2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【柳生大戦争】伝奇小説家・荒山徹を語るスレ2

1 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 20:12:19 ID:M4xhtw+z
五味康祐・山田風太郎・隆慶一郎等、
偉大な先輩達をファックしてやまない、
朝鮮妖術師と柳生剣士と虚言と怪獣を愛しすぎる
伝奇小説家・荒山徹先生を語るスレです。

只今、講談社の時代小説書籍型雑誌『KENZAN!』にて、
『柳生大戦争』連載中!

前スレ
【朝鮮柳生】伝奇小説家・荒山徹を語るスレ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1148912967/

・単行本一覧
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-FAUTH=%8Dr%8ER%93O&RECNO=1&HITCNT=010

・単行本化されてない著作一覧
柳生大戦争(講談社『KENZAN!』収録)
鳳凰の黙示録(集英社『小説すばる』収録)
密書「しのぶもじずり」(新潮社『小説新潮』2003年9月号収録)
服部半蔵秘録 金髪くノ一絶頂作戦(新潮社『小説新潮』2003年5月号収録)

2 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 20:25:43 ID:f8mnVWYZ
???

3 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 20:50:50 ID:UcN2OnQf
>>1
乙カラノウム

荒山スレが2スレ目とは。。。感無量に御座候

4 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 20:56:49 ID:VenETuoA
>>3
よく知らないんだけど、BOOKOFFで買える?

5 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 20:58:32 ID:UcN2OnQf
>>4
買えるよ。今なら十兵衛両断が手に入りやすいし入門にもオススメ。

6 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 21:02:36 ID:VenETuoA
>>5
おお、さんく。
ちょっくら出かけるかな。

7 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 22:06:38 ID:brPNGUY4
>>6
僕達の世界へようこそ。フハハハハハハハ

8 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 22:08:35 ID:oWBPRRCo
魔岩伝説読み返して思ったんだが、
ラストでせっかく卍兵衛が剣で戦おうっつってるのに
妖術使っちゃうのはどうか。

9 :マンセー名無しさん:2006/12/03(日) 22:15:28 ID:UcN2OnQf
>>8
あれは笑う所だと思ってた。

波動拳てw

10 :マンセー名無しさん:2006/12/04(月) 07:28:32 ID:NKyvP3/V
>>8
剣では卍兵衛には勝てないだろうしねえ。
しかし卍兵衛、あれで遠山に心服してるっぽいんだよなぁ。

遠山&卍兵衛のコンビが活躍する、荒山版「遠山の金さん」が読みたい。

11 :マンセー名無しさん:2006/12/04(月) 15:40:19 ID:Uqp6RaO1
それだと犯人は大体、
・朝鮮妖術師(遠山が背中の刺青センサーでピコーンと察知)
・朝鮮の無頼の徒(卍兵衛がバッサバッサ切る)
・朝鮮通信使が家族を人質にとって悪いことをやらされている日本人
 (卍兵衛が苦境を聞いて義憤に駆られてバッサバッサ(ry)
・朝鮮通信使と組んだ柳生
 (卍兵衛が(ry)
をローテーションで回していくんだな。

12 :マンセー名無しさん:2006/12/04(月) 16:08:08 ID:tWQtbIxk
遠山のライバル南町奉行鳥居耀蔵ネタも入れてくれ

13 :マンセー名無しさん:2006/12/04(月) 19:37:23 ID:BnAjJZ8z
鳥居耀蔵にいて調べてみたら、面白いことがわかった。
鳥居耀蔵というのは、実は林大学頭の三男で、旗本鳥居家に養子に行った人物。
林大学頭といえば、魔岩伝説的には、日光東照宮の秘密を知る人物。
ということは・・・

鳥居耀蔵には、ある一つの大望があった。
それは、日光東照宮の五輪塔の霊力を復活させることだった。
そのために、上様の死体がどうしても必要だった。

なんかとんでもない斜め上展開の小説になりそうな・・・

14 :マンセー名無しさん:2006/12/04(月) 19:56:50 ID:nKHrOp9A
面白いも何も、耀蔵は魔岩伝説的には当事者だっての
林ヨジャンじゃないか

15 :マンセー名無しさん:2006/12/04(月) 23:35:35 ID:V2FmrIUO
さて、丁度このタイミングでついにwikipedia化しましたよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E5%B1%B1%E5%BE%B9

16 :マンセー名無しさん:2006/12/04(月) 23:43:19 ID:kxnh4lVA
>>15
五味先生の名前を間違えるとは畏れ多い

17 :マンセー名無しさん:2006/12/04(月) 23:47:51 ID:/TjVuJSv
すいません、wiki編集しちゃったものです
一般人には悪のり過ぎるかもしれないので、編集意見ヨロ
作品別慷慨なんか書いてくれるとカムサハムニダ

