版を止められている。
結構タブーを書く人かも。

823 :マンセー名無しさん:2006/10/31(火) 16:27:47 ID:Sgj25+Fr
>>815

>ついでに荒山先生には洪思翊中将を主役に描いてもらうのはどうなんでしょうか。
>恨日史観抜きで尚且つ真面目にやれば*イケるんじゃないかと思うんだけど。

>朝鮮妖術と朝鮮忍術と柳生は封印

封印、などというリミッタ―つけなくてもいいじゃないか。
朝鮮戦争を舞台にした、朝鮮妖術で朝鮮忍術で柳生バリバリの歴史小説(・・・)
を書いて欲しい。


824 :マンセー名無しさん:2006/10/31(火) 22:05:38 ID:yd7NMxd9
そこを敢えて一つ二つ封印してみるのもいいかも。


もっと狂った代物が出てくるかもしれないし。

825 :マンセー名無しさん:2006/10/31(火) 22:46:31 ID:qGqSFDef
あえて「朝鮮」を封印したらどうなってしまうのだろうか?

826 :マンセー名無しさん:2006/10/31(火) 23:09:00 ID:i6r3Ei28
>>825
意外と面白かったりして、忍法を封印した山風みたいに
いや、それはもっとあとでだな

827 :マンセー名無しさん:2006/11/01(水) 07:27:24 ID:7a1vu/fE
山風は、忍法もの以外にも、ミステリーもいけるし時代小説もいけるし、明治ものもいけるしな。

828 :マンセー名無しさん:2006/11/02(木) 13:05:08 ID:gtMV8wJU
断末魔の金正日が、一発大逆転を狙って、過去に暗殺刺使を送り、歴史を
改変しようとする話をキ盆。
ターゲットはもちろん、少年時代の朴大統領。
そして、朴少年を助けるのが、未来柳生。
未来柳生が、この時代にやって来たのは、金正日による歴史改変を許せば、
朝鮮民族による世界支配が半万年続くという暗黒の未来が実現してしまうからw


829 :マンセー名無しさん:2006/11/02(木) 18:37:45 ID:NAecZe5v
今日も今日とてネットで荒山巡りをしていたら、
はてなのキーワード検索で見つけたブログよりこんな情報。

■KENZAN! (※注:雑誌形態です)  【荒山徹 他 定価1,260円】 11/8

 時代小説界に若手・中堅によるルネサンスを!

 新しい波が起こりつつある時代・歴史小説界に対応した、新旧のファンに贈る雑誌

 形態の時代小説ムック。荒山徹、畠中恵、米村圭伍他、勢いのある作家達が勢揃い



来週だからこれは近いね。

830 :マンセー名無しさん:2006/11/02(木) 19:34:54 ID:/4IkgyS5
>>829
うお。俺の大好物の作家ばかりだ!
これに宇月原晴明とか、飯嶋和一とか混ざっていたらやばいよ。

831 :マンセー名無しさん:2006/11/02(木) 21:45:53 ID:0Anm+WMd
>>829
これは ひどい

誰だこんな企画通した莫迦は! 最高だよアンタ! うきょー!
本屋で簡単に手に入るもんなら有難いなあ。
そしてどんな朝鮮ファック話が載るんだろうか。

832 :マンセー名無しさん:2006/11/03(金) 05:35:00 ID:kHF/ol32
荒山徹が頭に来るあたり編集部は分かっておる楠

え?五十音順?

833 :マンセー名無しさん:2006/11/03(金) 17:14:24 ID:Qg5NdUZ7
き、貴公!

それは言わないお約束・・・夢を壊しちゃならん・・・夢を、な・・・

834 :マンセー名無しさん:2006/11/03(金) 22:53:12 ID:2huJXbEz
荒山先生にとっての光海君って隆慶にとっての秀忠みたいなもんなのかな

835 :マンセー名無しさん:2006/11/03(金) 23:24:50 ID:wbL8qcsX
三田さんのところで『鳳凰の黙示録』見た。

日本人は調和を重んじる鳳凰族、中華民族は戦いと力を重んじる龍族!
うわーそろそろ頭の悪い右翼の人が何か言い出しそうだ。

836 :マンセー名無しさん:2006/11/04(土) 00:46:15 ID:cYTDUcNT
>>834
とも言い切れない。
十兵衛両断じゃ、臨海君の遺志を次ぎ朝鮮独立を目指すも、
反独立派のせいで失脚するというちょっと悲運の人になってる。

837 :マンセー名無しさん:2006/11/04(土) 01:23:15 ID:8RX6RJFz
うりも、三田さんの「鳳凰の黙示録」のあらすじを見た。

あまりの、フリーダムさ加減にめまいがした。
ここまで歴史をFuckして良いのかよw



838 :837:2006/11/04(土) 01:28:47 ID:8RX6RJFz
そういえば、朝鮮の数少ない英雄の一人(ほとんど架空の人物だけどw)である
あれの正体がアレだとすると、あれが沖縄の英雄であるオヤケアカハチになるって……

琉球史もFuckするつもりか?w

839 :マンセー名無しさん:2006/11/04(土) 01:34:17 ID:v1h99n3e
>>835
既に頭の悪い右翼が黄算哲教授の論旨を大真面目に引用しているのを読んだwwww
やべえ、やべえよ ソレは

840 :マンセー名無しさん:2006/11/04(土) 03:11:33 ID:i4tu8Oku
ttp://www.kenkenfukuyo.org/reki/ormoru/seibo/seibo07.html
こいつかな?黄算哲でググったときに見つけて吹いちまった。
荒山先生引っ張り出した時点で信用度はゼロに向かって急降下するな、

それはそうと鳳凰の黙示録読みてえ。超読みてえ。

841 :マンセー名無しさん:2006/11/04(土) 19:52:13 ID:OeTqfIbl
なあ、何処から突っ込めば良いんだ?本気でorz>鳳凰

紹介だけで、絶望的になって来る位のフリーダムっぷりだ、もう。

842 :マンセー名無しさん:2006/11/04(土) 22:05:01 ID:tGnV3dC8
最早まごうことなき時代小説界の石川賢ですな。もっとやれ!
何がプルガサリ使いだ! 馬ッ鹿ジャネーノ!

843 :マンセー名無しさん:2006/11/04(土) 22:08:43 ID:Okuuc1E4
荒山徹以外がこんなバカなこと書くのは許されない
本当にムカつく、なんなんだよ……
こんな暴挙許すのは貴様が荒山徹だからだ!

