2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

君たちの前途は洋々たるものだ。(教師)

1 :名無しさんの主張:2006/10/13(金) 21:32:53
君たちの前途は洋々たるものだ。(教師)・・・ウソコケ!いい加減なこと言うな。


2 :名無しさんの主張:2006/10/15(日) 22:46:31
2

3 :名無しさんの主張:2006/10/15(日) 22:50:43
>>1
ドキュンの前途は散々なものだ。(教師)


ぷげらwwwww

4 :名無しさんの主張:2006/10/15(日) 23:06:58
公務員教師の人生は洋々たるものだ 
児童いじめで停職になるも、すでに職場復帰

 事件概要

福岡市西区の公立小学校の教諭・林田真二(46)は、担任していた4年生のクラスで、
2003年5月の家庭訪問で、ある児童の曾祖父が外国人ということを知り、人種差別的な
発言をした。
その日以降、林田はその児童に対して人種差別的な発言を公然と繰り返したり、
「汚れた血を恨め」などといいながらその児童に暴行を加えたり、児童のランドセルを
ゴミ箱に捨てるなど、その児童への嫌がらせ行為を続けた。
そのことが引き金となり、児童は重度のPTSDを発症し、半年あまりの入院治療を
余儀なくされた。また児童は転校を余儀なくされたという。
林田は一貫していじめを否認した。しかし福岡市教委は、同じクラスの児童の証言などから、
林田によるいじめ行為は事実と判断し、2003年8月に林田を停職6ヶ月の懲戒処分にした。
林田は、この事件で市教委から停職処分を受けた後の2003年9月、児童の同級生の自宅に
「(被害児童が)お宅のお子さんをいじめていたから注意しただけ」などと、虚偽の内容で
被害児童をさらに中傷する電話をかけていた。

 加害教師・林田真二のその後

林田真二は2003年10月に、停職処分は不当だとして異議申し立てをおこなった。しかし
2006年時点では異議申し立ては審理中で、結論は出ていない。
林田は事件発覚後、一貫して自己正当化の態度に終始。取材に来たテレビカメラの前で
自己正当化の弁を述べたり、一部雑誌に「えん罪」などとする内容の記事を発表するなどした。
林田やその周囲は、あたかも「虚言癖のある親子に陥れられた」かのように事実を正反対に
描く主張をおこなっている。しかしそれは、被害者へ二次被害を与えるものにほかならない。
林田は停職処分期間満了の後、2年あまり福岡市教育センターで研修措置に付され、
2006年度から別の小学校に学級担任として復帰しているという。
http://www7.atwiki.jp/kyouiku_hiroba/pages/69.html

5 :名無しさんの主張:2006/10/15(日) 23:15:32
>>3
チミー、、
私がDQNだとでも?
まあ半分あたってるけどな。

6 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 01:41:43
「君たちの前途は微々たるものだ。」に見えてしまったw

7 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 20:59:36 ID:3450VeK/
また、公務員の犯罪者か、やれやれだな。

8 :名無しさんの主張:2006/10/16(月) 21:02:11 ID:keO5DiU6
>>7
公務員になれるかもしれないとなったら即効裏切った公務員叩きもいるくせによく言うよな?w

国家公務員フリーター枠スレを見ろよ?w

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)