18 :マンセー名無しさん:2006/12/05(火) 06:10:55 ID:wZSoahQG
五味庚祐はどうにかならんのか。
他力本願で申し訳ないが。

19 :マンセー名無しさん:2006/12/05(火) 06:54:38 ID:1dzJpzln
直せばいいのに
誰でも直せるんだから

20 :マンセー名無しさん:2006/12/05(火) 19:07:30 ID:tCddBMd4
>>14

(*゚Д゚)
げげっ、魔岩伝説を読み返してみれば、その通り。

21 :マンセー名無しさん:2006/12/05(火) 20:57:31 ID:RPoIZpZo
>>20
おいおいw
後にライバルになる有名人同士が、無名時代にすれ違う、いかにも山風(やまふう)
的なギミックが、あの小説の重要な隠し味だったと思うが。

でもひょっとして、これで、前スレで、なんかイマイチ評価の低かった
「魔岩伝説」がちょっと見直されたり・・・しないか。

22 :18:2006/12/06(水) 00:46:47 ID:tgzcCl3q
>>19
わりぃ、普通に直せたわ。
編集が五味康祐になってて、
それがどうしても五味庚祐って反映されるんだと思い込んでた。
実際は[[五味康祐|五味庚祐]]って併記されてるだけだったよ。



23 :マンセー名無しさん:2006/12/06(水) 01:07:41 ID:lF8qcpBg
>>22
編集つか、五味先生の記事項目名がそもそも間違っているということでおけ?
本当は五味先生の項目も修正したいんだけど、やり方わからんから応急処置しといたよ……

24 :マンセー名無しさん:2006/12/06(水) 02:36:55 ID:tgzcCl3q
>>23
ほんとだ。
直しちゃったけど、いいかな?

25 :マンセー名無しさん:2006/12/06(水) 23:35:04 ID:M2prndvi
ところでこれ見ると ttp://homepage2.nifty.com/te2/j/j05.htm#w22547
だと未刊行結構ありそうだよな

26 :マンセー名無しさん:2006/12/07(木) 00:04:00 ID:7v57d8ku
>>25
いや、各章タイトルが載ってるから多そうに見えるけど、未刊行は
>>1にある分だけだろ


27 :マンセー名無しさん:2006/12/07(木) 19:38:41 ID:C7wlOybY
ttp://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20061201

ええ話や・・・

28 :マンセー名無しさん:2006/12/08(金) 16:50:32 ID:FGJXvNwK
山風の伊賀忍法帳読んで、
「この格好よい柳生は誰だろう?」とか思ってしまった。
どうも自分の頭の中で、石船斎のイメージが荒山スタンダードになってしまったらしい。
やばいやばいやばい。

29 :マンセー名無しさん:2006/12/08(金) 23:47:28 ID:/z+IiLN3
>>28
典型的荒山脳だな
そろそろこのスレで芳徳寺柳生一門墓地で謝罪するツアーでも開催するか?

30 :マンセー名無しさん:2006/12/08(金) 23:52:04 ID:UhUonIjM
大戦略に荒山脳が殴り込みだっ!!
シナリオ「高句麗国復興」
ttp://www.ss-alpha.co.jp/products/ds2007/image/ss/01.html


31 :マンセー名無しさん:2006/12/09(土) 13:02:31 ID:O9mQ6bd7
>>30

・ 高句麗王家の末裔にして、高句麗の正統な王位継承権者が登場
・ その王子の臣下である、七人の妖術師+どういうわけか日本の忍者
・ 任那に隠された黄金
・ そして、太陰石
・ 真田忍群+柳生見参!!!
・ 荒山アイテムてんこ盛り
・ そしてとどめの大武仏ぅ

このくらいやんないと、荒山脳版「高句麗国復興」とは、認めないニダ。

32 :マンセー名無しさん:2006/12/09(土) 14:27:17 ID:WLBrkRBl
古代高句麗の神も出現させないと
あと人造神檀君も

33 :マンセー名無しさん:2006/12/09(土) 14:48:29 ID:O9mQ6bd7
ウリの荒山脳が稼動して、魔風海峡の臨海君を主人公としたスピンオフ作品、
ゲーム「大朝鮮帝国」のシナリオを勝手に考えたニダ。

シナリオ1 任那の黄金

臨海君と七人の妖術師+日本の忍者は、真田忍群と戦って、
任那日本府の黄金を手に入れる。

シナリオ2 決戦、露梁海峡

任那の黄金を手に入れた臨海君は、それを軍資金にして軍勢を整える。
そして、李舜臣とともに、決戦の地、露梁海峡へ。

シナリオ3 漢城の誓い

日本軍を撃退して、漢城に凱旋する臨海君。だが、宮中に臨海君を亡き者とする陰謀が。
だが、臨海君は逆に反対派を粛清し、自分が皇太子であることを、国王に認めさせる。
臨海君は臣下を集め、明からの独立と大朝鮮帝国の建国を誓うのであった。