844 :マンセー名無しさん:2006/11/04(土) 22:21:18 ID:ZmEjqtQ0
>>835
ここまでくると田中芳樹みたいでちょっとヒくな・・・


845 :マンセー名無しさん:2006/11/04(土) 22:41:07 ID:OeTqfIbl
>844
待て、それはその後のやばさを見てからにしろ。

846 :マンセー名無しさん:2006/11/05(日) 09:19:13 ID:ayzpy1bO
>>844

>ここまでくると田中芳樹みたいで・・・

そのうち、荒山先生は、朝鮮と柳生とが、銀河を二分して戦う
伝奇スペースオペラを書くんですよw

847 :マンセー名無しさん:2006/11/05(日) 16:50:09 ID:n16h5rZD
>伝奇スペースオペラ

月世界まで行ってるらしいから、もうちょっとだな。

848 :マンセー名無しさん:2006/11/05(日) 19:15:46 ID:ayzpy1bO
だから、宇宙空間に大気があったり、大河が流れていたりする、「銀河戦国英雄ライ」のノリで、
大朝鮮銀河帝国と、自由柳生同盟との戦いを、描くのでつよ。

849 :マンセー名無しさん:2006/11/06(月) 11:56:22 ID:etJcO3j+
つまり総数で劣る自由柳生同盟には、
勇猛を持って鳴らした
薔薇剣士(ローゼンキッター)連隊がいて、
隊長が代々美しい女性で、隊員は
量産型の十兵衛とか卍兵衛で、
「姉さまステキー!」とか叫びながら吶喊するんだな。

850 :マンセー名無しさん:2006/11/06(月) 14:58:13 ID:/s6nrCLH
伝奇城を読んだ。
第二話が酷すぎる。
電車の中で噴出しちまったぞ。

851 :マンセー名無しさん:2006/11/07(火) 07:27:03 ID:TXTyMiOz
>>848
柳生戦艦は意思を持っており、その代行者として武蔵を量産している

852 :マンセー名無しさん:2006/11/07(火) 12:53:15 ID:EgEI4Gfe
だから、ワープ航法も反物質エンジンも重力制御技術も、

みんな 朝 鮮 妖 術 で実現してしまえ!!!

853 :マンセー名無しさん:2006/11/07(火) 15:19:42 ID:+UyhZwVV
指向性朝鮮粒子とか開発するやつが出てくるのか。
そうか。

854 :マンセー名無しさん:2006/11/07(火) 20:19:13 ID:EgEI4Gfe
他人の肉体への人格の移植、クローン技術、巨大生物、巨大ロボット、死者の蘇生、
瞬間移動、時間旅行etc
は、朝鮮妖術で実現できまつ。
だから、星間航行技術も、朝鮮妖術で実現できるはずでつ。

855 :マンセー名無しさん:2006/11/07(火) 20:20:29 ID:CVlaRhc8
核実験も妖術で実現したのかもしれないな

856 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 02:04:47 ID:trZzDm5R
ワープ航法は梵鐘溶?の応用とかダメかな?
あらかじめ姉妹鐘を主要な惑星宙域に設置しといてさ。
そして巨大な鐘の中に入る宇宙戦艦、そしてそれを包む極彩色の触手。
…グロいな、これは。

857 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 10:57:10 ID:dWrLqqTg
ワープ航法は縮地法

858 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 13:28:23 ID:O6qVRsZN
多分A地点とB地点に仮面が置いてあって、
移動したい艦隊(A地点)と、それと同じ質量のもの(B地点)が、
同時に仮面を装着すると、するりと両者が入れ替わるんだよ。
これぞ縮地ノッカラノウム航法。韓国が起源です。

859 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 18:50:04 ID:577uwWTw
しまったKENZANがあるかどうか本屋に行くの忘れてた

誰か買った人はいるかな

860 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 19:04:57 ID:3NhCKD/U
>>859
本屋をけっこうまわったんだけど、売っていなかった。


861 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 19:47:57 ID:NJMgPAnm
いま買った。
…おまいら、タイトルみただけで絶対吹き出すぞ

862 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 19:57:35 ID:577uwWTw
畜生買うまでこのスレ封印するしかないじゃないか

863 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 20:11:44 ID:3NhCKD/U
>>861
なんだ、売っているんだ…
今、ネットで注文してしもうたよ。


864 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 20:16:34 ID:1hTWs36K
今から読む、上でも書いてたけどタイトルもサブタイトルも凄いぞ。
新雑誌の巻頭だし。

865 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 20:33:04 ID:7y97a9GW
>>858
>移動したい艦隊(A地点)と、それと同じ質量のもの(B地点)が、
>同時に仮面を装着すると

ちょっと待て、艦隊に仮面を被せるってどんなだよ!

866 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 22:18:15 ID:el9rGF7n
>>865
それもそうだが、>>858の理屈だと、「目的地にあらかじめ同数(同質量?)の艦隊を派遣しておかなければならない」

……つまり、他の方法で行けるところにしか行けない。と言うか、他の人が行った跡にしか行けないから人跡未踏の場所には
行けない…

867 :マンセー名無しさん:2006/11/08(水) 23:12:41 ID:wP870c8g
いま「KENZAN!」のやつ読みオワタ
…あらためてキチガイだと思いました。

あ、本屋によっては雑誌じゃなくて書籍コーナーに置いてるので、
これから探す人は気を付けてね。

868 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 00:08:27 ID:p1zIz66u
なるべくネタバレを避けて。

雨月抄もひどいと思ったけどそれよりひどいと思う。
キチガイ成分が多すぎて、途中でいい事も言ってるんだけどかすんでしまう感じ。
悪とか、途中で出てくるアイツとか、最後のお馴染みの人とか。

荒山ワールド全開です、この話だけでも凄いのにこれから凄くなる予感も十分あって
予想を裏切り期待を裏切らない、当然のように斜め上を突っ走る荒山先生でした。
荒山ジャンキーは必読、そうじゃない人もすごい読書体験になると請け負います。
これが許されていいのだろうかって気になる、ホント。

ホントこの板でよかった。

869 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 00:58:32 ID:W9YxY2AQ
>柳生大戦争

もう一体何がしたいんですか荒山センセーw

870 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 01:17:45 ID:wmkiiUYm
三田主水さんとこで紹介されてたけど、開きかけた瞬間、実物を読む前に
絶対に見てはならない文字列が目に入ったような気がしたので緊急回避。
読み終わるまでこのスレからも離れる。

871 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 07:26:12 ID:XQd8ev9P
「柳生大戦争」の文字だけ見たら、「柳生一族が実在・架空問わず総登場で、現代を舞台に暴走族を襲撃」という夢をみた。