34 :マンセー名無しさん:2006/12/09(土) 15:08:05 ID:O9mQ6bd7
シナリオ4 満州の荒野に

北方の大国金は、朝鮮が日本との戦いによって疲弊したと判断し、戦いを挑んだ。
それを受けて立つ臨海君。

シナリオ5 続満州の荒野に

朝鮮は金との戦いに勝利したにもかかわらず、寛大な条件で講和した。
しかし、金はこの約定に反し、再び朝鮮の国境を侵犯する。
臨海君は、金を攻め滅ぼすことを決意する。

シナリオ6 大明征伐

満州を領土に加え、名実ともに皇帝となった臨海君。
だが、明は朝鮮の独立を認めず、朝貢を要求した。
臨海君は、明との戦いを決意する。

シナリオ7 日本征伐

明を攻め滅ぼし、東アジア有数の大帝国となった大朝鮮帝国。
日本に対する恨を晴らすべく、日本征伐の軍を進める臨海君。
そして、その結末は・・・

なんかすごいホルホルストーリーを考えてたニダ。

35 :マンセー名無しさん:2006/12/10(日) 05:16:49 ID:rWgo0MZO
あまりに強大な戦力に朝貢を進める幕府と江戸柳生。
しかし尾張柳生はそれを良しとせず鍋島柳生と計り抗戦を試みる。
そんな絶望的な戦いに柳生が身を投じたのには理由があった…

滅ぼされたとみえた明国に中華柳生が立ち上がっていたのだ…


鍋島柳生は五味ネタになるのかな?
武備志とか使えば中華柳生もできると思う。徹センセも知ってるだろうが。
武備志は正宗遡源ネタにも使えるし。

36 :マンセー名無しさん:2006/12/10(日) 13:57:07 ID:nxLfztSe
来年の仮面ライダーは荒山先生に脚本やってもらいたいですね皆さん

37 :マンセー名無しさん:2006/12/10(日) 16:23:31 ID:aXT95U1P
東映さん、スパイダーマンのリメイクを企画してください
脚本は荒山先生でw

38 :マンセー名無しさん:2006/12/10(日) 16:28:40 ID:fcsr5cdB
>>37
改造剣士友景に倒されちゃうよw

39 :マンセー名無しさん:2006/12/11(月) 17:19:59 ID:8v3y5GMS
>>36

荒山版仮面ライダーというのを、ちょっと考えてみたぞ。

仮面ライダー・ツルギ(仮称)

主人公が太古から伝わる神剣を抜いて掛け声を掛けると、神剣の霊力が発動して変身。
神剣を鞘に収めると、変身が解除されて元に戻る。

・ 主人公が剣を持ち歩いても不自然ではないように、「武士階級が存在している、現代日本風の異世界」を舞台とするほうがよいのでは。
・ 敵の秘密結社は、「剣士」のほかに、「妖術師」がいて、ときどき主導権を巡って派閥抗争。
・ とすると、主人公の側にも、霊術を使うことのできる、友景風キャラが必要。妖術師が出てくると「お前の相手は、この私だ」と言う。
・ あと、主人公が苦境に陥ると、なぜだか突然現れる謎のニヒルなキャラも。トレードマークは、右目の眼帯がいいかな。

40 :マンセー名無しさん:2006/12/11(月) 17:55:03 ID:+Gi2Ib25
妖術師が主導権を握っているのが朝鮮クオリティ

41 :マンセー名無しさん:2006/12/11(月) 18:38:34 ID:k+ew63/r
普通にライオン丸G見とけって感じだが。

42 :マンセー名無しさん:2006/12/11(月) 20:42:28 ID:8v3y5GMS
で、仮面ライダー・ツルギの世界というのは、現代日本と文化・技術の水準がほぼ同じ。
よって、現代日本に存在するものは、ツルギの世界にも存在する。
ツルギの世界の最大の特徴は、武士階級が存在する社会である、ということ。
これは、明治政府は西洋列強の侵略に対抗するためには、武士の伝統と精神が必要、と判断し、武士階級を温存する政策を取ったため。
この結果、ツルギの世界は近代文明と武家文化が奇妙に融合した世界となっている。
あと
・和服を着た人が多い。また洋服もなんとなく和服っぽい。
・また、日本刀をぶら下げた人も多い。武士の割合は日本人口の10%程度。
・建物は、現代日本のような箱型ビルではなく、日本建築の和風デザインを発展させたようなデザイン。
・現代日本の皇居は、ツルギ世界では「東京城」と呼ばれる日本の政治の中心。当然、天皇は京都御所にいる。
・そして、京都は日本の霊的中心。幸徳井宗家も京都にある。