872 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 12:24:55 ID:6xhiwwlW
あと10年ぐらいしたら、
笑いの1号(卍兵衛)
力技の2号(悪十兵衛)
力と笑いのV3(V兵衛三厳)
右手改造の柳生マン(満十兵衛)
深海の力だX(×兵衛)
南米からきたアマゾン(亜麻左衛門)
電気の力だストロンガー(雷兵衛)
7人柳生せいぞろいでワンゴン様と対決しそうな気がする

873 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 12:51:41 ID:mJBOZICS
>>872
吉崎観音の漫画に宇宙X兵衛ってのがあったな。
あと子連れ狼に出てくる柳生軍兵衛とか
十兵衛ちゃんの柳生ハート十兵衛と柳生スペード十兵衛も入れとこう。

874 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 19:22:05 ID:XQd8ev9P
山田風太郎御大も、「十兵衛死す」で、勝手に十兵衛を作っていたなー。
「忍法創世記」でも、十兵衛もどきをだしていたし

875 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 19:48:48 ID:twDGWBzM
読み終わった。

ああもう…なんというか…
まさに魔人、魔人荒山徹だとしか言い様が無いよ。

876 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 20:18:55 ID:sSVsshFO
読んだー。何と言うかこう、邪神降臨としか言いようがないですハイ。
本当にえーかげんにせーよこの人! (大絶賛)

ただ、後半はちょっとメイキングオブ荒山徹という感じで、
小説そのものを読みたい向きにはちょっとツライかな。

877 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 20:47:44 ID:5quOVWpd
俺の住んでる地域にはまだ入荷してなかった……orz

878 :マンセー名無しさん:2006/11/09(木) 22:20:12 ID:hS8LojSM
読了。
先生何やってんすか!

正直、朝鮮大好きとか言っときながらこんな話書く荒山先生は傾奇者だと思う。

879 :876:2006/11/09(木) 23:34:59 ID:sSVsshFO
メイキングオブ荒山徹の部分を読み返してみた。
再読時なら頭落ち着けて面白く読める。

知り合いの作家志望が設定を相談(披露)してきた時みたいな
ダメな熱の入った箇所だなあ。俺もそういうことしがちだから、
「あーあるある…ねーよwww」って感じで楽しめたけど。

880 :マンセー名無しさん:2006/11/10(金) 07:26:08 ID:ZPZy4EMC
悪十の萌えっぷりが異常。
おそらく今回は過去編なんだろうけど、過去編だけの登場になるのかしら。

881 :マンセー名無しさん:2006/11/10(金) 08:41:51 ID:zWj21AK1
>880
そして悪十に懐かれて萌えるじじいヤバス
何だかじじいが荒山先生の分身のように思えるんですが

882 :マンセー名無しさん:2006/11/10(金) 18:35:36 ID:4v7YB0En
しかしまーこっからどうなっていくやら。
柳生大戦争だろ?スーパー柳生大戦だろ?

全ての時代、全ての空間を超えて
あらゆる柳生が集結することになるのか…
主に朝鮮で。

883 :マンセー名無しさん:2006/11/10(金) 20:18:32 ID:AfSBYjYA
朝鮮が大好きだー!と叫びつつ、
その厚化粧を真顔でゴリゴリとこそぎ落とし始めるセンセイの鬼気迫るお姿に戦慄を禁じえない。

俺十兵衛には流石に免疫出来てたが、
唐突にあの国民的超有名怪談をファックし始めしたのには噴いた。
あんた本当にクラウザーさんか、この伝奇モンスターが!(感嘆)

884 :マンセー名無しさん:2006/11/10(金) 20:34:40 ID:qFyeBASf
冷静に考えると、話のパターンは三田さん所で読んだ
『密書「しのぶもじずり」』と似てますね。

朝鮮から人が来て、日本の固有文化に感銘を受けて、
朝鮮で換骨奪胎したものを作り、証拠となる文書も残し、
それを親しい日本人に渡して、後世朝鮮の知るところとなり
騒擾の元になる、という流れ。
もちろん他の伝奇物でもあるけど、荒山先生って
こういう流れが好きなのかね。

885 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 11:04:56 ID:9opoZRZS
私たちが本当に知らなければならない三国遺事
ttp://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2006071888958

886 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 15:31:06 ID:FrWnPQCW
あー、ネタ元はコレか。やっぱ同じこと考える人いるんだねえ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/487415168X

887 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 15:49:19 ID:xviDY6jJ
「薔薇剣」で存在を知って「両断」でハマり、「魔風海峡」でぶっ飛んだ!w
そんな「黙示録」の本が出るのを期待している私がKENZANの新作を読みました。

新作の度に逝かれポンチ度が上がっているwww
相変わらず頭悪い(←褒め言葉です)というか、何というか・・・。
何でも唐突にやり過ぎなのはこの方の悪い癖ですな。
次回も楽しみですw(次の飛び道具は何だ?)

しかし今回の作品でなくてもいいから、この方の作品を是非実写で見てみたい!
(でも色々な事情で実現出来ないでしょうね)

888 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 19:38:21 ID:wkBrqKCb
豪剣は十兵衛、精妙さは石舟斎、美形ぶりは左門、ボディの強靭さは兵庫介、スピードは連也斎、運の良さは宗冬、そして知力と残虐さは但馬守の「柳生将軍」を出してください!もちろん最後は正義の心にめざめてばらばらになります

889 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 19:40:21 ID:FrWnPQCW
>>888
何そのパーフェクトジオング柳生。

890 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 20:11:37 ID:9opoZRZS
今に伝わる柳生家の家訓
13斎になったら一人旅に出なさい


そのうち今十兵衛が黄算哲先生を韓民族から守る為に現れそうだ。

891 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 20:12:17 ID:yrYJPLz9
>>888
兵庫介の剣豪強度は4000万パワー。


892 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 20:12:22 ID:9opoZRZS
×13斎
○13歳

893 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 20:50:15 ID:ISJXIMG3
それにしてもこのラストが心憎いね
雨月抄では若干控えめだったから、こっちではバリバリ活躍しそうで凄く期待

894 :マンセー名無しさん:2006/11/11(土) 21:55:42 ID:vKmR8uoE
>>872
悪の道に堕ちた死神柳生、博兵衛も忘れてはいけない。

895 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 12:45:37 ID:LJP2WJAj
>この方の作品を是非実写で見てみたい!

韓国に期待!!!


896 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 13:41:38 ID:WQyZhvt+
アニメ妖奇士に支倉使節の子孫のメキシコ侍が出てきた。
メキシコ柳生も問題ないね。

897 :マンセー名無しさん:2006/11/12(日) 19:17:44 ID:rXxHVaWJ
「十兵衛ちゃん」2作目は当初、「アメリカ柳生」が出てくるシナリオだた…

898 :マンセー名無しさん :2006/11/13(月) 04:35:12 ID:zbQxp2pL
NHKの番組で外国人旅行客が
奈良の柳生に行くと言って、袋竹刀構えてた場面が少し出てた。

そのうち柳生新陰流は世界進出でもするかもしれない?

899 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 07:25:50 ID:DpAqUaBL
荒山先生が世界進出するのはとても大変そうだなあ。
特に特亜三国。

900 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 12:00:06 ID:CMAc134T
特亜ならば、

朝鮮 → 日本
柳生 → 花郎

と、脳内変換してしまいそうな・・・

901 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 14:05:19 ID:d4b4LVLA
剖棺斬屍って実在したのね

902 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 20:43:43 ID:CMAc134T
太閤秀吉の屍蝋化した死体に萌え。

903 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 22:44:46 ID:NDw6FewP
神君家康の仏力ビームでバラバラにされる骸骨萌え。

904 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 22:55:29 ID:aI5BPTag
>>900
そう書き換えたパクリはまだ出てないのかな?

905 :マンセー名無しさん:2006/11/13(月) 23:52:36 ID:oRnpLzTd
>>904
韓国の歴史教科書

906 :マンセー名無しさん:2006/11/14(火) 04:20:06 ID:/sSr2yAh
韓国じゃ日本を悪役にした軍事シュミレーションとかたくさんあるらしいし、
荒山先生もそういうの読んで歴史改変とかにそんなに抵抗感ないんじゃない?
軍事シュミレーションは未来に対する妄想で、伝奇は過去に対する妄想と
捉えられないこともない。フォーサイスと五味康祐を同列に語るようなお人だし。
(それはそれで面白いけど)

この前図書館で韓国作家の小松左京『日本沈没』まるパクリの小説読んで笑っちまった。
日本が沈没して主人公が韓国人、っていう。

907 :マンセー名無しさん:2006/11/14(火) 12:24:59 ID:t0s0wXFq
>>906
日本が沈没して、どうやって韓国人が活躍するんだよ

KENZAN読んだ。
後半の捏造講座、いくらなんでもあんまりだろ。なんであんなに楽しそうなんだ。
趣味としか思えない。

908 :マンセー名無しさん:2006/11/15(水) 12:53:35 ID:Z692k9qc
>>907
日本が沈没する国土の代わりを求めてオーストラリアを侵略して国際的な非難
を受ける中、日本人女性と恋人になっている正義の韓国人が活躍するとかいう
頭痛のしてくる小説があった筈。

久しぶりに見たら、新作が出ていたのか。しかしあの時代なら院と外国人との
対面は御法度(宇多天皇の後は、中世には後白河院や後醍醐天皇らアクの強い
方々が例外として対面)だった筈では?
『古事記』ではなく『日本書紀』なのは分かっていると思わされるが、どうせ
なら『沙石集』ばりの中世神話がよかった。無住も同時代人だし。

909 :マンセー名無しさん:2006/11/15(水) 13:50:05 ID:f/sPhUa+
沙石集は日中印の仏教説話集だから、禅僧の一然がわざわざ日本に着てまでパクル理由が無いだろ。
日本書記や英彦山開山伝説と言った日本独自の伝説じゃなきゃ意味が無い。
古事記はどうでもいいけどな。

910 :マンセー名無しさん:2006/11/15(水) 23:20:06 ID:Z692k9qc
>909
すまんが、あんた本当に日本人か?
>日中印の仏教説話集
そりゃ、平安時代の『今昔物語集』か室町時代の『三国伝記』だ。
『沙石集』の説話には唐・宋代のものも含まれているが、ほとんどが同時代の
日本で起きた出来事に取材した時事ネタだぞ。
伊勢参宮時に伊勢の神官から聞いた、記紀に記されていない「日本国土創生秘
話」が出てくるのは有名。内容は神仏習合で、僧侶が影響を受けそうなもの。
檀君神話も直接的にではないが、当然ながら仏教思想の影響が認められる。

911 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 01:29:54 ID:kE93VjCn
>>910
だから独自の神話を捏造するためには仏教思想を外すことが一番大事なんだって。
平田篤胤が古神道を捏造するために仏教臭を外すのに苦労したのと同じことだ。
つーかお前在日だろ。本作も読んでないみたいだし、考えが浅すぎ。

912 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 01:42:04 ID:kE93VjCn
沙石集のことを知ってるから口に出してみたかったんだろうけど、
知ってるからって脈絡も無く口にして駄々をこねるのは幼稚園児か朝鮮人だよ。
自重しようね。わかった?

913 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 02:41:43 ID:Nhjyq3Y9
以下、何もなかったかのようにどうぞ



914 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 03:08:57 ID:PoKfACQF
>>898

アメリカ柳生は実在するニダ
詳しくはイン殺で。

ミャンマーの柳生はヘタれなので注意

915 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 11:52:30 ID:Gppm3nbb
石川賢先生が亡くなったそうです……

916 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 12:35:24 ID:yS3GviRO
>>915

ええっ、それは本当ニダか?

石川賢先生に、荒山先生原作の漫画を描いてもらうという、
ウリの野望が潰えたニダ・・・・

917 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 19:32:06 ID:UWRvwaJa
どうやら石川先生の訃報はマジのご様子で……
いつかは挿絵/コミック化を担ってほしかった……

918 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 21:17:19 ID:zuxjcEcW
>>915
は!?え!?嘘!?嘘!?嘘!?え!????????

919 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 21:27:19 ID:yS3GviRO
石川賢さん、急性心不全で死去
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163671436/l50


920 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 21:30:48 ID:yS3GviRO
しかし、何かデスノートに名前を書かれたような死に方ですな。
すれちがいだけど。

921 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 21:53:21 ID:B7kt3IDL
魔界転生とか、神州纐纈城とかを読んで、
「この画風で荒山作品とか読みてえ!」
とか思ってたのですが、最早徒爾となれり。

あー、そうなると、荒山作品をコミカライズしうる作家って、
あと誰が残ってるんだ。

922 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 22:22:13 ID:bh36/T66
細野不二彦先生!

923 :マンセー名無しさん:2006/11/16(木) 22:33:15 ID:18a2aS89
し得るということなら、藤田和日郎とかどうだろう。

924 :マンセー名無しさん:2006/11/17(金) 00:16:37 ID:tk8J+YrZ
楳図かずお画伯にも一票

925 :マンセー名無しさん:2006/11/17(金) 00:25:42 ID:JfCroX4i
 平野耕太は?