43 :マンセー名無しさん:2006/12/11(月) 21:39:17 ID:nNfQ9mH0
いや、もういいよ
あとは自分のブログでどうぞ

44 :マンセー名無しさん:2006/12/11(月) 23:51:24 ID:MdtdYX7Q
荒山徹に関連付けるならせめて朝鮮を入れろよ
前にも言われたが荒山徹は
一に朝鮮、二に朝鮮、三、四が妖術、五に柳生なんだから
武士云々よりも重要なのは朝鮮なんだよ
朝鮮が出てこなきゃ話にならないんだよ

45 :マンセー名無しさん:2006/12/12(火) 00:41:51 ID:dHCSvFEC
檀君神話は一然が捏造した神話だったってことになってるけど、
魔風海峡では檀君神話を背景とする檀君忍法はある訳で、
一体どうなってやがんだコレ。

という訳で予想。
第二話以降は、後の朝鮮妖術師・忍者たちが、檀君神話を深読みして、
砂上楼閣的に独自の忍法を更に捏造する様が描かれるのではないか、と。
「檀君さんが東京タワーを孕ませて六本木ヒルズが出来た」とかそんなレベルの。

46 :マンセー名無しさん:2006/12/12(火) 02:01:51 ID:bzVqEloC
朝鮮からの刺客で、霞多三とかそんな名前のキャラが出てくると予想。
柳生大戦争は、柳生武芸帳をファックするための作品だと信じている。

47 :マンセー名無しさん:2006/12/12(火) 14:27:05 ID:cPDtIYst
>>45

そもそも朝鮮人は日本人に比べて、精気がありすぎる民族。
その朝鮮人が檀君神話を本気にして、朝鮮人全員で毎日檀君を念じたら、
朝鮮人の精気が凝集して、本当に神を生み出したかもしれない。
(参考 諸星大二郎 マンハッタンの黒船)

48 :マンセー名無しさん:2006/12/12(火) 20:04:03 ID:usonOX1u
「柳生大戦争」粗筋(捏造版)

 檀君神話捏造の秘密明かされるとき、それ即ち韓半島に乱れある時。
 民乱れるとき、天道もまた乱れる。全羅道海上より現れし巨亀と、
高句麗墳墓より表れし大怪蟲慕漱蠡が、漢城を舞台に大激突。刺激されて
大怪獣ブルガサリも出現。
 そこに遥か虚空より宇宙柳生が襲来。朝鮮柳生と手を組んで、日本侵略を
企む。三大怪獣は妖術に操られて倭国を襲う。ここに大和柳生対宇宙柳生
・朝鮮柳生連合軍の熾烈な戦いが幕を切って落とされるのであった。
 しかし、裏柳生の末子、柳生八兵衛(特技:うっかり無刀取り)との道ならぬ
恋に落ちた、朝鮮柳生首領の美しき娘の裏切りにより、李瞬臣の霊が発動。
亀甲船の変形せし巨人、亀甲男により三大怪獣は悉く退けられ、宇宙柳生も
多宝塔仏力ビームで撃破。嗚呼めでたしめでたし。



「……これが一然国師のカキコでござる」

49 :マンセー名無しさん:2006/12/12(火) 20:34:06 ID:dHCSvFEC
>>47
檀君のイメージ映像が、スーパーマンの格好をした金正日で
固定されてしまったじゃないか。どうしてくれる。

>>48
これは ひどい

50 :マンセー名無しさん:2006/12/12(火) 20:50:49 ID:/bfEwmhQ
>>45
 柳生大戦争時空と魔風海峡時空は別次元ってことなんじゃないの?
まあ、もしかしたらここらで虚無戦記ばりに大統合が起こるかもしれんが。
処刑御使アナザーバージョン(時空跳躍)で別次元の柳生が飛んでくるのよ。

 朝鮮妖術師「十兵衛が一度に二人も!?」
 十兵衛  「今日は特別でね。もう一人来てるんだよ」

 とか。

51 :マンセー名無しさん:2006/12/12(火) 20:54:20 ID:dHCSvFEC
>>50
それ石川賢版『柳生十兵衛死す』じゃん。

52 :マンセー名無しさん:2006/12/13(水) 03:02:06 ID:YL23gz5t
石川賢版柳生十兵衛死すは、肝心のダブル十兵衛揃い踏みの前に打ち切られちまったけどな…
ああしかし惜しい人を亡くした。

53 :マンセー名無しさん:2006/12/13(水) 11:59:02 ID:TJG9SiEY
>>49

荒山先生のルーツの一つが、諸星大二郎の伝奇漫画だったんだね。
そういえば、「マンハッタンの黒船」には、
アメリカ人の精神エネルギーが凝り固まってできたエネルギー体「永世大統領」や
その永世大統領の思念で動く、自由の女神像やら・・・

54 :マンセー名無しさん:2006/12/13(水) 20:21:07 ID:TJG9SiEY
朝鮮人が檀君神話を本気にして、檀君を念じる

一然国師は、その念を御神体に蓄積。(仏力ビーム蓄積と同じように)

朝鮮人の民族の精気が凝り固まって、人造の神「檀君」誕生!!!