926 :マンセー名無しさん:2006/11/17(金) 01:46:32 ID:4ZfyZKq/
>>919
びっくりした。まだ若いじゃないか…

柳生十兵衛死すで徳川家の木造蒸気空中戦艦が柳生の里を空爆するとか

八犬伝で裏本願寺の坊さんが仏像を念力で操ったりするあたり

荒山徹にぴったりだと思ってたのに

残念だなぁ…ご冥福をお祈りします

927 :マンセー名無しさん:2006/11/17(金) 03:47:15 ID:oaiqplKW
荒山徹も悲しんでんじゃない?
絶対石川賢好きだよ、この人。

928 :マンセー名無しさん:2006/11/17(金) 23:15:43 ID:R9F55cx6
言われてみりゃあ念力で巨大仏像動かすのは石川賢のが先だったんだよなあ…

929 :マンセー名無しさん:2006/11/18(土) 16:54:32 ID:UwlQyQ/w
荒山徹が好きな人は、山田風太郎と石川賢も好きというイメージがある。

930 :マンセー名無しさん:2006/11/19(日) 03:08:48 ID:IOqmAQz2
隆慶一郎好きとカブるというイメージもある。

いや、でも伝奇小説が週刊少年ジャンプに漫画化されるなんて、
今じゃありえない話だよなあ。
荒山小説って、ジャンプ漫画風小説が多いんだから、
それこそジャンプで漫画化されたら蝶面白いんだけど、
『花の慶次』で朝鮮編が琉球編になっちゃったことを考えると無理か。

931 :マンセー名無しさん:2006/11/20(月) 03:37:25 ID:eqn4L3Qp
朝鮮云々以前に、モツと血が飛び散りすぎている気が…

932 :マンセー名無しさん:2006/11/21(火) 11:55:31 ID:MqStzQAA
>>931

そのモツと血が、このごろ楽しくなったニダ。

933 :マンセー名無しさん :2006/11/21(火) 12:53:46 ID:ixbWJv3A
64人の裏柳生の精鋭より64人の朝鮮妖術師の方が素ですごくないか?

と思ってしまう俺は恨が足りない。

934 :マンセー名無しさん:2006/11/21(火) 15:18:59 ID:eIv8kT4q
>>933
ノッカラで柳生の達人の朝鮮妖術師になるわけだし。

935 :マンセー名無しさん:2006/11/21(火) 15:50:56 ID:inJXP6s9
風邪で朦朧としてるところを背後から刺客に襲われ、太刀ではなく脇差で斬ったのは柳生の
誰だっけか?
刹那の瞬間に、間合いから来る刀の長短を使い分ける無念無想の境地を称えられたという。
教えて六丸な人。

936 :マンセー名無しさん:2006/11/21(火) 16:55:55 ID:UuEiEdCI
それ、塚原ト伝じゃ?

937 :マンセー名無しさん:2006/11/21(火) 22:00:37 ID:n/Cwz4ej
>>934
裏朝鮮柳生の妖術師64人が一番強い

938 :マンセー名無しさん:2006/11/22(水) 01:35:43 ID:q/rxrNBI
今さらといえば今さらだが。
http://www.j-cast.com/2006/11/21003931.html

荒山先生の次回作への構想が見る見る膨らんでいく様子が
手に取るように分かるな。

939 :マンセー名無しさん:2006/11/22(水) 08:14:49 ID:k7mq3Zx4
>>938
荒山センセは韓国でこういう情報に慣れ親しんでるから
柳生大戦争とか書けるんじゃないか?

日本でもイエスは青森で死んだ、とかチンギスハンは義経、とかあるけどさぁ…

940 :マンセー名無しさん:2006/11/22(水) 11:26:19 ID:F7+y7fLL
次は、朝鮮と柳生が現代アメリカで激突。
自由の女神が、大武仏になって動くところが見たいニダ。

941 :マンセー名無しさん:2006/11/22(水) 11:54:55 ID:PXsB/pI7
それはもしかしてゴーストバスターズ……

942 :マンセー名無しさん:2006/11/22(水) 12:05:07 ID:yp1l+5tA
こんな会話は普通なら冗談でするものなんだが
ヘタすると本当にやりかねないところが荒山徹の恐ろしさ

943 :マンセー名無しさん:2006/11/23(木) 00:59:40 ID:DO164FyL
あの坊さんが日蓮と朝鮮読み同じだとか、ほぼ同時代人物だとかの着眼点に
素直に感心してしまったのは俺だけ? それともまたなんか騙されてる?

944 :マンセー名無しさん:2006/11/23(木) 04:31:44 ID:9BGKkNFI
ttp://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/169113048a9500073557fe95788fe597
>現代に生きる日本人スターを半島人認定するだけでは飽き足らず、
>日本神話に登場する神まで認定し始めるとは…。 ┐('〜`;)┌

スイマセン、うちの徹も壇君=俺柳生みたいな小説書いちゃっててホントスイマセン(;´Д`)

945 :マンセー名無しさん:2006/11/23(木) 09:52:43 ID:bocBUDfl
しかし、あれ読んで「捏造とはこのようにするのか!!!」と思った。
朝鮮人に読ませてやりたい。歴史を捏造するもりなら、これを参考にしろと。

だいたい朝鮮人は、剣術の起源を捏造しては、柳生宗矩に文句を言われるようなことばかり
しているのでありまして・・・

946 :マンセー名無しさん:2006/11/23(木) 11:37:17 ID:x/7cY5gq
そうか、荒山さんは愛する朝鮮が
腑甲斐ない捏造しかしないことに
お怒りなんだ


947 :マンセー名無しさん:2006/11/23(木) 12:18:28 ID:bocBUDfl
捏造するときは、分野を選べ、ということ。
剣道、柔道、茶道、華道、盆栽、和歌、桜、折り紙・・・の起源がウリニダは、
日本の昔からの伝統の剽窃だから、日本人として文句言わざるを得ない。
しかし、朝鮮の固有神話の捏造ならば、それは朝鮮人内部の問題。
捏造は、外部から文句が言われない分野に限定すべし、
外部から文句が出るような分野で捏造を行えば、捏造であることがバレてしまう。
一然国師は、こういう「捏造の原則」を書かなかったが・・・・

それはそうと、荒山版「大朝鮮帝国史」が読みたくなったぞ。

948 :マンセー名無しさん:2006/11/24(金) 19:11:06 ID:u6End5uS
一然国師の後継者たちは、檀君神話を詳細に脚色していった。
その上、檀君を始祖とする檀君朝鮮の架空の歴史を、紡ぎ出し、
さらに進んで、高句麗、新羅、百済の三国史にまで捏造を加えていった。
このようにして成立したのが、「大朝鮮帝国史」である。

宗矩 「これが、一然国師の書瀚でござる。けけけけけ(無意味に不気味な笑い)」
韓使 「ちょwwwwwww」

949 :マンセー名無しさん:2006/11/26(日) 12:45:57 ID:kHsa8RUN
宗矩 「左様。大朝鮮帝国なる国の歴史は、すべて妄想と捏造によって成り立っておる。
   この一然国師の書瀚こそ、その証し・・・」
韓使 「うぐぐ」
宗矩 「いやはや、半万年の歴史、と豪語しておる貴国の歴史が、すべて一然国師なる
   坊主の虚言から発しておる・・・などとはこの宗矩、ほとほと感服いたす」
韓使 「わが国を愚弄するつもりか、口が過ぎるであろう」
宗矩 「愚弄・・・」

宗矩は、韓使を嬲るような目つきで、大朝鮮帝国の使者たちを眺めた。(続く)

950 :マンセー名無しさん:2006/11/26(日) 17:43:19 ID:bFpH5W68
素直に柳生大戦争の次回を待った方がいいのではないかな

951 :マンセー名無しさん:2006/11/27(月) 01:02:48 ID:hseNz0ky
でも、なかなか上手い宗矩だな

952 :マンセー名無しさん:2006/11/27(月) 01:07:04 ID:Oj8MeZ7L
宗矩は嫌韓厨じゃないぞ。
自分の利益になると考えればいくらでも朝鮮にすりよる。

953 :マンセー名無しさん:2006/11/27(月) 01:10:06 ID:xzyl1zRP
すりよるというか、持ち上げて利用するというイメージだ。

954 :マンセー名無しさん:2006/11/27(月) 19:00:44 ID:Mcfcft6F
そして想定外の朝鮮側の暴れっぷりに青ざめて、
矩香とかが後始末するハメになるわけだな。

955 :マンセー名無しさん:2006/11/27(月) 22:32:33 ID:sA/cK5ge
>>953

しかし、李朝の使者は、日本剣術のウリナラ起源を主張して、
宗矩の息子の宗冬を激怒させたりしているから、
結局は○○はウリナラ起源ニダ、と吹聴して、宗矩を怒らせるのがオチ。

いくら冷酷非情な陰謀家でも、ときには激情に駆られることもあろう。

956 :マンセー名無しさん:2006/11/27(月) 23:04:15 ID:CH0llGmu
そりゃ剣術でやられたら宗冬じゃなくても怒るよ
それが通ったら柳生一門が将軍家から見限られかねないもの
ほかのことは「また韓人にござるか」でスルーできるだろうけど

こと自分の地位を脅かすとなると僕らの宗矩は容赦しないよ

957 :マンセー名無しさん:2006/11/28(火) 11:31:46 ID:YBG+ggxi
まあ十兵衛とか人質にとられても、あっさり見捨てる人だしなあ。

958 :マンセー名無しさん:2006/11/28(火) 21:37:51 ID:utVZBQEe
柳生大戦争というタイトルだから、
古代〜鎌倉〜室町〜江戸〜明治・大正・昭和〜未来の柳生が大集合して、
朝鮮の妖術師軍団と戦うというストーリーなのかな。

オラ、ワクワクしてきた。

959 :呆韓者:2006/11/29(水) 20:27:41 ID:857PmonW
>>958、昭和の柳生・・・「ハンターチャンス!」柳生博(俳優・作庭家)
100万円クイズハンター
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/100%E4%B8%87%E5%86%86%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

960 :マンセー名無しさん:2006/11/29(水) 20:51:06 ID:ZvJsNBSU
高校で教師をしている柳生徹(35)のもとへ、ある日突然、
柳生宗矩やら柳生十兵衛やら幸徳井景友やらが押しかけてきて
朝鮮の妖術師軍団と戦えと言う・・・

・・・ヒジョーに迷惑。

961 :マンセー名無しさん:2006/11/29(水) 21:40:34 ID:zqqtxnoS
>>960
しかも、ラブリー眼帯を強要したり。

962 :マンセー名無しさん :2006/11/29(水) 22:52:20 ID:VfppyWHs
寛永四(1627)年十一月、柳生又右衛門宗矩(57)、心身の疲弊から胃潰瘍で倒れる。
同月十日、細川忠利宛ての書には、
「昨日ひる時分、むね悪候て、両度吐逆致し候へ共、少血をまぜはき申候故、ふせり候て、無余儀迷惑不過之候」

翌年六月になっても症状は一進一退で、伊達政宗はこれを心配して老中酒井雅楽頭に書を送り、
有馬の方への湯治の許可を促している。
しかし、さらに翌年、体調は快方に向かっていたのだが、再発に悩まされていたらしい。
                                「兵法家伝書」解説より

いろんな黒宗矩を見てきたが、実際は宗矩も人の子ですな

963 :マンセー名無しさん:2006/11/30(木) 04:34:09 ID:ihkSEK9r
>>962
朝鮮妖術による呪殺だろう。それしか考えられない。


それしか考えられない。

964 :マンセー名無しさん:2006/11/30(木) 15:25:46 ID:VqUL1rMf
柳生大戦争 今後の展開俺予想

一然国師の書瀚を狙う、謎の集団キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
あっと言う間に「手じゃ、首じゃ、ワハハハハ」状態に。宗矩ピーンチ。

そこへ突然、景友登場。(崇徳院が新たな恨流を感知した)
謎の集団を手と首にしてしまう。

景友が、死体を一時的に蘇生させ、
「死者ヲシテ語ラシメルノ法」を使って、死者を尋問すると、実に驚くべき答えが・・・
その驚くべき答えとは・・・




965 :マンセー名無しさん:2006/11/30(木) 16:34:03 ID:VXfrRT6H
景友と申したか

誰じゃ!?