55 :マンセー名無しさん:2006/12/13(水) 21:12:35 ID:Zz+HbrZj
>>53
>アメリカ人の精神エネルギーが凝り固まってできたエネルギー体「永世大統領」

なかなか面白いこと考えるなあ。

56 :マンセー名無しさん:2006/12/14(木) 02:08:26 ID:i0ykycTj
>>50>>53
Gロボかw

57 :マンセー名無しさん:2006/12/14(木) 14:13:23 ID:FBgsBWZd
>>56
そうか!石川御大が亡くなられた今、
荒山怪文書を誰が漫画化すべきか悩んでいたが、
何も漫画に拘る必要はないじゃないか!
今川監督がアニメ化すればいいんじゃないか?


58 :マンセー名無しさん:2006/12/14(木) 20:15:59 ID:NqxHDVr4

人造の神「檀君」の精気によって、朝鮮人は妖術が使えるようになる
(朝鮮に妖術師がやたらと多い理由)

しかし、「檀君」は、存在し続けるために、大量の精気が必要。
そこで朝鮮人の意思をコントロールし、朝鮮人の精気を収奪。
この結果、朝鮮人の火病が直るw

しかし、朝鮮人の火病を集めた結果、檀君暴走。
一然国師の手に負えなくなる。

59 :マンセー名無しさん:2006/12/14(木) 21:21:58 ID:BGWuX5kD
一然国師の生きている間に檀君が具現化するのか?
もうあの時点で相当な爺さんだろう。

60 :マンセー名無しさん:2006/12/14(木) 21:24:12 ID:fARjept6
>>59
その為のノッカラノウムに御座る。

61 :マンセー名無しさん:2006/12/14(木) 21:41:24 ID:NqxHDVr4
問題は、朝鮮人の精気を集める方法と、それを蓄積するための器でござる。

62 :マンセー名無しさん:2006/12/14(木) 21:48:24 ID:NqxHDVr4
(続き)
アメリカは、デモクラシー・マシンの装着を全国民に義務づけ、
そのデモクラシー・マシンを巨大コンピュータに接続することによって、
すべてのアメリカ人の精神エネルギーを集中させて、人造の神「永世大統領」を
作り上げることに成功した。(科学の国らしい・・・)
かの国の場合は、どうするつもりなのか?
まさか、民族の精気を蓄積する器として、アレを使うつもりなのでは・・・

63 :マンセー名無しさん:2006/12/14(木) 22:22:33 ID:KcUzPWmH
イザベラ・バードが朝鮮半島を旅しながら韓人妖術師を叩き切るとか
そんな話が読んでみたいな

64 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 00:11:22 ID:FPBLt3yC
>>63
その場合、イザベラ・バードはイングランド柳生女剣士ですか?

65 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 01:50:40 ID:so4X2WYo
>>61
朝鮮人の精気を蓄えんがため、大妖術師金日成は朝鮮戦争を誘導し、
まずは国を分断した。次いで北部の人民に逃げ出すことないよう洗脳を
施し、生贄に仕立て上げた。以後、北朝鮮は、非道な政治によって人民を
苦しめることで精気を搾り取る一大人間牧場と化したのである。

一方、南部では、人造神を収める器、鬼動神祖「檀君」を開発すべく、工業の
急速な発展が進められることとなった。憎き日本の技術を用いて日本に
復讐する。そのため、日本の技術が韓国にパクられるようになったとは
誰も知らない。指導的役割を果たしているのが妖術師連合・ヒュンダイである。

これこそ北緯38度線の真相である。全ては朝鮮妖術師の陰謀である。

66 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 02:40:38 ID:pU0kltCT
>>64
日本奥地紀行で日本に滞在した時に柳生の教えを受けたのか。

67 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 12:54:22 ID:4Oo/BRYN
>>66

そんなの、柳生剣士を護衛にやとえばおk
あんな暗黒半島に、護衛なしで行くとは思えない。

68 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 14:17:09 ID:VtvSqNxt
そうか、マッカーサーが半島に原爆を落としたがったのは
なんか寄生したり繁殖したりで増えまくる邪悪生物の巣窟だったからか。
なんかエイリアンとかBMとかフラッドとかそんな類いの。

69 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 15:35:08 ID:nfWSbzms
a

70 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 15:38:35 ID:nfWSbzms
お、アク禁とけた!!

おい、同好の士諸君!!!
荒山先生から、今年最後のビッグ・ボーナスだぞ!!!!!

本日、発売らしい!!

http://opendoors.asahi.com/data/detail/7798.shtml


71 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 15:58:00 ID:pU0kltCT
百合かよ!

72 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 20:34:53 ID:+51PGgUk
薔薇の次に百合とは……


心得ていらっしゃる!!

73 :70:2006/12/15(金) 21:15:27 ID:nfWSbzms
まだ入手できていない状態だ・・・
よみたいよみたいよみたい・・・・・・


しかたないので目次を熟読したところ、関川夏央先生が何か、われらが荒山センセイに
言及された模様。
うべくんば、荒山先生の熱い志が、高評されんことを!!!

74 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 22:00:46 ID:4Oo/BRYN
>>65

じゃあ、サウス・キムチとノース・キムチが合体したら、
本当に、人造神「檀君」が復活してしまうw

75 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 22:40:26 ID:yFvX1ihO
>63
「朝鮮妖紀行」紹介

”景福宮にありし閔姫は真っ赤な偽者、露西亜の操り人形なり”
奇怪な風説の真偽を確かめるべく英国政府に依頼された旅行家、
イザベラ・バードは、旅先で出会いし好漢、柳生十兵と共に、
奇怪なる妖術師軍団との戦いの渦中へと飲み込まれてゆく。



「叔母者、これは英吉利の忍術なのか?」
 イザベラの手にあるのはただの短い木の枝かと思われたが、今や
幽かな燐光を帯びている。先ほどの稲光の源はこれに相違あるまい。
 円陣を組んで取り巻く大院君の手の者たちが一斉にたじろぐ。
「ホグワーツ卒をなめてもらっては困るわね」

76 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 23:27:43 ID:FPBLt3yC
読んだ。最小限のネタバレ。

前回もそうだったけど、今回も輪をかけて十兵衛陵辱小説です。
そして狂骨の夢or孔子暗黒伝です。
まだ朝鮮は出てきていない…のかな?
あと続くよ。こうご期待。

荒山先生、あなたは一体柳生をどうしようというのか。

77 :マンセー名無しさん:2006/12/15(金) 23:32:48 ID:3VortlxE
>>42
>この結果、ツルギの世界は近代文明と武家文化が奇妙に融合した世界となっている。

なんですかその雨宮慶太監督作品は


78 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 03:02:52 ID:bbneHIBr
読んだー 深夜までやってる本屋があるって便利だ

特撮が好きすぎて目を疑うほどひどいことになってますねー
「実のところ、これは替え歌で、」←これ先生の自白でしょ!

ttp://www2.famille.ne.jp/~choko-h/memory/ultra.htm

79 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 03:45:12 ID:2M4VwZ3G
ああ、あと関川夏央先生はやっぱり荒山先生に注目してくれてるなあ。
まあ関川先生も韓国ネタ扱う人だからなあ。

80 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 07:21:59 ID:q/TGAbrS
>>76
自分の創造した十兵衛もどきはわりとおいしい役割なのに、オリジナルには厳しいのな

81 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 10:54:20 ID:4gAKI11x
イザベラ・バードは
単にいすぱにあ剣術といんぐらんど棒術の使い手という設定でも
良いのではないだろうか。

82 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 15:06:58 ID:4gAKI11x
荒山徹先生にロボットアニメ、特にガンダム新シリーズを作ってもらいたいと思うのは俺だけではないはずですよみなさん。

・巨大ロボットの高性能の秘密は柳生流
・敵と味方のトップが朝鮮人(しかも妖術と忍術使い)
・ノッカラノウムで兵士の人員不足も解決さ!
・モビルアーマー“ブルガサリ”登場でいきなり怪獣モノに
・最終兵器仏像ロボ
・話の基本は檀君神話

どうですか?

83 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 16:49:26 ID:XcxsOLeV
自分の作品で好き放題されてるから面白いのであって、
既存作品の公式設定に組み入れられてしまうと興醒めする。

84 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 17:03:36 ID:77moX+sQ
なんでもかんでも混ぜればいいってものじゃない

85 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 17:49:00 ID:q/TGAbrS
百合剣読んだ。
最初の2ページで、笑いすぎて読めなくなった。

86 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 19:27:36 ID:EUTanDLG
>>82

質問。

1 敵はどんな連中?
2 味方はどんな連中?
3 なぜ、対立しているの?
4 どんな世界で戦っているの?
5 最初はどんなシーンから始まるの?
6 クライマックスはどんな感じ?
7 最後にどうなるの?


87 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 20:24:06 ID:ckVyOpy1
Gガンに朝鮮代表入れりゃあ済む話だろ。ガイシュツだろうけど。

88 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 20:53:59 ID:MsCgMgLp
アニメ「妖奇士」に柳生友景の子孫みたいな陰陽師軍団が登場してる……

89 :マンセー名無しさん:2006/12/16(土) 22:48:07 ID:nuAEICxJ
>>85
内容で笑い転げた挙げ句、第一章のタイトルでとどめを刺された。

90 :マンセー名無しさん:2006/12/17(日) 00:51:38 ID:qB5OyYLL
>>78
カイジュウだのカガクトクソウタイだの、もう本当にこの先生は馬鹿だなあ。