966 :マンセー名無しさん:2006/11/30(木) 17:08:24 ID:VqUL1rMf
こめん。
友景の間違いでした。

967 :マンセー名無しさん:2006/11/30(木) 22:33:34 ID:VqUL1rMf
友景や宗矩のいる時代からはるか未来。
東アジアには朝鮮半島から満州、内モンゴルにかけて、大帝国が勃興しつつあった。
その帝国の名は「大朝鮮帝国」。初代皇帝金日成が建国した国家である。
しかし、その国には、歴史がなかった。
いや、歴史的正統性がなかった、という言い方が正しいかもしれない。
初代皇帝金日成は一介の妖術師であった。朝鮮半島を支配する正統性など、あるわけがない。
さらに、李王家の直系子孫が、日本帝国に保護されていて、朝鮮半島を支配する正統性はこちらにあった。
そこで、二世皇帝「金日正」は、大朝鮮帝国の歴史的正統性を獲得するために、歴史の全面的な改変を命令した。
歴史を改変するために、数多くの暗殺御使が、さまざまな時代へと送り込まれた。

宗矩を襲った謎の集団は、大朝鮮帝国からの刺客だったのである。



968 :マンセー名無しさん:2006/12/01(金) 03:06:36 ID:OpPSWGsx
大戦争では是非とも、宗冬あたりの活躍が欲しい。
「これが新陰流と能とを併せた剣だ!」
とか言いながら朝鮮妖術師をサイコロステーキにするの。



…ユンギョン先生の「ぼうふらの剣」でも読めっつー話やね。

969 :マンセー名無しさん:2006/12/01(金) 16:48:27 ID:cQXW/rs0
「一足一見」でしたっけ?

970 :マンセー名無しさん:2006/12/01(金) 16:51:57 ID:GeE0U05P
ごめん、「新陰流と 熊 とを併せた剣だ!」とか読んだ。
朝鮮妖術師の外道熊陰流とか一瞬で頭に設定が浮かんでしまった……

971 :マンセー名無しさん:2006/12/01(金) 21:33:37 ID:WBS9ELWF
荒山先生によると、新陰流は、いろんなルートで朝鮮に伝わったから、
朝鮮妖術と新陰流の両方の極意を会得した、朝鮮版友景のような人物が、
朝鮮妖術師の中にいても不思議ではない。

972 :マンセー名無しさん:2006/12/01(金) 21:46:52 ID:YrV3YQhj
臨海君はそんなにパーフェクトな強さって訳じゃないから違うな
他に誰がいるだろ、朝鮮でヒーローにしても違和感なさそうなの

金日成(本物)とかかな

973 :マンセー名無しさん:2006/12/01(金) 22:33:39 ID:A+QiHXpZ
時を超え子孫を守らんと、冥界より甦りし乙支文徳なんてどうでしょう?

……で、韓人達に「よく見たら、お前達は我が子孫ではないな」と

974 :マンセー名無しさん:2006/12/02(土) 00:00:59 ID:wnO21J+0
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B0%E6%B5%81
史実でも1561年の段階で中国人が陰流を使ってるのね。

975 :テンプレ案:2006/12/02(土) 00:57:03 ID:WspqLbMo
そろそろテンプレを考えます。
さしあたり仮案としてこんなもんで。最初のをまんま踏襲。

***

【柳生大戦争】伝奇小説家・荒山徹を語るスレ2

朝鮮妖術師と柳生剣士と虚言と怪獣を愛しすぎる伝奇小説家、
荒山徹先生を語るスレです。

只今、講談社の時代小説書籍型雑誌『KENZAN!』にて、
『柳生大戦争』連載中!

976 :テンプレ案:2006/12/02(土) 00:59:28 ID:WspqLbMo
・単行本一覧(紀伊国屋書店の資料を参考にさせていただきました)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-FAUTH=%8Dr%8ER%93O&RECNO=1&HITCNT=010

1 処刑御使
荒山徹 /幻冬舎 2006/07出版 421p 20cm ISBN:4344011929 \1,890(税込) 新宿本店
2. 柳生雨月抄
荒山徹 /新潮社 2006/04出版 394p 20cm ISBN:4104607029 \1,890(税込) 新宿本店
3. 魔岩伝説(祥伝社文庫 ) 長編時代伝奇
荒山徹 /祥伝社 2006/04出版 498p 16cm ISBN:4396332858 \780(税込) 新宿本店
4. 十兵衛両断(新潮文庫 )
荒山徹 /新潮社 2005/10出版 505p 16cm ISBN:4101210411 \700(税込) 新宿本店
5. 柳生薔薇剣
荒山徹 /朝日新聞社 2005/09出版 262p 20cm ISBN:4022500557 \1,680(税込) 新宿本店
6. サラン哀しみを越えて
荒山徹 /文藝春秋 2005/05出版 260p 20cm ISBN:4163239405 \1,699(税込) 新宿本店
7. 魔風海峡(祥伝社文庫血戦!高麗七忍衆 ) 長編歴史伝奇 下
荒山徹 /祥伝社 2004/09出版 417p 15cm ISBN:439633186X \669(税込) 新宿本店
8. 魔風海峡(祥伝社文庫死闘!真田忍法団 ) 長編歴史伝奇 上
荒山徹 /祥伝社 2004/09出版 377p 15cm ISBN:4396331851 \649(税込) 新宿本店
9. 十兵衛両断
荒山徹 /新潮社 2003/06出版 365p 20cm ISBN:4104607010 \1,890(税込) 新宿本店
10. 高麗秘帖(祥伝社文庫 ) 朝鮮出兵異聞李舜臣将軍を暗殺せよ
荒山徹 /祥伝社 2003/01出版 633p 15cm ISBN:4396330871 \919(税込) 新宿南店
11. 魔岩伝説長編歴史伝奇小説
荒山徹 /祥伝社 2002/09出版 426p 20cm ISBN:4396632142 \1,995(税込) 新宿本店
12. 魔風海峡死闘!真田忍法団対高麗七忍衆
荒山徹 /祥伝社 2000/12出版 515p 21cm ISBN:4396631839 \2,415(税込) 新宿本店
13. 高麗秘帖朝鮮出兵異聞
荒山徹 /祥伝社 1999/07出版 501p 21cm ISBN:4396631499 \2,415(税込)

977 :テンプレ案:2006/12/02(土) 01:07:47 ID:WspqLbMo
・単行本化されてない著作一覧
柳生大戦争(講談社『KENZAN!』収録)
鳳凰の黙示録(集英社『小説すばる』収録)
密書「しのぶもじずり」(新潮社『小説新潮』2003年9月号収録)
金髪くノ一絶頂作戦 服部半蔵秘録(新潮社『小説新潮』2003年5月号収録)

***

とりあえずざっとここまで。

978 :テンプレ案:2006/12/02(土) 01:19:49 ID:WspqLbMo
ぎゃあ>>976に「新宿本店」とか消し忘れがあった。
ゴミなんで無視して。