91 :マンセー名無しさん:2006/12/17(日) 00:58:14 ID:IKMfk6GW
百合剣>
 読んだ感じでは、
「十兵衛両断」における「十兵衛の死と再生」を
角度を変えてやってみる、というのが主題なのかしらん、と。
「放たんとするならば、まずは押さえるべし!」

 とはいえ、いくらなんでもここまでやんなくても、というくらいに
凄絶なファックでありま砂。
まだ隆慶先生の方が扱いマシなんじゃないの。

92 :マンセー名無しさん:2006/12/17(日) 01:22:25 ID:NCH6z02r
柳生百合剣読んだよ。
俺、こんなに酷い描かれ方の十兵衛初めて読んだ…
というか、荒山先生の小説キャラでも屈指の酷さなんじゃなかろうか。
登場シーンが生首ごろんのユンギョン先生、ゾンビーズにファッキンガム宮殿の根津甚八に匹敵しそう。

93 :マンセー名無しさん:2006/12/17(日) 01:56:35 ID:6ud02Pig
こ、これから格好良くなるんだよ!

…結局姉貴に出番取られて終わる気もするけどな

94 :マンセー名無しさん:2006/12/17(日) 14:32:07 ID:lfNbTVbw
李氏朝鮮の下部構成員は全身黒装束で李(イ)ーーッ!!1!と叫ぶんですね

95 :マンセー名無しさん:2006/12/17(日) 21:32:31 ID:Bvc/4SFd
暗行御使遠山の金さん、ってネタを思いついた。
「官職にありつけず昼間からぶらぶらしている両班の金とは、お前の事だな!」

96 :マンセー名無しさん:2006/12/17(日) 21:40:45 ID:qB5OyYLL
>>92
『ラブやん』のカズフサみたい。あるいは『NHKへようこそ!』の佐藤達広。

97 :マンセー名無しさん:2006/12/18(月) 22:49:11 ID:e1OtPcEM
荒山先生って美形を嬲るのが妙に好きな気がするんだが気のせいだろうか

98 :マンセー名無しさん:2006/12/18(月) 22:59:37 ID:qQ/Y1Li1
>>97
荒山先生は自分が愛するものすべてを嬲りつくさねば気が済まないのだよ

99 :マンセー名無しさん:2006/12/19(火) 02:59:35 ID:m87sYwWX
「柳青隊の歌」は単行本化する際に加筆修正してくれないかなぁ、元曲のメロディに乗せて歌える完全版に。

100 :マンセー名無しさん:2006/12/19(火) 07:20:06 ID:6LeVkUCG
むしろCD化しておまけでつけてほしい

101 :マンセー名無しさん:2006/12/19(火) 23:17:49 ID:p2/pSZC+
三田主水さんの「百合」報告読んだけど、すごそうだな
連載物は本に纏まるまで我慢する主義だんだけど、掲載誌を買ってしまいそうだ……

102 :マンセー名無しさん:2006/12/20(水) 00:15:10 ID:dXK8LDO6
ガンバレ
充分立ち読みですませられる長さだ
まあオレの近所の書店には椅子があるんだけどな

103 :sage:2006/12/20(水) 23:44:10 ID:zc9FvJs6
1月10日のその時歴史が動いたは、我らがヒーローの登場ですぞ

戦国の剣豪、太平を築く
〜柳生宗矩・「活人剣 (かつにんけん) 」の真実〜

104 :マンセー名無しさん:2006/12/20(水) 23:54:54 ID:/V9CWeXn
NHKの公式HPを見てみた。
「理想と現実の狭間で葛藤」
「友をあざむいて死に追いやるという悲痛な体験」
「苦悩する宗矩」
「合戦に苦しむ庶民を救う「活人剣」に開眼」
「戦乱の無い世を実現するため」

このへんの文章に違和感バリバリなんですが、隆慶先生とか荒山先生に毒されすぎでしょうか。

105 :マンセー名無しさん:2006/12/21(木) 00:01:37 ID:zzlJDuFi
>>104
原哲夫先生の描く秀忠のようなウソ臭い善人面臭がぷんぷんしてきますね

106 :マンセー名無しさん:2006/12/21(木) 02:49:14 ID:0fllIB8n
>>104
 そこで山岡先生の「白宗矩」概念を。
「友矩が死んだのでさめざめと泣いたりする宗矩」という
ある意味、「宗矩」という概念を根底から覆す宗矩像が堪能できますよ?

107 :マンセー名無しさん:2006/12/21(木) 07:30:23 ID:vzvDCaa+
比較的白い山田風太郎系宗矩も、魔界転生したりするしな。

108 :マンセー名無しさん:2006/12/21(木) 10:21:08 ID:udyxJf+E
山風先生の伊賀忍法帳の白宗矩だといい感じですよ。

109 :マンセー名無しさん:2006/12/21(木) 21:03:11 ID:LKruwIVn
黒か白かは微妙だが宗矩を一番買ってるのは五味センセかね。
宗矩の兵法家伝書の文章と武蔵の五輪書の文章を比べると宗矩のほうが上、
とか言ってて文章で比べるのがすげぇ。
沢庵よりも上とか言ってるし。

110 :マンセー名無しさん:2006/12/21(木) 21:39:55 ID:nO8BvDXn
>>108
伊賀に出てくるのは石船斎の若い頃だよ

まあ一応領主の息子だから武蔵よりは学があっただろうしな

111 :マンセー名無しさん:2006/12/21(木) 22:27:25 ID:kaNBzOaJ
割と昔から「武蔵の書いたものなんてたいしたことねーよ」みたいな論調はあったけどね、直木とか。
俺は面白いと思うんだけな、五輪書は。
「死ぬんなら腰に差した二刀も両方とも使って、全力を尽くした上で死んだほうが悔いは残らんだろ。
だから普段から腰に差した二刀を使う練習をするのだ。」
とか
「上手く体当たりが決まれば相手を殺せるから練習しろ」
とか、殺伐さを隠そうとしないのが好きだ。

112 :マンセー名無しさん:2006/12/21(木) 22:37:55 ID:rtTgCnWH
『王の男』観た。
吉梨さんが「荒山というより隆慶だけど荒山ファンは見れ(意訳)」
とか言った訳がまあ分かった。確かに男の心意気な伝奇映画だ。
そして仮面劇を見てるとどうしても「コイツとコイツがノッカラで云々」
とか下らないことを考えてしまう。よくない。もっと真面目に観んと。

113 :マンセー名無しさん:2006/12/21(木) 23:42:22 ID:ZFzej/fm
この本にも宗矩は出てきますか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087460231

114 :マンセー名無しさん:2006/12/22(金) 01:35:09 ID:h3Scbmgg
>>113
 キン・ニュン・宗矩ってのが出る。
あと柳生三十兵衛とか。

 尤も、基本的には旅行記だから、
ミャンマー妖術師が出てきて云々、とかいうのではなし。


115 :マンセー名無しさん:2006/12/24(日) 20:11:23 ID:dMfLVk2k
そうか、日本の神社を破壊して回ればそのうち檀君が勝つ、か。

116 :マンセー名無しさん:2006/12/26(火) 20:31:37 ID:UZs/ELgL
水戸黄門のうっかり八兵衛は、本名が柳生八兵衛で、実は柳生新陰流の使い手。
おまけに大目付。
得意技は、「あの顔で敵を油断させてバッサリ」

などということを妄想してしまった。

117 :マンセー名無しさん:2006/12/26(火) 21:00:40 ID:tKKmhb0F
そんなうっかりした大目付がどこにいるんだよ!

118 :マンセー名無しさん:2006/12/26(火) 23:37:34 ID:lfkDP7z+
>柳生八兵衛
一字しか違わんのに何という頼りない名前なんだ

119 :マンセー名無しさん:2006/12/27(水) 00:51:52 ID:P9fsIiaa
柳生八兵衛八厳

てすれば頼りがいがある。ような気がする。

120 :マンセー名無しさん:2006/12/27(水) 01:19:44 ID:SN6FCM6L
画:ほりのぶゆき  になりそうな悪寒

121 :マンセー名無しさん:2006/12/27(水) 02:03:46 ID:PXnQFyB2
キン・ニュン・宗矩カッコヨス。

122 :マンセー名無しさん:2006/12/27(水) 07:22:17 ID:U3DVCV4T
>>116
中村主水?

123 :マンセー名無しさん:2006/12/27(水) 10:37:11 ID:vMWeLwAI
きっと天の理を、「うっかり」外して流星になったりするんだな。

124 :マンセー名無しさん:2006/12/27(水) 18:41:06 ID:52UzIeGI
「大日本史」編纂のため、日本各地の古文書の調査に行く助さん格さん。
そこへ、黄門さまが、自分も調査について行きたいとダダを捏ねる。

仕方がないので、柳生宗家に頼んで、新陰流の使い手を護衛役として派遣してもらう。
やって来たのは、うっかり八兵衛さん。
こいつ、ほんとに役に立つのか???
だが、黄門さまのために、立派に役に立った八兵衛さんであった。


125 :マンセー名無しさん:2006/12/27(水) 23:25:48 ID:CcW32Got
前にも八兵衛。
後にも八兵衛。

126 :マンセー名無しさん:2006/12/28(木) 18:27:17 ID:QfHtl4dt
柳生雨月抄読んだけど、モスラ、オスカル、アンドレ、しまいには隆慶先生(しかも生首)......
いいんですか、荒山先生!

127 :マンセー名無しさん:2006/12/28(木) 19:58:48 ID:kzHz4XW7
>>126
「処刑御使」では、隆慶先生の路線がさらに悪化しているから大丈夫だよ。

128 :マンセー名無しさん:2006/12/28(木) 22:41:51 ID:qjAM/IOV
>>126
頑張れ。皆通った道だ。

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)