979 :マンセー名無しさん:2006/12/02(土) 09:56:17 ID:4fH9mDtc
参考じゃなくてコピペですがな。

980 :マンセー名無しさん:2006/12/02(土) 22:13:30 ID:ketQ/Mgz
テレビを見ていたら、ヨガの番組の講師が 柳 生 直 子 だったので、
おおっ、柳生新陰流も、とうとうヨガの世界にも進出かあっっっ、
などと思ってしまった、荒山脳の俺がいる。

981 :マンセー名無しさん:2006/12/02(土) 23:56:44 ID:HlN28Clm
>>975のテンプレ案、愛の対象に五味康祐も足して欲しい。
十兵衛両断のツイン十兵衛決闘シーンのクライマックスは、柳生連也斎へのオマージュだろうし
柳生雨月抄の友景と眞純の決闘後の台詞も、柳生武芸帳の十兵衛対多三郎の台詞のパロディっぽいし。

982 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 00:56:11 ID:UcN2OnQf
隆慶や山風には直接言及ないけど、五味氏にだけは「影響受けてます」って言っちゃう位愛してるしな。

983 :テンプレ案改:2006/12/03(日) 01:28:10 ID:M4xhtw+z
要望を取り入れ、スリム化してみました。

***

【柳生大戦争】伝奇小説家・荒山徹を語るスレ2

五味康祐等偉大な先輩達をファックしてやまない、
朝鮮妖術師と柳生剣士と虚言と怪獣を愛しすぎる
伝奇小説家・荒山徹先生を語るスレです。

只今、講談社の時代小説書籍型雑誌『KENZAN!』にて、
『柳生大戦争』連載中!

前スレ
【朝鮮柳生】伝奇小説家・荒山徹を語るスレ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1148912967/

・単行本一覧
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-FAUTH=%8Dr%8ER%93O&RECNO=1&HITCNT=010

・単行本化されてない著作一覧
柳生大戦争(講談社『KENZAN!』収録)
鳳凰の黙示録(集英社『小説すばる』収録)
密書「しのぶもじずり」(新潮社『小説新潮』2003年9月号収録)
服部半蔵秘録 金髪くノ一絶頂作戦(新潮社『小説新潮』2003年5月号収録)

***

明日あたり、>>990を目処に新スレ立てる予定ですので、
さらにご要望がありましたらそれまでにどうぞ。

984 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 03:28:04 ID:DXC3wNq6
五味康祐への愛は特別だろうけど隆慶や山風もテンプレにいれてもいいんじゃね?

985 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 04:42:42 ID:FuolSxi1
ノッカラノウムの元ネタは北の拉致だというのは既出かい?

986 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 08:08:54 ID:DXC3wNq6
>>985
徹がそう言っていたのかい?

987 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 08:56:51 ID:vkfZC2cK
>>984
有名作家を作中に登場させて、ファックしまくっているけど、なぜか山田風太郎先生と司馬遼太郎は対象外なんだよね。

988 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 11:35:57 ID:VfN2gBNF
>>987
さすがにその2人はファックに気合いが要るから今は気合いを高めてる段階なんでしょうね
司馬風一とか山田遼二とか想像しただけでwktk

しかし単行本はまだ?、KENZANは隔月刊?季刊?

989 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 15:38:03 ID:jnAPriFm
(吉野仁のサイトより)
> 講談社より「KENZAN!」という時代小説の専門誌が届く。
> 中堅・若手作家を中心にした〈時代小説雑誌のニューウェーブ〉をめざし、年3回の定期刊行となるそうだ。
> 一段組というのも読みやすい。600ページ1200円という設定は読者を選ぶかも知れないが。

「メフィスト」「エソラ」みたいなものなのね

990 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 15:55:38 ID:jnAPriFm
「KENZAN!」編集長のインタビューを見つけた
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061201dde014070073000c.html

> −−創刊号は、荒山徹さん、岩井三四二さん、畠中恵さんらが並びました。
>  一番勢いのある、若手から中堅に入っていく時期の方々を中心にラインアップしました。これからを背負ってくれる人たちだと思います。
>  「時代小説の専門誌を定期的に出します」「100〜150枚見当で中編を書いてください」と話しました。さらに「実験してください」
>  ともお願いしました。熱っぽい原稿がきました。やりたいことはたくさんあります。

> 11月、3月、7月の年3回刊。
だそうな。

991 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 18:42:38 ID:jMHHdJrK
>>990
実験、か…まあ核実験も実験のうちだが

992 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 18:57:40 ID:UcN2OnQf
編「実験してください」
徹「何が起こっても知らないよ」

993 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 18:58:41 ID:Wd5+bhkM
荒山徹に「実験してください」とは…
気違いに刃物を渡すとはこのことか…

994 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 20:13:21 ID:M4xhtw+z
次スレ立てました。

【柳生大戦争】伝奇小説家・荒山徹を語るスレ2
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1165144339/


995 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 20:48:47 ID:AYCCrGYz
995ならアニメ化

996 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 20:49:59 ID:i0VK4s1N
996なら韓国にパクられる

997 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 20:51:52 ID:UcN2OnQf
997なら柳生創世記

998 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 21:35:49 ID:ihmLd3/a
998なら柳生水滸伝

999 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 21:50:21 ID:ihmLd3/a
NHKのチュオクの剣は、時代考証の誤りを、つっこみながら見るのが、
ハン版住民の心得だよね。

体を動かすのが極端に嫌いなはずの両班が、日本刀のような長刀をぶんぶん振り回すとか、
ポロのようなスポーツを楽しんでいるとか、
李王朝の社会は物々交換のはずなのに、贋金が出回るとか、
お役所の小間使いの女の部屋が、やけに立派とか、
宮廷の中ですら、碌な医療が行われていないはずなのに、庶民が、子供を医者に連れて行くとか、
庶民が色つきの服を着ているとか、
女性が胸の前をはだけて、おっぱいを外に出しいないとか・・・


1000 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 21:51:20 ID:jMHHdJrK
1000ならば荒山先生に裏柳生の刺客が…

1001 :1001:Over 1000 Thread

  ZZzzz…∧_  ∧_∧    ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       <,,-д( ´∀`)  <  1000越えるまで頑張ったんだね
       (っ(,,_ノ   ソ     \_____________
        `7 ∧ 〈
        (_)(__)
      ∧_∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      <  ,,-> ´∀)  < さぁ、他のスレッドに移ろうか
     (,,) っ(,,_ノ      \____________
      /(_(_フ〈
     (_ノ(__)     ★人大杉対策に2ch専用ブラウザを!
                2chブラウザ総合サイト http://www.monazilla.org/

   ハングル板@2ちゃんねる http://society3.2ch.net/korea/


296 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)